美やおしゃれのプロ3人が注目するのは【ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ】なギャップアイテム

@BAILA

BAILA世代が今注目すべきなのが、インダストリアルで男前なテイスト。いつものフェミニンな着こなしに、強さやメンズライクなアイテムを合わせることでギャップが生まれ、逆に女らしさを引き立てる。そんな"ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ"な私物アイテムを、美やおしゃれのプロ3人が披露。強さや存在感のあるアイテムでさらに女性らしく、魅力的に輝く方法を教えていただきました。

「タフで、どこかこなれた余裕感。媚びない色気を引き出すメンズもの」 美容家 神崎 恵さん

_

「彼に借りてざくっと着ているようなメンズジャケットや、しっかり主張するゴツめの時計やアクセサリー。きゃしゃ見えするアイテムもいいけれど、あえて強さがあるものを身につけることで、女性特有のまろやかなラインや細い腕などが浮かびあがる、いいギャップが生まれます。タフさは欲しいけれど、ただの強い女で終わるのは味気ない。だからといって、女っぽさを前面に出すのも気が引ける......。バランス感が必要になってくる年齢だからこそ、媚びのないメンズアイテムを取り入れて、余裕のある女性らしさを楽しんでいきたいですね」 

 

神崎さんが愛用する"ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ" なアイテム

 

【ロレックスの腕時計】

大ぶりの時計をさらっとまとうことで漂う女っぽさが好き。 逆説的な色気を楽しみたい 

  

【JOHN LAWRENCE SULLIVANのジャケット】

サリバンの"おじ"ジャケは、あえて女性らしいシャツなどに合わせてギャップを演出 

  

ジャケット・時計・リング(左手薬指)/本人私物 サテンブラウス¥29000・マキシスカート¥38000/シック(エイカ ヨシナリ) シルバーバングル¥6000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ナイン) リング(右手中指)¥35000・(右手薬指)¥16000(ともにルフェール)/UTSPR 

「甘さをほどよくそいでくれるハード系アクセサリー」 美容エディター 前野さちこさん

_

「アクセサリーはゴツめのシルバーがマイスタンダート。シルバーは、単に自分的に肌映えするっていうだけなのですが(笑)。どちらかというと顔立ちが甘いので、コンサバなものを身につけてしまうと、どこかハマりすぎてしまうというか、違和感があって。大人になればなるほど、甘さは引き算していったほうがしゃれると思うので、エッジの効いたアクセサリーでバランス調整しています」 

 

前野さんが愛用する"ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ" なアイテム

  

【J Productsのチェーンネックレス】

その日の服装に合わせて、チェーンの長さを変えたり、2連にしたりと自在に楽しめる 

 

【ALANDALAのイヤカフ】

デザイナーの友人に絶対落ちないイヤカフをオーダー。サイジングを自分仕様に調整

 

【TOMWOODのオーバルリング】

オーバル型のホワイトストーンがアクセント。ゴツいけど、重たくない色合わせ 

 

【ALANDALAのピンキーリング】

実はよく見るとつまようじをピンキーリングに。ほかではない個性的なデザインが豊富
 

「旅したブルックリンを思い出させるアイアン家具」 スタイリスト 吉村友希さん

_

「ワンピース×男前な靴など、ファッションの無骨MIXコーデが好き。それはインテリアにも共通していて、ツヤなしマットのアイアン系家具を集めています。とはいえ、丸みのあるディテールだったり、レザーとの組み合わせだったりと、ファッション同様にMIX感のあるものをチョイス。使い込むほどに味が出るし、昔旅をしたブルックリンの雰囲気を思い出させてくれるところも魅力的」

 

吉村さんが愛用する"ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ" なアイテム

 

【ジェルデのフロアライト】

コンランショップで購入。コロンとしたヘッド部分とソリッドなシルエットが特徴的

 

【マット ブラックのニコルチェア】

世田谷のフェール トラヴァイユにて購入。座面がレザー なので、ほどよいやわらかさも 

撮影/花村克彦 ヘア/津村佳奈〈Un ami〉(神崎さん) ヘア&メイク/イワタユイナ(前野さん、吉村さん) スタイリスト/コギソマナ〈io〉(神崎さん) 取材・文/谷口絵美 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 

関連記事
  • 今、自分のクロゼットのどこにどんな服がどんなふうに収納されているか、完全にイメージできますか?答えがNOなら、それはワードローブ見直し時のサイン。手持ちアイテムを把握して不要な服を潔く手放すことで、朝のスタイリングが驚くほど楽になるうえ、かえって洗練された印象が手に入るんです。いざ、スマートクロゼットへ更新! <目次> 1.素敵先輩の、捨てる哲学=「捨哲学(すてつがく)」 2.みんなのクロゼットの悩み 3.若さ・甘さから抜け出せないクロゼットを仕分け! 4.似た色、同じテイストばかりクロゼットを仕分け! 5.トレンド重視でスタイルが定まらないクロゼットを仕分け! 6.この春はこう着るのがベスト! .bai_mokuji_template1911 { margin-top: 8px; } .bai_mokuji_template1911 li { text-indent: -0.8rem; padding-left: 0.8rem; line-height: 1.2rem; margin-bottom: 8px; color: #333; } .bai_mokuji_template1911 li:last-child { margin-bottom: 0; } ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.素敵先輩の、捨てる哲学=「捨哲学(すてつがく)」 素敵先輩が考える「服の捨て方・捨て時・捨てる意味」とは? “おしゃれ上手は捨て上手”を実感する、格言が満載。 思い切って手放すことで、目の前の服を一層愛することができる スタイリスト 辻直子さん 「収納スペースを超えて気持ちよく過ごせなくなったら、随時ワードローブの整理・見直しを行います。好きで惚れて購入したものが多いからなかなか処分できないこともありますが、思い切って手放してみると、その後まったく困らないということも。クロゼットのスペースとともに気分のスペースもできるから、新しいテイストにもトライしたくなるんですよね」 本当に大切なモノを大切にするために、役割を終えたモノを捨てるのです。 片付けコンサルタント 近藤麻理恵さん 「ですから、“モノをたくさん捨てる”のは、モノを粗末にしているということではありません。押し入れやタンスの奥にしまわれ、その存在すらも忘れ去られてしまったモノたちがはたして大切にされているといえるでしょうか」 『人生がときめく片づけの魔法 改訂版』(河出書房新社)より 3年間着なかったものは、今後も着ません スタイリスト 福田亜矢子さん 「服を手放すと、自分が今着たいスタイルが明確になり買い足す服も見えてくるので、無駄買いが減るんです。また“服はあるのに着る服がない”と思ったときは、慌ててはやりものを買い足す前に、まずベーシック服を見直すことが大切。基本のアイテムが更新されるとクロゼットに眠っていたアイテムも動きだしますよ」 手放すべきは自分にとって“どうでもいい服” ライター 磯部安伽さん 「私にとっての“捨哲学”は、服だけに限りません。ボールペン一本、ふきん一枚、お皿一枚にしても、何を手放すか、何が大切なのかを日常的にチェックしています。服に関していうと必ずしも、“着ない服=捨てる”に直結しなくてもいいと思っています。時代遅れの服、着れなくなってしまった服でも、思い出があったり大好きでどうしても手放せない服というのが女性にはあるはず。それは“殿堂入り服”としてキープしておいてもいいのでは? どうでもいい服がない状態のクロゼットであれば、“殿堂入り服”を収めるスペースを作っておけるはずです」 クロゼットを充実させる近道は、“買う”より“捨てる” ライター 櫻井裕美さん 「手に取った服がどう見えるか、日々オーディション的なことを行ってこまめに整理。毎日忙しくてコーディネートに迷いたくないので、似合わない服や合わせるのに困る服をクロゼットに置かないよう気をつけています。トレンドに流されすぎず、スタイルがよく見えたり褒められた服を研究するなど、“自分本位の服選び”がミニマルなクロゼットを作ってくれると思います」 カテゴリーごとにラックにかけ、それ以上は増やさない スタイリスト 斉藤くみさん 「洋服はカテゴリーごとにラックに並べているのですが、かけきれなくなったら断捨離をします。また、お気に入りや着用回数の多いものはコーディネートしやすいように、別途ひとつのラックにまとめて保管。クリーニングに出しても形が戻らないものや汚れが落ちないものは、どれだけ気に入っていても捨てます!」 服を手放すと、心の中も整理できる気がします スタイリスト 村山佳世子さん 「毎日同じ服でもいいので、着ていて気分の上がる服を着るのがマイルール。着ている自分が想像できなくなってしまった服、大事にできていないと感じる服は手放します。ただ、着なくても大切で捨てられない服もあります」 服に追われる時間が減れば、ストレスも軽減 ライター 伊藤真知さん 「お金と一緒で洋服も、使わなければ入ってこないと思っています。洋服は着てナンボ(笑)。使っていれば自然と劣化して捨て時も見えますし、循環させることが大事。私はクロゼットを“色”で仕分けるようになってから、圧倒的に無駄買いが減りました。自分の持っているものを完全に把握できる、見え方・量をキープして、巡りよく着回します」 気分が下がるものは捨てます。服も男も!(笑) スタイリスト 地曳いく子さん 「人間、あまりものを持ちすぎていると人生が重くなり、疲れてしまいます。持っているものが増えるのは仕方ないこと。だからこそ、着るとなんだか太って見えたり顔が冴えなかったり、今のライフスタイルに合ってないなと思うものはこまめに手放して、少しでも楽に生きられるようにしたいですよね」 『おしゃれは7、8割でいい』光文社 1200円 著書累計60万部!人気スタイリスト地曳さんの“無理しすぎない・疲れない”おしゃれ論。 2.みんなのクロゼットの悩み 把握できないワードローブは迷走を生む! よっしーこと スタイリスト吉村友希さん 数々の女性誌で活躍中。上品で女らしいスタイルが人気。「職業柄、成長し続けるためにクロゼットの更新は常に」という徹底ぶり。 クロゼットを定期的に更新することがおしゃれへの近道! クロゼットの整理と聞くと、「面倒くさい」と思う方がほとんどだと思います。でもそれは、一気にやってしまおうと思うから。私の場合は、シーズンごとはもちろん、数週間に一度は必ず全体に目を行き渡らせます。出番がない服は整理し、本当に必要なものだけにしぼっているので「こんな服持っていたっけ?」ということはありません。   自分が把握できていない服というのは、そもそも興味がない、愛着がない、ということ。この先も着る機会はこないと考えてOK。また、着古してくたびれた服とは迷わずお別れを。「数年前はとても似合っていたのに、最近は違和感がある」という服も手放し時を迎えています。潔く処分してしまったほうがクロゼットに余裕が生まれ、全体の服が見渡しやすくなるんです。持っている服を把握することでコーディネートが組みやすくなり「服はあるのに、毎日着る服に困る」なんていうお悩みからも解放されますよ。 よっしー’sクロゼットを拝見! 着る前にスチーマーでシワをのばしながら、シミやほつれがないかを確認。服に愛情を持って一点ずつ丁寧に扱うことができるのも、点数が少ないからこそ 《あなたはどのタイプ? あるあるクロゼット》 ①若さ・甘さから抜け出せないクロゼット スーパーバイラーズ 泉ひとみさん ピンクやラベンダー、フリルや花柄など、甘い色柄やディテールが多く、30歳になった泉さんには幼い印象。 これを見て泉さんは… 「フェミニンなテイストが好きだけれど20代前半からおしゃれが更新されてない!」 ②似た色、同じテイストばかりクロゼット スーパーバイラーズ 森田みやびさん 気づくと同じようなベージュ、ネイビー、カーキ、黒の4色のみ。無難で着こなしに変化をつけにくいのが悩み。 これを見て森田さんは… 「落ち着いたベーシックカラーばかり。地味で華やぎが足りず、どれを見ても同じ印象!」 ③トレンドを追っかけ、スタイルが定まらないクロゼット スーパーバイラーズ 下里朋美さん コーディネートを考えずひと目ぼれで“飛びつき買い”をしてしまう。統一感がなく着回ししづらいのも難点。 これを見て下里さんは… 「トレンドを追ってるつもりがどのテイストが好きなのか芯がなく、ちぐはぐ」 3.若さ・甘さから抜け出せないクロゼットを仕分け! 「可愛らしい服が多いですね」と吉村さん。「そうなんです。最近違和感が出てきて、このままだと子どもっぽいかなと」 目指すは甘さを抑えて大人っぽくアップデート! 【仕分けポイント】 ①甘い色の服ならシンプルなデザインをキープ 「色とデザイン、両方甘いのはNG。甘い要素は一点にしぼりましょう。このリブニットは、色が甘くても形が大人っぽくシンプルなのでキープ確定」 ②買って3年着てない服は処分! 「『またいつか着るかも』という考えは、クロゼットに混乱を生む原因。3年着ていないものは永遠に出番なしと心得て」 ③華美なデザインはサヨナラ 「肩フリルが気に入って買ったそうですが、甘いボトムと合わせることの多いライダース自体に甘さは必要ありません」 【手放すワードローブはこちら】 「フリルの裾スカートやピンクの花柄スカート、ボリューム袖のトップスなど、甘さトゥーマッチなものはサヨナラ!」 【クローゼットに残すワードローブはこちら】 「合わせのテクニック次第で大人っぽく着こなせるフェミニンなワンピースや、甘めアイテムと合わせやすいデニムやシンプルなカットソーをキープ!」 残した服だけで、よっしーがスタイリング! 女っぽいラベンダーを軸に淡色でまとめたら黒小物で引き締めて 「やさしいラベンダー色が泉さんにとってもお似合い。デニムスカートでほどよくカジュアル感も加えながら、きちんと感のある黒小物で大人っぽくまとめました」(コメントすべて吉村さん) 添えたミリタリーブルゾンとスニーカーでほどよくカジュアルに 「ワンピースが充分甘いので、カジュアル感をプラスしたいところ。そこで、『出番がなかなかない』というブルゾンを活用し、足もともスニーカーに。大人の可愛げが香るカジュアルに転換」 眠っていたピンクのジャケットがこなれたデニム合わせで活躍! 「このジャケット、一度も着ていなかったそうですが、シンプルなカットソーとデニムを合わせれば大人っぽく着こなせます。ピンクが甘いので、他アイテムをすべて辛口にするのがカギ」 泉さんの感想は? 「引き算することで手抜き感が出ないかと不安でしたが、好きなテイストのまま大人っぽい自分に出会えて感激!」 4.似た色、同じテイストばかりクロゼットを仕分け! 「本当に似た色ばかりですね」と吉村さんもびっくり。「つい同じ色を手に取りがち。あらためて見て自分でも驚きました」 目指すはテイスト幅を広げてシーンに合った着こなし上手 【仕分けポイント】 ①素材感が異なる服を残す 「ベーシックな色同士でも、素材を変えることで着こなしにメリハリが出ます。カットソー素材にリネン調、シフォン素材とバランスよく」 ②肌にのせたとき色がくすむ服はサヨナラ 「カーキがお好きなようですが、肌色によって似合うカーキとそうではない色があります。顔色がくすんで見えないか鏡の前で確認を」 ③服にも寿命あり。古くなったものは手放す! 「『お気に入りの服や好きなブランドの服は少しヨレていても着ていた』そうですが、清潔感という観点も大人の服選びには重要」 【手放すワードローブはこちら】 「森田さんの場合、似たアイテムが多いので、量を減らしクロゼットを把握しやすくするためにも、Tシャツやデニムなど見比べて、くたびれたほうを断捨離!」 【クローゼットに残すワードローブはこちら】 「ベーシックで着回ししやすいアイテムが多いので、状態がきれいでシルエットが古くないものは残してOK。柄スカートも、テイスト幅を広げるのに必要」 残した服だけで、よっしーがスタイリング! 花柄スカートを主役に辛口フェミニンに挑戦! 「こちらの花柄スカート、海外のリゾート地でしか着ていなかったそうですがもったいない! ブルゾンとスニーカーでカジュアルに転ばせば、デイリーにも活躍します」(コメントすべて吉村さん) セットアップ調の着こなしでリラクシーな大人カジュアルに 「本来セットアップではなく別のブランドのものですが、素材感も色合いも似ているのでセットアップ風にスタイリング。チャコールグレーのカーディガンを肩かけしてこなれた雰囲気に」 ベーシックカラーの上下に赤のパンプスで脱・地味見え 「小物でさし色をきかせると、服が地味な色合いでもパッと華やぐ着こなしに。ベーシックなアースカラーが多いからこそ、パキッとした赤のパンプスなど、強めの色が映えるんです」 森田さんの感想は? 「服にも寿命あり」という言葉が響きました! 合わせ方次第で雰囲気が変わるのにも驚き。カジュアル一辺倒から抜け出せそう! 5.トレンド重視でスタイルが定まらないクロゼットを仕分け! 「いろいろなテイストがあり洋服好きとわかります」と吉村さん。「合わせを考えずにトレンド服を買ってしまうんです」 目指すはトレンド要素をしぼってスタイルある女性に 【仕分けポイント】 ①アウターやスカートなど旬な丈感はキープ 「今季は引き続きアウターもスカートもロング丈がメイン。このアウターはビッグなシルエットも丈感も今っぽいので残しましょう」 ②シーズンごとに手放すトレンドをチェック! 「トレンド好きであれば、過ぎたトレンドも把握を。少し前にはやったエスニック柄は処分し、きれい色スカートはキープ」 ③トレンド服とベーシック服を1:1にする 「オフショル&プリーツスカートなど、上下トレンドアイテムで固めず、ベーシック服を混ぜるなどさじ加減が必要です」 【手放すワードローブはこちら】 「エスニック柄ワンピやオフショルトップス、切りっぱなしデニムにチュールつきプリーツなど、流行が過ぎたものは手放して。白スカートは素材が厚く春らしくないため処分」 【クローゼットに残すワードローブはこちら】 「今シーズンも人気のベージュアイテムは、アウターも含めすべてキープ。華やかな色合いやタイトなスカートも残し、下里さんの持つ女らしさが生きるクロゼットに」 残した服だけで、よっしーがスタイリング! 軽快なワントーンで洗練された着こなしに 「ニットのセットアップを上下でまとめたら、ビッグトレンチをサラッと羽織ってこなれ感を底上げ。服に色がないぶん、大きめの柄バッグで大人ならではの遊び心を」(コメントすべて吉村さん) 華やかなスカートの甘さをスウェットとスニーカーで中和 「スカートとあえてテイストが異なるスウェットを投入し、カジュアルダウンさせて抜け感を楽しんで。ハズしのスニーカーも、下里さんの持つしゃれた雰囲気を引き立ててくれます」 さりげなく肩かけしたジャケットがハンサムな女らしさへと導く 「ジャケット自体がトレンドのシルエットなので、決めすぎると“頑張ってます感”が前面に出てしまいます。ボトムは挑戦せずに、シンプルなタイトスカートを合わせると素敵」 下里さんの感想は? 「あまり得意ではなかったベーシックなアイテムを合わせることで今までしたことのない力の抜けた大人っぽさが出ました!」 6.この春はこう着るのがベスト! 「プリーツは今年もイケる?」 2〜3年前に購入したお気に入りから去年のはやり物まで。この春も着てOK?という質問が多数! きれい色プリーツスカート 〈よっしー’sジャッジ〉今季も引き続き人気です! 「プリーツはこの春もトレンドで、人気ブランドからも多く出ています。特にきれい色は春らしい着こなしに最適。折りの細かい長め丈、というのが条件」 この春はこう着る! ボトルネックで洒落感を底上げしコンサバになりすぎないよう印象操作 「Vネックだとコンサバになるのでボトルネックのアンサンブルに。ボヤけないよう、締め色を選びます」。トップス¥7800・カーディガン¥9800/アンクレイヴ スカーフ¥16000(マニプリ)・バングル¥36000・人さし指リング¥16000(ともにシンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ 靴¥20000/ラブティックボンボン(ファビオ ルスコーニ) ゆるジージャン 〈よっしー’sジャッジ〉メリハリシルエットで着こなせば今っぽく 「少し前にはやったジージャンも、肩の落ちたビッグシルエットのものであれば今季も春アウターとして活躍! 逆にジャストなサイズ感のものは手放してOK」 この春はこう着る! 黒スキニーで緩急をつけたら小物で女らしさをほんのりと 「これにリュックやスニーカーだとカジュアルすぎてNG。チェーンバッグとポインテッドトゥのパンプスで女らしさをプラスして」。カットソー¥8800/スローン パンツ¥12000/シマロン(シマロン ジーンズ) リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥69000/アマン(ザネラート) 靴¥21000/デミルクス ビームス 新宿 フーディ 〈よっしー’sジャッジ〉女っぽい服と合わせて着るのがおすすめ! 「ほどよく厚みのあるゆるフーディは、この春も着られます! ただしデニムやチノパンなどカジュアルな合わせは避け、女らしいボトムと合わせること」 この春はこう着る! つやのある柄スカートで女らしさを足して旬顔に 「フーディは“ほっこりさせない”ことが最重要課題。つや感があるものやとろみ素材など、素材自体が女っぽいボトムと合わせると洒脱な雰囲気に」。スカート¥9500/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥16500/フラッパーズ(メラキ) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ビッグシャツ 〈よっしー’sジャッジ〉ボトム次第でより今年っぽくなります 「シンプルだからこそ、コーディネートでいくらでも今年らしく味つけすることが可能なんです。今シーズンならニットパンツと合わせる着こなしが◎」 この春はこう着る! ニットパンツをレイヤードして洗練されたカジュアルへと更新! 「胸元のボタンを外し、手首も出し“抜け”をつくることでこなれ感がアップ」。パンツ¥5000/スナイデル ルミネ新宿2店(スナイデル) メガネ¥40000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥56000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥25000(スペルタ)/フラッパーズ バッグ¥40500/CPR TOKYO(アニタ ビラルディ)  「ひざ丈スカートって今年もアリ?」「はんぱ丈パンツは?」 2〜3年前に購入したお気に入りから去年のはやり物まで。この春も着てOK?という質問が多数! ひざ丈フレアスカート 〈スタイリスト吉村友希’sジャッジ〉今着ると古く見えてしまうかも… 「ここ最近のフレアスカートは、ひざがしっかり隠れる長め丈が主流です。ひざが少しでも見えてしまう丈のスカートは、古く見えてヤボったい印象になる危険が」 長め丈ならOK! 上半身をコンパクトにまとめてスタイルアップも欲張って 「モノトーンでまとめてスカートの色をきわだたせて」。スカート¥11000/スナイデル ルミネ新宿2店(スナイデル) ライダース¥34000/ステュディオス 渋谷店 トップス¥21000/スタニングルアー 青山店 ベルト¥13000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) ピアス¥19000/ソワリー 靴¥32000/エストネーション(ロランス)  スカート¥11000/スナイデル ルミネ新宿2店(スナイデル) はんぱ丈パンツ 〈スタイリスト吉村友希’sジャッジ〉この丈感は今は不要! 「足首の出すぎるパンツは少し前の流行。今っぽく着こなすのは難しいので手放してOK。ボトムは面積が広いぶん、全身の印象を左右しやすいので注意」 フルレングスならOK! ベージュを軸にしたワントーンに旬小物で今っぽくアップデート 「定番の着こなしこそ、キャッチーな小物を投入してトレンド上手に」。パンツ¥12000/ノーク コート¥46000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) トップス¥39000/キーロ(スタジオ ニコルソン) ピアス¥35000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥65000/シップス 渋谷店(アヴァケーション) 靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック) パンツ¥12000/ノーク 
  • どのブランドもとにかく透け素材推し! シャツにニットにボトムまで、あらゆるものが透けています♡ 素材に表情があるから身にまとうだけでおしゃれ見え。この春は、迷ったら透けてるほう、が間違いない!春も人気が続くワントーンコーデ。透けてるアイテムをMIXすれば簡単にニュアンスが盛れる♡グリーンワントーンは質感でムードを高めて トレンドカラーのグリーンのワントーンに透けシャツを取り入れて春らしさUP。さりげなく透ける肌の質感がフェミニン。 シャツ¥18000/4K(FILL THE BILL) インに着たトップス¥15000/LEINWÄNDE スカート¥14000/SNIDEL ネックレス¥2291/サードオフィス(ROOM) リング(各)¥19000/ステラハリウッド優子透けてる花柄なら甘いだけじゃない♡ ペールピンクのトップスに花柄ボトムの定番の組み合わせも、透け素材ならおしゃれ上級者! トップス¥6500・バングル¥4000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) スカート(パンツつき)¥8990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 帽子¥28000/STUDIO FABWORK(ナイン テイラー) ネックレス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) 靴¥9000/UNRELISHふみかほんのりシアーなラベンダーで優しげに ラベンダーカラーの透けニットで透明感UP。ツヤのあるスカートと合わせれば素材の違いがリズムをプラス。 ニット¥5990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 スカート¥2200/神戸レタス イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) ベルト¥727/GRL(グレイル) 靴¥19800/YELLOモデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/熊木優 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/高野麻  web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • こんにちは。 井上です。 BAILA3月号が発売されてもう2週間ほど。 付録のカバーマークのクレンジングクリームは 前々から気になっていたのでお試しできてうれしい!!! (最近、久々にまつげエクステにしたこともあって。) クリームということで洗いあがりがしっとりもっちりとしていて スキンケアしなくてもいいのでは!?くらい。 ユニクロ春新作ページはやっぱり見逃せない! パーソナルカラーのページや これから新生活を迎える方が多くいらっしゃる春に向けてのバッグや靴のページは気になりますが、やっぱりユニクロ春の新商品特集はやっぱりページをめくる指がゆっくりになっちゃう。 早速購入したのがEZYアンクルパンツ。 tops:ユニクロ ボリュームVネックロングセーター(ベージュ・Sサイズ) pants:ユニクロ EZYアンクルパンツ(ミント・Sサイズ) shoes:GU スクエアトゥフラットシューズ(オフホワイト・Lサイズ) bag:ヤングアンドオルセン トート(ブラック・M) ちなみに164cmです。丈感など参考になれば。 以前のモデル(ファスナーではないもの。)も 持っていてその美脚効果の大ファンだったのですが 腰回りがゴムだったことから色違いで購入するまでには至らず…。 ウエストがファスナーになって 更にミントが発売されたとのことで飛びつきました。 美脚効果はもちろんですが 生地感も季節を選ばず履けるのがさらにうれしい。 通常2990円ですが今週は限定価格で1990円になっていたこともあり この後さらにベージュも追加購入。 outer:natural couture福袋アイテム knit:dholic アンゴラブレンドバルーンニット(ブラウン) pants,bag:同じもの ゆるっとニットに合わせても シャツに合わせてもOKなオンオフ両方で使える高コスパパンツ。 先日もGUでベージュアイテムや UNIQLOではUNIQLO Uの新商品を購入してきました。 暖かい日も増えて冬服よりも春に気持ちが向いているので今から着まわしていくのが楽しみです。 またブログで近いうちにご紹介させてください。 instagramはこちらです。 おいしいものばかりの投稿ですが 見ていただけると嬉しいです。 井上あずさ
  • 洒落感たっぷりのルックスに、抜群の軽さやクッション性、通気性まで備えた新作スニーカー。「すっきりとしたフォルムで女らしく履けるのがお気に入り。ワントーンも上品だけど、色や柄も捨て難い!」。靴(上)「シティソール ランナー」・(中・下)「シティソール コート」各¥35000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)☎0120-556-936 上質なパールと直線的なゴールドバーを組み合わせた「バランス」シリーズに、新デザインが仲間入り。優美さとモダンさが見事に融合したデザインリングは、TASAKIならでは。「大小パールが小粋。カジュアルスタイルにだってフィットするから、毎日身につけたい」。リング「バランス クロス」(K18YG×あこや真珠)¥180000/TASAKI ☎0120-111-446 【MARIHA】 「初のシルバーコレクションはミニマルデザインが素敵!」(スタイリストI) 2020年春夏から初のシルバーコレクションをスタートさせ話題に。長く愛用できそうなタイムレスなデザインをラインナップ。「春夏に向けて軽やかなシルバージュエリーを探していたんです。シンプルで凜とした雰囲気が気分。重ねづけしても上品にまとまります」。ネックレス80㎝¥22000・ピアス¥26000・リング¥42000/マリハ ☎03(6459)2829 【Bianca Vasquez】 「トレンド感が絶妙!日本初上陸の靴ブランド」(編集K) スペインから注目のシューズブランドが日本初上陸。熟練の職人が手がけ、シンプルフォルムにトレンドをほどよく盛り込んだコレクションは必見。「足を入れた瞬間、すごく女っぽくあか抜けて気分が上がります。スリッパだけどきれいめで手抜き感ゼロなのも大人にはうれしい」。靴¥22000/フラッパーズ(ビアンカ ヴァスケス)☎03(5456)6866 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールドの略です ※BAILA2020年3月号掲載
  • ▶︎パンツ派も必見!あか抜けフェミニン術 遅くなりましたがBAILA3月号、 発売しましたー!! 今月号のファッション大特集 あか抜けフェミニンがうまくいく60のこと その中でもあか抜けフェミニン初心者なわたしがとても参考になった特集! PART3 "真っ先買いのあか抜けフェミニン3大アイテム" この中で桐谷美玲ちゃんが着こなすラテカラーパンツのコーデたち。 これならパンツスタイルの多い人やオフィスコーデにも取り入れやすそう◎ わたしも手持ちのラテカラーパンツをコーデに入れてみました。 ▶︎ラテカラーパンツでワントーンコーデ まだ寒い日が続いているので厚手のニットを合わせましたが、 重たくならないよう全体的に淡いカラーのワントーンコーデに。 ▶︎足元は白スニーカーで抜け感を 12月頃にマッシュのセールで購入したNIKEのレザースニーカー。 ニットはミラオーウェンのもので、この冬大活躍してくれたニット。 ニットとは別にシャツ素材のインナーキャミがついていて、 セットでも別々でも着回せる優秀なアイテム。 持っているスニーカーはカジュアル感強めで暗いカラーが多かったので、 細身でスタイリッシュな白スニーカーがほしいな〜と思っていたときにタイミング良く出会えました。 ホワイト×レザーのおかげでカジュアル感も落ち着いてすっごく合わせやすい! なかなかない、オールホワイトなところが好き。 ▶︎アウターと小物 コーデ詳細 アウターはブログにも載せた展示会でオーダーしたもの。 軽いのに風をしっかり防いでくれます! 【秋冬アウター】Mila Owen新作コート&ジャケット紹介 お団子にしたので伊達眼鏡を。 最近はハマっていて色々集めてます。 まだまだ寒くて昼夜の温度差もありますが、少しずつ春らしいアイテムを取り入れて楽しみましょう♡ アウター:MilaOwen (ミラオーウェン) ニット:MilaOwen (ミラオーウェン) パンツ:IENA (イエナ) スニーカー:NIKE (ナイキ) バッグ:ChristianVilla (クリスチャンヴィラ) Instagram 3月号付録カバーマークのクレンジングミルクもこの機会に是非!
  • 今年の春のベースカラーとなる「ベージュ」を余すところなく取り入れるべく最強の配色を覚えよう。「ベージュ×グレー」ならやわらかさと知的さをいいとこ取り。中間色同士の落ち着いた雰囲気が親しみやすさにもつながって、地に足の着いたきれいめスタイルのベースに。 まじめ顔のチャコールグレーと。ワンツーで抜群の洗練ムード ベージュトップスで端正なグレーのパンツスタイルもやさしげな雰囲気へと転ばせて。きちんと感はあるけど気取らない、そのバランスが理想。上品に軽さを出せるところもポイント。トップス¥11000/ゲストリスト(ステートオブマインド) パンツ¥28000/セオリー ピアス¥25000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) リング¥12000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥47000/デイトナ・インターナショナル(モダン ウィーヴィング) スカーフ¥12000(マニプリ)・靴¥46000(ネブローニ)/フラッパーズ 淡いニュアンストーンでまとめればしなやかな女らしさに包まれる 淡色同士のコンビならさらにフェミニン。同系色のニットを肩かけして淡いトーンにメリハリを。スカート¥42000・肩に巻いたニット¥22000/セオリー シャツ¥26000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) メガネ¥34000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥18000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) 時計¥19000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(オリビア・バートン) バッグ¥34000/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) タイツ¥1200/タビオ 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 撮影/神戸健太郎 ヘア&メイク/間 隆行〈Lila〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年3月号掲載
  • 今シーズン、久しぶりにトレンドに復帰の予感のデニム。定番のブルージーンズからセットアップまで、デニムをまとったファッショニスタの着こなしを、世界のオフランウェイ・スナップからピックアップ!  今シーズンのお手本! エッジィなブルーデニムスタイルPhoto by Christian Vierig/Getty Images デニムパンツの裾を共布リボンで結んだ、インフルエンサーのリンダ。これだけでも今シーズンらしいムードだが、レザージャケットと合わせることでさらに旬の表情に。インに着たビスチェやヌードカラーのポインテッドトゥパンプスには、フェティッシュな気分も漂う。あくまでクール&エッジィなデニムスタイルをお手本にしたい!ドレスのレイヤードでぐっと華やかにPhoto by Christian Vierig/Getty Images ソーシャライトのオリヴィア・パレルモは、ブルーの濃淡が切り替えられたデニムパンツに、グレーのテーラードジャケット&ストライプ柄シャツを合わせて。ポイントは、ジレ風にレイヤードしたフェミニンなドレス。柔らかく軽やかな質感が、定番のジャケット&デニムパンツの組み合わせに華やかなムードを添えている。あくまで「きれいに」着るデニムのセットアップPhoto by Donell Woodson/Getty Images デニムジャケット&パンツのセットアップを着たモデルの彼女。カジュアルになりがちなアイテムを、崩さずにきれいに着ることで洗練されたムードに。広く開いた胸元や赤い口紅には、フェミニンな表情が宿る。深みのあるインディゴブルーの色合いと、インに着た鮮やかな紫の組み合わせも美しい。ナードなムードで着るデニムが可愛い!Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images インフルエンサーのメアリーは、ザディグ エ ヴォルテールのデニムパンツをチョイス。ブラックレザーのジャケット&ベスト、それにべっ甲風フレームのメガネが、着古したようなデニムの雰囲気と相まってナードな雰囲気をかもし出す。華やかなフリルブラウスと、白いポインテッドトゥブーツでアクセントを添えて、スタイリッシュにまとめたのはさすが!コケティッシュに着るデニムジャケット&ミニスカートPhoto by Christian Vierig/Getty Images モデル兼ソーシャライトのカンデラ。パッチワークのジャケット&ミニスカートはアルベルタ フェレッティのもの。70年代ライクなセットアップに、セルジオ・ロッシのポップなマルチカラーブーツを合わせ、コケティッシュなムードに。サングラスとチェーンバッグでシックにまとめて、大人のミニスカートスタイルを完成させた。ピンクのジャケットがガーリーなグレイッシュデニムPhoto by Christian Vierig/Getty Images 色落ち感がこなれた雰囲気のグレーデニムに、サーモンピンクのテーラードジャケットを合わせたモデル。ラフに処理したパンツの裾にはボーイッシュなムードが漂うが、ジャケットの色みとピンバッヂの飾り方、ハイヒールのレースアップシューズを合わせた足もとには、彼女のガーリーな個性が感じられる。ジャケットの袖を大胆にまくっているのも可愛い!ホワイトデニムでつくるオール白ルックにジャケットをオンPhoto by Christian Vierig/Getty Images フレッシュに取り入れられるホワイトデニムも人気。インフルエンサーのキャロリンは、タートルネックトップスとダッドスニーカーでオールホワイトルックをつくり、アニメのような星空の描かれたジャケットをオン。プラダのナイロンバッグやゴールドのチェーンネックレスは、ストリートで絶賛流行中のアイテムだ。70年代風フレアデニムで夏の気分を先取りPhoto by Christian Vierig/Getty Images ミュウ ミュウのデニムパンツ&ブラウスを着た、バイヤーのエステル。フレアデニムにクラシカルなパフスリーブブラウスを合わせ、ガーリーな70年代スタイルに。スクエアトゥのシューズが、今シーズンらしさを添えている。ハットやバッグの素材感には、早くも初夏のようなムードが漂って。 text : Chiharu Itagaki
  • 今春更新するなら、ブライトトーンと美シルエットが共存する一着を。エクラ世代の体をきれいに見せつつ、ビジネスの場に必要な品格と華やかさを演出する珠玉の白&ブライトトーン・スーツを厳選してご紹介します。DIOR(ディオール)の春スーツ名品「バー」ジャケットのシルエットをベースに、よりコンパクトに、比翼仕立てですっきりと見せた、クラシカルなジャケットとクロップトパンツのスーツ。コットンシャンタン素材の凹凸ある風合いが高級感を添え、さわやかさとすがすがしい印象を与えるオフホワイトを、ボタンとベルトのブラックがピリッと引き締める。 ジャケット¥420,000・パンツ¥130,000・ベルト¥72,000・バッグ¥630,000・靴¥118,000/クリスチャン ディオール(ディオール)ESCADA SPORT(エスカーダ スポート)の春スーツ威圧感を与えたくないエグゼクティブ女性におすすめなのが、コットンミックスツイードのフェミニンな白スーツ。上品なノーカラーで切りっぱなしのすそが今どき。ジャケット、ワンピースともにブラックのサイドラインがシャープさやモダンさを添えて。会食や商談など、あらゆるシーンで着映えを確約。 ジャケット¥79,000・ワンピース¥73,000/エスカーダ・ジャパン(エスカーダ スポート) ネックレス¥1,376,000・バングル¥568,000/ピアジェ コンタクトセンター(ピアジェ) バッグ¥379,500/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥82,000/ジミー チュウEMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)の春スーツほんのりグリーンがかったライトグレーのニュアンスが美しく、キリッとした表情の中にも柔らかさを感じさせるスーツ。大きめのワイドラペルが顔まわりを華やかに引き立て、アルマーニらしいシェブロン織の光沢ある素材感がリッチな印象。パンツは落ち感がきれいなワイドシルエット。 ジャケット¥135,000・パンツ¥80,000・インナー¥24,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(エンポリオ アルマーニ)ピアス¥248,000・バングル¥680,000/TASAKIMAXMARA(マックスマーラ)の春スーツ標準的なジャケット製作に要する2倍の工程を経て、ていねいにつくられたマックスマーラのシルクリネンの「サルトリアーレ」シリーズより。ダークカラーでは迫力が出すぎるダブルの3つボタンジャケットスーツも、こんな明るいベージュなら柔らかい印象で装え、仕事相手や部下からも好印象に映ること間違いなし! ジャケット¥395,000・パンツ¥111,000・インナー¥64,000・バッグ¥191,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥665,000・リング¥530,000・時計¥1,650,000/TASAKI 靴¥39,000/エストネーション(ブレンタ)AKRIS(アクリス)の春スーツパッと目をひく品格あるブルーが印象的。ラペルからフロントにかけての美しい曲線、すそのスリットなど、エクラ世代の体を美しく見せるこだわりがつまったジャケットは、ペンシルスカートと合わせて女らしく装いたい。日本製の最高級リネンウールのさらりとした極上の肌ざわりも格別。 ジャケット¥335,000・スカート¥99,000/アクリスジャパン(アクリス) インナー¥45,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) 時計¥3,130,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) バッグ¥670,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) 靴¥54,000/オデット エ オディール 新宿店(ペリーコ)>>エグゼクティブ女性のためのアイテム一覧はこちら撮影/水田 学(NOSTY) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/高橋里奈 取材・原文/新田幸子 撮影協力/品川シーズンテラス ※エクラ2020年4月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND