おすすめツリー&イルミネーション❣️バイラーズとのプチ会合✨

@BAILA
SENDAI光のページェント

街中がイルミネーションやクリスマス一色。キラキラしていて気持ちも上がります。1枚目の写真は、地元宮城県の冬の風物詩SENDAI光のページェント。約60万球の電球が仙台の中心部にあるケヤキ並木に点灯します。

_

新丸ビルには「スター・ウォーズ」のキャラクターが!ポップでカラフルなチューバッカやドロイドたちがお出迎え

_

今年も表参道ヒルズのツリーを観に来ました!今年は約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7mのクリスマスツリー✨なんとこの水槽の水量が音楽にあわせて増減してLEDライトで光り輝く。表情がくるくる変わるツリーです。

_

こちらは今期スーパーバイラーズを務めることになったみんな

青山麻穂ちゃんが予約してくれた表参道の「カフェ&ダイニング ゼルコヴァ」へ。店内のクリスマスツリーがなんとも可愛い。動物たちが隠れています 女子会にもぴったりな素敵な場所でした!

ウェスティンホテル東京

仕事でお邪魔したウェスティンホテル東京のツリーやクリスマスの飾り付けも可愛かったな。列車が通ってた❣️恵比寿はガーデンプレイスのイルミネーションも毎年きれいで、ロマンチックな場所ですよ✨

今年の漢字も発表されて、いよいよクリスマス、年末…とカウントダウン!残りの2019年も楽しみましょう

関連記事
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • ここ数年でよく耳にするようになった「家族葬」という言葉。少人数で見送る葬儀だと想像はできるものの、ほんとのところどんなものかよく分かっていないという人も多いのでは? 急増している「家族葬」の実情とともに、まずは日本のお葬式の現状を見てみましょう。 お話をうかがったのは・・・ 葬送・終活ソーシャルワーカー 吉川美津子さん 大手葬儀社や仏壇・墓石販売会社勤務を経て独立。コンサルティングや人材育成、講演、執筆など幅広く活躍。著書に、『お墓の大問題』(小学館新書)、『はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル』(秀和システム)などがある。【目次】 ① 一般葬とは何が違うの? なぜ今、増えているの? ② 費用が抑えられる?参列する際の注意点は?に専門家がアンサー ③ 「家族葬」にも落とし穴あり!私の失敗エピソード ④ 小規模、人の温かさが印象的。私が経験した「家族葬」エピソード ① 一般葬とは何が違うの? なぜ今、増えているの?Q1.葬儀の種類は?「家族葬」は38%で、まだ「一般葬」が優勢。とはいえ、2015年の調査では、「家族葬」が31%だったことを考えると、近い将来、「家族葬」がトップに躍り出そう。特に東京都は、「家族葬」が42%で「一般葬」の43%と、ほぼ同数というデータも。家族中心の小規模な葬儀と認識されているものの、明確な定義はありません 上のデータでもわかるように、今や5組に2組は「家族葬」。けれど、葬儀に精通している吉川美津子さんいわく、「家族葬に、明確な定義はないんですよ」と!   「身内だけで行う葬儀は、以前からありました。それを、15年ほど前に、とある葬儀社が『家族葬』と呼ぶようになり、温かみのあるイメージから広まったといったところです。実際、家族や親族にかぎらず、親しい友人や知人が参列するケースが少なくありません。もっとも、参列者の人数はせいぜい数十人。そう考えると、家族を中心とした小規模な葬儀=家族葬と解釈できると思います」   こうした小規模な葬儀が増えてきた背景には、「高齢化」がある。「亡くなる年齢が80代、90代になると、親族や親しい友人・知人など、葬儀にお呼びすべき人も高齢になります。なかには、健康上の理由などで出向けない人も出てくるでしょう。こうした理由で、参列者が少なくなってきたのです」  Q2.会葬者の人数は?(全葬儀の平均)最も割合が高かった「20人未満」は、’13年調査では14%、’15年調査では22%と、年々増加。「20~40人未満」も、’13年は19%、’15年は21%と、小規模な葬儀が主流になりつつあることが判明。また、バブル期に商業的な意味合いで葬儀が拡大したことへのアンチテーゼという側面も。「当時は、親族の勤務先や取引先の関係者といった故人と面識のない人々が多数参列していました。今、家族葬を選ぶのは、それを経験した世代。『自分のときは、仰々しくせず、こぢんまりと』という思いがあるのかもしれません。加えて、冠婚葬祭に対する意識が変わり、簡素化が受け入れられていることも大きいような気がします。家族葬同様、お通夜や告別式などを行わず、火葬のみで見送る『直葬』や、お通夜は行わずに告別式と火葬のみを行う『一日葬』も増えていますしね」 読者からは、家族葬の流れやマナーについての疑問も寄せられたが、「家族葬は、参列者や規模に応じた呼び方なので、式の流れやマナーなどは、一般葬と変わりません」と、吉川さん。「『家族葬だと、お坊さんを呼ばなくていい』とか、『故人のイメージビデオを流すなど、個性的な演出ができる』というとらえ方をしている人もいるようですが、それは宗教や演出の問題。一般葬でも、葬儀場で宗教を排して行うことはできますし、逆に、家族葬を仏式で、お寺などで行うことも可能です。演出も同じく、最近は、家族葬にかぎらず、故人の好きな音楽を流したり、思い出の写真を飾ったりというケースが珍しくなくなりました」Q3.葬儀にかかった費用は?(全葬儀の平均)「家族葬」を含めた全葬儀の平均額が年々減っているのは、参列者数の減少と式の簡素化のため? ちなみに、地域別に見ると、お葬式そのものにかかった費用のトップは中部地方で、次いで関東、近畿の順に。家族葬と一般葬、どちらにするかは、参列者の人数をもとに決めるのが得策 喪主や参列者として心得るべきマナーも、一般葬と同様。特に指定がないかぎり、喪服を着用し、お香典の授受があると考えるのがベター。ただし、家族葬か一般葬かにかかわらず、「お香典の授受はない」「通夜振る舞いはない」という地域もあるので、その土地の風習に従うことは忘れずに。「家族葬で見送ったものの、あとでそれを知ったかたがたが、次々と弔問にいらっしゃって大変だったという話は、よく耳にします。弔問者が多く見込まれるなら、一般葬にしたほうがよいかもしれません。いずれにしても、どんなかたに声をかけるか、できれば生前のうちに家族で話し合い、ふさわしい葬儀を選んでいただきたいですね」 ② 費用が抑えられる?参列する際の注意点は?に専門家がアンサーよく聞く「家族葬」という言葉だけれど、ホントのところどんなもの? アラフィー女性100人へのアンケートで寄せられた「喪主」として、「参列者」としての疑問や迷い、悩みに専門家が回答!【喪主編】 Q.家族葬の案内はどのようにすればいい? A.参列を遠慮してほしくても所属先への連絡は必須 「参列してほしい人には、『故人の意向で家族葬を行う』と伝えたうえで、日時と場所、喪主の連絡先やどんな宗教・宗派で行うかなどをお知らせします。また、参列は遠慮してほしくても、故人や喪主の所属先(会社や老人ホームなど)への連絡は必須。もし、お呼びしていない人から、『どうしてもお見送りしたい』と申し出があれば、むげに断らず、参列いただいたほうがよいと思います」 Q.家族葬で見送ったことを後日知らせる場合は? A.故人との関係や時期によっては喪中ハガキで知らせるのも可能 非常に近しい関係でないのなら、後日、「○月○日に、故人の意思で葬儀は家族だけで行った」といった内容をハガキで知らせるのでOK。お香典などを遠慮する場合は、それも加えて。「時期や、相手との関係によっては、年末に喪中ハガキをもって、お知らせにかえることも可能です」。 Q.家族葬にすれば費用が抑えられる? A.演出や食事、返礼品によっては高くつくケースもあります 「家族葬は一般葬より割安」というイメージを抱きがちだけれど、「一概にそうとはいえません」と、吉川さん。「参列者数が少ないため、会場が小さくてすみ、祭壇がコンパクトになったり、返礼品が少なくなったりして、安くすむ場合もあると思います。一方で、演出や食事などにこだわって、予想外に高くなってしまうことも。費用を抑えたいという理由で家族葬を選ぶのは要注意。まずは、参列者数をベースに考えてください」。 Q.「家族葬」を掲げている葬儀社に頼むのがベスト? A.葬儀社を選ぶ際は、必ず見積もりをとり、比較検討を 最近は、「家族葬」をうたう葬儀社に加え、大手スーパーチェーンなどが運営するネット系の葬儀社紹介業者も増えてきた。「家族葬にかぎらず、重要なのは、事前に見積書をとり、内容をしっかり確認すること。基本料金が安くても、時間帯などに応じて加算されたり、オプションが多かったりで、合計金額がハネ上がるケースも少なくありませんから。できれば、数社に問い合わせ、トータル金額とともに、利便性なども考えて選んで」。 【参列編】 Q.参列する際、注意すべき点はある? A.基本は一般的な葬儀と同じくマナーを心がけて 「服装やお香典の額、遺族にかけるお悔やみの言葉などは、一般的な葬儀と同じです。お寺での家族葬なら、お経やお焼香がありますから、数珠も持参するように。ただし、家族葬の場合、喪主がお香典などを辞退するケースも少なくありません。事前に、『お香典はご遠慮いたします』などと連絡があったのなら、それに従いましょう」 Q.参列の依頼はなかったけれど弔意を表したい A.弔問や不祝儀を送るほかお墓にお参りするのも一案です 「後日弔問したり、お香典や供物を送るほか、納骨後にお墓参りするかたもいらっしゃいます。いずれも、遺族の負担にならないよう配慮してほしいですね。お香典や供物は、お返し不要な3000円程度に抑え、お菓子といった消え物を選ぶのがおすすめ。お線香は、香りの好みもありますし、使いきれない場合もあるので避けるのが無難です」  ③ 「家族葬」にも落とし穴あり!私の失敗エピソード「喪中ハガキを出した際に、親戚から『なぜ教えてくれなかったのか』と質問攻めに……」「葬儀が終わってから、仏前にお参りしたいという方が連日来られて1ヵ月くらい対応に追われた」など、家族葬にもさまざまな落とし穴があり! アラフィー女性たちが実際に体験した家族葬の「失敗エピソード」をご紹介。 ◆喪中ハガキを出した際に、遠戚から「なぜ教えてくれなかったのか」と、質問攻めに。また、お香典も遠慮していたにもかかわらず、送ってくるかたもいて、そのつどお返しを用意することになりました。(46歳・主婦) ◆5年以上前ですが、父の葬儀は家族葬でした。兄弟の中で父が一番下なので、伯父たちは高齢だし、遠方だったこともあり、呼ばなかったのですが、あとで文句をいわれました。(48歳・主婦) ◆葬儀が終わってから、仏前にお参りしたいというかたが連日来られ、1カ月くらい対応に追われました。香典返しも一度に購入できなかったので、送料割引がなく、費用がよけいにかかりました。(46歳・主婦) ◆両家の父を家族葬で見送りました。隠していたのに、地方紙の訃報欄に名前が載り、広まってしまいました。新聞社に掲載しないよう連絡すべきでした。(52歳・医療関係) ◆大好きな父を、私たちらしく見送ろうと家族葬に。父の好きだった花で祭壇を埋めつくし、オリジナルムービーを流し、料理も奮発するなど凝ったせいで、費用が予想の倍以上に!(55歳・主婦) ④ 小規模、人の温かさが印象的。私が経験した「家族葬」エピソード「故人の似顔絵ボードと思い出の写真を飾った」「お経は上げず、故人を囲んでお別れをした」など、「家族葬」といっても形はさまざま。家族葬を経験したことのあるアラフィー女性たちに聞いた「私が経験した家族葬エピソード」をご紹介します。 ◆母の葬儀に参列していただいたのは、親戚や私の幼なじみなど、ごく身近な人25人くらい。入口に母の似顔絵のボードと、思い出の写真をたくさん入れたパネルを飾り、母が好きだった曲を流し、スクリーンに母の写真をスライドショーで投影しました。約2カ月後が誕生日だったので、ホールケーキを用意し、参列者にお祝いもしていただきました。母の白髪が増えた髪をきれいに染め、プロにメイクもしてもらい、皆さんから「若いころと変わらないくらいきれい」といっていただけたのも、うれしかったです。短い準備期間でしたが、母が喜ぶことを考え、いい葬儀ができたと思っています。ただ、心身ともに疲れている中、大量の写真を選ぶのが大変でした。費用も140万円くらいかかりました。(54歳・自営業) ◆参列者は親族がほとんどだったので、香典が高額だったし、年齢や関係によって金額に差もありました。なので、エクセルを使って、名前、住所、香典の額、お返しの品をリストにしました。お返しはデパートのカタログ商品にし、金額に応じて何パターンか用意しました。(50歳・事務職) ◆特別に部屋をとって、故人の好物を持ち寄ってお棺に入れたり、長い時間、故人を囲んでお別れしたり。集まった親族が、故人にしてあげたいと思うことを、それぞれ考えて行った家族葬です。ごく近しい親族のみの、少し一般のお通夜に似た、でも仰々しくはない、温かいものでした。お経をあげないなど、オーソドックスな式とは違ったので、参列者には「故人の強い意志です」とお伝えするマナーは必要だと思いました。(49歳・講師) ◆おいしいものが好きだった母。参列者は30人弱だったので、通夜振る舞いは、それぞれにお膳を出し、メニューも贅沢なものに。告別式のあとは、親族でよく行った中華レストランの個室で昼食をとりました。こんなふうに、食事にこだわることができたのは、事前に参列人数が把握できる家族葬だからできたことだと思います。費用はそれなりにかかりましたが、親族ばかりで、お香典もそれなりの額だったので、大きな負担はありませんでした。(53歳・会社員) ◆叔母の家族葬に参列しました。入口には、故人の思い出の品や写真などが飾られ、式が始まる前にはごあいさつの言葉とともにきれいな曲が流れていました。式の進行に合わせて、故人の素敵な写真や家族写真が映像で流れ、今までの叔母との思い出や、それまで知らなかった叔母の一面を知ることもできました。厳かに、穏やかに進んだ式が叔母らしく、素敵なお通夜、告別式だったと思います。私もこんな家族葬がいいと思いました。(48歳・フリーランス) ◆近所の犬ママ友の家族葬に参列したのですが、彼女がSMAPのファンで音楽は『世界に一つだけの花』、ライブのときに購入したうちわや、タオル、写真などがお棺のまわりに置いてありました。悲しかったけど、大好きなSMAPに送られて幸せだと思えました。(53歳・主婦)     ▲【知っておきたい家族葬】トップに戻る取材・文/村上早苗 イラスト/コバヤシヨシノリ ※エクラ9月号掲載
  • 次なるプロジェクトが始動! 静かなオフィスで資料作り 次の担当は製薬会社とタイアップしてのヘルスケア系のアプリ。初回のミーティングだからジャケットでキリッと。ただ、黒は足もとにとどめるくらいにして洋服はブラウンベースでまとめ、堅すぎない雰囲気に。ジャケットがこっくり色な分、インのブラウスを明るくして抜け感を出したのがポイント。さあ、ミーティング前に資料の見直しをしておこう! ジャケット¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) トップス¥9900/ノーク パンツ¥29000/サードマガジン ピアス¥29000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) チョーカー¥28000/LON inc.(LON) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥42000/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥57000/ガリャルダガランテ 表参道店(ア ヴァケーション) 靴¥17000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【今月のPROFILE】渋谷区OL・花IT系の会社で女性向けアプリの企画を担当。さっぱりと明るいキャラで職場では上司からも後輩からも厚く信頼される。つきあって4 年たつ彼とも順調♡ 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 美脚センタープレスパンツスタイルアップパンツはベージュで好印象に。¥29000/サードマガジン  締め色ジャケットあえて黒を選ばず大人の余裕を。キュプラの裏地で袖通しもいい。¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)  袖ふんわりトップスほどよくボリュームのある袖と、トレンドの透け素材で感度高めに。インナーつきで使いやすい。¥9900/ノーク  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 構成・文/渡辺真衣〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵
  • 先日、二子玉川のおしゃれなカフェに行ってきたので、ご紹介したいと思います☀︎ "100本のスプーン"というお店☺︎ まず名前からかわいくて、前から気になってました❤︎ 前通りかかったとき、平日でも並んでて この日は日曜日だったんだけど、風がすごくて(笑) 少し並んで入れました お子様連れも多くて、外にベビーカーがたくさんありました メニューでさえも、すっごくおしゃれ、、 裏に塗り絵もあって暇つぶしできます✐ こちらが、 "大人のお子様ランチ" おしゃれすぎるし、すごい美味しかったです❤︎ 他にもパスタとか美味しそうなメニューがたくさんあったので、また行きたいな〜って思ってます☺️ あとあと、サプライズがすごくて、、 この日1時間半くらいで、3回もサプライズ見れました !笑 すごい盛大にお祝いしてくれてました笑 プレートも豪華でいつかわたしもやりたいな〜〜と こんなかんじで優雅な休日を過ごせました〜 最後まで読んでいただき、ありがとうございました☀︎ ❁佐久間 梨奈❁InstagramTwitterカワイイ選抜 No.66 リナのブログ
  • 色材が肌に直接触れないようコーティングしたアイカラーやチークなど、デリケートな肌に配慮したメイクアップが人気のOSAJI。今年の春新色は、遊び心あるニュアンスカラーが充実しています。昨年のデビュー時にもご紹介したOSAJIのメイクアップ。3月31日(火)から発売される春の新色発表会に行ってきました。この春は、今までとちょっと違う自分に出会えそうな色と光が集結。そのラインアップがこちらです。まず目を引いたのは、こちらのニューアイテム。クリームタイプのコンシーラーファンデーションです。素肌感を保ちながら顔立ちにツヤとメリハリをもたらす01と、カバー力が高くコンシーラーはもちろん、広範囲にファンデーションとしても使える02。しっとり感もフィット感も申し分なしなので、ポーチにひとつ入れておけばメイク直しに大活躍間違いなし!オサジ ニュアンス スキンエフェクター 全2色 各¥2800/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>もうひとつのニューアイテムは、こちらのリップグロス。左からシュガーピンクの<明日>、ローズレッドの<本音>、鮮やかなオレンジの<閃光>。今回もネーミングが詩的! みずみずしくて透け感もあるので、単品使いはもちろん、手もちの口紅のニュアンスチェンジにもぴったり。プランパー効果もあるので、ふっくらリップに仕上がりますよ。オサジ ニュアンス リップグロス 全3色 各¥2500/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>保湿力抜群、唇のコンディションが今ひとつでもキレイに仕上がるなめらかリップには新色が2色。白っぽさがなくて肌なじみのいいオレンジベージュの<頁>はデイリーメイクにちょっとスパイスを効かせたいときに。<君と>と名付けられたクリーミィなパープルは華やかでスタイリッシュ。いずれも、パパッとラフに塗ってもなぜか決まる洗練カラーです。オサジ ニュアンス リップスティック 新色2色 各¥2800/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>そして、春らしくってしかもOSAJIらしいなぁ、と思ったのがアイシャドウ 。イエローの<来訪>、ブルーグレーの<螺旋>、レッドブラウンの<蕾>。どれもまぶたにのせると、素肌が透けるように軽やかで見た目よりも明るく発色。しかも同系色のラメが仕込まれているので、派手ではないのに目もとがぐっと華やぎます。オサジ ニュアンス アイシャドウ 新色3色 各¥2000/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>こちらは既存アイテムですが、最近SNSでも人気だというネイルも素敵な色ぞろえ。新色を探しに行く際は、ぜひこちらもネイルもチェックしてみてください。ラベルまで凝っていて可愛いんです!オサジ アップリフト ネイルカラー 全10色 各¥1700/日東電化工業株式会社あともうひとつはみ出し情報。OSAJIでは、各ショップ限定のハンドクリームがあり、こちらも人気なんですって。違いは、香り。表参道店はオリエンタルなハーブの香り、谷中店は下町に咲き誇る白梅の香りをイメージ、などなかなか凝っていて、お店を巡ってコレクションしたくなっちゃいます。しかも上野店はほら、ラベルにパンダが!ちょっとしたギフトやお土産にもいいかも。取り扱い店舗も増えてきて、目にする機会が多くなった気がするOSAJI。ラインアップも続々と強化されているので、目が離せません。ぜひ手にとってみてくださいね。●「OSAJI」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 頭の桜がちょっとイラッとしますね(笑) こんにちは、桃子です 2/15〜スターバックスのSAKURAが始まりましたね(^ω^)✌︎ 1年で1番人気とも言われるSAKURAは ドリンクだけではなく、タンブラーやマグカップなどもとっても可愛くて、力が入っているなと感じます ✨ 今日は新作のフラペチーノについてレポしていきたいと思います❣️#さくらミルクプリンフラペチーノ可愛すぎるビジュアル〜!! 今までで1番リアルな桜のトッピングが乗ってます!! あられトッピングは近くで見るとこんな感じ〜 あられなのでサクサクカリカリで 見た目に裏切られる、固めな食感!! ボディの部分は、桜といちごの味がベースで、 下の方にほんのり桜の香りがするミルクプリンがどっさり、入っています アイスだけど桜の香りがしっかり香るから春先取り気分〜 桜といちご、美味しいに決まってますよね プルプルもっちりなプリンと、 カリカリサクサクなトッピングのコラボ! 食感楽しいフラペチーノでした( ̄∇ ̄) おすすめカスタマイズは?今回はrewardチケットがあったので豆乳変更をしました!! 他におすすめは、、、 ・チョコチップ追加 +¥50 ・はちみつ追加 ¥0 そのままでかなり美味しいので、 あんまり手を加えなくてもいいかな?と思います! 誰かエスプレッソショット追加、試してみて? 勇気が出ないのでやらないけど、気になります☕️笑久しぶりのスタバブログ! 最後まで読んでくださり、ありがとうございます ❣️ p.s. この日の洋服は私の中で超作業&適当ヘアアレンジだったのですが、周りの人から好評だったので、次回短めブログであげますね ‍♀️カワイイ選抜 No.75 Momoko Nojoのブログ
  • 前回のカフェ編に続き、今回は 私が食べていたご飯をご紹介 したいと思います♥⃛ 『河南デジチッ』 明洞内にあるお店ですᙏ̤̫ Instagramで見て美味しそう だったので行ってきました♡ 注文したものは、 ✔︎サムギョプサル ✔︎チーズ焼き ✔︎冷麺 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 どれもとっても美味しかったです☺️✨ チーズ焼きをサムギョプサルと一緒に 包んで食べるは最高でした♥️ お酒にも合いますよ ♡ 『明洞餃子』 こちらも有名ですよね お買い物していて少しお腹が空いて くると必ず寄っちゃいます 値段も安く何より出てくるまでの スピードが早い。笑 安い早い旨いの3つが揃うなんて 最高ですよね♥⃛ 旅行中は色んな物を食べたい派なので ちょこちょこ食いが多かったので、 他にも 『キョチョンチキン』や 24時間営業している 『サダキンパッ』などへ 行っていました♡ blogを書きながら写真を見返して いるのでお腹空いてきちゃいます☺️ 食事は主に明洞や東大門区で済ませる 事が多かったので、次回の旅行では 違う地区へも進出してみたいです ✨ 最後は東大門区で夜中に食べた shakeshackと私 はぁ。ダイエットしなくては。 ♡
  • 実の父を殺した女子大生は、幼少期に性的虐待による深い心の傷を負っていた――。’18年に直木賞を受賞した、島本理生『ファーストラヴ』は衝撃的な作品だったと話す文芸評論家の斎藤美奈子さん。島本理生による最新の連作短編集や地方都市で暮らす6人の女性を追ったルポタージュをご紹介。斎藤美奈子 さいとう みなこ●文芸評論家。編集者を経て’94年『妊娠小説』でデビュー。その後、新聞や雑誌での文芸評論や書評などを執筆。『文章読本さん江』『趣味は読書。』『名作うしろ読み』『ニッポン沈没』『文庫解説ワンダーランド』『日本の同時代小説』ほか著書多数。『夜はおしまい』 島本理生 講談社 ¥1,400 カトリックの神父・金井の元を訪れて、悩みを打ち明けたり、過去を告白したりする女たち。自身が丸ごと否定された感覚。母がかつて犯した過ち。あってはならない父との関係に悩んで、記憶をなくした人、命を絶った人。愛と性が切り離された世界で生きる女性たちの心の内を探った連作短編集。謎めいた金井神父と最終話に登場するカウンセラーの更紗と弟の渚が作品を引き締めている。《あわせて読みたい!》『ファーストラヴ』 島本理生 文藝春秋 ¥1,600 語り手の「私」こと真壁由紀は臨床心理士。ある日彼女が面会したアナウンサー志望の女子大生は、面接試験の帰りに実の父親を殺害していた。画家だった父はかつて娘に絵のモデルをさせていたが…。性的虐待を真正面から描いて読者を震撼させた、’18年の直木賞受賞作。 『日本の貧困女子』 中村淳彦 SB新書 ¥870 性の搾取は経済的な困窮とも表裏一体だ。地方都市で暮らす6人の女性を追ったこのルポルタージュでは、家族からも地域からも制度からも孤立した若い女性たちの姿が浮かび上がる。これもまた『夜はおしまい』と地続きの世界。逃げ場はどこにと思わずにいられない。愛と性が切り離された世界で生きる女たちの4編実の父を殺害した女子大生は、幼少時の性的虐待による深い心の傷を負っていた──。’18年に直木賞を受賞した、島本理生『ファーストラヴ』は衝撃的な作品だった。 『夜はおしまい』はその島本理生による最新の連作短編集である。といっても初出は’14~’15年の文芸誌。のちに『ファーストラヴ』で結実する問題意識のスケッチみたいな作品集だ。 収録されているのは全4話。 第1話「夜のまっただなか」の主人公・琴子は神学科に籍を置く大学生だ。学園祭のミスキャンパスに出場するも最下位となり、いたたまれなさの真っただ中で声をかけてきたタレント事務所のマネジャーを名乗る男の誘いにのって、ずるずると関係をもった。〈こんなことで私が簡単に引っかかるとは彼自身も想像していなかったと思います。けれど羞恥心にまみれた脳には、粗悪でも甘い麻薬が必要だったのです〉。 第2話「サテライトの女たち」の主人公・結衣は愛人業で食べている。マンションを借りてくれたのは弁当チェーンのナンバー2という中年男。それ以外にも金持ちの道楽息子を手玉にとったりホストクラブで遊んだり。だが彼女は恋愛をしたことがない。〈好きなわけないでしょう。お金で若い女囲ってるおじさんなんて。あと不定期では何人かいるけど、どれも仕事みたいな感覚だもん〉。 わざわざ自分を痛めつけるような方向に行ってしまう娘たち。そこにあるのは自分で自分を罰するような感覚だ。自罰感覚が最も強いのは、第3話「雪ト逃ゲル」の主人公だろう。   30代の小説家である「私」には夫も子供もいるが、昔の恋人Kとの関係を続けており、そのうえ誰彼となく寝てしまう。彼女には実は失われた父の記憶があった。〈「お父さんが私を」/その瞬間、バツンッと扉が落ちたように脳が閉まった〉〈それが本当に起きたことなら生きていけない〉。 いずれも純文学テイストの作品なので、彼女らの身に何が起こったか明示的には語られない。とはいえ、身内がからんだ性的事件が彼女たちの心を縛り、健康的な恋愛から彼女たちを遠ざけるのは『ファーストラヴ』にも近い世界だ。4編をつないでいるのは金井神父。精神科医からカトリックの司祭に転じた異色の経歴の持ち主で、この人もまた妹を救えなかったトラウマに苦しんでいることが第4話「静寂」で明かされる。 「汝、姦淫(かんいん)するなかれ」という戒律をもった宗教の原罪。やや難解な点もあるものの、キリストを裏切ったユダやペテロに親しみを感じるという女たちの感覚に共感する人は多いかも。性的虐待が人生に及ぼす影響は大きいが、夜は明けると思わせる結末が救いかな。原文/斎藤美奈子 ※エクラ2020年3月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND