何度でも巡ってくるスカーフ【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.39】

@BAILA

スカーフがこの秋またトレンドになっている。クラシカルな70年代のレディスタイルへの回帰、90年代を思わせる大胆なプリントのブーム、そしてここ数年冷めやらぬヴィンテージテイストへの憧れ……などなど、古き良き時代の空気を気軽に取り入れるのにぴったりの小物なのは間違いない。というより、スカーフがトレンドじゃない時代なんて、もしかしたら数えるほど少ないのでは? 改めてそう思わせるほど、一枚の存在感がファッションの空気を物語る力を持っている。

_

ディオールのアーカイブから蘇った「ディオール オブリーグ」パターンをシルクツイルのスカーフに。スカーフ(W90cmXH90cm)¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

【DIOR】 アーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリによって蘇った、1967年生まれのアイコニックなパターン「ディオール オブリーク」。現在「ブック トート」などで大流行中のそのパターンを、ネイビーとボルドーのバイカラーリバーシブルのスカーフに。100%シルクツイル素材で、ヴィンテージライクなファッションにぴったり。 スカーフ(W90cmXH90cm)¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 問)クリスチャン ディオール TEL 0120-02-1947
【FENDI】 絶妙な配色で、コーディネートにレトロシックなムードを加えてくれるシルクスカーフ。2019年プレフォールの着想源のひとつである、19世紀のフランス宮殿に見られる門「グリーユ ロワイヤル」をイメージ。襟元だけでなく、バッグのハンドルに結んでも素敵。 スカーフ(W90cmXH90cm)¥47,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 問)フェンディ ジャパン TEL 03-3514-6187
【HERMÈS】 「カレ 70」は、衿元にちらりと結ぶのにちょうどいい70x70cmの小ぶりなサイズ。「エクスリブリス/パリジェンヌ」というタイトルの柄は、エルメスのロゴに描かれたカレーシュ(幌付きの四輪馬車)と共に、個性豊かなパリジェンヌの姿がユーモラスに描かれていて、眺めていても楽しい。大人が可愛く取り入れられるヴィンテージ シルク100%のピンクの発色も魅力。 スカーフ(W70cmXH70cm)¥40,000/エルメスジャポン(エルメス) 問)エルメスジャポン TEL03-3569-3300
【VALENTINO】 2019年秋冬コレクションは、アンダーカバーのデザイナー高橋盾がグラフィックを手がけ話題に。愛をテーマに、ドラマティックなローズと恋人たちを描き、現代詩人によるポエムの一節もプリント。ずっと自慢できる、レアなコレクターズアイテムに。 スカーフ(W90cmXH90cm)¥53,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) 問)ヴァレンティノインフォメーションデスク TEL03-6384-3512 1801
【LOUIS VUITTON】 シルク&ウール素材の大判ショールは軽くて暖か。羽織りものしても使えて、旅先でも役に立ってくれそう。きれいなグラデーションカラーにジャガード織りのモノグラム・パターンが見え隠れして、ラグジュアリーな雰囲気も。アウターの上からまとっても素敵。 「ショール・モノグラム タイ&グラム」(W142.5 cm×H142.5cm)¥92,000/ルイ・ヴィトン 問)ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120−00-1854
__1
__2
__3
__4
__5

知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【ヴァレンティノ】

_

アンダーカバーとコラボレーションした2019年秋冬コレクションのスカーフ。スカーフ(W90cmXH90cm)¥53,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)

_

同コレクションのランウェイでは、大胆なプリントドレスも登場。

文・久保田梓美 
関連記事
  • ファッションショーの舞台裏で活躍するメイクアップアーティストたちの秘訣にインスパイアされた、ディオール バックステージ ライン。スピーディーにその人の美しさを引き出すポテンシャルの高さと、あらゆるルックを自在に演出する柔軟性を持ち合わせた新アイテムに注目! ディオール バックステージ カスタム アイ パレット ¥5,500(2019年11月15日発売) アーティストのフレキシブルな発想が活かされた、メイクの振り幅に定評があるアイ パレットの新作が登場。今回は、プラチナ、トープ、ブロンズ、レッドブラウンなどの艶めくシェードのほか、アイシャドウをアイライナーに変化させるジェルがIN! カラーとミックスすることで密な発色を生み出し、ニュアンス感のあるラインを描くことができる。美しく調和するよう計算されたシェードで、ナチュラルから大胆なスモーキーアイまで、多彩なルックを楽しんで。 ディオール バックステージ フェイス&ボディ グロウ ¥4,900(2019年11月15日発売) フレッシュに艶めく肌をかなえるマルチユースなリキッドハイライター「ディオール バックステージ フェイス&ボディ グロウ」がコレクションに仲間入り。使い方は、ファンデーションの上に重ねてピンポイントに光をプラスするほか、ファンデーションに混ぜてツヤと立体感を演出したり、プライマー感覚で直接素肌に乗せてライトアップしたりと自由自在。顔にも、ボディにも、乾きを感じさせない潤いリッチな質感をメイクして!ディオール バックステージ ラッシュ カーラー ¥3,000(2019年11月15日発売) バックステージ発想ならではの時短ビューラー「ディオール バックステージ ラッシュ カーラー」。人間工学に基づいた使いやすいゴムハンドル、まぶたにフィットしまつげを漏れなく捉える設計で、一瞬で美しいカールを実現。スプリングにより最小限の力でカールを施せるから、まつげに優しく使える点もうれしいポイント。抜群の使い心地で、この上なくエレガントなカールを手に入れて。 使い手の発想で全く異なる仕上がりになるのが、ディオール バックステージ ラインの面白み。自由にメイクできるボーダーレスなアイテムで、個性をスパークさせて! パルファン・クリスチャン・ディオールhttp://www.dior.com/03-3239-0618text:Saori Nozawa >>ビューティニュースまとめ
  • シャツジャケット¥6472/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス ニット¥2490/GU(一部店舗のみで販売) スカート¥3980/ViS バッグ(ポーチつき)¥1515/GRL(グレイル)  iPhoneケース¥8000/PARK CREATION(ajew) 靴¥2490/GUトレンドのサテン調スカートはブリックレッドできれいめな上品さとおしゃれ感のいいとこ取り♡ 歩くたびにふわっと揺れて気分も上がるも嬉しいポイント。スカートを主役にしたいからアウターとニットは白っぽくまとめて、可愛げと好感度も同時にゲット。モデル/鈴木ゆうか 撮影/川原崎宣喜 ヘア&メイク/河嶋希(io)  スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶シャツジャケットコーデ記事一覧はコチラ
  • カールドノヒュー×エクラのイベントへ着映えるプリーツスカートで。近藤かずちゃん、豊田まゆちゃんがすでにブログにアップされている富岡佳子さんの スペシャルトークショーへ、私もおじゃましてきました。 富岡さんのトークイベントへの参加は3回目ですが、こんなに近くでお姿拝見したのは初めて! 誌面以上のかわいさ。お顔もとってもちっちゃくて、富岡さんを目の前に大興奮でした♡イベントの後、華組のみんなそれぞれが思い思いにセレクトしたものだったり、迷ってしまった私は 店員さんに選んでいただいたりしながら、カールドノヒューのファーを試着させていただきました。 長内編集長が黒のワンピースに素敵に巻いていらっしゃったファーもゴージャスで印象的でした☆この日にはいていたスカートがZARAのアシンメトリーのプリーツスカート。グレージュのようで 少しピンクがかったようなスモーキーなカラー。黒やネイビーなどの暗めのトーンとの相性が 良く、メリハリがあってまとまりよく見えます。別な日に、アシンメトリーや丈感がわかりやすいようにペタンコ靴でサイドやバックから 撮ってもらいました。アシンメトリーで部分的なマキシ感と揺れ感がたまらない。 夏のプリーツとは違って生地もしっかりしていて型崩れもないので、とてもはきやすいんです。 ヒールに合わせてエレガントにでも、タイツとペタンコ靴でも良し。シーンも選ばず まさにラクして着映えるスカートです。 最近長めのプリーツスカート愛が止まらず、また別なマキシプリーツも購入しちゃいました(^^) ZARAのアシンメトリープリーツスカートはこちらです華組 沢辺史ブログ
  • 人気のドレスサロン「MAGNOLIA WHITE(マグノリア・ホワイト)」に、新作ウェディングドレスが入荷。今シーズンの注目は、日本初上陸を果たしたポーランド発の「Anna Kara(アンナ・カラ)」。トレンドの動きやすいスレンダードレスをベースに、芸術的なレースやカットワークが施された、女性デザイナーらしいポエティックな佇まいが魅力だ。 国内で唯一正規に取り扱うブランド、イスラエル発の「Galia Lahav(ガリア・ラハヴ)」も見逃せない。タイトなボディに繊細な刺繍やビージングがセンシュアルに主張し、インポートドレスらしい洗練された色香を放つ。 また、サロン一押しのブランド、ギリシャ発の「Costarellos(コスタレロス)」。優美なクリエイションで花嫁を優しく包み込み、まとうだけで可憐な表情を引き出してくれる。 人気のボヘミアンやラスティックな雰囲気のウェディングなら、ニュージーランド出身のデザイナーによる「Rue De Seine(ルー・デ・セーヌ)」もおすすめだ。ヴィンテージにインスパイアされたというドレスは、名だたるおしゃれセレブが着用したことでも知られる。 他にも、インポートドレス好きにとっては見逃せないコレクションが一堂にラインナップ!いち早く世界中のウェディングドレスをチェックしに、ぜひ足を運んでみては。 マグノリア・ホワイトhttp://jp.magnolia-white.com/03-6434-1313
  • 今年も残すところあと2ヶ月を切りましたね。 これからの季節はクリスマスや忘年会などイベントが目白押し!そんな年の瀬ならではのイベントも、BAILAでトレンドを押さえてあか抜けフェミニンスタイルで楽しましょう。 そんなBAILA12月号は、今日11月12日(火)発売!赤いリップがとっても似合う、戸田恵梨香さんが目印です。 BAILA12月号の特別付録は、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおり先生が監修された「"あったらいいな"天才眉ブラシ」です。 眉、と言えば最近では「書きました感」のあるメイクよりもナチュラルで凛とした眉がトレンドですよね。そんなトレンド眉の瞬時に叶えてくれるのが、この「"あったらいいな"天才眉ブラシ」。 粉含みの良いしっとりした眉筆と、スクリューブラシがセットになった1本。 ナチュラル眉を作る上で欠かせない、繊細な工程もこれさえあれば簡単に完了します。 また、本誌では28人の眉サンプルがずらりと並び、それぞれ最適な眉メイクを紹介しています。 早速、私も天才眉ブラシを使って、ナチュラル眉メイクにトライしてみました。 動画にしてみたのでぜひご覧ください! 完成した眉とフルメイク後がこちら。 ふわっとした自然な眉は、気負わないナチュラルなボブスタイルとも相性抜群です。 何かと人と会う機会が増えるこれからのシーズン、天才眉ブラシでいつもの眉をアップデートしませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 本格的な冬シーズンの到来を前に、ついに今年の主役コートを大発表! 大注目のリバーコート、通勤でも着られるきれいめダウンなど振り幅の広い5タイプをご用意しました。コートを着ても脱いでもサマになる鉄板コーディネートをセットでご提案。 【リバーコート】今季真っ先に手に入れたい淡色リバーコートはワントーンでまとめて大人の洗練ムードに 淡めのニュアンスカラーが大充実のリバーコート。全身淡色でまとめることで、そのやわらかなムードは最高値に。ワントーンだからこそ、ふわふわのモヘアニットなど、表情豊かな質感で魅せ方に変化を。コートを脱いだときの可愛さも万全! コート¥130000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥28000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥32000/オーラリー スカーフ¥39000/マディソンブルー バッグ¥70000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥81000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 【ブラウンチェスターコート】ほんのりクラシカルなブラウンチェスターコートはパンツスタイルでこなれさせる のが大人のルール 定番のチェスターコートは、旬色のブラウンを選ぶだけで、たちまち目新しく。レトロな色には、フェミニンなスカートよりも、辛口パンツですっきりモダンなイメージに更新を。それがハイウエストのカラーパンツなら、コートを着ても脱いでもサマになり、スタイルアップ効果も抜群。コート¥78000(ヴァシュモン)・バッグ¥30000(パリサワン)/エディットフォー ルル ニット¥14000/スナイデル ルミネ新宿2店(スナイデル) パンツ¥46000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 靴¥32000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 【ダウン】通勤でも着られるきれいめダウンは女っぽプリーツを合わせて甘辛MIXが今のムード ダウンを買うなら、通勤もOKなきれいめが条件。スポーティなアウターには、対照的に揺れて華やぐプリーツスカートを合わせ、新鮮なミックス感を楽しみたい。コートを脱いだら、きちんと美人なスカートスタイルに。 コートを脱いだら… コート¥30000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ニット¥36000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥38000/オーラリー ネックレス¥27000/ドゥロワー 六本木店(アリギエーリ) バッグ¥65000/ビームス ライツ 渋谷(エーティーピー アトリエ) 靴¥94000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ ジャコメッティ) 【きれい色コート】 さっと羽織っても主役になれるきれい色コートはモノトーンコーデでモダンに。 カラーコートが豊富な今季、思い切ってこんなビビッドなピンクも素敵。軽くてシンプルなデザインを、気負わずさらっと羽織りたい。コートを脱いだら中はシックなモノトーンスタイルという、そのギャップを楽しむのも醍醐味。 コートを脱いだら… コート¥140000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) シャツ¥82000/ザ シークレットクロゼット二子玉川(シクラス) パンツ¥32000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) バッグ¥40000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケルマイケル・コース) 靴¥45000/ユナイテッドアローズアトレ恵比寿 ウィメンズストア(ロートレ ショーズ) 【ショートコート】ゆとりシルエットが主流のショートコートはすっきりタイトスカートでスタイル美人を目指して ロング丈全盛の時代が続いただけに、今季、ショート丈というだけでなんだか新鮮。今年らしいゆるっとシルエットをバランスよく着こなすには、ロング&リーンなボトムが最適。すっきりタイトスカートで、女っぷりもスタイルアップもかなえて。脱いでももちろん、その女っぷりは継続できる。コート¥80000/アストラット 新宿店(アストラット) シャツ¥27000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) スカート¥22000(デミルクス ビームス)・靴¥76000(ペリーコ×デミルクス ビームス)/ビームスライツ 渋谷 バッグ¥102000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) タイツ¥900/タビオ(靴下屋) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉  ヘア/左右田実樹 メイク/早坂香須子〈W〉  スタイリスト/百々千晴 モデル/ヨンア 取材・原文/東原妙子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • こんにちは!スーパーバイラーズの阿部晴菜です^^ 最近は更に寒くなってきましたね。ニットが恋しい季節になりました^^ 私はニットワンピが大好きなのですが、その中でもヘビロテしている黒ワンピースと、 今期大活躍しているチェック柄ジャケットを使ったコーデをご紹介しようと思います! 1.                mermaid                            動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。                     (↑前回のブログから、イメージムービーを作るのにハマってしまいました。笑 静止画では伝えられない揺れ感や、ここが可愛い!!と思った瞬間を切り抜いていくので、今後は動画でもお楽しみください♡) one-piece / story nine jacket / nano・universe (ナノユニバース) bag / FURLA (フルラ) ニットワンピはシンプルなものが多いように思うのですが、私は少しひとクセあるデザインのものが好きです。 このワンピースは裾がマーメイドになっていて揺れ感がとっても可愛いんです^^ 身体にピタッとフィットするタイトなワンピースなので、大人っぽく着れますよ! storynineという韓国ファッションの通販で購入しました。 2.        jacket style        このワンピースはショートブーツやパンプスと合わせて大人っぽく着るのも可愛いのですが、 nano・universeのオーバーサイズのジャケットと、オックスフォードシューズでちょっと辛めの要素も取り入れました。 色味も落ち着いたチェック柄のジャケットです。 3.       accessory        スカートがひらひらしているので足元もポイントなのですが、 小柄さんは視線を上にも持って行きたいので、耳元には大ぶりピアスがマスト。 色は、ジャケットの色に合わせてブラウン系。 ピアスはハンドメイドしたものです^^(これは工具もいらないのでとても簡単です!) 4.                cafe time                                  私がこの日のんびり過ごさせて頂いたcafeは、代々木八幡の『almond hostel & cafe』さんでした♪ 最近こういう落ち着いた場所でゆっくりコーヒー飲むのが至福の時間です。 チーズをたっぷり楽しめるホットサンドも美味しかったな♡ おすすめです! 5.      summary       今日はジャケットスタイルでしたが、もう少し寒くなったらこれにストールを羽織るのも可愛いかも♪ 是非みなさん、明日のコーデの参考にしてみてくださいね^^ 2019年新作・ユニクロで人気のニットを使ったコーデを見る ★ ★ ★ information        Instagramもぜひチェックしてください♪ 双子の姉・早織もブログを更新中です! ぜひチェックしてみてください^^ 姉・早織のブログはこちら!
  • コーディネートから老眼モンダイまで、メガネのプロがそれぞれの視点で回答。納得の一本に出会えるはず!視力矯正やブルーライトカットのため、あるいは老眼が気になり始めた……。とはいえ、"必要に迫られて"かけるのではなく、もっと楽しく積極的にメガネのおしゃれを楽しみたい! 似合う一本に出会えれば、"かけたほうがキレイ"になれるのだから。 ☆答えてくれたのは… ・ブリンク外苑前 マネージャー矢澤直人さんメガネの最新トレンドに精通。かけやすさとのバランスを考えた、大人のための品ぞろえに定評あり・ビジョナリーホールディングスアイケア事業部 ジェネラルマネージャー吉野正夫さんメガネスーパー本社に勤務。確かな専門知識に基づき、正しいメガネ選びをサポートしている・スタイリスト高橋美帆さんシンプルでほんのり女性らしいカジュアルが得意。大のメガネ好きで今は少し個性的なものを探し中Q.カジュアルを格上げするメガネは? A.モダンなニュアンスカラーのハイブリッドタイプが旬 「カジュアル=ボストンタイプというイメージがあるかもしれませんが、一歩先を行くならセル×メタルのハイブリッドタイプがおすすめ。テンプルのメタルが上質感をプラスし、ふだん着ではない大人のカジュアルにアップグレードしてくれます」(矢澤さん)透明感のあるニュアンスカラーのフレームが、肌に優しく色を加えるようなイメージ。フレームの印象が強すぎず、全体に淡いワントーンになることもモダン見えのポイント。ヘアからさりげなくのぞくメタルのテンプルが華やかさを添えるから、地味になる心配もなし。メガネ「ALICECol.Champagne」¥40,000/ブリンク外苑前(サヴィル ロウ) コート¥75,000(ELIN)・パンツ¥38,000(ボーメ)/クルーズ カットソー¥8,500・リング¥11,000/ボウルズ(ハイク) 時計¥25,000/オ・ビジュー(ロゼモン)自分の肌に映りのいい色みを吟味して。メガネ(上から)「Mulholland CL 45 Col.Beachwood White Gold」¥78,000/コンティニュエ(ミスター・ライト) 「PREM-116CW NT Col.1-79」¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ CLASSIC COLLECTION) 「Curator Col.114- 2 」¥42,000/コンティニュエ(オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス)Q.小顔にきくメガネはありますか? A.テンプルのつけ根が輪郭より少しだけ出るものを 「顔の幅よりも内側にメガネが入ってしまうと、どうしてもアウトラインが膨張して見えます。輪郭ジャストか、ほんの少しだけテンプルのつけ根が外に出るものを」(矢澤さん)。「濃い色や太めのフレーム、ちょっぴりインパクトのあるデザインを選ぶと、メガネに視線が集まり輪郭が気になりません」(高橋さん)フレーム全体ではなく、テンプルのつけ根が顔の外に出るのがカギ。メガネ「Driver Col.107」¥42,000/コンティニュエ(オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/高橋美帆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND