クラシックホテルで映える、華やかボリュームドレスは正統派の美しさ

@BAILA

背景とマッチするから10年後も素敵に見える。たっぷり広がるAラインに、目を引く長いトレーン… そんなボリュームドレスの正統的な美しさは王道クラシカルな大規模会場でこそ最高値に。

レースで飾ったロングトレーンがうっとりと優雅な余韻を残す

カットレースをあしらったたっぷりボリュームあるトレーンと、腰に配した切り替えラインとの対比で、ウエストをほっそりとスタイルアップして見せてくれる。バックトレーンは取り外せるので、会場に合わせてアレンジして。ドレス(レンタル)¥350000/レフェ クチュール ティアラ(K18WG×ダイヤモンド)(レンタル)¥ 120000・ピアス(K18WG×アコヤ真珠×ダイヤモンド)¥612000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト)

ロイヤルな気品をたたえる袖つきスタイルが、今また新鮮

ミカドシルクのハリと光沢が美しいドレス。レースボレロで腕を覆うスタイルが、神々しくクラシカルな印象を漂わす。ドレス(レンタル)¥480000(ロマナ ケベッザ)・ベール(レンタル)¥50000/リブラブラフ 「ダイヤモンド スタッド ピアス」 (Pt×ダイヤモンド0.84ct)¥ 958000・「ティファニー ソレスト ダイヤモンド エンゲージメント リング」 (Pt×ダイヤモンド0.23ct~)¥700000台~/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

繊細な模様のリバーレースと胸元のビーディングで360度可憐

背中が大きくあいたVラインも魅せどころ。ドレス(レンタル)¥430000/ハツコ エンドウ ウェディングス(ヴァレンティーナ) ヘッドアクセサリー2個セット¥29000・イヤリング¥25000/ス・ジュール・ラ エンゲージリング「フリソン コレクション」 (Pt×ダイヤモンド0.3ct〜)¥477000〜・マリッジリング 「エターナル ドゥ ショーメ コレクション」 (Pt×ダイヤモンド 7石2.5㎜)¥ 278000/ショーメ

たっぷりハリのあるチュールが描く優美なトランペットライン

クジャクをイメージしたというドレスは、大胆な背中あきと、ハードチュールで広がるカーヴィなラインが印象的。シルクレースの上には多彩なビジュー刺しゅうやアップリケを贅沢に。サイドに滝のようにあしらったレースが二つの羽を表現している。ドレス(オーダー)¥1872000(ガリア・ラハヴ)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥19000・イヤリング(レンタル)¥8000・グローブ(参考商品)/マグノリア・ホワイト

シルクオーガンジーのラッフルが自由に弾んで華をふりまく

ねじりの効いた立体的なビスチェとラッフルをふんだんにあしらったスカートのセパレートタイプ。ドレス(販売)¥780000・(レンタル)¥340000/ノバレーゼ銀座(ノバレーゼ) イヤリング「アバ」(WG×ダイヤモンドセンター 0.2ct)¥1330000・エンゲージリング 「ポン ドゥ パリ」 (Pt×ダイヤモンドセンター0.7ct)¥1850000・マリッジリング「ファセット」(Pt)¥199000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン)


撮影/土屋文護〈TRON〉 ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/室井由美 モデル/大政 絢 取材・文/東原妙子 写真協力/getty images 撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※BAILA2019年7月号別冊付録『婚バイラ』掲載

関連記事
  • 変わらないエレガンスは、大人っぽい色選びから。“2着目”のウェディングドレスは、タイムレスな魅力のあるニュアンスカラーを選びたい。控えめで上品な発色で、花嫁のセンスを記憶に残して。 肌になじむオールドローズのカラーは、高責なムードも感じさせるくすんだ紅色。流れるドレープが女性らしいワンショルダーのデザインも、ボディラインを美しく見せてくれる。モード感がありながら、あくまで上品。ドレス(レンタル)¥155000(ジェニー パッカム)・イヤリング(レンタル)¥8550/クリオマリアージ淡い桜色のシフォンにきらめくグリッターを施した、上品な華やかさのあるドレス。ほどよいボリュームのスカートとランダムに配置された輝きが好ましい。ドレス(販売)¥800000・(レンタル)¥290000(ヨーラン・クリス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥41000・イヤリング(レンタル)¥3000/ミラー ミラー 丸の内ボリュームたっぷりのプリンセスライン。ベビーピンクのチュールを重ねてできるグラデーションで、エアリーで可憐な印象に。バックスタイルも美しく見せる取り外し可能なチェストトレーンつき。ドレス(レンタル)¥ 350000(エー バイ ハツコ エンドウ)・イヤリング(販売)¥39000/ハツコ エンドウ ウェディングスグラデーショングリッターを施したチュールの裾にはフラワーモチーフのデコレーションを。スイートなディテールも透明感のあるブルーなら、どこか凜とした雰囲気に。上半身もすっきりと着映えするデザイン。ドレス(レンタル)¥280000(ミラー ミラー)・イヤリング(レンタル)¥13000/ミラー ミラー 丸の内グレイッシュなブルーは、どこかクラシカルな品のよさをアピールしてくれる。ナチュラルな雰囲気の落ち感シルエットに、軽やかに揺れるシフォンのラッフルが若々しい。オフショルダーできゃしゃな印象に。ドレス(レンタル)¥260000(ミラー ミラー)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥10000/ミラー ミラー 丸の内さわやかで清涼感のあるアイスブルーのチュールドレス。上半身のVラインがデコルテとバックを美しく見せて、どこから見ても着映え。スカートの縦に施したビーズ刺しゅうが動くたびに繊細なきらめきを。ドレス(販売)¥ 1000000・(レンタル)¥350000/ノバレーゼ銀座(ノバレーゼ) ピアス¥17500/アビステシックなアイボリーのメッシュオーガンジードレス。ポイントはスカートのウエストから贅沢に施されたグラデーションパール。つややかな輝きになじむやわらかなドレスの発色が、大人の品格をきわだたせて。ドレス(販売)¥580000・(レンタル)¥350000(マリア ラブレース)・イヤリング(販売)¥39000/マリア ラブレースノスタルジックなクリーミーベージュは愛らしさ満点。胸元のクロッシェレースと肩で結ぶタッセルのフォークロアなデザインは、自然体のガーデンウエディングにぴったり。ドレス(レンタル)¥350000(ポエジエスポーザ)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥10000・イヤリング(レンタル)¥20000/クリオマリアージュヌーディベージュのシンプルなドレスに総レースのオーバードレスを羽織らせ、ウエストにフラワーモチーフのベルトをあしらった一着。ドラマチックなデザインも、生成りのナチュラル感でレトロでやさしげな印象。ドレス(レンタル)¥380000(ポエジエ スポーサ)・イヤリング(レンタル)¥5000/リブラブラフ異なるトーンのモーブカラーのチュールを重ねた、奥行きのあるカラーリングがエレガント。立体的で繊細なインドビジューのベルトは、Vラインに配置することで視覚的なスタイルアップ効果も期待できる。ドレス(販売)¥450000・(レンタル)¥320000(ミルテ)・イヤリング(販売)¥30000/マリア ラブレースボリュームは控えめに、レーストップとスカートのラッフルで可愛らしさを演出したドレスは、ゲストとの距離の近いパーティにもおすすめ。スモーキーなライトグレーは、デザインの愛らしさに大人のニュアンスをプラスしてくれる。ドレス(レンタル)¥200000/クリオマリアージュ イヤリング¥5000/アビステ動くたび変化するチュールは優雅なムードたっぷり。リュクスな華やかさのなかに、知性を醸し出すグレーのトーンが大人の女性にふさわしい。上半身はスワロフスキーのビーズ刺しゅうを施したレースをバランスよくトリミング。ドレス(レンタル)¥300000・ヘッドアクセサリー(レンタル)(参考商品)/レフェ クチュール撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢、マギー 取材・文/久保田梓美
  • こんにちは、彩希です。 結婚式の記事が二つになってしましました。 もしよろしければ、前回の記事もご覧ください^^ 前回は、浮月楼と静岡浅間神社での挙式について 書かせてもらいました。 今回は、披露宴でのお食事と、式中に撮ってもらった 写真アルバム、写真データのご紹介をさせてもらいます。披露宴 〜浮月楼〜前菜はこのようなキュートな雰囲気のお料理にしていただきました。 春でしたので、ミニサイズの三色団子付き。 和な感じが可愛い^^ 装飾のお花は、春仕様で、桜を取り入れていただきました。 ちらっと少しだけ見えている「お品書き」には徳川の家紋が☀︎席札の折鶴は手作りしました^^♩ まっすぐ立って、カードを挟めるようにアレンジ。 「和テイスト」の席札を何にするか迷いました(´・ω・`) ちっちゃい和扇子を席札にしようかな…とも考えましたが シンプルで縁起の良い「鶴」を作ることにしました。 華やかな和紙の千代紙を使いました^^「国産牛のロウスト」 最高に美味しかったです〜〜〜〜( ´ ▽ ` )アルバムを作ってもらいましたオプションでアルバムを作っていただきました。 つるっとした素材で高級感があります… それがこちら…静岡浅間神社での挙式の様子や、集合写真などを撮ってもらいました。 こちらのアルバムと、写真データ一式をいただきました。 中はこんな感じにアレンジしていただいています。披露宴のお色直しで、ウエディングドレスも着ました。 浮月楼のお庭でパシャリ。データの方も綺麗に撮っていただき、思い出になりました^^当日着用した衣装は三種類。 白無垢、色打掛、ウェディングドレスの順番でした。 挙式に白無垢を着るからこその三着の着用。 三着セットになっていたので、お得に着させていただけました^^↑こちらiPhone8のノーマルカメラで撮った写真。 一眼カメラと比べても、遜色ない仕上がり… iPhone、すごい…さいごに歴史ある厳かな雰囲気の静岡浅間神社で挙式をし、 アットホームな披露宴(お食事会)ができ 思い出になりました。 いろいろと大変なこともありましたが、、、 夫と協力して頑張っていこうと改めて思うことができました。お食事もすごく美味しくて、「食べ過ぎちゃう?」と言われんばかりの食欲でした^^; 挙式会場のURLは前回の記事に貼付してますので ぜひ、ご覧ください♩ 前回の結婚式記事*。°モアハピ部 No.682 彩希 のブログ
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 夫婦や親子、一族に秘められた事実は、影響が大きいほど闇の中へ。まるでミステリーのような展開に目が離せない小説をピックアップ。家族はミステリーの宝庫?「家族の秘密」にせまる小説7粋なおばあちゃんは名探偵『いつもが消えた日』 西條奈加 創元推理文庫 ¥800 中3の望は元芸者の祖母・お蔦さんと神楽坂でふたり暮らし。ある日、望の友人・有斗が帰宅すると、血だまりを残して家族が消えていた。残された彼を預かったお蔦さんは、警察の捜査とは別に一家失踪の理由を推理していく。お蔦さんのきっぷのよさと人情味が人気のシリーズ第2弾。つらい思いを経て成長していく少年たちと、それを見守る大人たちの姿がさわやかに心に残る。湊かなえが描く姉妹の苦い真実『豆の上で眠る』 湊かなえ 新潮文庫 ¥590 結衣子が小1のとき、2歳上の姉・万佑子が失踪。不審な車や変質者の噂がある中、必死の捜索が続くが、行方不明のまま2年。万佑子と名乗る少女が突然帰ってきて、家族は大喜びするが、結衣子には別人としか思えなかった。その違和感は大学生になってからも続いたが……。家族の中でなぜ妹だけが姉ではないと感じたのか。真相がわかるラストはあまりにも意外で、がく然としそう。無言電話の向こうに亡き夫が?『とめどなく囁く』 桐野夏生 幻冬舎 ¥1,800 夫の庸介を海難事故で亡くしたフリーライターの早樹は、仕事で知り合った31歳上の資産家と数年後に再婚。彼も妻を亡くしており、相模湾を望む瀟洒(しょうしゃ)な邸宅で穏やかに暮らしていた。そんなある日、亡夫の母・菊美から「庸介を見かけた」との知らせが。老いがすすんだ菊美の妄想なのか、それとも!? 庸介の過去がスリリングに明かされると同時に“人を許すこと”について考えさせられる。少年犯罪の底なき闇と向き合う『木曜日の子ども』 重松 清 KADOKAWA  ¥1,700 42歳の「私」は14歳の息子・晴彦がいる香奈恵との結婚を機に旭ヶ丘に転居。そこは7年前に中2の少年によるクラスメイト無差別毒殺事件が起きた場所だったが、希望条件に合う家があったのだ。しかしすぐに晴彦の面影が犯人と似ている、犯人が近々社会復帰するらしいなど、不穏な噂が流れはじめ…。思春期の少年少女の絶望感が息苦しいほど伝わってくるが、最後にはひとすじの光が。グリコ・森永事件を思い出す『罪の声』 塩田武士 講談社 ¥1,650 京都で亡父から引き継いだテーラーを営む俊也は、遺品の中からカセットテープと黒革のノートを発見。テープを再生すると自分の声で録音がされており、ノートには【ギンガ】【萬堂】の文字が。毒入り菓子がばらまかれた「ギン萬事件」と父親に何か関係があるのか?  迷宮入りした大事件の真相を知りたい、でも父親が犯人とは思いたくない。そんな主人公の葛藤がせつなすぎる。実力派6年ぶりの長編は感動作『ノースライト』 横山秀夫 新潮社 ¥1,800 一級建築士の青瀬は、施主・吉野のたっての願いで信濃追分に家を設計。しかし完成から4カ月後、誰も住んでいないと知らされて訪れてみると、2階に古ぼけた一脚の椅子があるだけだった。椅子を手がかりに吉野一家の行方を探す青瀬だったが、それは自分だけでなく父親の人生とも向き合うことにつながっていく。普通の人々の思いがけないルーツ、ドラマのような歴史に感涙!犯人は私だったかもしれない『坂の途中の家』 角田光代 朝日文庫 ¥720 夫と幼い娘と暮らす専業主婦の里沙子は、乳幼児虐待死事件の補充裁判員に。夫の実家に娘を預けて10日間裁判所に通うが、しだいに被告女性と自分との境界線があいまいになっていく。「私も虐待をし、それを周囲から疑われているのかも」と。事件について考えることで、夫や義母との微妙な力関係に気づく里沙子。簡単に解決できない彼女の苦しみを、他人事と思えない人は多いはず。撮影/古谷 勝 スタイリスト/洲脇佑美 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • お色直しのウェディングドレスは、控えめで上品なニュアンスカラーを選んで。洗練された花嫁にぴったりのしゃれ感グレーは、大人らしいセレクトで、10年後の素敵も約束。 【洗練されたグレードレス3選】モーブカラーのチュールドレス異なるトーンのモーブカラーのチュールを重ねた、奥行きのあるカラーリングがエレガント。立体的で繊細なインドビジューのベルトは、Vラインに配置することで視覚的なスタイルアップ効果も期待できる。ドレス(販売)¥450000・(レンタル)¥320000(ミルテ)・イヤリング(販売)¥30000/マリア ラブレースレースとラッフルが可愛らしいドレスボリュームは控えめに、レーストップとスカートのラッフルで可愛らしさを演出したドレスは、ゲストとの距離の近いパーティにもおすすめ。スモーキーなライトグレーは、デザインの愛らしさに大人のニュアンスをプラスしてくれる。ドレス(レンタル)¥200000/クリオマリアージュ イヤリング¥5000/アビステ 優雅なムードのチュールドレス動くたび変化するチュールは優雅なムードたっぷり。リュクスな華やかさのなかに、知性を醸し出すグレーのトーンが大人の女性にふさわしい。上半身はスワロフスキーのビーズ刺しゅうを施したレースをバランスよくトリミング。ドレス(レンタル)¥300000・ヘッドアクセサリー(レンタル)(参考商品)/レフェ クチュール 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢 取材・文/久保田梓美
  • 憧れのブランドで出合えるアンダー5万円。アフォーダブルな価格でありながら、確かな品質と心躍るデザインを兼ね備えた珠玉のアイテムをピックアップ! HERMÈS   ツイロン〈193×3㎝〉¥33,000/エルメスジャポン(エルメス)リボンスカーフの中に広がるのは、夢想的な街「アニマポリス」に住む架空の動物たちの世界。ファンタスティックな柄と、光沢のあるシルクが装いを上品かつ華やかにアップデートしてくれる。首に巻いてネックまわりを飾るのはもちろん、ヘアアクセサリーやベルトとしてマルチユースできるのもうれしい。一枚持っておけば、ワードローブの幅をぐっと広げてくれる優れものだ。 GUCCI   ストロベリーコインケース〈H15×W11.5〉¥43,000・コインケース〈φ10×D2〉¥42,000/グッチ ジャパン(グッチ)思わず視線を奪われるイチゴシェイプのコインケースは、インターロッキングGのプリントにヘタや種が丁寧に刺しゅうされている。一方ラウンド形は、GGパターン、ウェブ ストライプ、ダブルGのハードウェアとブランドのアイコニックなモチーフをぎゅっと詰め込んで。どちらもキーフックがついていて便利。BURBERRY   サングラス¥27,000/バーバリー アイウェア(バーバリー)主役級の存在感を放つ、アイコニックなサングラス。フレーム全体に配されているのは、ひと目でヘリテージを感じさせるヴィンテージチェック。リムの角を落とすようにカッティングが施されたフレームに、ひとさじの大胆さを薫らせて。たとえ服がシンプルでも、これさえかければ、途端にモードの気配をまとったスタイリングへと変貌する。 MIU MIU   帽子¥36,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)丸みのあるフォルムと、こっくりとしたカラーパレットのグレンチェックがクラシカル。フロントにはミュウミュウらしいディテール、リボンをあしらって。ノーブルな貴族たちのアーミースタイルをテーマにした、2019年プレフォールコレクションに登場したアイテムだ。秋冬トレンドのひとつ、英国テイストを先取りできるのもうれしい。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>PART02 ティファニーのシルバーが狙い目!
  • ハイジュエラーだからといって、諦めることなかれ! 憧れのティファニーでもアンダー5万円の、毎日身につけたくなるジュエリーに出合える。 モダンさとエレガンスを両立する「ティファニー ハードウェア」コレクション。ニューヨークのダウンタウンカルチャーからインスパイアされた造形は、シルバーを選ぶとよりソリッドに。しなやかに肌の上で輝くブレスレットには、アイコニックなモチーフとしてゲージリンクを採用。ボールモチーフは絶妙な光沢感によってほのかなエッジをまとう。どれもシンプルでありながら力強さがそこはかとなく薫る、都会的なデザインだ。主張しすぎることなく、あらゆるスタイリングをぐっとスマートに導いてくれるティファニーのシルバー。日々をそっと彩るジュエリーとして、マイヴィンテージにしていきたい。 Ball Hook Earrings   「ティファニー ハードウェア」ボール フック ピアス¥39,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) Ball Ring   ¥28,500 「ティファニー ハードウェア」ボール リング¥28,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) Micro Link Bracelet   ¥46,500 「ティファニー ハードウェア」マイクロ リンク ブレスレット¥46,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) Ball Pendant  ¥36,500  「ティファニー ハードウェア」ボール ペンダント¥36,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ボディスーツ/スタイリスト私物>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>PART03 太陽に似合うモードなジュエリー
  • こんにちは! バイラーズの吉田有希です。 お花が大好き。花瓶には必ず何かお花があるという生活をしております。 お花が好きになったのは、自分の結婚式の準備をしていた時に知り合ったfloristさんがきっかけでした。 お花ですごく色々な世界を表現することができるところに魅了されました。 お気に入りの、フミカウチダのワンピースを着てみました。 このお花はスモークツリーといいます。フワフワしてて可愛い♡ この日はすごく風が強くて… でもお花は頑張ってくれました! また詳細などはインスタの方でご紹介しています。 よかったら見てください(^^)Instagramスーパーバイラーズ 吉田有希のブログ
  • 昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか? 少し体に沿うワンピース避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。 ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ) 「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操るIラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。 湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。 ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー) 辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物 「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物  「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ) 今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。 むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。 デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。 そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。 ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里
関連キーワード

RECOMMEND