【読者インフルエンサーの逸品リスト】ずっと大切にしたいバッグや時計を披露

@BAILA

読者インフルエンサー・スーパーバイラーズが手に入れた、流行りも年代も関係なく長く愛せるバッグや時計、ジュエリーをご紹介します。上質さはもちろん、エフォートレスなデザインはまさに一生もの。長く愛せるアイテム選びをぜひ参考にして。

※アイテムはすべて私物です。※元記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

1.憧れブランドで手に入れた【逸品バッグ】

GUCCIのショルダーバッグ

「GUCCIのベルベットパープルのショルダーバッグです。色味がキレイで一目ぼれした。あまりテカリのないベルベット素材で、上品に見えるところがお気に入り。普段のコーディネートの差し色として活躍しています。」(畑瀬愛さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
PRADAのバッグ

「PRADAのショルダーバッグはシンプルなブラックレザーで、どんなコーデにも合わせやすい。柔らかい革の質感なので、使えば使うほど味が出てくるのもいいところ。そして重くない!! このサイズ感のこのデザインは買って大正解でした♡ 長く愛用できそうです」(海野尾美紀さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
FENDIのバッグ

「上品なグレーのバッグはFENDIのもの。小さすぎず、大きすぎずのサイズ感が便利です。ボルドーのニットアップに合わせてエレガントに。」(畑瀬愛さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
GUCCIのバッグ

「誕生日プレゼントとして主人におねだりしたのはGUCCIのショルダーバッグ。ショルダーの一部がチェーンになっているので、エレガントさがあり、ドレスアップした時にも持ちやすそう。もちろんあえてカジュアルな日に持っても可愛いです。」(大津真鈴さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
ロエベのバッグ

「きれいなブルーがお気に入りのバッグはロエベのもの。ころんとしたフォルムと巾着タイプがかわいくってつい手に取ってしまいます。シンプルな着こなしの日の絶妙なアクセントになっています。」(臼居実優さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る

2.コーディネートが華やぐ【逸品ジュエリー】

Hirotakaのリング

「女性らしさもありつつ、だけど手元にモダンなエッジをプラスしてくれるHirotakaのリングがお気に入り。購入したのは、中指につけているリングと小指につけている華奢なリング。お守りのように毎日肌身離さず身につけられるリングは、繊細でミニマルなものが好み。でも、今っぽさも欲しい。そんなわがままを叶えてくれるブランドです。」(石本愛衣さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
e.m.のリング

「e.mで購入した、幅広めのシルバーリングです!元々はピンキーリングとして小指用に購入。ピンキーリングって、華奢で可愛らしいものが多いと思うのですが、存在感のあるリングを小指にしたくなって。他の指だと少しハードになりがちな幅広リングも、ピンキーリングだと女性らしさを少し残せる気がします。上の写真では、薬指に【ファランジリング】として着用しています。」(阿部晴菜さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
プリュイのリング

「1点1点、ハンドメイドで作られるプリュイのアクセサリー。中でもお気に入りは、人差し指につけているブルーリング。『成熟されない、未熟であるがゆえの匂いや美しさ』をイメージしているそう。このゴツさが堪らなく可愛いのです。身に着けるだけで、コーディネートのアクセントになってくれます。」(青山麻穂さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
ロエベのブローチ

「ニットにつけたのはLOEWEのブローチ。シンプルなワントーンコーデなのですが、ブローチをつけるだけでワンランクアップ! 普段のコーディネートを上品な印象にしてくれるとっておきのアイテムです。」(臼居実優さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る

3.着こなしの格を上げる、時計やスカーフ【逸品小物】

GUCCIのローファー

「長く大切にしたいアイテムを購入したいと思い、選んだのがGUCCIのホースビットローファー。¥50000を超えるお買い物は中々勇気が入りましたが、買って正解でした。定番のレザーではなくスエードなので履くシーズンは多少限られますがブラックスキニーなどに合わせやすくテーパードパンツにもしっくりくるので通勤コーデ、休日コーデとオンオフ問わず活躍しています。」(日下知世さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
カルティエ、ティファニーの時計

「左のティファニーの時計、実は夫のもの。メンズ用のごつめな大きさ、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインがお気に入りです。手首も華奢見えします。右は、パンテール ドゥ カルティエ。レディースサイズで華奢なのですが、都会的な無骨さがオン・オフどのシーンでつけてもサマになります。」(高橋夏果さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
エルメスのスカーフ

「買ってよかった一生ものはHERMESのカレとツイリーです。カレは主人のチョイスのベージュトーン。本当はもっと派手な色・デザインにしようと思ったけど、どんなコーディネートにも馴染むこちらにして良かった♡ サイズは定番の90×90cmで一番アレンジしやすい大きさです。ツイリーはエルメスらしいオレンジカラー。手首に巻いたり、首に巻いたり、バッグに付けたり。このサイズがまためちゃくちゃ万能です。」(臼居実優さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
セリーヌのカードホルダー

「持つだけで気分を上げてくれるセリーヌのコンパクトジップドカードホルダー。定期やクレジッカード、小銭などなどコンパクトなのに収納抜群でこれ一つでかなり十分なほどです。ミニバックの日にも便利です!」(山田裕美子さん)

読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
関連記事
  • 比べてみました。ちょっとの差でも、雰囲気変わりますね。余談ですが、末端冷え性も解消したよ♪の話こんにちは!マッキーです。 春意識の『白×ミルキーなきれい色』配色にハマっております。春が待ち遠しいですよね。 同じ白のニットでも、形が変わると雰囲気も一変。 王道な感じこなれ感出ているかも春意識とはいえ、まだちょっと寒い時間帯もあるので、コートは手放せませんね。余談ですが、 【全身の巡り】を意識した、ながら美容・筋トレ習慣で、【末端冷え性】が解消されました! 秋から春にかけて、靴先ホッカイロがマストアイテムでしたが、今年は必要なくなりました♪ 例年より暖かい冬だったから…なんで理由も否定はできませんが。 改めて、ながら美容・筋トレ習慣の大切さを知りました。▶過去のブログ『これならできるかも!働くママでもできる【ながら美容】について』のリンクはコチラcoat #ebure knit #eLLa skirt #ebure×Ron Herman shoes #PELLICO▶Marisol online『冬に着るからちょうどいい!白×「ミルキーなきれい色」配色で新しいおしゃれが楽しめる』リンクはコチラいかがでしたでしょうか? ハマっている春意識のコーデでした。 最後まで、ご覧頂きありがとうございました。\マッキーインスタ(@tomo_benico_7)はコチラ/●インスタも同時に行っております。気軽にコメント頂けましたら嬉しいです。過去のマッキーブログは、↓スクロール↓でチェック♪美女組No.170 マッキーのブログ
  • 着慣れたモノトーンコーデにフレッシュなさし色が最高のカンフル剤☆昨日の会議の感じだと今週は忙しくなりそう......。だから今日は、フレッシュなオレンジ色のスカートで気分を上げて行こう! 裾だけフレアの甘くないシルエット&気品漂う光沢素材が、元気いっぱいのビタミンカラーを大人っぽく格上げしてくれるんだ♡ 基本コーデは、主役スカートがぱっと映える”モノトーン”一択。ただし重たく見えないよう白ハイネックで抜け感をプラスして。冬の寒さが戻ってきたな~と感じたら、厚手のコートやタイツ×ショートブーツで防寒対策も忘れずにね。スカート¥12800/リリー ブラウン コート¥63000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥29000/スローン カットソー¥8000/ビームス ライツ 渋谷 靴¥16000・ピアス¥3500/LAGUNAMOON タイツ¥900/タビオ(靴下屋)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江
  • フェミニンなスタイルのジュエリーウォッチも、エグゼクティブ女性が持っておきたいアイテム。一本でも装いがグッと引き立つ、名門のブレスレットウォッチをご紹介。1.CARTIER《タンク アメリカン》力強さとエレガンスを兼ね備えた麗しき名品時計 美しいカーブを描く縦長のケースが手もとに女性らしさを添える、「タンク アメリカン」。なかでも、47個のダイヤモンドが贅沢にあしらわれたケースと、しなやかなブレスレットが組み合わされたこちらは、全女性を無条件に惹きつけ、ビジネス相手にも一目置かれる存在感。 時計「タンク アメリカン」(27×15.2㎜、WG×D、クォーツ)¥3,036,000・イヤリング¥2,304,800・リング¥1,644,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ) ジャケット¥335,000・インナー¥89,000・スカート¥99,000・バッグ¥220,000/アクリスジャパン(アクリス)2.HARRY WINSTON《HW エメラルド》ローズゴールドとダイヤモンドの気高き競演 ブランドを象徴するエメラルドカットのシルエットのケースを、ダイヤモンドが美しく取り囲む「HW エメラルド」は、ハイジュエリーを身につけたような高揚感をもたらす。フィット感のよさと控えめなサイズ感が仕事に向く。 時計「HW エメラルド」(24×17.7㎜、RG×D、クォーツ)¥2,400,000〜/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(ハリー・ウィンストン)3.PIAGET《ライムライト ガラ》アシンメトリー・デザインに宿る個性とオーラ 繊細でアシンメトリックなラグを上質なラウンドカットダイヤモンドが縁取るリュクスなモデル。’70年代に誕生したデザインは当時のセレブリティたちを魅了した。こちらのホワイトゴールドの26㎜径は2019年の新作。スレンダーなローマ数字の文字盤にもエレガンスが宿って。 時計「ライムライト ガラ」(26㎜径、WG×D、クォーツ)¥3,080,000/ピアジェ コンタクトセンター(ピアジェ)4.CHAUMET《ボレロ》柔らかな曲面を描くゴールドケースがエレガント ダンスの動きのようなしなやかさが表現されたという「ボレロ」は、ジュエラーらしい、地金の美しさがきわだつモデル。ゴールドメッシュのブレスレットやサンレイ仕上げが施されたブラックダイヤルのシンプルな表情は、スーツやドレスアップ時はいうまでもなく、ラフなシャツの手もとに合わせてもかっこいい。 時計「ボレロ」(30㎜径、YG、クォーツ)¥2,450,000/ショーメ>>エグゼクティブ女性のためのアイテム一覧はこちら撮影/葛川栄蔵 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/生方ななえ 取材・原文/新田幸子 撮影協力/Minotti AOYAMA ※エクラ2020年3月号掲載 ※特集中以下の略号を使用します。YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、WG=ホワイトゴールド、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンド。
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • ここ数年でよく耳にするようになった「家族葬」という言葉。少人数で見送る葬儀だと想像はできるものの、ほんとのところどんなものかよく分かっていないという人も多いのでは? 急増している「家族葬」の実情とともに、まずは日本のお葬式の現状を見てみましょう。 お話をうかがったのは・・・ 葬送・終活ソーシャルワーカー 吉川美津子さん 大手葬儀社や仏壇・墓石販売会社勤務を経て独立。コンサルティングや人材育成、講演、執筆など幅広く活躍。著書に、『お墓の大問題』(小学館新書)、『はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル』(秀和システム)などがある。【目次】 ① 一般葬とは何が違うの? なぜ今、増えているの? ② 費用が抑えられる?参列する際の注意点は?に専門家がアンサー ③ 「家族葬」にも落とし穴あり!私の失敗エピソード ④ 小規模、人の温かさが印象的。私が経験した「家族葬」エピソード ① 一般葬とは何が違うの? なぜ今、増えているの?Q1.葬儀の種類は?「家族葬」は38%で、まだ「一般葬」が優勢。とはいえ、2015年の調査では、「家族葬」が31%だったことを考えると、近い将来、「家族葬」がトップに躍り出そう。特に東京都は、「家族葬」が42%で「一般葬」の43%と、ほぼ同数というデータも。家族中心の小規模な葬儀と認識されているものの、明確な定義はありません 上のデータでもわかるように、今や5組に2組は「家族葬」。けれど、葬儀に精通している吉川美津子さんいわく、「家族葬に、明確な定義はないんですよ」と!   「身内だけで行う葬儀は、以前からありました。それを、15年ほど前に、とある葬儀社が『家族葬』と呼ぶようになり、温かみのあるイメージから広まったといったところです。実際、家族や親族にかぎらず、親しい友人や知人が参列するケースが少なくありません。もっとも、参列者の人数はせいぜい数十人。そう考えると、家族を中心とした小規模な葬儀=家族葬と解釈できると思います」   こうした小規模な葬儀が増えてきた背景には、「高齢化」がある。「亡くなる年齢が80代、90代になると、親族や親しい友人・知人など、葬儀にお呼びすべき人も高齢になります。なかには、健康上の理由などで出向けない人も出てくるでしょう。こうした理由で、参列者が少なくなってきたのです」  Q2.会葬者の人数は?(全葬儀の平均)最も割合が高かった「20人未満」は、’13年調査では14%、’15年調査では22%と、年々増加。「20~40人未満」も、’13年は19%、’15年は21%と、小規模な葬儀が主流になりつつあることが判明。また、バブル期に商業的な意味合いで葬儀が拡大したことへのアンチテーゼという側面も。「当時は、親族の勤務先や取引先の関係者といった故人と面識のない人々が多数参列していました。今、家族葬を選ぶのは、それを経験した世代。『自分のときは、仰々しくせず、こぢんまりと』という思いがあるのかもしれません。加えて、冠婚葬祭に対する意識が変わり、簡素化が受け入れられていることも大きいような気がします。家族葬同様、お通夜や告別式などを行わず、火葬のみで見送る『直葬』や、お通夜は行わずに告別式と火葬のみを行う『一日葬』も増えていますしね」 読者からは、家族葬の流れやマナーについての疑問も寄せられたが、「家族葬は、参列者や規模に応じた呼び方なので、式の流れやマナーなどは、一般葬と変わりません」と、吉川さん。「『家族葬だと、お坊さんを呼ばなくていい』とか、『故人のイメージビデオを流すなど、個性的な演出ができる』というとらえ方をしている人もいるようですが、それは宗教や演出の問題。一般葬でも、葬儀場で宗教を排して行うことはできますし、逆に、家族葬を仏式で、お寺などで行うことも可能です。演出も同じく、最近は、家族葬にかぎらず、故人の好きな音楽を流したり、思い出の写真を飾ったりというケースが珍しくなくなりました」Q3.葬儀にかかった費用は?(全葬儀の平均)「家族葬」を含めた全葬儀の平均額が年々減っているのは、参列者数の減少と式の簡素化のため? ちなみに、地域別に見ると、お葬式そのものにかかった費用のトップは中部地方で、次いで関東、近畿の順に。家族葬と一般葬、どちらにするかは、参列者の人数をもとに決めるのが得策 喪主や参列者として心得るべきマナーも、一般葬と同様。特に指定がないかぎり、喪服を着用し、お香典の授受があると考えるのがベター。ただし、家族葬か一般葬かにかかわらず、「お香典の授受はない」「通夜振る舞いはない」という地域もあるので、その土地の風習に従うことは忘れずに。「家族葬で見送ったものの、あとでそれを知ったかたがたが、次々と弔問にいらっしゃって大変だったという話は、よく耳にします。弔問者が多く見込まれるなら、一般葬にしたほうがよいかもしれません。いずれにしても、どんなかたに声をかけるか、できれば生前のうちに家族で話し合い、ふさわしい葬儀を選んでいただきたいですね」 ② 費用が抑えられる?参列する際の注意点は?に専門家がアンサーよく聞く「家族葬」という言葉だけれど、ホントのところどんなもの? アラフィー女性100人へのアンケートで寄せられた「喪主」として、「参列者」としての疑問や迷い、悩みに専門家が回答!【喪主編】 Q.家族葬の案内はどのようにすればいい? A.参列を遠慮してほしくても所属先への連絡は必須 「参列してほしい人には、『故人の意向で家族葬を行う』と伝えたうえで、日時と場所、喪主の連絡先やどんな宗教・宗派で行うかなどをお知らせします。また、参列は遠慮してほしくても、故人や喪主の所属先(会社や老人ホームなど)への連絡は必須。もし、お呼びしていない人から、『どうしてもお見送りしたい』と申し出があれば、むげに断らず、参列いただいたほうがよいと思います」 Q.家族葬で見送ったことを後日知らせる場合は? A.故人との関係や時期によっては喪中ハガキで知らせるのも可能 非常に近しい関係でないのなら、後日、「○月○日に、故人の意思で葬儀は家族だけで行った」といった内容をハガキで知らせるのでOK。お香典などを遠慮する場合は、それも加えて。「時期や、相手との関係によっては、年末に喪中ハガキをもって、お知らせにかえることも可能です」。 Q.家族葬にすれば費用が抑えられる? A.演出や食事、返礼品によっては高くつくケースもあります 「家族葬は一般葬より割安」というイメージを抱きがちだけれど、「一概にそうとはいえません」と、吉川さん。「参列者数が少ないため、会場が小さくてすみ、祭壇がコンパクトになったり、返礼品が少なくなったりして、安くすむ場合もあると思います。一方で、演出や食事などにこだわって、予想外に高くなってしまうことも。費用を抑えたいという理由で家族葬を選ぶのは要注意。まずは、参列者数をベースに考えてください」。 Q.「家族葬」を掲げている葬儀社に頼むのがベスト? A.葬儀社を選ぶ際は、必ず見積もりをとり、比較検討を 最近は、「家族葬」をうたう葬儀社に加え、大手スーパーチェーンなどが運営するネット系の葬儀社紹介業者も増えてきた。「家族葬にかぎらず、重要なのは、事前に見積書をとり、内容をしっかり確認すること。基本料金が安くても、時間帯などに応じて加算されたり、オプションが多かったりで、合計金額がハネ上がるケースも少なくありませんから。できれば、数社に問い合わせ、トータル金額とともに、利便性なども考えて選んで」。 【参列編】 Q.参列する際、注意すべき点はある? A.基本は一般的な葬儀と同じくマナーを心がけて 「服装やお香典の額、遺族にかけるお悔やみの言葉などは、一般的な葬儀と同じです。お寺での家族葬なら、お経やお焼香がありますから、数珠も持参するように。ただし、家族葬の場合、喪主がお香典などを辞退するケースも少なくありません。事前に、『お香典はご遠慮いたします』などと連絡があったのなら、それに従いましょう」 Q.参列の依頼はなかったけれど弔意を表したい A.弔問や不祝儀を送るほかお墓にお参りするのも一案です 「後日弔問したり、お香典や供物を送るほか、納骨後にお墓参りするかたもいらっしゃいます。いずれも、遺族の負担にならないよう配慮してほしいですね。お香典や供物は、お返し不要な3000円程度に抑え、お菓子といった消え物を選ぶのがおすすめ。お線香は、香りの好みもありますし、使いきれない場合もあるので避けるのが無難です」  ③ 「家族葬」にも落とし穴あり!私の失敗エピソード「喪中ハガキを出した際に、親戚から『なぜ教えてくれなかったのか』と質問攻めに……」「葬儀が終わってから、仏前にお参りしたいという方が連日来られて1ヵ月くらい対応に追われた」など、家族葬にもさまざまな落とし穴があり! アラフィー女性たちが実際に体験した家族葬の「失敗エピソード」をご紹介。 ◆喪中ハガキを出した際に、遠戚から「なぜ教えてくれなかったのか」と、質問攻めに。また、お香典も遠慮していたにもかかわらず、送ってくるかたもいて、そのつどお返しを用意することになりました。(46歳・主婦) ◆5年以上前ですが、父の葬儀は家族葬でした。兄弟の中で父が一番下なので、伯父たちは高齢だし、遠方だったこともあり、呼ばなかったのですが、あとで文句をいわれました。(48歳・主婦) ◆葬儀が終わってから、仏前にお参りしたいというかたが連日来られ、1カ月くらい対応に追われました。香典返しも一度に購入できなかったので、送料割引がなく、費用がよけいにかかりました。(46歳・主婦) ◆両家の父を家族葬で見送りました。隠していたのに、地方紙の訃報欄に名前が載り、広まってしまいました。新聞社に掲載しないよう連絡すべきでした。(52歳・医療関係) ◆大好きな父を、私たちらしく見送ろうと家族葬に。父の好きだった花で祭壇を埋めつくし、オリジナルムービーを流し、料理も奮発するなど凝ったせいで、費用が予想の倍以上に!(55歳・主婦) ④ 小規模、人の温かさが印象的。私が経験した「家族葬」エピソード「故人の似顔絵ボードと思い出の写真を飾った」「お経は上げず、故人を囲んでお別れをした」など、「家族葬」といっても形はさまざま。家族葬を経験したことのあるアラフィー女性たちに聞いた「私が経験した家族葬エピソード」をご紹介します。 ◆母の葬儀に参列していただいたのは、親戚や私の幼なじみなど、ごく身近な人25人くらい。入口に母の似顔絵のボードと、思い出の写真をたくさん入れたパネルを飾り、母が好きだった曲を流し、スクリーンに母の写真をスライドショーで投影しました。約2カ月後が誕生日だったので、ホールケーキを用意し、参列者にお祝いもしていただきました。母の白髪が増えた髪をきれいに染め、プロにメイクもしてもらい、皆さんから「若いころと変わらないくらいきれい」といっていただけたのも、うれしかったです。短い準備期間でしたが、母が喜ぶことを考え、いい葬儀ができたと思っています。ただ、心身ともに疲れている中、大量の写真を選ぶのが大変でした。費用も140万円くらいかかりました。(54歳・自営業) ◆参列者は親族がほとんどだったので、香典が高額だったし、年齢や関係によって金額に差もありました。なので、エクセルを使って、名前、住所、香典の額、お返しの品をリストにしました。お返しはデパートのカタログ商品にし、金額に応じて何パターンか用意しました。(50歳・事務職) ◆特別に部屋をとって、故人の好物を持ち寄ってお棺に入れたり、長い時間、故人を囲んでお別れしたり。集まった親族が、故人にしてあげたいと思うことを、それぞれ考えて行った家族葬です。ごく近しい親族のみの、少し一般のお通夜に似た、でも仰々しくはない、温かいものでした。お経をあげないなど、オーソドックスな式とは違ったので、参列者には「故人の強い意志です」とお伝えするマナーは必要だと思いました。(49歳・講師) ◆おいしいものが好きだった母。参列者は30人弱だったので、通夜振る舞いは、それぞれにお膳を出し、メニューも贅沢なものに。告別式のあとは、親族でよく行った中華レストランの個室で昼食をとりました。こんなふうに、食事にこだわることができたのは、事前に参列人数が把握できる家族葬だからできたことだと思います。費用はそれなりにかかりましたが、親族ばかりで、お香典もそれなりの額だったので、大きな負担はありませんでした。(53歳・会社員) ◆叔母の家族葬に参列しました。入口には、故人の思い出の品や写真などが飾られ、式が始まる前にはごあいさつの言葉とともにきれいな曲が流れていました。式の進行に合わせて、故人の素敵な写真や家族写真が映像で流れ、今までの叔母との思い出や、それまで知らなかった叔母の一面を知ることもできました。厳かに、穏やかに進んだ式が叔母らしく、素敵なお通夜、告別式だったと思います。私もこんな家族葬がいいと思いました。(48歳・フリーランス) ◆近所の犬ママ友の家族葬に参列したのですが、彼女がSMAPのファンで音楽は『世界に一つだけの花』、ライブのときに購入したうちわや、タオル、写真などがお棺のまわりに置いてありました。悲しかったけど、大好きなSMAPに送られて幸せだと思えました。(53歳・主婦)     ▲【知っておきたい家族葬】トップに戻る取材・文/村上早苗 イラスト/コバヤシヨシノリ ※エクラ9月号掲載
  • 次なるプロジェクトが始動! 静かなオフィスで資料作り 次の担当は製薬会社とタイアップしてのヘルスケア系のアプリ。初回のミーティングだからジャケットでキリッと。ただ、黒は足もとにとどめるくらいにして洋服はブラウンベースでまとめ、堅すぎない雰囲気に。ジャケットがこっくり色な分、インのブラウスを明るくして抜け感を出したのがポイント。さあ、ミーティング前に資料の見直しをしておこう! ジャケット¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) トップス¥9900/ノーク パンツ¥29000/サードマガジン ピアス¥29000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) チョーカー¥28000/LON inc.(LON) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥42000/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥57000/ガリャルダガランテ 表参道店(ア ヴァケーション) 靴¥17000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【今月のPROFILE】渋谷区OL・花IT系の会社で女性向けアプリの企画を担当。さっぱりと明るいキャラで職場では上司からも後輩からも厚く信頼される。つきあって4 年たつ彼とも順調♡ 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 美脚センタープレスパンツスタイルアップパンツはベージュで好印象に。¥29000/サードマガジン  締め色ジャケットあえて黒を選ばず大人の余裕を。キュプラの裏地で袖通しもいい。¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)  袖ふんわりトップスほどよくボリュームのある袖と、トレンドの透け素材で感度高めに。インナーつきで使いやすい。¥9900/ノーク  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 構成・文/渡辺真衣〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵
  • シャツはコンサバに着るよりエモく着るのが20代OLのルールシャツは今や“おしゃれな週5服(=お仕事服)”として絶対必要なもの。だから“無難な定番服”気分のまま着るのはもうダサイ。“サバく”じゃなくて“エモく”シャツを着た人の勝ちなんだ! 選ぶべきタイプとその着こなしを学んでおこう。①ボウタイシャツ→“かっちり”した服と合わせるボウタイシャツの魅力は“クラシカルさが今の気分”であること。甘いスカートなどを合わせるとコスプレのようなやりすぎ感が出てしまうので、マニッシュな服で“引き算”するのがおしゃれなバランス。たとえば紺ブレをさらりと肩かけするだけでもOK!シャツ¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ) ジャケット¥43000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND collection) パンツ¥18000/ドロワット・ロートレアモン イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33)センタープレスが入った美シルエットのワイドパンツも好相性。凜とした上品さが今っぽい。シャツ¥1990/ユニクロ パンツ¥7315/アテニア 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ②シャツジャケット→レディな小物で仕上げる仕上げを上品に女っぽくすることで、ちょっぴりメンズライクなシャツがより素敵に映える。プチパールのピアスやレザーベルトの華奢な時計をプラスすれば、何気ないしぐさまで印象的に見えるよう。シャツ¥19000/コンバース トウキョウ 代官山 パンツ¥10990/イェッカ ヴェッカ 新宿 ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥29500/オ・ビジュー(ロゼモン)足もとをぐっとレディにするのもいい。ストラップが細めのメリージェーンパンプスなら、シャツジャケットの着こなしもほんのりやわらかな佇まいに。シャツ(3月下旬発売予定)¥32000/ラブレス青山(ラブレス) カットソー¥16000/J.C.M スカート¥8900/ノーク 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン)③ほんのり透けシャツ→黒か白のタートルに、カーディガン感覚で必ず春のトレンドNo.1になるから、今から着て損はないトランスペアレントで軽やかなシャツ。ベーシックなタートルに重ねるだけで新鮮で、一目置かれること確実!シャツ¥26000/メゾン イエナ(ティッカ) カットソー¥3168/BIRTHDAY BASH パンツ¥14000/ノーリーズ&グッドマン 銀座店 バッグ¥23000/ジネス ペリエ千葉店(クリスチャン ヴィラ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)女性らしさと今っぽさを兼ね備えたシアーなくすみブルー。引締め効果のあるシックな黒を首もとや袖口からのぞかせれば、初めてでも気負わず着られそう。シャツ¥18000/ルーニィ ニット¥24000/スローン スカート¥19000/ラブレス青山 バッグ¥15000/ADINA MUSE SHIBUYA ピアス¥2000/サードオフィス(ROOM) 時計¥25000/オ・ビジュー(ロゼモン) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ EASE TITLES 丸ビル 三菱地所
  • この春のファッションはグリーンに注目。小物で取り入れる際は、強めのカラーを選ぶことで存在感を演出できます。澄んだラグーンを思わせる鮮やかなエメラルドグリーンのバッグなら、とても印象深く、どんなコーディネートにもフィットします。何かいいことが起こりそう ときめくグリーン 鮮やかなエメラルドグリーンで小さなバッグに存在感を小さめのバッグをちょっと短めに斜めがけするのが、この春のトレンド。装いのスパイスになる小さめサイズだからこそ、パキッと強いカラーを選びたい。澄んだラグーンを思わせるエメラルドグリーンは印象深い色。鮮やかなバッグは、意外にもどんな色にもどんな服にもマッチして重宝。 バッグ「ラゾ ミニ バッグ」¥238,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) ワンピース(3月上旬発売予定)¥78,000/ドゥロワー 六本木店(サイ) ストール¥18,000/アイネックス(アソース メレ)撮影/水田 学(NOSTY) ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/徳原文子 モデル/富岡佳子 構成・原文/宮崎桃代 撮影協力/スタジオ バスティーユ バックグラウンズファクトリー ※エクラ2020年3月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND