【MICHAEL MICHAEL KORS】キャッチーなデザインでわくわく感を! スモールレザーグッズ⑫

@BAILA

飽きのこないホワイトベースにパイピングやレインボーカラーのロゴでわくわく感を添えたキャッチーなデザインがお目見え。使い勝手も抜群だから毎日の相棒として活躍してくれそう。

【MICHAEL MICHAEL KORS(マイケル マイケル・コース)】使い勝手のよさにレインボーカラーでわくわくもひと盛り

チェーンで外せるミニコインケースつき。財布(8.5×12× 2 )¥31000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)

中には透明のカードポケットが。常に目にするスマホだからこそ、TODOメモなどを入れておくのにも最適。iPhoneケース(iPhone XS・XS Max・XR対応)¥18000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)


撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載

関連記事
  • 体の中でも相談しにくいデリケートゾーンの悩み。きちんとケアをしないと、 性交痛や感染症、ニオイ、 かゆみなどの原因になってしまうんだとか。今回は、デリケートゾーンに関する読者の疑問に先生が回答してくれました。 教えてくれたのは ボア フィトテラピースクール代表、植物療法士 森田敦子さん サンルイ・インターナッショナル代表。デリケートゾーンケアの重要性にいち早く着目。『相談しにくい ちつとカラダの話』(朝日新聞出版)など著書も多数。 Q1 理想的なデリケートゾーンの状態って? A 粘液力が高く、常に潤っている状態のこと膣の中は、正しく粘液が分泌され、常に潤った状態なのが理想的。外側はカサつきや、ムレ、かゆみ、嫌なニオイなどがなく清潔であることがポイントです。 Q2 どうして海外と日本でケアの認知に差があるの? A 日本では母から子へ伝える文化が根づいていないから 海外では母から子へ、デリケートゾーンのケア法などの女性性について、きっちり教える文化がありますが、日本にはそれがないことが大きな要因。 Q3 ケアやトレーニングで逆に傷つけたりしませんか? A 基本的には心配ありません。ただネイルには注意して膣がきちんと粘液で潤っていれば、指を入れても問題ありません。ただし、ネイルをした爪を膣に入れると傷つく可能性はあるので気をつけましょう。 Q4 ちょっとした心配事はどこに相談に行けばよい? A 信頼して通えるかかりつけの婦人科を見つけておくべき信頼できる婦人科医を見つけて、かかりつけ医にするのがおすすめ。事前に調べてデリケートゾーンケアの正しい知識ももっている医師を選ぶのが◎。 イラスト/黒猫まな子 取材・原文/和田美穂 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
  • インスタグラムでお酒とおいしいものにまつわる情報を配信しているツレヅレハナコさん。そんな彼女に、夏にぴったりの爽やか白ワインに合う、簡単で、おいしくて、映えるレシピを提案していただきました。 教えてくれたのは… ツレヅレハナコさん 強靭な胃袋を持つ女性編集者。『ツレハナ亭の家飲みごはん』(エイ出版社)など著書も多数。お酒とお酒に合う食事への愛にまみれたインスタグラムも大人気。アカウントは@turehana1。 【with 白ワイン】 白ワインはバターと相性がよく、今回は鶏肉にパセリを加えた香りのよいソースをからめて。さっぱり系トマトサラダ、コク深いじゃがいものヨーグルトソースを合わせてペアリングを楽しんで。焼き、レンチン、生のまま……すべて調理法が違うから、3品同時進行で作れます。 じゃがいもの明太子ヨーグルトソース ピンク色のヨーグルトソースははっきりいって映えます(笑)。じゃがいもなどほくっとした野菜のほか白身魚にかけても。 ●材料(2人分) じゃがいも……2個 明太子……1/4はら 無糖ヨーグルト……大さじ3 レモン汁……1/2個分 塩・黒こしょう……各少々 ●作り方 1. じゃがいもは皮をむいて四つ割りにし、耐熱ボウルに入れる。水(分量外50㎖)を加えてラップをかけ、電子レンジで5~6分加熱する。竹串がすっと通るようになったらざるに上げる。2. 明太子は包丁でそぐようにして皮をはずし、ボウルに入れる。ヨーグルト、レモン汁、塩を加え混ぜてソースを作り、じゃがいもにかけ、黒こしょうを振る。 チキンのパセリバターソテー パセリ+バターが食欲を猛烈に刺激! 鶏肉はフライパンが冷たいうちから焼くこと。すると皮パリパリ、中はふっくら。 ●材料(2人分) 鶏もも肉……1枚[下味] にんにくのすりおろし……少々 酒……大さじ1   塩……小さじ1/2パセリのみじん切り……大さじ2 オリーブ油……小さじ1   バター……5g 好みの葉野菜・ラディッシュ……各適 ●作り方 1. 鶏肉は大きめの一口大に切り、下味の材料をもみ込む。 2. 冷たいフライパンにオリーブ油を塗り、鶏肉の皮目を下にして並べる。少しずらしてふたをし、弱火にかけて7~8分焼く。3. 鶏肉の皮がパリッとして肉の色が変わったら、余分な油をペーパータオルでふき取る。バター、パセリを加えて全体にからめ、葉野菜、ラディッシュとともに器に盛る。 トマトと玉ねぎのサラダ フレンチでは定番の、お酢やオイルで作るビネグレットソースに玉ねぎをIN。シャキシャキの食感にワクワク! ●材料(2人分) トマト……1個 玉ねぎ……1/8個[ドレッシング] 白ワインビネガー(または酢)・オリーブ油……各大さじ2 塩・こしょう……各少々 ●作り方 1. トマトはよく冷やして5㎜厚さに切り、器に並べる。玉ねぎはみじん切りにする。 2. ボウルに白ワインビネガー、塩、こしょうを入れ、塩を溶かす。玉ねぎ、オリーブ油を加え混ぜ、トマトにかける。 撮影/邑口京一郎  調理・スタイリング/ ツレヅレハナコ 取材・原文/広沢幸乃  構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
  • 長~く続いた梅雨がようやく明けてから一転、太陽が主役の暑~い真夏シーズンがやってきました...が、新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、現在はマスクの着用が求められています。ただ、気温35℃を超える猛暑日が続くなか、毎日長時間マスクを着用していると、強烈なストレスに悩まされますし、何より熱中症の危険性も高まります! そこで今回は、エディター沖島が「マスクが暑くて苦しい(>.
  • それはふらりと入ったコム デ ギャルソン青山店でのことでした。棚に並んだこの小さなミニバッグにハートを撃ち抜かれたのです。「か、可愛い……!」コム デ ギャルソンのシンプルな黒のハンドバッグといえば言わずと知れた名品ですが、こちらはコム デ ギャルソン ガールのフリル付きタイプ。黒光りするミニマルなシェイプに、相反するラブリーなフリルが大胆に三段ティアード。けれどそのフリルがかえって毒っ気を増しているのが面白いですよね。 ダーク・ロマンティック、ないしはゴシックなムードが冬からずっと気になっているのですが、これはまさにそれを体現するアイテムです。可愛いけれど毒がある。昨日まで好きって言ってくれてたのに今日は素っ気ない、みたいな。まさに小さい悪魔のようなこのバッグ、持つだけでスタイルにトゲを加えてくれるので大活躍しています。小さめですがマチがしっかりあるため財布にスマホに文庫本にポーチを入れても十分ゆとりがあるほどには大容量! 最後に気になるプライスは、なんと¥25,300(税込み)。想像以上に可愛いお値段に、ホクホクとした気持ちでお店を後にしました。
  • ヘビロテ中の birthdaybashshop のTシャツワンピ♪全体の丈も首回りのしっかりした感じも文句なし!しっかりした生地だけど、裾には落ち感もあるから細見え効果も^^ op / #birthdaybash shoes / インポートbag / #akte acc / #seadsmara  肉厚の生地と足元までたっぷりの落ち感がとにかくドストライクで◎ポケットもついていて、髪留めとかを一瞬保管しておきたいーってことも多い私にはここのデザインも嬉しいポイント! 先日akteの展示会で一目惚れしたバイカラーのマルチミニポシェットも大きなお財布持ち歩く必要がないくらい機能性高くてかなり愛用中♪そして以前BAILAの付録でついていた#pvcバッグ は落ち着いたクリアブラウンがこの季節でも使いやすくて良き◎   もう初秋からなのか?パキッと明るい色は白だけで十分で、最近もっぱらネイビーづいています^^ Instagram \おかげさまで大人気♪/ 【簡単アレンジレシピ】5分以内で"ちゃんと作った感"も出ちゃうおうちごはん6選 -セブンイレブン編-
  • 私服がとってもおしゃれってウワサの大人気バイラモデルの松島 花。そんな彼女に自分らしいスタイルをつくる“ファッションセオリー”を聞きました。 3つのセオリーで読みとく松島 花の夏ファッション 【松島 花のセオリー 01】 セットでそろうものは必ずセットアップで購入。単品でも使えて着こなしの幅がぐっと広がるから!   「セットアップ、大好きです。お店で気に入ったパンツに同素材のジャケットがあったとしたら、必ずセットで購入しています。セットアップは、そのままで完璧なバランスが完結するし、さらに単品でも着回しがきくので、1セット買うだけで着こなしの幅が一気に広がるから。ちなみにこのパンツは、p.106ではいたボトムと同じもの。プリーツ部分を外してセットのジャケットを羽織れば、まったく違うイメージになるのが楽しい!コーディネート次第できちんとした場にも着ていけるし、今日みたいにスニーカーとTシャツならカジュアルなイメージに」 SET UP:HYKE T-SHIRT:PETIT BATEAU BAG:Bottega Veneta SHOES:adidas 【松島 花のセオリー 02】 30代になっていちばんの変化は甘い服を着るようになったこと。色選びや小物合わせで大人のバランスに仕上げて 「若いころは大人っぽく見られたくて、クールでかっこいい服ばかり着ていたけれど、30代になった今、いちばん大きな変化は、逆にどこか甘さのある服に惹かれるようになったこと。プリントものやくるみボタンのディテールなど、シンプルなだけじゃない少し可愛いデザインの効いた服を、気負わずさらっと着られるようになりました。でも、全身甘めはやっぱり私らしくない。ひと目で気に入ったこの透けるチェックのプリーツスカートも、色は落ち着いたベーシックカラーにするとか、靴をレースアップシューズでハズすとか、全体でバランスをとるようにしています」 SHIRT: KHAITE SKIRT: uncrave SHOES: Christophe Lemaire 【松島 花のセオリー 03】 カジュアルなデニムスタイルもゆるゆるで着るより、どこかに必ず“きちんとキレイ”なイメージを意識 「デニムは私にとってなくてはならない最愛アイテム。毎シーズン少しずつアップデートしています。今季は、さりげなく広がるセミフレアが気分。スキニーよりも女らしくはけるし、バランスもよく見える気がする。トップスはドレープ感のあるボウタイブラウスを合わせて、’60年代のレトロフレンチなイメージで楽しみたい。デニムのようにカジュアル服の日でも、全身ゆるっとルーズに見える着こなしはあまりしないんです。足もとはヒールを合わせたり、赤リップをきかせたり、常にどこか“きちんとキレイ”に見えることを意識してコーディネートしています」 TOPS: 6 (ROKU) DENIM: RE/DONE BAG: Christophe Lemaire SHOES: Bottega Veneta 松島 花(まつしま はな) 1989年8月5日東京都生まれ。BAILAをはじめとする雑誌や広告でモデルを務め、数々のテレビ番組にも出演する一方で、動物の保護活動に積極的に参加するなどマルチに活躍中。 撮影/YUJI TAKEUCHI 〈BALLPARK〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/平元敬一 モデル/松島 花  取材・原文/東原妙子 構成/渡辺真衣〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
  • BAILAエディターズが、愛用品からおすすめカルチャーまで“おうち時間”を彩る私物を紹介!編集部員がリレー形式でお気に入りの私物やカルチャーをお届けするコラム、第100回目は、この季節になると食べたくなる、絶品かき氷です! 【「和Kitchenかんな」のとろとろかき氷】 ようやく梅雨が明けたと思ったら、なんでしょうこの猛烈な暑さ!もう息を吸うのもつらいくらいに暑い・・・、といってもこのご時世、避暑地に遠出するのもなかなかハードルが高い。さてどうして涼をとろうかと悩んでいるところに、あの「和Kitchenかんな」がテイクアウトを始めたという朗報が! 「和Kitchenかんな」は三軒茶屋に店を構える人気のかき氷専門店。純氷と日光の天然氷を選べるふわふわな氷と、こだわりぬいたオリジナルのシロップは、似た味と出会えない「ここでしか食べられないかき氷」。我が家も毎夏、ここに足を運びます。でも超人気店のため、並ぶのは当たり前、なかなか最近は行けなかったのですが、なんと「WEB予約」と「テイクアウト」が始まったんです!お店でゆっくり食べられないのは寂しいけれど、あのかんなが待ち時間ナシでテイクアウトで食べられちゃうなんて、まさに夢のよう・・・!!というわけで、早速「いちごヨーグルト」と「濃厚紫いも牛乳」、テイクアウトしてきました。 【いちごヨーグルト】 この、シロップというよりはもはやジャム!なとろっと感が「かんな」の魅力。とってもフルーティかつフレッシュな甘さ。そこに爽やかな酸味を加えてくれるヨーグルトの絶妙なマッチング・・・口福。食べ始める頃にはもう外の暑さのことなんて、完全の忘れてしまいます。 【濃厚紫いも牛乳】 「かんな」に行ったら絶対にこれは食べてほしい!沖縄産の紫いもを使ったこっくりソースは、重そうな見た目とは裏腹に、食べてみると優しい甘み。そこに追いかけて甘さをプラスしてくれるミルクシロップ。これこそ、他では出会えないオンリーワンなかき氷です。上にかかったカラフルな粒は、天然の錦ゴマ。ゴマがかかったかき氷なんて、ここでしか見たことない! まだ「かんな」未体験の方は、是非このテイクアウトを活用して、是非「初かんな」してみてください。WEB予約だけでなく、もちろん直接お店で記帳して注文することもできます。営業時間や予約残数は随時SNSで更新されるので、行く前にはチェックしてからどうぞ。(編集斉藤)
  • 遠出が難しい今年の夏は、ご近所コーデも「サマードレス」で気分を上げよう! リラックス感と洒落感をバランスよく両立させるには自分に似合う色を選ぶこと。小柄な伊藤真知さんが楽しむ「きれい色」ワンピスタイルをご紹介。 エディター 伊藤真知さん 「気分のアガるきれい色やスラリと見えるデザインが大好き」 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍。等身大のコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで私服スタイルも大人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 エディター伊藤真知さんのこの夏着たい<サマードレス6着> 「“ちょっとそこまで”もオシャレに見える、きれい色が今の定番」(伊藤さん) 「身長155㎝と小柄な私。特に布一枚のワンピースの場合は似合う形がおのずと限られてしまうので、そのぶん“色”でトレンドや楽しさを味わいます。今年は長らくオシャレを控えていた反動もあって、明るく、気分の上がるビビッドカラーに注目!ただし大人としてはそこそこの社会性も必要なので華やかななかにも落ち着きのある、くすんだトーンを選びます」 MARIHA ずっと着たかったマリハ。渋いオレンジに出会い、ようやくデビューしましたボリュームのあるティアードスカートが特徴的なマリハのワンピ。「可愛いゆえに色によっては気恥ずかしくてなかなか挑戦できないでいたのですが、今年はついに購入。レンガを明るくしたような渋めのオレンジは、パッと見ほど派手さもなくイエベの肌にもマッチ。スカートの存在感に負けない大きなかごやビーサンで、ラフに楽しみます」(伊藤さん)。 すべて本人私物 LE CIEL BLEU 袖嫌いの私が即決した、スタイルアップな一着「少しでも縦長に見せたいので、ワンピは断然ノースリ派。でもこれはウエストが太幅のギャザーでぎゅっとしぼられ、腰位置が高く見えるので、袖があってもスラリを実現。バカンスは自粛中の今年、気分だけでも海へと誘ってくれるようなブルーグリーンも惹かれた理由に」(伊藤さん)。 ワンピース¥19000/ルシェルブルー総合カスタマーサービス(ルシェルブルー) バッグ¥18000/デミルクス ビームス 新宿(マルシェ) その他/本人私物 CADUNE ブラウンの延長で楽しめるくすんだオレンジはきれい色初心者にも最適ベージュやブラウンといった茶系の小物やはおりとも相性がよく、きれい色のなかでも比較的挑戦しやすいオレンジ。「色の美しさもさることながら、胸下すぐに切り替えがあり、ウエストがキュッと細く、脚がすらっと長く見えるのには感動! ビーサンやつっかけタイプのぺたんこ靴でもスタイルよく着こなせます」(伊藤さん)。バックリボンつき。ワンピース¥28000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) 靴¥27000/アマン(ペリーコ サニー) AK+1 似合う色が見つからないなら人気の大人ブランドをチェックしてみるのも手「モデルの亜希さんが手がけるブランドということもあり、鮮やかなグリーンもあくまで大人好み。コットンシルクの上質感も着ていてアガるはず」(伊藤さん)。長めの半袖が二の腕をすっぽりカバー。胸のドローコードをしぼれば、いっそう女性らしいシルエットに。ワンピース¥34000/デミルクス ビームス 新宿(エーケーワン) バッグ¥18000/ビームス二子玉川(マルシェ) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) RHC ときには休日用と割り切って冒険カラーにトライ! ただし、形は“MY定番”をそもそもきれい色という時点で、お仕事にはハードルが高め。だったらとことん心がときめく一着を選んでも。「表情までパッと明るくなるようなマスタードは大好きな色。レースで華やかさも充分だからこそ、形は着慣れたものを選びます。小さな体をシュッと見せてくれるノースリ&ハイウエストが安心!」(伊藤さん)。ワンピース¥33000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥12700/エレンディーク 靴¥20000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) KALANCHOE 30代のピンクは選びに注意。クールに映る濃い色とシンプルなデザインを狙って美しい色使いに定評のあるカランコエは、今春デビューしたばかりのブランド。「色使いがうまいといわれるブランドで探すのも、カラーワンピ探しには効果的。下のワンピと同様、ピンクはパキッとした色を選ぶほうが実は甘さが抑えられて着やすいんです。これも色の主張が強いので、形はシンプルに」(伊藤さん)。ワンピース¥28000(カランコエ)・バッグ¥16000(ヌキテパ)/ヌキテパ 青山 靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
関連キーワード

RECOMMEND