【私の婚BAILA 】おばあちゃんになっても大切にしたいエンゲージリング

@BAILA

おはようございます。
バイラーズの西田茉衣です☺︎

今週発売された7月号のBAILA
皆さんお読みになられましたでしょうか?^^

今回の付録のひとつ「婚BAILA」は
"10年後に見ても美しいドレス
10年計画で楽しむリング"
という特集になっています。

嬉しいことにドレスのページに
私も掲載いただきまして、

載っていないもう一着のドレスを含め、
改めてブログに投稿出来ればと思っておりますが、

今回は婚約指輪について
少しお話をさせていただきます!

もう2年半ほど前になりますが、
私が頂いた婚約指輪は
CHANELのカメリアリングです。

「頂いた」と記載しましたが、
実際は旦那さんと一緒に考えました!笑

こちらのリングか、
ブルガリのインコントロダモーレか
悩みに悩んだのが良い思い出です。

インコントロダモーレは大人っぽくてゴージャス。
それこそ10年計画どころか50代、60代になった時に
あのリングをしている自分を想像して、
カッコいい女性に見えるかな〜
なんて妄想していました♡笑

対するカメリアリングは可憐で女性らしい印象。
おばあちゃんになって、椿のモチーフの指輪をしていたら
なんて素敵なんだろう〜とこれまた妄想。笑


長くつけていくことを想定で考えてはみたものの
どちらも良さがあり、結局決めきれず…

旦那さんに最終的に選んでもらったのですが
旦那さんが「私らしい」と思って選んでくれたのが、
カメリアリングでした。

今ではこの指輪を身に付けられてよかったと思っています。

未来のことももちろん大切ですが
今この瞬間、旦那さんが思ってくれた
「私らしい」を大切にしたいと思いました^^


これからも、つけるたびに
もらった当時を思い出すリングになればと思っています。




因みに、たまたまカメリアリングも
婚BAILAに掲載されていました。
(インコントロダモーレも載っています)


私は結婚指輪にもダイヤをいれたくて、
バランスを取るために婚約指輪は
パヴェデザインを避けました☺︎

逆に、結婚指輪をシンプルにされる方は
婚BAILA掲載のパヴェデザインにされても
良いかもしれませんね^^

(もちろん、ゴージャスにしたい方は
両方入れても素敵だと思います♡)


これからも年を重ねる毎に
この指輪と一緒にたくさんの思い出を
重ねていけたらと思っています


判断材料になるような
大したお話はできませんでしたが、
今指輪を検討されている皆様に
少しでもご参考になれば嬉しいです…!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

♡Instagram♡

♡Twitter♡

♡パーソナルカラーサロン saison des fleurs ホームページ♡

パーソナルカラーについてや、私の日常など
更新しているので、ぜひ遊びに来てください☺︎


スーパーバイラーズ 西田茉衣のブログ

関連記事
  • "フューチャーロマンティック"を体現! ロサンゼルスを拠点に制作している雑誌『Flaunt Magazine』は創刊20年以上の歴史をもつ人気メディアのひとつ。そこでファッションディレクターを務めるムイハイはミラクルマイルと呼ばれるロサンゼルスの中心地でパートナーと暮らす。小柄な彼女の着こなしはトレンドアイテムに独自の遊び心をプラスし、コンプレックスをうまくカバー。ワードローブはジャックムスやマルニ、メゾン マルジェラから気鋭のブランドまでヨーロッパブランドが中心だ。「バイクショーツは仕立てのいいミュグレーのものが気に入っているわ。あと、夏の重ね着に使える薄手の長袖は今の気分"フューチャーロマンティック"スタイルに欠かせないアイテムね」。素材や着心地にこだわりつつ、「おしゃれを楽しんでいる人を見てワクワクするのが大好き」と言うだけあり、彼女のスタイルも見る人を楽しませる技が光る。 (右) ブラックのコーディネートは柄もので旬なムードをプラスミュグレーのバイクショーツにセシリー バンセンのボリュームトップスを合わせたお出かけスタイル。ASAIの柄トップスとメゾン マルジェラのバッグで上級テクを披露(中) 人気のシャツドレスもユーモラスに着こなすマルニの新作ワンピースを主役にしたリゾートスタイルはジャックムスのドラマティックなストローハットがポイント。白いワイドパンツとエアマックス 95で足もとにボリュームを(左) 同系色でミニマムコーディネートマリーン セルのムーン柄トップスにYプロジェクトのTシャツを重ね、ヴィンテージのパンツでシックに。セリーヌの白ブーツで色合いを統一 ヨーロッパ発の旬ブランドを中心にした、トレンド感あふれる夏小物(右)ジャックムスの定番ともいえるストローハットは夏のマストアイテム(右中)上はトーガ プルラ、下はファブリツィオ ヴィティ(左中)ロンドン発のダンスレンテのミニサイズバッグ(左)ハマっているというスポーツ用サングラスはオークリーやイレステーバのもの Q. "Crazy Fashionable"だと思う人は?A. アイリス・アプフェル Q. 今、情熱を注いでいることは?A. ダンスと水泳 Q. 好きなインスタアカウントは?A. @sealegacy PROFILEネバダ州出身の中国系アメリカ人。2009年よりアメリカのファッション&カルチャー誌『Flaunt Magazine』のファッションディレクターを務める。毎シーズン訪れるロンドンとミラノコレクションで、独自の着こなしがおしゃれと話題に。 >>Ye Young Kim【イエ・ヨン・キム】/ヴィジュアルディレクター&ファッションスタイリスト  
  • 今のムードはタイムレス 摩天楼が立ち並び、熱気あふれる香港。その中でも、若者が集うホット・スポットである香港島のコーズウェイベイエリアに、トレイシー・チェンは3歳になる娘のティルダとともに暮らしている。香港随一のセレクトショップ、I.Tグループでバイイングを統括するトレイシー。エッジのきいたファッションでストリートスナップの常連でもある彼女のファッション哲学とは? 「シーズン性の高いキャッチーなデザインは大好き。ファッションウィークでは、ぱっと目を引くようなスタイリングが信条です。ただ娘が生まれてから少しファッションに対する向き合い方も変わってきたかな。最近は、より長く大切にできるタイムレスなものに惹かれます」。ヨーロッパのメゾンブランドだけでなく、若手デザイナー発掘のため世界中を飛び回る彼女。「ロンドンはJW ANDERSONや、シモーネ ロシャなど普段から愛用しているブランドが多いので、毎シーズン楽しみ。最近気になっているのはジョージアのトビリシです。日本にも久しぶりに行きたいと思っています!」 (右) トーン・オン・トーンで強烈なインパクトを狙って目の覚める赤のスタイリングは、ファッションウィーク用。「N21のドレスやメゾン マルジェラのブーツなど、ブランドをミックスすることが重要」(中) エネルギッシュなネオンカラーをアクセントにトレイシー流オフィススタイル。スニーカーとマッチしたNIKEのソックスは「どんなスタイルにも自分らしさを演出してくれる」スタイリングの要(左) モノトーンでリゾートをモードにプラダの帽子とSENSI STUDIOのバッグを合わせたミニマルなリゾートルック。「タイの海辺でゆったり過ごす」ため足もとはコンフォートサンダルで パーソナルな思い出が詰まった、夏のエブリデイエッセンシャル(右)足もとはスニーカーが定番(中)ヴァレクストラのバッグは、シックなデザインが今の気分にぴったり(左)お気に入りの香水はシャネル。バーバリーのネックレスには、娘の名前のイニシャルチャームを組み合わせて Q. ファッションアイコンは?A. ティルダ・スウィントン Q. 注目のブランドは?A. A_Plan_Application Q. やめられない楽しみは?A. 買い物! PROFILE香港出身。2004年にI.Tに入社。現在ウィメンズウェア部門のマーチャンダイズ・バイスプレジデントとして、バイイングのディレクションを担当。感度の高い目利きのみならず、キャッチーなパーソナルスタイルでも注目度が高い。 >>クレイジーでファッショナブルな上海ストリートSNAP
  • 今アジアで最もモード魂がさく裂中とウワサの上海へ。そこはモードからリアルな制服まで、個性豊かな着こなしの宝庫だった!Lynn【リン】中国のファストファッションブランドURBAN REVIVOの別珍シャツに、ヴィンテージの羽織をミックス。オリエンタルなムードをドクターマーチンでストリートに転化。Lu【ルー】スタイリストのルーは、MissguidedのトップスにZARAのドレスとバッグというチープ&ガーリールックを、ヴィンテージの帽子でファンタジックにアレンジ。Sky【スカイ】fleamadonnaのパッチワークドレスを主役に据えた、スタイリストのスカイ。薄手のリブニットとロンシャンのバッグをオレンジで統一し、夏の日差しに映えるスタイルに。Shawn【ショーン】モデルのショーンはポロシャツにKADOLIのパイソンプリントシャツをレイヤード。ボーイッシュなデニムにレースアップブーツを合わせ、ジェンダーレスな雰囲気にまとめた。Carol【キャロル】PORTS 1961のドレスをネクタイでアレンジしたファッションエディターのキャロル。中国の若手デザイナーの筆頭、エンジェル チェンのブーツがエッジィさを際立たせている。Luu【リュウ】スタイリングアドバイザーのリュウ。ソウル発のLOW CLASSICのジャケットに上海発のLUCENCYのシャツを合わせた。足もとはNIKEとA-COLD-WALLのコラボスニーカー。Amanda【アマンダ】大学生のアマンダは、SELF MADEのシースルードレスからMONKIの水着を透けさせるテクニックを披露。クリアなブーティの特性を生かし、ソックスでも遊び心をプラスして。Army【アーミー】フェンディのコンバットブーツに合わせたのは、なんと警察官の兄に借りたというポリスジャケット! モデルのアーミーがまとえば、即座にモードなアウターに変身。Rox【ロックス】ファセッタズムの白シャツをバイクショーツとスニーカーでスポーティに着こなしたのは、広告ディレクターのロックス。ジル サンダーのバッグがモダンなムードを後押しする。 >>「モード愛はアジアが熱い! クレイジー・ファッショナブル・アジアンズ」TOPへ  
  • 今年は例年に比べて日照時間が少なく、あまり夏っぽくない天気が続きますね。 せめてメイクだけでも夏気分を味わいたくて夏の新作リップを購入してみました。 今回は、BAILA世代からも支持率の高いコスメブランド「RMK(アールエムケー)」から、発売されている夏の新作「リップスティック コンフォート ブライトリッチ 10」についてご紹介します。 色味が少しでも伝わるように、レビュー動画を撮ってみたのでぜひご覧ください! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ▶︎ instagramはコチラ
  • LOUIS VUITTONから、キュートな秋の新作バッグが仲間入り。伝統的な「カンヌ」を今年はミニサイズ化して、より使いやすく。小ぶりなサイズにあえての「ジャイアント モノグラム キャンパス」が何ともチャーミング! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】 品格と大人の遊び心を同時に宿す小さなバニティ型バッグ 伝統的な化粧ケースを、使いやすいミニサイズに再解釈した「カンヌ」。ジャイアント・モノグラム キャンバスで仕立てることで、小ぶりバッグとのコントラストがきわだつチャーミングな仕上がりに。ショルダーストラップで肩かけもできる。バッグ「カンヌ」(17×15×15)¥288000・シャツ¥245000(予定価格)・スカート¥383000(予定価格)・ピアス¥76000・リング¥54000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年8月号掲載
  • 猛暑がキツイ日本の夏。腕を出したいけれど、二の腕が気になる…。そんな悩みを解決する、二の腕を上手にカバーしてくれるトップス&ワンピースをLEEマルシェで探しました!     タックアウトでおしゃれに決まる、ありそうでなかった大人のためのロゴT 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ロゴプリントTシャツ/¥7,000+税 控えめなロゴはフランス語で"夏が好き"という意味。フィットしすぎず、ルーズすぎない身幅や、アウトでサマになるよう計算された着丈が、季節を通しての大活躍を予感させます。折り返した袖口はアクセント効果に加え、二の腕カバーにも有効。ブラックには白、ブラウンには黒、ブラック×ホワイトのボーダーには赤のロゴ入り。     風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。     着るだけで“ラクしてきれい”が叶う、異素材使いのフレンチスリーブ T 登場 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ギャザーフリルTシャツ/¥8,500+税 上に表面感の美しいカットソー、下にとろみ生地を配した異素材使いに注目。バスト下で切り替えたフリルギャザーが、女性らしい甘さを漂わせます。カットソーのラクさと、ブラウスのきちんと感を兼備した、まさにいいとこ取りな一枚。手持ちのパンツに合わせるだけで、日常にふさわしいフェミニンコーデが完成します。     着こなしを表情豊かに彩る、冴えた白×ブルーのボーダーT ORCIVAL/ボーダーフレンチスリーブカットソー/¥9,800+税 ブランドを象徴するラッセルシリーズの新作は、適度なゆとりがある、上品なフレンチスリーブ。大量の糸を使い、時間をかけて編まれるラッセル生地は、丈夫でくたびれにくく、ワークウエアに適した素材としても有名です。裾にスリットが入っているので、タックアウトで簡単に決まるのもうれしい。     上品な光沢と落ち感、美発色が目を引くサテンのブラウス 12closet/【優木まおみさんコラボ】【洗える】2wayサテンブラウス/¥9,500+税 上品な光沢と落ち感、美発色が目を引くサテンのブラウスとロングスカート(商品コード:348481)は、セットアップで着用するとドレスのような雰囲気。どちらを前で着ても絵になるブラウスは、肩のラインが隠れるフレンチスリーブで、わき下から下着が見えない設計。ジャケットをはおってきちんと感を高めて着ても◎。今年らしい深みのあるグリーンと、肌色がきれいに映り、大人でも照れずに着られるピーチの2色。     肩をおおう女性らしいフレンチ袖が今どき感の引き上げに貢献 GYMPHLEX/フレンチスリーブカットソー/¥5,000+税 ラインがひびかないほどよい厚みとしなやかさを兼備。フレンチスリーブの袖口は、ヨレにくいパイピング仕上げです。ごくシンプルだから、定番の無地T感覚で便利に使い回せるはず。     体の泳ぐサイズ感が今の気分。脱平凡なボーダーおしゃれが叶う! Le minor/PETIT COPAINボーダーカットソー/¥11,000 → ¥8,800+税(20%OFF) 程よくゆとりのあるシルエットと、軽やかで涼し気な素材感が、春のおしゃれにぴったり。白地多めのボーダーも大人っぽい抜け感を演出します。     一枚で、ボトムを重ねて、ベルトなしで。アレンジ次第で表情が変わる活躍ワンピ Lee/サーマルロングワンピース/¥7,500+税 凹凸のあるサーマル素材のIラインワンピは、両サイドに深めのスリット入り。さらっと一枚で着るほか、レギンスやデニム、ロングスカートとの重ね着も楽しめます。細い紐ベルトは後ろで結んでも◎ 右袖にロゴのワンポイント入り。左肩には着脱しやすいスナップボタンが。     その他にも二の腕を上手にカバーしてくれるトップス&ワンピースを取り揃えておりますので、是非この機会にご覧ください。  
  • 室内外や日中夜の気温差が激しい今の時期におすすめのオフィスカジュアルは「ノースリ×カーデ」の組合せ。辛めフェミニン派OLさんがきりっと着こなすポイントは、コントラスト強めの配色にしたり、サイズ感や素材のバランスを考えること。オフィスではもちろん、就業後でもおしゃれに決めて! 辛めフェミニンOL花の更新ポイントは“対極色”でサイズ感や素材も変えたメリハリトーン きりっと知的な白×ネイビー 大きめのカーディガンでムードのあるたたずまいに 強弱のついた配色は、サイズ感や素材のバランスが大事。大きめのカーディガンで羽織ったときの余韻を足したり、異なる素材を重ねて立体感を添えて。トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) カーディガン¥38000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ピアス¥12000/RHC ロンハーマン(ソフィー モネ) バッグ¥3703/H&M カスタマーサービス(H&M) リング(7本セット)¥38000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) カーディガン¥38000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ロ ーレン) トップス¥8900 /エイトン青山(エイトン) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、 さとうしんすけ(物)  ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/松島 花  原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • ジル サンダー+がサマープロジェクトカプセルコレクションをドーバーストリートマーケット ギンザにて発売中。ジル サンダー ブティック 表参道では2019年7月20日(土)より展開をスタートする。クリエイティブ・ディレクターのLucie & Luke Meier(ルーシー & ルーク・メイヤー)が、自分たちが過ごした夏の経験からインスピレーションを得て製作したという、今回のコレクション。自然や季節の流れを感じさせる、洗練された内容に仕上がっている。 ロングドレス ¥135,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)(c)Larissa Hofmannカラーは、チョークホワイト、パーチメント、シルバーグレイ、サンディーブラウンといったピュアな色合いを中心に展開。ナチュラルな素材を取り入れたロング丈のコットンドレスやシャツは、機能性もあり、着心地も抜群だ。さらにパッカブルなシャツドレスや彫刻的なサンハットなど、サマーバケーションに持っていきたい実用的なアイテムもラインナップ。 (左)サンハット ¥40,000・(右)ロングシャツ ¥103,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)(c)Larissa Hofmannビーチタオルにはジル サンダー+特注のジャカード生地が使用されているので、贅沢な気分が味わえそう。ナチュラルなキャンバス素材を用いた、オーバーサイズのフラットショッパーにも要注目。ジル サンダー+ならではの、フレッシュなカプセルコレクションを手に入れて。 (左)フラットショッパー〈H74×W52cm〉¥94,000・(右)タオル〈140×180cm〉¥46,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)(c)Larissa Hofmannジルサンダージャパンhttps://www.jilsander.com/0120-919-256 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ジル サンダー+」のサマープロジェクトカプセルコレクションをチェック!
関連キーワード

RECOMMEND