【GU(ジーユー)】30代女子向け大人カジュアル2019春夏新作ヒットパレード13選

@BAILA

平成から令和へ。時代の交代を控えて、2019年のゴールデンウィークはさながら年末年始のようなお祭りムードに覆われてとってもにぎやか! 新しい服をたくさんクロゼットに迎えるショッピング三昧の連休もよさそうですね。今回は、この春オープンしたばかりで連日大盛況の【ジーユー(GU)】渋谷店で大人の女性に人気の新作カジュアル服をご紹介します。

ジーユー(GU)渋谷店で人気の大人カジュアル服13選

オーバーサイズスウェットパーカ
大きめサイズを、プリーツスカートやスキニーデニム、ダッドスニーカーなどに合わせるのが大ヒット中。なんどGW期間中は奇跡の¥1000以下に! GW中にお早めにお買い求めください。各¥990
Tシャツワンピース各種
Tシャツの丈をそのままグーンと伸ばしたようなシンプルなAラインのカットソーワンピースが売れています。一枚でも、ワイドパンツやデニム、レギンスと重ね着しても◎。一年中着られる人気アイテムです。¥1990
フラワープリントワンピース
もはや定番人気化したふんわり小花柄ワンピース。夏に向けてフレンチスリーブタイプも登場しています。トルソーのように、レギンスやスニーカーを合わせたスポーツミックスコーデがおすすめです。¥2490
ウエストマークワンピース(5分袖)
二の腕をカバーするフレアスリーブと、ゴムをあしらってメリハリをつけたウエストラインがポイントのカットソーワンピース。着ると驚くほどきれいなシルエットが楽しめます。通勤コーデにも◎。各¥2490
コクーンカーディガン
丸みを帯びたシルエット&ローゲージの編み目が絶妙なリラックス感を醸しだすカーディガン。一枚でも羽織りとしても活用可能。いわゆる“インスタ売れ”した名品です。今なら¥990! 夏に向けて同シルエットのワッフル素材タイプ(¥1990)もリリースされているのでお見逃しなく。
メンズのウィンドプルーフシェルパーカ
ジーユーのメンズアイテムは、女性も着られるユニセックスなタイプが多いので、ぜひチェックしていただきたいコーナー。イチ推しは生地裏にラミネート加工を施したシャカシャカ防風ジャケット。ワンピースやスカートなどフェミニンなアイテムの薄軽はおりに。各¥1990(メンズ)
ジャカードレギンスパンツ
凹凸を出した生地がコーディネートにニュアンスをプラスしてくれるレギンス。2018秋冬から売り切れ⇔再入荷を繰り返している大ヒットボトムです。ほどよく厚手の生地でウエストゴムもしっかり幅広なので、スキニーパンツのようにも着られます。ワンピースや大きめTシャツ&スウェットなどと合わせて。¥1490
ハイウエストスーパーワイドジーンズ
本格デニム生地を用い、ウォッシュやアタリ、ヒゲ加工などで履きこんだような風合いを加えたパンツ。履いた瞬間脚長になれるハイライズデザイン。同型でブラックやホワイトもあります。各¥2490
デニムワイドパンツ
やわらかな薄手のデニム生地を使い、ウエストにリボンをあしらってリラックスムード漂うワイドシルエットに仕立てた女らしさ満点のパンツ。軽量素材なのではき心地も軽やかです。ジーンズが苦手な方におすすめ。各¥1990
デニムボタンフライナローミディスカート
お値段の割にクォリティ高めのジーユーのデニムアイテム。スカートもそのひとつです。フロントボタン&大きなポケットがポイントのタイトスカートは30代女子にぴったり。スタイルアップもかなえます。各¥1990
ペーパーバッグテーパードパンツ
ドローコードベルトを内蔵したウエストと、ワークテイストの大きな亮ポケットが特徴のテーパードシルエットパンツ。落ち感のある素材を使い、ヒップまわりにほどよくゆとりを持たせているため履きやすく、通勤服にもおすすめです。各¥1990
¥690のコラボグラフィックTシャツ
1960年代から半世紀以上に渡って活躍する伝説的ロックバンド、The Rolling StonesのグラフィックTシャツ。大人の女性も着られるデザインも多いので、夏に向けてのロゴTおしゃれの練習にぜひ。¥690という格安プライスも魅力です。各¥690
ウルトラコットシリーズのインナー
綿100%ながら、レースやリブ、フリルなど“見えてもOK”を前提としてデザインにこだわった人気のインナーシリーズです。タンクトップやキャミソールなど、夏の重ね着に大活躍するアイテム。各¥790

いかがでしたか? ちなみに【ジーユー(GU)】では、店舗&公式オンラインストアともにゴールデンウィーク中のお買い物がよりおトクになる「GOLDEN SALE」を開催中。第1弾は4月30日(火・祝)、第2弾は5月6日(月・祝)まで。人気のアイテムがもっとリーズナブルなプライスで手に入るチャンス、ぜひお見逃しなく!

【合わせて読みたい】GW中のおトクプライスで買いたいプチプラ新作リスト


取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのは月中旬時点での情報です。価格や在庫状況は予告なく変更になる場合がありますので、詳しくは各店舗&公式オンラインストアにてご確認ください。

関連記事
  • ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国ジョージア。かつてのシルクロードの要所は、近年デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、感度の高い人々の心を惹きつけている。首都トビリシは新たなファッション都市として確立しつつある一方、旧市街の街並みも美しい。その独特なミックスカルチャーを感じに、ぜひ! トビリシ国際空港にて発表されたアヌーキ2019-’20年秋冬のドレス Anoukiさんのおすすめスポット Anouki Areshidze アヌーキ・アレシゼ/Anoukiデザイナー トビリシで生まれ育つ。ミラノのインスティチュート・マラゴーニとアカデミア・デル・ルッソでデザインを学び、2013年にブランドを設立。夫はトビリシ市長。 Stamba Hotelスタンバ ホテル ジョージアの代表的なホテル、ルームス ホテルのラグジュアリー版。「1920〜30年代風のグラマラスな内装が好き」とアヌーキ。ホテル内のカフェで2019年春夏のショーを発表した。ダイニングやラーメンバーなどでは食事も充実。アーティストレジデンスもあり、朝から晩までおしゃれな人が集う。 1 元々の建物は出版社だった。エントランスホールや部屋には本が並ぶ2 Aviator Room(1室$220~)3 アイコニックなPink Barは午前1時30分まで4 カフェ内にあるChocolaterie & Roasteryでは南米のコーヒーのほかに、スパイスのきいた濃厚ホットチョコレートをサーブ DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:32 202 11 99(代表)1室$220〜https://stambahotel.com[Cafè Stamba]営業時間:7時〜11時(朝食) 12時〜24時、7時〜12時(朝食/土・日) 13時〜24時(土・日) 無休Drama Barドラマ バー 「ホームパーティに来たような雰囲気」。アヌーキが2019-’20年秋冬コレクション発表の日、アフターショーパーティを主催したこららは、今一番人気のナイトクラブ。アーティスト、Temur Machavarianiが内装を手がけた。アートやヴィンテージ家具の並ぶ、友人の家のようなインテリアが楽しい。 週末や人気イベントの日はダンスフロアはすし詰め状態に DATA 37 Shota Rustaveli Ave, Tbilisihttps://www.facebook.com/dramatbilisi/営業時間:22時〜翌3時定休日:月〜水曜 Anoukiアヌーキ マーブルや真鍮をグラフィカルに配置したモダンな店内。「やっぱりトビリシで一番好きな場所はここなんです」。リラックスして買い物をできる空間を目指したという旗艦店には、フェミニンなメインコレクションだけでなく、アクセサリー類やセカンドラインのミス・アヌーキも揃えている。 1 ドット柄ドレス(780 Lari)2 ミス・アヌーキのコート(190 Lari)3 人気のスパンコールシューズ(315 Lari)4 ローファー(320 Lari)5 内装はルームス ホテルのチームが担当※Anoukiのアイテムは、日本ではオープニングセレモニーで取り扱いあり DATA 2 Tarkhnishvili St, Tbilisi電話:32 292 22 32http://anouki.com営業時間:11時〜20時定休日:クリスマス、年末年始、イースター かぶらないものが欲しければトビリシのセレクトショップへ 独特のセンスを持つ若手が頭角を現すトビリシのファッション業界を反映して、自国出身のデザイナーものを扱うお店が急増。紹介したアイテムはほぼジョージアブランドで、日本で手に入らないものばかり。 More is Loveモア イズ ラブ ジョージア人ファッショニスタの御用達バッグブランド、0711(写真左下)。そのデザイナーふたりがオーナーを務めるのが、このセレクトショップ。ブランドのスターティングポイントとなったニットや、ウェアのカプセルコレクションも並ぶ。ジョージアブランドはもちろん、Rejina PyoやNanushka、Kimhēkim、Khaiteといった注目の若手デザイナーブランドを世界中からいち早く買いつけている。 1 0711の最新コレクションから、パールビーズのバッグ(640 Lari)2 More is Loveのオーナーであり0711のデザイナー、ニノ(左)とアナ(右)は、10代のときにそれぞれの家族旅行中のトルコで出会い意気投合。時を経て一緒にビジネスをスタートすることに3 住宅街にある重厚な扉を開くと、白をベースにしたやわらかな雰囲気の内観が広がる4 Ingorokvaのセットアップ。ベスト(603 Lari)・スカート(516 Lari)5 Aleksandre Akhalkatsishviliの80年代風クロップドジャケット(1,514 Lari)6 Tatunaのバルーンスリーブのドレス(1,045 Lari) DATA 14 Leo Kiacheli St, Tbilisi電話:32 240 40 40https://moreislove.com営業時間:11時~21時定休日:クリスマス、イースターIeri Storeイエリ ストア 元ワイン工場を利用した複合施設にオープン。ジョージアのブランドにこだわり、George KeburiaやSituationistのような最注目の新人デザイナーのアイテムを多数揃える。また、エナメルジュエリーのSofio Gongliや伝統衣装を新しい観点でリバイブさせたSamoseli Pirveliなど、手仕事系のブランドも。品揃えも豊富なため「人とかぶりたくない」という人にはぴったりのショップだ。 1 古い写真に写ったジョージアの民族衣装を再現しモダンに昇華したSamoseli Pirveliのローブ(2,250 Lari)2 Sofio Gongliのバングル(2,249 Lari)3 同 バングル(2,079 Lari)4 同 ネックレス(2,810 Lari)5 ロシア人デザイナーJKimのジャケット。伝統舞踊ジョージアバレエに着想。(1,900 Lari)6 ワインバーの中に、ショップへ続く階段が7 店内ではジョージアアーティストの作品を展示8 Tiko Paksaのボディスーツ(565 Lari)・ボレロ(463 Lari)9 フリンジ装飾のジャケットはGeorge Keburia(1,690 Lari) DATA Wine Factory No. 1, 2nd floor, 1 Vasil Petriashvili St, Tbilisihttps://www.facebook/ieristore/営業時間:12時~22時定休日:年末年始 Dotsドッツ マテリエル(下)のセカンドラインの店で、並びに位置するこちら。シンプルでリーズナブルな服を取り扱うほか、注目はアクセサリーのセレクト。Kanchaveliのバッグのように若手ブランドのアイテムを多数揃える。キッズウェアラインも展開しているため、家族連れも多い。 1 木製パーツが特徴のKanchaveliのウエストバッグ(各320 Lari)2 コーヒーショップを併設3 サンダル(150 Lari)4 ハートピアス(280 Lari)5 星ピアス(210 Lari) DATA 22 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 95 30http://dotstbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマスMatérielマテリエル ジョージアで最も古いファッションハウス、マテリエルのブティックは旧市街の目抜き通りにある。上質な素材を用いて、若手デザイナーとのコラボレーションでコレクションを展開している。すべてトビリシ郊外にある自社工場で生産。色が美しいレザーのドレスやコートが代表的なアイテムだ。 1 店内は昨年改装した2 ピンクのテーラード・サロペット(1395 Lari)3 パイナップルのバングル(600 Lari)4 ブーツ(595 Lari) DATA 19 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 68 18https://materieltbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマス Chaos Concept Storeカオス コンセプト ストア ルームス ホテルの中にあるセレクトショップ。JW AndersonやMartine Roseといった旬のブランドを扱う。エッジィなセレクトが特徴。ローカルブランドではGola Damianといった若手をサポート。店内にカフェやレコードコーナー、DJブースを併設し、音楽関係のストアイベントを頻繁に開催する。 1 パリ・ベースのジョージア人靴デザイナーによる人気ブランド、Le Mocassin Zippeのローファー(2,170 Lari)が買える!2 Gola Damianは2019-’20年秋冬のショー直後See Now Buy Nowをここで開催した DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:599 07 44 66https://www.facebook.com/ChaosConceptStore/営業時間:12時〜20時 無休 ※$1=約108円、€1=約122円、1 Lari(ジョージア・ラリ)=約39円(6月5日現在)、国際電話の国番号は995です。SOURCE:SPUR 2019年8月号「おしゃれな人は、ジョージアを目指す」photography: Marc Medina  hair & make-up: Anna Todua(p.150) model: Marian(p.150) coordination & text: Yu Masui cooperation: Beka Gvishiani
  • \空前のツヤブーム!/ リップ大賞 | ポイントメイク部門シャネル ルージュ ココ フラッシュ 90 スポットライトを浴びたような輝きとツヤ。軽やかなつけ心地も秀逸。 ¥4000/シャネル カスタマーケア するん&つるん♡ 劇的にしゃれるモーブカラー全24色捨て色なしの可愛さですが、特に90番は他にないしゃれ感! するんと塗れて唇ふっくら。なのに輪郭がぼやけずメイクの主役になるのがすごい!(河嶋さん)。 イヤリング¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー No.6 中央の♡ がもたらすクールな使用感も人気の秘密。 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ 驚くほどツヤめくジューシーレッドスティック状のリップで、ここまでぷっくりツヤツヤになるなんて! ジューシーな赤なので夏のポジティブなメイクにぴったり。乾燥しにくいところも好き(森山さん)。 RMK リップスティック コンフォート ブライトリッチ 02 濃密な発色と程よいツヤ感が話題。 ¥3500/RMK Division シアー×ツヤ×オレンジで旬顔に久々にツヤっぽいリップをつけたい! と思わせてくれた1本。春夏らしい明るめオレンジが新鮮で可愛いし、シアーなのにしっかり発色して"メイクしてる!"っていう感じが今っぽい(浦安さん)。 〈20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉 ●美容ライター 浦安真利子さん ●美容エディター 小川由紀子さん ●ヘア&メイク 河嶋希さん(io) ●ヘア&メイク 北原果さん ●ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク Georgeさん ●美容ライター 通山奈津子さん ●ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI) ●ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 林由香里さん(ROI) ●美容ライター 松井美千代さん ●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん ●美容エディター 森山和子さん ●美容コーディネーター 弓気田みずほさん ●ヘア&メイク 吉﨑沙世子さん(io) ●non-no美容担当 編集K・編集H モデル/多屋来夢 撮影/神戸健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA
  • 昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか? 少し体に沿うワンピース避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。 ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ) 「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操るIラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。 湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。 ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー) 辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物 「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物  「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ) 今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。 むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。 デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。 そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。 ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里
  • 梅雨のこの時期の通勤は、雨の日用の靴があると安心。といっても降水確率は日によってバラバラなので、降り具合によって選べるように3足あると通勤がさらにラクになるんです。気分が下がりがちな雨の日の通勤は、足元から元気を出していこう!降水確率50%の日の【晴雨兼用靴】デザインも豊富で最近ますます進化中。普段使いもできるきれいめを狙って靴(7.5)¥22963/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)どんより空模様にきれい色が映える。靴(7.5)¥22963/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) 傘¥900(ラコレ)/アダストリア パンツ¥16000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) バッグ¥44000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ)降水確率100%の日の 【黒レインブーツ】一日雨の日は迷わずこちらを。ショートブーツ感覚で履けるシンプルな黒なら大人の通勤シーンでも履きやすい靴(3)¥8500/ビームス ライツ 渋谷(レインファブス)足もとを引き締めシャープに。靴(3)¥8500/ビームス ライツ 渋谷(レインファブス) スカート¥20000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) 傘¥14000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)降水確率30%の日の【厚底スニーカー】少しくらいの雨なら2㎝以上の厚底で回避。トレンドのダッドスニーカーもおすすめ靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ)きれいめワンピをハズしてゆる華通勤を満喫。靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ) ワンピース¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) レギンス¥9800/ルーニィ バッグ(ポーチつき)¥7500/ステラハリウッド(ステラハリウッド)撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか モデル/絵美里 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年7月号掲載
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • もう一つの本命ワンピはコレ!淡いレモンイエロー、肌触りの良いリネンブレンド生地、ドリーミーなシルエットで(ムームーにならないよう気を付けつつ)着るとテンションの上がる一枚です!前々回のブログでもワンピースをご紹介しましたが、もう一つの本命ワンピはコレ! ZARAのリネンワンピースです✨ 私は好きな形ですが、写真で分かる通り、ちょっとドリーミーな感じというか…… 着回し万能なデザインではないですが、もう一つの候補だった、ごくベーシックなベージュのシャツワンピよりも惹かれてしまい、こちらが購入リストに入りました。あとはコペンハーゲンファッションウィークのスナップで、こんな感じのカラーリングを着こなしている方たちを見かけて、ビビっと来たのも後押しされた理由です。 (気になる方は、インスタを見てみて下さいね!) これさえあればどこにでも行ける!この夏の大本命ワンピはコレ!マリソルオンラインのこの記事↑にもあったように、 本命ワンピの条件で挙げられている ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」 には近いものがありつつ、デザイン性が強めなので、正直着る場所は選びますが、 それでもリネンブレンド生地なので、肌触りは良いですし、 「これ着たい!」と思える、テンションが上がるワンピースが待機しているのはやっぱり嬉しい!あとは、一歩間違ってムームー?と思われないように、ヒールを合わせたり、小物を脱・黒合わせにしたり、ゴールドの華奢なアクセを効かせて着るようにしている率高めです。 これでアラジン見にいきたいなー!美女組No.166 machikoのブログ
  • 肩ががっしり、胸が大きい…そんな悩みにこの1枚♡体型の悩みは人それぞれ。体の形が違えば、似合う服も違ってくるものなのです。今回は「肩ががっしりしている」人、「胸が大きくて太って見える」人のために、それぞれ似合うトップスを教えましょう! 肩ががっしりしててゴツく見える▶︎▶︎コルセットブラウスでやわらかさをデコルテが映えるカッティングで鎖骨に視線を集め、ふんわりとしたスリーブで肩をカバー。コンパクトな丈感で上半身を最小限にすれば、がっしり肩もなんのその♡ ワイドめなパンツと合わせればその効果は絶大!トップス¥13200/フレイ アイディー パンツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 バッグ¥26000/ショールーム セッション(トイノ アベル) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥900/お世話や バングル¥16000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ)❶丸みのある袖やぺプラム風のウエスト部分など、さりげないフェミニンさにキュン♡ 中央に向かってギャザーが入っているから、上半身がより女っぽく&コンパクトに。あえて辛口なボトムと合わせたい。¥9500/AKTE❷ハイウエストなボトムと合わせれば、最強の脚長効果が狙えるショート丈。肩のゴツさをまろやかにカモフラージュする丸みある胸もとも◎。¥4980/エモダ ルミネエスト新宿店(エモダ)❸着心地のよいコットンリネンで、爽やかに初夏の赤を取り入れて。長めなスリーブが肩をしっかりカバーしてくれるから、二の腕悩みにも効果抜群! ¥4990/AG バイ アクアガール胸が大きくて太って見えそう▶︎▶︎五分袖の開衿シャツを大胸さんが太って見えがちな原因は、トップスに丸みがひびいてしまうから。スッキリ見せるなら、首が詰まったクルーネックなどは避け、胸もとに抜け感を出せる開衿シャツを選ぶべし! 少し大きめの五分袖開衿シャツならフラットな落ち感が出せて、バストトップの高さをより目立たなくさせる効果が。×ストレートなスカートで視線をさらに縦方向に誘導すれば完璧。深めなブラウンで今っぽさもプラスして。トップス¥6900/ノーク スカート¥36000/シップス 有楽町店(ウーア) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)❶上品なピンクベージュにサテン生地、休日服感が出がちな開衿シャツをキレイめに仕立ててくれる一枚。¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(グリーンレーベル リラクシング)❷チェック柄も透け素材×モノトーンをチョイスすれば、ぐっと大人なチェックに。メンズっぽい開衿シャツだからこそ、こんな少しの可愛げが必要。¥23000/TOMORROWLAND(バッカ)❸広めな身幅のおかげで、サイドに大きい胸もちゃっかりカバー。裾に入ったさりげないスリットで、ボトムへの前だけINもきれいに。¥9500/ビームス ウィメン 渋谷(レイ ビームス) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/大平典子
関連キーワード

RECOMMEND