BAILAエディター愛用!“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテム【ファッション編】

@BAILA

BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します!

GUCCIのビットローファー(編集長Y)

_

「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」

バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N)

_

「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」

エルメスのレザーブレスレット(編集Y)

_

「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」

ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U)

_

「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」

ラムダの傘(編集M)

_

「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」

スマイソンのカードケース(編集T)

_

「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」

関連記事
  • ファッションに合わせて時計も変えてみる… カジュアルやシンプルなスタイルに合わせやすいファッションウォッチです❗️ いつも読んで頂きありがとうございます❗️ 昨日は調べものとかお勉強の1日でした。  1人で集中したい時は近所のカフェに行きます♪  ワンマイルカジュアルコーデ❗️❗️  ベージュ×ブラウンの組み合わせです❗️ ニットはヘアリーでふわふわで温かさがあります♪ パンツは裏起毛なのでこちらも温かいです♪♪ ユニクロのロンTはレイヤードコーデにかなり使えます♪♪   Tshirt:ユニクロ Knit:ユナイテッドアローズ Pants:ネクスレグ Coat:FRAY I.D Bags:HERMES   カジュアルスタイルにバッチリ合うのが、 【MAVEN WATCHES】 の時計♪♪ ユナイテッドアローズでもお取扱いしていて ちょっと前のMarisolにも掲載されてました❗️ シンプルだけど上品な時計なのです❗️❗️ ベルトはイタリアンレザーを使ってて、 淡い色から濃い色まで、 飽きのこない長く使えるアイテムかもしれません♪ 私が選んだのは “SMOKE GREEN OFF WHITE 34mm” 淡色コーデが多い私なので、 ベルトも肌に合うオフホワイト♪♪ 文字盤のくすんだグリーンが ベージュや白の洋服に自然に馴染むんです‼️ 別の色でベージュのタイプも持ってます♪♪ ファッションに合わせて使いたくなる 時計です♪♪♪ 男女で持てる時計なので、 文字盤大きいのも気になってます♪♪ 最後まで読んで頂きありがとうございました❗️ No.176 Miwa
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! 今どきの抜け感を出せる「メンズスウェット」もマストで欲しいアイテム。クリーンな白を選べば上品見えもOK! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 彼とシェアする《メンズスウェット》 《吉村さんレコメンド》今どきのリラックス感や抜け感を手軽に出せるメンズサイズの服。なかでも人気はスウェット。生地とサイズ感で充分カジュアルなので、クリーンな白を選んで上品に。 《伊藤さんレコメンド》同じ“肉厚”&“大きな”スウェットでも、フーディよりきちんと見えするクルーネックが大人にはジャスト! あくまでハズし役だからこそ、ほかは女っぽくまとめるほうがおしゃれ。 メンズっぽいスウェットも、メンズ時計と同じ法則。「女っぽいパールやツヤスカートのなかに“一点”きかせるのがカギ。細かいことですが、スウェットは首もとにガゼット=V字の縫い目がないほうが、きれいめで大人好み。短いネックレスを重ねてもケンカせず、いっそう品よく見えます」(伊藤さん)。スウェット¥14800/ユナイト ナイン(レミ レリーフ) スカート¥16000/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ネックレス¥270000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) バッグ¥42000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) Remi Relief スウェット¥14800/ユナイト ナイン(レミ レリーフ) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 毎日をハッピーにしてくれるバイヤーのおすすめコーディネイトをご紹介! 『無難すぎない』のに着こなし簡単!デザインニットでこなれ感UP marjour 肩から降りたリボンをウエスト位置で結ぶデザインのニットがポイントのコーディネート。すっきりしたシルエットなので、コートの中に着てもゴワつかずストレスがありません。ダウンコートやウール系の厚手のコートの中に着るのにもぴったり! ・marjour/FRONT RIBON KNIT PULLOVER/¥6,800+税・marjour/WRAP SKIRT LAYERED PANTS/¥6,000+税 オーバーデニムジャケットで着崩すハイセンスコーデ! GALLARDAGALANTE 合わせ方次第で表情の変わるヴィンテージライクなオーバージャケット。エフォートレスな雰囲気漂う上品なニットワンピースを合わせてモードな雰囲気に。 ・GALLARDAGALANTE/デニムジャケット/¥28,000+税・GALLARDAGALANTE/ファインウールニットワンピース/¥20,000→¥14,000+税(30%OFF) ラメ素材のプリーツスカートで春を先取りスタイル UNITED ARROWS ゆったりニットはサイドスリット入り。トレンドのバンドカラーシャツをレイヤードするのがおすすめです。ラメ素材のプリーツスカートは、ドレープが美しくシアー感がポイント!春を先取りできるおすすめのコーディネートです。 ・UNITED ARROWS/UWCC ラメ ニットプリーツ スカート†/¥21,000+税・UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税・UNITED ARROWS/UWSC スタンドフリル ブラウス 21SS†/¥16,000+税 春を意識させる上品なホワイトコーデ MACKINTOSH LONDON コートの下から見せるホワイトのワントーンカラーで春を意識したフレッシュなコーディネート。フーデットコートにウールナイロンブークレーのインナーがセットになったアウターは、2枚レイヤードでも別々でも着用できる嬉しい3WAY。春まで着られておすすめです! ・MACKINTOSH LONDON/【FEATHER-TECH PAC】ストレッチタフタ3WAYコート/¥90,000→¥72,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ウールニットリブクルーネックプルオーバー/¥26,000→¥21,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ポリエステルレーヨン2WAYストレッチパンツ/¥29,000→¥20,000+税(31%OFF) この特集のアイテムをまとめて見る The post #2021/1/20 明日なに着てく?30代 40代 大人のトレンドコーディネート first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 今季豊富な「ミルキーな白」の魅力は、ベーシック色も、流行のくすみ系カラーをも受けとめる包容力! その最新配色バランスを、スタイリスト福田亜矢子さんのコーディネートでお届け<この冬は、温かみを感じる「ミルキーな白」が多いんです。これまでは、冬のコーディネートに抜け感を出すための〝ポイント使いの白〞でしたが今季は、いわば〝つなぎの白〞。トレンドのベージュやグレー、そして少しくすんだきれい色を自然になじませてくれます。この〝あいまいさ〞を味方に旬の配色にぜひ挑戦して!(スタイリスト 福田亜矢子さん)> ■ホワイト×くすみカラー きれい色とのつなぎ役にミルキーな白、という新常識。 ややくすんだ色同士だから、派手になりすぎず洗練されたバランスにチラリとのぞく白タンクでピンクコーデの明度を上げて 白のなじませ効果は、部分使いでも威力あり。淡ピンク×ローズカラーの甘色コンビに白タンクを投入するだけで、全身が澄んだ印象に。小物も白でまとめて。タンクトップ¥5,300/エイトン青山(エイトン) ニット¥42,000/カオス表参道(カオス) パンツ¥38,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カレンテージ) ネックレス(長)¥32,000・(短)¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥22,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)濃淡のあるくすみブルーを白のロングコートでトーンアップ 白のガウンコートをばさっとはおり、くすんだブルーに明るさをプラス。コート¥37,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) パンツ¥47,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) シャツ¥38,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥70,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(アグメス) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)黄みがかったアイボリーカラー×オフホワイトの絶妙ワントーン スリット入りのスカートとハイネックニットは、ともに少し黄みのあるニュアンスホワイト。同じくイエロー寄りのアイボリー色ブルゾンをはおり、全体を黄色系に寄せたコーデに。ブルゾンはハリのあるメルトン素材や襟と袖の折り返しがアクセントになり、ぼやけがちな白コーデを引き締める役割も。レモン色クラッチをきかせ完成度を高めて。ニット¥59,000・スカート¥34,000・コート¥120,000/オーラリー ピアス¥28,000/カオス表参道(フェイ アンドラダ) バッグ¥36,000/エストネーション(テモワール) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)あぜ編みニットのラフさがオレンジパンツを品よく中和 華やかなカラーを取り入れたい時も、ミルキーな白となら難なくまとまる。身幅広めのオフ白ニットが、ドレッシーなサテンオレンジのパンツをほどよくカジュアルダウン。ニット¥18,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) パンツ¥13,000/アンクレイヴ ストール¥39,000/アイネックス(アソース メレ) ネックレス¥39,000・ブレスレット¥28,000/アパルトモン 青山店(マラ ムクス) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥64,000/エストネーション(マローン スーリエ)【Marisol1月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora)ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.)スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹内友梨 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 旬デザインのブラウス×カラーボトムで、誰より先に春を取り入れて パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスはこの春のトレンド。早めに手に入れるなら、ホワイトやエクリュなど使いやすいカラーを選ぶのがおすすめ。『カデュネ』のブラウスは、立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型で“ラクして女っぽい”を後押し。春らしいパステルカラーパンツと合わせれば、キレイめで動きやすい快適なトレンドスタイルが完成します。ブラウス(インナーつき)¥19000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥24000/ハルミ ショールーム(ミューラル) リング(人さし指)¥12500/ソワリー リング(小指)¥21000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) 椅子にかけたジャケット¥32000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(スタイリング/ バイ ケイ シラハタ) バッグ¥82000/メゾンレクシア 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号 好評発売中!】
  • 今どきのお仕事服、疑問や不安、お悩みへアンサー!服の選び方に、小物の合わせ方、気温差。悩みが尽きないからこそ思い込みも多いお仕事服。モア世代OLは一体どんなことで悩んでいるのか、リアルな声とともに、そのお悩みをスタイリストの高野麻子さんが華麗に解決します!お悩みを聞かせてくれたモアOLはこの4人!岩間杏理さん(27歳・営業)黒田菜々子さん(24歳・事務)鈴木理沙さん(27歳・事務)吉田優さん(23歳・営業)以下、敬称略雑誌に出ている仕事服ってお手入れしにくそうなイメージ……岩間「おうちで洗えることは重要です。毎日のように着るのに、クリーニングがマストなのはかなり負担」鈴木「雑誌でデザインに惹かれても、これ、おうちで洗えるのかな? って気になります。乾きやすさやノーアイロンで着られたりするとさらに魅力を感じます」【高野さんが断言!】お仕事服こそイージーケアの宝庫です。スタイリスト 高野麻子さん(以下同)一年を通しておうち洗いできる服が急増した昨今。白ニットは洗濯機対応、柔らかなスカートは手洗いOK。どちらもデリケートな見た目とは裏腹にケアは楽ちんなのがうれしい!ニット¥12000/ルーニィ スカート¥16000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店 靴¥19000・バッグ¥14000/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥1300/お世話や(OSEWAYA) バングル¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) ストール¥3990/ロコンド(MANGO) タイツ¥900/タビオ(靴下屋)リュックで通勤ってダサくないですか?黒田「リモートワークが増えて常にパソコンを持ち歩くようになったので、バッグのサイズが変わりました。最近はアウトドアブランドの丈夫なビッグトートをよく使っています。職場ではリュック通勤される方も、ぐっと増えました」吉田「私は今1年目で、入社当初から週3出社、週2リモート。最初からこの形態が当たり前で、服装に規定もないのでほぼリュック通勤です」黒田「きれいめな格好だと、リュックだけが浮いて見えそうで……。コーデとうまくバランスがとれるなら投入してみたい!」【これで解決!】リュックのリラクシーさに服を少し寄せたらうまくいきますロングカーデとワイドパンツなど、きれいめだけどリラックス感ある着こなしなら、リュックだけが浮かず、いいバランスに。バッグ¥4800/アウトドアプロダクツカスタマーセンター(アウトドアプロダクツ) カーディガン¥12800/AKTE パンツ¥38000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店 コート¥39000/マーコート デザインアイ 代官山店 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU メガネ¥31000/モスコット トウキョウ イヤリング¥1500/お世話や(OSEWAYA) バングル¥51000/バフお仕事コーデの“はずし”って、そこだけ悪目立ちしません?編集部「お仕事服とテイストの違う小物類を取り入れるのは抵抗ありますか?」黒田「そうですね、カジュアルが好きだけど、お仕事服にリュックやスニーカーは、ハードルが高そうで合わせられないです」吉田「服装が自由といっても営業担当で、さまざまな業種のクライアントさんと仕事をするので、どこまでがアリなのか気になります』【これで解決!】推しはきちんと見える布地トート。上品な軽快さがお仕事に最適!トレンドでもある“かっちりフォルム×キャンバス生地”のバッグは、真面目な着こなしにすんなり溶け込みながら、ほどよい抜け感=はずしを与えてくれる注目アイテム。狙ってる感じも出ないし、休日カジュアルをきれいめに仕上げたい時にも重宝。バッグ¥28000/フィールアンドテイスト ジャケット¥36000/ルーニィ ニット¥2990・パンツ¥2990/ユニクロ ピアス¥5500/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥30000/シチズンお客様時計相談室(シチズン エル)スカートの日はナイロンの黒タイツが定番。無難だけど我慢するしかない?吉田「私はスカートコーデが多いのですが、タイツはほぼ黒。学生時代みたいに色で遊ぶことはできないし、まぁしかたないか、という感じ」岩間「結局よくはくのは、40か60デニールの黒タイツか、ナチュラルカラーのストッキング。すごく寒い日だけあったか機能つきの黒タイツ。今のところカラータイツの選択肢はないです」【高野さんが提案!】コットン混の肉厚なタイプに変えるだけでも、差のつく足もとにおすすめは肌トーンが透けないこっくりとマットな質感で、さらに黒よりもニュアンスのあるネイビー。この微差こそ鮮度アップに効果的♡タイツ¥2000/タビオ(タビオ) ニット¥2718/Gap新宿フラッグス店 ジャケット¥65000/ティースクエア プレスルーム(テラ) スカート¥17000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店 靴¥14000・バッグ¥20000/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥1800/お世話や(OSEWAYA)【関連記事】暖かさを優先するとおしゃれができない? 冬コーデの“思い込み”解消します! 【関連記事】「スキニーデニムはもう古い」ってホント?それとも思い込み? 【関連記事】高いからおしゃれに見える、は勘違い! 3万円以下でこんなにおしゃれな全身コーデできます ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 構成・原文/鈴木絵美 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • きちんと手をかければ、髪はこたえてくれるもの。セルフケアを見直して、ツヤめく美髪を育てよう。普段のお手入れに加えることでいっそうツヤ髪に近づく重点ケアアイテムをご紹介。なりたい仕上がりや目的別に使い分けを! 育てる!ツヤ髪《スペシャルケア》 お試しコメントをくれたのは…スーパーバイラーズ ビューティ選抜 青山麻穂さん毛先は乾燥しているのに夕方になると頭皮がベタつくのが悩み。毎日アイロンを使用。阿部晴菜さん細くてハリがなく、ボリュームが出にくい髪質。カラーを繰り返し、ややパサつきぎみ。泉ひとみさん髪が広がりやすく、アイロンが必須。ダメージのせいか、カラーが退色しやすい状態に。菅原麻葉さんくせが強く、シャワーでリセットしても襟足がはねがち。頭皮の乾燥&かゆみ問題も。高橋夏果さん髪が少なく、分け目の地肌が気になる。分け目を変えたり、育毛剤を使用したり対策中。 ダイアン パーフェクトビューティー ミラクルユー ヘアセラム 表面をコーティングしながら集中的に補修。カラーによるダメージや枝毛をカバーし、つややかな髪に。60ml ¥1200/ネイチャーラボ化粧品グレードに開発した、日本初のオーガニックギーオイルを配合。髪なじみが抜群によく、潤いをしっかり閉じ込めてくれます。(PR担当) 《お試しコメント》サラサラしたテクスチャーで、髪にすーっと浸透。ドライ後は自然に髪がまとまり、ツヤ感もアップ。(阿部晴菜さん) ロクシタン ファイブハーブス リペアリング ヘアミルクセラム クセやうねりによる広がりを抑えつつ、熱ダメージから髪を保護。湿度の高い日も、なめらかな指通りとサラツヤな仕上がりが一日中続く。100ml ¥3900/ロクシタンジャポン広がりやすい髪も瞬時にまとまりツヤが生まれる、“神”なヘアミルク。アイロン前などに塗布しておくと手ざわりが違います!(PR・齋藤麻衣さん) 《お試しコメント》髪にすばやくなじみ、パサつく部分にしっかり浸透。ベタつかないのに毛先までしっとりします。(青山麻穂さん) THREE スキャルプ&ヘア リインフォーシング トニックウォーター R 髪にハリやコシを与える頭皮用ローション。植物成分を贅沢に配合し、ふんわりとボリューム感のある髪に。120ml ¥4000/THREEマッサージしながらなじませると、頭皮がじんわりとほぐれて生き生きします。日中リフレッシュしたいときにもぜひ。(PR・齋藤未奈さん) 《お試しコメント》頭皮の血流がよくなった感覚があり、続けると健康的な髪になれそう。地肌の乾燥も軽減を実感。(阿部晴菜さん) モイ ウォーター ジェントルドーン 髪を潤いで満たしてきめを整える保湿ウォーター。ブラッシングをスムーズにし、指通りもサラサラに。120ml ¥2600/ルベル・タカラベルモント毛髪内部の水分量を上げつつ、表面の電荷バランスを調整。ツヤ髪の天敵である静電気から髪をしっかりガードします。(PR・石川由紀子さん) 《お試しコメント》これをつけて髪を乾かすとサラッサラに。雨の日も均一にまとまってくれて、ツヤが保てました。(高橋夏果さん) スティーブンノル ハイドロリニュー ミスト モイスチュアリペア 毛髪内部と表面のキューティクルダメージをダブルで補修。パサついて広がりがちな髪をしなやかに整える。250ml ¥1300(編集部調べ)/コーセー浸透に優れたミストタイプで、ベタつかずにツヤが出ます。熱プロテクト成分を配合しており、ドライヤー前の使用が効果的。(PR・木寺佑妃さん) 《お試しコメント》手ざわりはサラサラなのに潤う感覚がやみつきに。ブロー前に使うと髪表面が整って輝きが増します。(泉ひとみさん) N. ポリッシュオイル 天然由来成分のみで作られた、髪にもボディにも使える、軽やかな質感のマルチユースオイル。150ml ¥3400/ナプラ(サロン専売品)ぬれ髪になじませるだけで、みずみずしいツヤを長時間キープ可能。スタイリングにも活躍し、ヘア&メイクの方にも人気です。(PR・須永幸祐さん) 《お試しコメント》乾燥毛も広がらず、ウェット感が長もち。ケアとスタイリングを両立し、使うほどに光沢が出そう。(泉ひとみさん) エッセンシャル flat くせ・うねり ときほぐしセラム 熱で髪を柔軟化させる成分が寝ている間に髪内部に浸透。くせ毛のスタイリングがグンとお手軽に。120ml ¥1200(編集部調べ)/花王熱で髪を扱いやすくする成分を配合。アイロンなどで仕上げることで、うねる毛質もするんと面が整いツヤツヤな印象に。(PR・小切琳子さん) 《お試しコメント》顔まわりのうねりが軽減され、セットがしやすくなった気がします。天使の輪も普段よりくっきり!(菅原麻葉さん) ツバキ プレミアムリペアマスク 美容成分の通り道を広げる技術を用い、髪内部にダイレクトに注入&密封。なめらか質感に近づける。180g オープン価格/資生堂革新的な浸透テクノロジーを採用し、極上のサラツヤ髪が簡単に実現。個人的にもリピート買いを続けている製品です!(PR・小林智美さん) 《お試しコメント》 塗布後すぐに流しても絹のような手ざわりで、ドライ後もしっとり。コーティング風のツヤが出ます。(青山麻穂さん) 撮影/久々江満 スタイリスト/山本瑶奈 取材・原文/真島絵麻里 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 「MAQUIA」2月号では、アイライナーの色と引き方、まつ毛の角度で印象操作するプロの技を紹介。アイラインを引くとキツく見えやすいすっきり目は、こうするのが正解! “目ヂカラメーター”で一目瞭然! アイライナー×マスカラでなりたい目ヂカラ思いのまま! ロジカルに解説します ヘア&メイクアップアーティスト 向井志臣さん 「マキアージュ」の広告ビジュアルを担当する、資生堂のトップアーティスト。論理的なアプローチで再現性の高いメイクを提案&読者に寄り添ったリアルメイクにも定評あり。 すっきり目を生かすアイライナー×マスカラ目ヂカラメイクアイラインを引くとキツく見えやすいすっきり目は、ラインの色と引き方、まつ毛の角度で印象を操作して。 目尻ラインと水平カールで個性を最大限に活かす目尻に抜け感のあるブラウンラインをプラスしたら、水平に上げたまつ毛にセパレートマスカラを重ねて目幅部分のフレームを強調。すっきり目のシャープな印象が引き立つ。 ビューラーは根元と中間の2カ所に。手首の角度を変えず、いつもの半分の力でかけるのがコツ。 a 極細ペンシルで目尻のラインも繊細に。アイエディション(ジェルライナー)06 ¥1200/エテュセ b ムラなく塗れるコームタイプで、理想のセパレートまつ毛を叶える。キャンメイク クイックラッシュカーラー BK ¥680/井田ラボラトリーズ 影色ラインと水平まつ毛でフレーム強め美人に透け感のあるグレーなら、太めにラインを引いてもキツく見えにくい。影色のラインに水平のまつ毛が重なり、瞳のアウトラインは変わらないのに、顔立ちのメリハリがアップ。 まつ毛の間を埋めるようにラインを引いたら、まつ毛の生え際上にも1ミリ幅でプラスして太く仕上げる。 a 絶妙なオリーブグレーが洒落た目元を演出。ルナソル シークレットシェイパーフォーアイズ 04 ¥2800/カネボウ化粧品 b ひと塗りでカールを記憶。インテグレート マツイクガールズラッシュ(おてんばカール)BK999 ¥1200(編集部調べ)/資生堂 極細黒ライナーと上向きカールで色っぽさを注入クールに転びがちな黒ライナーは、極細&目幅入れがベスト。まつ毛はしっかり上げてボリュームを出すことで、切れ長印象を中和し、フェミニンな空気感を纏った華のある瞳に。 マスカラをムラなくたっぷり塗ったら、ホットカーラーをまつ毛の根元に当ててしっかり立ち上げる。 a 漆黒ライナーがジェルのようにまぶたのキワに密着する。マジョリカ マジョルカ ジェルリキッドライナー BK999 ¥950/資生堂 b 密なブラシがまつ毛1本1本に絡み、ダマなくボリュームアップ。ル ヴォリューム ドゥ シャネル 10 ¥4200/シャネル 上昇気味の目尻ラインで絶妙なモード感をプラスラインを切れ長に入れる時は、ブラウンで印象をやわらげるのがポイント。さらに上下のまつ毛にボリュームを出すことで瞳を縦に拡張し、モードに傾きすぎるのをブロック。 カールアップしたまつ毛には引き上げラインが好相性。まぶたを引き上げるようにさり気なく上昇させて。 a グレイッシュブラウンがアンニュイに発色。キワにも描きやすいやわらか芯。ザ カラーシック アイライナー 03 ¥2500/アディクション ビューティ b ボリュームマニア成分がまつ毛に絡みつき、重ねるほどにボリュームアップ。ヴィセ リシェ ラッシュ ボリュームマニア BK001 ¥1400(編集部調べ)/コーセー MAQUIA 2月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/向井志臣〈Three PEACE×SHISEIDO〉 スタイリスト/坂下シホ モデル/カイノユウ 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
関連キーワード

RECOMMEND