BAILA6月号☆my favorite accessory

@BAILA

こんにちは^_^
住田です。

今回のBAILAの付録もめちゃ可愛い〜♡

アクセサリーケースのちゃんとしたのを持っていなくて、アクセサリー買った時に付いてる小さい袋を使ってたんだけど
中で絡まりやすかったり、摩擦で傷付きやすかったりで困ってたのですが、
今回中でちゃーんと仕分け出来るアクセサリーケースなので安心(°▽°)

最近はめっきりゴールド系のアクセサリーばかり付けています。

ピアスは名古屋に店舗がある
#rippmonster

ネックレス
#VanCleef&Arpels

ブレスレット
#VanCleef&Arpels
#Chloé

リングはノーブランドで自分で仕入れをしたもの。

ピアスは大きいものだと中でグチャグチャになってしまいますが、穴があるのでとても助かります!!

中にはジッパー付きのポーチ部分があるのでそこにブレスレットを入れています。

カバンから出すのが嬉しくなってしまう様な可愛いデザインでお気に入り♡

これから重宝しそうです( *´艸`)

Instagramもお気軽にフォローして下さい。


スーパーバイラーズ 住田奈央のブログ

関連記事
  • シャープな顔立ちゆえにキツい印象を持たれてしまう猫顔さん。ピンクやベージュのやわらか色を駆使して、すべてのパーツの丸みを強調することで、顔圧ダウンして優しげに。目もとは淡い色のアーチ眉に、アイシャドウとマスカラで縦の丸みを引き立てて。リップ&チークもピンクを曲線的に塗り、ピュアな可愛げを演出。 【猫顔・犬顔】あなたはどっち?いつものクールな猫顔メイクはこんな感じ…チェンジ1.【EYE】やわらかな陰影で“縦の丸み”を演出1さりげなくまぶたに溶け込むベージュ系パレットで、ソフトな陰影を引き立てて。レ キャトル オンブル ルミエール ナチュレル ¥6900(限定品)/シャネル 2マットブラウンのまつげで、やわらかな奥行きを演出。RMK マットマスカラ N 02 ¥3500/RMK Division 3ほわっと抜け感のある眉をかなえる、ミルキーなブラウンの3色パレット。フーミー アイブロウパウダー N bright brown ¥1800/Clueパレット1abをレイヤード。アイホール全体と下まぶたに、縦幅を出すように丸く塗るのがコツ。眉は3cdを混ぜふんわりとしたアーチ形に。ブラウンマスカラ2を上下に塗り、黒目の上下は重ね塗りをチェンジ2.【CHEEK】大人ピンクをふんわり丸くぼかすなめらかになじんで、ふわっと色づくパウダーチーク。大人ガーリーなピンクを選んで、ほのかな甘さをプラス。ブラッシュ スプティルSP 330 ¥5700/ランコム大人ピンクのチークを、頰の中心に広く丸くふんわりとぼかす。ブラシで塗ったあとに、輪郭を指でぼかすとほんのり染まったようなやさしげで可愛い印象に【LIP】ピンクリップで上唇にボリュームをゴールドパールが潜むペタルピンク。アディクション  リップスティックピュア 023フェイク ロマンス ¥2800/アディクション ビューティゴールドのつやをたたえた甘すぎないスマートピンクのリップを直塗り。上唇はオーバーぎみに丸みを出すように塗ると、ふっくらとした印象に仕上がるソフトなカラーで丸みを引き出して端正な猫顔に曲線美とゆるっとした空気感をワンピース¥38000/リコドット(ステア) イヤクリップ¥8000/A few リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ) (左ページ)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few(モデル上)ワンピース¥38000/リコドット(ステア) リング¥32000/トゥモローランド(アンコモンマターズ)  (モデル下)オールインワン¥24000/トゥモローランド(マカフィー) ピアス(1個)¥5000/A few撮影/川原 歩(スーパーバイラーズ)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭、シエル(猫) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • ブルー系で統一させたきれいめコーデには、極細プリーツでほんのりエッジをきかせて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます着座したときデスクの上から見えるのは知的で奥ゆかしいネイビーのツインニット。そして席から立ち上がるとサラサラと揺らめく鮮やかなサックスブルーの極細プリーツスカート。このエレガントな配色がアラフォーをより輝かせてくれる。ストールやパンプスの小物たちもブルー系で統一させて、すっきりと涼感美人を目指して。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 実店舗を持たず「好きなヒトと好きな場所で好きなときに好きなモノを集めた」ノマド古着屋としておしゃれピープルの間で大人気のヴィンテージショップ「weber(ウィーバー)」が、デザインも状態もすばらしいヴィンテージTシャツ約1000点を大放出する「大Tシャツ展」を、東京・日比谷のヒビヤセントラルマーケットで開催中です。weber「大Tシャツ展」でお目にかかれる激レアラインナップたとえば人気モデル(ケイト・モス)を起用したハイブランド(本物)のキャンペーンTシャツは、見つけたら即買いを推奨します! 1990年代に活躍した伝説のガールズグループ、TLC(ティーエルシー)のアートワークTシャツ。キース・へリングとマドンナが同じアートワーク上にジョインしているなんて!ヨーコ・オノさんとジョン・レノンさんの愛は永遠です。手描き風アートワークが垂涎に激レアなブルース・ウィーバーTシャツ「トレインスポッティング」はじめ、伝説的なおしゃれ映画のTシャツがたくさん揃います。お気に入りの作品はあるかな?悲劇的な結末が忘れられない、ブラッド・ピットの出世作でもある傑作ミステリー映画「セブン」。おしゃれさんのマストムービー「タクシードライバー」Tシャツ。ナタリー・ポートマンという奇跡の女優を生んだ映画「レオン」Tシャツアイスランドが生んだ歌姫、ビョークのアートワークは、何年経っても人気があります。若かりし頃の世界のKITANOもTシャツになってます。ちなみに、お披露目されるコレクションの内容は2部構成に。 6月21日(金)までの第一部では「weberʼs basic」をコンセプトに、アート・映画・音楽などをテーマにキュレーションされたTシャツが1000点近く揃います。毎日新商品が投下されているので、何度行っても新鮮なラインナップに出会える仕掛け。 そして千秋楽となる6⽉22⽇(⼟)~23⽇(⽇)の2日間は“T-shirt is art”をテーマに、⽇本中のクリエイターやコレクターから集めた、ここでしか⾒られない“国宝級”のお宝Tシャツを2⽇間のみ展⽰&販売。希少なヴィンテージTシャツを楽しめる貴重なTシャツウィーク、ぜひお見逃しなく!【合わせて読みたい】BAILA7月号のファッション大特集は“Tシャツ”!【大Tシャツ展】 期間/開催中~6⽉23⽇(⽇) 営業時間/11:00~20:00 会場/ヒビヤセントラルマーケット/Tent gallery(東京都千代⽥区有楽町1−1−2東京ミッドタウン⽇⽐⾕3階) お問い合わせ先/TEL03-6205-7894
  • こんばんは!神谷です。 昨日のブログでもご紹介したのですが、バイラ7月号のワントーン企画がすごくツボでした♡この夏のワントーンコーデは、「サファリカラー」か「きれい色」がおすすめなんだとか! 写真のようなブラウンのワントーンコーデは、手持ちのアイテムで再現できそうだったので早速トライしてみましたよ♪ 【赤みブラウンでまとめたワントーンコーデ】Tシャツ・・・H&M パンツ・・・Vintage 靴・・・Tsuru by Mariko Oikawa バッグ・・・ノーブランド やや赤みを帯びた、土くさいブラウンが今年は気になります! H&MのカラーTシャツはメンズアイテム。 古着のパンツは、イタリアブランドのデッドストック。 ラミー100なので何回かはくうちにくったりとしてきて、いい感じに馴染んできました♡ ナチュラルな上質素材は「着て育てる」のが楽しくて好きです^_^ すらっと見えるのも◎なポイントTシャツにパンツを合わせただけの簡単コーデですが、色味を統一したことで洒落感が増した感じ♪ しかも、着るだけでIラインが作れるので背が高くすらっと見えるんです! ホントにいいことずくめかも♡♡ 簡単にできるのにこなれて見えるワントーンコーデは、この夏大注目!皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね♪ ↓Instagramもよろしければご覧ください↓ http://instagram.com/brownsugar777___スーパーバイラーズ 神谷江礼奈のブログ
  • 大人な対応でサラリと流すこともできる。でも、これってマウントとられてるってことかも!? アラサーが遭遇しがちな“ちょっと困った”おじさんたちは、大きく分けて3タイプいるみたい。タイプ1. 知識と経験値でマウンティング「教えてあげる勢」【このタイプのおじさんの特徴】ガンコで自分の知識を振りかざして他人より優位に立とうとするどんな状況でも「俺のほうが知識がある」という態度でくる! 頼んでもいないアドバイスや、どうでもいい細かいことを注意することで上に立とうとする。「俺は相手のためにいいことをしている」という意識があるため、ありがたがらないと気分を悪くすることも……。タイプ2. 過去の栄光話&自慢話でマウンティング「俺はすごい勢」【このタイプのおじさんの特徴】自分のすごさを延々と主張し、持ち上げてもらおうとする別名・褒めて褒めて勢。自分を必要以上に大きく見せたがるタイプで、話が長い・同じ話を何度もするという特徴も。「すごいですね」という言葉を求めているため、社交辞令的に持ち上げると「もっとそれちょうだい!」と調子に乗り、自慢話が加速するので注意が必要。タイプ3. 相手が女性だと強気に出る 「男性優位だ勢」【このタイプのおじさんの特徴】「女性だから」という理由だけで批判したり気をつかわせたりする「男である」「年上である」というだけでマウントをとれると思っている悲しいおじさん。女性に対してだけ高圧的になる。自分の実力ではなく、性別や年齢、肩書による力を使って優位に立とうとする。「君は女なんだから」という方向で注意や要求をしてきがち。読者のまわりに続々!マウントおじさん今回、読者212人(25〜39歳)が回答したアンケートによると、職場や飲み会で遭遇した理不尽に“上から目線”なおじさん遭遇率は80%。そして「場の雰囲気を乱さないように」大人な対応をした人は77%。グッとこらえてみんな頑張っている!次回はアンケートで集まったマウントおじさんエピソードと、その対処法をご紹介。お見逃しなく。イラスト/花くまゆうさく 取材・原文/東 美希 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • “2着目”のカラードレスは、タイムレスな魅力のあるニュアンスカラーを選びたい。幸福感たっぷりの甘やかなピンクは、お色直しドレスの定番。淡くスモーキーなトーンなら、品よく肌に映えて、誰より素敵に。【スモーキートーンのピンクドレス3選】高責なムードも感じさせるくすんだ紅色のドレス肌になじむオールドローズのカラーは、高責なムードも感じさせるくすんだ紅色。流れるドレープが女性らしいワンショルダーのデザインも、ボディラインを美しく見せてくれる。モード感がありながら、あくまで上品。ドレス(レンタル)¥155000(ジェニー パッカム)・イヤリング(レンタル)¥8550/クリオマリアージ淡い桜色にきらめくグリッターの華やかドレス淡い桜色のシフォンにきらめくグリッターを施した、上品な華やかさのあるドレス。ほどよいボリュームのスカートとランダムに配置された輝きが好ましい。ドレス(販売)¥800000・(レンタル)¥290000(ヨーラン・クリス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥41000・イヤリング(レンタル)¥3000/ミラー ミラー 丸の内 ボリュームたっぷりで可憐なベビーピンクのドレスボリュームたっぷりのプリンセスライン。ベビーピンクのチュールを重ねてできるグラデーションで、エアリーで可憐な印象に。バックスタイルも美しく見せる取り外し可能なチェストトレーンつき。ドレス(レンタル)¥ 350000(エー バイ ハツコ エンドウ)・イヤリング(販売)¥39000/ハツコ エンドウ ウェディングス 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢 取材・文/久保田梓美
関連キーワード

RECOMMEND