スタイリスト辻直子さんの選ぶ【ワンピース】とその着こなし

@BAILA

昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか?

少し体に沿うワンピース

避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。

ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ)

「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操る

Iラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。

湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)

ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして

柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。

ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー)

辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!

グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物

「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物 

「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ)

今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物

楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています

今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。

むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。

デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。

そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。

ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)


撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里

関連記事
  • フリンジbagとシアーシャツワンピで、自転車でさくっと。どうしても食べたかった桃パフェ、今年は食べることができました♩シアー素材のシャツワンピースは、Kgrowthのもの。 ベージュに白のストライプと、バンドカラー&ロング丈が気に入ってます。 この日は自転車だったので、白のデニムをレイヤードしました。 dress : kgrowth t-short : MUJI denim : gu shoes : ne quittez pas bag : NOMADIS 春に買ったフリンジバッグ、リアルレザーの白がさし色になって最近よく使っています。 あまり物は入りませんが、 携帯とお財布とハンカチくらいは入るので、ご近所にはOK。 お渡しものがある時は、サブバックに入れていきます。 ヌキテパのシルバーサンダルのビーズに合わせて、 アクセサリーはシルバーの粒々華奢ブレスレットとコインネックレス。元住吉の小さなカフェ「Chai Cafe」桃パフェ。 ゼリーにグラノーラにアイスにクリーム、全てが自家製で、至福の桃パフェ♡私の中でNO.1ランチもしっかり♩ハウスオブロータスのラッピングはほんとにかわいい❤︎友人からのプレゼント。幸せな1日でした^ ^ご近所に、大好きな小さなcafeがあるって嬉しい。 こんな日は、服も軽く涼しく♩ シアーワンピでリラックスな一日でした。 華組インスタはこちら☆cafe巡りはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • 美肌&美髪の美玲はケアもメイクも丁寧かつ繊細。透明感の裏に詰まったこだわりを公開!ワンピース¥12000/ヒロタ(31 Sons de mode) イヤリング¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店A毛穴の開きや黒ずみも解消するクレンジングクリーム。 シェルクルール ベーシック クリーム 130g ¥3000/ヴェルジェ Bクレンジング後に。乾燥対策も。 同 オーパーリバース 15ml ¥3500/ヴェルジェ C毛穴汚れをきちんとオフし洗顔後も潤いが。 同 ウィプトソープ 110g ¥3000/ヴェルジェ Dニキビを防ぎ肌表面のバランスを整える。 同 リプライローション[医薬部外品]330ml ¥5200/ヴェルジェ Eふわっと軽い使用感。 キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム[医薬部外品]/本人私物 F乾燥による肌荒れをケア。 ビジャ シカバーム EX 40ml ¥2700/イニスフリーまずはクレンジングで肌の汚れをオフ。Aを顔全体に優しくのばしティッシュオフ。次にBのオイルを顔全体になじませて入浴! 顔のオイルは髪を洗った後に流します。オイルを流したらCで洗顔。お風呂上がりはすぐに保湿を。Dのローションをコットンに浸し、コットンパックを。しばらくおいてコットンをはずしたら、化粧水が乾く前にBでマッサージ。Eのクリームを薄く、優しくなじませ、Fを特に乾燥など気になる部分にのせます。トップス¥8800/リリー ブラウン撮影/柴田フミコ(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/北原果(KiKi inc.) スタイリスト/石田綾 構成・原文/浦安真利子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/UTUWA 
  • リラックスシルエットの抜け感ブラウスの首をぬいて、さりげないうなじ見せにトライ!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます自粛モードの夏で浴衣を着るイベントもなさそうだけれど、浴衣の首抜きといったテクニックをデイリーな服に取り入れて自己満足の夏気分を楽しんでみようかと。深みのあるオレンジ・ピンクでいつものパンツコーデを華やかに。襟のうしろを抜く浴衣テクニックで、さりげなくうなじを見せつつ「涼」と「こなれ感」を出してみる。ブラウス¥13,000・【スタイリスト徳原文子さんコラボ】サテン裾スリットテーパードパンツ¥14,000(エムセブンデイズ)・パンプス¥51,000(ペリーコ)/SHOP Marisol バングル・バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「Tシャツ」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 多くのファッションインスタグラマーが愛用するブランド。優しいブルー×イエローの組み合わせで、爽やかな夏の日に着たいコーデに。 トップス¥4540・パンツ¥3900/セレクトモカ スカーフ¥500/SPINNS バングル(2本セット)¥6000/Ungrid リラックス感のある洗練された大人のナチュラルコーデが好きな方におすすめ。シンプルなのにトレンドを足したデザインでこなれて見えるアイテムが豊富です。靴やバッグなど小物も高見えするものが多く見逃せません! ナチュラルで抜け感のある大人っぽさが、プチプラとは思えないほど。特におすすめなのはきれい色のアイテム。キャミソールなど、持っておきたいベーシックなアイテムも、きれい色でコーデを華やかにしてくれます。 12020年夏のルックにも使われたグリーンのシャツは、気になる中華風デザインをデイリーに取り入れられそう。 シャツ¥4540/セレクトモカ 2高みえするサテンパンツもこの価格で。カラートップスと合わせたり、ワンピとのレイヤードスタイルを楽しみたい。 パンツ¥4520/セレクトモカモデル/松川菜々花 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 家にいながらにして、どんな時代にも舞台にも連れていってくれる配信ドラマにもう夢中!non-noのヒロイン・優子とふみかが、ドラマの世界観をリアルなファッションに取り入れ、さらに、"ハマったドラマクロニクル"を語り尽くす!レキシーのテンションUPカラーNYの街角が似合う、レトロなハッピーカラーの組み合わせ アン・ハサウェイが演じるキレ者弁護士のレキシー。気分の浮き沈みが激しすぎる彼女の、ハイテンションな時のスタイリングは’70年代のTVショーをイメージ。きれいな原色を2色以上組み合わせるのが可愛すぎ! ワンピース¥25000/Lallia Mu 帽子¥5800/CA4LA ショールーム ピアス¥2000・ブレスレット¥1800/サードオフィス(ROOM) バッグ¥2990/ロコンド(MANGO) 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店\主役はアガる色!/●ニューヨーク・タイムズのコラムをもとにした8編のオムニバスドラマ。第3話『ありのままの私を受け入れて』は、アン・ハサウェイ主演。キレ者弁護士が双極性障害を乗り越えるハートフルストーリーを、ミュージカル風のシーンや都会的なセリフ満載でたどる。 『モダン・ラブ〜今日もNYの街角で〜』Amazon Prime Videoにて独占配信中モデル/新木優子 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/河嶋希(io)スタイリスト/高野麻子 イラスト/チヤキ 構成・原文/久保田梓美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー
  • Tシャツ¥990・パンツ¥1990・靴¥2490(一部店舗のみ販売)/GU ブレスレット¥1982/サードオフィス(ROOM) バッグ¥3900/UNRELISH肩がちょっぴり落ちて、袖も長め。ゆるっとサイズが今季らしい白TシャツがGUならこんなにプチプラ! 淡いラベンダーのパンツにインしてカジュアルスタイルをほんのり甘くシフト。ウエストベルト付きパンツだからスタイルアップも簡単。モデル/岡本夏美 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/高野麻子 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 薄ぴたトップス、エロく見えそう…【ムズ着の正解vol.9】 遠藤さくらはビッグシャツとボリュームスカートをパステルで可憐に【毎日コーデ】 渡邉理佐はレトロなムードの開襟シャツで夏コーデを新鮮に【毎日コーデ】
  • 夏になると着たくなるのは、一枚でさらっと決まるワンピース。 素材や柄によって印象がガラッと変わるので何枚でも欲しくなってしまいますよね。 前回は、デイリー使いできる「プチプラワンピース」についてご紹介しましたが、今回はちょっとした女子会にもぴったりなお気に入りのワンピースについてお話します! ワンピース|SNIDEL(スナイデル) バッグ|SESTO(セスト) サンダル|Odette e Odile(オデット エ オディール) この日は、大切な友人の結婚祝いパーティー。 ドレスコードは「白」をベースにした淡い色だったので、SNIDEL(スナイデル)のシースルーチューリップワンピースを選びました。 ベースはアイボリーで、ベージュピンクのチューリップパターンがプリントされています。 シアーなシフォン素材を使用しているワンピースで、歩くたびに揺れる裾が女性らしさをさらに盛り上げてくれます。 トップスは、タックが効いていて甘くなりすぎないデザイン。 そして、ウエストには細い紐があしらってあるので細見え効果も期待できます◎ ワンピースが甘めなので、ヘアスタイルはシンプルなストレートヘアでカジュアルダウン。 最近のSNIDEL(スナイデル)は、甘いだけじゃなく大人女子にもぴったりな上品さがあるので好きなブランドの一つです。 150cmと小柄な私が着てもちょうど良いサイズ感なので、上品見えするワンピースが欲しい時は必ずチェックしています。 今年の夏、とっておきのワンピースが欲しい方におすすめです。 ▼ instagramはこちら
  • サングラスに帽子、ジュエリーなど、夏のお洒落に小物は欠かせない! 「今年らしいネックレスの付け方は?」「大人っぽい帽子の選び方って?」など、人気スタイリストたちはこの夏にどんな小物を愛用しているのか、旬の取り入れ方と合わせてチェックしてみよう。 スタイリスト 吉村友希さん(158㎝) ミニマルなクロゼットでおなじみの通称“よっしー”。ベーシック服を女らしく、今っぽく仕上げるテクニックにファン多し。 スタイリスト 高橋美帆さん(168㎝) スニーカーを愛するカジュアル派スタイリスト。旬のアイテムをバランスよく取り入れた、感度の高い着こなしが得意分野。 スタイリスト 門馬ちひろさん(167㎝) 本誌をはじめとした女性ファッション誌を中心に活躍中。その人らしさを引き立てる、フェミニンなスタイリングに定評あり。 Q.洒落感が盛れるサングラスって? A.「BLANC..」のウエリントン(門馬さん) 「ほんの少し猫目っぽく見えるフォルムや顔なじみのいいトーンがなんとも絶妙。ジャパンメイドのブランドだけあって、かけ心地も最高です」。サングラス¥25000/BLANC A.「RayBan for BEAUTY&YOUTH」のキャットアイ(高橋さん) 「大げさにならない自然なキャットアイに感激」。サングラス¥22000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(レイバン フォー ビューティ&ユース) A.「ENALLOID」のボストン(吉村さん) 「太すぎず細すぎないフレームで使いやすく、きれいめにもカジュアルにも似合います」。サングラス/エナロイド トップス/ソーノ ワンピース/クリスチャンワイナンツ Q.大人がかぶって素敵見えする帽子は? A.「La Maison de Lyllis」のバケットハット(門馬さん) 「帽子が大の苦手だった私が出会った運命のデザイン。つばが広すぎないので気負わずかぶれます」。帽子¥12800/メゾンドリリス オールインワン/ユナイテッドアローズ A.「KIJIMA TAKAYUKI」のキャップ(高橋さん) 「上品なベージュとミニマルなデザインで、スポーティな要素が控えめ。ほんのり光沢がある、きれいめなキャップはスタイルを選びません」。帽子¥12000/キジマ タカユキ A.「La Maison de Lyllis」のつば広ハット(吉村さん) 「天然素材を使用したつば広ハットは、きれいな形とほっこりしない甘さで活躍度高し。レディなワンピスタイルにもカジュアルなデニムコーデにも」。帽子/メゾンドリリス Q.今っぽいネックレスの取り入れ方を教えて A.太さの異なるゴールドをレイヤード(門馬さん) チェーンネックレス¥40000・モチーフつきネックレス¥18000/バーニーズ ニューヨーク(ニナ カステンズ) トップス・ワンピース/プラージュ A.ボリュームタイプでインパクト出し(高橋さん) 「夏はTシャツが増えるので、印象チェンジに即効性のある、ワザありデザインを」。ネックレス¥25000/シティショップ(ケネス ジェイ レーン) Tシャツ/ザ シンゾーン A.スーパーロングタイプを重ねづけ(吉村さん) 「みぞおちまで届く超ロングなネックレスが気分。首もとがあいた服につけても素敵に決まるんです」。ネックレス/ともにアルス トップス/マメ クロゴウチ パンツ/ケイト 撮影/中田陽子〈MAETTICO〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉(吉村さん、高橋さん)、後藤若菜〈ROI〉(門馬さん) 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※プライス、クレジットのないものは私物です ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
関連キーワード

RECOMMEND