女子と夜桜を見に行く日は、シンプルなワンツーコーデに小物を効かせて【2019/4/5のコーデ】

@BAILA

女友達との夕ごはん。肌見せボーダーをゆるっとアウトしてリラックスした雰囲気に

シンプルなワンツーコーディネートでも、ネックレスと腕時計で気を抜かず。差し色パンプスで華やかさもキープして。バッグは今っぽいデザインを効かせるのが気分。女友達と夜桜を見ながら、恋愛から仕事、脱毛の話まで、たっぷり女子トーク。途中友人から「絵美里はそろそろ結婚しないの?」って聞かれて。私はしたいって思っているけど、彼はどうなのかな……。

カットソー¥13000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ) タイトスカート¥7900/ノーク バッグ¥40000/コード(ヴァジック) 時計¥19000/ピークス(ロゼモン) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ネックレス¥138000/アトリエ ニノン

【今月のPROFILE】フランス語学校のコーディネーター・絵美里
フランス文化センターのスクールコーディネーター。講座やイベントの企画運営、講師のアテンドなどで多忙な日々。彼氏とはつきあって3年目、そろそろ結婚も意識。

明日のコーデ写真一覧へ>>

明日のおすすめ着回しアイテム

【着映えトップス】肌見せボーダー
バックがVあきで、ヘルシーな肌見せができる! ¥13000/ジャーナル スタンダード  レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ)
【春のシンプルワードローブ】タイトスカート
ハイウエスト&フロントのスリットですらりと脚長に見える。¥7900/ノーク

「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>


関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪

【関連商品】Le minor 【福田亜矢子さん別注】MADEMOISELLE 長袖 ¥11,000+税
【関連商品】THE SHOP TK(Women) チノ風タイトスカート¥2700( ¥4500の40%オフ)+税

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/大平典子  文/衛藤理絵

関連記事
  • この時期、一番使えるオフィスコーデといえば「ノースリーブ×カーディガン」。甘めスタイルがお好きな人は、トーンが近いなじませ2色で組み合わせるのがおすすめ。いつものカーデスタイルにも、旬のエッセンスをプラスしてみて。 甘めフェミニンOL絵美里の更新ポイントは “近い色”を合わせたやさしげなじませトーン 旬のブラウン×ベージュなら今っぽさが最高潮!さりげない透け感で軽快に アンサンブルのようにまったくの同色で統一するのではなく、ブラウンとベージュなどトーンが近い2色をなじませると 一気に今っぽく。Vあきが深めのカーディガンは肩にかけてもすっきり見え、夏らしく軽やかな透け素材がしゃれ感も上乗せ。カットソー¥12000/インターリブ (サクラ) カーディガン¥3990/コエ 渋谷店(コエ) スカート¥22000・バッグ¥14000/フィルム(ダブルスタンダードクロージング) リング¥35000/UTS PR(ルフェール) ブレスレット¥33000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) カーディガン¥3990/コエ 渋谷店(コエ)  カットソー¥12000/インターリブ(サクラ) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、 さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里  原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • コーデの配色パターンが単調になったり、手持ちの夏服に迷いが出てきたら、モノトーンに立ち返って。色数を減らすと、涼しげで上品に見える効果も期待できる。心地よさに正直に。凛と美しいミニマリストを気取って おなじみのブラックシャツをリネンのショートパンツでアップデート。ラフな夏素材を選択しつつ、あくまでキレのいい女らしさを目ざして、新しい印象を残す。シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) サングラス¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥53,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) 時計¥1,590,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) 靴¥102,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)街でさりげなく着るパリシックなモノトーン。大人の解釈 7 割の黒と3 割のボーダーの黄金比で、涼感フレンチスタイル。ポイントになるのは、背中のVあきからのぞく素肌や着こなしの明度を上げる白の潔さ。テイストを後押しするハットで夏ならではの遊びを加えたら、品格のあるハンドバッグでバランスを取って。定番服の黒こそ、小物センスも磨く。トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥25,000(コキュカ)・ハット¥36,000(クライド)/ザ ストア バイシー 代官山店 バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)  プリントT解禁。素敵な黒上手はカジュアル上手 夏真っ盛りのカジュアル気分の日。ヴィンテージ風のTシャツにはきれい見えするタイトなニットスカートの巧みな受け入れ力を活用。腰に巻いたシャツのブルーがいっそうの清涼感を呼んでくる。Tシャツ¥13,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥39,000/マディソンブルー サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) いつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。 シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)撮影/金谷章平 ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/村山佳世子 モデル/SHIHO 取材・文/陶山真知子 
  • 暑さはこれからが本番だけど、メイクは秋を意識して・・・♪うめだ阪急で行われた、秋の新色コスメがお試しできるイベントにご招待いただきました。 やっぱり目を奪われたのがSUQQU(スック)の新色たち! ネイルカラーポリッシュ「鈍砂-NIBISUNA- 118番」を塗らせていただきました。2019秋冬のSUQQUは、東洋古来の「漆」からインスパイアされた「うるみ色」がメインカラーとのこと。 アイシャドウも言うまでもなく美しかったのですが、(イベント上、写真NGでしたので発売日にぜひ店頭へ)、このネイルは今すぐ欲しくなり、予約。 上品なグリッターがぎっしり!の青みピンクのリップ「冬花火-FUYUHANABI- 112番」も予約したので、またいつかブログにUPします! 「うるみ色」とは、青黒く、あるいは赤黒く濁ってはっきりしない色のことのようなのですが、このネイルカラーはまさにそんなイメージのチャコールブラウン。 私はおしるこ色、と勝手に呼んでいます(笑) ブラウンが流行っているこの夏だからこそ、今からつけてもOKではないでしょうか? このくすんだ感じが大人のネイル。 2019年8月2日発売。 うめだ阪急では、7月24日に先行発売。先日の誕生日に、友人がこんな可愛い腕時計をプレゼントしてくれました。 TIMEX(タイメックス)と、大好きなPEANUTS(ピーナッツ)のコラボレーション! ナイロンベルトの赤が効いていて、休みの日だけではなくカジュアル通勤にもピッタリ。 ネイルカラーのおかげで大人っぽく見せてくれる手元とのアンバランス感、けっこう好きです。 まりちゃん、ありがとう!!美女組No.167 hirokoのブログ
  • 夏をおしゃれに乗り切るための涼やか&華やか両立アイテムが勢ぞろい。「難しいコーデテクは不要。着るだけでOK」と麻琴さんも太鼓判!今買って秋まで着れます!     甘すぎないラベンダーカラーは、きれい色スカート初心者にもおすすめ 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ラップマキシスカート/¥14,000+税 広がりすぎないAラインのラップスカートは、通気性のいい麻素材。合わせるアイテム次第で、カジュアルにもきれいめにも着回せます。後ろにゴムを入れたウエストは、共布の太ベルトで自然に隠せるのも自慢。前合わせがめくれにくい作りや透け防止の裏地など、細かい部分にもしっかり気を使いました。前ウエストはすっきり感を重視。後ろ部分のみゴムで締めつけ感を軽減しつつ、フィット感を高めます。       風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。       タックアウトでおしゃれに決まる、ありそうでなかった大人のためのロゴT 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ロゴプリントTシャツ/¥7,000+税 控えめなロゴはフランス語で"夏が好き"という意味。フィットしすぎず、ルーズすぎない身幅や、アウトでサマになるよう計算された着丈が、季節を通しての大活躍を予感させます。折り返した袖口はアクセント効果に加え、二の腕カバーにも有効。ブラックには白、ブラウンには黒、ブラック×ホワイトのボーダーには赤のロゴ入り。       着るだけで“ラクしてきれい”が叶う、異素材使いのフレンチスリーブ T 登場 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ギャザーフリルTシャツ/¥8,500+税 上に表面感の美しいカットソー、下にとろみ生地を配した異素材使いに注目。バスト下で切り替えたフリルギャザーが、女性らしい甘さを漂わせます。カットソーのラクさと、ブラウスのきちんと感を兼備した、まさにいいとこ取りな一枚。手持ちのパンツに合わせるだけで、日常にふさわしいフェミニンコーデが完成します。     上品なつや感を放つサテンパンツなら、Tシャツ合わせでも華やかさは申し分なし 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】サテンストレートパンツ/¥13,000+税 ウエストをサイズ調節が容易なゴム+ドローコードで仕上げた、脚の線が出にくいやや太めのストレートパンツ。ほどよくリラックス感のある軽いはき心地ながら、薄手のサテン素材が持つ光沢感のおかげで印象はあくまでもきれいめ。Tシャツやスニーカーといったカジュアルなアイテムを合わせても、洗練されたイメージにまとまります。裏地をつけて、下着のラインをひびきにくく、汗じみを気にせず着られるようにしました。裾のサイドに深めのスリット。動くたびに足首がのぞき、女性らしい軽やかさを印象づけます。     今回はモデルの高山都さん(身長158cm)に着ていただきました!小柄さんにも素敵に着こなせるアイテムが揃っておりますので、是非コーディネイトの参考にしてみてください!  
  • "ギャップ"がミックス感につながり、好感度の高いブルーという色の可能性を、ぐっと広げてくれる!南国の海のようにまぶしい色、ネイビーに近い深い色、甘やかな水色まで。ブルーは色幅が多く、そのイメージも色の数だけ。このパートでは、そのイメージをいい意味で"裏切る"意外性のある着こなしを提案。【コバルトブルー】リゾートに訪れた島の、遠浅の海の色。心が浮き立つような明るく鮮やかな青を、そのアクティブな魅力はそのままに、着こなしで女らしくアレンジ。ボーダーTの新解釈! 黒タイトでカッコいい女っぷりを目ざして夏の日射しに映える、コバルトブルー×ホワイトのボーダーT。同色のカーディガンをラフに肩がけし、ボトムはスリットが入ったミディ丈のタイトスカートをチョイス。子供っぽさとは無縁の、大人ならではのはつらつとしたミックスカジュアルが完成!Tシャツ¥12,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) 肩がけしたカーディガン¥16,000・スカート¥18,000/アルアバイル ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥115,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)彩度の高い着映えワイドをゆるっと、リラックスムードで涼しげなシャリ感と美しい発色を楽しめる一本。どんなベーシックカラーとも相性はいいけれど、例えばこんなキャメルベージュのリネンニットとなら、こなれ感漂う大人のムードにシフト。フラットのレザーサンダルやジュートバッグで、都会的なリゾートスタイルを満喫して。パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(キャッツィ) バッグ¥30,000/TOMORROWLAND(アーロン) 靴¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(マウロ デ バリ)×黒の小花柄ならきれい色もよりなじみ度がアップ小花柄のマーメイドフレアスカートが、色のもつ清涼感のおかげで甘くなりすぎないという効果も。スポーティなジップブルゾンと小物を黒でまとめれば、よりスッキリとした印象に。スカート¥20,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ブルゾン¥23,000/アルアバイル タンクトップ¥7,900(アンスクリア)・靴¥37,000(ロランス)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥13,000/TOMORROWLAND(ジェニーバード) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/石毛のりえ モデル/SHIHO
  • 男たちの時計は4つの顔を持つ シーンごとにベルトの異なる時計をすることで顔を使い分けるという LEE8月号 P.72の時計特集。男たちの場合は。 ※Aミツは都合により今回欠席 父K:サキヤさん、時計変えられました? もしやそれは! サキ:アップルウォッチ! ぷー:ドヤ感がすごい! やす:また素敵な革ベルトで。通気性もよさそうですね。 サキ:夏もできるレザー。あとこれを見てよ、これ。 ぷー:おおっ! これ動画? が待ち受けなんですか? 父K:前回、犬好きの歓喜を呼んだ柴犬、ももみちゃんだ! サキ:iPhoneのライブ写真ってあるじゃん。あの少し動くやつ。あれ設定できるの。 やす:癒しでしかない! ぷー:さすがスマートウォッチ。でも、いろいろ忙しくないですか。通信ができちゃうと。 父K:宇宙警備隊ぽくて、男の夢のアイテムじゃない? サキ:ピンチになったら救急車呼べるっていうからね。 ぷー:Siriにもアレクサにも話しかけられないわれわれにはまだハードルが高いかも。 やす:あれいまだにむっちゃ恥ずかしいです。ヘイとか言うの。 ぷー:そういうNやすは最近、一生ものの時計を買ったとか。 やす:はい。ずっと欲しくて貯金してたんです。サントス。 父K:おおお。いったねえ。まだピカピカじゃん! やす:先月です。つけててまだドキドキしてますから。 ぷー:意外と大きいね。 父K:うん、かっこいい。スクエアでブレスタイプで。 サキ:これまで以上にちゃんとした大人に見てもらえるよ。 やす:そこ大事です。LEEの現場ではまだ若造なので。 父K:そういうとき時計の力を借りるのは正解だと思う。 ぷー:カルティエ、いつか妻にプレゼントしたいなあ。 父K:いいよね、つけている人をより知的に見せてくれる。 やす:ぷーすけさんのはナイロンベルトなんですね。 ぷー:いわゆるNATOベルトっていわれてるやつね。ミリタリー時計によく使われる。 父K:夏場も気にせずつけられるし、ベルトのつけ替えが簡単だから気軽に買えるよね。 サキ:これはヴィンテージのシーマスターか。渋いね。Tシャツ一丁でも重みが出そう。 やす:文字盤が黒というのもいい感じです。さすがオメガ。 ぷー:現行のより、昔の時計が味があるから好きなんですよ。今はないデザインが多いし。 サキ:ヴィンテージの腕時計ははまると深いからなあ。 ぷー:Kさんのスウォッチはなんで今、そこなんですか? 父K:意外と黒をいろんなとこで見て、欲しくなって。プラスチック系ベルトで夏もOK。 サキ:これ、お店で買える? 父K:いや、25年くらい前のだと思います。eBayで。 やす:シンプルでいいですね。ミニマリストって感じ。 父K:やった、今日から名乗ろうかな、ミニマリスト。 ぷー:ほんとに? Kさんだってしてこないだけで、高いのも持ってるんだよ。ヤラしいわ。 やす:え、そうなんですか? 父K:それは十数年前に、結納返しでもらったグランドセイコーのことを言ってるのかな? サキ:あくまで好感度狙ってる(笑)。いい時計だけど。 ぷー:いやいや、そういうほのぼのエピソードいらないです。 父K:そこまでだ。ぷーすけのアレの話をしてもいいんだが、ここは賢明に休戦といこう。 やす:なるほど、男はそうやって裏の顔を持つってことですね。いや、勉強になります! サキ:LEEの時計特集はそういうことじゃないからね! 詳しい内容は2019年LEE8月号(7/5発売)に掲載中。
  • 白シャツにスエード素材の大人可愛いピンクスカートを合わせて爽やかなハッピー感を漂わせて予定していたイベント会場がまさかの雨漏り発生! 天井からぽたりぽたりと落ちてくる雨粒をキャッチしている合間にきっといい解決策がひらめいてくれるはず。そんな希望をハッピーカラーであるピンクスカートに期待しつつコーディネート。現場を歩き回れるような白スニーカーであまりカジュアル感が強くならないように、白シャツでお仕事感を打ち出して。白シャツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) 手に持ったジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) スカート¥49,000(9月上旬店頭展開予定)/ブルーバード ブルバード バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 時計¥565,000/ブライトリング・ジャパン(ブライトリング) 靴¥70,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) 撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 片貝 俊(池上幸平) モデル/蛯原友里 取材/東原妙子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデの関連記事もチェック
  • オールインワン¥37000・ピアス¥18000・バッグ¥46000・靴¥38000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク)フロントのジップやウエストリボンがこなれ見えする黒のオールインワン。大人っぽクールなアイテムは、幾何学模様のバッグやイエローのサンダルを合わせたら夏の夜遊びやパーティに◎! バッグはロングチェーンつき、斜めがけすればめいっぱいはしゃぎたい日にぴったり!モデル/馬場ふみか 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ショルダーバッグ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND