【最愛なるエルメスの名品】クラシカルなフォルムのパナマハット「アリゾナ」

Web eclat
戸野塚かおる(とのつか かおる)

戸野塚かおる(とのつか かおる)

スタイリスト歴30年以上という揺るぎないキャリアで培われた、洗練された大人のためのスタイリングが圧倒的な支持を集める。ハイセンスな小物や靴合わせにも定評が。個人に向けて行うパーソナルスタイリングも大好評。
Instagram:@kaoru.tonotsuka

装いに加えるだけでリゾート気分へと誘(いざな)ってくれる、贅沢な夏小物。パナマ帽こそ、せっかくですから銀幕の女優気分で楽しみたいもの。ブリムは長めのほうが顔だちに奥行き感を与え、エレガントなムードに。このラグジュアリーな趣(おもむき)は、年齢を重ねてこそいやみなく楽しめるもの。ちょっとした所作までもを美しくし、女心をくすぐってくれるんです。

クラシカルなフォルムのパナマハットは、「H」モチーフのグログランリボンを配することでモダンなたたずまいに。光のもとでキラリと輝く、リボンの「クルー・ド・セル」モチーフのあしらいにもメゾンのエスプリが光る。

ハット「アリゾナ」¥89,000・バッグ「シェーヌ・ダンクル」(W22×H26×D15)¥1,340,000・ラタンボックスの上のペンケース「プリH」¥72,000/エルメスジャポン(エルメス)

▼その他のおすすめ記事もチェック
「夏こそ、力のある小物を。」。マダム戸野塚ことスタイリスト・戸野塚かおるさんが選んだエルメスの名品を、ご紹介。今回は、なめらかなシルクの生地に多彩で個性あふれる色柄をあしらった、もはや芸術品のようなスカーフ「カレジェアン」の魅力をお伝えします。
「小物から力をもらえるから。夏が好き!」と語るのは、マダム戸野塚ことスタイリストの戸野塚かおるさん。エクセプショナルな小物のたたずまいが際立つ夏にこそ身につけたいアイテムを、さらに進化したエルメスからセレクト。露出の多くなる素肌に映える、シルバージュエリーの新シリーズ「レポンス」をご紹介。
撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/戸野塚かおる 取材・原文/松井陽子 ※本文中のサイズ表記は、バッグが(縦×横×マチ)で、単位はcmです。 ※エクラ2020年9月号掲載 
関連記事
  • じっくりものづくりに取り組める季節になりましたね。クロスやハンカチに添えたイニシャル刺繍あれこれ♩料理家の方からの依頼でお作りした ナプキンと大判テーブルクロス。 角に刺繍を添えてほしいとのこと。 とてもセンスの良い器づかいやスタイリングをインスタで拝見していたので、 どの布、どんなデザインの刺繍にしようかとても考えました。 夏休みはそのデザインのことばかりぐるぐる…ぐるぐる…『E』から始まるお教室名だったので そのイニシャルと、アンニュイカラーの糸を並べて 抽象的な刺繍にしました。 どんな器が来てもどれかの糸色と絡んだらいいなぁと思って。 私の好きなルーシーリーのイメージです。 気に入っていただけてほっとしました。こちらは、お店で犬を膝の上にのせる時に敷くクロスをと。飼い主様とワンちゃんのイニシャルを入れました。エプロンをお作りした余り布で^ ^誰に主張するでもなく、持つ人にしかわからないような刺繍も、好きです。こちらもご依頼のエプロンの余り布で、ハンカチ。Yのイニシャルを入れて、ジューシーなハンカチに♩こちらは、クロスステッチのモノグラム刺繍。 KとAが組み合わさってるんです。「K.A」さんへ。 こちらもモノグラムのイニシャル刺繍。「T.S」さんへ。RさんとMさんへハンカチのプレゼント。ビーズでちょいキラキラも♩隅っこにちょこっとイニシャルが入るだけで、 特別なもちものに。 試してみてはいかがでしょうか? 落ち着いてものづくりできる秋、一番好きな季節です。 あれもこれも作りたい♩華組インスタはこちら★刺繍はこちら☆華組 謝名堂華菜子ブログ
  • ジュエリーのスタイリング、世界って奥深い、、、!と感じた一冊です。季節の変わり目なのか、 夏の疲れが出ているのか、 体調が微妙な日が続く今日この頃ですが、 そろそろ読書の秋。たまにはゆっくり読書もいいかもしれないですよね。 そういえば映画も全然見れてないー! こちらは1番最近、読んだ本。マリソルの誌面でもお見かけする、伊藤美佐季さんの、 『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』 です。ジュエリーが主役のレイヤード法や、ピアスの細かな選び方、盛り方など、すごく新鮮で、 読み終わったらとりあえず手持ちのジュエリーを見返して、色々組みあせてみたくなります。(そして次に何が欲しいか考える、、、) まだまだ履いていたいデニムなどのカジュアルとの、良いバランスとか、新しい組み合わせを考えてみるのも楽しそう。 気になる方はぜひ、おすすめしたい一冊です。インスタはこちらです!美女組No.166 machikoのブログ
  • マリソルオンラインで人気の月間ロングヘアランキングTOP10を発表!※集計期間:2020年5月26日(火)〜 2020年6月22日(月)【ロングヘア1位】ニュアンスワンカールは顔まわりの毛量と流れがポイントにワンレングスベースにローレイヤーを入れ、毛先に柔らかさを出したら、アレンジをした時に後れ毛がきれいに出るように、顔まわりにだけハイレイヤーを仕込む。毛先にはゆるめのワンカールをつけ、シースルーバングはギリギリ瞳にかからないくらいの長さに設定することで子供っぽく見えるのをブロック。顔まわりにニュアンスがあることでロングヘアでものっぺりせず、面長やエラ張りなどの顔型悩みをカバーしながら、表情のあるヘアスタイルに。【SIDE】 【BACK】 DATA 量/普  太さ/普 硬さ/普 クセ/弱 担当/SUNVALLEY 【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ロングヘア2位】巻き髪派のセット時間を短縮するレイヤー×重めロング顔まわりとトップのみにレイヤーを入れているので、巻き髪スタイリングをする時に、俄然動かしやすくなっている。写真ヘアのスタイリングは、38㎜の太めのヘアアイロンで全体をリバース巻きにしたら、手グシで毛束をくずして空気感を出すだけ。実は立体感を演出するハイライトカラーが仕込まれているので、軽く巻いただけでもプロがセットしたようなラフな動きに見せてくれる。【SIDE】【BACK】 顔まわりとトップのみにレイヤーを入れているので、巻き髪スタイリングをする時に、俄然動かしやすくなっている。写真ヘアのスタイリングは、38㎜の太めのヘアアイロンで全体をリバース巻きにしたら、手グシで毛束をくずして空気感を出すだけ。実は立体感を演出するハイライトカラーが仕込まれているので、軽く巻いただけでもプロがセットしたようなラフな動きに見せてくれる。  DATA量・多太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「kakimoto arms SHINJUKU」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代【ロングヘア3位】透けるスモーキーピンクが色気も宿してくれる【最旬カラーリング:暖色】女っぽさが加速する、ウォームカラー赤みに転びやすい髪質の人が多い日本人。その点を計算したのが"ライトスモーキーピンク"。赤みが出すぎないように、少しシルバーピンクをミックスして透明感を。ロングヘアでも重く見えず、ツヤを感じる仕上がりに。さらに、光が当たると透明感も増し、より美しく見えるため、日射しが増えるこれからの季節にぴったり。バーム系のトリートメントを髪全体に均一に塗布すると、ツヤがアップ。 【SIDE】【BACK】 DATAカラー/ライトスモーキーピンクトーン/9 担当/Un ami omotesando 【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ロングヘア4位】肩上に段を作って印象をリフトアップのどの高さから段を入れて肩上にボリュームを出すことで、ロングヘアでも軽やかなシルエットに。表面にだけレイヤーを入れて厚みを残しながら毛束感で立体感をアピールし、薄く作った前髪は、子供っぽくならないようにサイドにつながるようにラウンドカットを。中間から毛先にかけて2回転のカ ールで動きを出して全体のウエイトを高く設定し、オイルをなじませながらカールをほどけば、ほどよい透け感のあるリラックスカールが完成。【SIDE】【BACK】 DATA 量/普太さ/細 硬さ/普クセ/弱担当/ANTI 【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ロングヘア5位】毛先のみ動かせばOK!実は簡単な今どきストレートロング一見、ハードルの高そうな切りっぱなしセミロングだが、実は毛先を1カールブローしただけの楽チンスタイリングのヘア。ほとんどレイヤーを入れずに毛先をまっすぐにカット。1カールを作るような簡単なブローをしたら、シアバターを薄くもみ込んで、毛先をハネさせたり内巻きのままにしたりと、毛束をランダムに動かすだけ。ポイントは毛先のみを動かし、トップはストレートでツヤを残すこと。【SIDE】 【BACK】DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「ROI」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.)YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代【ロングヘア6位】毛先にほどよい厚みを残してコンサバロングから脱却ミニマムなシルエットが気になる春のファッションには、 毛先にある程度のボリューム感が残るデザインが好相性。 ゆるやかな前上がりのワンレングスに、根元付近からアイロンを入れてワンカールさせれば、毛先にほどよい厚みと丸みが生まれ、女性らしさと落ち着きを感じるデザインに。 ボトムにボリュームがあるぶん、サイドはタイトになるようにカットで毛量調節を。レイヤーを入れすぎると、毛先が透けてコンサバになりすぎるので要注意!【SIDE】 【BACK】 DATA 量/少  太さ/細 硬さ/軟 クセ/弱 担当/Un ami omotesando 【Marisol 3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/浦安真利子 構成/松井美千代【ロングヘア7位】セミロングはくずしやすさ重視! セットしやすい仕込みを 長めヘアの場合、スタイリングでどうくずすかがおしゃれヘアの分かれ目に。ランダムな巻き髪と、クシュッとした毛先の動きを作ることを心がけて。今どきの動きはフォームで柔らかい雰囲気にするのがポイント。ワックスの硬い動きよりも、ソフトな印象を大切に。 【スタイリング前】 STYLING POINT 34㎜のヘアアイロンで表面はリバース巻き、毛先は外巻きに。ロングを重く見せないため、トリートメントフォームをつけて、毛先を遊ばせて。 担当サロン「S.HAIR SALON」撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代【ロングヘア8位】洗いざらし風のスタイルはレイヤーでくせ毛を絶妙に動かして「ずっとワンレングスだったから、自分のくせ毛を生かしたナチュラルな髪型にしたいと思って、海から上がったばかりの"ビーチヘア"風に。でも本当のビーチヘアだとパサパサだから(笑)、ヘアケアは大切。長めヘアだけど、きちんと乾かしてから寝るとかね。セットも顔まわりはヘアアイロンで動きをつけています。ナチュラルな髪型こそ、手をかけないと!(ブレンダ)」【SIDE】【BACK】 撮影/酒井貴生(aosora)ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ブレンダ 取材・文/松井美千代【ロングヘア9位】ストレートヘアを引き立てる脱力感×エアリー感ワンレンのセミディの顔まわりに段を入れ、フロントをかき上げたり、風を受けた時に、さりげないニュアンスが出るように。スタイリングは、朝のメイク中など5分だけ低め位置でおだんごにするだけ。ほどけたようなストレート感とエアリーな毛束が作れる。【SIDE】【BACK】 担当サロン「marr」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代【ロングヘア10位】トレンドのレイヤーを駆使して華やかなふんわり髪にレイヤーを施すことで、トップがつぶれやすいロングでも頭の形を丸くきれいに見せたり、ふんわりボリュームを出しやすかったりとメリットは無数に。このレイヤーを生かすために、全体に2回転のパーマをプラス。強くかけなくても、Sカールの毛束がずれて重なることでふんわりとしたフォルムが生まれ、華やかさもサポート。流し前髪を合わせれば、小顔効果も期待できる。【SIDE】【BACK】 DATA量・少太さ・細硬さ・普クセ・無 担当サロン「Cocoon」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代>>アラフォーのためのロングヘア一覧はこちら
  • おしゃれな人は今、何を着ているの?どんな着こなしをしているの?コーデの達人、アラフィー華組ブロガーの着回しテクを一挙公開!着こなしだけではなく、アイテム選び、おしゃれの楽しみ方も参考にして。 【目次】 ①何通りにも着回せるセットアップ ②コーデに欠かせない優秀トップス ③ワンピースをおしゃれに着こなす ④着こなしに差がつくオールインワン ⑤お気に入りスカートが主役のコーデ ⑥パンツが引き立つコーデ ⑦コーデのアクセントになる使える小物 ①何通りにも着回せるセットアップ華組 近藤和子さんセットアップとして soeju(ソージュ)というブランドのトップスとトップスとワイドパンツ。同じ素材なのでセットアップ風に着てみました。トップスを着回し ZARAのイエローパンツに合わせてキレイめランチスタイルに。パンツを着回し ノースリーブTでモノトーンコーデ。ロゴTとハット、ぺたんこシューズでちょっとマニッシュに。華組 木原みどりさんセットアップとして鮮やかなイエローのセットアップワンピースに一目惚れ! 何通りにも着まわせる、万能セットアップです!上品な色味と光沢のある素材で、軽やかな着心地です。セットアップ/GALLARDAGALANTE×大草直子 靴/NEOUSスカートを着回しセットアップで使うのはもちろん、トップスとスカートを別々に使ってたくさんのコーディネートを楽しめるのも魅力のひとつです!トップス/マディソンブルー スカート/GALLARDAGALANTE×大草直子トップスを着回しカジュアルなボトムスとトップスを合わせてみましたが、上品な色と素材なので、素敵な大人カジュアルなコーデの完成です!トップス/GALLARDAGALANTE×大草直子 デニム/ZARA ベルト/BOTTEGA VENETA バッグ/ZARA 靴/NINA RICCI ②コーデに欠かせない優秀トップス華組 朝生育代さんベーシックなシャツ 大好きなマディソンブルーのリネンシルクシャツを着回し。毎年変わらないワンマイルスタイルですが、今年はネイビーの甲深サンダルにアップデート。 バッグはもう何年もヘビロテしている、ハウスオブロータスで見つけたプラカゴバッグ。丈夫で汚れもつかず何より軽いのです。チャームも毎年このカゴバッグにつけているプラダのもの。シャツ/マディソンブルー デニム/mother サンダル/manolo blahnik サングラス/celine友人とのランチには、ネイビーのワントーンコーデで。スカートはドローイングナンバーのもので、アシメトリーになっているデザインです。マノロのサンダルもネイビーで、ソール部分がジュート素材になっているので、ステラのジュートバッグとぴったりなんです。シャツ/マディソンブルー スカート/ドローイングナンバー サンダル/manolo blahnik バッグ/ステラ チョーカー/BEATRIZ PALACIOS華組 横山希世さん気軽に羽織れる薄手ジャケットリネン混の薄手ジャケットは一枚仕立てなのでシャツ感覚でTシャツの上に軽く羽織れます。生地もしっかりとしていて、肌触りも良く着心地が良い、GUのタンクトップに羽織って。タンクトップ/GU ジャケット/tomorrow land パンツ/E by eclatデニムやパンツは勿論、フレアスカートとの相性もよく程よい軽さと生地のシャリ感が体型をスッキリ見せてくれます。ジャケット/tomorrowland スカート/deuxieme classe 帽子/kijimatakayuki華組 伊藤美帆さんどんなボトムスにもOK!黒のノースリーブ季節をとわずワントーンコーデが好きです。トップス/ユナイテッドアローズ スカート/プラージュ ブレスレット/ティファニー 靴/エルメス夏から秋にかけてスカートもエレガントなスカートへシフト。トップス/ユナイテッドアローズ スカート/セオリーお散歩にも、きれい目にも、着れちゃう「優秀ニット」春に買ったユニクロの白ニット。デニムに合わせて着ていました。ニット/ユニクロ ホワイトデニム/ロンハーマン気軽に着られる白ニットは愛犬のお散歩の時も活躍!ニット/ユニクロ 帽子/ユナイテッドアローズ アクセサリー/エルメス暑さが残る晩夏には薄手のボトムスで、異素材コーデを楽しんでいます。ブラック✖️ホワイトのミディ丈のスカートと合わせて。ボリューム感のあるトップスとの対照的なデザインがツボです。ニット/ユニクロ スカート/セオリー 靴/ネブローニネイビーのシルクのワイドパンツと合わせて。シルク✖️ネイビー というコンサバに傾きがちなパンツを、ほどよくカジュアルダウンしてくれます。トップス/ユニクロ パンツ/セオリー 靴/マノロブラニク華組 鈴木たま江さんオールマイティーに活躍する「ノースリTシャツ」リネン素材のロングフレアスカートとコーデ。 タイトシルエットなので綺麗目カジュアルに向いてます。 Tシャツ/MADISONBLUE スカート/Whim Gazette(ウィムガゼット) バッグ/HERMES 靴/HERMES  サングラス/EYEVANリネン素材のカジュアルパンツとコーデ。 このTシャツのシルエットと素材は間違いなくゆる〜い紐パンをきれい目にサポートしてくれてます。 Tシャツ/MADISONBLUE パンツ/ZARA サンダル/TKEES バッグ/éclat の付録 帽子/JANESSA LEONE(ジャネッサレオン)サイドスリットがポイントのリネン素材のパンツとコーデ。 トップスをニットにしたら一気に落ち着いちゃうところだけど、Tシャツ素材なら抜け感が出てちょうど良い感じです。上の紐パンと色と素材が同じなのに雰囲気が全く変わります。 Tシャツ/MADISONBLUE パンツ/Plage(プラージュ) バッグ/HERMES 靴/HERMESデニムスカートとコーデ。ワタシ的には落ち着く一番好きなスタイル。Tシャツ/MADISONBLUE スカート/ZARA バッグ/HERMES 靴/HERMES華組 謝名堂華菜子さんカジュアルにも、キレイめにも、万能「ノースリーブブラウス」動くたびに揺れるエアリーサテン素材のノースリーブブラウス。グレーっぽい墨黒の落ち着いた色とバンドカラーに惹かれて買ったPLSTのものです。この日はシックにまとめたコーデ。トップス/PLST パンツ/JENNE 靴/GU バッグ/TOFF&LOADSTONE 腕時計/Cartier雨の日コーデ。 長靴にチェンジしてバッグも濡れてもいいよう、エコレザーのプチプラ。トップス/PLST デニム/ZARA 長靴/AIGLE 傘/MACKINTOSH PHILOSOPHY バッグ/CHAOPANIC TYPY ③ワンピースをおしゃれに着こなす透け感が涼しげなシアーワンピ。 プチプラGUパンツと合わせてみました。コーデは、羽織りもいいなと思いましたが、まずはワンピースとして。インナーに黒のノースリーブトップス、GUのパンツ、プラス毎年活躍の機会がなかなかなかったCA4LAのハットでコーデ完成!ワンピース/JOINT WORKS パンツ/GU 帽子/CA4LA バッグ/セレクトショップにて購入ワンピース/JOINT WORKS華組 謝名堂華菜子さん小物で雰囲気を変える「マキシワンピ」ラミーというシャリ感のある麻素材のマキシワンピース。麻はシワも含め大好きです。旅先にも、小さなボトルの霧吹きでしゅしゅっとすればだいたいとれるので、アイロンもかけません。 ワンピース/ ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ バッグ/NOMADIS バングル/bloomikumi イヤリング/la clochette 靴/海外で購入コンバースを合わせてマキシをよりカジュアルに。ワンピース/ ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ スニーカー/コンバースZARAの花柄ワンピースは、シアー素材なのでオールシーズン使えます。デニムとレイヤードしてみました。オリーブグリーンの革ハンドルバッグとワンピースの柄の一部のグリーンをリンクさせています。ワンピース/ ZARA デニム/ZARA 靴/fs/ny バッグ/no brand大人のパーティ仕様コーデ。ZARAの黒地に花柄のワンピース×黒のロングブーツ。ワンピース/ZARA 靴/インポート バッグ/セリーヌ ④着こなしに差がつくオールインワン華組 成田千恵さん180°印象が変わるオールインワン大活躍のオールインワンでワンマイルコーデ。着方で180°全く違う表情を見せてくれるんです。たっぷりしたパンツとコンバースの相性がとても良く、普段に大活躍しています。 オールインワン/AULA A AILA Tシャツ/AURALEE スニーカー/CONVERSE同じオールインワンのベルトを締めると、かなりドレッシーな印象になります。夜は会食でしたので、エレガントな装いに。全く違う印象になります。背中が大胆に開いていますが、最近はこういったバックシャンなものに対応した背中がUの字に開いた下着もたくさん出ていますので、安心して着ることができます。 オールインワン/AULA A AILA バッグ/DeMellier ガジェットアクセサリー/ IDEAL OF SWEDEN 靴/titivate ネックレス/oldceline 指輪/ CartierとILARIA  ⑤お気に入りスカートが主役のコーデ華組 伊藤美帆さんシーズンレスなスカート毎日の気温の変化が大きくて、着る物に迷うこの季節、この日は七分袖のトップスで行ってきました。このトップス、まるで前だけインしたかのように、裾が後ろにむかって長くなっているので、動いてもスタイリングが崩れない便利アイテムです。トップス/ANAYI アナイ スカート/Plage スニーカー/コンバース ピアス/DECOLLTE最近はスニーカーばかり履いている気がしますが、その中でもハイカットの白コンバースの出番が多くなってきています。 ほっそりしたシルエットと白キャンパスの軽やかさが、アラフィーのキレイめカジュアルダウンに一役かってくれています。プラージュのスカートに合わせて。トップス/ユナイテッドアローズ スカート/Plage スニーカー/コンバース(Made in Japan)華組 近藤和子さん大人のチュールスカート 特別付録のストラスブルゴのBIGロゴトートは、大好きなベージュ×ブラック。大人のチュールスカートと合わせて綺麗めカジュアルでコーディネートしてみました。スカート/E by eclat スニーカー/スタンスミス×ハイク バッグ/ストラスブルゴ×エクラプチバトーのぴったりTシャツが私の定番なのですが、ゆったりしたものも着てみたいと探して見つけたのが、Tシャツの定番ブランド、ヘインズでした。ヘインズのTシャツにチュールロングスカート、ぺったんこのスリングバックシューズ、ライダースを合わせたコーディネート。Tシャツ/ヘインズ スカート/E by eclat バッグ/ハウス オブ ロータスチュールが安っぽくない、丈がマキシ丈、ボリュームが程良い!大人のチュールスカート。ドレスアップしてお食事会へ。トップス/totem スカート/E by eclat 靴/ファビオルスコーニ バッグ/エルメス バングル/エルメス華組 沢辺史さん揺れ感が女らしいロングマキシスカートウエストゴムで丈もたっぷりのマキシ。夏らしい軽い素材で少しの風でひらりんとした揺れ感、階段を降りたときのフワッと広がる感じが女性らしく買って正解でした。スカート/通販で購入したノーブランド トップス/プラステ 靴/Visconti& Du Réau上のスカートで、違った色合いの着回しコーデ。涼やかで優しい色を使いたいと思いベージュやホワイトをチョイスしました。小物もトーンを抑えて清潔感のある色に。友人の手作りリボンチャームをメルカドバッグにつけるとかわいさアップ。色合いも上品でバッグとの相性もバッチリですね!スカート/通販で購入したノーブランド バッグ/メルカド チャーム/友人ハンドメイド華組 謝名堂華菜子さん着回しが楽しめる「リボンラップスカート」リボンとティアードデザインが気に入っているヌキテパのラップスカート。3色買いしたGUのスムーススリーブレスTを合わせたコーデ。スカートは、綿なので夏は涼しく、でもギャザーたっぷり柔らかい内布もついているので長い季節使えます。トップス/GU スカート/Demi Luxe BEAMS別注 ne Quittez pas 帽子/海外の雑貨屋  靴/GU バッグ/バリ島土産トップス/traditionalweatherwear スカート/Demi Luxe BEAMS別注 ne Quittez pas ⑥パンツが引き立つコーデ華組 成田千恵さんカジュアルからお出かけまでOKのZARAのハイウエストデニム秋にもデニムは大活躍‼︎ZARAのちょっと新鮮なハイウエストゆったりデニムは、とにかく履き心地抜群‼︎コーデ次第で、いろんな表情を見せてくれて、今シーズン、ヘビロテ間違いなしです!この日はお仕事の打ち合わせに。デニムを綺麗目にコーデしてみました。Topsもハイウエストデニムに合わせたショート丈で、ZARAのものです。トップス/ZARA デニム/ZARA バッグ/VIOLAd'ORO|ヴィオラドーロ 靴/PELLICO同じブラックデニムに3.1 Phillip Limのショート丈TOPSを合わせています。秋色を取り入れ、レオパードのペタンコパンプスとカラーをリンクさせてみました。トップス/3.1 Phillip Lim デニム/ZARA バッグ/ZANELLATO|ザネラート 靴/ZARAこの日も同じくZARAのブラックデニムでコーデしています。たくさん歩く日でしたので、スニーカースタイルです。以前ご紹介した雨が降るかも?なんていう日にはピッタリなコンバースのGORE-TEX。トップス/L' EFFRONTEE デニム/ZARA バッグ/TSURU by MARIKO OIKAWA スニーカー/CONVERSE GORE-TEX華組 謝名堂華菜子さん春先に買ったUNIQLOのクルーネックTシャツでキャメル合わせの普段着コーデ。トップス/UNIQLO パンツ/UNITED ARROWS 靴/import バッグ/dragon 帽子no brandベーシック、とろみ感がいいZARAのクルーネックセーターを合わせたコーデ。ZARAのセーターはフィット感がとても気持ちよかったので、ベージュとネイビーの2色買い!トップス/ZARA パンツ/UNITED ARROWS ⑦コーデのアクセントになる使える小物華組 近藤和子さんコーデのポイントになる布バッグ ひと目で気に入ってしまったこのバッグは、Manipuri の布バッグです。バッグ/manipuriワンピース/COCA バッグ/manipuriトップス/無印良品 デニム/アッパーハイツ バッグ/manipuri  ハッピーカラーのパンプスハッピーカラーの靴は、素足で履けるパンプス。Heading south という新しい靴のブランドで、柔らかい革(キッドレザー)が使われて、イタリアの工場でイタリア人の職人さんによるハンドメイドだとか。素足にぴったりフィットしてとても気持ちがよく、どこまでも歩けそうな靴です。この日のコーディネートは、ユニクロのトップスに、ドゥーズィエムクラスのウエストがゴムで楽チンの紺色のワイドパンツです。バッグはジェーンバーキンが持っているような籠バッグで夏らしくしてみました。トップス/ユニクロ パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/Heading south白Tとデニムのシンプルコーデ。 オレンジのリボンが気に入って今年買った中折れ帽と、お気に入りのイエローパンプス。シンプルコーデには小物のチカラを借りて!元気なビタミンカラーでコーディネートしました。帽子/帽子屋Flave パンプス/Heading South華組 伊藤美帆さんひとくせあるフリンジバッグ Roberto pancani というイタリアのブランドなのですが、底が広いので、見た目より収納力があり、日傘やマイボトルも入ります。一際目立っていたオレンジのフリンジバック。小物はひとくせある物をシンプルなファッションに合わせるのが好き。狙いどおり、ワードローブとの相性も抜群!バック/roberto pancani ベージュのワンピース/ur’s エクリュのワンピース/ZARA ネイビーのワンピース/MARIHA    ▲【アイテム別「着回しコーデ集」】トップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 掲載商品が雑誌の発売とともに「エクラ売れ」を記録したという、スタイリスト・戸野塚かおるさん。靴をこよなく愛するマダム戸野塚が選ぶ、少数先鋭をラインナップ。「いい靴はあなたを素敵な場所に連れて行ってくれる」の"言い伝え"のとおり、「いい靴」は、私たちの気分も運も上げてくれるから、日常でこそ楽しみたい。お気に入りの一足を早速チェックして! 戸野塚かおる(とのつか かおる)戸野塚かおる(とのつか かおる)スタイリスト。エレガントで小気味のよいスタイリングが本誌でも大人気。靴に精通し、インスタグラムの靴情報を愛読する編集者も多数。個別にアドバイスをする、パーソナルスタイリングも人気。 Instagram : kaoru.tonotsuka【目次】 ①秋から冬への「カギ」となる3タイプの靴とは? ②ひとくせあるフラット靴 ③NEXTマニッシュ靴 ④ほんのりモードなブーツ ①秋から冬への「カギ」となる3タイプの靴とは?見えてくる景色さえも変えてくれる。いい靴の魅力を日常で実感してコロナ禍で生活範囲が狭くなる中、おしゃれも様変わりしました。全身バッチリと決め込んだようなパワフルな装いには気持ちが向かいませんね。実際私もそうです。今は、肩の力を抜いて、より心地のよい装いに身をゆだねたいというのが本音です。   実はこの状況下、私の中では靴への愛情がよりいっそう深まっているんですよ。以前にもお話ししましたが、靴は足先にちょこんと加えるだけの、おしゃれの中ではごく小さなパーツです。ところがそこに、眺めているだけでもうっとりできるような美しい一足を加えると、装いが華やぎ、気持ちも姿勢も変わり、見えてくる景色さえも変えてくれるんです。心躍るような外出はまだむずかしい状況ですが、それでも気持ちだけは素敵なところに向かっていたいなって。靴は、時にアクセサリーがわりにもなり、メイクアップ効果ももたらしてくれます。装いがよりシンプルになっている今は、心地よく、気分を上げてくれる一足で、足もとは楽しく遊んだほうがいい、そう思うのです。   秋から冬へのカギとなる靴は3タイプ。フラット靴と、マニッシュ靴、そしてブーツ。今のカジュアルスタイルにバランスよく合うもので、履き心地のよさと、歩きやすさも重視しています。エレガントなヒールパンプスは今は小休止。それにかわるフラット靴は、愛嬌があって、パンチの効いたものを。スニーカー感覚で取り入れたいマニッシュ靴はちょいワル風に。そしてブーツは、美しさと今どき感をポイントに。   つい引き算しがちな今だからこそ、日々のおしゃれの中にいい靴を。その魅力を多くのかたに実感してもらえたらうれしいです。  1.「ヒールのないフラット靴は、少し大胆なほうが断然素敵!」(右上から)靴(1)¥85,000/ドゥロワー 六本木店(セルジオ ロッシ) 靴(0.5)¥83,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴(1)¥10,7000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 2.「マニッシュ靴は、ちょいワルに。まじめすぎず、奇抜すぎないデザインが理想的です」(左)靴(1)¥80,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) (右)靴(1)¥107,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 3.「ブーツは、フォルムの美しさが大切。安定感のあるヒールも欠かせませんね」(左)靴(6)¥127,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) (右)靴(4.5)¥105,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ②ひとくせあるフラット靴「強めの一足で脱無難に。臆せず挑戦して!」”キラキラ、ふわふわ、きれいな色やメタルパーツ。この秋は、眺めているだけでもワクワクするような、個性的な一足を選びましょう。ヒールがないぶんカジュアルだから、「少し派手」なほうがちょうどいい具合に華やぎを加えてくれるんです。”1.ビジューの配されたストラップとポインテッドトゥの甘辛ミックスが新鮮。 靴(0)¥91,000/ジミー チュウ  2.ポンポンもグレージュなら大人顔。 靴(1.4)¥42,000・ポンポン¥6,000/サードカルチャー(シャテル)  3.ジッパーの縁取りが装いにモード感をひとさじ。 靴(1)¥85,000/ドゥロワー 六本木店(セルジオ ロッシ)  4.レオパード柄とゴールドのメタルがさりげなく遊び心をプラス。 靴(1)¥97,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)  5.甘いピンクも足もとならこじゃれたアクセントに。 靴(0.5)¥83,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)  6.温かみのあるファブリックは今季の注目素材。シルバーのプレートでピリッと辛口に。 靴(1)¥10,7000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)  7.オールベージュがモダン。脚長効果も期待できる。 靴(2)¥84,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)  8.バレエシューズならアニマル柄もぐっとシックに。 靴(0.5)¥80,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)  華やかな一足を日常に。そんな贅沢をさらりと楽しみたい。 ゴールドのラミネート加工が施されたラムスキンに、黒のトゥと、足首に近い位置にちょこんと飾られた黒のグログランのリボン。パーティにも出かけられそうなラグジュアリーなムードのある一足も、フラットシューズなら親近感もぐっとアップ。特別な日ではなく、何げない日常にさらりと楽しめるのは、年齢を重ねた女性にこそ許される贅沢。靴(1)¥89,000・スカート¥261,000・バッグ¥1,009,000・ブレスレット¥68,000/シャネル ③NEXTマニッシュ靴「スニーカー感覚で、快活さを意識して」“ローファーやレースアップシューズなど、いわゆる定番はお持ちのかたも多いはず。正統派のメンズ靴こそ軽やかに一歩前進させて。イメージは「頭がよいのに遊んでる子」。そう、学生時代にいた人気者です(笑)。足首を見せて、女っぽさと抜け感を加えるのも忘れずに”  ローファーの白に、バッグの白。パールの白も加えて軽やかに洗練。 ショートパンツでアップデートしたトレンチコートスタイルの足先を飾るのは、端正な純白のローファー。軽やかな足もとに、バッグと、さらに耳もとと手もとにはパールの白を散らして。抜け感が加わり、ぐっとあかぬけた印象に。靴(1.5)¥90,000・コート¥300,000・ニット¥90,000(参考価格)・ショートパンツ¥135,000・バッグ¥249,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ピアス¥414,000・ダブルリング¥1,820,000・リング¥1,380,000/TASAKIファーのあしらいで小粋にアップグレードしたローファーを主役に 端正なローファーのアッパーにたっぷりと贅沢にあしらわれたファー。フロントを飾るHモチーフのメタルのシャープな輝きも、上品なムードを呼び込んで。小粋な遊び心とリュクス感が両立した靴の存在感が、シンプルなスタイルを引き立て、上質を知る大人の装いに昇華。車から降り立つ何げない姿も洗練されたたたずまいに。靴(2)¥197,000・ニット¥189,000・パンツ¥525,000・ブレスレット¥175,000/エルメスジャポン(エルメス)1.リッチに輝くCシグネチャーが抜群の存在感。 靴(1)¥80,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)  2.端正なフォルムにパイソン柄が美しく融合。 靴(1.5)¥47,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)  3.甲に配したマキシサイズのアクセサリーがコンサバ感をスマートに払拭。 靴(0.5)¥76,000/トッズ・ジャパン(トッズ)  4.肌なじみのいいゴールドに銀糸のタッセルが品よい輝きを添えて。 靴(1.4)¥46,000・タッセル¥3,000/サードカルチャー(シャテル)  シルバーの靴はアクセサリーの延長として取り入れるのが正解 グレーのワントーンコーデもシルバーの存在感で簡単にクラスアップ。靴(1.3)¥71,000/ヒラオインク(クレジュリー) ニット¥67,000/ウールン商会(ジェントリー ポルトフィーノ) パンツ¥53,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ハット¥57,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) ネックレス(コインつき)¥36,000・ネックレス(短)¥32,000・ネックレス(長)¥68,000・バングル(右手)¥108,000・ブレスレット(左手)¥70,000・リング¥68,000/ホワイトオフィス(ジジ)つやめくボルドーの足もとがエレガントな装いを知的な印象に 女性らしいスカートスタイルも、マニッシュ靴のつやめくボルドーの存在感で軽やかさが上昇。さりげなく知性が匂いたつたたずまいに。靴(2.5)¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥90,000・スカート¥120,000/ミカコ ナカムラ 南青山サロン(ミカコ ナカムラ) リング¥38,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)1.スタッズの輝きがモダンな足もとを演出。 靴(2.5)¥96,000/ドゥロワー 青山店(チャーチ)  2.黒×グレーのウール素材なら大人の装いにも品よくマッチ。 靴(1)¥107,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)  3.オールホワイトの潔さが装いを軽やかに。 靴(1.3)¥71,000/ヒラオインク(クレジュリー)  4.レーザーカットの繊細なディテールが印象的。 靴(1.5)¥141,000/リシュモンジャパン(アライア) ④ほんのりモードなブーツ「存在感があるぶん、今年らしいチョイスで!」“ショートブーツは、モダンな印象をつくってくれる一足を。黒なら、メタルをアクセサリー感覚で。ベージュは、なじませても、さし色にしても上品です。この冬トレンドセッターの予感がするロングブーツは、フラットタイプが断然気分です!”  揺れ動くワンピースに、旬が香るスタッズブーツでさっそうと しなやかな素材感で、動きに合わせて踊るようなシルエットを生むフェミニンなワンピース。花柄とレース使いでかわいらしさとノスタルジックなムードをたたえた一着には、シャープなフォルムとスタッズ使いでモダンに昇華したブーツを。ハンサムな足もとが甘さを美しく引き算し、大人にふさわしいパーフェクトバランスに導いて。靴(6)¥130,000・ワンピース¥395,000・ピアス¥105,000・バッグ¥270,000(すべて予定価格)/セリーヌジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)装いを美しく整えるベージュ系と、メタルの輝きを宿すブラック系に注目1.長めのリブで脚長効果も。 靴(7)¥131,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)  2.スエードのベージュが装いのトーンを美しく調整。 靴(6)¥127,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)  3.レザーの黒とヒールのメタルがスタイリッシュに融合。 靴(5)¥155,000/ウールン商会(ペセリコ)  4.シルバー使いでアクセサリーのように華を添えて。 靴(3.5)¥115,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)  5.モードな一足もベージュならぐっと上品に。 靴(7.5)¥121,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)  6.シルバーバックルで横顔も美しく。 靴(4.5)¥105,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)  7.さりげないディテールでこなれ感も抜群。 靴(6.5)¥119,000/トッズ・ジャパン(トッズ)たちまち旬バランスを実現!取り入れやすさを最優先に1.上質なレザーのつやめきと、職人の手の技による完成されたシルエットが装いをブラッシュアップ。 靴(1.7)¥140,000/ドゥロワー 六本木店(フラテッリ ジャコメッティ)  2.美しいたたずまいと足首のベルトモチーフが膝下をより長く強調。 靴(2)¥241,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)  3.ニュアンシーなグレーが多彩な色を品よく受け止めて。 靴(0)¥138,000/ジミー チュウ    ▲【2020秋冬靴】トップに戻る撮影/酒井貴生(aosora/人物) 佐藤 彩(静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/TINA 取材・原文/松井陽子 ※本文中の( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで、単位はcmです。 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。 ※エクラ2020年10月号掲載 
  • 注目度急上昇中のブランドがLEEマルシェ初登場。高感度なシンプルバッグを探している人、必見です! 上質なディアレザーならではのやわらかな手触りで魅了 BOSTON(S) Aeta アエタ BOSTON(S) ¥33000 ブランドを代表する小さめのボストンは 確かな存在感と使いやすさで大人気! 凛とクールなボストンバッグは、しっとりしなやかでいて、力強さも感じるディアレザー(鹿革)素材。ころんとした半円型のボディに、内ポケットが1つというシンプル&コンパクトな作りですが、長財布やスマホ、ポーチといった必需品は余裕で収納可能です。 ワンピース¥38000/グラストンベリーショールーム(ヤーモ) Tシャツ¥10500/スローン ピアス¥17000・リング¥14800/ロン インク 合わせるコーディネートもシーンも選ばずに使えるだけでなく、着こなしをワンランクUPする格上げ力も言うことなし。ユニセックスで使える万能デザインなので、夫婦でシェアするのもおすすめです。縦18.5×横24.5×マチ7.5㎝。 内側に大きめのポケットが1つ。ファスナー付きの開口部はガバッと大きく開くので、荷物の出し入れがしやすいのも高ポイント。内装にはピッグレザーが使われています。 シンプルなのに抜群におしゃれ。スタイリングにも頻繁に登場します。 肩がけストラップのない潔いまでのミニマムさも素敵。 by スタイリスト 石上美津江さん モダンで上品で大人っぽい、ありそうでない逸品だと思います。 ぱっと見では、どこのバッグかわからないところもいい! by スタイリスト 大平典子さん 同素材のトート型を愛用中。柔らかなレザーの質感に癒されます。 ブランドのものづくりに対するストイックな姿勢も素晴らしい! by ライター 葛畑祥子さん BOSTON(S) 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/田村昌裕(FREAKS) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude. ) スタイリスト/石上美津江 モデル/今井りか 取材・原文/葛畑祥子
  • この秋、トレンドとベーシックをバランスよく入れ込んだ着こなしを提案する村山佳世子さん。そんな旬のコーデを引き立てるのは、遊び心たっぷりのアクセサリー。あえて大ぶりのものを選んで目立たせるのがポイントです。村山佳世子(むらやま かよこ)村山佳世子(むらやま かよこ)本誌をはじめとするファッション雑誌や、広告、カタログ等で活躍するエクラ世代の大人気スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく 10のルール100のコーディネート』(集英社)が、6刷5万部の大ヒットに!【村山さん厳選アイテム】最小限でおしゃれを楽しむ5着 >>【村山さん厳選アイテム】長く愛用したいベーシックな5着 >>存在感のあるものをガツンと! ボリュームアクセサリー夏のイメージが強いボリュームアクセサリーを、秋冬シーズンにつける感覚が今っぽい。 18金などのジュエリーではなく、“アクセサリー”というところが肝。 遊び心たっぷりに、あえて大ぶりで目立つものをつけて、おしゃれを目一杯楽しみたいなって思います。(右上から時計回りに)ネックレス¥28,000/エストネーション(ペリーヌ タヴェルニティ) バングル¥160,000/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) バングル¥72,500/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) ネックレス¥30,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) イヤリング¥10,000/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) ブレスレット¥21,000/エストネーション(ペリーヌ タヴェルニティ) >>村山佳世子さんのおすすめファッション一覧はこちら撮影/高木将也 ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/村山佳世子 モデル/RINA 取材・原文/磯部安伽 ※エクラ2020年10月号掲載 
  • ここ数カ月で、自分らしさや心地よさを大切にするようになったという富岡佳子さん。行きついたのは、つくり込んでいないワンツーコーディネートでした。そんな富岡さんの“今”を体現した私服コーデをご紹介します。新しい引き出しを開けてエクラでお仕事をさせていただくようになって丸4年がたちました。どの雑誌でも、スタート時は自分自身のイメージやカラーを捨て、無色透明のスタンスで挑むように心がけています。受け手となって、新たな環境に身をゆだね、さまざまなことを吸収してみる。その中で、少しずつ色がつき、なじみ、それがエネルギーに変わり、皆さんにお届けできれば…という思いでやっています。5年目の秋を迎える今回は、今までにない自分を撮ってもらいたいと、初めてのフォトグラファーに撮影をお願いしました。初対面というワクワク感、緊張感は、19歳でモデルを始めたときも、47歳でエクラの表紙モデルになったときも、現在も変わりません。この年齢になれば、慣れた方法や手段で成立する経験値があります。だからこそあえてゼロに戻ること、新たな挑戦をすることを大切にしています。そうすることで見たことのない自分をお見せしたいし、見てみたいと思うから。これがずっと変わらない私の仕事に対するスタイル。これからも透明やゼロを楽しむ自分でありたいと思っています。WEARING/ DRESS:BLAMINK EARRINGS/RING:HERMÈS BAG:SAINT LAURENT SHOES:MANOLO BLAHNIK>>「富岡佳子さん」関連 記事一覧はこちら撮影/横浪 修 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子(モデル) 石山とみ子(プロップ) モデル/富岡佳子 取材・原文/鈴木奈代 ※エクラ2020年10月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND