知的でモテちゃう♡ 夏はネイビーで毎日洗練コーデ【30代の着回し1週間コーデ】

@BAILA

1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【7月12日(金)〜7月18日(木)のコーデ】

7月12日(金)のコーデ デコルテがきれいに見える上に腰高印象になるのがうれしいカシュクールブラウスにネイビーのスカートを合わせて知的に。足もとはレッドのきれいめサンダルで、甘すぎない可愛げをプラスして。
7月13日(土)のコーデ デニムとTシャツのネイビーのワントーンに、太陽の下が似合うレモン色をきかせて夏の休日スタイル。カジュアルなデニムも、ネービーでまとめれば大人っぽい印象に。今っぽいサンダルやバッグで、旬な味付けも。
7月14日(日)のコーデ 休日のお出かけには、着心地のいいポロシャツとシフォンスカート、それに動けるスニーカーがぴったり。今旬ベージュはネイビーアイテムと合わせやすく、抜け感があっておしゃれに見えるのがうれしい。
7月15日(月)のコーデ 知的なネイビーも透け感デザインときれい色スカートを合わせればドレッシーな雰囲気に。足もとは締め色パンプスで、美スタイルに仕上げて。ヌーディーカラーのバッグは、今季らしさを上げてくれる上に抜け感も。
7月16日(火)のコーデ シンプルなTシャツをきれいな印象で受け止めてくれるネイビーパンツは、通勤コーデの心強い味方! スカーフと揺れるイヤリングで、顔まわりに華やかさをプラスしたら、シューズはピンクのサンダルで可愛げを足すのも忘れずに。
7月17日(水)のコーデ コットンツイルのジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に過ごせるうれしいアイテム。ボトムのスカートは青みのあるピンクだから、ネイビーとの組み合わせも浮かずに馴染む。インはベージュで好感度高く。
7月18日(木)のコーデ 知的なネイビーならTシャツ通勤もエレガント。コンパクトなシルエットは女らしさを見せつつアクティブな印象もあってミーティングにもぴったり。シックで今っぽいブラウンとの配色で差をつけたい。
金曜日
土曜日
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平、遠藤史也(メンズノンノモデル) 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵

関連記事
  • LEE世代が目指すのは、清潔感あるヘアスタイル。 不動の人気はやっぱり短め。 凛とした雰囲気が素敵な大人のショートやボブが支持を得ています。 中でも、おしゃれが一気にこなれて見える長さといえば、ショート! 本日は、人生初のショートスタイルに挑戦したLEE100人隊のBefore&Afterをお届けします。 髪を切ったのは、3年目隊員のNo.093 mieさん。 Before 7月末、ユニクロのブラウンスカートコーデを紹介してくれたときは、この長さ。 随分と長いですね! 前からみた姿。大人っぽさ、甘めの女性らしさが印象深い髪型でした。 長め丈のスカートがよくお似合いです。 先日人生初のショートで、250gの髪をカット mieさんが髪を短くしたのは8月。 「理由はただロングヘアに飽きたからと、伸ばして伸ばして一気に短くするのが爽快で(笑)! 3年に1度位のペースでボブ位までのカットはしていましたが、ショートは初。一気に頭が軽くなりました! 約250g分の髪の毛とさよならです♪」 と、一気にカット! After 「どうせ切るならガラッとイメージを変えたくて、オン眉だった前髪は伸ばしてふわっと、厚めに。かっこいい感じにもしたかったので、マッシュスタイルに。 さらにパーマをかけて、スタイリングも楽に! ワックスかグリースを揉みこむだけ!」 短くしたことの利点も語ってくれました。 「ショートにしたことで、ピアスが前よりも映える! 洋服も同じように少し甘めのスタイルも、年相応に着こなせるような気がしています。 大好きなヘアアレンジも、ショートだとできないかなと思っていましたが、スカーフなら楽しめそうです♪」   ロングのパーマヘアの場合、スカートなどの女性らしいアイテムを身につける際、甘さが過剰にならないようバランスに気をつけたり……とおしゃれに工夫が必要になることも。 ショートでは、引き算をする必要がなくなり、ただスカートを合わせるだけでグッドバランスが完成する……などなど、うれしいことづくめ。 ロングヘアだと甘くなりがちなティアードワンピも、ショートならストンと着るだけでこの通り。髪型をすっきりまとめる……などの引き算いらずです。 メイクやアクセサリーも、“やりすぎ”にならずに気に入ったものをプラスできたり……と、おしゃれの自由度がぐっとアップするのです。 おしゃれに変化がほしい、力の入れどころのバランスをかえたい……そんなLEE世代の悩みに答えてくれるショートヘア。 夏から秋へ、季節の変わり目にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年8月6日(火)〜8月19日(月)【ファッション 1位】黒、ブラウン、ネイビー。Tシャツのバリエが豊富な今季、王道の白以外で1色選ぶなら? ★記事はこちら【ファッション 2位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「スニーカー」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 3位】アラフォーのための「見せキャミ」と「レギンス」どう選ぶべき? ★記事はこちら【ファッション 4位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「サンダル」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 5位】人気エディター磯部安伽さんの今の気分を足せる「スパイス小物」アクセサリー&小物 ★記事はこちら【ファッション 6位】今買ってすぐ着られる!秋気分を先取りするエムセブンデイズのブラウス&ニット ★記事はこちら【ファッション 7位】スカート丈は長めが主流。アラフォーの同窓会【美女組ファッションSNAP】 ★記事はこちら【ファッション 8位】休日も。働く日も。毎日「ゆるてろパンツ」 を5days着回し★記事はこちら【ファッション 9位】白ベージュグラデで完成させる真夏の時短コーデはやや辛口が決め手【2019/8/2コーデ】 ★記事はこちら【ファッション 10位】夏は涼感のあるリゾートライクなブラックワンピースでおしゃれに手抜きなし ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • 男女のファッションの垣根が取り払われた今、ストリートスナップだって、もはや被写体のジェンダーは関係ない。メンズの着こなしも参考にすれば、服選びの幅はぐっと広がるはず。クールなスタイルの持ち主があなたをインスパイアする! パリ2020年春夏メンズオフランウェイに漂う次のムード メンズ・ファッションウィーク開催中の初夏のパリには、時代の空気を体現したジェンダーレスな私服スタイルのモデルたちが集結。次なるスタイルの潮流が、ここから感じ取れるはず!フリルブラウスはグレーのワントーンで辛く透け感のあるエレガントなブラウスは、もはや女性の特権ではない。パロモ スペインのシアーなブラウスを、同じトーンのワイドパンツでシックに着たモデルのポル(@pol.roig)の着こなしは、ぜひそのまま真似したい。足もとは、ナイキのエアマックスではずして。 ※本テーマの@以降は、インスタグラムアカウントです端正な白シャツにはかすかなストリート感をモデルのモー(@itsmomingy)が着たのは、ジル サンダーのシャツ。厚手の生地と端正なシルエットがこのブランドらしい。ディッキーズのパンツやヴァレンティノのロゴスニーカーでカジュアルダウンしつつきれいに着た。ピンクのフーディでストリートルックを愛らしくパステルピンクのフーディが可愛い、モデルのプレーベン(@prebenhelleberg)。パンツや靴にもくすんだ色みを選び、ニュートラルカラーでスタイリング。パンツの丈感やバックパックの柄など、ディテールにこだわりが感じられる。オール黒に赤をきかせ、ボリュームシルエットで遊ぶカイア・ガーバーとデートしているところをたびたび撮られているモデル、ウェリントン(@welllsfargo)をキャッチ。イタリア人デザイナーのブランド、コマキノのワイドパンツと大きめのTシャツのボリューム感で遊んだ。コンバースの赤を差し色に。美しい顔だちで着こなすダッドなパンツスタイル注目の新人モデル、スタインバーグ(@st.einberg)。端正な顔だちを裏切る、ダッド風の私服スタイルがクール。ヒューゴ ボスのワイドシルエットのジャケットとヴィンテージパンツに、ハトメベルトがアクセントを添える。シャイニーなシャツを無造作にドレスダウンモデルのクリスティン(@kristinsoleydrab)の、ビビッドピンクのシャツはヴィンテージ。ドレッシーにも着られそうなシャツを、片側の裾だけタックインして着崩した。スリフトショップで見つけたというプーマのミニバッグがアクセントに。ブルゾンからのぞく南国柄シャツがキュート!H&Mの南国柄シャツが可愛らしい、モデルのピム(@pimamorison)。武骨なムードのヴィンテージブルゾンを、黒で揃えたシャツ&スリムパンツで引き締めた。ボウルカットにしたヘアもよく似合っている。配色カーディガンでつくる絶妙レイヤードモデルのエリアス(@eliasgozal)が着たのはヘンリック ヴィブスコフの配色カーディガン。ウィークデイのシャツ&パンツやサコッシュをアースカラーで揃え、全体をニュアンストーンでまとめた。やわらかなスタイリングにかすかな違和感を持ち込んでいるのは、サロモンのスニーカーだ。ダブルブリッジメガネに宿る、アンドロジナスな彼女の繊細さアンドロジナスなルックスで、DJやモデルとして活動するアガテ(@agathemougin)。サンローランのシャツの襟元を開けてラフに着た。繊細なダブルブリッジのメガネが知的な表情を加える。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「スナップ・ジェンダーレス時代」photography: Mana Kikuta, Mari Shimmura coordination: Shoko Sakai text: Chiharu Itagaki
  • まだまだ暑い夏は続くけれど、秋を先取りしたいという人も多いはず。そんな、今すぐ着られる素材で、秋カラーを取り入れたアイテムを厳選!夏から秋へのスイッチコーデをお届けします。 ①一枚でもレイヤードでも着映えする!端境期にぴったりなブラウス suadeo【洗える】ふんわりクルーネックブラウス ¥13,800+税   8月~9月はこう着る!! 甘めなピンクブラウンのブラウスはデニムできれいめカジュアルに THE SHINZONE ストレートデニム ¥19,000+税   10月~11月はこう着る!! やさしげなじませトーンで女らしさを宿して suadeo 佐藤繊維コラボ【使える】ロングニットカーディガン¥18,000+税 ②オールシーズン使えるパンツはこっくりブラウンでしゃれ見えを狙って THE SHINZONE ベイカーパンツ¥19,000+税 8月~9月はこう着る!! JOURNEE EN ROSE×ne Quittez pas ボリューム袖刺繍ブラウス¥12,600+税 ブラウン×ホワイトの組み合わせがフレッシュかつ洗練された印象に 10月~11月はこう着る!! suadeo 【MICA&DEAL】コラボレーションジャケット ¥33,000+税 深みのあるワントーンコーデでなじみよく上品にまとまる   他にも厳選商品をお届け中! 詳しくはこちらから↓↓ https://flagshop.jp/fs/shop/pages/fscts3183.aspx    
  • 辛めフェミニンOLの通勤用のスニーカーにはモダンな黒がおすすめ。キレのいい黒スニーカーで、お仕事コーディネートをかっこよく引き締め。軽やかに履きたいなら白ソール、モードに履きたいならオール黒を。 辛めフェミニンOL花は黒スニーカーでモダンに 素材感のあるスニーカーで秋ムードを盛り上げて 上質感のあるヘアカーフ素材。靴¥14800/アルアバイル(モヒ) カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ワンピース¥8990/プラステ ピアス¥11000/シティショップ(フィリップ オーディベール) 時計¥47000/ニード サプライ(サザレ) バングル¥9000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥26000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(サンドクヴィスト) トートバッグ¥11000/ジャーナル スタンダード 表参道(マーロン) MOHI... 靴¥14800/アルアバイル(モヒ)  つやのある黒スニーカーなら職場でも浮かず大人めに レザー素材と細めひもが革靴ライク。クッション性のよいカップインソール。靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥5600/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) スカート¥24000/フィーニー スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) 時計¥30000/ウエニ貿易(ドゥッファ) ピアス¥34000/フレーク ブレスレット¥10000/ノジェス バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) MACKINTOSH PHILOSOPHY[ピーストン] 靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)   ドレスシューズ感覚で使えるオールブラックスニーカー ソールまでオールブラックで統一されたスニーカー。細身のノーズも相まって、スーツ男子にもスッとなじむシャープさが手に入る。よりきちんと見せたい日は、細身の黒パンツに合わせてほどよくマニッシュに。靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) ブラウス¥19000/デ・プレ(ノット) パンツ¥16000/トゥモローランド ピアス各¥21000・リング¥32000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥28000/アンティット(マルコマージ) サングラス/私物 UGG®[Zilo] 靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 5.5px Helvetica}
  • 10年間ずっとロングヘアをキープしていたのですが、急に切りたくなってボブにしてみました。バッサリ20cmカット!すっかり更新が空いてしまいました。 自身の挙式も無事終わり、ロングヘアをキープする理由がなくなったので、約10年ぶりにボブにしてみました。 写真は軽く巻いていますが、今は外ハネにしたり、内巻きにしたりいろんなアレンジを楽しんでいます。 ロングよりアレンジの幅があって、もっと早く切ればよかったと思ったくらい! 美しいロングヘアの人を見るといいなぁと思ったりもしますが、私の場合は髪を切っただけで若々しい印象になった気がします。 秋になったら、一部ハイライトを入れたりしてカラーで遊びたいと思っています。 こちらは横から見たスタイル。ちなみに、この日は全身真っ白のコーデでお出かけしていました。セットアップではないのですが、MUVEILのトップスにMUVEILのスカートを合わせています。 バッグはcharmant sacのPVCに同じくcharmant sacのミルクティー色のバッグをINしました。 最近のお気に入りのコーデです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 残暑が厳しいですが、暑さに負けずみなさん残り少ない夏楽しんでくださいね。美女組No.143 ASUKAのブログ
  • 「これまでデニム一辺倒だったのですが、今年の秋は久しぶりにワンピースやプリーツスカートといった女性らしいアイテムに惹かれています」と語るエディターSUGAWARA。そんなフェミニンな装いをバッグ&シューズを使って今年らしく完成させる。 不動のブラック【ジョルジオ アルマーニ】バッグ〈W11×H20×D3cm〉¥300,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 「ジョルジオ アルマーニ」のミニマルなクラッチバッグ。「バッグは基本ベーシックなブラックがマイ定番。パーティシーズンにも使える万能なバッグは、ぜひ一つ持っておきたいアイテム。デイリーでもさりげないアクセントとして重宝しそう」。ジョルジオ アルマーニ ジャパンhttps://www.armani.com/03-6274-7070ギャップのある足もとに【セルジオ ロッシ】ブーツ「ウィンタージュリー」〈H1.5cm〉¥55,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 「雨や雪などの時にも活躍しそう!」と選んだ「セルジオ ロッシ」の一足は、ナイロン素材の上にPVCを重ねたレインブーツ。コーディネートのスパイスとしても取り入れられるファッション性の高さも魅力。「足もとは、エッジの効いたオセロット柄でギャップを楽しみたい」。セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600 PROFILE/エディターSUGAWARAウェディングとファッション担当。淡々としていますが笑い声だけよくとおります。好きなものは夕暮れとボサノバとチョココロネ。
  • 人気スタイリスト村山佳世子が提案。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
関連キーワード

RECOMMEND