【クリスマスコフレ】イヴ・サンローラン・ボーテの星空のようなメイクパレット&リップ

@BAILA

イヴ・サンローラン・ボーテの秋冬限定コスメをご紹介。グリッターシャドウ4色にチークやハイライトが揃ったマルチメイクパレットはホリデー仕様。スターをモチーフにしたメタリックのパッケージにも注目。

【イヴ・サンローラン・ボーテ】

大人ゴコロをくすぐるホリデー仕様のトレンドカラー

大人ゴコロをくすぐるホリデー仕様のトレンドカラー
ブランドのアイコニックモチーフであるスターモチーフのコレクション。夜空の星を連想させるマルチメイクパレットは、グリッターシャドウ4色に、チークやハイライトをセット。リップはスパークルスターがちりばめられたスペシャルなデザイン。定番の赤と、メタリックなサンドカラーなどの限定4色が登場。(予約開始日10/18)

【10/25】限定発売

1.パレット ハイオンスター ¥12000

[セット内容]アイシャドウ 4色(スパークリングブルー・シルバー・ダズリングプルーン・イリデッセントモーヴ)、ハイライター 2色(イリデッセントベージュ・パーリーローズ)、チーク(コーラルローズ)

2.ルージュ ピュールクチュールコレクター(右から)97・340 各¥4300

パレット ハイオンスター

パレット ハイオンスター★¥12000

プリズム・リーブル

ルージュ ピュールクチュールコレクター(左から)340・97★各¥4300

★…モデル使用色

How to...

アイホール全体に左下のシャドウを広げ、二重幅〜下まぶた全体に左下から2番目のカラーをON。右中央のハイライトを頬の高いところになじませ、頬全体にはふんわり右下を

桐谷美玲

まぶたに、頬に、唇に。星空の輝きをちりばめて

ブラウス18000/デ・プレ(デ・プレ) ピアス¥13000・リング(小指)¥17000・(中指)¥17000/ススプレス(パソ)

撮影/久々江満(物)、尾身沙紀〈io〉(人) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/辻村真理(人) モデル/桐谷美玲 取材・原文/谷口絵美 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※すべて数量限定品になります ※BAILA2019年11月号掲載

関連記事
  • クリスマスシーズンを盛り上げてくれる限定アイテムは、年末時期だけでなくいつでもどんなシーンでも可愛くなれるとっておきのものばかり。今すぐチェック!! キラキラリップをアクセにしない? 花火みたいなキラッキラを、ひと塗りで唇に。盛れて映えるだけじゃなく、ぽってりとした立体感も!タンクトップ¥2980・ニット¥8980/flower webshop(flower)A ディオフィック ベルベット タッチ リップスティック 067 ¥4500(限定発売中)/パルファン・クリスチャン・ディオール 星屑みたいなラメの粉が映え!B ラブ ラスト ディスコ メタリック リップ トッパー LLDMLTR01 ¥1300(限定発売中)/ニックス プロフェッショナル メイクアップ ちゅるっと潤うツヤに。滑らせずにトントン塗りを Bを唇にポンポンと押し当てるように塗ると、ラメが滑らずしっかり塗れる。モデル/江野沢愛美 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/ミク 構成・原文/森山和子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • ブランドの創始者、フランソワ・ナーズが手がけた伝説的著書『Makeup Your Mind™』にインスパイアされた、この冬限定の「MAKEUP YOUR MIND COLLECTION」が到着。アイコニックなシェードを集めたアイ&チークパレットと、普遍的な魅力を放つミニリップスティックのセットが発売される。 NARS メーキャップユアマインド アイ&チークパレット 全1種 ¥7,900(2019年12月13日限定発売) ※伊勢丹 新宿店、阪急うめだ本店、NARS Cosmetics オフィシャルサイト限定発売 NARSのアイコニックシェードを集約した、エクスクルーシヴなアイ&チークパレット。色も質感も多彩なアイシャドウ8シェードと、カルト的な人気を誇るブラッシュ3シェード、そしてブロンザー1シェードの全12色をセットした、モードラバー垂涎の一品。普段のミニマルなメイクアップから、ドレスアップする日のグラマラスな表情まで、どんなルックもこれさえあれば思いのまま。アーティスト気分で自由なメイクアップを楽しんで。 NARS クールヌード ミニリップスティックデュオ 全1種 ¥3,300(2019年12月13日限定発売) マットでありながら、ふっくらとした魅惑的な唇に仕上げるリップから、人気の2色のミニサイズがセットになって登場。色は、青みを秘めたヌードモーヴ2971と、一発で洒落顔になれるライトブルーピンク2980。エフォートレスにまとえて、合わせる服を選ばない2色はヘビロテ間違いなし! 唇に活力を与えるパッションフルーツシードオイルと、発色を高めるモリンガシードオイル配合で、唇のコンディションを整える効果も期待できる。 時代を超えて愛される、永遠不滅のシェードを集めたコレクションで、多彩な表情にトライして。 NARS JAPANhttps://www.narscosmetics.jp/0120-356-686 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース
  • ブラウス¥8900/ROSE BUD新宿店 スカート¥7400/MURUA イヤリング¥2255/サードオフィス(ROOM) バッグ¥2599/SPINNS 靴¥30000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)旬なスタンドカラーやボリューム袖など、着るだけで大人フェミニンが叶うブラウスが今日の主役。ハイウエストのIラインスカートを合わせればトレンドをほどよくまといなら、美人見えも確実! デートやお出かけにもぴったりのおめかしコーデに。モデル/新川優愛 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶タイトスカートコーデ記事一覧はコチラ
  • 創業者夫婦の結婚から生まれた愛のメゾン・ヴァン クリーフ&アーペル。珠玉のデザインそれぞれに豊かなストーリーが。ヴァン クリーフ&アーペル夫妻の一族モロッコ旅行からインスパイアされ誕生したリングとは? Van Cleef&Arpels【ヴァン クリーフ&アーペル】 創業者夫婦の結婚から生まれた愛のメゾン。珠玉のデザインそれぞれに豊かなストーリーが。 (上から)ヴァン クリーフ&アーペル夫妻の一族モロッコ旅行からインスパイアされ誕生した「ペルレ」コレクション。ゴールドビーズがセンターダイヤモンドの美しさと響き合う。「ペルレ ソリティア」(K18YG×ダイヤモンド0.3ct〜)¥446727〜・細いアームにセットされたダイヤモンドが光の糸のよう。重ねづけにぴったり。「フェリシテ エタニティ リング」(K18YG×ダイヤモンド計0.3ct)¥333818・どこかオリエンタルな小粒ビーズのデザイン。ピンクゴールドが肌にほんのりと幸福な赤みを。「ペルレ ゴールドパール リング スモール モデル」(K18RG)¥73636/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 構成・原文/久保田梓美 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉 撮影協力/ŒUVRE ※BAILA2019年12月号掲載
  • 4色のブロックカラーのスカーフ 急に寒くなり、トレンチコートの出番がやってきました。 今月の #月刊トップブロガー のお題は「首元おしゃれ」。 トレンチコートで首元がさみしい日は、 B.C STOCKで買ったスカーフが大活躍。 4色のブロックカラーで、 適当に結ぶだけで上品に見えるのが気に入っています。 (ちなみに、トレンチコートもクルーネックワンピースもGU…) もう少し寒くなったら、 ネイビーやアイボリーのざっくりニットの 首元に巻きたいと思っています。 このスカーフ、どこか見覚えがあると思っていたら、 秋の始まりに買ったエクセルのテラコッタカラーのアイシャドウにそっくりでした。 ⠀⠀⠀⠀ テラコッタカラーのアイシャドウや赤茶系のリップなど、 メイクもちょっとだけ秋冬仕様にして、 スカーフとリンクさせて楽しみたいです♡ (ライター・ユッコ) #magazinelee #lee #leeweb #LEE編集部のお買い物 #BCSTOCK #スカーフ #スカーフアレンジ #GU #トレンチコート #クルーネックワンピース #今日のコーデ #秋ファッション #秋コーデ #コーデ #outfit #ootd
  • カルティエ公式サイトはこちらから 撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/大政 絢 構成・文/伊藤真知 企画/内海七恵〈BAILA〉 ※SS=ステンレススティールの略です ※BAILA2019年12月号掲載
  • 今年の5大コートをいっそう素敵に見せるためのベストな靴をご紹介します。合わせやすくてしっかり防寒が叶うショートブーツ、きれい色や太ヒールでコートに負けないくらい存在感のあるパンプス、カジュアル路線に切り替えられるフラット靴、この3タイプがあれば今季は無敵! 合わせる靴はこの3タイプ! 冬に欠かせないショートブーツ 防寒のうえでも不可欠なブーツは、足首が隠れるくらいのやや長めのショート丈が最も合わせやすくて万能。効果的に使いたいとき以外は、色はダークカラーが妥当。 靴(6)¥12000/ル タロン プリュ  有楽町マルイ店(ル タロン)  通勤やデートに必須のヒール靴 女らしさに効くパンプスは、あまりにシンプルすぎるとコートに対してきゃしゃすぎてバランス悪く見えることも。きれい色や太ヒールなどほどよく主張のあるものを。 靴(8.5)¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)  楽したい日のフラット靴 持ち前のカジュアルさで、ひとクセあるデザインに挑戦しやすいのもフラットならでは。ポインテッドトゥなど足先が細いタイプで、ヒールがなくても脚長印象に。 靴(1.5)¥52000/アマン(ペリーコ)  撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉 スタイリスト/川上さやか 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年12月号掲載
  • 去る9月のパリ・ファッションウィークで一番の話題は、ギョーム・アンリのカムバック。パトゥーのアーティスティック・ディレクターになって初めてのコレクションが、やっと発表されたのです。さらっとおさらいすると、パトゥーの前身は1914年創立のクチュール・メゾン「ジャン・パトゥー」。ここ30年ほど眠っていたブランドですが、昨年改名しての復活が決まりました。一方ギョーム・アンリは2009年にフランスの老舗カルヴェンに新風を吹き込み、2015年から3年間はニナ・リッチを手がけました。 ギョームによる新生パトゥーはクチュールの焼き直しではなく、現代のパリジェンヌのためのワードローブ。元女子校だったと言う趣のあるパトゥー本社でのプレゼンテーションでした。白衣姿のお針子さんたちが作業をするアトリエを眺めつつ上階に上ると、マネキンがずらりと並び、奥の部屋では新作をまとったモデルたちに囲まれたギョームがコレクションを披露するという楽しい設定でした。彼らしいクリエイションの数々はレーシーなブラウス、ボーダーニット、トレンチ、セーラートップ、バルーンスカート、ワイド・ジーンズ、フェミニンなスーツ、リトルブラックドレスなど。リーズナブルなプライスも魅力的です。ちなみにギョームはビジュアル面でのアートディレクションも手がけていて、ウェブサイトやインスタグラムでは、ウイットが効いた画像や動画の数々が見られます。プレゼンテーションに先駆け5月末には、ティーザーにてコレクションの一部がお目見え。また、猫とクロスワードパズルで「パトゥー」の名前をインプットするビデオは実にキュート!この猫の案内で、アトリエを案内するビデオも後日登場。なんと自然に心地よく、私たちをパトゥーの世界に誘ってくれていることでしょう!(Video: Philippe Jarrigeon) そんなパトゥーのファースト・コレクションのうち第一弾「アクト1」が、「アクト2」の来年1月の日本上陸に先駆け、メゾンのe-shopにて解禁となりました(入手可能日はアイテムにより流動的)。パリでは百貨店ギャラリー・ラファイエットにポップアップがオープンし、(2020年1月15日まで)ギャラリーラファイエット・シャンゼリゼやボンマルシェでも展開されます。「アクト2」の詳細は、シュプール2020年3月号(1/23発売)をお楽しみに。  Text: Minako Norimatsu パトゥー本社でのプレゼンテーション。右:小物のディスプレイ。photo : Courtesy of Patou 左:コレクションの説明はリリースではなく、マネキンを覆うトワルにプリントされたポエムで。photo:Minako Norimatsuパトゥー本社。この日、スタッフのオフィスはプレゼンテーション・ルームに早変わり。マネキンでのディスプレイで、コレクションのエスプリを感じ取る。photos: Courtesy of Patouプレゼンテーションにて。マネキンのラインナップ(前の写真)を通り抜けると、モデルたちに囲まれるギョーム・アンリが。ここでモデルたちが着用のルックは、赤のニットを除き全てアクト2。photos: Minako Norimatsuhttps://patou.com/ですぐに買える!アクト1より。右:ボーダーニット450€、ベルベットのスカート395€ 左:イヤリング495€、セーター695€、アイコニック・アイテムのショートパンツ395€。photos: Courtesy of Patouhttps://patou.com/ですぐに買える!アクト1より。右:イヤリング450€(スモールサイズは290€)、ジャケット695€、パンツ、395€、トップ 250€。(靴は参考商品)左:ファイユのドレス695€、靴395€。photos: Courtesy of Patouアクト1より。右:ドレス990€、イヤリング、550€、靴395€。左:Pコート、1100€、ボーダーニット450€、スカート850€、靴395€。photos: Courtesy of Patouアクト1より。右:トレンチコート990€、ドレス575€、イヤリング450€(スモールサイズは290€)(バッグは1月発売のアクト2、靴は 参考商品)。 左:ジャケット990€、イヤリング390€(デニムと靴は1月発売のアクト2)photos: Courtesy of Patou
関連キーワード

RECOMMEND