【通勤コーデ】イエベ肌のブラウンワントーンコーデ

@BAILA
_

こんにちは、バイラーズ 日下です^^

 

今日はブラウンワントーンコーデをご紹介

 

BAILA10月号 でも特集されており

トレンドのブラウンワントーン

何かしら取り入れてみたかったんです

▼トップスはイエベ肌に合うものを

_

本誌にあったイエベ/ブルベさん

それぞれに合う色の診断チャート☝︎

そちらを参考に選びました!

 

イエベ(イエローベース)であるものの

最後の最後(女顔/男顔)で判断できず

とりあえずその6色から

大幅にブレない色味を選んでみました

(人に聞いてみればいいのかな...?)

 

ブラウンワントーンと一口に言っても

幅広い色味があるので

似合う色を見つけて楽しめると良いですね

▼ブラウン×ベージュで”ほぼ”ワントーン

_

さて、今季のブラウンは”ほぼ”ワントーン

で着るのがいいということで

イエベに合うトップスと、ベージュを

 

Tops : IENA(イエナ)

Bottom : Demi-Luxe BEAMS(デミルクスビームス)

Heels : Fabiorusconi(ファビオルスコーニ)

Bag : J&M DAVIDSON(ジェイアンドエムデヴィッドソン)

 

ツヤ感のある素材のブラウスと 

少しデザインのあるボトムを合わせ

色味に特徴のあるパンプスを使って

通勤コーデ/オフィスコーデも華やかに✨

 

バッグも上品な色味×スタッズで

何にでも合わせられてお気に入りです^^

_

さて、ボトムのラップパンツ✌︎

ウエスト部分から少し生地が重なっていて

足を閉じているとスカートにも見えます

少しデザインがきいているので

日々の通勤コーデも楽しめます^^

 

通勤コーデを考えるとき

どうしてもシンプル過ぎるのが悩みですが

こういったアイテムがあると助かりますね

 

トレンドのブラウンワントーン

また別のアイテムも使って

コーディネートご紹介できたらと思います

Instagramはこちらから
関連記事
  • 乾燥肌で、冬は特に唇の乾燥も気になります。 、、にも関わらずマットリップが好きなので 乾燥が気にならないマットリップがあればいいなと思っていたのですが これを求めていました ‍♀️ というリップに出会いました BAILA 9月号にも掲載されていたアイテム Celvoke : リベレイティッドマットリップス ¥3,850 (税込) 〜試してみて〜 テクスチャーは思ったよりもねっとりとした感じで、塗ってみてマットとは思えないウェットな質感で潤いがあってびっくりしました。 縦ジワも目立ちません ‍♀️ 今まで使用していたマットリップと比べて、 少しシアーに仕上がる印象です◎ 一度塗りだと特に、シアーっぽさが出ます。 シアーの中にもきちんとマットの質感があり、 絶妙な質感がとてもお気に入りです。 右 :  一度塗り 左 :  二〜三度塗り 〜カラーについて〜 カラーは全6種類あります。 私はその中でも、他の色が混ざっていないような 王道のブラウンリップが欲しかったので、 05 : コッパーブラウンを選びました。 今まで、見た目はブラウンでも実際に付けてみると色が変わってしまうリップが多かったのですが、 このリップは見たままの色になり感動しました◎ 質感も色も、求めていたリップが見つかってとても嬉しいです☺︎ ・乾燥が気になるけどマットリップが好きな方 ・ブラウンリップを探している方 本当にオススメなので是非試してみてください 最後までお読みいただきありがとうございます✨ よろしければインスタグラムも見にきてください☺︎ Instagram
  • ジャニーズ史上最年少で衝撃のデビューを果たしたSexy Zoneも、メンバー全員20代に突入。松島聡さんが約1年9カ月ぶりに活動を再開し、5人そろってBAILA本誌に初登場です!今回は佐藤勝利さんのインタビューをご紹介。 Sexy Zone・佐藤勝利 さとう しょうり●1996年10月30日生まれ、東京都出身、A型。顔面人間国宝と称されるほど端正な顔立ちで、冷静かつ客観的にグループを見ているバランサー。責任感にあふれ、ストイックな努力家でもある。現在、ラジオ「VICTORY ROADS」(bayfm 毎週金曜21時30分〜)でパーソナリティを務める。 僕たちのパフォーマンスが皆さんの日常にパワーを与える存在でありたい 「この夏にリリースしたシングル『RUN』は、唯一ファンの皆さんの前でパフォーマンスができていない曲です。寂しいですが、世の中の状況が制限されている今は仕方がない。でも、いつか必ず披露したいですね。ある意味、僕たちにとっていちばん向き合う時間が持てたシングルで、この曲から教わったことがたくさんあります。直接届けられない時期だからこそ、どうしたらより気持ちが伝わるのか、強い思いを込めて歌いました。当初は4人でリリース、松島が復帰したあとに5人で披露できるようになった曲という意味でも、今までにない経験でしたね。5人での歌番組初披露は自分たちも手ごたえを感じたし、絆が深まったと確信できました。“今、この瞬間しかない”という気持ちでパフォーマンスすることの大切さもあらためて実感。もちろんメンバーそれぞれ感じたことは違って当然だし、その違いこそがいい未来へつながっていくと信じています。育った環境が違えば、仕事への向き合い方も変わってくるわけで。いろいろ詰めていくなかで、寄り添うことも、ときにぶつかることも必要!僕は普段、感情の高ぶりを表に出すのがどうも苦手でして……。パフォーマンスやお芝居は別なんですけど、不器用なのと、恥ずかしさが勝ってしまう。スポーツ観戦でも内心ではすごく応援していても、声を出して盛り上がれない(笑)。ただそのとき、その瞬間に感じた自分の内面にある気持ちは、大切にしたいと思っています。 グループの転換点となった『RUN』とともに、Sexy Zoneの今後をBAILA読者の皆さんも見守ってください」 セクシーゾーン●2011年9月29日にグループを結成。11月16日「Sexy Zone」でCDデビューを果たす。当時の平均年齢は14.4歳、ジャニーズらしいフレッシュアイドル5人組でキャッチフレーズは顔面偏差値東大級。2020年3月24日には海外進出を視野に入れた活動をするため、Top J Recordsへレコード会社を移籍後、18枚目のシングル「RUN」が大好評! 「NOT FOUND」 Sexy Zone ¥1100/Top J Records Sexy Zoneとして19枚目のシングルが絶賛発売中。菊池さん主演ドラマ「バベル九朔」の主題歌としても話題。クセになるサビのフレーズが印象的な曲に仕上がっています。 取材・原文/山中ゆうき  ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • BAILAエディターズのリレー式コラム、第202回目は、冷えもむくみもだるさにも効果絶大!冬の必需品eume(イウミー)のめぐりソックスをご紹介。 冷えもむくみもだるさにも!効果絶大【eume】のめぐりソックス 段々と冬が近づいて寒さが厳しくなってきましたね〜。来週にはもう12月。2020年、秒で過ぎてく…! この季節になると、末端冷え性のスガコ、足の冷たさに拍車がかかるわ、夕方には脚がパンパンだわで、もう散々。対策を取らずには、夜もすこやかに眠れません。そんな私が昨年出会ったのが、eumeのめぐりソックス。ダイエット美容家として活躍する本島彩帆里さんのオリジナルブランドの着圧靴下なのですが、これが本当に気持ちいい・あったかい・スッキリすると三拍子揃った素晴らしさ!!!  取材でお会いした際にありがたくもいただいてから、追加購入して毎日ローテーションです。これなしでは冬は越せない。まじで。 苦しすぎず、緩すぎず。寝ている間も快適な「圧」 これが実際のソックス本体。「おやすみ専用着圧設計」と謳われているのも納得の心地よさ。ずるずるするのも嫌だけど、締め付け過ぎて苦しくなるのも嫌じゃないですか。そういう不快感は全然なくて、朝起きると、確実にスッキリ。疲労感やだるさも楽になっているのが実感できるんです。おやすみ専用だけど、リモートワークの時は日中も履いてます。快適です。それに何より、「光電子繊維」ですよ。自分の体温を利用して体を保温してくれる素材で、遠赤外線効果もあるんだとか。これがね〜〜〜〜本当にあったかい。冷え性がキツくない人にとっては、冬場以外は使いたくないって思ってしまうかも知れないくらいにあったかいんです。冷え性スガコにとってはもう、手放せない必需品です。 肌触りも心地よいメイドインジャパン☆ その上、安心・安全なメイドインジャパン。実際肌触りも心地よくて、履いていて嫌な感じが全然ないんですよね。使い続けるうちに毛玉というか、もけもけが少し出てきてはしまうのですが、ネイビーだからそんなに目立たないと思います(私個人は全く気になりません笑)。あ!ちなみに光電子繊維の遠赤外線効果は、洗濯しても失われないそうです。ありがたや〜。毎日履いて過ごしたいので、私は2足をローテーションして使っています。脚冷え・脚だる仲間さんには、ぜひこの心地よさを味わっていただきたい。ちなみにですが、eumeには同じラインの腹巻きやタイツなどもあるので、ニーズに合わせて揃えられるのもポイント高いです。私はネックフェイスマスクとはらまきパンツを狙ってます!(編集スガコ)
  • 一つでも複数重ねても、手持ちのジュエリーと合わせても。自由に手軽に+1できることこそイヤカフの最大の魅力。今回はリングとセットで楽しみたい4ブランドをご紹介。色石やパールの繊細な輝きを堪能しよう。 【アルティーダ ウード】のイヤカフ&リング みずみずしい色石を繊細なデザインで堪能して耳もとも手もともスタッキング(=重ねづけ)を提案する「アルティーダ ウード」がかなえてくれるのは、等身大に楽しめる、色石との出会い。シーズンテーマはインド・ジャイプールの18世紀に建てられた天文台。天体や占星術を想起させる繊細なモチーフや、濃淡ブルーの天然石、ダイヤモンドを自由にまとって。ECを中心とし、高品質なものを適正価格で届けるブランドならではのラインナップがうれしい。イヤカフ(上から)(SV925×K18YG/P×DIA)¥25000・(K10YG×K18YG/P×ロンドンブルートパーズ)¥19000・(SV925×K18YG/P×DIA)¥19000・(SV925×K18YG/P×DIA)¥12000・リング(右手人さし指指先側から)¥25000・¥26000・(右手中指指先側から)¥27000・¥27000・(左手人さし指)¥25000・(左手中指)¥34000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) ニット¥39000/ショールーム セッション(サヤカ デイビス) 【オー】のイヤカフ&リング フレッシュで抜け感のある今どきムードに昇華したパール4mmから6.5mm、大きさの違う4粒のアコヤパールがなだらかな曲線を描いて整列。バイラ世代の女性デザイナーが手がけるブランド「オー」で定番人気の、イヤクリップタイプ。耳たぶだけでなく軟骨にも挟むことができるほか、クリップ部分をピアスホールにさせばピアスとして楽しめるのもうれしい。長時間つけていても痛くなりにくい設計もこだわり。イヤカフ(K18WG×アコヤパール)¥62700・ブレスレット¥289000・リング¥66000/ハルミ ショールーム(オー) ニット¥39000/フレームワーク ルミネ新宿店(ルス) 【ブランイリス】のイヤカフ&リング 端正な花びらのような、色違いの4個セット。どう楽しむ?日本人とフランス人、二人の女性デザイナーによる「ブランイリス」らしい洗練されたフォルムに、4種類の異なる色と仕上げを施したイヤカフのセット。左右の耳にアシンメトリーにつけたり、4つの重ね方で、新たなフォルムが生まれたり、自在に楽しめる。イヤカフ(4個セット)(上から真鍮K24コーティング・SVK24コーティング・SV・SVブラックロジウムコーティング)¥22000・リング(指先側から)¥16000・¥28000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ワンピース¥46800/ホリデイ 【マリハ】のイヤカフ&リング 肌にしっくりとなじむ、繊細なデザインのミニフープを重ねてロマンチックなムードが人気の「マリハ」から、初のイヤカフが登場。シンプルな形に繊細な細工をした「願い事」シリーズと、一粒のホワイトサファイアがきらめく「願い星」。大きさのそろったイヤカフを、表情違いで重ねて。イヤカフ(上から)(SV925)¥11000・(SV925×K18YG/P×ホワイトサファイア)¥20000・(SV925×K18YG/P)¥12000・(SV925)¥11000・リング(指先側から)〈2連〉¥110000・〈幅広〉¥155000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) ジャケット¥89000/アマン(カバナ) Tシャツ¥14000/エイトン青山(エイトン) 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/森絵梨佳 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※イヤカフは、表記のないものはすべてシングル(1個)の価格です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、SV=シルバー、SV925=純度92.5%シルバー、DIA=ダイヤモンド、/P=プレーティングの略です ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • ニューノーマルな時代、肌や見た目はもちろん気持ちだって盛り上げてくれる、それが今季ベストコスメの条件。今回はメイクアップ部門にランクインした8品をご紹介。新感覚の“黒い”下地、生質感のアイシャドウパレット、“ジャスト血色”なチークなどなど、今季を代表する実力派が勢揃い! 《下地大賞》カネボウ インターナショナルDiv. KANEBO パフォーミング ドロップ 下地に黒、どうなるの? 塗ってみたら驚きの立体感。みずみずしくて薄皮以上に薄い秘密の下地(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん)推薦人:ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイクpaku☆chan、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、ビューティーエディター平輝乃、美容ジャーナリスト鵜飼香子、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美薄くてみずみずしい秘密の下地を仕込んじゃううれしさ♡(美容ジャーナリスト鵜飼香子) 新感覚すぎる黒い下地は、塗るとすべすべになじんで、締まったあか抜け肌に(美容ライター長田杏奈)。RADIANT BLACK 25ml ¥3000 《フェイスパウダー大賞》アウェイク プットオンアハッピーフェイス フィニッシング パウダー ほうれい線、毛穴、たるみによる凹凸感など肌のいらない凹凸が消える代わりに透明感が舞い降りる(ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん)推薦人:ヘア&メイク中野明海、ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 ガッツ!スガコ肌のいらない凹凸がさっと消える(ヘア&メイク中野明海) 毛穴が気になる肌に、見とれるほどのきめ細かさと透明感。とにかく人によさを言いふらしたくなったパウダー(美容ライター森山和子)。00 SPF15・PA+ ¥4000 《アイシャドウ大賞》パルファン・クリスチャン・ディオール サンク クルール クチュール しっとりのびてぬめっととどまる「生質感」。その染まるような、透けるような独特の発色がなんともセンシュアル(ビューティエディター 松本千登世さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク河嶋希、美容家 小林ひろ美、美容家 神崎恵、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター中島彩、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部編集長 湯田もはや定番となった赤みブラウンで、さまざまな顔がつくれる神パレット(ヘア&メイクKUBOKI) ブラウン系ながら無難にとどまらず、センシュアルでエッジィな仕上がりに(ビューティーエディター松本千登世)。689 ¥7600 《アイライナー大賞》アディクション ビューティ ザ カラー リキッド アイライナー 細く引いて抜け感、ガッツリ引いてインパクト。それが品よくかなう理由は、マットな質感にあり!(ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)推薦人:ヘア&メイク中野明海、ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ高発色なテラコッタブラウンライナーは、今期マスト!(ヘア&メイク岡田知子) 「まなざしのルージュ」と呼びたい鮮やかなリップ級の存在感で、スタイルの格好のスパイスに(美容エディター小川由紀子)。006 ¥3000 《マスカラ大賞》THREE アートエクスプレッショニスト マスカラ 光を帯びた、やわらかなブリックオレンジ。しっとりとツヤっぽく、でも生命力のあるまなざしに仕上がるのが大好き(美容エディター 小川由紀子さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ洗練を極めた大人のためのカラーマスカラは、オフィスでのニュアンスメイクにも(美容エディター小川由紀子) 目もとになじむ赤みとさりげない抜け感。withマスクメイクにはかなり正解(美容ライター浦安真利子)。02 ¥4000 《アイブロウ大賞》ボビイ ブラウン マイクロ ブロー ペンシル 繊細ななかに生命力を感じさせる毛を一本一本描き込める。マスク蒸れに負けないウォータープルーフも魅力(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター長田杏奈、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美絶妙な色バリエがそろう(ヘア&メイク千吉良恵子) 眉毛を一本一本描くフェザーアイブロウや、眉尻を繊細に描くのも簡単。ソフィスティケートされた眉ラインが思うまま(ヘア&メイク小田切ヒロ)。07 ¥3600 《チーク大賞》ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート はしゃぎすぎない「ジャスト血色」が今の気分にぴったり。チークでありながら頰の潤い絆創膏的な役割も(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)推薦人:美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコこなれたいけど地味になりたくない。可愛さもほんのり残したいという欲張りをかなえる(美容研究家 有村実樹) 浮かれて見えない血色感と、マスクの摩擦から肌を守る潤い感(美容ジャーナリスト小田ユイコ)。04 ¥3200 《リップ大賞》SUQQU コンフォート リップ フルイド フォグ 07 ブラウンリップ初心者さんにもおすすめななじみカラー。現場でも自分用にもヘビロテNo.1(ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん)推薦人:ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ヘア&メイクpaku☆chan、美容家 神崎恵、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ凜とした女性像をパーフェクトに表現できるブラウン。攻めすぎず上品な仕上がり(ヘア&メイク岡田知子) ふわっとフォギーな仕上がりなのにクリーミーな塗り心地(ヘア&メイク河嶋希)。07 ¥5000 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※採点方式は1部門につき1製品=最高10点満点。今期マイベスト商品には15点。その合計点でランキングを決定しています ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • フェミニンな着こなしにぴったりなオフホワイトの女っぷり漂うロングコート今月中に今の家を出なくてはならないということで、新居探しは苦戦したけれど、最近はホテル感覚でマンスリーマンションを契約できるのだと知り、とりあえず会社から徒歩5分の場所に決定。これなら公共交通機関を使わなくても徒歩で行けて便利なはず。優しく淡いベージュ色のコートが、冬のダークカラーなお仕事服をも華やかに演出。身頃とアームに適度なゆとりがあり、ニットをインしてもすっきり着こなせる。私も心にゆとりを持てる一人暮らし始めよう。コート¥33,000(エムセブンデイズ・商品コード:374739)・スカート¥29,000(サクラ・商品コード:371686)・バックジップショートブーツ¥72,000(ペリーコ・商品コード:356056)/SHOP Marisol トップス¥25,000/スローン メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「コート」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • アルプスの山々に囲まれたスイスの小さな街、シャンペリーで日々指導にいそしむステファンにBAILA独占オンラインインタビューを敢行! 近況やシーズンの見どころをたっぷり聞いてきました。 Stéphane Lambiel ステファン・ランビエール 1985年スイス生まれ。2006年トリノオリンピック男子シングル銀メダリスト。2010年に競技から引退、プロスケーターに転向後は世界中のアイスショーで観客を魅了し、現在はコーチ、振付師としても活躍中。好きな昆虫はテントウムシ。社会現象を巻き起こしたフィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」では、本人役で出演。 コーチという仕事は毎日が感動にあふれてる! 今年からスイスナショナルチームの指導も務め、さらに多忙を極めるステファン。シーズン初戦を控えた9月中旬、約束の時間をほんの少しだけ過ぎたところで、1万キロ近く離れたスイスの地からコンタクトが届いた。「少し遅れてしまってごめんなさい!今レッスンを終えたばかりで、自宅に帰っているところなんです」レッスンの直後、少しでも早くと帰路の途中、歩きながらビデオをつないでくれた。その後ろにはシャンペリーの雄大な山並みと真っ青な空。自宅に到着するまでの間、バイラスタッフ陣もしばし美しい景色を堪能!「ようやく家に帰ってきました!」フーッと息を吐くと、スマートフォンを固定する道具を探し歩きながら、話を続けてくれるステファン。「コーチとしての人生はとても面白いんですよ。毎日が感動にあふれています。今朝は昌磨や高志郎、デニス、(紀平)梨花など、国際大会に出場するクラスの練習でした。試合を控えているから、適度に緊張感のあるよい練習ができました」 ひとまず水を飲み、ひと息ついてもらったところで、早速最近の過ごし方について聞いてみると、意外にも自分の時間をもつことができているとのこと。「今年はショーの出演がないので、コーチの仕事に焦点を当てて生活することができています。生徒のために新しい振り付けを考えたり、プロコーチのライセンスを取るために、その勉強も。健康的な体を保つために体調にも気をつかっているし、料理もしています」 充実のコーチ生活のかたわら、家族と過ごす時間も大切にしているとか。「姪っ子はまだ子どもで何でもスポンジのように吸収していくから(笑)、一緒にいると心が安らぎます」 帰国していた愛弟子との5カ月ぶりの再会 ロックダウンを受け一時帰国していた島田選手と宇野選手。練習の再開が大変だったのでは?「高志郎はスイスに永住権を持っているので、2カ月くらいでただいま!と戻ることができました。でも昌磨はなかなか戻ってこられなくて、5カ月もブランクが。だけど彼のことは昔からよく知っているし、ずっと連絡を取り合っていたので、再会してすぐに絆を取り戻し、何も問題はありませんでした」 チームに入って間もないなかでも自然と練習に戻れたのは、長い間築き上げてきた信頼関係があったからこそ。振り付けも務めたデニス・島田両選手のプログラムの見どころも教えてくれた。 「デニスの『ロミオとジュリエット』は、若くてロマンチックなイメージがぴったり!彼はドラマチックなストーリーを表現していくのに向いていますよね。ロックダウン中はバレエにも取り組んでいて、体のラインもクラシック向きになっていました。彼にはバレエの国・ロシアのバックグラウンドもありますし、クラシックバレエからどのようにして美しいラインを見せるかということにとても気をつかっていました」 「高志郎は『パガニーニの主題による狂詩曲』を滑るんですが、最初は硬くスピード感があって、戦士や闘牛士をイメージしています。それが後半につれてどんどんソフトに、感情的に変化していくんです。ラストに向けて偉大な人へと成長していく姿が見どころのひとつです」今季の宇野選手は昨年と同じプログラム。以前ステファンが振り付けを担当したエキシビションナンバーは、情感豊かでファンも多い。今後競技用の振り付けを担当する予定は?「もちろん考えています。オリンピックに向けて新しいプログラムを今シーズンから準備し始める予定でいますよ」 独占取材の動画もチェック! 取材・原文/轟木愛美 通訳/ヒュース夕子 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉  ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • 1週間の「30代今日のコーデ」をまとめてお届け【11月20日(金)〜11月26日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 11月20日(金)のコーデ 落ち着いたオリーブグリーンのワンピに、清潔感ある白のビッグカフスシャツを合わせて。上半身に抜け感が出るので、ロング丈のワンピでも重たくない印象になるのがうれしい。ブラウンのパイソンポシェットは、ワンピになじみながらさりげないアクセントに。 11月21日(土)のコーデ ボディラインを美しく見せる鮮やかリブニットを白ボトムで引き立てて、パンツスタイルを女らしく! さらに今っぽさが高まるCPOジャケットをオンして、カジュアルスタイルを更新して。ゴールドアクセや時計を加えて、胸元や腕元を上品にまとめるとさらにきれいめに。 11月22日(日)のコーデ ゆったりおうちで過ごす休日は、部屋着をトレンドのブラウン~ベージュトーンで合わせてリラックスコーディネートを楽しんで。ワンピ×パンツの組み合わせは、ストレッチ性の高いボトムを選ぶと楽ちん。太もも・ふくらはぎのラインを拾いすぎないフィット&フレアの形だから、ちょとしたお出かけにも◎。冬のおうち時間を可愛く彩る、ポンチョのように羽織れるブランケットは、両端のフリンジの動きが羽織るだけで雰囲気をつくってくれる。 11月23日(月)のコーデ 肌寒い時にさっとはおれるブルゾンは、休日ちょっとお出かけする時に便利なアイテム。ゆるっとしたニット×パンツのグレーワントーンなら、ブラックのブルゾンで印象を引き締めるのがおすすめ。シワ加工を施したナイロン素材やリラックス感のあるドロップショルダーのおかげでサマ見えも簡単。 11月24日(火)のコーデ 仕事帰りにデートがあるなら、ワンピの上に、たぽんとしたフォルムのタートルニットをレイヤードして大人の可愛げを高めて。簡単なワンツーコーデでも、ワンピのプリーツ&ドットがこった雰囲気を醸し出してくれる。コーデが落ち着いた色合いなぶん、コートはさわやかなミント色を選んで華やげ! 小物で白を取り入れれば、抜け感が生まれさらに好バランスに。 11月25日(水)のコーデ 上半身を定番の黒タートルや旬なボア付きジージャンでまとめるなら、下半身にチアフルなマスタードカラーを投入して秋らしく。フロントのピンタックに縦ライン強調効果がある『ストラ』のパンツは、ストレスなくはけるのにすらっと美スタイル見えするので、カラーパンツでも着太りしないのがうれしい! 柄にイエローが入ったスカーフを首元に巻けば、パンツとリンクしてさらにおしゃれに。 11月26日(木)のコーデ ニットはふわふわなカシミア素材。着心地の良さはもちろん、あたたかみのあるキャメルカラーで顔まわりを優しく見せてくれる嬉しいアイテム。ゆるやかに広がるAラインシルエットが女らしいベージュのスカートと、ほぼワントーンな着こなしで洒落感を底上げ。モヘアニットとサテンスカート。異なる素材感の組み合わせも上級者見えのポイント。
関連キーワード

RECOMMEND