昼休みに彼と待ち合わせする日は、ジャケット&デニムにインナーダウンを仕込んで【2020/1/22のコーデ】

@BAILA
_

ワンマイルの距離なら、ジャケット+インナーダウンでOK

金沢のお土産を渡す約束で、彼氏のミツとランチタイムに合流! 私のオフィスの近くに来てくれたから、ジャケットにさっとインナーダウンを仕込んで待ち合わせ場所へ。パンツにシャツのシンプルなデニムのコーディネートでも、女らしさは保ちたいから、愛用の温感ストッキングで足首見せは死守(笑)。ベージュパンプスでつなげて、美脚見せも完璧に! ミツ、早く来ないかな〜。

ジャケット¥34000/ルーニィ ダウン¥10400/モンベル・カスタマー・サービス シャツ¥25000(2月中旬展開予定)/インターリブ(サクラ) デニム¥10000/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ) バッグ¥6900/フレディ&グロスター二子玉川店(フレディエミュ) 靴¥19000/オゥ バニスター 新宿タカシマヤ店



"あったか仕込み"ポイント

このインナーダウン、重さはなんと約130g。ジャケットの下にもスルンと入り込んじゃいます。同系色だから、悪目立ちせずに防寒がかなう!



【今月のPROFILE】港区OL・花
広告会社営業部勤務。外回りが多めの32歳。どこかに辛さのあるスタイルが好みのパンツ派。親友・絵美里の紹介によりつきあいだした彼がいて、仕事もプライベートも充実。

明日のコーデ一の画像をもっとみる

明日のおすすめ着回しアイテム

__1

1/4

__2

2/4

__3

3/4

__4

4/4

【寒さに負けないあったかアイテム】激軽インナーダウン
保温性と軽量化、両方を追求した使いやすさはアウトドアブランドならでは。そのライトさは着ていることを忘れるほど。¥10400/モンベル・カスタマー・サービス

【今年の定番パンツ】通勤OKな黒デニム
ウォッシュ加工されていないブラックのデニムはオフィスの新定番。高め位置のポケットや、厚手のオンスで気になる体のラインをカバーしてくれる。¥10000/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ)

 

【レイヤードもOKな真冬の相棒ベーシック】スタンドカラーシャツ
ほどよく厚みのあるコットンで、冬場も寒々しく見えない。スタンドカラーでこなれた表情に。¥25000( 2 月中旬展開予定)/インターリブ(サクラ) 

【レイヤードもOKな真冬の相棒ベーシック】テーラードジャケット
ウールライクな質感の生地で冬仕様。少し長めの丈でクールな着こなしに。¥34000/ルーニィ

__1
__2
__3
__4
「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから
関連記事
  • こんな時こそメイクで明るく!私が何度も繰り返し購入しているプチプラ・定番コスメをご紹介します!コスメフリークでもない、朝メイクの時間が取れない、買い物に行く時間がない、そんな私が頼りにしているコスパ合格のコスメ達です☆こんにちは、masakoです。 日差しが明るくなってくると ファッションもメイクも 鮮やかな色使いなどが 楽しくなってきますね。 また、こんな時だからこそ 平常心で笑顔で過ごしていきたいもの。 今日は私が何度も繰り返し購入している リピートコスメアイテムをご紹介します。 ①スルスル描ける優秀プチプラアイブロウ!セザンヌ 超細芯のアイブロウ ナチュラルブラウン (\500+税) コスパの良さはもちろん 0.9mmの細芯で 眉毛の1本1本を丁寧に描けるんです。 主に眉尻の方に使っています。 不器用な私ですが 眉を描くのがうまくなった!と錯覚でき 眉メイクが楽しくなったと思えた1本。 ②立体グラデーション眉を叶える優秀プチプラアイブロウKATEデザイニングアイブロウ 3D EX-4(\1,100+税) 自然なグラデーションが描け 眉パウダーとノーズシャドーができる優秀なアイブロウ。 こちらもプチプライスながらいい仕事をしてくれます。 落ちにくく描きやすいと感じてリピート中。 私はイエローベースの肌でEX-4を使っています。 なかなか買い物に行く時間がないので ドラッグストアで手軽に購入できるのも◎! NO.164 kanaさんもご紹介されていました!【プチプラコスメ アイブロウ編】NO.165 Marikoさんも動画でご紹介されていました!【#美容 #GRWM 】アラフォー毎日メイク動画「今、なに使ってる?」 ③お疲れ顔に効くパーフェクトコンシーラーオルビス パーフェクトコンシーラー \1,500+税 アラフォーになって 目の周りのくすみが濃くなって 気になるように。 こちらクマやしわやくすみを ササっとカバーできるコンシーラーで オレンジ色のコンシーラーが 青クマ・茶クマを飛ばしてくれます。 筆タイプなので細かい部分にも塗りやすく 小じわにたまったり、乾燥しないので もう6本目位リピートしています。 ④アラフォーの唇に必要な艶が即手に入るプチプラリップオペラ リップティント N  \1,500+税 数々のベストコスメアワードを受賞しているこちら。 発色がよく、艶が出て塗りやすい。 そして落ちにくい! コンパクトなフォルムがかさ張らず 持ち歩いたり、デスクに置いてあっても 邪魔になりません。 ⑤何度もリピートしている定番アイシャドウルナソル オーロラアイズ 02番 \5,000+税 長く愛用しているアイシャドウです! 他を使っても戻ってきて 結局一番頼れる一品。 こちらプチプライスとは言えませんが アイシャドウは1回買うと長く使えるので パウダーの発色・質感もよい 信頼できるブランドが 結局はコスパもよいと感じます。 オフィスでも悪目立ちしすぎない くすみの強くない上品なカラーで どの色も使えます。 こちらも特にパーソナルカラーが スプリングの方にお勧めです。 -------------------☆ 我が家にも休校の小学生が3人おり 週明けからの過ごし方に 不安もありますが お気に入りコスメで整えた 明るい笑顔で子供たちの生活を 支えていきたいと思います! 今日もお読みいただき ありがとうございました! インスタでも日々のリアルコーディネートを更新中! フォロー頂けると幸いです!美女組No.177 masakoのブログ
  •   快適な着心地や使い勝手のよさを厳しくジャッジ。納得のいく春アイテムからピックアップしました!   ramble dance ランブルダンス Tストラップシューズ ¥13800(サイズ:23~24.5㎝) コーデに旬の甘さを添える 人気シューズが再登場 ベスト¥19000/トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店 シャツ¥19000/アンシェヌマン(レリル) パンツ¥22000/ティッカ メガネ¥44000/アイヴァン7285 トウキョウ バッグ¥7900/フレームワーク ルミネ新宿店(エル エル ビーン) ソックス¥700/タビオ(靴下屋) 細いTストラップと計算された甲のカットで、足をほっそり見せるエナメルシューズ。 ソールは薄くても、歩きやすさは保証付き。オールシーズン活躍する頼もしさも見逃せません。ヒール1.4㎝。 Tストラップシューズ 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) スタイリスト/石上美津江 モデル/比留川 游 取材・文/葛畑祥子
  • ファッションエディター坪田あさみさんがアラフォーに向けて提案する日々のちょっとしたおしゃれのコツ。今回は、大人になると避けがちな未知のアイテムを取り入れる大切さについて。坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にフリーランスのエディター・ライターとして活躍。日本橋髙島屋S.C.新館にて月一回の連続講演プログラム「dot me 日本橋の#夜活」を開催中。3月26日(木)はスタイリスト福田亜矢子さんと「間違いのないおしゃれ計画・春夏編」について語ります。お申込み方法などはインスタグラム@asamit1201をチェックして。ジャンプスーツ/ヴェルメイユ パー イエナ スカーフ/フォンデル ピアス/トゥモローランド ブーツ/イザベルマランアラフォーともなると、おしゃれ経験値の高い皆さんは、ご自分の好きなテイストを自覚している方も多いでしょう。そしてコーディネートのクセみたいなものもきっとあると思います。 「私に似合うのはこういう色」「こういう服が自分らしい」という経験値は時に正しいですが、年齢を重ね、肌や髪やスタイルがどんどん変わるアラフォー世代にとっては必ずしもそうとは言えません。 アラフォー世代はこれまでの服がなんとなく似合わなくなってしまうモヤモヤ期でもあり、おしゃれが楽しくなくなってしまう人も多いようです。 さらに「若作りに見えかねない」「体のラインが恥ずかしい」と自らストッパーをかけ、ますます選択肢を狭めたり、昨今の安心感の強いベーシック服流行りと相まって「いつも同じような無難な格好の人」になってしまうことも。 そうした悩みを時々相談されることがありますが、私が思う回答は次の3つです。 1/あなたがこれまで着たことのない服は世の中にまだたくさんあります! 2/若い頃に似合わなかったものが逆に似合うようになることがあります! 3/新しいものに挑戦するならアラフォーのうちから! というもの。 前置きがひたすら長くなってしまいました(笑)。そんな私が最近購入したアイテムは、最初の写真のジャンプスーツです。 今冬シーズンからちらほら見かけ、20年春には大人向けおしゃれブランド各社から多くリリースされているジャンプスーツ。 私はギリギリコンビネゾンぐらいは何着か持っていましたが、袖までついてるジャンプスーツは「トイレが面倒でしょ」というオバさん的発想から躊躇していました。 着てみてわかったのはジャンプスーツが面倒なのはトイレだけです。そこは正しかった(笑)。その代わり着用感はすごく楽ちん。お腹周りに締め付けはないし、一枚でコーディネートが完成するワンピースのようなものだからインナーに悩まず朝もすぐに出かけられます。切り替え場所によっては脚も長く見えます。 そして、ツイード仕立てのマニッシュかつ女らしい今どきなデザインのおかげで、昔のヤンキー感は皆無。むしろ若い子より大人の方が似合うと感じるぐらいです。昔はこういうアイテム、なかったですよね。   ▲ジャンプスーツは後ろ姿がポイントです。ウエストが高い位置で切り替えられているので脚が長く見えるというメリットも。パンツ丈はヒールを履いてジャストになるよう7cm長くお直ししました(大柄さんあるある)。   ジャンプスーツを40うん歳にして初めて購入した私ですが、初めて袖を通す時は心が弾みます!そして着慣れないアイテムゆえに正解が分らず、色々とコーディネートに悩みました。 出かけた初日は鏡に写った自分の姿を見て、「インにハイネックを重ねた方がいいのかな?」と不安になり、店に飛び込み白いハイネックシャツを買ってみたり、「靴はフラットの方がいい?」と鏡の前でにらめっこ。どんな丈のアウターを合わせたらいいかも最初はよくわかりませんでした。 そして気がついたのは、ベーシック流行りの昨今では、なかなかこうしたおしゃれの筋トレをしていなかった、ということ。 旧知のアイテムの増加はあっても、どう着こなしたらよいかわからないアイテムにあえて手を出すこと自体少なくなっていたのかもしれません。 そしてアラフォーの私たちにとってよくないと思うのは、「これこそが自分らしい/らしくない」という思い込みではないでしょうか。 38歳の時に似合わなかったものが、43歳でまた似合うようになることもあります。 肌質も髪型もメイク法も、トレンドもシルエットも何もかも変化し続けている中で、「似合う/似合わない」だけがいつまでも変わらないということはないはずですよね。 実際、私も30代後半はカーキがすごく似合わない気がして避けていましたが、今またしっくりきています。そんなこともあるんです。 いろんな要素が組み合わさって服も自分も進化し、年齢を重ねることで似合うものが広がることだってあるはずではないでしょうか? また「大人になったらお買い物に失敗しない」という思い込みも同様。大人だってまだまだトライ&エラーをすべきです。失敗をしないと経験値が増えないからおしゃれ筋も頭打ちで、若い頃につけた筋力を消化していくのみです。それって賢いようで、あんまり楽しくないですよね。 そこでおしゃれ筋を鍛えるためには、一度も買ったことのないアイテムや着たことのない色を購入してみるのがよいと思います。 手持ちのワードローブに合うとか合わないとか一切考えず。自分のときめきだけを信じて買ってみてはいかがでしょうか?   ▲若い時は全く興味がなく、決して着なかったピンク。この日はあえて白を多めに合わせました。普段はグレージュやネイビー、カーキなど落ち着いた色みとコーディネートしますが、甘×甘な色だとどうなるか実験。本当はピンク×ピンクもやってみたいのですが、さすがに外に出るのが恥ずかしかったので自粛しました(笑)。ピンクはちょっと枯れてきた年齢の方が、どう転んでも甘くならないからちょうどいいと信じて、この春はいっぱい着る予定。  コート/グレンフェル パンツ/イウエン マトフ ニット/ブラミンク 靴/コンバース バッグ/ドゥロワー   人に「今日、どうしたの?」と驚かれることもあるかもしれません。似合っていないような気がしてそわそわするかもしれません。でもそれでいいんです。それがいいんです!たまには目新しいアイテムを投入して、ワードローブに不協和音を奏でることも大事なのではないででしょうか? まとまっていることだけがよいわけではないはずです。   これは私の勝手な実感ですが、服でも顔でもまとまりすぎていると人の記憶に残りにくいと思います。本人が嫌だと思っている部分が人から見たらチャームポイントということはよくあることです。いつも完璧な着こなしをしている人の服って、実はあまり覚えていないんですよね。 おそらく「可愛げ」ってそうしたまとまりすぎない部分から生まれるのではないでしょうか?   ちょうど季節も変わりどきの今、新しい気分で一度も着たことのない未知の服に挑戦してみてはいかがでしょう? 私が春に気になっている未知の服は、おしゃれブランドが手がけるシャカシャカブルゾン(昔はスポーツブランドにしかなかった)とサファリジャケット(昔はおばさんぽい気がして着たことがなかった)。手を出すかどうかはまだわからないけど、意外と「今」の自分にこそ似合うかもしれません。目新しいものに挑戦しながら、これからもおしゃれ筋を鍛えていきたいと思います。    【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
  • オブジェみたいにグラフィカルな色と形の小物で、ひとさじモード感を加えたら、春のおしゃれにアプデ完了!折り紙のようなモチーフが目を引くミニショルダーに、PVCの透け感が未来的なサンダル。いつものスタイルをちょいモードに引き上げてくれる靴&バッグは、身につけるだけで話題が広がる! バッグ¥7000/ロードス(アドカラム) 靴¥8990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 ジャケット¥23000/グランデッド(ホワイト ライン) タンクトップ¥12000・パンツ¥23000/TOMORROW LAND(BACCA) 帽子¥8400/CA4LA ショールーム ピアス¥2436/サードオフィス(ROOM)1 レトロフューチャーな半円形のハンドバッグ、アクリルハンドルも最高にキュート。 バッグ(ショルダーつき)¥25000/ADINA MUSE SHIBUYA 2 厚底サンダルも、ブルーグレーのワントーンでこんなにスタイリッシュ。コードストラップのフロントで軽快に。 靴¥12000/SNIDEL  3 エレガントなバンブーハンドルに、光沢感あるサテンの台形シンプルボディがしゃれ感満点。 バッグ¥6500/アダストリア(ジーナシス) 4 スクエアトウと甲がすらりと見えるVカットが大人なミュール。ジュートの素材感&ロープのストラップで春夏らしさも。 靴¥6900/RANDA5 シャイニーなシルバーも小物で取り入れたい。箱型トートが旬度UP! バッグ¥7800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 6 メタリックグリーンのサテンミュールはスクエアなトウとヒールがアクセント。上品なつや感も魅力。 靴¥19000/Life’s 代官山店(TODAYFUL) 7 きれいなカラーに注目! ふたのないシンプルな長方形に、同色のショルダーを合わせて。 バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ)8 フェミニンで繊細な、ヌーディベージュのポインテッドトウシューズ。ジュエルのようなアクリルのヒールにキュン♡ 靴¥7900/RANDA 9 携帯とミニ財布、カードが入るコンパクトなポシェット。発色のいいイエローで、お出かけが楽しくなる。 バッグ¥11000/ロードス(トーヴ) 10 パンツの裾からのぞかせたら、絶対かっこいい! 流線的なゴールドのヒールも魅力の、モーブカラーのカバーミュール。 靴¥7400/RANDAパズルのようにパーツを組み合わせたバケツバッグと、アシンメトリーなシルバーパンプスは、まるで"モバイルアート"。鮮やかなサマードレスに合わせて。 靴¥13900/A de Vivre バッグ¥12000/Life’s 代官山店(TODAYFUL) ワンピース¥19000/ラピーヌ(ミントグラム) パンツ¥12000/N.O.R.C ピアス¥1964/サードオフィス(ROOM) バングル¥4500/somniumモデル/西野七瀬 撮影/岡部東京 ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/高野麻子 構成・原文/久保田梓美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • スモーキーピンクとアクセントプリーツが素敵なパンツみなさまこんにちは。 国内外での新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い 大規模な自粛体制、教育機関の休校などの措置が取られる中 皆さまのご健康と、事態が終息に向かうことを願っております。 さて、今期の春 ZARAアイテムが熱い!! 目移りするほど華やかでココロ踊るラインナップでしたが 悩んだ末に仲間入りしたのはこちら ↓↓↓◆ZARA タック入りパンツShirt:ZARA(2019) Bag:MARCO BIANCHINI Shoes:モードエジャコモ骨盤より下からデザインされた幅広プリーツが スタイルアップ効果あり。 スモーキーピンクが 大人カジュアルにさりげなく馴染む 優秀なパンツです。 その他のアイテムや コーディネートは動画にて解説しましたので よろしかったらご覧ください♪【ZARA】2020春アイテム/カラーパンツで大人カジュアル最後までお読みいただきありがとうございました。 \Forrow me/➡My instagram(@maris_tk)美女組No.165 Marikoのブログ
  • アラ40がホントに押さえた! 買った! 『女っぷり春アイテム』Vol.1 春直前! 今年の春アイテムが各所で紹介されているけど一番買うべき物は何なの? とお悩みの皆様へ! ~アラ40が本当に買うべきこの春最旬のアイテムおまとめ集~ CHEMBUR/SQ FLAT STUD LACE UP/¥33,000+税 厳選されたクオリティーと造形美あふれる「CHEMBUR」 (チェンバー)のフラットシューズ。 明日から取り入れたい足元に! CHEMBUR/SQ CUTWORK FLAT/¥33,000+税 メタリックなシルバーは合わせる色を選ばない! スカートにもパンツにも合う秀逸な1足! M7days/サイドスリット入りコットンニット/¥16,000+税 「M7days」(エムセブンデイズ)の春ニットは、今年らしいドロップショルダー。 袖周りにも適度なゆとりがあり、身体のラインを拾わずに体が泳ぐ”ゆるっと感”がポイント。 THE SHINZONE/アイビージーンズ/¥19,000+税 M7days/シルク混カーディガン/¥17,000+税 YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE/EMBOSSED LEATHER TOTE M/¥30,000+税 「Shinzone 」(シンゾーン)のデニムは、パリッとしたセンタープレスが上品な印象。 縦のラインと股上の深さが脚を長くすっきり見せてくれます! ▼ アラ40がホントに押さえた!『女っぷりの春アイテム』 はこちら▼ \女っぷりを活性化/アラ40の春クローゼット 大人のヘビロテアイテム 徹底解剖! “やり過ぎないがちょうどいい”アラ40の『ツヤ』ファッション Marisol3月号デジタルカタログ
  • ワクワクする春は「色」からおしゃれを始めたい!’20年春の本命カラーに躍り出たベージュは、コンサバ感の強いこれまでのイメージを一新。これまでとまったく違う、新しいフレッシュなベージュでおしゃれを進化させて。1.エクリュベージュ厚手のスウェット素材をドロップショルダーにして、今どきな旬シルエットに仕上げたシンプルなパーカは、スポーティさを控えめにした大人のための一枚。シルク素材の薄手のリブニットをカットソー感覚で重ねて全体をワントーンにまとめれば、エクリュベージュを満喫できる洗練スタイルが完成。パーカ¥23,000/アストラット 新宿店(アストラット) ニット¥30,000/スローン スカート¥36,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥38,000 /アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥22,000 /アッシュ・ペー・フラン ス(イオッセリアーニ) バッグ¥216,000・靴¥66,000 /トッズ・ジャパン(トッズ)2.モーブベージュ少し腕にかかるデザインの袖なしニットは、温かみがあり血色よく見せてくれるこっくりとしたモーブベージュ。今の季節こそ楽しみたい白シャツとのレイヤードや、シルバーをあしらった白スニーカーとの組み合わせで、春らしい軽やかな着こなしを満喫。ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) 中に着たシャツ¥22,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥37,000/ebure ピアス¥59,000 / KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥240,000/ト ッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥77,000 /ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)3.サンドベージュ大人が取り入れやすいシンプルなサファリジャケットが豊富にそろう今春。カーキがかったサンドベージュは、ハードになりすぎずエレガントな雰囲気が魅力。ゆったりとした身頃をベルトでざっくりと絞った着方が、こなれて見えるポイント。ラップ風のスカートから素足が少し見えるバランスもかっこいい。 ジャケット¥100,000/カオス新宿(カオス) Tシャツ¥14,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) スカート¥45,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥27,000 /シジェーム ギンザ(マグーシュ) バングル¥39,000 /プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥82,000 /ジミー チュウ 靴¥89,000 /トッズ・ジャパン(トッズ)4.リトルベージュ白のワントーンコーディネートに、スエードのエスパドリーユでベージュのアクセントを。ブランド名の「T」をアッパーにあしらいさりげない高級感も演出。靴¥69,000 /トッズ・ジャパン(トッズ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥33,000/ロンハーマン サングラス¥34,000 /モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥23,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バングル¥21,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥82,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2020年4月号掲載
  • おの春のおしゃれの印象はボトムがすべて! トップスがいたってベーシックでシンプルな形でも「ボトムに華をもたせれば、それで十分!」という雰囲気になるから、このトレンドを見逃す手はない。スカートとパンツ、それぞれの選び方に定評のある人気スタイリストが、この春おすすめのアイテムを理由とともにご紹介。教えてくれたのは…スタイリスト 徳原文子さんスタイリスト 徳原文子さん本誌や『Marisol』で、毎号のように特集を担当する人気スタイリスト。フェミニンさと華やかさをあわせもつ洗練されたスタイリングに編集部スタッフにもファン多数。こよなく愛するロングスカートの私服スタイルも定評あり。スタイリスト 室井由美子さんスタイリスト 室井由美子さん本誌や『BAILA』『Marisol』などの女性誌やウェブマガジンなど、幅広い年齢層の女性から厚い支持を集める。教員免許をもつ異色のキャリアと温和な人柄で、各ブランドのカタログやコラボレーションなどにも引っぱりだこ。《スカート先生》徳原文子が指南!カジュアルに着ても女っぽい。だから頼れる! 「もともとの持ち味で、着飾らなくても華やかになる――それがロング丈のスカートの一番の魅力です。この春は素材のバリエーションがうんと増えて、表情もぐっと豊かに。季節もシーンも問わず着られるお気に入りの一着が見つかります。おしゃれをもっと自由に発展させて!」ふんわりと優しげなティアードのスカートは、遠目には無地にも見えるほどのさりげない柄が都会の趣(おもむき)に。ホワイトのジャケットが光を呼び込み、全身を一段トーンアップ。 スカート¥33,000(カーサフライン)・靴¥68,000(マリ ジウディセリ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) ノースリーブニット¥16,000(アパルトモン)・バッグ¥44,000(ジウリアマレスカ)/以上アパルトモン 神戸店 《パンツ師匠》室井由美子が指導!旬の一本が、気持ちもワードローブも更新 「年齢を重ねると、ついベーシックなものに頼りがち。“色”もそのひとつだと思うのですが、固執しないで。今年のパンツには、旬ムードなのに合わせやすいという絶妙な色のものが多数登場しています。そんな色に更新するだけで、トップスは手持ちのものでもOKなんです。着こなしの幅が広がりますよ。」春の日射しに映える、淡く可憐なピンクのパンツを主役にすれば、お出かけ気分もアップ。ブラウン系カラーを重ねたトップスで上品に引き締めながら、全身をマイルドなトーンでまとめて洗練させて。 パンツ¥28,000/ロンハーマン シャツ¥39,000/マディソンブルー 肩にかけたニット¥29,000/スローン ネックレス¥360,000/TASAKI バッグ¥66,000/ドレステリア 新宿店(エバゴス) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)>>50代スカートコーデ&アイテム 記事一覧はこちら>>50代パンツコーデ&アイテム 記事一覧はこちら[スカート]撮影/渡辺謙太郎(MOSUTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA [パンツ]撮影/酒井貴生(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/室井由美子 モデル/ゆうき [スカート・パンツ]取材・原文/松井陽子 ※エクラ2020年4月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND