【4月号付録】IENAのポーチはクラッチにも使える!3WAYワイヤーポーチ♡

@BAILA

4月号付録

今月のBAILAの特別付録はIENAの「3WAYワイヤーポーチ」です♪
ワイヤー入りだから固定もできてしっかりしています。
マチもしっかりあるのでたくさん入る優れもの♪

見た目も大人っぽい
たくさん入る♡

クラッチバッグとしても♪

大人っぽい柄のポーチはクラッチバッグとしても大活躍!
お財布はミニ財布に変えればハンカチリップなどしっかり入ります♡

この日はオールブラックのコーディネートだったので差し色としてポイントでこのポーチをバッグとして使いました♡

使いやすさ満点の4月号付録はオススメです♪

Instagram


スーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ

関連記事
  • こんにちは!! 今年は7月の中旬に入っても まだまだ雨が続き、太陽と青空が恋しいですね! 朝起きて気分が上がらないことが多いですが、 そんな時こそ!!! 可愛いお洋服でテンションを上げちゃいましょう❤️ ということで、 今回は私のお気に入りの梅雨を乗り切る サマーコーデをご紹介します✨ 鮮やかカラーワンピで気分を上げよう!✳︎dress: rose bud ✳︎shoes: beauty&youth United Arrows ✳︎ bag: SLOBE IENA鮮やかなワンピースは気分が上がりますよね! このワンピースは本当に綺麗な紫で 一枚でオシャレに、そしてコーデの主役になる アイテムなのでとても気に入っています! (ちなみに夏のセールでgetしました❤️) この日は雨だったこともあり、 あえてトングサンダルを合わせてみましたが、 スニーカーで外したり、下にデニムを合わせても 素敵に着れちゃいます✨Bagは夏を意識してカゴバッグに! 見た目以上に物が入り フォルムも可愛いのでお気に入りです!涼しげなブルーコーデで爽やかに夏を先取り!✳︎T-shirt : ships ✳︎skirt: beams boy ✳︎shoes: converse ✳︎ bag: SLOBE IENAこの日は涼しげなブルーを基調にコーディネート! 雨の日こそ!涼しげな服を着て気分を上げましょう! ポイントはブルー×シルバー!! このconverse、なんとシルバーのグリッターなんです✨ キラキラ大好き代表としては、 こんなに気分が上がるスニーカー他にはありません❤️ 最高です❤️たまにはシックに!ブラックワンピで大人女子!✳︎dress: Mila Owen ✳︎shoes: beauty&youth United Arrows ✳︎ bag: SLOBE IENA普段はカジュアルが多いですが、 たまには!!大人っぽいニットワンピースも着ます! このワンピースはピタッと体のラインを 綺麗に見せてくれ、とにかく細見えします! ここでもヒールを合わせるとパーティー感、 しっかり感が出てしまうため、 普段使いならサンダルやスニーカーを合わせて、 小物類をカジュアルにまとめるのがポイントです✨ ウェストは細リボンでマークして、 スカート部分はプリーツになっているところも 可愛いですよね!やっぱり青空広がる夏が待ち遠しい!!今回梅雨を乗り切るコーデをご紹介しましたが、 私は本格的な夏が待ち遠しいです!! 梅雨が開けて夏になったら tシャツをたくさん着て外に出かけようと 今からワクワクしています✨ みなさんも夏を楽しみにあと一踏ん張り、 可愛い服を着て梅雨明けを待ちましょう!笑 またtシャツコーディネートもご紹介 出来ればと思っております! 最後までご覧いただきありがとうございました!モアハピ部 No.696 miyu のブログ
  • 最近またECショッピングづいているいけももです お気に入りネットブランドのひとつ、バースデーバッシュ(birthdaybash)のFLASHセールでゲットしたアイテムでなじませトーンコーデ^^ cardigan / #zara tops / #birthdaybash bottom / #zara  bag / BAILA × #repettoコラボ 発売中のBAILA 8月号でも特集が組まれていた、ノースリーブ×カーディガンの更新企画を参考に^^ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 体型コンプレックス別のお悩み解決企画にも、チラッと参加させていただきました!^^ 肩幅広めで胸元も厚め (胸が大きいという感じでもないのですが、骨太でイカツイのです…涙) そんな私のアンバランスな体型も、アイテムの選び方ひとつでスッキリおしゃれに解決! 撮影現場にて^^ 数々の現場でご活躍されているプロのヘアメイクさんやスタイリストさんから直接頂けるアドバイスは、本当に参考になるものばかりです! 撮影に参加させてもらうことが毎回楽しくて楽しくて^^ バイラーズ加入当初よりは、すこーしは垢抜けた?か…な?笑  まだまだオシャレも美容もお勉強中です^^ 毎日使っているのでは…?くらい愛用中のBAILA8月付録、repettoコラボトート コンパクトなpvcトート、中見せアイテムを毎回変えて使い回しています◎ この日はハワイでゲットしたセレクトブランド#Here.のエコバッグをinしてシンプルスタイルで^^ 予期せぬBBのセールで結構衝動買いしたので(笑)、また別のコーデもご紹介しま〜す! Instagram
  • スタイリスト吉村友希さんは、一日中歩き回るためにフラット靴の出番が多いのだそう。うっかり子どもっぽくなりがちなフラット靴を、スタイルアップを意識しながら大人の雰囲気で着こなすコツを教えてくれました。 吉村友希さんバイラほか『LEE』や『Marisol』『éclat』などの女性誌やカタログで活躍するスタイリス ト。ベーシックを軸にした上品な着こなしにはファンが多数。この秋は「SONO」と オトナの旅コーデをテーマにしたコラボアイテムが発売されるそう。 【Rule 1】ボトムとシューズの色をつなげて上品に スカートの花柄から色を拾って、白のサンダルを合わせました。そうすることで全体がうまくまとまり、柄物コーデの抜け感にもなります。ボリュームスカートには、肌感の少ないサンダルで重ためにするとバランスがよく。 SHOES : Church’s T-SHIRT : YLÈVE SKIRT : MARIHA BAG : FLYNN 【Rule 2】夏も赤色はマスト。ぐっと華やかにしてくれます 赤の靴って華やかさがあって大好きなんです。靴で色をさしながらほかはベーシックでまとめるのが私らしいスタイル。カジュアルにもきれいめにも使えるようにスエード素材の赤を選ぶのがポイント。ベージュ合わせでやわらかさを足して。 SHOES : NEBULONI E. T-SHIRT : AURALEE PANTS : muller of yoshiokubo BAG : Meli Melo 【Rule 3】トングタイプは、長すぎるくらいのパンツで大人にシフト 小柄な私がトングを履くときにいちばん気にするのが、子どもっぽく見えないかどうか。地面ギリギリの丈のボトムで素肌を隠すと、ぐっと大人っぽく。黒トング×カーキのサロペットで配色も大人感にこだわっています。 SHOES : Melissa Odabash TOPS : SLOANE OVERALLS : SONO BAG : VASIC SUNGLASSES : EnaLloid 【Rule 4】遊びのある素材のフラットスタイルは配色にこだわって シースルーのフラット靴はトレンド感だけでなく、重たく見えがちなレギンスコーデを軽やかに見せてくれる効果も。こういう遊びのある素材は、ブラウン×黒のような大人の配色がマスト。 SHOES : SPELTA ONE-PIECE : PHEENY LEGGINGS : H BEAUTY&YOUTH BAG : CELINE 【Rule 5】スポサンは、女らしさのエッセンスがあるものを スイコックのスポサンは、厚底でスタイルアップしてくれるので毎年買い足しています。どれも別注ですが、金具がついたタイプだとタウンでも使いやすく、スポーティでも上品な印象になります。 (左から)SHOES : Suicoke× JOURNAL STANDARD L'ESSAGE SKIRT : STEVEN ALAN SHOES : Suicoke×L'Appartement SHOES : Suicoke×DEUXIÈME CLASSE 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉 取材・原文/昼田祥子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • この夏、オフィスで大活躍するのが「ノースリ×カーデ」のコーデ。単なるアンサンブルではなく、同系色で濃淡をつけたり似た色を組合せて“なじませトーン”で着るのがおすすめ! 仕事終わりもカーデの羽織り方をアレンジすればおしゃれ度アップ。 AM 10:00 やさしげに見せてくれるピンクベージュ×たまご色で大人の甘さをアップデート 甘め派におすすめしたいのが、ピンクベージュ×たまご色のやわらかなカラーコンビ。カーディガンのボタンは、胸下を2つだけ留めることで顔まわりにちょうどいい抜けが生まれる。トップス¥9000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥16000/エンフォルド パンツ¥29000/セオリー リュクス メガネ¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥18500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)  カーディガン¥16000/エンフォルド トップス¥9000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  アフター6は羽織り方をチェンジ! PM 8:00 仕事終わりに女子会へ。巻き方を変えたらイヤリングで華やぎを添えて トップス¥9000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥16000/エンフォルド パンツ¥29000/セオリー リュクス メガネ¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥18500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) イヤリング¥6800/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) ブレスレット¥4000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ココ シュニック オンキッチュ) 白×ライトグレーがつくるアイシーな色合わせなら顔映りが抜群に美しく ブラウスはレディなロールカラーになっているので、着るだけできちんと感を発揮してくれる。体に自然になじむ立体的なデザインのカーディガンも、女らしさにひと役。ブラウス¥17000/インターリブ(サクラ) カーディガン¥16000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) スカート¥48000/ツル バイ マリコ オイカワ イヤリング¥8000/エテ バッグ¥38500/アディナ ミューズ シブヤ(アディナ ミューズ) 時計¥75000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) カーディガン¥16000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  ブラウス¥17000/インターリブ(サクラ) アフター6は斜め巻きで感度高めの肌見せを満喫。寒色合わせは目にも涼やか 日中は袖を通して着ていたカーディガンも、オフィスを出たらこんなアレンジで一気にモードっぽくイメチェン。袖口をくるっとひと巻きすることで、よりこなれ感が醸し出せる。トップス¥990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム(クラフト スタンダード ブティック) カーディガン¥31000/スローン パンツ¥17800/メゾン スペシャル ネックレス¥3900/RD ルージュ ディアマン(RD) 時計¥75000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) スカーフ¥5500・靴¥11000/ラグナムーン ルミネ新宿 カーディガン¥31000/スローン トップス¥990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム(クラフト スタンダード ブティック)  注目が高まるブラウニー配色は濃淡をつけてしゃれ感アップ。体がほっそり見える効果も 外側のカーディガンを濃いトーンにすることで、上半身が引き締まり着やせを実現。白のスカートで濃厚なブラウンをまろやかに仕上げて。トップス¥990/コエ渋谷店(コエ) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥20000/エストネーション イヤリング¥13000/エテ リング¥37000/ココシュニック バッグ¥65000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)  トップス¥990/コエ渋谷店(コエ)  撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里 原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 暑い季節にシャツを着るなら、リラックスした気分で取り入れたい。たとえばボタンを外したり裾を結んだりしてラフに着崩したり、アロハシャツや開襟シャツをスマートに着こなしたり。世界のストリートスナップから、スタイリングテクニックを盗もう!バズカットでクールに着こなす、チェック・オン・チェックPhoto by Christian Vierig/Getty Images ビッグサイズのシャツをラフに着た女性。裾を結んでシルエットを調整し、細身のパンツとレイヤード。ピッチの異なる2種類のチェック柄を重ねた。足もとはサンダルやパンプスではなく、白いショートブーツを合わせてエッジを効かせて。モダンな大ぶりのイヤーアクセサリーが、バズカットにフェミニンな印象をプラス。胸下のボタンを開け、おなかをのぞかせてPhoto by Christian Vierig/Getty Images イエローの長袖シャツを着た、スタイリストのマリア。胸から下のボタンを全て外して、ワイドパンツへとつながるAラインのシルエットをつくった。ハイウエストパンツとシャツの隙間からさりげなくのぞく素肌に、抜け感が漂って。パンツとシャツ、どちらも光沢のある素材を選んでいるので、リラックスしつつも都会的なムードをキープ。グリーンのミニバッグやパイソン柄のシューズも効果的だ。開襟シャツをジャケット代わりに羽織ってPhoto by Vanni Bassetti/Getty Imagesプラダのシャツを羽織ってジャケットのように取り入れた、インフルエンサーのアリス。インは黒いブラのみで、リラックス感とともにセンシュアルなムードを演出した。シルバーのチェーンネックレスや細いストラップのハイヒールサンダルで、リラックスしすぎない都会的な雰囲気をキープして。夏らしいスタイリングに、あえてモコモコしたファーバッグを合わせているところにも注目を。柄シャツの裾をフロントで結んでコンパクトにPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images オリエンタルな柄のシャツを着たモデル。フロントで裾を結んでおなかを見せるテクニックは、今シーズンのストリートで人気のスタイリング・ティップスだ。マスタードイエローのパンツは、シャツに描かれたトラのイラストと色みが揃っているのでまとまって見える。襟元のボタンはしっかり留めて、イージーになりすぎないように調整している。ロールアップ&ブラウジングで動きを出してPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images ラフ シモンズのストライプ柄シャツを着崩した女性。シンプルに羽織るのではなく、袖をロールアップしたり、ディオールのベルトバッグでブラウジングしたりすることで、ニュアンスを出した。アシンメトリーなヘムラインのバンダナ柄スカートも含め、イレギュラーで動きのあるシルエットを生み出した。シャツのインに着た白いTシャツやスニーカーで、カジュアル&スポーティなムードをプラス。大人のムードで着こなすアロハ風シャツPhoto by Christian Vierig/Getty Images モーダ・オペランディのコーファウンダー、ローレン・サント・ドミンゴをキャッチ。シルエットや柄はアロハシャツ風だが、ビーズ刺繍がほどこされて輝きを放つシャツで、あくまでリュクスなムードをキープ。パンツやサンダル、クラッチバッグは黒で統一し、インパクトのあるシャツをシックに取り入れた。ゴールドのピアスやウォッチ、光沢のあるパンツの生地感に、大人のムードが漂って。裾を後ろで結んでヘルシーな「ヘソ出し」をPhoto by Edward Berthelot/Getty Images ビッグサイズのシャツの裾を結んで、クロップトトップスのようなシルエットで取り入れた女性。裾をフロントで結ぶのではなく、バックで結んでいるのがユニーク。デニムパンツとシャツの間から見えるウエストがヘルシーだ。パンツの超ワイドなシルエットやシャツのピンストライプ柄など、マニッシュなムードのアイテムが、ウエストを見せることでフェミニンに変身している。タイダイ染めシャツにハードなネックレスをオンPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images注目のタイダイ染めを、シャツで取り入れたモデル。モノトーンのタイダイ染めは、夏はもちろん秋になっても使えそうなシックな雰囲気が漂う。フロントで裾を結んで、コンパクトに着た。可愛らしい印象のパフスリーブとハードなスタッズネックレスのギャップに、彼女の個性が感じられる。水色のバケットハットとミニスカートに、フレッシュなムードが漂って。柄シャツの裾を、片側だけパンツにインPhoto by Timur Emek/Getty Images 鮮やかなブルーのヘアカラーが目を引く、インフルエンサーのマーガレット。アースカラーの開襟シャツは、左側だけ裾をタックインして抜け感を演出。Vネックラインからのぞくネックレスやストラップパンプスなど、リュクスなムードのアイテムを合わせてスタイリングを引き締めた。パンツはチノやデニムではなくレザー調の素材を選んで、カジュアル感を抑制して。 text : Chiharu Itagaki
  • イベントの多い夏こそ、休日メイクやアフター6のメイクを盛り上げたい! そんな願いを叶えるアイテムを買い足し。冒険や大人買いをしやすいプライスで、メイクの幅を広げてみては? 今狙うべきコスメはこれ♡ハイライトスティックで夏肌感が加速!日差しをも味方につけるハイライトスティックが大活躍! チークにもアイカラーにもとマルチに使えるので、この夏、メイクのバリエーションが増えること間違いなし。キャミソール¥9200/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ラヴィソン ラヴィエール)❶繊細なグロウ感が、顔にツヤ感と立体感を与える。ナチュラルな色味をチョイスして、ヘルシー肌へ。マスターストロビングスティック 01¥1000/メイベリン ニューヨーク❷ツヤと大人の血色感が夏の肌に映えるブロンズカラーが魅力。フーミー マルチグロウスティック brother¥1800/Clueアフター6にくすみマットで10秒チェンジ仕事後にメイクをオンからオフに切り替えるには、しゃれ感が一気に増すくすみマットが使える!❶❷唇の質感がうっすら透けるソフトな発色。マットでも潤いのある唇が持続する。ルージュシグネチャー ❶105・❷116各¥1800/ロレアル パリ❸❹ベルベットのような、なめらかなつけ心地で、上品な印象が手に入る。ウルトラ HD マット リップカラー ❸018・❹705各¥1500/レブロン ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 監修・ヘア&メイク/野口由佳(ROI) 取材・文/海渡理恵 撮影/峠 雄三(モデル) 岩城裕哉(製品) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/辻村真理
  •   こんにちは バイラーズ 日下です^^    先日香港旅行へ行ってきました   暑いよ〜!とは聞いていましたが 気温29℃湿度87%と、高温多湿     旅行の際には ✔️多少汚れても良い ✔️シワ感があまり気にならない ✔️フラットシューズと合わせやすい ものを選んでいます     香港の街並みはとても賑やかで 九龍はとても楽しい雰囲気でした✨   (ニュースにあったデモには 遭遇することなく過ごせましたよ〜)     今日はこの旅行で使った プチプラワンピースをご紹介   既出のものもありますが ぜひ旅行の際には使ってみてください^^ aquagarageのワンピース     ☝︎写真クリックでリンクに飛びます☝︎   形はよくあるものですが ブラウンの色味が珍しく、購入✨    首の後ろをリボンで留めるタイプで アップヘアにしても可愛く使えます✌︎   お値段もお手頃なものが多いので ぜひオンラインサイトでご覧ください basementのワンピース    ☝︎写真クリックでリンクに飛びます☝︎   過去にもご紹介したこちらのアイテム   マスタードイエローが映える 夏らしいワンピース   こちらは首の後ろがDカン留め 留まったままでも頭から被れます! こちらも同じくbasement   ✌︎写真クリックでリンクに飛びます☝︎   こちらもご紹介済みのアイテム   香港は外が蒸し暑いものの 屋内は空調がキツいとのことで 薄手ならこれ位スリーブがあるものも とても便利でした〜!✨ 香港Disneyにもお出かけ   香港にはDisneyもあります^^   中心部からは少し離れますが 規模としては半日強あれば回れるかと     待ち時間も日本の半分 もしくはそれ以下で済むものが多いので とても楽しい思い出になりました✨ フラットはPIPPICHICを 今回の旅行には PIPPICHICのフラットシューズを ゴールドがかわいくてお気に入り^^   旅先ではマストなフラットシューズですが スポーツサンダルよりは綺麗めに 色んなお洋服に合わせやすい 一足があると便利ですね〜! BAILA付録も大活躍✨    発売中のBAILA8月号 は もうチェックされましたか?     旅行先にはBAILA8月号付録の PVCバッグ×ポーチも持参し大活躍     ☝︎過去の紹介ブログは写真クリック☝︎    今回のDisneyでは ✔️スマホ ✔️少額の現金やカード ✔️ファストパス   等すぐ取り出すものをしまったので ストレスなく過ごせました^^       いかがでしたか?   少しでも楽しんで読んでいただけたら 嬉しく思います^^   また更新します
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
関連キーワード

RECOMMEND