最旬スマホケース&ミニポシェットは憧れブランドでゲット♡【ミニポシェット最前線①】

@BAILA

加速するキャッシュレスの波…もはや、スマホと少しのカードがあれば事足りてしまうかもという今、憧れのブランドでも小さなポシェットが人気者。その最新アイテムをご紹介します!

2wayで使えて機能的。アクティブなシーンにも、さらっと"一流"を

LOUIS VUITTON[ルイ・ヴィトン]

ゴールドのロックや四つ角のプレート、ビスなど、ブランドの原点でもあるトランクのディテールが詰まったおしゃれなiPhoneケース「アイ・トランク」。ショルダーやクロスボディにもちょうどいい長さのレザーストラップは取り外しが可能。明るいブラウンのモノグラム・リバースキャンバスと、おなじみのモノグラム・キャンバスの2色で展開。(15.4× 8 × 2 iPhone X・XS対応)¥138000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)  ロングカーディガン¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ)  ニット¥37000・パンツ¥39000/アマン(アンスクリア)  帽子¥13000/エストネーション(ラ メゾン ド リリス)  イヤカフ¥16000/UTS PR(ルフェール)  ゴールドバングル¥17000/カオス丸の内(キャッツ)  ウッドバングル¥9500/アルアバイル(ベン・アムン)

持つだけで気分が上がる!スマホ対応ミニポシェットが憧れブランドから続々

どれを選ぶか目移りするほど素敵♡ ルックスはもちろん、どれも使い勝手のいいデザインばかり。

HERMÈS[エルメス]  改札や支払い時にすっと引き出せるカードケースも優秀

特徴のある楕円形は、大人気のシルバーブレスレット「シェーヌ・ダンクル」のコマモチーフを引用。外のカードポケットの中に独立したカード入れがあり、改札やレジで本体ごとタッチしなくていいのがうれしい。(21×12)¥152000/エルメスジャポン(エルメス)

BOTTEGA VENETA[ボッテガ・ヴェネタ]  ストラップの長さは調節自在。サコッシュ感覚で楽しんでみても

ストラップには10個以上もの穴があり、長さ調節が可能。ブランドを代表するバッグ「カバ」と同じく、縫い目がなく、革もソフトで出し入れしやすいので、アイウェアやリップなどお好きなものを。(16×9.5×1)¥96000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)

BURBERRY[バーバリー] 新生ロゴがアクセント。マグネット開閉で出し入れもしやすい

生まれ変わったロゴとロンドンにある本社の住所がプリントされたユーモアあふれるデザイン。マグネットのふたつきで、中身が飛び出ることもなく安心。(16.7×9.2)¥68000(予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)

VALENTINO[ヴァレンティノ] 背面にまでたっぷりとスタッズを施し、アクセいらずの華やかさ

上質感たっぷりのセミマットなレザーはベージュピンク、黒、アイボリーの3色展開。ジップポケットのほかにスマホが楽々入る大きめの部屋がひとつ。(9.5×17.5×3) ¥81000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)

MIU MIU[ミュウミュウ] パーティへもこれひとつでOK! マルチに使えるミニバッグ

ベルベット×ゴールドチェーンのエレガントなポシェットはデニムスタイルの格上げにも。4枚のカード入れを備え、さまざまな用途に。(9.5×18.5×3)¥101000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)


撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物)  ヘア&メイク/ANNA.〈SHIMA〉 スタイリスト/松野裕子 モデル/桐谷美玲 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載

関連記事
  • 秋の到来に、シューズとバッグのアップデートは欠かせない。ロマンティックな主役級から、着こなしを支えるシックな精鋭まで。胸をきゅんとさせるアイテムがラインナップ。ワードローブに迎えたいときめきの相棒と出合って。 タフネスシューズで冒険を  コンバットブーツや圧倒的なボリュームソール。足もとに重心を置いたスタイルで、新しい一歩を踏み出そう。BOTTEGA VENETAブーツ〈実寸ソール3.2㎝〉¥121,000・ニットドレス¥380,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)甲の部分のキルティングが、バイカーブーツのタフさを強調する。丸くて大きなトゥと量感のあるソールで存在感大。上質な素材というブランドのヘリテージをモダンにアレンジした。DIESELブーツ〈ソール5.5㎝〉¥39,000・スカート¥28,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)アッパーよりひと回り大きいプラットフォームが抜群のインパクト。ラバーソールに加えて、シルバーカラーと甲を渡るブランドロゴが力強いエフェクトを加えている。CHANEL靴〈ヒール13㎝〉¥155,000・パンツ¥696,000/シャネル今季のインスピレーションの舞台は雪山。マウンテンブーツを新たに解釈し、ユニークなカラーパレットで仕上げた。前後の高低差でスタイルアップもかなえる。柔らかなラムスキン仕立て。PRADAブーツ〈ヒール5.5㎝〉(ポーチ4点つき)¥190,000・スカート¥501,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)ミリタリーをコレクションの要素として用いた今季。コンバットブーツにポーチをベルトで装着する変化球のデザイン。ソールのサイドに施された凹凸でよりパワフルな印象に。DR. MARTENSブーツ〈ヒール5㎝〉¥34,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) パンツ¥35,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)定番の8ホールならぬ8リングに、極太のシューレースを高密度に編み上げたダブルソールのシューズ。ホワイトのステッチがモードなアクセントに。GUCCI靴〈ヒール2㎝〉¥150,000・スカート¥190,000・ソックス¥11,000/グッチ ジャパン(グッチ)大小のスタッズが光の交差するランウェイで異彩を放っていた。丸みのあるフォルムとボアが愛らしいショートブーツにも、エッジィなスパイスがきいている。MAISON MARGIELA靴〈ヒール6.5㎝〉¥158,000・プルオーバー¥123,000・スカート¥81,000・ソックス¥25,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)メゾンのアイコンスニーカー「レトロ フィット」のチャンキーソールと、ブラッシュドレザーのベルテッドシューズという意外性のある融合が斬新。COACHスニーカー〈ヒール6㎝〉¥55,000・ドレス¥130,000〈ともに9月発売予定〉/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) ソックス/スタイリスト私物クリーパーズシューズをモダンにアップデートしたデザインに品が宿る。白に切り替えられたプラットフォームが、着こなしをエフォートレスなムードに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「夢を運ぶ靴とバッグ88」photography: kimyongduck styling: Shizuka Yoshida manicure: Kyoko Kudo 〈FUNCTION NAILS〉 model: Erina Noguchi edit: Akiko Fukunaga 
  • オフィス内でも仕事終わりのデートでも様になる「ノースリ×カーデ」。辛め派OLがいつものテンションで着こなすためには、色・サイズ・素材でメリハリをつけることがポイント。シーンに合わせてカーデの羽織り方にもアレンジを加えてみて。 AM 9:00 颯爽と出社する朝はコンパクトにひと巻きしたピンクがきかせ役 カッコよさと美女感をバランスよく両立したカーキ×ピンクは、辛め派におすすめ。肩かけしたカーディガンからちらりと腕をのぞかせて、彼の前ではほんのり色っぽく。トップス¥7500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥24000/スローン スカート¥8300/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バングル¥23000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥37000/コード(ヴァジック) サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)  アフター6は羽織り方をチェンジ! PM 8:00 会社帰りの夜デート。凜とした配色と上品な肌見せがきれいな色気を漂わせる トップス¥7500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥24000/スローン スカート¥8300/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バングル¥23000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥37000/コード(ヴァジック) カーディガン¥24000/スローン トップス¥7500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) Vあきのノースリーブが気品よく決まるのは正統派カーディガンのおかげ デコルテ映えする胸元があいたノースリーブは、きまじめさが愛らしいネイビーカーディガンと合わせることで、女っぽさも品も手に入る。トップス¥13000/マイカアンドディール 恵比寿本店(マイカアンドディール) カーディガン¥3900/洋服の青山 新宿西口店(n♥line Precious) パンツ¥29000/セオリー ネックレス(チャーム)¥30000(アガット・アンドメモリア)・(チェーン)¥62000(アガット)/アガット リング¥4500/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) バッグ¥52000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥60000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) カーディガン¥3900/洋服の青山 新宿西口店(n♥line Precious)  トップス¥13000/マイカアンドディール 恵比寿本店(マイカアンドディール) すがすがしいブルーを顔まわりにきかせて重心アップ。終業後は華やかなスタイル美人に 今の時季にぴったりな白×ブルーの涼感カラー。くるりと巻いたきれい色のカーディガンが顔映えをかなえつつ、目線をぐっと引き上げて。トップス¥6000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョンスメドレー) スカート¥39000/サード マガジン ピアス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥23000/アッシュ・ぺー・フランス(セルジュ トラヴァル) バッグ¥154000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥42000/カオス丸の内(バルダン) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョンスメドレー) トップス¥6000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) 長め丈&リブ素材がシンプルなモノトーンにさりげないニュアンスを追加 黒×白の色合わせがよりスタイリッシュに映える、着丈が長めのリブカーディガン。単調に見えない質感が、さらっと羽織るだけでサマ見えをかなえてくれる。トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) カーディガン¥7800/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(リトルシック) パンツ¥28000/セオリー ネックレス¥15000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) 時計¥20000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) バッグ¥38000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥30000/ベイジュ(ピッピシック) カーディガン¥7800/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(リトルシック)  トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/松島花 原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • ルイ・ヴィトンが2019年7 月19 日(金)~8月4日(日)、ポップアップストアをGINZA SIX 2Fにて開催! 【左】モノグラム LVポップ カンヌ/W15×H17×D15cm ¥317,000・【右】モノグラム LVポップ タンバリン/W18×H15×D8cm ¥268,000(どちらも日本限定製品・税抜) 今回のポップアップストアは、ニコラ・ジェスキエールによる2019 秋冬 ウィメンズ ・コレクションからレザーグッズをメインに展開されるもの。アイコニックな"モノグラム"と"ダミエ"をマッチングさせるなど 、メゾンのニュークラシックやアイコンに再解釈を加えた同コレクションから、多彩ラインナップが登場するそう! 日本限定のレザーグッズをはじめ 、アクセサリーやテキスタイルまで国内先駆けて展開されるので、いち早くチェックすべき。 【上】モノグラム LVポップ ジッピーウォレット/W10.5×H19.5×D2.5cm ¥108,000・【下】モノグラム LVポップ ポルトフォイユ・ゾエ/W7.5×H9.5×D3cm ¥66,000(どちらも日本限定製品・税抜) さらに店内は、パリで開催されたショー会場を想わせる空間。そんな特別なムードの中、ゆっくりと最新コレクションが見られるだなんて…これは行かずにはいられない! 夏のお出かけに、ぜひ立ち寄ってみて。 【LOUIS VUITTON WOMEN'S FW19 POP-UP STORE】<期間> 2019年7月19日(金)~8月4日(日) 10:30-20:30<場所>東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 2F シジェーム ギンザ 【ルイ・ヴィトン】公式サイトはこちら
  • なかなか梅雨明けしない、今年。 気温も低いので、薄手のブルゾンが役立っています。エストネーション、オリジナルブルゾン。 トップス、スカートはTibi主人と夜の外出は久しぶり。メタリックのクラッチバッグがアクセント。パイソン×スエードのジミーチュウのサンダル。 美女組No.110あんまきのブログ
  • この夏、オフィスで大活躍するのが「ノースリ×カーデ」のコーデ。単なるアンサンブルではなく、同系色で濃淡をつけたり似た色を組合せて“なじませトーン”で着るのがおすすめ! 仕事終わりもカーデの羽織り方をアレンジすればおしゃれ度アップ。 AM 10:00 やさしげに見せてくれるピンクベージュ×たまご色で大人の甘さをアップデート 甘め派におすすめしたいのが、ピンクベージュ×たまご色のやわらかなカラーコンビ。カーディガンのボタンは、胸下を2つだけ留めることで顔まわりにちょうどいい抜けが生まれる。トップス¥9000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥16000/エンフォルド パンツ¥29000/セオリー リュクス メガネ¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥18500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)  カーディガン¥16000/エンフォルド トップス¥9000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  アフター6は羽織り方をチェンジ! PM 8:00 仕事終わりに女子会へ。巻き方を変えたらイヤリングで華やぎを添えて トップス¥9000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥16000/エンフォルド パンツ¥29000/セオリー リュクス メガネ¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥18500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) イヤリング¥6800/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) ブレスレット¥4000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ココ シュニック オンキッチュ) 白×ライトグレーがつくるアイシーな色合わせなら顔映りが抜群に美しく ブラウスはレディなロールカラーになっているので、着るだけできちんと感を発揮してくれる。体に自然になじむ立体的なデザインのカーディガンも、女らしさにひと役。ブラウス¥17000/インターリブ(サクラ) カーディガン¥16000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) スカート¥48000/ツル バイ マリコ オイカワ イヤリング¥8000/エテ バッグ¥38500/アディナ ミューズ シブヤ(アディナ ミューズ) 時計¥75000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) カーディガン¥16000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  ブラウス¥17000/インターリブ(サクラ) アフター6は斜め巻きで感度高めの肌見せを満喫。寒色合わせは目にも涼やか 日中は袖を通して着ていたカーディガンも、オフィスを出たらこんなアレンジで一気にモードっぽくイメチェン。袖口をくるっとひと巻きすることで、よりこなれ感が醸し出せる。トップス¥990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム(クラフト スタンダード ブティック) カーディガン¥31000/スローン パンツ¥17800/メゾン スペシャル ネックレス¥3900/RD ルージュ ディアマン(RD) 時計¥75000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) スカーフ¥5500・靴¥11000/ラグナムーン ルミネ新宿 カーディガン¥31000/スローン トップス¥990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム(クラフト スタンダード ブティック)  注目が高まるブラウニー配色は濃淡をつけてしゃれ感アップ。体がほっそり見える効果も 外側のカーディガンを濃いトーンにすることで、上半身が引き締まり着やせを実現。白のスカートで濃厚なブラウンをまろやかに仕上げて。トップス¥990/コエ渋谷店(コエ) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥20000/エストネーション イヤリング¥13000/エテ リング¥37000/ココシュニック バッグ¥65000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)  トップス¥990/コエ渋谷店(コエ)  撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里 原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 毎日がんばっている自分へのご褒美として、いつも身に着けていられるジュエリーを購入してみませんか? 40代にふさわしいご褒美ジュエリーをご紹介します。【目次】 ①おしゃれプロが一目ぼれしたジュエリーはコレ! ②ご褒美ジュエリーの狙い目は「効かせバングル」 ③2019年夏・おしゃれプロの手もとスナップがお手本!①おしゃれプロが一目ぼれしたジュエリーはコレ!■シャネルのファインジュエリーシャネルを代表するファインジュエリー「カメリア コレクション」から、センターにダイヤを一粒あしらったピンクゴールドのシリーズが登場。「シンプルな着こなしにカメリア コレクションをひとつだけ身にまとう、そんな大人の女性が今年の目標です」と編集長イシダ。 ネックレス¥272,000・イヤリング¥522,000・リング¥254,000(すべてK18PG×ダイヤモンド)/シャネル(シャネル)▶ シャネルのファインジュエリー 詳細はこちら■ティファニーのブレスレットとリングTのモチーフが連結したグラフィカルで構築的なデザインが特徴の「ティファニーTトゥルー」。力強く洗練されたデザインはパートナーとおそろいも素敵。「モダンでしゃれた洗練デザインはシーンを超えて活躍してくれそう。ブレスとリングのどちらも狙ってます!」と編集長イシダ。 ワイドリング(K18YG)¥178,000・ナローリング(K18WG)¥112,000・ナローブレスレ ット(K18RG)¥635,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ▶ティファニーのブレスレットとリング 詳細はこちら■タサキのピアスTASAKI COLLECTION LINEの「キネティック」は、デザイナーのタクーンによるモダンで繊細な魅力が光る逸品。フープの中にパールが揺れるシンプルながら印象的なデザインは、宇宙の神秘や星のめぐりなどロマンティックな物語も感じさせる。「立体的で動きを感じるモダンさにひと目惚れ。鮮やかなピンクのリップにヘアをタイトにまとめてつけたい!」とスタイリスト辻 直子さん。 ピアス(K18YG×あこや真珠)¥330,000/TASAKI▶タサキのピアス 詳細はこちら■マグノリア トゥエルブのリング「ざっくりとした冬のニットに色石のジュエリーをさりげなく。そんな大人のムード漂うコーディネートに仕上げたい」とスタイリスト福田亜矢子さん。旅を愛する日本人デザイナーが世界各地で出会った希少性の高い貴石や半貴石の個性を生かして作り上げた、世界でひとつだけのジュエリー。シックで辛口なムードが大人にぴったり。 リング(右)(オレンジムーンストーン×K18YG)・(左)(ブラックスターダイオプサイト×K18YG)各¥270,000/バーニーズ ニューヨーク(マグノリア トゥエルブ)▶マグノリア トゥエルブのリング 詳細はこちら■ハムのリングスタイリスト松村純子さんのひと目惚れは、ハムのリング。どこから見てもパールが楽しめるよう球体の真ん中より下にセッティングされた大き目のブラックパールとシルバーのリングで指輪ひとつでモードな手もとが完成する。 リング(K18WG×BD×Black lip pearl)¥186,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム ▶ハムのリング 詳細はこちら■ザ・キッス センチュリオンのリング「自分が手もとを眺めてアガるジュエリーを見つけました!」とスタイリスト大沼こずえさんがひと目惚れしたのが、ザ・キッス センチュリオンのフルエタニティリング。重ねづけしやすいのも嬉しい。ダイヤモンドのフルエタニティリング。 リング(右)(Pt950×Dia)¥170,000・(左)(K18YG×Dia)¥160,000/THE KISS カスタマーセンター(ザ・キッス センチュリオン)▶ザ・キッス センチュリオンのリング 詳細はこちら■チャン ルーのストーンつきバングルスタイリスト池田メグミさん推薦 「マットゴールドの質感にカラーストーンがさりげなく。少しずつ買い足して、レイヤードを楽しみたいです」。バングル各¥26,000/チャン ルー ジャパン ショールーム(チャン ルー)▶チャン ルーのストーンつきバングル 詳細はこちら■マリハのムーンストーンリングエディター坪田あさみさん推薦 「軽くてつけ心地がよく、華奢で女らしいので、最近はここのリングばかり愛用しています。次はまろやかな白いストーンを狙っています」。リング¥196,000/ショールーム セッション(マリハ) ▶マリハのムーンストーンリング 詳細はこちら②ご褒美ジュエリーの狙い目は「効かせバングル」■ヴァレンティノ ガラヴァーニのブレスレットひとつで、重ねて、シェアしてと辛口スタッズは楽しみ方も自在。スタッズの大きさやカーフスキンの色によって、表情がまったく異なるのが魅力。長さが調節できるベルトタイプなので、男性とシェアしやすいのもうれしい。 バングル(右から)¥24,000・¥24,000・¥33,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)▶ヴァレンティノ ガラヴァーニのブレスレット 詳細はこちら ■ティファニーのバングルシルバーのクールな輝きを大胆に重ねて、モダンな手もとに。「ボーンカフ」と「ハードウェア」のラップブレスレット、主役同士のレイヤードもシルバーなら決して行きすぎない。 バングル¥131,000・ブレスレット¥165,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ワンピース¥68,000/ebure▶ティファニーのバングル 詳細はこちら■エルメスのブレスレットシンプルな中にも乗馬のモチーフが光るエルメスらしい逸品。エルメスの乗馬用の鞍についている鋲「クルー・ド・セル」をモチーフにしたブレスレット。レザー×メタルというちょっぴり無骨な組み合わせ、太幅のデザインがかえって腕を華奢に見せ、女らしさを引き立ててくれる。 ブレスレット¥102,000・ピアス¥108,000/エルメスジャポン(エルメス) ブラウス¥34,000/オーラリー▶エルメスのブレスレット 詳細はこちら ■ボッテガ・ヴェネタのハングルブランドの新たな魅力が味わえるミニマルで洗練されたゴールド。上質なレザーグッズのイメージが強いボッテガ・ヴェネタで、ひときわ新鮮に映るゴールドプレートのバングル。究極にシンプルでありながら、ドアノッカーを思せるデザインでその存在感は圧倒的。 バングル¥128,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶ボッテガ・ヴェネタのハングル 詳細はこちら③2019年夏・おしゃれプロの手もとスナップがお手本! ■ディオールのリングとフィリップオーディベールのバングルフリーランスPR 栗原佐知子さん Ring:ディオール(右手人さし指) Bangle:フィリップオーディベール 「数多くをレイヤードするよりも、大ぶりなものをアシンメトリーに少量つけるのがマイブーム。クールな地金系を中心に、ステラハリウッドのカラーストーンリングで女らしさを底上げ」▶ディオールのリングとフィリップオーディベールのバングル 詳細はこちら ■ショパールとティファニーのリング美女組No.90 miwakoさん Ring:ショパール(薬指ゴールド)、ティファニー(薬指プラチナ)  Bangle:メゾンボワネ(右手首)  Bracelet:ジュールクチュール(左手首) 「ジュールクチュールのブレスレットはシンプルながら立体的なデザインがお気に入り。カジュアルコーデに合わせたらほっこり防止に。ドレスアップ時にも映える華やかさも魅力です」 ▶ショパールとティファニーのリング 詳細はこちら ■ヌエールのリングとプラージュのバングル美女組No.164 kanaさん Ring:ヌエール(右手薬指、左手中指)  Bracelet:プラージュ(右手首) 「ベースはコンサバ派なのですが、手もとでアクセントをきかせるのが好きです。ちょっとデザインがきいたリングを、ややアンバランスにつけてメリハリを足しています」 ▶ヌエールのリングとプラージュのバングル 詳細はこちら ■ララガンとエルナンエルデスのリングエディター 野崎久実子さん Ring:ララガン(右手人さし指)、エルナンエルデス(右手薬指、左手小指) Bracelet:フミカウチダ(左手首上) 「以前は手首に盛りがちでしたが、そのバランスがリングに変化。エッジのきいたかなりゴツめデザインが好みです。シルバーのバングルのようにヴィンテージもチェックします▶ララガンとエルナンエルデスのリング 詳細はこちら※( )内の数値は縦×横×マチで、単位はcmです(編集部調べ)
  • Tシャツを女性らしく着るためのポイントは必ず袖を折り返すこと!さらりと着心地のいいブラウンTシャツ。シンプルに着こなすと地味になりがちだけれど、今季も引き続きトレンドのプリーツスカートを合わせれば、こなれた印象に。都心ホテルのテラス席でストローハットをかぶり、リゾート気分に浸るのもいい気分転換になりそう。Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) プリーツスカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 帽子¥44,000/アパルトモン 青山店(フィル ハッツ) 靴¥25,000/ステディスタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥46,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 片貝 俊(池上幸平) モデル/蛯原友里 取材/東原妙子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデの関連記事もチェック
  • 気軽に女性らしさを演出できる「スカート」。Tシャツと組み合わせても、カジュアル過ぎず大人っぽくキュートで上品な印象に仕上がります。夏のコーデに迷ったら「Tシャツ×スカート」に決まり!1.流行のサイズ感を味方にほどよいモードを意識 (松本千登世さん/ビューティエディター) 「白と黒の色違いを大人買いしたTシャツは、ほどよいゆったりサイズが気に入りました。女っぽさとマニッシュさのバランスをとるためにスカートにはレギンスを重ねて、メンズライクなミュールで足もとを重めに仕上げます」。バッグは黒でそろえずキャメルで軽さを。 ●Tシャツ/シンメ スカート・バッグ/ジル サンダー ラリエット/シャルロット シェネ 時計/カシオ 靴/ロベール クレジュリー 2.小物でエッジを効かせる 黒×ネイビーのワントーン (福田亜矢子さん/スタイリスト) 今年はモードに着る黒Tが欲しかった福田さん。「黒ボトムでの全身ブラックも素敵ですが、今日は光沢のあるネイビーのマキシスカートで揺れ感とツヤ感をプラスしました。靴やバッグ選びは一歩間違えるとPTA風になってしまうので、エッジの効いたハードめのデザインを選びました」。 ●Tシャツ/エイトン スカート/イレーヴ バングル/ジバンシー バッグ/ジル・サンダー 靴/マルタン・マルジェラ3.ぴったりの白Tを揺れる黒やシルバー小物で軽快に (近藤和子さん/エクラ 華組) 30代からTシャツはプチバトーひとすじ。肩のラインが少し内側に入る16歳用をピッタリと着るのが近藤さん流。「黒のリネンスカートでシンプルに着たいので、シルバージュエリーで華やかさを添えます」。テニスやピラティスで鍛えたボディに潔い着こなしが映える。 ●Tシャツ/プチバトー スカート/シンゾーン ネックレス・バングル/エルメス バッグ/ヘレンカミンスキー 靴/カール ラガーフェルド他の画像を見る >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE /大草さん) 目黒智子(福田さん、松本さん) 大瀬智和(鈴木さん、近藤さん) ヘア&メイク/菊池かずみ(大草さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※eclat8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND