《高身長&シンプルコーデ》今季買ったZARAアイテム

@BAILA

皆さんこんにちは

最近暖かかったり、寒かったりで、体温調節やファッションに悩みますよね

                

上着を着るには暑い今日この頃は、さらっと1枚で着られるボリューム感のあるロングスリーブトップスが大活躍!

                

ZARAでコスパの良い秋服を見つけたのでシェアさせてください

                

最後に高身長を活かすコーディネートのポイントをまとめてみたので参考になれば嬉しいです✨

p.s.私の身長は173cmです

                

今季、新たに購入したのはコーデュロイトップスとスキニーデニム。

_

トップスにボリュームを出すことでシンプルなスキニーコーデもインパクトのあるコーディネートに。ベーシックなバイカラーなので派手すぎず。コーデュロイ素材なのでトレンド感もあり、オススメです

 

スキニーも真っ黒ではなく、ユーズド加工されているので、グレーよりのブラック。重くなりすぎず、シルエットも綺麗。

_

前はスッキリ見せたかったのでトップスをイン。後ろはボリューム感を見せるためにあえてインしませんでした

_

気づけば全身ZARA 笑

Tops: ZARA 2019AW

Denim : ZARA 2019AW

Boots : ZARA 2017AW

Bag : Zanellato Postina

 

高身長をいかしたA/Wコーディネートとは?

秋冬の服で気をつけてるのは《バランス》

○トップスは基本的にイン!

▶︎ウエストをマークする事でスタイルアップを測る

○トップスにボリューム感を出す時はスキニーやテーパードパンツなどでボトムスは細身をチョイス

○スカートやワンピースの丈は思い切ってスーパーロングをチョイス

○黒スキニーに黒ブーツは脚長効果

_

ZARA好きにとっては今季のZARAは宝の山✨色違いで購入したトップスやワンピースがあるのでまた今度詳しく書きますね!

                

最後まで読んでくれてありがとうございました

関連記事
  • 世にも美しいノートが付録になりました! ロエベが特別にデザインしたオリジナルノートは、アーツ&クラフツ運動のアーティスト、ウィリアム・ド・モーガンのアートを起用したデザインに、6枚の芸術的なステッカーがついてきます。大特集は“細かすぎるモード”。足し算に足し算を重ねた首元スタイリング、ファッションプロの買い物実録など、すみずみまで読むうちに“センス”が底上げされていきます。年末に手に入れたい “ごほうび”ジュエリーをめぐって、ルパン三世も登場。誰もが「気づけばおちている」という噂の彼、塩野瑛久の素顔にも接近! 濃密な1月号は、お手元に置いて読み込むのがいちばんです。今回のファッションテーマのインスピレーション・ソースは、世界最高齢のファッション・アイコン、アイリス・アプフェル。好きなものだけ重ねて、“ノールール”なスタイリングを楽しめば、きっとあなたの首元には新しいルールが目覚めるはず。億せずチャレンジしたくなる6つのサンプルをチェック! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モノを大切にしたいというムードが高まる今だからこそ、情熱がほとばしるようなショッピング体験がしたい! そこで、目利きのおしゃれ賢者たちは今季どんな買い物をしたのかリサーチしました。女優・新木優子さん、作家・朝吹真理子さんはじめ、その人ならではの“モノへの思い”、魂がふるえるほどのお買い物エピソードを教えてもらいましょう。ハイエンドSPO<すぐ・ポチる・オンナとオトコ>もお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年は「ポストサイケ」が来る! 常に時代の5歩先を読み、未知のファッションに挑み続けるスタイリスト、浜田英枝さん。今世の中で最も気になるこのムードをすくいあげ、渾身の5ルックを構築。それはインドの伝統的な文化や、ヒッピーカルチャーから生まれたサイケデリックのムードに着想を受けたスタイルです。色と柄、エネルギーに満ちたまったく新しい装い、ぜひお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今年もダウンの季節がやってきました。あったかくて助かるけど、どうしても着こなしが野暮ったくなってしまう、マンネリ化気味、という方! リアルだけれど、ひとクセある着こなしのテクニックを、細かく細かく解説します。主人公は、幾つもの顔を持つ、マルチ・クリエイター。ハイパーでファンタジーな設定で、今まで見たことのない新しいダウンのスタイリングを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年をよりよい1年にするためのグッドアクションを、占い師・真木あかりさんが指南。それをブーストする“開運財布”をイラストレーター、foxcoさんのキャラクター、おばけ犬とともにナビゲートします。「収入を増やしたい」「転職を成功させたい」「夢をかなえたい」「丁寧な生活を送りたい」という4点からセレクトしたウォレットに加え、守護星別のエナジーウォレットも必見。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あのテレビ番組でも今また注目を集めている山里での美しい暮らし。必要なものを必要な分だけ。そして好きな人、動物、自然とずっと一緒に。そんな理想の暮らしをモードマニアが描く時、そうはいってもきっとおしゃれはめいっぱいしたいはず。そんな夢を叶えるモードなユートピアを秋冬ファッションとともに描きます! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  世界中のモデルの憧れである、パリ・コレクション。2020年春夏シーズン、その最高峰の舞台に体当たりで挑んだ新人モデルがいました。その名はHANAKA(ハナカ)、19歳。新潟から上京して半年も満たない中で、チャンスをつかみ飛び立ちました。右も左もわからぬまま向かったパリで待っていたのは、想像以上に過酷な現実、絶望、そして歓喜の瞬間。これは、モデルとして第一歩を踏み出した彼女の、密着パリコレ奮闘記です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年春夏シーズン、モードは新たなるフェーズへ。過去に思いを馳せつつ、21世紀の「ベル・エポック(美しきよき時代)」へと歩みを進めることになりました。4都市のコレクションを取材したうえで導かれた今季の見逃せないキーワードは「サステイナビリティ」。進化してゆくファッションと、トレンドについて解説します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  気分はペインター! まっさらのキャンバスに絵を描くような感覚で、顔に色をのせていく。ルールに縛られず、気の赴くまま自由に! ポップアートとして捉えれば、メイクアップはもっと楽しくなります。ちょっとやりすぎじゃ……と思うくらいがちょうどいい。赤や水色、イエローなど好きなカラーでペイント・メイクアップ始めましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019年の下半期は革新的なスキンケアプロダクトが発売されたシーズンでした。長年の研究が実を結び、多くの人に感動を与えた逸品のなかから、ビューティプロたちが認めたものだけをお届けします。映えあるベスト・オブ・スキンケアは、ランコムのジェニフィック アドバンスト N。肌表面の菌バランスに着目したもので、使っていくほどに肌そのものが強くなるのを感じる美容液です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR1月号の「ポストサイケ、はじまる」、すごいです。秋冬はネオクラシックがトレンドである、と言われていますが、そことは距離を置いた、サイケデリックの進化版! 色が溢れ、エネルギーが渦巻くような。2020年は絶対このムードが来ます。というか、じわじわもう来てます。おなじみのドリスやマルジェラに、若者に大人気のエコーズラッタからアサイ、コリーナストラーダまで。縦横無尽にブランドをミックスし、未知の5ルックをスタイリスト浜田英枝さんが構築しています。しかも今回、スタイリングにかけた浜田さんの想いを5000字インタビュー。その熱量たるや半端なく、モード大好きな読者のみなさんはもちろん、スタイリストを志す方にもぜひ、読んでいただきたい! 『情熱大陸』ばりのエネルギッシュな長文をお楽しみください。 Photography:Takako Noel撮影を手がけたのは、自身も「ポストサイケ」なファッションを楽しんでいるフォトグラファーのタカコ・ノエルさん。これは惜しくも掲載できなかったアザーカットです。どこにどんなブランドのアイテムを使っているのか、ぜひクレジット含めてじっくり読み込んでみてください。 SPUR1月号「ポストサイケ、はじまる」を試し読み(外部サイト)
  • コーディネートから老眼モンダイまで、メガネのプロがそれぞれの視点で回答。納得の一本に出会えるはず!視力矯正やブルーライトカットのため、あるいは老眼が気になり始めた……。とはいえ、"必要に迫られて"かけるのではなく、もっと楽しく積極的にメガネのおしゃれを楽しみたい! 似合う一本に出会えれば、"かけたほうがキレイ"になれるのだから。 ☆答えてくれたのは… ・ブリンク外苑前 マネージャー矢澤直人さんメガネの最新トレンドに精通。かけやすさとのバランスを考えた、大人のための品ぞろえに定評あり・ビジョナリーホールディングスアイケア事業部 ジェネラルマネージャー吉野正夫さんメガネスーパー本社に勤務。確かな専門知識に基づき、正しいメガネ選びをサポートしている・スタイリスト高橋美帆さんシンプルでほんのり女性らしいカジュアルが得意。大のメガネ好きで今は少し個性的なものを探し中Q.メガネをかけると怖く見えます… A.メガネの気配を消すフレームの色をチョイス 「キラリと光るメタルは、シャープなぶん迫力が出てしまいがち。クリアのセルなど、メガネが主張しすぎないフレームがおすすめ」(高橋さん)。 「フレームの縦幅があり、丸みを帯びたラインだと柔らかい印象になります」(矢澤さん)メガネ「BM005 Col.CHA」¥34,000/ブリンク外苑前(ブラン) ニット¥9,000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス)Q.1日かけても疲れないものが欲しい A.フレームそのものに疲れにくい工夫がされたものも 「軽量の素材やテンプルの構造などで、体感重量が軽く感じられるフレームも」(高橋さん)。「メガネをかけるとかえって疲れるのなら、度数そのものが合わなくなっているのかもしれません。年齢による視力低下のほか、物を見るための筋肉の使い方が変わってきている可能性も。ぜひ再検査を」(吉野さん)人間工学に基づいたフレームが重さを分散。メガネ全体でバランスを取るから、疲れにくい。メガネ「XL1472 Col.BK」¥37,000/シャルマン カスタマーサービス(ラインアート シャルマン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/高橋美帆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
  • 秋冬コーデのメインはやっぱりニット!♡ 今季は特に"バックコンシャス"が気になっています! たまたま、WEGOで見つけたプチプラニットのデザインにヒトメボレ♡して即決ゲットしてきました\( ´ω` )/♡WEGO ロービングバックリボンセーターあたたかそうなオーバーサイズのVネックニットなのですが、後ろがリボンになっています♡♡♡ かわいいいいいい!♡お値段はなんと、¥3,229! お財布にも優しいプチプラニットです\( ´ω` )/ さすがWEGO!コスパ抜群!!チュールスカートに合わせてガーリーカジュアルコーデにトライ♡わたしはシンプルなチュールスカートに合わせて、ガーリーカジュアルコーデにトライしてみました☺︎デニムに合わせてさらにカジュアルダウンしてもかわいいですし、もう少し寒くなってきたらインナーにボーダーや柄物を着て、リボンの隙間からちょこっと見せるのもオシャレかも…!♡ Vネックで顔周りはスッキリして見えるので、オーバーサイズでも着膨れすることなく、スタイルアップできちゃいます!つい手を抜きがちなバックスタイルが決まってるとステキ\( ´ω` )/♡ "バックコンシャス"なニット、要チェックです♩*モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • あったかいけど、ダウンをモードに着るのは相当な腕が必要だ……そう思っていました、今まで。けれどもSPUR1月号の「ハイパー・ダウン・クリエイター」特集でスタイリスト早川すみれさんのスタイリングを目撃し、考えを改めました。ダウンって、エレガントにも、マニッシュにも着られるんですね。 Photography:Bungo Tsuchiyaこちらは、フローリストをテーマにしたスタイリング。英国調にまとめています。ダウンはクロエ。チェックの色味と韻をふんで、サカイのブランケットスカートを合わせました。レインブーツがフローリスト感をアップしてくれました。これを読んで、「防寒目的のダウン」のその先へ! SPUR1月号「ハイパー・ダウン・クリエイター」を試し読み(外部サイト)
  • Vネックニット&シャツジャケットの肩かけで絶妙な女っぽさと抜け感を!シャツジャケットとナロースカートの最旬コンビをひと目ボレ買い。印象的なビッグチェックを今日はセットアップ+配色スニーカーで思いっきりカジュアルに楽しみたい! だけどやっぱり”ひとさじの女っぽさ”は欲しいよね。そんな時は鮮やかな赤のVネックニットがお役立ち♡ ダークトーンの着こなしがパッと明るく、顔まわりも軽やかに印象アップできて。これならジャケットは寒暖差やTPOに合わせて、きちんと袖を通してもラフに肩かけしてもグッド。平日はレザーバッグで大人な味つけを、休日はリュックで遊んじゃってもいいかも♪ニット¥2990/キャン(テチチテラス) スカート¥15000・ジャケット¥24000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ペンドルトン×ナノ・ユニバース by MIHO NOJIRI) 靴¥7296/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥14300/ガス ビジュー 青山飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/鈴木絵美 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子
  • アースカラーのニットアップ、セットで?別々で?着まわし例☆唐田えりかが着まわしたのは、“アースカラー”のニットセットアップ! ふわっとした風合いのカーキの上下。タートルニットとタイトスカートのセットを、このシーンではどんな風に着てみる?ウエストバッグで今っぽくスタイルよくこなれたカーキカラーに映え、そして軽さも加えられるようにバッグは白っぽいベージュを選んで。ノーカラーコートがシュッと見せるのにお役立ち。ニット¥9000・スカート¥8000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 コート¥27000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 靴¥11000/ラヤン(マリー・ルイーズ) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ)デートなら愛されビッグニットでゆるずるバランスをカーキに白は、甘辛バランスの黄金配色。レーススカートからのぞかせたのは、今っぽくクールなウエスタンブーツ。ニット¥9000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 スカート¥33000/CASA FLINE表参道本店 靴¥27000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥14000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥2296/サードオフィス(ROOM)暖かさも可愛さも◎ 冬の外歩きにうれしい足もとはブーツでつなぐ。ゴツめデザインではずしてみて。ニット¥9000・スカート¥8000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 靴¥24000/カージュ ルミネエスト新宿店(ドクターマーチン) バッグ¥84000/オデット エ オディール ルミネ有楽町店 イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) バンダナ¥1800/ブルーブルーシャツをはおれば好バランスかつレディなお仕事コーデにシャツに付属したベルトがきちんと見えをアシスト。ベリー色のバッグで色気をさしてみて。スカート¥8000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 シャツ¥4900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 ニット¥15000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥45000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/川原崎宣喜(えりか分) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/高野麻子 撮影協力/WASH&FOLD アワビーズ UTUWA
  • SPURと同い歳です。ということは、2019年は、私にとってもアニバーサリーイヤー。 自分への記念品というか、次の30年をもっと頑張るためのきっかけみたいなものを探していました。実は、2019年の年が明けた瞬間からこの悩みは始まっていて、ずっとそわそわ。時計にしようか、バッグにしようか、それともジムへ入会して美ボディを手に入れるか……。決め切れずに10カ月月が過ぎ、「いや、これもう来年に持ち越しなんじゃ……?」と思っていた直後。ついに出合い、その日に決めました。 マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのネックレスに。その日、たまたま青山店の前を通りかかり、ふと思い出したんです。私が出会った素敵な先輩たちの手元や、胸元には、マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのジュエリーがさり気なく輝いていたことを。そう思うと、いてもたってもいられず、鮮やかなブルーを基調としたブティックに、ちょっとドキドキしながら足を踏み入れました。 そこからは、もう即決。私の決断力よ、もっと早く出てきてほしかった。購入したのは、華奢なハートが連なったゴールドのネックレス。ハートのモチーフだと少し、甘すぎるかなと思ったのですが、その心配はつけた瞬間に払拭されました。洗練されたなかに、大人の遊び心といいますか、愛らしさが加わって、今の私にもちょうどいいバランス。そして、30年後も愛せる逸品だと確信しました。 家に帰って早速、手持ちのトップスと合わせてみたのですが、シンプルなタートルトップスのスタイリングが、途端にあか抜ける! クラシック&モダンなムードで、 ちょっと大人の階段を上った、誇らしい気持ちになります。ベーシックなアイテムと相性が良く、コーディネートに困ったときの救世主になってくれそうです。(エディターYONEKURA) ⇩冬は、こんなアイテムと合わせてコーディネートしたい! >>2019秋冬チープ・シック! 定番アイテム大集合! >>秋のおしゃれスイッチを入れるもの #深夜のこっそり話 #1164 華奢なハートの連なりに、うっとり。ずっと眺めていられます。青山店で購入すると素敵なブルーのボックスに入れてくれます。シンプルなタートルネックのトップスが、途端にリュクスなムードに!
関連キーワード

RECOMMEND