【湿度に負けないきれいの秘訣】中野明海さんが教える“雨映え”ヘア&メイク

@BAILA

雨の日は湿気で肌がベタつきがちだけれど、せっかくのメイクが台無しになるのは避けたいもの。人気ヘア&メイクの中野明海さんが「雨の日映えメイク」を教えてくれました。サラサラな肌感にして、赤みを出さず体温低めに仕上げることがポイントなんだとか。

Point 1.「サラリとした清らかな肌& 体温低めなメイクなら視線が奪われる雨映えフェイスに」

Point 2.「肌も髪もじっとりする雨の日は、いつも以上に品のよい清潔感を大切にしましょう」

ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん
卓越したセンスと審美眼で、著名人たちからラブコールが絶えない。最新作はなんと簡単おいしいレシピ集『美しい人は食べる!』1200円 主婦と生活社刊

雨の日って、肌はベタベタ、メイクはにじんでくずれやすいし、せっかく時間をかけてブローした髪も台なし!なんて、いろいろ大変。「湿度の高さはもちろん雨にぬれることもあったりし
て、きれいの印象を左右する清潔感が奪われやすいこの季節。肌もメイクも、いつもよりサラリと軽い品のよい仕上がりを目指すのがベストです。パウダリーファンデーションでつくるサラサラの肌と、赤みやメイク感を抑えた体温低めフェイス、それが私の考える“雨の日映え”するメイク。見た目の清らかさや涼やかさはもちろん、触れ心地も快適になるはず。もうひとつ、大切なパーツが髪。湿度で膨張し、まとまりある面のつやが失われがちですよね。でも大丈夫! この時季こそ、賢くオイルを使うことで、扱いやすくつややかなヘアスタイルがかないます。植物が元気になり、空気は浄化される――雨の日は地球もきれいになる日なんだって発想を転換して、ヘアメイクを楽しんで♡」

じめじめ、じとじと… 気持ちが沈みがちな雨の日。大好きな色の傘やおしゃれなレインシューズみたいに、雨が待ち遠しくなるような“雨の日映えメイク”があったら素敵。ほら、今日がわくわくする日に様変わり。

コート¥58000/シップス渋谷店(ウーア) トップス¥27000/デミルクス ビームス 新宿(アンスクリア) リング(人さし指)¥21000・(中指)¥29000/ススプレス(パソ)イヤリング・傘/スタイリスト私物


撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人) ヘア&メイク/中野明海〈air notes〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/森絵梨佳 取材・原文/中島 彩 ※BAILA2019年7月号掲載

関連記事
  • OFFにもリモートワークにも、快適&おしゃれ!アラフォーのための「らくちんパンツ」のきれい見えコーデリラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える。「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを「3大らくちんパンツ」と認定! ほどよく抜け感がありつつルーズに見えない、大人の着こなし方をマスターして。 Type1:ツヤとろみパンツ 夏より少し厚手のサテンで、柔らかく上品な光沢が特徴。重くなりがちなこれから時期のコーデの抜け感にもパンツ ¥13,000/アンクレイヴ■ツヤとろみパンツ×ロングコートダークトーンのコートからツヤ素材をのぞかせて深みのある美しいブルーサテン生地。なのにウエストはドローストリングというギャップがおしゃれ。レディ度の高いブラックのロングコートからチラリとのぞかせるだけで洗練された印象が簡単にかなう。パンツ/上と同じ コート¥110,000/グラフペーパー ニット¥29,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド コレクション) カチューシャ¥5,400/カシラ ショールーム(CA4LA) イヤリング¥6,873/アビステ バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)■ツヤとろみパンツ×カーディガン 同色のカーデをつなげ、こなれ感のあるカジュアルにほっこりしがちなカーディガンコーデも、パンツがツヤとろみ素材になるだけで一気に今の表情に。ゴールドアクセでひとさじのリッチ感を添えて。パンツ¥28,000/ミスク(ミスク トウキョウ) カーディガン¥27,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) Tシャツ¥7,500/オーラリー ストール¥53,000/スロー サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) チョーカー¥378,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バッグ¥41,000・ロゴハンドル¥16,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥44,000/ベイジュ(ピッピシック)■つやとろみパンツ×ジャケット ジャケットで上品にしつつ肩がけニットで抜け感を柔らかな光沢感がきれいなライトベージュのとろみワークパンツに、白ジャケットを合わせてちょっぴりフォーマルに。そこに肩がけしたニットとメガネを合わせれば、デイリーに着やすいこなれたカジュアルスタイルが完成。パンツ¥33,000/スタンブリー ジャケット(共布ベルトつき)¥65,000/ヴェルメイユパー イエナ 青山店(ウジョー) Tシャツ¥9,000・ニット¥78,000/エブールギンザシックス メガネ¥33,000/アイヴァン7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥83,000/essenceof ANAY(I FALORNI) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈
  • 締め色トップス&ストレスなくはけるカラーパンツで華やかに 上半身を定番の黒タートルや旬なボア付きジージャンでまとめるなら、下半身にチアフルなマスタードカラーを投入して秋らしく。フロントのピンタックに縦ライン強調効果がある『ストラ』のパンツは、ストレスなくはけるのにすらっと美スタイル見え。パンツとリンクさせてスカーフを巻いて動きをつけて。  ジージャン¥30000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファイブ アンド ハーフ) ニット¥15000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) パンツ¥15000/ストラ スカーフ¥12000(マニプリ)・リング¥17000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ ピアス¥34000/テイクアップ バッグ¥45000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥26000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 構成・原文/久保田梓美 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号 好評発売中!】
  • 男前なサイドゴアブーツで甘いコーデをピリリと引き締めて!大好きな小花柄ワンピースにシャギーニットのロングカーデを合わせた女の子気分全開の着こなし、たまにやりたくなるよね。ただし今季狙うべきは大人見えだから、甘い服は”オールブラック”で楽しむのがマイルール♪ 足もとはシンプルかつスタイリッシュなサイドゴアブーツで、辛口な黒をきかせるのが効果的。ちょこっとだけ足首がのぞくから、甘くない女っぽさも盛れてイイ感じに。ここまで徹底して黒でまとめたら、最後に白バッグで軽やかな抜け感をひとつ。このままデートにも行けるくらい、ちゃんと可愛くて今の自分に似合う黒コーデって最強じゃない?靴(3)¥32000/UTS PR(スペース クラフト) ワンピース¥4980/ViS カーディガン¥60000/ボウルズ(ハイク) ニット¥7800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) バッグ¥14000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) ピアス¥13600/シップス 大宮店(ルーカスジャックロンドン)逢沢りなの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/鈴木絵美 企画/薬師神葉子(MORE) ●本文中( )内の数字は編集部で計測した靴のヒールの高さで、単位はcmです ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 久しぶりにトレンドに戻ってきたハット。大人の女性にとって使い勝手のいいハットを駆使して、カジュアル化するコーディネートにひとひねり。Hat/ハット 大人のおしゃれ力が試される、つば広の中折れ帽。ベーシックカラーを無造作にかぶり、あくまで都会的に。上質感のあるグレージュがデニムスタイルの幅をぐっと広げて。 帽子¥17,500/カシラ ショールーム(カシラ) ニット¥36,000/ミューズ ドゥ  ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) デニムパンツ¥20,000/RHC  ロンハーマン(LEE×フォー ハナ バイ RHC) バッグ¥17,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(オウレンティ) 靴¥54,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) リング(太)¥210,000・(細)¥245,000・ピアス¥36,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) VARIATION タイムレスに使えるブラック。コーディネートの引き締め役や重心を上げる効果も。¥26,000/アパルトモン 青山店(ジャネッサ レオーネ)ブラウンならではのクラシックムードを日常に。¥15,000/タア トウキョウ(タア)なじみのいいハンサムカーキ。華奢なゴールドチェーンがアクセント。¥29,000/ゲストリスト(ヴァンパルマ/ハウント代官山) 【Marisol12月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • 肩レングスの王道ボブは、フロントの仕込みがアレンジのこなれ感を左右! 顔まわりの仕込みで簡単にアレンジ映えをかなえる最新ヘアをご紹介。おしゃれの幅が広がり得する!《アレンジ映えボブ》フロントの仕込みが、アレンジのこなれ感を左右!肩レングスの王道ボブは、顔まわりに仕込みがたくさん。前髪は頰骨の長さでサイドにつなげるようにカット。結んだときにはらりと落ちるニュアンスのある雰囲気に。さらにもみあげの毛束をあごの高さに設定するとひとつ結びの後れ毛としてバランスがよく、簡単にアレンジ映えが。【担当/秋葉千菜さん(GARDEN Tokyo) モデル/山本亜矢子さん(45歳・会社員)】シャツ¥15,000/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ) ピアス¥13,000/フォーティーン ショールーム(フィリーニュ)SideBack【Before】GARDEN TokyoGARDEN Tokyo東京都中央区銀座7の9の15 GINZA gCUBE 11F TEL:03・5537・5510 http://www.garden-hair.jp>>50代ヘアスタイル 記事一覧はこちら撮影/岩谷優一(vale.) メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・原文/松井美千代 ※エクラ2020年12月号掲載
  • スタイルアップも叶います。襟が大きくて、印象を変えてくれるコートのひとつ。レザーベルトが上品で、スタイルを引き締めてくれて良い。これからの時期にたくさん使っていこう♡@stunninglure@stunninglure_snap▶▶Premiumインフルエンサーズ・sayakoさんの情報はこちらから流用元/sayakoさんinstagram
  • #MORE向井着回し DAY8:メンズフーディを借りてお散歩MORE史上初!? 着回し脚本家ジャニーズ現る!!!Snow Man向井康二と考えた「ニットで毎日ズキュンさせたろ♥」着回しファッション好きの向井さんが、得意の妄想で着回しを初プロデュース! ストーリーからアイテムまで一緒にこだわりを詰め込みました。おこだわり、詳しく説明させてくれー! コージの妄想実況も要チェック☆DAY8:家が近くだと発覚した同級生とハナウタ歌ってご近所散歩♪近所だし、てっきり彼の家に行くのかと思いワンピース一枚でぷらりと出てきたらまさかの外散歩。これ着なよって貸してくれたフーディ、このワンピとの相性意外といいかも。「今度私もこれ、買ってみようかな」。マルチストライプワンピース¥36000/デミルクス ビームス 新宿(TICCA) バッグ¥35000/UTS PR(オソイ) パーカ(メンズ)¥1490/GU 靴¥14900/ア ドゥ ヴィーヴル 帽子¥4000/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 靴下¥700/タビオ(靴下屋)おこだわり、詳しく説明させてくれー! コージの妄想実況、コチラです女の子がメンズの服を着てる姿が好きなんで、DAY08で同級生の男から借りたフーディが大きくて萌え袖になってる感じ、ええなあ。これ、貸す男の側もドキドキするんですよ。返ってきたら、彼女の香りがついているか、こっそりかいだりね(笑)。▶︎▶︎ 【Snow Man向井康二・脚本】#MORE向井着回し使用アイテムはこちら ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 脚本・監修/向井康二(Snow Man) 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/松山 梢 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 撮影協力/EASE ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • BAILAエディターズのリレー式コラム、第200回はオンラインでお取り寄せできる絶品「まるたや洋菓子店」のチーズケーキをご紹介します。 今年はお取り寄せグルメを積極的にギフトに 集まって外食する機会が減ってしまったかわりに、オンラインのお取り寄せグルメがぐっと身近になった今年。友人や家族においしいECギフトを贈った人も多いのではないでしょうか。発売中のBAILA12月号でも、各界の食いしん坊が太鼓判を押す絶品グルメギフトを大公開しています。私が実際に友人から贈られて嬉しかったのは、こちら「まるたや洋菓子店」のチーズケーキです。(商品名は「チーズボックス」2970円・税込。長さ23センチ) お取り寄せでも激戦のチーズケーキですが、「まるたや洋菓子店」のチーズケーキのオススメのポイントは、ベイクドチーズとレアチーズの両方の良さを1つで楽しめる、「濃厚~」と「さわやか!」の至福のハーモニー。   ベースはサックサク食感のクッキー地。その上でセンターを占めるのがしっとり濃厚なクリームチーズ。一番上に、ふわっと白雪のようにかぶせられた滑らかなサワークリーム。メインになるクリームチーズ部分は重めでチーズを味わう満足感がしっかりあるのに、サワークリームの強めの酸味が効いて、後味はさわやか。口の中で両者が混ざり合うハーモニーが幸せな時間を運んできます。冷凍で届くので、自分の好きなタイミングで冷蔵庫で解凍して食べられるのもいい。 実は、まるたやは贈ってくれた友人と私の地元、浜松の老舗洋菓子店。帰省した際には、このチーズケーキか、もう一つの看板商品でチーズケーキの生地にも使われているクッキー「あげ潮」を買って、上りの新幹線に乗るのが定番でした。でも今年は夏休みに帰省して積極的に集まるムードではなく、友人にいたっては、生まれたばかりの子どもを親に会わせにいくこともままならない状況で。そんななか届いた「地元の味」は、開けた瞬間からぎゅんっと心を持ち上げてくれました。友人のチョイスに拍手と感謝。贈りものって素敵なパワーがあるなと改めて感じました。私も、この年末なかなか会えない人たちに、いつもより気軽に、かつ積極的にギフトを贈ろうと思っています。(編集S)
関連キーワード

RECOMMEND