毛穴目立ちが気になる人注目!人気ヘア&メイクに聞いた【毛穴撲滅テクニック】

@BAILA

角栓や皮脂、開きのせいで目立ってしまった毛穴にお困りの人に、人気ヘア&メイクが撮影現場で行っているという毛穴撲滅テクニックを教えてくれました。どんな毛穴問題もかわして毛穴レス肌に変えてしまうプロのテクは大注目です。

お題 今日の女優さんてば、角栓、皮脂、開きが混在。毛穴目立ちがひどい! さぁ、どうする?

教えてくれたのは…
ヘア&メイク AYAさん
その人らしさがきわだつ、透明感あふれるナチュラルビューティなメイクが得意。なかでも丁寧なベースづくりに定評あり。

ヘア&メイク 小田切ヒロさん
媚びない、知的な美しさを引き出す天才。スキンケアにも精通し、愛あふれる言葉で美容を通して美しい生き方を説く。

ヘア&メイク Georgeさん
“今っぽくておしゃれ”と“現実的で簡単”を両立させるテクニック&アドバイスは雑誌でもタレントやモデルにも大人気。

メイクアップアーティスト 耕 万理子さん
モードから実用、舞台メイクまで幅広いジャンルで活躍中。自身も毛穴悩みがあるため、的確な商品選びに定評あり。

ヘア&メイク 長井かおりさん
女性を輝かせるメイクテクニックの引き出しは無限。わかりやすいテクと説明でイベントやセミナーにひっぱりだこ。

ヘア&メイク 広瀬あつこさん
メイクが苦手な一般の女性でも取り入れやすい、簡単かつナチュラルに可愛くなれる「スマイルメイク」の提唱者。

【メイクスタート!】
1.目立つ角栓毛穴をやさしくオフ

「小鼻などの角栓にはオイルマッサージ」(広瀬)
「ザラつきを感じる部分を指でくるくるとマッサージして詰まりを取ります」。γ-リノレン酸を含む希少な発酵オイル。ルルドビオ フェイスオイル 40㎖ ¥8200/美・ファイン研究所

「ピーリングパッドで気になる部分をふき取り」(George)
「ザラつく部分のみピーリングパッドでさっとひとふきします」。デコボコしたエンボス面で角質ケア、裏面のソフトな面でふいてきめを整えて。ブリーブリー ピンクピーリングパッド 60枚 ¥2808/イムブリー

2.化粧水、オイル、クリームetc.で保湿
Point. スチーマーなどで肌をほぐし、潤いの受け入れ態勢を万全にしてから保湿


「コットンをお湯に浸してしぼり、肌の上に置く蒸しコットンで即席スチーマーに」(広瀬)
「スチーマーを肌に当てながら、化粧水とオイルで保湿します」(George)
「化粧水のあとに保湿美容液をハンドプレスでしっかり浸透させます」(耕)

3.毛穴の凹凸を下地でフラットにならす

「凹凸の補整にはこれ!さらさらのなめらか肌に」(小田切)(広瀬)
「シリコンフリーでこの補正力は素晴らしい。メイクの上から直接、つけるだけで驚くほど毛穴が目立ちにくく」(小田切)、「毛穴の目立つ頰と鼻のバタフライゾーンに塗り、ファンデーションは塗らずにパウダーで押さえるだけのほうが毛穴がカバーできます」(広瀬)。ミネラルポアレススティック 2.5g¥2500/エトヴォス

 「カラー下地のあと、ファンデの前に使う」(George)
「カラー下地のあと、毛穴の気になる部分にこれをくるくると塗り、肌をフラットにしてからファンデーションへ」。タンイドル ウルトラ ウェア ブラー ¥5000/ランコム(5月17日発売)

「光拡散効果のある下地でカモフラージュ」(耕)
「肌をなめらかに整えて、光拡散効果で毛穴の存在感を消去。保湿力も高いので乾燥肌にもOKです」。ラディアント タッチ ブラープライマー 30㎖ ¥6300/イヴ・サンローラン・ボーテ

「毛穴部分にのせたら指の腹で四方八方塗り」(長井)
「指を小刻みに動かして毛穴部分に入れ込みます」。携帯にも便利な細身のサイズ。スムージング フラット プライマー¥2500/ジルスチュアート ビューティ

4.コンシーラーできっちりカバー
Point. コンシーラーで色素沈着系毛穴・開き毛穴の両方をカバー

「適した肌色のコンシーラーで毛穴を埋める」(AYA)
「コンシーラーブラシで小刻みに毛穴まわりを往復させます。厚塗りやムラづきが防止され、毛穴がきれいに隠れます」。(左から)パーフェクトコンシーラー コンパクト 5g ¥4500・フィンガーコンシーラーブラシ¥3600/アディクション ビューティ

5.パウダーで化粧膜をフィックス
Point. ファンデーションのあと、フェイスパウダーで透明ベールをかける

「小さなブラシで毛穴部分にパウダーのせ」(長井)
「顔全体にかるくパウダーをはたいたあと、毛穴部分にのみ小さなブラシを使って、小刻みなタッチでパウダーを埋め込んでフラットにします」。(右から)SHISEIDO NANAME FUDE マルチ アイブラシ¥2800/資生堂インターナショナル フェイスパウダー 0020g ¥5000/コスメデコルテ


撮影/ケビン・チャン イラスト/沼田光太郎 取材・原文/平 輝乃 ※BAILA2019年6月号掲載

関連記事
  • 秋が深まっていく今日この頃。今年のコート、もう決めましたか?今日は肌寒いですね。いよいよアウターの季節が近づいてきたのを感じます。 今年注目のエコファーコート。柔らかな毛足感とメランジブラウンが大人可愛いこちらは、見た目より断然軽く、ふわりと羽織るだけで今年のムードをまとえます。 そして誌面では見えなかったコートインをご紹介(2枚目)。 これ実はトレンドのネオプレン素材。スポンディッシュなハリ感がちょっとモードな印象で、驚くほど極軽!です。 (副編 K沢) #リヴィアナコンティ #jマダムのおしゃれ #コート #エコファー #エクラ #エクラプレミアムLIVIANA CONTI エコファーコート
  • アラフィー定番のコーディネート術「ワントーン」。年間を通し大人気ながら、マンネリ化して見えるという悩みも。そんなモヤモヤを解決し、もっと素敵に今どき感もアップする着こなしへと更新する方法をリサーチ。「ブラウンベース」「異素材コーデ」「柄投入」の3つの方法で、さらに美しく洗練されたムードを演出! 1.注目の「ブラウン系」であかぬける今季は旬のブラウンベースでまとめるワントーンが断然気分! ダークブラウンならマニッシュに、キャメル系ならまろやかに、色幅が広く、いろんなイメージをまとえるのも人気の理由。同色はもちろん、あえて色を微妙にずらして奥行きを出すのも今っぽい。ボルドーを効かせた色の重なりがワントーンを素敵に見せるコツブラウンのワントーンのようで、実はボルドーのニットを組み合わせ、華やかな女らしさを潜ませて。微妙な色の違いが着こなしに奥行きを出し、ワントーンコーディネートながら単調にならないのが新鮮。 ニット¥31,000/スローン スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) 帽子¥10,000/アナイ ピアス¥47,000(ベアトリス パラシオス)・靴¥60,000(ロランス)/以上エストネーション ストール¥69,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ベグ アンド コー) バッグ¥194,000/ジミー チュウグレーはカーキを加えることでメンズライクなムードに刷新!これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかなグレーのワントーンから一歩進んで、この冬は濃いめのカーキを取り入れたメンズライクな色の広がりに挑戦したい。タートルニットにワンピースを重ねることで、ハンサムな色の中に女らしさを感じさせる装いに落とし込むのが大人流。 ワンピース¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥25,000/スローン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥18,500・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥35,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー)靴¥101,000/ジミー チュウ幅広い色みと豊富な素材感は冬ならではのお楽しみ異なる素材とブラウンのバリエーションを組み合わせてエレガントでリッチなムードを演出。 コート¥140,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥58,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエムクラス) パンツ¥55,000/アスペジ 六本木店(アスペジ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(ローラ ロンバルディ) ネックレス¥39,000(マラ カリーゾ スカリス)・バングル¥22,000(ユアソル)・バッグ¥120,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 神戸店 靴¥75,000/アマン(ペリーコ)絶妙な抜け感が出る柄アイテムでワントーンの新しい可能性が広がるブラウン単色でまとめたワントーンはともすれば単調でマニッシュになりすぎることも。チェックパンツを加えることでぐっとこなれて見えるメリットが。今季らしく仕上げるには柄を取り入れて鮮度を上げるのも効果的。 ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) カーディガン¥25,000/ビームス ハウス 丸の内(ルトロワ×デミルクス ビームス) パンツ¥92,000/アスペジ六本木店(アスペジ) ピアス¥23,000/ドゥロワー 六本木店(グーセンス パリ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)まろやかな華オーラを放つエクリュが主役の上品ワントーン女らしく明るいイメージでワントーンを着こなすなら、ライトベージュからエクリュのまろやか色のグラデーションで華やかに。白とは違う優しい色みは、大人の肌になじみつつ顔映えアップもお約束。洗練度をぐっと引き上げてくれる。 コート¥98,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ニット¥34,000/スローン パンツ¥37,000/デ・プレ ピアス¥38,000/エストネーション(アリギエーリ) ストール¥54,000/ロンハーマン(アソースメレ) バッグ¥87,000/フィーゴ(フェリージ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)2.新鮮素材のミックスで“上級見せ”がかなう色のトーンをそろえるだけでなく、素材がもつテイストの違いを意識してみると、ワントーンはさらにおもしろくなる。コツはあえて真逆のものを組み合わせてみること。単純なワントーンも素材によって生まれる色の陰影によって、おしゃれ上級者見えする着こなしへと導いてくれる。<カジュアル素材×リュクス素材>【ファー×コーデュロイ】リッチ素材をカジュアルダウン。すっきりなじんで上品に仕上がる 毛足の長いファージレは、エレガントなスカートよりもメンズライクなコーデュロイのワイドパンツで、ぐっとカジュアルにこなれさせて。ファー特有のラグジュアリーさが引き算され、ニット&コーデュロイのデイリーなコンビも格上げされる。 ジレ¥165,000/アマン(プロタゴニスタ) ニット¥31,000/スローン パンツ¥39,000/ebure 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) 2重に巻いたネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥59,000/アマン(エレメ)【ニット×ベロア】オールブラックを小粋に見せるベロアの絶妙な光沢感 ざっくりミドルゲージのケーブルニットのカジュアルさと、ベロアの上品な光沢が絶妙な今っぽさにつながって。全体をブラックにまとめることで、スタイリッシュで大人なムードも演出できる。 ニット¥32,000/スローン パンツ¥43,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)イヤリング¥18,000/エッセンス オブ アナイ(アントン ユーヌス) バッグ¥117,000・靴¥76,000/ジミー チュウ【ミンク×チノ】素材の振り幅の広さがおしゃれ指数を押し上げる ミンク特有の毛並みによる自然なグラデーションが美しいコートを主役に、チノスカートという真逆なテイストをぶつけてカジュアルダウン。スニーカーが絶妙なハズしアイテムとなり、一点豪華なコートを引き立たせる。 コート¥480,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) ニット¥22,000/ビームス ハウス 丸の内(バトナー×デミルクス ビームス) スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥60,000/フィーゴ(フェリージ) 靴¥21,000/ノヴェスタジャパン(ノヴェスタ)<マニッシュ素材×フェミニン素材>【レザー×レース】特別感のあるアイテムも異素材ワントーンでデイリーに ウエスタンシャツのディテールをもつマニッシュなレザージャケットは、肌の透け感が抜群に女らしいレースのワンピースと合わせてドレスアップ。オールブラックだからこそ、フェミニンな総レースも、大人の色気漂うスパイシーな着こなしに。タフなレザーの質感とレースの繊細さの落差が大きいからこそ、ブラックのワントーンが地味にならない。 ジャケット¥245,000/マディソンブルー ワンピース(インナーつき)¥68,000/サードマガジン バッグ¥52,000/アマン(ペリーコ)【モヘア×レザー】ふわふわ柔らかな女らしさとハードなかっこよさをミックス 着こなしによっては甘くなりすぎてしまうモヘアのロングカーディガンは、モードなかっこよさがきわだつレザーのプリーツスカートで辛さを投入。ダークブラウンを選ぶことでレザーのハードさが軽減され旬なワントーンに。 カーディガン¥28,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) ニット¥25,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) スカート¥98,000/ebure バッグ¥57,000/アパルトモン 神戸店(ヘリュー) 靴¥37,000/カチム【ツイード×とろみ】大人しくなりがちなベージュトーンはメリハリ素材で今っぽさを加えて 胸のワッペンやゴールドボタンなどトラッドテイストが満載のツイードジャケットは、とろみのあるしなやかなパンツと合わせて辛口フェミニンに。中のTシャツをジャケットの色と同じベージュにすることで、肩の力が抜けた大人な装いに。 ジャケット¥110,000/マディソンブルー Tシャツ¥9,000/ebure パンツ¥20,000/エストネーション ネックレス¥13,000/アルアバイル(ソコ) バッグ¥55,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)<スポーティ素材×エレガント素材>【スウェット×シルク混素材】ツヤ素材との組み合わせでスウェットがお出かけ仕様に 再ブレイク中のスポーティなスウェット。合わせるボトムはカジュアルさは控えめに、ダークグレーの光沢が美しいシルク混スカートで、女らしさが漂うグレーのワントーンコーディネートに仕上げて。素材のメリハリが着こなしのポイント。 スウェット¥26,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)【ボア×ギャバジン】コンサバカラーを今どきに更新するスポーティ素材との組み合わせ スーツなどに使われるギャバジンウールのタイトスカートはともするとコンサバに傾きがちだから、アウトドアなボアジャケットを投入することでこなれ感たっぷりに。女らしさ多めの小物使いで全体のバランスを大人仕様に。 ジャケット¥39,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥27,000/サードマガジン バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ヴィオラドーロ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)【ナイロン×落ち感素材】黒を重ねることでいつものダウンが見違える スポーティさ抜群のナイロン素材のダウンベストを大人が都会で着こなすには、ブラックのワントーンでスタイリッシュにまとめると簡単におしゃれが決まる。光沢のある素材と真逆に位置するマットな落ち感素材で大人なムードを満喫したい。 ダウンベスト¥57,000/F.E.N.(デュベティカ) ニット¥22,000/エンフォルド パンツ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)3.【アニマル・チェック・パターン】「柄&小物」を加えてスパイスアップ!柄の中にある一色と、その他のアイテムの色を合わせるだけで完成する、柄を取り入れた「新ワントーン」。なかでも今季大注目のアニマル柄や定番のチェック柄、人気上昇中のジャカードやゴブラン織りなどにも注目。柄のもつ華やかさを楽しみつつ、ワンランク上の洗練を手に入れて。<アニマル>色のトーンが同じなら、大胆な柄もシックに決まるコントラストの強いゼブラ柄ときれいめなボウタイの組み合わせが新鮮なブラウスは、やはりブラウンがキーカラー。ざっくりとしたニットガウンやコーデュロイパンツ、ブーツなどすべてのアイテムをブラウン系でまとめることで、柄の大胆さが強く出すぎることなく洗練されたバランスに。 ブラウス¥95,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニットガウン¥36,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) 靴¥65,000/カチムエイトンはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>インパクトの強い柄はスポーティさで引き算’80年代感が出ないよう、ヒョウ柄はスポーティアイテムを合わせてカジュアルダウンするのがマスト。今季ならビッグシルエットが旬のパーカがベストマッチ。 スカート¥130,000/マディソンブルー パーカ¥26,000(アメリカーナ)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 神戸店 靴¥65,000/カチム<チェック>ざっくり巻いて包み込む、柄が生み出す立体感を堪能大きなチェック柄の大判ストールは、ブラウンをベースに、ブラックやグレージュなど冬に多いベーシックカラーが柄の中に入っているので、どの色とのワントーンも決まりやすく冬の間重宝する。ニットの上に肩から大きくざっくりと巻いて、包まれるような暖かさをたっぷりと味わいたい。 ストール¥120,000(アロンピ)・ニット¥36,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 神戸店 パンツ¥52,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥40,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ)大胆なチェック柄でトラッドな装いをアップデートチェックのスカートの中の一色であるブラックと、ジャケットやニットなどすべてをブラックで統一したワントーン。暖かみのあるシャギーウールのスカートは、ブラックベースの着こなしも優しげに見せてくれる。 スカート¥98,000/ebure ジャケット(ジレセット)¥149,000/アマン(アンスクリア) ニット¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) バッグ¥298,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)<パターン>華やかなジャカード柄で、ネイビーが大胆に生まれ変わるネイビーベースにオレンジの花柄が織られたパンツを主役にした着こなしなら、大人しくなりがちなネイビーのワントーンが華やかにシフト。 パンツ¥48,000/ロンハーマン(サヤカデイヴィス) カーディガン¥79,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) イヤリング¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥68,000・バッグストラップ¥7,500/アパルトモン 神戸店(クレア ヴィヴィエ) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)ワントーンだからこそ柄の美しさが引き立つエスニックなペイズリー柄を、ツヤのある生地とボリューミーなティアードスカートでぐっとフェミニンに。ステッチがアクセントになったボウタイブラウスと合わせて、ノーブルさ漂う上品なワントーンコーディネートに。 スカート¥28,000/エストネーション ブラウス¥29,000/レリアン お客様相談室 ピアス¥14,000/アルアバイル(ラダ)バッグの柄までそろえれば、立派なワントーン上級者!存在感のある大きめサイズのエスニック柄のバッグと服の色をカーキからグレージュで統一。すっきり見えるのもうれしいポイント。 バッグ¥61,000/アマン(ア ヴァケーション) ニット¥59,000/ロンハーマン(エクストリーム カシミヤ) スカート¥28,000/デ・プレ(ノット) 靴¥85,000/レリタージュ マルティニーク(クレジュリー)今季バリエーション豊富! 旬のパターン柄アイテム取り入れやすい靴とバッグでスパイスを効かせて 黒やグレーとなじませやすいパイソン柄。存在感があるので小物で小さく取り入れるのが簡単。 (右)細身のシンプルなブーティでエレガントな足もとに。靴¥75,000/アマン(ペリーコ) (左)ビジューを効かせたバックルがリュクスなアクセントに。取りはずしできるショルダーストラップつき。バッグ¥369,000/ジミー チュウペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>細ベルトのアクセントが上質な女らしさを演出 アニマル柄初心者は大胆よりもさりげなく、を意識して取り入れるのが鉄則。ベルトなら細めをチョイスして。ヒョウ柄はブラウンやベージュ系、パイソン柄はグレーや黒のワントーンと好相性。 ベルト(右)¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(メゾン ボワネ) (左)¥15,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ)深まる季節に欠かせない柄の巻きものが大活躍 一枚のスカーフの中にヒョウやゼブラなどの異なる柄をミックスした一枚。ブラウンベースだから派手すぎず、合わせる服を選ばない。冬のコートと合わせても負けないボリュームがあり、首もとに華やかな立体感をつくってくれる。肌ざわりのいいシルクコットン素材で軽やか。 スカーフ¥36,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア)グレートーンを今どきに見せる、華やかカラーのアクセント ベースカラーと組み合わせた鮮やかなアクセントカラーが、重くなりがちな冬のワントーンを軽やかに見せて。 ストール(右)ネイビーやイエロー、グリーンが入ったライトグレーベースのタータンチェック。生地密度が高くていねいな起毛が施されたカシミヤの肌ざわりは、一度手にすると手放せない。¥57,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョシュア エリス) (左)グレンチェックとグリーンの2面をリバーシブルで楽しめる一枚。¥87,000/ドゥロワー 六本木店(ジョンストンズ)ジョシュアエリスはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>ジョンストンズはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>かわいげな着こなしにも似合う上質な大人の一足 ネイビーのワントーンコーディネートの足もとに取り入れたいドット柄パンプス。スカートはもちろん、パンツとの合わせで、ハンサムな着こなしの中に大人のかわいげと遊び心をのぞかせても素敵。太めの低ヒールだから安定感がよく、美しい一足をデイリーに楽しめる。 靴¥107,000/ドゥロワー 青山店(マノロ ブラニク)深みのあるブルーグレーでグレートーンがしゃれ見え ワンツーコーデは柄アイテムを投入し、洗練されたムードに。グレー寄りのブルーの花柄パンツと、ざっくりとしたモヘアニットでグレーのワントーンが完成。パンツはタック入りのシルエットと膨らみのあるジャカード織りで下半身の体型カバーもかなう。 パンツ¥27,000/ロンハーマン ニット¥43,000/アングローバル(イレーヴ) >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA LIZA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • 10月23日発売のSPUR12月号では、「なにわ男子と人生最上の聖夜」と題して、なにわ男子のみなさんにご登場いただきます!(撮影現場でのこぼれ話はこちら)本日は撮影現場にはいなかったある編集からの話です。 保存なにわ男子のメンバーの中で最初にその名前と顔を知ったのは、道枝駿佑さんでした。2017年に放送されたドラマ「母になる」で沢尻エリカさんの息子役を演じていたのが当時14歳だった道枝さん。ドラマ好きのライターさんや同僚と「あの子の演技いいよね、気になる」という話題になり、その流れで「へー、関西ジャニーズJr.なんだー」と知りました。昨年「なにわ男子」といういささかインパクト強めの名前のユニットがいると聞き調べたら、あっ、あの道枝くんがいる! 「ごちそうさん」「あさが来た」に出演していた西畑くんも! というわけで、「なにわ男子、なんとなく気になるぞ」と思いつつも、実際には今年5月のさいたまスーパーアリーナでの「ジャニーズ IsLAND Festival」まで、みっちりパフォーマンスを拝見する機会はなかったのです。3組が共演したライブ、どのグループも素敵で大興奮だったのですが(いや、これどう考えてもお得すぎません?ってぐらい)、1組だけ初見だったなにわ男子のインパクトが個人的に凄まじく、初めて聴いた「ダイヤモンドスマイル」になぜかほぼ泣いている自分がおり。「何だこれめちゃくちゃキラキラしてる……輝きがすごいし、本当にみんな楽しそう!」取材しなきゃという気持ちが自分の中で一気に膨らんだのを覚えています。編集部より出演のお願いをしてから4ヶ月。ついに取材日が出たー! と喜んだのも束の間、それはちょうど自分の別の出張の出発日だったのでした。泣く泣く取材は同僚にバトンタッチ。信頼できるスタッフチームのおかげで内容にはまったく不安はなかったのですが、乗り継ぎのヘルシンキの空港で同僚からの「無事おわりました! めちゃくちゃ良い方々でした」というLINEを開きまして、ほらやっぱりね! とほっとするやら嬉しくなるやら。撮影現場でのメンバーの仲睦まじい様子は上記のこぼれ話を読んでいただくとして(マイナスイオン出てるかな?ってぐらいほっこりしますよ)、現場にいなかった自分としては誌面のインタビューの内容も「へえ、こんなこと考えてるんだ」ととても興味深かったです。 あの5月のライブの頃から考えてみても道枝さん&長尾さんのドラマ出演、松竹座での舞台「少年たち 青春の光に…」、東京ドームでのJr.ライブ、そしてなんといっても11月からの初の全国ツアー。短い間にどんどんパワーアップしていく彼らには本当に、目が離せなくなる「中毒性」があるなあと。いつもより少しだけ大人っぽい表情の7人との、一足早い「最上の聖夜」をお楽しみください。 SPUR12月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • 光る おなじみのアイテムもキラキラと光るだけで、途端に新鮮な印象に。いつものウェアにプラスして、スタイリングを盛り上げたい。MARINE SERREのタイトスカートシルバースカート¥140,000(参考価格)/MATT.(マリーン セル)アップサイクルのデニムを使用したミニ丈のタイトスカート。全面にメタリック加工を施すことで、スタイリングのフックになるスペイシーなアイテムに。MAISON MARGIELAのグラム スラムバッグ〈H29×W43×D14〉¥268,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)ブランドのアイコニックなバッグ「グラム スラム」がオーロラカラーで登場。光の当たり方で色を変え、特徴である立体感をよりいっそう際立たせる。MSGMのブルゾンブルゾン¥85,000/アオイ(MSGM)ベーシックなブルゾンも、メタリックになればエッジのきいた存在に。ショルダーに配されたゴールドの切り替えがアクセント。IENKI IENKIのダウンジャケットダウンジャケット¥150,000/エイチ ビューティ&ユース(イエンキ イエンキ)暗くなりがちなダウンジャケットも、箔のような質感のゴールドならぐっと華やかに。ベルトでウエストを絞れば、シルエットにメリハリが生まれる。軽くて暖かい高品質の 羽毛を使用。DRIES VAN NOTENのニットニット¥115,000/ドリス ヴァン ノッテンシルバーやゴールドのスパンコールを贅沢にあしらって。クルーネックのニットが、ロマンティックなアイテムに変貌。MANOLO BLAHNIKのハイヒールパンプスパンプス〈ヒール9cm〉¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)かかとの中心にくるようヒールを設置することで、抜群の安定感を誇る「BB」。まばゆいまでに輝くシルバーのラメが足もとをとびきり華やかに彩る。ALEXA CHUNGのセンタープレスパンツパンツ¥43,000/ブルーベル・ジャパン(アレクサチャン)端正な佇まいのセンタープレスパンツも、ゴールドのメタリックによって主役級の存在感に。BELLA FREUDのタートルネックニットニット¥39,150(参考価格)/ステディ スタディ(ベラ・フロイド)繊細にきらめくラメ混のタートルネックニット。胸元には、ブランドロゴのワンポイントが。MARIA LA ROSAのソックスゴールドのソックス¥5,800/ロク 渋谷キャットストリート(マリア ラ ローザ)メタリック加工を施したソックス。素材の82%がシルクなため、肌ざわりは極上。 インティメイト いつもの服をより快適に、マンネリなルックにアクセントを。普段引き出しの中に隠れている名脇役をラインナップ!BASERANGEのオールインワンオールインワン¥11,500/BASERANGE TOKYO(ベースレンジ)下着や肌着に定評のあるベースレンジの、アクティブウェアやインナーとして使えるありそうでなかったタイプのオールインワン。防寒性があり、ワンピースの下に着てもおなかの部分がもたつかない。CHICSTOCKSのソックスソックス 各¥1,800/ノーデザイン(シックストックス)シックストックスのソックスは、つま先、かかと、足裏がクッション性のあるパイル地。はき心地に加え豊富なカラーも揃う。L'ANGELIQUEのスリップキャミソール¥19,000・ペチコート¥16,000/エストネーション(ランジェリーク)エストネーションとのコラボレーションカラー。うれしいことに、華麗さと透けづらさを両立!KARAKORAM ACCESSORIESのニットグローブニットグローブ¥11,000/GALERIE VIE 丸の内店(カラコラム アクセサリーズ)ハンドメイドとは思えない緻密な編み目を実現するカラコラム。素材は柔らかく暖かいアルパカ100%。PLAN Cのネックウォーマーネックウォーマー¥22,000/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン C)ニットが得意なプラン Cのネックウォーマー。ボタンが配されたリブ編みという、ほどよいデザイン性が魅力。HAKUJIのカットソーカットソー¥14,000/ブランドニュース(ハクジ)シンプルさと上質さを追求するハクジ。他の服を邪魔せず、シルク混で心地よさを与えてくれるため、毎日でも着たくなる。TANIのアンダーウェアブラジャー¥3,900・ショーツ¥2,800/タニ ジャパン(タニ)タニの素材へのこだわりは随一。オーストリアのブナの木から生成された天然繊維は、驚くほどしなやかな肌ざわりだ。服への影響が少ないストイックさと、センシュアルなディテールのバランスが絶妙。OVERNEATHのニーハイソックスソックス¥3,800/ロク 渋谷キャットストリート(オーバーニース)洋服を着ることをより楽しくするオーバーニース。マチュアなニーハイソックスは着こなしの幅を広げる。JENNIFER OUELLETTEのヘアピンヘアピン 各¥2,200/ロンハーマン(ジェニファー オーレット)ベーシックなタイプのヘアピン。シックな色みのリボンをあしらうことで大人の女性のためのアイテムに。GIU GIUのニットレギンスニットレギンス¥43,000/スーパー エー マーケット(ジウジウ)ニットブランド、ジウジウの肉厚なレギンス。深めのリブやストレートシルエットがモードなスパイスに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年12月号「一周回ってこれが私のニュースタンダード」photography: kimyongduck styling: Sumire Hayakawa 〈KiKi inc.〉 text: Mai Ueno
  • アニマル・フレンドリーな素材と、体をソフトに包む着心地、手が届くプライスレンジ。3つのカテゴリーの‟やさしさ”をかなえる、冬本番のためのアウターがここに。 いきものにやさしい もはやエコファーはモードのスタンダードに。軽くて手入れもしやすく、豊富なデザインがラインナップ。 (左)美しいバーガンディブラウンの‟ファー フリー ファー”は、光沢のある長く美しい毛足が特徴。襟と身頃合わせに用いられたヴィーガンレザーで、マスキュリンな表情を加えて。レザー風ジャンプスーツと、モダンに着こなしたい。 コート¥259,000/ステラ マッカートニーカスタマーサービス(ステラ マッカートニー)03-4579-6139 ジャンプスーツ¥110,000/UNIT&GUEST(ティビ)バレエシューズ¥23,000/ドゥロワー 青山店(オペラ ナショナル ドゥ パリ) (下)フェイクファーの毛先をフューシャレッド、根元を深いグリーンに染めたコートは、動くたびに芳醇な色の移ろいを楽しめる一着。大胆なツートーンのカラーコントラストも、柔らかな質感でエレガントな仕上がりに。ウール素材のベルテッドコートの上から羽織り、体にゆったりと沿うやさしいシルエットを楽しみたい。 コート¥149,000・中に着たコート¥174,000/ドリス ヴァン ノッテン 03-6820-8104¥209,000/コロネット(フォルテフォルテ) 03-5216-6518‟フェアリーテール”がテーマの今季。妖精が住む森をイメージした樹皮が描かれたコート。シャギーテクスチャーでモードな印象に。身頃の合わせ部分と、襟のエッジに施されたフリンジもポイント。¥169,000(参考価格)/ケンゾーパリ ジャパン(ケンゾー) 03-5410-7153 ペルーのブランケットに着想を得たというチェックパターンを4色のマルチカラーで表現。主役級のインパクトを。¥235,000/sacai 03-6418-5977メルトン素材のジャケットに2種のエコファーをあしらったハイブリッドなコートジャケット。質感のアンサンブルを堪能して。¥216,000/イーストランド(ヘロン・プレストン) 03-6712-6777渋みのあるコバルトブルーのボディと、ブラックのラペルのコンビネーションが新鮮。袖に配した鮮やかなオレンジタグがポップなムードを添える。¥148,000/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) 03-3408-8681今季のコンセプトのひとつ‟スケール・アップ”スタイルを表現。ボリュームのある長い毛足で誰にも負けない存在感を。¥75,000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケルマイケル・コース) 03-5772-4611ホワイトのカーリーな毛足が愛らしいロングコート。ほどよくオーバーなフォルムで、合わせるものを選ばずラフに羽織れるのもうれしい。¥220,000/アディアム 東京ミッドタウン店(アディアム) 03-3402-1019エコファーの襟とカフスは取りはずし可能。厚みのあるウール地、ふんわり広がるAラインと大きなラペルで女優気分を味わえる。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「コートのやさしさに包まれたなら」photography: Yuto Kudo (model), Takehiro Uochi 〈TENT〉(still) styling: Tomoko Kojima hair: Yusuke Morioka 〈eight peace〉make-up: NOBUKO MAEKAWA 〈Perle〉 model: Ola calligraphy: Haruka Toshimitsu edit: Sakiko Fukuhara cooperation: BACKDROPS=STUDIO BASTILLE
  •  毎年一度は訪れる台湾。多いときには年に6度足を運んだこともある大好きな旅のデスティネーションです。食いしん坊ライターとしては食べたいものリストが長すぎて、弾丸トリップは念頭になく最低3泊が基本。そのうち1日は日帰り、もしくは1泊で地方旅に出かけています。昨年は新竹への”本場のビーフンを食べ、北埔の水井茶堂に行く”デイトリップを企画。今年は、友人とふたりで台南の近くの嘉義に1泊旅行をすることに。嘉義名物、鶏肉飯 以前から台湾に住む友人に「次は嘉義に行ってみたら?」と言われていたのと、Netflixの”ストリート・グルメを求めて”というドキュメンタリーの中に嘉義の魚の頭のスープが出て来たから。嘉義は、グッと引き込まれた人気歌手クラウド・ルー主演のドラマ「お花畑から来た少年」の舞台だった、のどかな台南の少し北。久しぶりに台北駅から高鉄(台湾の新幹線)に乗って1時間半ほど南下。夏はさぞかし暑いんだろうな、と南国の夏に思いを馳せながら街歩き。ココナッツを売る市場の店、お茶や台湾檜でも知られる阿里山が近いので名産の琥珀色のゼリー、愛玉子(オーギョーチー)の屋台などが並び、ゆったりした雰囲気がいいのです。今回泊まったホテルデイプラスには無料のレンタサイクルがあり、行きたいところを効率よく回れました。この宿は台北に住む友人のお勧めで、リーズナブルで、ロケーションもとても良かったです。  まずは、ホテルでもらった”散歩録”地図に14軒も紹介されている、嘉義といえばの鶏肉飯をランチに。台北の友人ステラ、嘉義在住のアンバーのお勧め、郭家鶏肉飯へ(ちなみに台中に住むニッキーは大同火鶏肉飯推し)。鶏肉飯はシンプルで優しい味わい!そしてもち米にピーナッツ入りの腸詰の形をしたものも指差しオーダー。みたらし団子のタレがかかっていて、好みでした!!  今回の旅の目的とも言える、魚の頭のスープの林聡明沙鍋魚頭も近かったので、早速行ってみることに。店先でテイクアウト用、店内用にグツグツ大鍋で煮込んでいるスープには、白菜、豆腐、湯葉、木耳、豚肉、ネギ、沙茶醬などなどが。魚の頭を揚げ続ける鍋もあり、豪快。ひっきりなしにオーダーが入ります。コクレン魚の頭の身は鱒に似ていて、コラーゲンたっぷり。野菜の甘みたっぷりの具沢山スープに、Q麺を入れたメニューは17時から限定だそうでそちらも人気だそう。ご飯ものメニューも充実でまた行きたい!  お腹はじゅうぶん満たされたので、ニッキーとアンバーが激しく推す、行列必至の”グレープフルーツジュース屋”さん御香屋に。なぜ、グレープフルーツジュースに行列???と思いきや、飲んでびっくり、タピオカの次はこれが来るといいな!と思うくらい美味。紅鑽葡萄柚綠茶は、ピンクグレープフルーツの果肉と果汁に、阿里山が近いからか中国緑茶をブレンド。さらに干し梅の甘じょっぱさがふわり。こんなに行列なのに、嘉義にしかない店だそう。翌日トライした、パッションフルーツと緑茶のブレンドにも目から鱗でした。  嘉義の食べ歩きの夕暮れどきには、嘉義に住む友人アンバーのお気に入りだという玖珈琲へ。バリスタのマンゴーさんが、オリジナルブレンドの美味しいコーヒーを選んでくれました。台湾はお茶もコーヒーも同じくらい感動するほど美味しいですよね。居心地のいいこの店を出たときに見た、やわらかな薔薇色に空が染まる夕焼けはまさにマジックアワー、幻想的でした。 街角のココナッツジュースの店ノスタルジックな街の風景林聡明沙鍋魚頭他の画像を見るHOTEL DAY+「ストリート・グルメを求めて」「お花畑から来た少年」撮影&文/桂まり
  • ファッションウイークの期間には、多分野の話題も相次ぎます。この秋のオフ・イベントから、まずは「モダン・マハラジャ」展。中央インド、インドール県のマハラジャが1930年代に作らせた邸宅、マニク・バグ宮の調度品を中心とした展覧会です。彼は当時ル・コルビジェやブランクーシらとも親交があり、インドの伝統と欧米のアール・デコやモダニズムの融合という特別な世界観を築きました。ところで州は変わりますがインドと言えば、ジャイプールを創作の拠点とするジュエリー・デザイナーのマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック。9月25日には彼女の作品の集大成Gold and Gems (Rizzoli刊)の出版記念サイン会が開かれました。 グルメ×モードの例では、ジャックムスのシモン・ポルト・ジャックムスのディレクションで完成したレストラン「ウルサン」が、新たなホットアドレス。パートナーシップを組んだのは、老舗レストラン「キャヴィア・カスピア」で知られるカスピア・グループです。一方シモンの親友でインフルエンサーのジャンヌ・ダマスは、自身のブランド「ルージュ」の初の旗艦店を、レストラン併設でオープン。1年前に彼女のトレードマークの赤リップを中心にスタートした、メイクアップ・ラインも好評です。一方メイクを含めたビューティのこだわりセレクトなら、オープンしたばかりのドーバーストリート・パルファン・マーケット(DSPM)へ。DSMによる世界初のビューティ専門店であるここには、発表されたばかりのトム・ブラウンの香りコレクション「09.27.65」から、サステイナブル&オーガニックなニッチブランド、例えば最近はヴィーガン・レザーのケースを発表した「ラ・ブッシュ・ルージュ」など。ヴィーガン・ファッションを徹底するのは、女優のルーニー・マラによる、ロサンジェルス拠点のブランド「ヒラエス」です。レザーやファーだけでなく、ウール、カシミア、シルクも一切使わないヒラエスのコミュニティは 、倫理的ファッションに共鳴する人たち。その流れで、今回パリでのヒラエスのショールームでは、サステイナブル・トークが開かれました。そして一番の話題は、シャルロット・ペリアン展。その創造性だけでなく、大戦前後の女性の社会的地位向上に貢献した彼女は、今まさに見直したい存在です。数年前にはルイ ヴィトンがペリアンにインスパイアされたカプセル・コレクションを発表しましたが、この偉大な家具デザイナー&アーティストは、今でもジャンルを越えた影響力を放っているのです。 text: Minako Norimatsu 右:マハラジャ夫妻の写真(Centre Pompidou - Musée National d'Art Moderne)とチェス(The Art Institute of Chicago)、共に1927年マン・レイによる作品。 左:Ivan Da Silva Bruhnsデザインのカーペット© Adagp, Paris, 2019 。Moderne Maharajha, Un mécène des années 30 展は開催中~来年1月12日。Musée des Arts Décoratifs ‪107, rue de Rivoli 75001 photos : Luc Boegly‬右:ウルサンのディッシュは、ウニのタラマを始めシーフードがメイン。左:ジャックムスによる内装は、夏の地中海がイメージ。Oursin , Galeries Lafayette Champs Elysées ‪60, Avenue des Champs Elysées 75008‬ 12時~22時30分(日、月~21時30分)無休 Photos © Yoann et Marcoウェブ展開のみでスタートしたルージュが、ロサンジェルス、東京でのポップアップに続いて旗艦店をオープン。内装は、本誌でも2年前に特集したインテリアのブランド、デモデのマリーフランス&ステファニー・コーエン。Rouje & Chez Jeanne ‪11, rue de Bachaumont 75002‬ photos : Harmony Ferreira右:店内の至るところに見られる、卵型の棚を内包した円柱は、川久保玲自身のデザイン。左:新作Slow Danceも一押し、バイレードのフレグランス・コーナーは同ブランドのファウンダー、ベン・ゴーラムのデザイン。Dover Street Parfums Market 11 bis, rue Elzévir 75003 Photos © David Foesselエッジー&ロマンティックなHiraeth 2020年春夏コレクションより。ヒラエスが所属するショールームLE 31が主催したサステイナブル・トークの主役はボストンのセレクトショップViola Lovely のLisa Cancelli。photos: Courtesy of Hiraethシャルロット・ペリアン展より。再現された学生寮の部屋(Cité Universitaire Internationale de Paris, 1952年)には、アイコニックな棚「ニュアージュ」が。Charlotte Perriand, Inventing a N ew World 展は開催中~来年2月24日まで。Fondation Louis Vuitton ‪8, Avenue du Mahatma Gandhi – Bois de Boulogne 75116‬
  • 夏の肌疲れが出てくる今日この頃、毛穴の開きが気になります。そんな悩めるアラフォー女性にもピッタリ!1日中毛穴レスになれちゃうBBクリーム今回、マリソル編集部からお試しのチャンスを頂いた“サナ 毛穴パテ職人 エッセンスBBクリーム”は①毛穴パテ効果 ②化粧下地 ③ファンデーション ④コンシーラー ⑤美容液効果 ⑥UVカット効果 ⑦肌ストレスブロック効果と1本で7役!という職人技なBBクリーム!久しぶりにBBクリームを使いましたが、急いでいる朝メイクや休日に「ちょっとそこまで!」には、とっても便利ですね。写真左)潤いたっぷりの、しっとりした質感。 写真中)気になる頬近くの毛穴には、トントンと重ねて 写真右)ベースメークがキレイに決まると、その後のカラーメイクも楽しみに♪美女組No.67★アニスのブログ
関連キーワード

RECOMMEND