マストハブ、夏の黒ノースリーブ

Web eclat
ようやく再開し始めたお仕事の途中に立ち寄ったのは、浅草橋にある「友安製作所カフェ。」おしゃれな家具や内装などのインテリアが楽しめます。 インポートの輸入壁紙やタイルシールの品揃えが豊富でDIYを楽しみたい方にはお勧めのお店です。

この日は、華組同期の近藤さん、鈴木さんとも着用していた黒のノースリーブトップスで。お洒落さんと被るということは、夏のマストハブ間違いなしですね。

実は黒のノースリーブトップスは、わたしには毎夏欠かせないマストアイテム。色んなメーカーのものを何枚も持っていますが、微妙に少しずつ違います。

わたしの背面には、カーテンポールがズラリ。見つけようと思ってもなかなか見つからないお洒落なものばかりです。

カフェ空間ではゆっくりランチもいただけます。

この日は、今年追加したMADISONBLUEの黒のノースリーブトップスとデニムでコーデしています。

このデニムは「夏にビーチサンダルと合わせよう‼︎」と決めていました。デニムは合わせる靴を必ずイメージして購入します。

歩き疲れたので、ちょっと休憩。
蔵前のオススメカフェ、「from afar」へ。  
外観からしておしゃれ。店内は広々としていて、
とても落ち着く空間です。

素敵なカップが並んでいたり、お花も販売されていたり。

コーヒーもとても美味しいです。

最後に翌日の朝食にメロンパンをお土産にしました。
マスクはこんな風に以前、イヤホンのブログでご紹介した時と同じ、多用途に使えるバンダナの別柄です。
コーデに合わせて楽しんでいます。

Tops … MADISONBLUE
Denim … MADISONBLUE
Sandal … TKEES
Bag … HELEN KAMINSKI



Instagramはこちらから
関連記事
  • 発売するや否や注文が殺到した、2020年の“エクラ売れ”アイテムを緊急再入荷。「MADISONBLUE×éclat」のノーカラー Vネックは大人が素敵に着こなせるポイントが満載です!MADISONBLUE×éclat ノーカラーVネックワンピース※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます’20年4月号では2週間で完売。お気に入り登録数は288を記録!地曳いく子さんがセレクトし、「一枚で勝負できるワンピース」と大好評だった一着。人気の2色ともエクラプレミアムのために復刻が実現! 張り感とドレープ性をあわせもつメンズ風の生地は格別の美しさで、シャープにあいた襟ぐりはカフタン風のデザイン。フロントの長めスリットで、マキシワンピースでも軽やかな仕上がりに。MADISONBLUE×éclat ノーカラーVネック ワンピース ¥63,000+税>>MARCO MASI×éclat 巾着バッグ ¥23,000+税>>Luca Grossi ムートンつきローファー ¥26,000+税>>袖はカフスつきでシャープなデザインに。長めスリットでほどよいドレープ感も演出してくれる。ネックレス/スタリスト私物 こちらの記事もおすすめ>>撮影/黒沼 諭(aosora)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/地曳いく子 モデル/LIZA 取材・文/大野智子
  • 私って昔からこう言われて生きてきました。 「100メートル先にいてもわかる女」(笑) そう、派手なんですよね(笑) でも、もはやこれは個性。ネタにもなって、発見してもらえて、おまけに交通事故にも遭わない!? 幾つになっても明るい派手色を着こなしたい願望は消えません!これは11月のお誕生日ランチを開催してもらった際に撮ってもらった写真。 ルシェルブルーのコートです。 ルシェルブルーのコートとニットは大好きで、毎年チェックしては購入しています。 色味も素材も綺麗で、アラフォーコーデの強い味方です。 中に来ているのは、これまた大好きなサードマガジンとmikomoriのコラボのドットセットアップ。 色違いで購入しています(笑) 靴はジミーチュウ。 色違いはこちら。 marisolにも掲載されていました! 街はダーク系のコートで溢れていますが、たまには明るい色のアウターで目立って見るのはいかがでしょうか。 中にきるニットで派手色を着こなすのは難しいですが、意外とアウターだと抵抗なく着こなせると思います。 私は普段黒系が多いので、ピンクのコートは大活躍中です❤︎No.202 marico
  • この冬、大人が着こなすなら鮮やかな赤よりブラウンよりの赤の方が肌なじみがよくておすすめ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます新聞記事で今、輸血用血液が足りなくて困っている状態だと知る。「輸血は不要不急ではない!」というメッセージが刺さり、週末は献血ルームへ行くことに。にんにく注射はしたことがあるけれどプラセンタ注射はまだしたことがないので、私の血液もなにか人のお役にたてるかも! たとえ血液を抜きすぎて貧血になったとしてもアイボリーコートの顔映え効果で、献血した後も顔色がよく見えるはず。足元は、ふらついたときでも安心なスリッポンスニーカーで重心を安定させて。極めつけは、この献血を意識したブラッディーカラーのスカート! 実は裏ゴム仕様で献血中、たとえ長く座っていようが楽だし、スルリンとした素材でシワになりにくいのでまさに献血コーデとして最適。コート¥200,000/マディソンブルー ニット¥18,000/アンクレイヴ スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥35,000/アマン(ペリーコ サニー) ブレスレット¥5,900/シップス 有楽町店(エーヴィーマックス) ネックレス¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)MADISONBLUE (マディソンブルー)商品一覧【SHOP Marisol】▶UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)商品一覧【SHOP Marisol】▶靴¥35,000/ペリーコ サニー【SHOP Marisol】▶MARIHA (マリハ)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「白」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 仲睦まじい“ふたり”のかえる、がまくんとかえるくんの物語でおなじみの絵本作家、アーノルド・ローベル。54年の短い生涯を閉じるまでの間に約100冊もの絵本を世に送り出した彼の活動を振り返る、日本で初めての本格的な展覧会「『がまくんとかえるくん』誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展」が、東京・立川のPLAY! MUSEUMで開催されている。 『ふたりはきょうも』(1979)表紙下絵 Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1979 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.1933年にロサンゼルスで生まれ、ニューヨークで育ったローベル。両親が早くに離婚したことから祖父母に預けられ、また大病を患い学校を長く休んだことで友達ができなかった彼は、「お話づくり」という特技を強みにして自分の道を開拓した。ブルックリンの美術大学、プラット・インスティテュートを卒業後、ポーランド出身の絵本作家、アニタと結婚し2人の子どもをもうけたローベルは、50年代後半から挿絵の仕事を得るように。フレッド・フレガー著『かえってきた さけ』の挿絵が高く評価された後、62年には遂に『マスターさんとどうぶつえん』で絵本作家デビューを果たしている。 会場内では段ボール製の展示台などが活躍。絵本の見開きが大きく紹介されたりもしていて面白い。写真は『ふくろうくん』より。1970年には、79年に日本の光村図書の小学校2年生の国語の教科書にも採択された「おてがみ」を含む、「がまくんとかえるくん」シリーズの第1作『ふたりは ともだち』を出版。75年には後に彼が「最も個人的な作品」と語った、ひとりぼっちのふくろうを主人公にした『ふくろうくん』も発表している。80年にはアメリカでその年に出版された最も優れた子ども向け絵本に贈られる権威ある賞、コールデコット賞を受賞している。 『ピゲリックス(日本語版未刊行)』(1983)原画 Collection of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Gift of Adrianne and Adam Lobel, The Estate of Arnold Lobel © 1983 Arnold Lobel.1981年には自叙伝ともされる『ぼくのおじさん』を発表。86年には集大成的作品『The Random House Book of Mother Goose』を出版するも、87年に短い人生を閉じたローベル。本展の前半では、彼の残した作品の中から『ふくろうくん』『ローベルおじさんのどうぶつものがたり』『とうさん おはなし して』など、隠れた名作の原画やスケッチ約100点を、ローベルの家族写真や8mmフィルムを編集した動画などとともに紹介。眺めているだけで絵本自体を手に取りたくなるような展示になっている。 『ふたりはいつも』(1976)「そりすべり」レイアウト Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1976 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.後半は『ふたりは ともだち』『ふたりは いっしょ』『ふたりは いつも』『ふたりは きょうも』の4冊から成る「がまくんとかえるくん」シリーズの展示。スケッチ約100点のほか、初期段階の構想が書かれたノートや台割、編集者の書き込みの入ったレイアウト、表紙の下絵などが初公開されているので必見。決して説教じみることなく、ユーモアを交えながら人間の真理を温かく描いた稀代のストーリーテラー、ローベルのものづくりの過程をつぶさに見ることができるのが嬉しい。 加藤久仁生『一日一年』2021年 Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. Frog and Toad Copyright © by Arnold Lobel. © Kunio Katoまた、『つみきのいえ』で第81回アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したアニメーション作家、加藤久仁生ががまくんとかえるくんの日常を描いた新作アニメーション作品『一日一年』も上映。どこか懐かしさを感じさせる音楽とともに、ふたりの名シーンが見事に映像化されているので、こちらもじっくり楽しんでみて欲しい。 L.L.Bean トートバッグ 各 ¥10,000/会場限定なお、ミュージアムショップではぬいぐるみやトートバッグ、スウェットなど、がまくんとかえるくんをモチーフにした充実のグッズも販売。併設のPLAY! CAFEには展覧会に関連したオリジナルのフードやドリンク、スイーツの販売もあるので要チェック。また、会期中、PLAY! MUSEUMでは常設展として「エリック・カール 遊ぶための本」も開催されているので、こちらもぜひ楽しんで。「『がまくんとかえるくん』誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展」会期:〜2021年3月28日(日)会場:PLAY! MUSEUM(東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3 PLAY!内)休館日:3月7日(日)開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館30分前まで/ショップ 〜18:30、カフェL.O 18:30)※2月5日(金)までの平日に限り1時間短縮して営業入場料:一般 ¥1,500/大学生 ¥1,000/高校生 ¥800/中学生・小学生 ¥500/未就学児無料/障害者手帳を提示した人とその介添人1名は半額 ※おみやげ付き(第1弾:おてがみ、第2弾:クッキー)042-518-9625https://play2020.jp/museum/ text : Shiyo Yamashita  
  • コロナ禍でのおうち時間は居心地の良い空間づくりから。 お気に入りのブランケットと夫婦の好きを取り入れた空間をご紹介します。みなさま、こんにちは。 週末いかがお過ごしでしょうか。 コロナ禍での休日はめっきり自宅の掃除とのんびりおうち時間が定番になってきています。 今日はおうち時間をくつろぎの時間に変えるアイテムをご紹介したいと思います。  寒い季節にうちで重宝中のアイテムは、ニュージーランドからのブランケット。 メリノとポッサムという毛が混合されたこちらのブランケットは、取引先の方に頂いた大切な一品。お気に入りのニュージーランド産ブランケットご存じの方も多いと思いますが、ニュージーランドは羊が人口より多く、羊毛の輸出等も盛んです。 私が愛用しているブランケットは、ニュージーランドのニットウェアメーカーのNOBLE WILDEというメーカーのものですが、柔らかさが抜群。 色合いも落ち着いたカラーで気に入っています。ニュージーランド産メリノウールのブランケットNOBLE WILDEニュージーランドと日本はシーズンが真逆なので、ニュージーランドの冬(日本の夏)に友人にお願いして、こちらのショルダーハグを購入しようか検討中!  またインテリアにも少しニュージーランドの物を取り入れており、何年か前にニュージーランドに行ったときに購入したヨーロッパのヴィンテージ花瓶が気に入っています。 夫の趣味がサーフィンで海好きなのですが、なかなか最近は仕事が忙しい+コロナ禍でいけないということで、海を感じさせるコーナーを作りました。色合いが気に入っているヴィンテージ花瓶なかなか出かけられないので、家で海を感じるコーナーを額縁ですが少しヴィンテージ感を出すために夫がヴィンテージペイントを白い額縁に塗り、壁に似合うように仕上げました。 絵があると雰囲気がぐん!と変わります。DIYでヴィンテージ風に額縁を仕上げました。少しずつおうち時間を充実させる為に工夫しながら、週末にDIY等を楽しんでいます。 今日もブログを読んでくださって、ありがとうございました! 素敵な週末をお過ごしください。 インスタグラムも更新しています。 ↓ akino_myoiNo.194 Akino
  • お菓子作りが好きなJマダムが作る、旬のいちごを使った「韓国発のタルギケーキ」&「赤ワインムース」を紹介。家族のティータイムはもちろん、おもてなしにも大活躍!髙原 文さん(No.23 パティシエ・46歳) 夫と小学生の姉弟の4人暮らし。子供のころからお菓子作りが好きで、社会人になってから有名な製菓スクールに通ったりフランスに遊学したり。数カ月前に念願かなってパティシエとして再就職したばかり。育児と仕事の両立を楽しむ。シーズン中は毎日いちごをたっぷりと。家族の笑顔の源です!「いちごは家族みんなの大好物。シーズン中はたっぷり常備して、おやつに食後のデザートに大活躍。ボウルに山盛りにしたいちごに、泡立てた生クリームを添えるだけでも大喜びです」 スイーツ作りが得意な髙原さんは、いちごスイーツのレシピもたくさん考案し、家族や友人にふるまう。「今一番気に入っているのは、断面萌えなタルギケーキ。いわゆるいちごのショートケーキですが、カットした断面にいちごがたくさん並んでかわいいんです。切り分けたときのみんなの歓声がうれしくて、作りがいがあります」いちごがぎっしり詰まった断面に感動!韓国発のタルギケーキ韓国のカフェ発でSNSで大流行しているタルギ(いちご)ケーキ。ポイントは、何層にも重なったスライスしたいちごがケーキの断面から見えること。「いちごを重ねられる限界に挑戦(笑)して、5層にして作ってみました。普通のショートケーキに比べていちごの割合が断然多いので、子供たちは軽く2切れはぺろりと食べています」。シナモンが香る大人の味わい「いちごの赤ワインムース」赤ワインにシナモンやクローブ、オレンジの皮で風味をつけてホットワインのような味わいに仕上げたゼリーをガラスの器に入れ、その上にフレッシュないちごとラズベリーをのせ、さらにいちごのムースを重ねたデザート。「下のゼリーが大人の味で、女子会にお出しすると喜ばれます」>>「Jマダム通信」記事一覧はこちら取材・原文/小林みどり ※エクラ2021年2月号掲載
  • HAPPY PLUS STOREバイヤーが厳選した2021年春の新作アイテムをいち早くご紹介します。この機会をお見逃しなく!suadeo、12closet、MADISONBLUE、SLOANE、THE NORTH FACEほか、人気ブランドの新作コレクションから、ここでしか買えない限定商品、オールシーズンOKな優秀小物など、豊富に揃えています。▼2021年春の受注会の詳細は下記をチェック▼ https://store.hpplus.jp/fs/sp/pages/fscts185.aspx★受注会オススメ★ ここでしか買えない限定アイテム  ファッションディレクター中島英恵さんと人気3ブランドとのスペシャルコラボが完成 中島さんがお気に入りのAKIRA NAKA、EZUMi、ARIZONA LOVEとHAPPY PLUS STOREのために作ってくれました! 大人の女性のおしゃれ気分を上げてくれる、素敵なアイテムに仕上がっています。限定アイテム1 ARIZONA LOVE【中島英恵さん別注】サンダル ¥23,000+税▶商品詳細限定アイテム2 AKIRA NAKA【中島英恵さん 別注】TULE T-DR ¥45,000+税▶商品詳細限定アイテム3 EZUMi【中島英恵さん別注】クロシェブラウス ¥30,000+税▶商品詳細限定アイテム4 suadeo JAPAN BLUE コラボレーションハイパーストレッチスリム見えデニム ¥20,000+税▶詳しく見る★受注会オススメ★ 一押しブランド  一押しブランド1  MADISONBLUE (マディソンブルー)▶MADISONBLUE (マディソンブルー)商品を見る一押しブランド2  SLOANE(スローン)▶SLOANE(スローン)商品を見る一押しブランド3  UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)▶UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)商品を見る一押しブランド4  THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)▶THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)商品を見る一押しブランド5  NOMADIS (ノマディス)▶NOMADIS (ノマディス)商品を見る他にも一押しブランド多数!さらに各ショップのおすすめアイテムなど見どころ満載です! ▼受注会商品はこちらからチェック▼https://store.hpplus.jp/fs/sp/pages/fscts185.aspx 皆さまのご来店をお待ちしております!! https://store.hpplus.jp/fs/shop/
  • ブラックstylesに変化を持たせてくれるデザイン性のあるZARAパンツで、冬の着こなしをアップデート皆さま こんにちは。 落ち着かない日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 気分が上がらない日もあるかと思います。 そんな毎日を 元気づけてくれるのも 気分が上がるのも 気持ちが明るくなるのも それは、どのようなライフスタイルでもファッションを楽しむこと。 なかなか自由にお買い物にお出掛けできないですが、休日は、大好きな音楽を聴きながら、雑誌を片手に『おうちショッピング』を楽しんでみたりしております。“好き”に正直に!お洒落を楽しませてくれる『Marisol 2月号』もお洒落がたくさん詰まっていますー1月のおしゃれには断然「ニュアンスブラック」が効く!ー特集もされていますいろいろなブランドのセールも気になりますが、先日、ZARAセールで気になるパンツを見つけて買ってみました。 デザイン性があり、今から履けてシーズン長く履けるパンツ。 冬の着こなしもマンネリしがちなので、いつものニットにデザイン性のあるパンツを持ってくることで、また違う冬の着こなしを楽しむことができます。 ◉薄いピンクベージュのプリーツパンツ胸元からスリットのあるスエット風ワンピースには、プリーツパンツで華やかさをプラス。 首元にプリーツパンツと同系色のスカーフを巻き、バッグと靴は『黒』で統一。 Outer: allureville /Dress: major /Pants: zara /Bag: unitedtokyo /Shoes: bananarepublic『黒』ワンピースは一昨年のMarisolランチ会で着用したもの(こちらからご覧いただけます)『黒』ワンピースを優しいニュアンスカラーで、エレガントな優しいブラックstyleにまとめてみました。 ◉黒のドレープパンツハイウエストなドレープパンツを白、グレー、黒でコーディネート。少しドレープのあるアウターを羽織り、綺麗めにまとめながらも小物でカジュアル感を出しました。この時は、プチプラで買った好きなもの達の合わせ。Outer: doclasse /Knit: uniqlo /Pants: zara /Stole: uniqlo Bag: cos /Shoes: h&m黒のパンツはデザイン性があると、『黒』の中にこなれ感が出て、より使いやすいです。 ある日の通勤コーディネートは… ベージュニットにコートとカーディガンの中間ぐらいのアウター合わせ。首元にはパールの白で少し引き締めをプラス。『黒』は、主役にも脇役にもなるので、本当に奥深い色だなとつくづく思います。 毎日、着るお洋服。 大好きなお洋服を身にまとって、歩いている自分の姿を鏡越しに見た瞬間、マスクの中では自然と笑みが溢れます。 「さぁ、今日も一日、頑張ろう!」 「今日も一日、ありがとうございます!」 まだまだ続くこの世の中ですが、少しでも気分を上げながら、明るい気持ちで楽しく一日を過ごしていきたいなと…(^^) それでは、穏やかな素敵な週末をお過ごしくださいね。 いつも最後までお読み下さり、ありがとうございます。 Instagramも宜しければ、ご覧ください(๑˃̵ᴗ˂̵)☟No.156 Mayu
関連キーワード

RECOMMEND