仕事着の定番アイテム【カーディガン】はこの春「極薄」タイプが正解!

@BAILA

オフィスで出番多しのカーディガンは、ふんわりと柔らかい質感の「極薄」タイプが最旬のおすすめ。定番アイテムこそこだわって選んで、普段の仕事着に女っぽさをプラスしてみては?

スケジュール帳が白い日も、ふと目に入るたびに背すじが伸びるよ
「極薄」ショートカーディガン5選

JOHN SMEDLEY[ジョン スメドレー]

肩のきゃしゃさを印象づける繊細な薄さが日常に特別感を
やさしい若草色がシンプルな白シャツによく映える。やわらかく体に沿うことで形も決まりやすいため、着る・巻く・肩かけと、着こなしに合わせて自由に楽しんで。カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) シャツ¥25000/サード マガジン スカート¥43000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥73000/カオル ルミネ有楽町店(カオル) リング(中指)¥53000・(小指)¥58000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥128000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ミチノ) 靴¥79000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

ebure[エブール]

安心感のあるネイビーも極薄にアップデート。着慣れた色が見違える
登場頻度の高いザ・ベーシックな定番ネイビーは、いいものを一枚持っておくとあらゆるシーンで自信をくれる。ファインシルクウールカーディガン¥29000/ebure

SLOANE[スローン]

きれい色とも合わせやすいミルクティーベージュ。シルク100%のやわらかな肌ざわり
いつもの服が格段に品よくまとまるミルクティーベージュ。上品な女っぽさを連れてくる。ベージュシルクカーディガン¥31000/スローン

GALLARDAGALANTE[ガリャルダガランテ]

抜け感をつくり出す柔和な色みはワントーンコーデの“さし白”にも
白が苦手でも取り入れやすい、肌なじみのいいまろやかなトーン。インナーと合わせれば、プルオーバーとしても着られるタイトなシルエット。ホワイトリブカーディガン¥18000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)

FONCE[フォンセ]

顔が華やぐラベンダーは前後丈に差のある立体フォルム
極薄素材が大人っぽさをキープしてくれるため、可愛げのある色も簡単。予定のない日にも自分のためにきれいな色を楽しむ余裕が、素敵先輩につながって。ラベンダーカーディガン¥16000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ)

Ron Herman[ロンハーマン]

タイトな細リブも極薄なら着膨れ無縁。ライトブルーで涼やかに
シュガーレスなパステルは、手持ちベーシック服のスパイス。さらりと肩かけするだけで、普
段着のイメージを一新。ライトブルーリブカーディガン¥27000/ロンハーマン


撮影/水野美隆〈zecca〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/天水沙織 モデル/桐谷美玲 ※BAILA2019年5月号掲載

関連記事
  • 私ごとですが、最近約10年ぶりに髪を数十センチ切りボブヘアにしました。仕上がりとしては満足しているのですが、短い髪あるあるとしてよく言われる“広がる問題”に早速直面しています。しかも割と細毛でクセもあるので、日によっては一部分だけピヨんとはねてしまう、なんてことも。 長年ロングヘアだったため、短い髪の上手なセット方法なんて知らないし、知っていたところで不器用だからきっとうまくできない……。思い立つがまま切ったはいいものの、これはどうしたもんかしら、と悩んでいた時にふと記憶が蘇ってきました。 それは1年以上前の濡れツヤ髪ブーム全盛期のとき、とある展示会でデザイナーさんが見事な濡れツヤヘアをされていたんです。すごく素敵だったので、スタイリング剤なに使ってますか?と尋ねたところ、なんと答えはベビーオイル! いろんなヘアプロダクトを試した結果、ツヤが長持ちして髪がまとまるのは、なんだかんだでコレ、ということでこのアイテムに落ち着いたとのこと。当時はロングヘアだったこともあり、結局自分で使うことはなかったのですが、髪を短くした今ぜひ試してみよう!と早速ドラッグストアで購入してみました。 今の気分としては普通にさらっとまとまった髪にしたいので、私は少量を手のひらで伸ばし毛先だけに塗布。すると確かにツヤが出る! そしてちょっと重めのオイルだからか、髪にもちゃんとまとまりが。つけすぎなければベチャッとすることもなく、そうそうこんな感じにしたかった!という仕上がりに。ベビーオイルなので、拭いたりすることなくそのまま手に馴染ませてしまえるのも、ズボラとしては地味に嬉しいのです。 身の回りにある超定番商品、他にも使う場所を変えるだけでグッと活躍するものがあるのでは!?と固定観念を外すきっかけにもなりました。
  • BAILA8月号でも特集が組まれている「2019年上半期ベストコスメ」。 みなさん、もうチェックされましたか? BAILA8月号では、業界きっての美のスペシャリスト総勢35名の方が、BAILA世代にぴったりなベストコスメをご紹介しています。スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまで幅広いアイテムが掲載されていて読み応えたっぷりですよ。 今回は、BAILA8月号にならって、私が選ぶ「2019年上半期ベストコスメ」についてご紹介していきます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 私が「2019年上半期ベストコスメ」に選んだアイテムがこちら。 【アイシャドウ】リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014 【ハイライト&チーク】THREE スリー シマリング グロー デュオ01 【リップ】ロレアルパリルージュシグネチャー 112  こちらの3アイテムを選びました。 本当はベースメイクやファンデーション・アイブロウなど、他のアイテムもご紹介したかったのですが、2019年上半期を通して継続的に使い続けたり「これいい!」と思ったアイテムに出会えず・・。なので、2019年上半期に本当にヘビロテして、底が見えるくらい溺愛したアイテムを選出してみました。 では、早速1つずつご紹介して行きます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'; text-decoration: underline} span.s2 {text-decoration: underline} span.s3 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} まずは、アイシャドウ。 私が2019年上半期にヘビロテしたアイシャドウは「リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014」です。お値段が1,620円という2,000円以下のプチプラアイシャドウ! 昨年の秋に発売されたアイテムですが、オレンジ系ブラウンのバレットなのでシーズン問わず活躍するアイシャドウとして重宝しています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 4色全部使うとヴィンテージ感漂う深みのある目元になるのですが、私は左下のオレンジ感強めのカラーをアイホール全体に、そして右下の濃いブラウンをアイライン代わりに締め色として使っています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} 伸びがよく、粉とびもないので、忙しい朝にも重宝しています。 また、ラメのようなギラギラ感は全くなくベルベッドのような輝きで目元を上品に彩ります。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 実は昨年にもブログでご紹介したこちらのアイシャドウ。 お気に入りすぎて2個目に突入です! p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} お次はリップ。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2019年の春に出会って5月頃に急にヘビロテし始めた「ロレアルパリルージュシグネチャー 112 オレンジブラウン」です。 「透け感マットリップ」と言われているロレアルパリルージュシグネチャー。 さらさらとした軽いオイルと水をミックスしたライトフィルム処方なので、とてもみずみずしいタッチを実現。鮮やかなカラーが唇にぴたっと密着し、唇の質感が透けるようなソフトな発色を叶えてくれます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 唇の輪郭にフィットするフェザー型アプリケーターが、とにかく塗りやすくてお直しにもぴったり。 香りはフルーティーの中に微かなバニラを感じさせる少し甘い感じです。 そして何より、発色・キープ力が抜群に良いリップなのに、乾燥しない!という優秀さが2019年上半期ベストコスメに選出した理由です。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} フレッシュなオレンジでとっても健康的なカラー。オレンジの中にも微かにブラウンが配合されているので、カジュアルな抜け感のあるオレンジリップに仕上がります。 この夏トレンドのサファリカラーのコーディネートとも相性抜群です。 ロレアルパリルージュシグネチャーは、他にもカラー展開があるので秋冬になったらまた新しいカラーを追加しようか検討中です。 最後は、ハイライト&チーク。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} こちらは有名なアイテムなので、知っている方がほとんどなのではないでしょうか? 私は2019年上半期ベストコスメに選んだのは「THREE シマリング グロー デュオ01」です。 この底見え加減から、どれだけヘビロテしたのかお分かりいただけるかと思います。 THREE シマリング グロー デュオは、肌の内側から発光しているかのようなツヤ肌を作ってくれる「明るめのハイライト」とブラウンの「シェーディング」の2色がセットになっています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} クリーム状のハイライトとシェーディングなのですが、肌にのせるとパウダーのように変化するので、私はファンデーションやお粉の後に使用しています。 明るいカラーは、元々ハイライトとして使っていたのですが、2019年上半期にハマったのは「シェーディング」カラーの方。このカラーをチークとして使うのにハマりました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 明るいカラーを、ハイライトとしてCゾーン、鼻筋、目頭の少し下に塗っていきます。(*グレーの囲み参照)これだけで顔にメリハリが付き、ツヤ肌だけではなく目元をグッと印象的な雰囲気にしてくれます。 最後にシェーディングカラーを頬骨の辺りを中心に、横に広げるイメージで塗っていきます。塗る前はブラウン系の濃いカラーに見えますが、実際に肌にのせるとナチュラルな血色感のあるカラーに。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} オレンジ系のアイシャドウやリップにハマっていたこともあり、チークは赤やピンク系よりもTHREE シマリング グロー デュオのシェーディングカラーがしっくりきて、2019年上半期はとにかくヘビロテしていました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 最後に、2019年上半期ベストコスメに選出したアイテムでメイクをした時がこちら。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 全体的にオレンジ系のカラーで、ツヤ感重視のメイクが定番となった2019年上半期でした。 2019年下半期は、スキンケアやベースメイクを開拓したいと思います! みなさんの2019年上半期のベストコスメはなんですか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 先月号の予告から楽しみにしていた RepettoのPVCトートとレオパレードポーチ  PVCトートはどんなファッションにも 合うので普段からよく使っています。 また一つアイテムが増えて嬉しいです❤︎ まだまだ梅雨明けせず 肌寒い日が続きますね。 がっつり夏服だと少し不安… 今期出番の多いとろみジャケット 通気性もあるので湿度が高くても さらっと着れます。 ショートパンツはZARAのものです。 ベージュ×ベージュでセットアップっぽく! いろんなファッションに合わせて この夏たくさん使いたいです♡ そんな8月号のストレスフリーなECショッピングのページに出させていただきました。 試着ができなかったり 自宅で受け取れるタイミングがなかったり そんな不満を解消してくれる どんどん進化したECショッピング。 知らなかったことがたくさんで驚きました! BAILA8月号ぜひお手にとってみてください♪
  • こんにちは☺︎ @BAILAがリニューアルされました! そしてBAILA8月号も発売されてるので チェックしてみてくださいね♡ 今回は毎日のメイクに使いやすいオトナ女子必見のリップ&チークをご紹介。 オフィスメイクにも最適な、 "程よさ"と"上品さ"を兼ね備えたカラーのアイテムたち。 【品番】 上:Celvoke ディグニファイド リップス10 ¥3,456 (税込) 下:THREE チーキーシークブラッシュ12 ¥3,240 (税込) 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 肌なじみのいいチークカラーと 艶~マットの間の絶妙な質感のリップは 本当に使いやすくておすすめです。 このチークとリップを使って メイクした時の写真です^^ 毎日のメイクに使いやすい大人カラーなので参考になれば…♡ また更新します~☺︎ Instagram
  • こんにちは☺︎ 今号のBAILA x repettoコラボの付録バッグが、可愛すぎてバイラーズで話題になっています! 夏流行りのpvc素材に、秋っぽいレオパード柄の組み合わせがおしゃれ感満載ですよね♡ おしゃれなだけじゃなく、色々なコーディネートにも合わせやすいんです! 全く違うタイプのコーディネートで紹介します。 甘めのカジュアルコーデ。 これにカゴバッグを合わせると甘すぎですが、pvcが抜け感、レオパード柄がワンポイントになります! サファリカラーのリラックスコーデ 下手したらご近所感が、、!なコーディネートですが、トレンドたっぷりなrepettoコラボバッグでお出かけコーデに☺︎ しかも、小さいけれどちゃんと入ります! ミニウォレット、キーリング、日焼け止め、リップが入れば、お出かけにも充分ですよね。 pvcバッグだけにして、水着を入れても可愛いかも♡ この夏大活躍間違い無しのこのバッグ、皆さんもぜひゲットしてくださいね。
  • エクラ編集長オサニャイの愛猫、アランの日常をお届け!「ママ、外出禁止ね。僕と一緒にいる方がいいにゃよ」。 玄関の神様が、ドアの前にいるので、仕事に行けません、、、。@alain_cat
  • 秋に向けて、ハイブランドから秋物バッグが続々登場! GUCCIからは伝統的なデザインを落とし込んだトラッドモチーフが仲間入り。秋の到来を前に、ハイブランドのコレクション巡りをしてイメージを高めておこう。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 GUCCI【グッチ】 由緒正しいトラッドなモチーフを現代的なアレンジで楽しむ アーティストで女優のズゥミ・ロソウが名前の由来となったバッグ。グッチのシグネチャーである「インターロッキングG」と「ホースビッ ト」を組み合わせ、ゴールド&シルバーで表現したディテールが、伝統的なデザインに今の魅力を添える。靴にも同じディテールをあしら って。バッグ「グッチ ズゥミ」(16×24×4.5)¥350000・靴(5.5)¥102000・シャツ¥270000/グッチ ジャパン(グッチ) 撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年8月号掲載
  • 加齢とともに表れるヘアトラブルに負けず、エイジレスヘアをキープする3人の秘密に迫った。 小泉深雪さん(モデル) 安心して使えることを基準にナチュラル系を選んでます 「もともと髪が健康なうえ、20代でパーマもヘアカラーもやめてしまったので、これまでとくにヘアトラブルで悩むことはありませんでした。そんなこともあり、普段のヘアケアは"自分"ではなく、あくまでも"子どもが安心して使えるか"がセレクト基準。今は、M-markのシャンプー&コンディショナーを愛用しています。ただ、二人目の出産を機に、髪のまとまりにくさが気になっていることもあり、仕事で髪をセットしたあとや傷みがあるときは、リカバリー用としてウカのヘアケアシリーズにチェンジ。また、自分へのご褒美として、気になったときにウカのヘッドスパとトリートメントを受けてリラックスするようにしています。時短も大切なキーワード。スーキンのオイルはその使用感はもちろん、全身に使えるのでスキンケアの流れでヘアケアもできるのが気に入っています。仕事柄、今はヘアスタイルを大きく変えることはできませんが、50代になったらショートヘアなどいろいろなスタイルに挑戦したいですね」 PROFILE1997年からモデル活動をスタート。日本国内の雑誌にとどまらず、パリコレクションのランウェイに出演するなど、グローバルに活躍。結婚、2 回の出産を経て、アラフォーの今も変わらぬ美しさをキープ。 1 「仕事後のハードスタイリングを落とすときやダメージが気になるときに愛用。ウカのヘアスタイリストさんにすすめられて以来、ずっと使い続けています」。(右から)ウカシャンプー ウェイクアップ!(300㎖)¥2,750・ウカ ヘアトリートメント グラマラスナイティナイト(200㎖)¥3,300/uka Tokyo head office 2 「家族で温泉旅行に行った際出合ったシャンコン。余計なものが入っていないシンプル処方なので子どもにも安心して使えます。家族の評判もよく、何より香りに癒やされます」。(右から)M-mark ローズマリーのアミノ酸せっけんシャンプー・同 ローズマリーのPH調整コンディショナー(各600㎖)各¥1,150/松山油脂 3 「オーストラリアのお土産でいただいて以来、プレシャンプーや入浴後の保湿のため全身に使っています」。スーキン ローズヒップオイル(25㎖)〈日本未発売〉 MICHIRUさん(メイクアップアーティスト) 結局美しい髪は頭皮から。頭皮環境を整えるケアが中心 「美しい髪は頭皮の環境にかかっているので、ヘアケアは頭皮が中心。毎月、"ヘナ"のトレーナーの方にカラーリングと同時に、ヘッドスパ&マッサージを自宅で行なってもらっています。ホームケアでは、シャンプーは2日に1 回。いつも髪を束ねているので単純に汚れがつきにくいから。ただ、ブラッシングは朝晩必ずが基本です。ブラッシングで汚れを落としたあと、オイルでマッサージをしてから洗うようにしています。また、髪が長いと乾かすのに時間がかかりますが、トリートメント後、冷水を髪にかけるとキューティクルが引き締まると同時に、乾かしやすくなることを数年前に発見。以来、冬でも行なっています。意外と体が冷えることはありません」 PROFILE渡仏、渡米を経て帰国後、国内外のファッション誌、映像、女優やアーティストのメイクアップ、商品開発のクリエイティブ・ディレクションなども手がける。美への探求心を体現する自身のライフスタイルは常に注目の的。 4 「防腐剤、乳化剤、抗菌剤、水はいっさい使わず、ローズマリーエキスと白樺樹液だけで作られているところに惹かれて。頭皮に活力を与え、髪にツヤが出ます」。FUKUBISUI スカルプローション(60㎖)¥5,800/福美人 5 「シャンプー前、ブラッシングをしてからデトックス効果のあるインディゴオイルでマッサージをするとすっきり感が違います」。インディゴ オイル プレオイル シャイン&スカルプ(50㎖)¥3,500/メルヴィータジャポン 6 「ダメージヘア用なのに重すぎず、髪1本1本に空気が入ってサラサラに。もう6 年くらい使っていますが、違うものを使ってもやっぱり戻ってきてしまうほど気に入っています」。(右から)オーガニックウェイ リビルディングヘアバス(240㎖)¥3,600・同 ヘアマスク(150㎖)¥3,400/AMATA 垣谷弥生さん(「白雪ふきん」商品開発) 髪が豊かな義母を見習い、シャンプーは2日に1回に 「義母は80歳を超える今でもボリュームがある美しい髪の持ち主。聞けば、洗髪は週に2 ~ 3回サロンで行うだけとのこと。ちょうど年齢的に髪の細さが気になっていたときだったので、私も洗髪を2 日に1 回に。保湿のために毛先に椿オイルを塗布したり、デトックスを期待して塩で洗ったりしていたところ、2 日に1回の洗髪でも頭皮のニオイや不快感はなく、それどころか乾かすときに髪の根元からハリを実感するように。今は、シンプルな処方を好む自分に合ったソルトシャンプーを見つけたのでこちらを愛用しています。また、3週間に1 回はカラーリングでヘアサロンに行くので、美容師さんからすすめられたブラシを使うなど、そのアドバイスも頼りに」 PROFILE19年前に奈良にある蚊帳製造業の家に嫁ぎ、蚊帳生地を改良したふきん製造に携わる。従来にない吸水性と長期にわたり白さを保つ「白雪ふきん」が評判に。現在は自身が使いたいと思うものを商品開発。営業、PRもこなす。 7 「熱を加えず圧搾するコールドプレス処理のため、さらりとしてベタつかない。シャンプー前の髪表面の保湿、乾かしたあとのツヤ出し、爪などの乾燥対策にも使っています」。桜島つばき油 ピュアプレミアム(30㎖)¥3,000/桜島ミュージアム 8 「イギリス発の大人気ブラシは、目が細かく、コームのように使えるので髪をまとめるときに大活躍。毛量の多い私の髪でも絡まず、マッサージしやすいところも気に入ってます」。タングルエンジェル オリジナルホワイト¥2,100/キヌガワカンパニー 9 「手前味噌ですが、このタオルは、吸水性がいいのでドライヤー時間を短縮できます。保湿効果の高いスクワランを練りこんであるので枕カバーにもおすすめ」。白雪スクワラン湯上りたおる ヘアケアサイズ(約35㎝×100㎝)¥2,500/白雪ふきん 10 「週1の頭皮ケアとしてこちらを使用。海塩を60%配合。ミネラル微量元素が自然のバランスでイオン化されて配合されているから髪の根元から元気になります」。スフィア・ソルト・マッサージ・シャンプー フォー スカルプ(160g)¥3,220/空と地 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら
関連キーワード

RECOMMEND