【ワークマン(WORKMAN)】ガチの作業着ジャケットを女子向けデイリー活用!

@BAILA

日本全国に約830店舗を構え、作業着メーカーとして圧倒的な人気を誇る【ワークマン(WORKMAN)】が、高機能・高品質・カラフルなデザインを取り入れ、他アウトドアブランドの定価の1/3プライスを目指して開発するオリジナルブランド「FieldCore(フィールドコア)」。ガチのワークウェアとしても着られる丈夫さも兼ね備えた新作ジャケットが、トレンドのシャカシャカアウターとして毎日の着こなしに大活躍の予感なんです!

ガチのワーク&スポーツテイストが逆に“今っぽい”高機能ジャケットを発見!

CORDURA (コーデュラ) フィールド 長袖ジャンパー(ミックスブラック)¥3900/ワークマン

「FieldCore(フィールドコア)」新作のこちらは、アウトドアウェアなどに多用される耐久性に優れた高機能繊維、CORDURA®(コーデュラ)を採用。しかも、夏の過酷な環境下でも快適に過ごせる接触涼感仕上げになっていて、これから梅雨へと向かう端境シーズンにぴったりなんです。

「FieldCore(フィールドコア)」新作ジャケットの使える5大ディテール

CORDURA®(コーデュラ)を全身に搭載
アウトドアウェアにも多用されるハイスペック生地「CORDURA®(コーデュラ)」で仕立ててあります。涼しさ&丈夫さに優れたソフトで薄手の生地が、初夏のはおりものにぴったり。
背中&わきにストレッチメッシュ
腕の動きを想定して動きやすくカットされたパターン。さらに、背中&わきから下にかけてメッシュ素材になっていて、ストレッチ性&通気性ともに高め。快適な着心地です。
収納力が高いマチつきポケット
両胸のポケットはマチつきなので大容量! 右はファスナー、左はフラップ&ペンホルダーつきで、しかも縦開きするアクティブポケット。しかも、ウエスト部分にも2つポケットがついています。
なんでも刺せちゃうペンホルダー
左胸のアクティブポケットの上には、作業着ユースらしいペンホルダーがついていますが、ペンだけでなく、サングラスやペンライトも刺せちゃうんです! 下についているのは工具ホルダー。
大切なものは内ポケットへ!
なんと内側にもポケットがついています。長財布がすっぽり納まる大容量。絶対なくしたくないものはこちらへ。

フェミニンなワンピースにはおるだけで今っぽいコーデに!

さて、着こなし方ですが、小花柄ワンピースやレーススカート、ふんわりプリーツスカートなど、フェミニンなスタイルにスポーツ&アウトドアミックスする感覚で羽織ると、今っぽく決まります。撥水・透湿・防風にも優れているから梅雨どきのアウターにもぴったり。【ワークマン(WORKMAN)】には、さまざまな着こなしのアレンジが楽しめる本当に高コスパのいい高機能アウターが揃っているので、ぜひ一度お試しくださいね♪

【ワークマン(WORKMAN)】公式オンラインサイトはこちら

【合わせて読みたい】エディター沖島のワークマン(WORKMAN)記事一覧


取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物です。

関連記事
  • 夏に着たくなるノースリーブは、全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など大人の体型をきれいに見せることに細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! 体のラインを拾わない素材や柄の選び方など、参考になること間違いなし。1.オケージョンもOKな華やかさなら 「VERMEIL par iena」しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する 「Scye」きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する 「HYALINES」ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • 今シーズンは、 デザインが豊富なワンピース。 私のお気に入りは、シャツワンピ♪ シンプルな白シャツワンピに アイボリーのレギンスをプラス。 さりげなくトレンドを入れたコーディネート。 ホワイト、アイボリー、ベージュのグラデーションにして、今っぽくしました☆ 12日に発売された【 BAILA6月号 】にも、 今季のワンピースがたくさん紹介されています! 今日から使える、ジュエリーポーチ付き♡ ぜひお手にとってご覧ください♪ @06ayaca__スーパーバイラーズ 水谷綾香のブログ
  • これからの季節の必需品・サングラス。単に紫外線防止のために身につけるなんてもったいない! 今季トレンドとしても注目のビックフレームタイプのサングラスは、ファッション小物として活躍するのはもちろん、小顔見え効果も抜群です!小顔見えなら「ボリューム&太フレーム」今季のトレンドとしても注目のビッグフレームタイプは、小顔見えNo.1。スクエア型やカラーフレームなどデザインも豊富なので、ファッション小物としても活躍間違いなし!小顔見せ効果抜群! 流行のスクエア型ビッグフレーム シャープな印象のスクエア型、しかも大ぶりタイプで小顔効果は絶大! アジア人に合わせたモデルなのでフィット感がよく、薄型で軽いのも魅力。ブラウンのべっ甲柄は黒よりも優しい表情をつくってくれる。 サングラス¥48,000/トム フォード アイウエア シャツ¥16,000・スカート¥24,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス(左耳)¥38,000・(右耳)¥50,000/イー・エム表参道店(イー・エム) ブレスレット¥53,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) リング¥8,500/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック)1.美しいクリアグリーンの薄型ビッグフレーム。テンプルからはブランドアイコンのイントレチャートが透けて見える工夫が。 サングラス¥44,000 /ケリング アイウエア ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)2.少し丸みを帯びた黒はアジアンフィット仕様。テンプルに施されたスワロフスキーのクリスタルやゴールドビーズが横顔を華やかに。 サングラス¥45,000/サフィロジャパン お客様相談室(ジミー チュウ)3.頰骨あたりまですっぽり覆い隠す大ぶりのスクエア型。珍しいネイビーカラーは、白Tとデニムに合わせてさっそうとつけこなしたい。 サングラス¥30,000/バーバリー アイウェア(バーバリー)4.こちらも顔の半分くらいが隠れるほどの、変形スクエア型のビッグシェイプ。サイドのゴールドパーツが大人の顔にリッチ感をプラス。 サングラス¥29,000 /ミラリ ジャパン(マイケル・コース)5.’90年代にインスピレーションを得たというグッチらしい個性派。アクセサリー感覚で身につければ、夏の装いに明るさと抜け感をプラス。 サングラス¥43,000/ケリング アイウエア ジャパン(グッチ)6.万人受けするオーバル型のクラシカルモダンな一品。正面だけでなく、上下横から入る紫外線をカットし、シミ、しわを防ぐアンチエイジングサングラス。 サングラス¥33,500 /タカロック(クレア)撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子 ※エクラ6月号掲載
  • ふと気づけば、花も草木も太陽も、キラキラと輝く季節がやって来た。そんな暖かな春をふわりと飛び越えて、ひと足先に 初夏のフレーバーが香るメイクを、優愛と一緒に楽しんでみない? 憂鬱な梅雨の時期だって、毎日がきっとハッピーになる♡これ、メイクで冒険してる気がしてワクワクする。 ジューシーでヴィヴィッドなオレンジリップも「よしっ、夏を全力で楽しむぞ!」って気持ちをオープンにしてくれそうだよね。さりげなくアクセントできかせる夏色、プライベートでも挑戦したくなっちゃった♪優愛のアーリーサマーメイク完璧レシピ 夏トレンドを先取りした優愛の初夏メイク、どれが気になった? 旬の色と質感をセレクトして、さっそくトライしてみてね。YUA'S SELECTA マットな色づき。 コフレドール プレイフルカラー アイ&フェイス 04 ¥2000(編集部調べ、6月16日発売)/カネボウ化粧品 B 見た目はイエローだけれど、肌にのせるとほぼ透明に発色。 インフィニトリー バーム 04 ¥3200/セルヴォーク C 見たまま発色とツヤを両立。 リップスティック コンフォート ブライトリッチ 05 ¥3500/RMK DivisionHOW TO MAKE UP下まぶたキワにポイントでON上まぶたは何も塗らず、下をメインに。Aをブラシに取って、黒目下~目頭のキワに細く入れて。ウェットなツヤを目の下に目の下にウェットなツヤを加えてメリハリを。バームBをじかにのせて、指で優しくなじませる。オレンジリップを中央塗りするヴィヴィッドなオレンジリップCを、唇の中央メインにのせる。口角を除くことで抜け感を加えて。トップス¥7500/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店(ユー バイ スピック&スパン) チョーカー¥2149/サードオフィス(ROOM)▶優愛のアーリーサマーメイクをもっとチェックモデル/新川優愛 撮影/花盛友里(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • わたくしが「ビーン・ブーツ」を買うまでのオハナシ、お付き合いください。ちなみに新品でシューレースがバリカタなため、こうなってしまうのです……。がそんな些細なことは気にならない! のっけから何ですが、アウトドアが苦手なんです。泥んこになったり濡れて寒かったり、虫がいたりするのがどうも……(ひ弱ですみません)。子供が喜ぶので、しぶしぶ(!?)キャンプに参加してきたのですが、1泊が限界。ところが、GWに諸事情でキャンプ場に4泊もすることに。さらに日ごろの行いが悪いのか、キャンプ初日とチェックアウト日以外はすべて雨という予報まで! かなり気が重くなってきましたが、こういうときこそ名品買って気分あげてこー! てなわけで、SPURのアウトドア特集やフェス特集をじっくり見直したり、SPURの連載『井之脇海と、山の話』で井之脇さんにガチで同行した、登山経験豊富な編集担当に相談して買い物計画を練り練り。 まずはぐちゃぐちゃを乗り切るためのブーツ的なものを一足、と狙いを定めました。SPURのアウトドア特集を見るにつけ、ご自身も登山される金子夏子さんのスタイリングが素敵で、この「ビーン・ブーツ」が欲しくなったんです(上から2つ目の森を二人の女の子が歩いている写真ですね)。ちなみにL.L.Beanといえば私の青春時代、ここの海外通販が流行ってまして、外人モデルが白い歯を見せてにこやかにポージングするカタログを何度も見返したものです。当時、高校のおしゃれな先輩方がビーン・ブーツを日常に取り入れていて欲しくなったのですが、結局は買う機を逃しました。そのビーン・ブーツが今再び……。 先述の登山編集者に意見を聞いてみると「いいと思いますよ、とにかく名品ですからね」と。さらに迷っていると別の編集者が別のことを言いました。「可愛さ重視ならいいと思うんですが、キャンプのときって、靴の着脱が多いからブーツだと面倒くさくないですか?」と。たしかにそれは鋭い指摘。 そこで靴のラインナップが多いと噂のL.L.Bean日比谷店へ。試し履きした結果よい発見が! シュータンの左右がアッパーに縫い付けられているため、足入れしたときにシュータンが潜りこまないんです。テントへの出入りが頻繁なシーンでは、ひもは上のほうだけゆるくして、間口のおっきな靴下をはくようなイメージで足をすぽっと出し入れすればよいかと。プルタブもついているので、最後に引っ張れば足がスッキリ収まります。スライダーほど着脱がスムーズではないですが、シュータンが潜り込んじゃうスニーカーよりもストレスフリー。 サイドゴアタイプの「チェルシー」のほうが着脱しやすいのでは? と思いましたが、そうでもなかった。それに実物の佇まいをみてときめいたのは、圧倒的にこちらのビーン・ブーツ。(好みがあると思いますが)。レザーの質感、カラーパレットが素敵。ちなみに私は背が低く8インチではなく6インチがバランスがよく見えたのでこちらを連れて帰りました。さてGW、天気予報は大当たりの雨、雨、雨。そんな中キャンプに加え瀬戸内国際芸術祭に参加し、歩きまくり。タフな状況であるがゆえにわかったのです、ビーン・ブーツの真価が。足元の“守られ感”が半端ない。びしょびしょ回避のため、そして1番小さいサイズ6でも自分にはやや大きめだったこともあり、SPOご推薦の洗える「今治インソール」を投入しましたが、杞憂に終わりました。全然濡れないし、ぬかるみもどしどし歩ける(噂に聞きしチェーン・パターンのソールのグリップ力でしょうか)。アッパーはレザーなためか、レインシューズにありがちな蒸れ蒸れ感もなく快適。実力もすごいですが、何よりもアウトドアシーンになじむこのデザイン! 履くと「ワタシ、自然に溶け込んでるわ〜!」と気分が上がるんです。デニムにもワンピースにも、レギンスにもマッチする。キャンプ場でも「いいですね」と声をかけられました(ちなみに男性ばかり)。ソールが減っても修理ができ、長く履けるというのも名品ならでは。今はバリカタのシューレースやこぎれいなレザーがくたっとなじむくらいに育てられたら。アウトドアが苦手の私のモチベーションをあげてくれる一品をゲットし、いい買い物をしたと満足感に浸っています。 こちらキャンプ終了時のビーン・ブーツ。汚れもサマになりますね。
  • BAILA6月号、お手に取られましたでしょうか? わたしは付録のジュエリーポーチを愛用中です♡ 個人的にはポケットも多くて収納力抜群なところがお気に入り。 仕事終わり、予定ありの日は付け替えアクセサリーを入れてます。もちろん、本誌も見どころ満載! ワンピース+フラットシューズがこんなに可愛いなんて♡ むくみと靴擦れと戦いながらヒールで走りまわっていた20代の頃には考えもしなかったです。笑 大人になったからこそ、無理をせず、今の自分の身の丈に合ったオシャレが楽しめるようになったのかな…と感じます^ ^スーパーバイラーズ 徳山仙恵のブログ
  • こんにちは GWで地元に帰省した時に着用した 私服を紹介します✨tops:MURUA bottom:MURUA shoes:RANDA トレンドムードが溢れるボトムだけと思いきや なんと【2way】で万能アイテムなんです ウエストのベルトを外すと シンプルなキュロットととしても着回せます✌️ トップスにはアシンメトリーネックトップスを合わせてインしてみました! 風が吹いてもかわいい!! サンダルは、以前紹介したRANDAの スポーツサンダルです eyewear:Saint Laurent ちなみにこのサングラスは レンズをカラーレンズに替えてみました♡ レンズの色はピンクでとても可愛らしいです outer:STUDIOUS shoes:REDYAZEL 夜は少し肌寒かったので ライダースを羽織り、 靴をショートブーツに変えました ライダースはとても使えるアイテムだと思うので、持ってて損はないと思います! REDYAZELのショートブーツは 何にでも合わせやすい万能ブーツです 紹介したボトムはこれからの季節に とても使えると思うので 少しでも参考になれたら嬉しいです 最後まで読んでいただきありがとうございました Instagramカワイイ選抜 No.81 宮原公子のブログ
  • 薄着になる季節こそ「巻きもの上手になりたい!」という美玲さん。さりげないあしらいでデイリースタイルのしゃれ感を倍増させるスカーフ&ストールの簡単アレンジにフォーカス。 まだ照れるスカーフは小面積で始めてみる気張らずプラスしたいときには、細長いスカーフがおすすめ。キュッとコンパクトに巻くだけで、いつもの黒リブニットに個性を。足もとにもピンクを配すと首もとだけ浮かずにカラーバランスが整う。「スカーフと靴をリンクさせるとまとまりもよく、取り入れやすさも上がりますね。見慣れた黒ニットのマンネリ解消にも! ショートパンツもぐ んと大人っぽく見えます」(美玲さん)。スカーフ(5×85)¥7800(マニプリ)・靴¥44000(ネブローニ)/フラッパーズ トップス¥30000/スローン(スローン) パンツ¥34000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス¥31000/トゥモローランド(レレサドゥギ) リュクスな2枚使いで女らしさ香るマニッシュルックコットンとシルク、素材違いのスカーフを編み込むことで表情が豊かに。「2枚巻きのゴージャス感も辛口スタイルにならアリですね」(美玲さん)。ピンクストール(20×160)¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ(25×120)¥9000(altea)・トップス¥42000(アンスクリア)/アマン パンツ¥12800(ヴィルーム)・ハット¥32000(クライド)/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 バッグ¥12000(カーナス)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ イヤカフ¥24000(ヒロタカ)・フープピアス(大)¥23000(マリア ブラック)/ショールーム セッションラフにたらして定番デニムにこなれ感をTシャツ&デニムの王道コンビが見違える。「無造作なあしらいが意外でした。服とストールのトーンが合っていて、ほんのりレトロで可愛い。普段着がワンランクアップしますよね」(美玲さん)。ストール(68×68)¥16000/スローン(スローン) Tシャツ¥9000・パンツ¥21000(ともにRouje)・ベレー帽¥10000(ラ メゾン ド リリス)/メゾン イエナ ジャケット¥64000 (カバナ)・ベルト¥25000(参考価格)(アトリエ アンボワーズ)/アマン ピアス¥18000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ネックレス¥54000/デ・プレ(レジェ) 靴¥51000/フラッパーズ(ネブローニ) 白黒ストールで肩を覆い大人の露出バランスにストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。清潔感のあるモノトーンストールが、肩と腕をアシンメトリーに覆い、肌見せも上品に。「リゾートでやってみたいスタイル。はおりもののように使うストールも新鮮です。この夏はカーデに頼らず、ストールを活用したいです」(美玲さん)。ストール(90×90)¥23000/アマン(altea) ワンピース¥50000/クルーズ(エリン) バッグ¥43000/スーパー エー マーケット(ヴァニーナ) ピアス¥ 25000・リング¥32000/サアガラ ショールーム(エース バイ モリザネ) 初夏のストールは、服とのバランスで2タイプ揃えるべき!冬用の厚手ストールは持っているけど、春夏に巻くものは実は一枚も持っていないんです。仕事で巻いてもらうたび「おしゃれだな、欲しいな 」と思ってはいるものの、そもそもどんなものを選んでいいのかがわからなくて……。今日の撮影で学んだのは、無地より色の入った巻きもののほうが実は合わせやすいってこと。手持ちのモノトーンのアクセントにもなるし、服の色とリンクさせても可愛いし。一方で、服の色が派手ならモノトーンのストールで引き締めるのもいいなって。服とのバランスで2タイプをそろえるべきだと確信! コンサバにはしたくないので、“Tシャツにサラリ”など、まずは自分が好きなカジュアルに加えてみたいです。(美玲さん)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND