ワンピースより断然おすすめ!?【ジーユー(GU)】¥2490超高見えオールインワン発見

@BAILA

30〜40代働く女性向けの高コスパなワンピースを探しに、「今着たい服」をハントする女子で大賑わいの【ジーユー(GU)】渋谷店をパトロールしに行ったとき、¥2490というプライスと高見えルックスに驚愕してひとめ惚れ&浮気してしまったのが、こちらの↓コンビネゾン(=オールインワン)です。

デザイン・シルエット・素材、どれをとって¥2490に見えないオールインワン!

コンビネゾン(ノースリーブ)¥2490/ジーユー

店頭ではS、M、L、XLの4サイズがありましたが、マキシ丈でゆるっと着るべきかと思い、身長166㎝の沖島はXLを購入しました。また、カラバリはこのブラックのほか、ブルー(パープルに近い)とカーキの3色展開。このコンビネゾンにひとめ惚れしてしまった主な高見えポイント5点を解説していきます。

【高見えポイント①】インナーが透けない厚手のとろみファブリック

ほんの少しの光沢を帯びたレーヨン57%+ナイロン43%のミックス素材ですが、まるでリネンのようなシャリっと感とひんやり感、さらにとろみすら感じられて、まさに夏に着るのにぴったり。なのに、ほどよく厚手で透け感のない生地。一枚で着ても下着が透けることなく安心です。

【高見えポイント②】両サイドにポケットつき

地味ですがとてもうれしいポイント♡ それはウエスト脇、両サイドの切り替え部分にポケットがついていること。ハンカチやリップ、パスケースなど、すぐさま取り出したいアイテムがさくっと入るポケットつきの服は最高に便利です。しかもスマホも余裕で入るサイズ。

【高見えポイント③】細見え効果に貢献! センターの縦ライン

このコンビネゾンは、同じ形のパターンを4枚縫い合わせているので、フロント&バックに縦のラインが1本ずつ入っています。それがうまいことIラインを形成してくれているので、全体のシルエットとリンクして、細見え効果につながっている気がします。

【高見えポイント④】デコルテ&ワキ(アームホール)の開き具合がちょうどいい

30代〜40代の大人女性がノースリーブタイプの服を選ぶときに最も気になるのが、ワキやデコルテまわりの開き具合ではないでしょうか? 開きが浅いと二の腕に食い込んだり、ブラ肉が目立ったり、肌に密着しすぎてワキ汗が目立ったりと問題が多くなりますし(涙)、逆に深すぎると下着が見えてしまいます。その点、このコンビネゾンの袖まわりはほぼパーフェクトなつくり。肩先までかかるほど肩幅が長めなので、二の腕がきれいに見えます。

また、身長166㎝の沖島は通常ですと【ジーユー(GU)】ではMまたはLサイズを着ているので、このコンビネゾンを買うときに「XLサイズのアームホールは開きすぎるのでは?」と心配でしたが、この通り↑。大きめサイズを選んだことで、肩まわりにいい感じのゆるっと感が生まれました。後ろから見ても、下に着ている【ユニクロ(UNIQLO)】のブラカップキャミソールのボーダー柄がチラリと見え、かえって着こなしのアクセントになり、とってもいい感じです◎。

【高見えポイント⑤】背中のVカットあきが大人っぽい!

このコンビネゾンは、後ろのファスナーを開閉して着脱するタイプです。背中はVラインにカットされています。

背中あきの服が流行していますが、なかでもVラインのものは、Uラインよりもシャープに大人っぽく見える気がします。自分では確認しづらいパーツですが、きちんと試着をして下着がハミ出さないかどうかチェックすることが大切。このコンビネゾンは、普通の形のブラジャーやキャミソールであれば見えません◎。

いざ実装! 一枚でシンプルに着るとこんな感じ↓

一枚で着てみました。ご覧の通り、デコルテ&二の腕まわりの露出はごく少なめなのに、胸より下の気になる体型スポット(=ぽっこりお腹、くびれのないウエスト、たれ尻、太もも、ふくらはぎなど)はうまくすっぽりカバーしれくれるゆるやかなAラインです。このコンビネゾンの推奨サイズはもう少しタイトに、クロップト丈で着るのが正解のようなのですが、あえて大きなサイズを選び、マキシ丈でゆるっと着るのも素敵かなと思いました♡

【コーディネート①】カーディガンやヘアターバンなど、合わせるアイテムで遊ぶ

“マキシ丈ワンピースに見えて実はオールインワン”という意外性のあるデザインなので、一枚で着てもじゅうぶんおしゃれだと思うのですが、日焼け防止&冷房対策用に持ち歩く薄手のカーディガンやヘアターバンなど、合わせるアイテムをちょっと派手めに冒険することでより個性が出せると思います。
肩に巻いたカーディガン/アカネ ウツノミヤ
ヘアターバン/ザラ
バッグ/ステラ マッカートニー
スニーカー/ドクターマーチン

【コーディネート②】TシャツとレイヤードしてもOK!

大きめサイズを選んだもうひとつの理由が、コンビネゾンの下にTシャツやタンクトップを重ねたかったから。同じ【ジーユー(GU)】のスムースT(¥990)の上に重ねて着てももたつかず、スッキリ着られます。ちなみに下に着るトップスは(沖島が長めのストレートネックなせいもあると思うのですが)首の詰まったハイネックタイプのほうが、コンビネゾンのネックラインとのバランスがよくなる気がします。お手持ちのワードローブでいろいろ重ね着を試してみると楽しいですよ♡
ピアス/ザラ
シューズ/ジャスパル(タイのプチプラブランド)

【ジーユー(GU)】オンラインストアでは6月9日(日)まで「9周年スペシャルサンクスウィーク」キャンペーンを開催中です。オンラインストア限定で使えるクーポンの配布や送料無料、期間限定プライスなど、おトクなアレコレが満載です。ぜひ期間中にのぞいてみてくださいね。

オンラインストア限定9周年スペシャルウィーク開催中!【GU(ジーユー)】

【合わせて読みたい】働く30〜40代女性におすすめジーユー(GU)高見えトピック


取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、記事内容には個人の感想が含まれています。また、価格や在庫状況は2019年5月下旬時点での情報で、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。

関連記事
  • 【ジーユー(GU)】2019年秋冬展示会でチェックしたばかりの新作ワンピースが、すでに店頭に並び始めています! 今回は、働く30代女子におすすめのシャツワンピース、キャミソールワンピース、ニットワンピース、カットソーワンピース、柄ワンピースなど12点をご紹介します。 【ジーユー(GU)】2019秋冬新作ワンピース 目次1.通勤服にも使える! きれいめシャツワンピース 2.一枚でも重ね着でも楽しめる、キャミソールワンピース 3.リラックス感満点! ニット&カットソーワンピース 4.入荷が待ち遠しい、ヴィンテージ風プリントワンピース 1.通勤コーデにも使える! きれいめシャツワンピース 通勤服にも着回せる、シンプルだけれどきれいめなシャツワンピースがさっそく店頭を賑わせています! おすすめは下記3タイプ。 Aラインシャツワンピース¥2490 Aラインシャツワンピース¥2490/ジーユー(GU) 折り返しのついた半袖と、スキッパーデザインで抜き気味の襟元に、後ろにボタンが3つあしらわれたシャツワンピース。インナーが透けにくいほどよく厚手の生地にはハリがあり、高見えします。 Aラインシャツワンピース¥2490/ジーユー(GU) カラバリはベージュ、オフホワイトそしてネイビーの3色。一枚ではもちろん、レギンスやワイドパンツと合わせると、今年らしい重ね着コーデが楽しめます。 ウエストリボンワンピース¥2490 ウエストリボンワンピース¥2490/ジーユー(GU) 小さなスタンドカラーがちょこんとあしらわれたVネックの襟元と、フレンチスリーブ、長めの共布ベルトと、とろみと落ち感のある生地がフェミニンであか抜けた印象になれるワンピースです。写真のライトオレンジのほかに、ベージュとブラックの3色展開。 ワークシャツワンピース¥2990 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} ワークシャツワンピース¥2990/ジーユー(GU) p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 両胸のフラップポケットがついたミリタリーテイストのシャツワンピースですが、とろみを持たせたレーヨン素材なので女らしく着こなせます。一枚ではもちろん、フロントのボタンを開けて羽織っても着られる2WAYデザイン。ブラックのほかにカーキ、オリーブの3色展開です。 2.重ね着で活躍させたい! キャミソールワンピース p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 「暑い夏は、とにかく布が肌を覆う面積を減らしたい!」という方におすすめのキャミソールワンピース。ジーユー(GU)には、一枚ではもちろん、Tシャツやカットソーを下に着てもサマになるおしゃれな新作がたくさんお目見えしています。 キャミソールワンピース¥2490 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} キャミソールワンピース¥2490/ジーユー(GU) p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 秋の新作のなかでもいち早く店頭に並び、さっそく大人気のこちら。マットなサテン調の光沢生地が抜群に高見え効果アリ! 半袖Tシャツやノースリーブカットソーなど、トップスに着るインナーを変えていろいろなスタイリングを楽しんでみては♡ ニットキャミソールワンピース¥2490 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} ニットキャミソールワンピース¥2490/ジーユー(GU) p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} Vネックが胸下まで届くほど深いので、重ね着コーデにおすすめのニットワンピース。お手持ちのTシャツやカットソー、ノースリーブトップスの上から合わせるだけで、マンネリ化しがちな夏のシンプルカジュアルに奥行きが加わります。共布ベルトはお好みでつけたり外したりしてみて。 チノキャミソールワンピース¥2490 チノキャミソールワンピース¥2490 ※予定価格 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} ハリのあるチノ素材でできたキャミソールワンピースです。トップスとスカートをハイウエストの位置で切り替え、スカート部分にダーツをあしらうことで、着るとふんわり立体的でメリハリのあるシルエットに。共布ベルトつきです。 3.リラックス感満点◎ニット&カットソーワンピース p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} ジーユー(GU)の2019年秋冬はニット素材のアイテムが続々登場するのですが、まずは今すぐ~秋口に着られるライトな着心地のワンピースから試してみたいもの。 プリーツニットワンピース¥2490 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} プリーツニットワンピース¥2490/ジーユー(GU) p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} レーヨン&ナイロンの混紡素材でできていて、暑い時期でもさらりと着られるノースリーブのニットワンピース。リブニット仕様なので、トップス部分はすっきり、ティアード状になったスカート部分はふんわり広がる絶妙な着やせ見えシルエット。すでに店頭入荷済みなので、サイズ&カラバリが揃っているうちにぜひ手に入れて! チルデンニットワンピース¥2990 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} チルデンニットワンピース¥2990/ジーユー(GU) ※予定価格 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} アメリカ西海岸のヴィンテージ風テイストのアイテムが多く揃うジーユー(GU)2019年秋冬の新作ラインナップ。なかでも、レトロなテニスウェアを思わせるチルデン風ニットワンピースは、年齢問わず大ヒットしそう! ハイネックカットソーやシャツ、デニムやワイドパンツなど、トップスやボトムスとの重ね着コーデを自由に楽しんでみて。 2WAY Iラインワンピース¥1990 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2WAY Iラインワンピース¥2490/ジーユー(GU) p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 襟ぐりのカットがボートネックとVネックになっていて、両面着られる2WAYワンピースです(店頭ではVネックが前で販売されています)。すっきりIラインシルエットですが、袖がやや長めなので、二の腕まできれいにカバーしてくれます。共布ベルトつき。 4.入荷が待ち遠しい! ヴィンテージ風プリントワンピース p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} 入荷は少し先ですが、ヴィンテージ風の風合いとレトロなデザインがフェミニンなあか抜けプリントワンピースも多数販売予定なので、先取りでご紹介しちゃいます♡ フラワープリントワンピース¥2990 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} フラワープリントワンピース¥2990/ジーユー(GU) ※予定価格 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2019年秋冬展示会を訪れたプレスやインフルエンサーの「可愛い!」歓声をひとりじめしていた、こちらのモノトーン小花柄ワンピース。一枚でももちろんサマになりますが、秋が深まったらこのようにローゲージの大きめカーディガンをゆるっと羽織るのも素敵ですね♡ まだ夏も来ていないのに今から秋が待ち遠しくなります。 ダイヤプリントワンピース¥2990 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} ダイヤプリントワンピース¥2990/ジーユー(GU) ※予定価格 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} シャツタイプのロング丈プリントワンピースも登場。シックなブルー配色は、写真のようにブラウンのジャケットやブーツと合わせると新鮮なコーデに! フロントのボタンがすべて開くので、羽織っても着られる2WAY仕様です。 いかがでしたか? 一部を除いてほとんどが既にジーユー(GU)各店舗&公式オンラインストアにて絶賛販売中です。カラバリ&サイズ展開が豊富なうちにぜひ手に入れて、夏から秋への着回しコーデを楽しんでみてくださいね♡ ジーユー(GU)公式オンラインストアはこちら
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! サマーニット×リネンスカートの、ともするとナチュラルすぎてしまう組み合わせに華のある小物をプラス! 装いをぐっと格上げし、リッチ感漂う仕上がりに。ニットやリネン素材を華のある小物で格上げして、脱ナチュラルなスカートスタイルにニュアンスたっぷりのグレージュニットに、生地を贅沢に使ったドラマチックなきれい色スカートを合わせて。「サマーニット×リネンスカートって、ともするとナチュラルすぎてしまう組み合わせでもあります。端正なボルサリーノ帽や存在感のあるシルバーサンダルをコーディネートして、リッチ感のある仕上がりを目ざしました。フェンディのバッグはこの夏のヘビロテです」。【ITEM LIST】 KNIT:BLAMINK SKIRT:MICHAEL KORS HAT:Borsalino EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:FENDI SHOES:Belle by SIGERSON MORRISON“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムFENDIのバケットふわふわした素材とエンボス加工のロゴをあしらったフェンディのバゲット。「ラフなムードで持てるから本当に重宝しています。サイズ感も絶妙で、どんなコーディネートにも合う汎用性の高さに脱帽です」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • ようやく!! 夏本番ですね。足元で注目すべきは、おしゃれブランドでも大人気のトングサンダル。 ともすればワンマイル風に仕上がってしまうビーサンコーデ……ですが! LEE100人隊のおしゃれ上手たちは、落ち着いたカラー&質感のサンダルを選ぶことでその危険性を回避していました。 本日は、4人の購入品をコーディネート実例とともにご紹介! 合わせるアイテムも、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1・TB はぐさん「今年は華奢なトングザンダルが欲しくて、なんとなく探していたのですが、お値段との折り合いなどもあり、コレっ!!が、見つからずにいました。ご近所から、お出掛け、もちろん海なんかでも履きたい! ビーチサンダルではなく綺麗めに履きたい! ワンシーズン限りになっても惜しくない値段じゃないとヤダ!! 昨日、たまたま通りかかったローリーズファーム で、見つけちゃいました。2500円!!  お値段もいうことなし〜。白と黒で悩みに悩んで結局決まらず……色ち買い♡」 1・TB はぐさん「young&olsenのTシャツ、今年ローリーズファームで購入した花柄マキシスカートと」 1・TB はぐさん「UNITED ARROWSのリネンブラウスに、同じくUNITED ARROWSのコットンスカート。ふんわりしたお袖のシルエットがお気に入りてす。足元は、ローリーズファームで買ったプチプラサンダルを履いて。こちら、本当に大活躍してくれています♡」 2・TB たなやんさん「靴を新しく買う際は慎重に決めているつもりですが、今季思わず2足買いしてしまったのがこんなビーサン。わたしはプチプラで済ませましたー。どちらももちろんフェイクレザーですが、なめらかな質感でチープっぽさも控えめ」 2・TB たなやんさん「黒はDONOBANというブランドでセールで2500円弱」 2・TB たなやんさん「。ベージュはamiamiのもので定価で1490円です。夏の終わりまで毎日のように履いてしまいそうです」 2・TB たなやんさん「onepiece/Plage bottoms/GU bag/marco masi shoes/amiami pierce/UNITED ARROWS」 3・TB PANSYさん「数年前に購入した鼻緒の細いGAPの黒色を愛用しているのですが、たまに黒だとちょっと服から浮くかも……という日があり、ビーサンを買い足すならと決めていたTKEES(ティキーズ)を購入しました。以前、濃いめのベージュを愛用していたので、『靴ずれができない』という難関も既に突破済み。欲しかった色がDeuxieme Classeで販売されていると知り、購入に至りました。商品レビューなどで、いつも履いているサイズよりワンサイズ上げると丁度と書かれていたのですが、23~23.5cm(37)をいつも履いている私は、38だと踵が結構余ってしまったので、いつも通りの37を購入しました。色は、お店の表記だとグレーなのですが、グレージュといった感じでしょうか。大好きな色味で、履き心地も最高♡」 3・TB PANSYさんYANUKのhigh waist annetteと。 4・075 きなこさん「連日30度超えのテキサス。外はもう本当に暑くて肌を覆う場所を少しでも減らしたい思いで気軽にバンバン履けるTKEESのレザーサンダルを買いました。クローゼットは白、黒、グレー系、ブルー系と寒色系が多いので、サンダルもはじめはグレー系にしようと思ったのですが、今回はカジュアルな雰囲気で履きたかったので初めてブラウン系を選んでみました︎お色味はcoco butterです」 4・075 きなこさん「少し綺麗めにスカートの時も」 4・075 きなこさん「ゆったりパンツでのんびりの時も」 4・075 きなこさん「ワンピースでお出掛けの時も。意外と寒色系の手持ちのお洋服とも相性が良く、ほどよくカジュアルダウンしてくれるので気に入っています♡何より子供がいてもサッと履けるところがgood! この夏は出番が多くなりそうです」
  • BAILA8月号、発売しましたーー♡ 遅くなってしまいましたが今月号の見所と付録のご紹介をさせていただきます! カジュアルと女性らしさを共存させるためのファッション大特集 "大人の女っぽカジュアル・ルール" その中でも取り入れやすいなーと思ったルールを3つ、ちらっとご紹介。 まずは、 ワンピース×ゴツめスポサン スポサンさえあれば手持ちのワンピースと組み合わせて完成するので1番手軽でチャレンジしやすい! 旬なスポーツテイストをプラスすれば甘くなりがちなワンピースを中和してくれる。 わたしも欲しい欲しいと思いつつまだスポサンを購入できていないので嬉しい特集でした。 2つ目は"ブラウントーンのトップス" インスタや展示会などでもベージュ〜ブラウンの服は本当によく見る! 秋冬では継続してテラコッタカラーのコスメや服も流行るそうなのでわたしも今年はブラウン系のメイクや服をたくさん楽しみたいと思います♡ そしてすごく参考になった3つ目。 "女っぽく高見え!大人のユニクロルール" プチプラ代表ユニクロアイテム。 選ぶときの一工夫で高見えが叶うポイントが載ってます。 これは必見!! そしてわたしもとても楽しみにしていた今月号の特別付録! バレリーナシューズで大人気のreppeto (レペット)とBAILAのコラボアイテムです♡ (今月号で中村アンさんがレペットのレオパード柄シューズを可愛く履きこなしてました。) セットでも単品でも使えるこちら。 ・PVCトートバッグ(高22×幅22×マチ10) ・レオパードポーチ(高13×幅18) トートはマチもしっかりあるので意外と荷物が入る! 水にも強いのでビーチや雨の日など今からの時期にたくさん活躍してくれそう。 持ち手のリボンテープにはオリジナルのロゴがプリントされててそれがまた可愛い♡ 抜け感が手に入る夏の必需品アイテムとしてカジュアル・ルールでも特集されていた"クリア小物" 今月号の付録でゲットできてしまうのは嬉しい♡ 夏のコーデのお悩みも解消されるBAILA8月号、 付録も本当におすすめなので是非皆さん手にとってみてください♡ @rena674
  • 汗も皮脂も気になる季節に盛れる&崩れにくいメイクって? 紫外線に負けず、美肌を守るには? ――そのお悩み、プロが解決します!\回答してくれたのはこの方々/  美容ジャーナリスト鵜飼香子さん  美容誌『MAQUIA』のエディターを経て独立。女子たちのライフスタイルに沿った美容法を提案してくれる。  ヘア&メイクpaku☆chanさん トレンド感満載のメイクとモチッとした美肌作りに定評があり、ファッション誌でも美容誌でも引っ張りだこ。 ▶▶A 全然アリ! 質感より色の相性が大事です 「キラキラ×マット……とテクスチャー違いでも、色みがワントーンならまとまりやすい」(pakuさん)A ルージュ アンリミテッド マット M RD171 ¥3200/シュウ ウエムラ(限定品) 唇にフィットし、マットな質感が浮かない仕上がり。 B アルカミストツイスト フォーアイ 02 ¥3500/THREE スムース質感にパールが輝くアイカラー。▶▶A 落ちにくさ最強の推しリップはこれ♡ 美のプロ2名のイチオシ2品。「会食など、絶対に落としたくない日にも頼れます」(鵜飼さん)A アンクル・アンテルディ 05 ¥3800/パルファム ジバンシイ 「コース料理を食べ終えた後も落ちていませんでした♡ 」(鵜飼さん) B メイベリン SPステイ マットインク 117 ¥1500/メイベリン ニューヨーク 「唇にフィットしてヨレません」(pakuさん) ▶▶A リップペンシルで埋めてから塗るのも手 「質感の違うアイテムを重ねると落ちにくさが倍増。リップペンシルを仕込むと色もちがアップ! 」(pakuさん)プレイ101ペンシル マット #35 ¥833/エチュードハウス リップを塗る前に、同系色のペンシルで全体を塗りつぶしておいて。撮影/浜村菜月(LOVABLE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/松尾由美 構成・原文/松井美千代 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • スタイリストの石田綾さんは、甘めの服にはどこか辛口な要素を取り入れているとのこと。そんな石田さんにワンピースをモードな表情で着こなすポイントをお聞きしました。同色のドレッシーなパンツをレイヤードしたり、旬の小物を合わせたり、石田流コーデをご紹介。 スタイリスト 石田綾さん『BAILA』をはじめとした多数の女性誌やメディアで幅広く活躍中。トレンドをいち早く取り入れる感度の高さはピカイチ。辛口ながら女っぽい私服にも定評あり。 【Rule 1:選び方】ニュアンスのある素材&ベーシックカラーを選ぶ 存在感のある色だと妙に“張り切った感”が出てしまうワンピース。迫力が控えめの黒やブラウン、ベージュなどベーシックカラーが大人には安心です。ただ重たく見えたり、地味になったりするので、透け感やとろみのある素材がマスト。 ONE-PIECE : A PUPIL SHOES : ROSETTA GETTY BAG : SERPUI 【Rule 2:レイヤード】ワンピースと同色のドレッシーなパンツを 深くスリットが入った一着はパンツとの重ね着が大前提。とろみのあるパンツを選べばそれだけでモードっぽく見えるし黒×黒も軽やかな印象に。足もとはインパクトのあるヌーディなサンダルで華やかさと抜け感を。 ONE-PIECE : roku PANTS : Vintage BAG : The Dallas SHOES : Manolo Blahnik 【Rule 3:合わせ小物】色石やクリア素材で涼やかに ワンピースがやや重ためのトーンなので、アクセサリーは透明感のあるカラーや涼感のあるデザインを選びます。ただし盛りすぎると子どもっぽくなってしまうため一コーデに一点のみ。 BLUE PIERCED EARRINGS & GREEN PIERCED EARRINGS : LIZZIE FORTUNATO RING : MARIHA WHITE & GOLD EARRINGS : The Dallas 【Rule 4:くずし方】キャミワンピースはノースリーブで上品に肌見せ 一着で着るには露出度が高い、甘めのキャミワンピースはトップスを重ねてくずします。袖のあるTシャツよりもノースリーブで腕をすっきり出すほうがヘルシーに見えて今っぽい。 ONE-PIECE : Mes Demoiselles... TOPS : Vintage BAG : CULT GAIA SHOES : TKEES 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 取材・原文/野崎久実子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 ————————————————————————————————————– View this post on Instagram 今日何着よう・・と迷う日には必ず手にしちゃう。 「ガミちゃんワンピ」が今季のMVP候補! . 週の初めや、忙しい日についつい手にとってしまう通称「ガミちゃんワンピ」。 頭からかぶったら即、家から出られる手軽さがうれしい しかも楽ちん! . 長袖だから、暑い、寒いで、袖をおろしたり、上げたり、下にデニムやレギンスを重ねたり…。今どきコーデをしながら、その日、その時の気温に対応できるのがありがたいです しかもリネン素材でさらさらと気持ちがいい . 汗をかいたら洗濯機でグルグル。 パン、パン、パン!として干せば、また明日も着られちゃう。 本当に優秀 肌寒い7月もこのワンピのお蔭で助かっています。 . ちなみに私は+ベルト派。 きちんと感UP、バランスUPにおすすめです。(A子) . #LEEマルシェ #12closet #スタイリスト石上美津江さんコラボ #お助けワンピ #身長160㎝ #なべぴコーデ A post shared by @ leemarche on Jul 17, 2019 at 3:36am PDT
  • シックにもカジュアルにも着られる黒ワンピースは小物で表情を変えて楽しんで。この夏は、涼感のあるブルーの透けシャツを合わせたり、スポーティなサンダルを合わせたりするのもおすすめです。どんなに小物で遊んでも、ちゃんと女らしく決まるのが黒ワンピースの良いところ。 1.涼やか仕上げ 涼感たっぷりの色や素材でとびきり軽やかな“夏の黒”を演出 ブルーの透けシャツとバッグで黒を軽快に仕上げつつ、PVCサンダルでヌーディな足もとに。さらにクールなシルバージュエリーで涼感を底上げ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ネックレス¥32000・リング¥27000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ シャツ¥32000/RHC ロンハーマン(エリーン) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ ネックレス¥32000/ジョリー&コー(イディアライト) 2.スポーティ仕上げ ワンピースにちゃんと品があるからボーイッシュな味つけも女らしく決まる 揺れ感のあるティアードワンピースなら、こんなミックスもちょうどいいカジュアル感に。ボーイッシュな小物は渋めの色で統一すると、やんちゃになりすぎずうまくいく。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) ピアス¥18000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ)  バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) 3.クラシカル仕上げ かっちりバッグときゃしゃなサンダル。レディな小物が黒のエレガントさを引き出して 特別感のある着こなしへドレスアップできるのも、ノーブルな黒ワンピースだからこそ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) ヘアピン¥900/お世話や(Osewaya) サングラス¥47000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000(アガット)・リング¥180000(アガット・アンドメモリア)/アガット ベルト¥15000/カオス丸の内(メゾン ボワネ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)  靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) 撮影/山本雄生(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND