香り高いハーブをさりげなく飾って部屋に初夏を呼び込む【カトパンのあえて小さく飾る花レッスン】

@BAILA

青々しく清涼感ある香り、果実のような甘い香り、香水のように 華やかな香り――天然の香気を放つハーブを好きなだけ束ねて、気さくなアレンジを部屋に!

「ハーブを窓辺に飾って空間全体で香りを楽しむ……自然が醸し出す香りは気分がよくなりますね」。4 月から報道番組が始まったばかりだというのに、いつもどおりマイペースでおおらな加藤さん。気負うことなく、時代の流れに軽やかに乗っていく姿はいつだって素敵。

トップス¥13000・スカート¥15000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ピアス¥10000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)

壁に飾って、空き瓶に生けて――気さくなアロマブーケで、自然の香りを空間に溶け込ませる

数種のハーブを束ねてラフィアなどで結び、つるすだけのスワッグ。素敵な花器を使わずともさわやかな仕上がりに。香りの強い花は寝室やリビングなど場所を選ぶけれど、 グリーンベースのハーブはデイリーな存在。キッチンに飾っても見た目に違和感がないし、香りが空間の邪魔をすることもない

ハーブが醸し出す自然の香りに癒される

平井 今日は初夏らしいハーブで小さなアレンジを。加藤さん、そもそもハーブになじみはありますか?

加藤 観賞用はもちろん料理用ですら買ったことは ないかも、未経験です(笑)。ただ人工的なものより自然の香りに惹かれがち。バラの香りが好きです。

平井 今回はハーブの種類を知ってほしくてラベンダーやゼラニウム、レモンマリーゴールド、カモミール、ルッコラの花、ミントなど〝食用〞と〝観賞用〞を織り交ぜ、いろいろご用意しました。ハーブは葉がベースなので、数種類選んでブーケにしても嫌みなく、うまくまとまるんですね。束ねるときは茎が太く葉が大きめのものから選び、小ぶりなものを選んで足していくと美しい仕上がりに。

加藤 では私は、観賞用のウエストリンギア、ローズマリー、カモミール、ローズゼラニウム、ラベンダーを。今回は花器ではなく、ジャムの空き瓶に?

平井  ハーブは元来、ヨーロッパでは野草の類い。仰々しさのない日常の延長にあるものを選びました。片側に寄せ、器の縁にのせるように生けるのがコツ ですね。

加藤 わかりました!(――黙々と作業は続く)。それにしても、植物が醸し出す自然の香りは癒されるし、心がスッとして気分がよくなりますね。

平井 そうです、女子力が上がるのです!   また、花生けはその人の性格を映し出すのですが、今回も加藤さんの素直な性格が表れていますね。

加藤 あ、ありがとうございます(笑)。

ラッピングにハーブを添える【ちょこっとテク】

食用のハーブを用意、形を整える
オリーブオイルなど瓶 ノを贈るときにおすすめの方法。ローズマリーなどの食用ハーブを数本用意し、根っこに近い葉っぱをそいで形を整える

ラッピングした ボトルに添えて結ぶ
薄葉紙で包んだボトルにハーブを置き、ラフィア素材のひもで結ぶだけ。ひと手間かけた愛情と、すがすがしいハーブの香りも一緒にプレゼント

ハーブをガラスに生ける【ちょこっとテク】

ハーブは日常的なもの。空き瓶に生けてもOK
ハーブはスーパーで売っている食用でも花屋さんのものでも何でもOK。水を入れたジャムの空き瓶の片側に寄せ、寝かせるように生けるのがコツ

水をたっぷりやってみずみずしさキープ
ハーブの葉をみずみずしく保つために葉っぱに霧吹きなどで水を吹きかけて。にごらないよう毎日水を替えるのも長もちさせるのに大切

Teacher by
●平井かずみ
フラワースタイリスト。明るく的確な指導ゆえ、自身が開く教室はいつも大人気。近著は写真家の大段まちこさんと料理家の渡辺有子さんとの共著『花と料理 おいしい、いとしい、365日』(リトルモア)。
http://ikanika.com/


撮影/熊木 優〈 io〉 ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/斉藤くみ  アレンジメント指導/平井かずみ 取材・文/広沢幸乃

関連記事
  • 先日のお休みに、 友達と朝ごはんを食べに代官山へ 代官山 / gardenhousecraftsヘルシーに女っぷりを高める サファリカラー、、 =ブラウン・カーキ・ベージュなど この夏のトレンドカラーみたいです。 BAILA7月号に載ってた 「旬な夏のワントーンコーデ」のページを参考にお洋服を選んでみました〜♡ GUアイテム二着で「¥3980+tax」でした。。恐るべしコスパ。 詳細続きます↓gu.《アイテム》 ワンピース:GU(※S着用) スカート:GU(※S着用) ジャケット:韓国 シューズ:EDITION バッグ:Spic&Span 帽子:CA4LAGU / Iラインワンピース ¥1990+tax→商品ページ 丈、色、シルエット、全てが完璧で 二の腕がカバーされるという◎なデザイン ほどよく薄手で心地よい生地ですが、 透け感もなくポイント高め。 サイドスリットもお洒落度up!! GU / サテンエアリーロングスカートZ ¥1990+tax→商品ページ上品な光沢があって軽やかな素材で この値段には見えないですね。。 高見えアイテム♡ オフィスやデート、女子会どんな時でも 迷わず使える一枚だと思います(^^) 沢山はきたいな〜! 鮮やかなピンクも狙い中。最後までお読みいただき ありがとうございます♡。 BAILA7月号、ぜひチェックしてみて下さいね! インスタグラムも更新中です^^ instagramスーパーバイラーズ 櫻田結子のブログ
  • ベーシックなスタイリングが見違える注目デザインをピックアップ。今すぐ着られて夏まで活躍間違いなし。【注目はおり①】 要注目の最旬はおりといえばこれ!■スポーティブルゾン きれいめボトムスと合わせることでアラフォー世代がぐっと取り入れやすく。フェミニンなディテールがしなやかなスカートと好相性襟もとやすそ、袖口がドローストリング仕様になっていて、ふんわりとしたシルエットに調整可能。微光沢なフレアスカートでつくる女性らしいスタイリングに、ひとさじのアクティブなムードを添えてくれる。ブルゾン¥43,000/ebure ニット¥29,000/スローン スカート¥25,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バッグ¥48,000/アパルトモン  青山店(スタウド) サンダル¥44,000/エストネーション(ネブローニ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン)正統派の端正なつくりが大人のボーイッシュには必須アイビーの流れをくむトラディショナルなムードのブルゾンが、きれいめパンツとロゴTをカジュアルにつなぐ役割を果たしてくれる。腰丈のコンパクトなサイズ感だから上半身が小さくまとまり、少しボリュームのあるパンツとグッドバランス。ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) Tシャツ¥25,000/マディソンブルー パンツ¥26,000/ティッカ(ティッカ) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) ピアス¥17,000・リング¥11,000/フラッパーズ(シンパシー  オブ ソウル スタイル)【注目はおり②】 トレンドの全身バランスが手に入る ロングライトコート 「長め×長め」「長め×ボリューム」の今年らしいシルエットが即・完成! ワンピースにはおれば印象がぐっとドラマティックにスタイリングいらずで、涼しく快適なワンピースは暑い夏の強い味方。小物だけでスタイルをアレンジするのには限界があるけれど、はおりものをプラスオンするだけで着こなしが一気に華やかで凝った印象に。白衣のようなドクターズコートは、注目のデザイン。ロングコート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ピアス¥78,000/ショールーム  セッション(ヒロタカ)盛夏まで重宝するのがゆるっとはおれるガウンタイプカットソー+デニムなど、夏に増えるワンツーコーデの救世主といえば軽やかなガウンタイプ。"布帛のロングカーディガン"感覚で使えるから、ヘビロテ必至。ロングコート¥42,000/カオス丸の内(カオス) カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ハンドバッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥37,000(バルダン)・スカーフ¥36,000(ヴィンテージスカーフ)/カレンソロジー青山 ネックレス¥37,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/EIJI SATO メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/牧野紗弥 取材・文/発田美穂
  • 私のクローゼットで殿堂入りのセリーヌのTシャツで、オーガスト・ハーゲスハイマーさんの講座へ。わたしのクローゼットの中で殿堂入りしているセリーヌのTシャツ。ちょっとくすんだローズ系の色が珍しく、形がまるであつらえたようにピッタリなんです。 今年の春先、FRAMeWORKで見つけたアイルランドのO'NEILの麻のスカートが、このTシャツのセリーヌのロゴの刺繍糸と全く同じで、夏になったら、このコーディネートでお出掛けしたいなあ…と思っていました。 この日は、オーガスト・ハーゲスハイマーさんの女性の栄養学の講座に参加してきました。彼のアンチエイジングの理論は個人的に師事していて、もう5.6年以上になるでしょうか。 これまで、ブログや著書など拝見してきましたが、なかなか講座に参加できる機会がなく、ようやくお話を聞くことができました。 オーガスト流アンチエイジングについては、ここでは語りつくせませんが、 1.緑の濃い葉野菜を食べる 2.卵、肉、魚でタンパク質をしっかり摂る 3.ローフードか、生に近い状態で食べる 4.良質な油をたっぷり摂る 5.糖質を控える がベース。簡単でシンプル。だから続けやすいんです。オーガストさん、御歳57歳。お化粧をしていないのに、わたしよりお肌が綺麗(泣)。今はアンチエイジングの勉強に更に磨きをかけるべく、大学に通われているそうです。食事だけではなくポジティブな生き方も、アンチエイジングに一役買っているに違いありません。 左はお土産にいただいたココナッツオイル。アンチエイジングに最も良い油です。 オーガストさんご本人に会えて、とても良い刺激をいただきました。本を読み返し、心機一転、わたしも努力中です‼︎ この日、着用したアイルランドのO'NEILのスカートは他のセレクトショップでもたまに見かけますが、普通はもう少し丈が短いんです。こちらはFRAMeWORK別注で、ロング丈。以前FRAMeWORKで買った夏の綿のロングスカートが素晴らしくよくできていたので、春先にはロングスカートを探しに必ず覗くShopの1つです。 カゴバッグは Tsuru by Mariko Oikawa。 このカゴの編み方が素敵だったのと、中は黒地の巾着状になっていること、何より意外にも軽い点が気に入りました。そして最後にお値段がお手頃であったのもちょっとビックリでした(笑) 華組 成田千恵ブログ
  • ここ数年、ずっと探していたデニムシャツ!『フランク&アイリーン』で見付けました♡ ここ数年、ずっと探していたデニムシャツ! なかなか自分の思っているものに出会えずに おりましたが、セレクトショップでこちらの 『フランク&アイリーン』のデニムシャツに やっと出会えました♡ 色落ちや質感も私が求めていたそのもの! 今時期は寒暖差も激しく、電車内や店内の 冷房対策にもなるので必ず羽織ものを 持ち歩いていますが、こちらのデニムシャツも 羽織りにはもちろん、腰に巻いたりと コーデの幅も広がります! 秋冬にはニットと重ね着など オールシーズン使えるアイテムは本当に 重宝します♪ このデニムシャツによく合わせている イヤリングがこちらのターコイズの イヤリング!! 色合いがシャツととても合っているので とても気分が上がります♪ 夏のこの時期、ターコイズブルーが 映えますよね♡ こちらはアデルビジューのものです! 私はイヤリングですがピアスタイプもあり、 ピアスですとトップとキャッチの部分が 別々になっているので角度を変えて、 装着することが出来るそうです! こちらのデニムシャツはリーバイスのもの! フランク&アイリーンと比べるととても コンパクトですがクラシックな形が とても気に入っています♪ こちらはアウトレットで主人が2本デニムを 購入した際に、3点目はフリーというとても 素敵なイベントをしていて、持ち帰ったもの! このデニムシャツにレースやチュールの スカートにスニーカーといいったコーデが お気に入りです♡ こちらのイヤリングもアデルビジューです♪ 2019SSの新作でアデルの定番シリーズの カットスチールコレクションから 左右非対称のバロックパールを使った イヤリングです♪ オリジナルのパールをカットスチールで 囲んだアンティーク調デザインが とても気に入っています! 今週もアデルのホリデーコレクションの 展示会にあの美女と伺う予定です! また展示会の様子はブログにアップ しますね! アデルビジューオンライン美女組No.90miwakoのブログ
  • 「後ろ姿がきれい」ってこれからの必須かも!肌見せの季節が近づいてきた! でもミニスカートで脚を出したり、オフショルでデコルテを見せるのはなんだか子どもっぽくなりそうで……。そんなover25歳のベストな肌見せは「背中」という説! 自分では見えないからこその無意識な色気、インナーで調節できるほどよさ、後ろを向いた時の意外性。これが全部、しかもカンタンに手に入る、背中見せワンピをおひとつ♡今日は何を重ねよう。コーデアイデアが無限に広がるイメチェン上手な一枚ブラウンと白を下に重ねてやわらかさと抜け感を。きれいめ小物でシックな佇まいに。ワンピース¥19000/ルーニィ タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 スカート¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 靴¥23000/ペレテリア ヒットマン(スペイン メイド パークマンション) バッグ¥7490/ロコンド(マンゴ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2280・ブレスレット¥2800/サンポークリエイト(アネモネ)ロマンティックな裾に対しての背中見せがいいギャップ。太陽の下で映えるオレンジカラーは夏のデートにうってつけ。¥29000/コエル深く入った背中のカッティングに、体に添うタイトなラインがセンシュアル。鮮やかなカラーを選べば、潔い女性らしさが手に入る。¥30000/シップス 渋谷店(ウーア)シックなネイビーのロング丈なら、バックシャンも気軽にトライ可能!フロントはデコルテが映えるシンプルなVネック。立体的な後ろリボンとのギャップではっとさせて。ワンピース¥7900/オンワード樫山(シェアパーク) 靴¥6500/コンバース バッグ¥29800/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2055/サードオフィス(ROOM) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/新田君彦(えるマネジメント) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io/理央分) 林 由香里(ROI/友菜分) モデル/内田理央(モア専属) 鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES
  • こんにちは秦(シン)です。 今月のバイラもチェックするポイントがたくさん! 早速ですが、ご紹介いたします。 大人のショートパンツの着方最近どこでもショートパンツスタイルが出てまして、 でも大人になって肌を露出するのにちょっと抵抗があって、 ちょうど今回のバイラでは大人のショートパンツの着方を紹介していて、 なるほど大人はこんな合わせ方あるのかと思って今度チェレンジしてみたいです! 雨の日こそ楽しめるコーデ⚫︎しゃれ感があるマウンパ? マウンパに対する印象は少し地味でしたが、 この写真を見て、スカートとの合わせ方もあり! 思ったより凄く可愛いです。 近いうちに自分に似合うマウンパを探してみようと決めました! ⚫︎雨の日のための靴!三足をご紹介 雨の日は足がびしょびしょになるのは一番嫌ですよね。 その時には靴選びは一番大切! このページを読んで、 黒のレインブーツは通勤服と意外に合わせやすいかもと思って欲しくなりました。 黒のレインブーツと残り二足についてもっと詳しくみたい方は ぜひページ58からチェックしてみてね! 夏のワントーンでおしゃれ感たっぷりサファリーカラーとキレイな色のワントーン着まわしがこの夏の流行りらしい! 本当にここに載せてる着方は全部新鮮すぎて、自分も全部着てみたい! 自分もブルーの服とデニムをたくさん持ってるから 今度まずチャレンジしてみたいのはこれです。 犬顔、猫顔はどうメークしたら顔圧コントロール?みなさんはどっちですか?私は犬顔。 だから馬鹿にされることが多い(冗談です笑) 接しやすい顔なのはありがたいけど、 たまにはオーラーが欲しい! だた三つのポイントを変えると結構印象違いますね。 犬顔は少しアイラインと眉毛を長めに描いたら、キリッとイメチェンするらしい! 猫顔の方は近づきやすい雰囲気になりたい方はページ142から読んでみてくださいね。 またチャレンジしてみたことをアップしますので、 是非お楽しみにしてくださいね。 @imheidichin スーパーバイラーズ 秦孟含のブログ
  • ブルー系で統一させたきれいめコーデには、極細プリーツでほんのりエッジをきかせて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます着座したときデスクの上から見えるのは知的で奥ゆかしいネイビーのツインニット。そして席から立ち上がるとサラサラと揺らめく鮮やかなサックスブルーの極細プリーツスカート。このエレガントな配色がアラフォーをより輝かせてくれる。ストールやパンプスの小物たちもブルー系で統一させて、すっきりと涼感美人を目指して。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 暑くるしい季節は、家での時間を少しでも快適に過ごすため、麻を効果的に暮らしにプラスしてみるのはいかが? 触り心地が涼しくなるだけで、ぐっと居心地がよくなり、部屋の温度さえひんやり感じられるはず。1.ベッドリネンはさわやかな白。 スローとクッションでさし色をプラス 「夏は、真っ白なベッドリネンで。麻のデュべカバー(かけ布団用カバー)に布団を入れず、カバーを肌がけがわりにして眠ります」。適度な重みが心地よい眠りへと誘い、サラリとした肌ざわりと抜群の吸水性でさわやかな寝心地。 プリーツ デュべカバー ピュアホワイト(麻100%、シングルサイズ150×210㎝〜)¥36,300 〜・ピュアホワイト ボックスシーツ(麻100%、シングルサイズ100×200㎝〜)¥17,600 〜・プリーツ ピローケース ピュアホワイト(麻100%、50×70㎝、ふち5㎝)各¥7,700・シェル クッション(中材込、生地 麻100%、刺繡 ポリエステル、45×45㎝)各¥16,000・ネリンガスロー アイスグレー(麻100%、150×230㎝)¥24,200 /リネン&デコール2.室内側カーテンは 透け感のあるクールカラーを 窓辺には2種類の麻のカーテン、室内側に透け感のあるネイビー、窓側には透け感のあまりない白&トープを。「日中は手前だけを引いています。落ち着いたネイビーは夏の強い日射しを遮り、見た目も涼やかに感じられます」。 すべて私物3.クロスは明るめのグレー。 ランナーの横使いを夏のもてなしに 「ランナーを横に使う『ブリッジ』という敷き方ならフォーマルすぎず、軽やかなおもてなしができます」。ランナー、ナプキンなどクロスは明るめのグレーでまとめ、ガラスや籐を合わせて、カジュアルで大人な夏のテーブルに。 ランナー(参考商品)・リモージュ ナプキン(麻100%、47×47㎝)¥1,540・ブルージュ キッチンタオル(麻100%、45×70㎝)¥1,870 /リネン&デコール その他/私物他の画像を見るリネンを指南してくれたのは…… LINEN & DECOR代表 菊川博子さん LINEN & DECORではオリジナルの麻商品を中心に、暮らしを豊かに、美しくする商品を提案する。 https://www.linenanddecor.net撮影/川上輝明(bean) スタイリスト/石山とみ子 菊川博子 取材・文/鈴木奈代 撮影協力/ FILE(http://file-g.com) ※eclat7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND