かわいいひと、のボーダートップス【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.25】

@BAILA

感じのいい大人のカジュアルスタイルってなんだろう。その時いつも思い浮かぶのはボーダートップス。ボーダーを着ている女性は、なんだかいつもちゃんと大人で、かわいい。フレンチマリン(海軍)や船乗り達が着ていたという、もとは実用的で無骨であったはずの柄と素材が、女性らしさを際立たせるのだろうか。その魅力は、10代、20代には出せない「こなれ感」というやつが引き出してくれているのかもしれない。自分に似合うものと似合わないものを知っている女性は、自分をかわいく見せるボーダートップスという引き出しを持っているように思える。

「アニエスベー」のロングセラー、張りのあるコットン素材のボーダーカットソー。70年代に誕生して以来、変わらずパリ・シックの象徴的存在。Tシャツ¥10,000/アニエスベー

大人になってくると、似合う、似合わないの基準が少し変わってくる。「いい歳してイタい」なんて嫌な言葉だけれど、自分にとってしっくり来ない服が増えてくるのも事実。着ていて居心地の悪くなるような服とはきっぱり別れて、毎日、自分の機嫌が良くなる服を着るのがいちばんだ。そういえば、ボーダートップスを着ている人は、リラックスして機嫌がよさそうにも見える。気持ちが良くて、安っぽくなくて、スタイリングが簡単。「これがかわいい」と確信を持って着られるデイリーアイテムに新しく出会えたなら、30代のおしゃれはもっとずっと楽しい。

【select point】
・定番のフレンチブランドの名品には、それぞれ個性があり魅力的!
・自分の体型に似合うシェイプと素材を選びぬいて
・気に入ったものは、サイズや色違いで揃えて。着こなしの幅が広がる

シンプルでいて個性さまざま! ボーダートップスの名品5

【agnès b.】

アニエスベーのもう一つの定番は、60x60mmのピッチの太ボーダー。強さのあるモノトーンのカラーで、着こなしに洒落感のあるインパクトをプラス。どこかレトロなムードでコーディネートしても素敵。ラガーシャツを参考に、洗濯しても型くずれしにくい厚手のコットン素材を使用。

カットソー¥10,000/アニエスベー

問)アニエスベー TEL 03-6229-5800
【SAINT JAMES】
創業1889年の歴史あるブランド。定番のウエッソン ボーダーは、すっきりとしたボートネックで、オーバーサイズをゆったり着るのが今年っぽい。目のしっかりとしたコットン素材は、着込むほどに風合いも出て、肌に気持ちよくなじむ。

¥10,800/セント ジェームス代官山店

問)セント ジェームス代官山店 TEL03-3464-7123
【PETIT BATEAU】
フランスの子供服ブランドとして1893年にスタートしたプチバトー。優しい着心地と、ほどよくフィットするデザインで、大人のデイリーアイテムとして大活躍。アイコンのマリニエールボーダーのプルオーバーは、ボートネックの内側と裾のスリットにテープを施し、すっきりと着映えする形。

プルオーバー¥9,000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー)

問)プチバトー・カスタマーセンター 0120-190-770
【Le minor】
ルミノアは1936年、フランス・ブルターニュ地方で創業​。現在も自社工場で全ての縫製を行なっており、製品がフランス海軍に配給されていることでも有名。素朴なバスクシャツは永遠の定番だけど、今シーズンは、背中が大きく開いた女性らしいトップスが大人気。鮮やかなブルー×白はトゥモローランドの別注カラー。

Tシャツ¥11,000/トゥモローランド(ルミノア)

問)トゥモローランド 0120
-983-511
【ORCIVAL】
1939年、パリでスタート。縦方向に整形された大量の糸をかけて織られるラッセル生地のマリンTシャツ(手前)は、通気性に優れ、シーズンを問わず着られる。厚手で丈夫ばコットンロードのバスクシャツ(奥2点)もあり、両方揃えたくなる。

Tシャツ(手前)¥11,000・(奥2点)各¥9,500/ビショップ(オーシバル)
問)ビショップ 03-5775–3266

知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【アニエスベー】>>

ブランド名の「agnès b.」は、デザイナー、アニエスベーが、エディター時代に使っていたサインからつけられたそう。1975年、パリのレアール地区の古い肉屋を改装して最初のショップをオープン。シンプルで、ラフだけれども心地のいい素材を愛する彼女の服は、たちまち時代の空気をとらえた。この1号店は、アトリエ、ショップとしてだけでなく、当時さまざまなカルチャーの交流地点となり、アーティストのサロンとしての役割も果たした。

40年以上も愛され続ける、アニエスべーのボーダーカットソー。コンパクトな作りの半袖カットソーも定番人気アイテムのひとつ。カットソー/¥9,000アニエスべー

1977年、ラガーシャツの製造業者に出会ったことが発想源となり、無骨な生地をモノトーンに染めた丸首のボーダーTシャツが誕生。そして1979年、アニエスベーは愛用のスウェットの前身頃をハサミで切り開き、スナップボタンをまるでルネッサンス調の服のようにずらりと並べてカーディガンに作り変えた。それが今年誕生40周年を迎える「カーディガンプレッション」である。アニエスベーのふたつの象徴的アイテムは、どちらも今なお古びないデザインで多くの世代から愛されている。これらが普遍的でタイムレスなのは、おそらく彼女の発想が、「実用の美しさ」に端を欲しているからではないだろうか。人にとって使いやすく、毎日愛用できるものは、シンプルな美しさを持っている。そして、その実用性を愛する持ち主までも、凛と美しく見せてくれるようだ。

ボーダーと双璧をなす、アニエスベーのもうひとつの象徴的アイテム「カーディガンプレッション」¥14,000/アニエスベー

文・久保田梓美

関連記事
  • 夏の鉄板アイテム「白Tシャツ」。編集部おすすめの白Tシャツのなかから、コンパクトサイズとゆるめシルエット2種類の白Tシャツを使った9コーデをご紹介します。 <目次> 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 【着回したのはこれ】白コンパクトTシャツ しっとりと目の詰まった生地に、ボトムとつかず離れずな丈感のシンプルT。肌なじみのいいオフホワイトをセレクトすれば、ぐっとやさしげな雰囲気に。¥9000/セオリー 【着回し1】こなれ感抜群のオールホワイトコーデ Tシャツとスカート、同じ白でも素材を変えてメリハリを出すことで新鮮に。ピアスやスカーフ、パンプスなど印象に残るきれい色小物をトッピングして夏らしく。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) イヤリング¥6800/ルーニィ スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(トーヴ×ナノ・ユニバース) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 【着回し2】さわやかなツートーンカラーコーデ 白とネイビーでいさぎよくシンプルに。Tシャツがしっかりした生地だから、だらしない感じにならず織り地のスカートともなじんでくれる。小物でもホワイトを取り入れれば、抜け感も出でスッキリまとまる。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥73000/ebure 靴¥25000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥36000/トゥモローランド(ヴァジック) 【着回し3】×ワイドチノのらくチンコーデ コンパクトTをワイドチノにインすれば、今期らしいバランスが簡単に。オフィス映えする小物を“盛る”ことでコーデを引き立たせるのも、ベーシックな白Tだからできること。 Tシャツ¥9000/セオリー パンツ¥28000/ebure メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥23000/アンタイトル(アーロン) 【着回し4】スーパーベーシックな白T&デニムコーデ アクティブに動きたい日は、自分らしさが出せるスーパーベーシックな白T&デニム。カジュアルすぎないよう、黒ジャケットをプラスすれば、Tシャツの質感もあいまってきれいめコーデにシフト。 Tシャツ¥9000/セオリー ジャケット¥62000/ebure パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) チョーカー¥10000/シティショップ(マライカライス) 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 【着回したのはこれ】白バックロゴTシャツ  ゆるいボックスシルエットで、着ると自然と肩が落ち抜け感が。背中には浅い色で入ったレター、裾にはブランドタグがつき、ほどよい旬度の高さ。¥8400/ティッカ 【着回し1】×ストライプパンツで抜け感ワントーン 白のワントーンとストライプで縦長にまとめ、スタイルアップ。今期らしいスリットの入ったロングカーデでこなれ感をあげて、さし色に鮮やかブルーのサンダルで気分もアップ♪  Tシャツ¥8400/ティッカ ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥28000/エストネーション ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) ピアス¥22000/アガット バッグ¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(モルミルス) 靴¥21000/アナイ 【着回し2】Tシャツの素材感で涼し気に コットンTシャツにリネン素材のスカートを合わせて暑い日も快適に。旬のアースカラーに白Tがさわやかなイメージを運んでくれる。足もとに寒色の差し色サンダルを足して、華やかさ&女っぽさも後押し! Tシャツ¥8400/ティッカ スカート¥18000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) チョーカー・バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) 靴¥21000/アナイ 【着回し3】ホワイトコーデを小物で大人っぽく 白Tシャツに白タイトスカートを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、ほんのりスパイシーなアクセントに。 【着回し4】白×オレンジの強コントラストコーデ ミニマルなオールホワイトのインに、今っぽいオレンジのシャツワンピを羽織って。ワンピはさりげなくストライプが入っていて爽やか見え。少ない色数でコントラストを強く着こなせば、印象美人に。 Tシャツ¥8400/ティッカ 白デニム¥26000/エージー ジャパン(エージー) ワンピース¥21000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) リング¥8000/アガット 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)  パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)  時計¥22000/松竹梅(ロバー)
  • 梅雨が空けて蒸し暑い季節がやってきましたね! 夏の日の通勤は、ノースリーブが定番ですがオフィスでは肌寒いこともしばしば。そんな時活躍するのがカーディガン。「ノースリーブ×カーディガン」は夏の通勤コーデの王道と言っても過言ではありません。 BAILA8月号でも特集が組まれている「ノースリーブ×カーディガン」ですが、組み合わせる色みによっていつものコーディネートや印象がぐっと変化するのだとか。 そこで、今回はBAILA8月号を参考に「ノースリーブ×カーディガン」の色の組み合わせをアップデート。 白×ライトグレーの組み合わせで作る、アイシーなコーディネートについてご紹介します。 トップス|ZARA(ザラ) カーディガン|GU(ジーユー) スカート|nano universe(ナノユニバース) サンダル|SESTO(セスト) BAILA8月号で紹介されていた「なじませトーン」を参考に、白のノースリーブとグレーのカーディガンを組み合わせました。 全く同じ色を重ねるのではなくトーンが近い2色を馴染ませるいつもと違った新鮮な印象に。また、白とグレーの配色は涼しげなイメージはもちろん、どこか優しげに見せてくれるのでお気に入りの組み合わせです。 nano・universe(ナノ・ユニバース)の鮮やかなグリーンのペンシルスカートとも相性抜群。 また、グレーのカーディガンはGU(ジーユー)のもの。プチプラなのに、UVカットとウォッシャブルという機能性アイテムなんです。生地もとっても柔らかくて肌触りが良いところも嬉しいポイント。歩くたびにしなやかになびいてどこか優雅な印象を演出してくれます。 \着用イメージの動画もぜひご覧ください/ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 カーディガンは顔映りの美しさを決める重要なアイテム。 今年の夏の通勤は、ノースリーブ×カーディガンの色みをアップデートしませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 繊細なディテールに悶絶。フェミニンの中にモードを感じるブランド。EDIT. FOR LULUが大阪にあった頃に知ったleur logette(ルールロジェット)。 もう10年以上前の話ですが、当時は確か「ルル ロジェッタ」と呼ばれていました。 ドット×花柄とか、レース、フリル、刺繍。 一見あまーい服なんだけど、デザインが凝っていてほかのブランドにはない独特のモード感が好きでした。 アラフォーになり、自分の中でもうこの年齢だしと勝手に線を引いてシンプルな服を意識して選ぶようになってしまった反動なのか、ここ数年またleur logetteばかり目が行くように。。。 この日のコーデはどちらも19SSです。ブラウス、パンツはleur logette、バッグはSaint-Laurent、パンプスはFABIO RUSCONIアシンメトリーなフリル、後ろのくるみボタン、ボーダーの向きがちがってすごく立体感があり、着るとウキウキするブラウス。 コットンリネンのハイウエストなワイドパンツも今の気分にぴったり。 手に取るたび、やっぱりこういう服が一番好き!と再認識。 大人が着ても甘すぎない、素敵なデザインをありがとうございます!美女組No.167 hirokoのブログ
  • 黒コーデ第2弾。 大好きな2つのアイテム、シャツ×デニムです。エクラ8月号の黒コーデ特集。 富岡佳子さんの夏の私服スタイルの中にも、デニムに合わせたオールブラックコーデが掲載されています。 惚れ惚れしてしまうほどのかっこよさ❤️ 同じ年代の女性なんて信じられません ✨✨ 私も、黒トップスのドルマンシャツを大好きなデニムに合わせました。 富岡さんのデニムのオールブラックコーデ黒のドルマンシャツはボリュームがあるので、デニムはAGのワンウォッシュスキニーデニムでスッキリと。 アクセントが欲しいな〜と思ったので、パンプスはプチプラなoriental trafficの赤を選びました。tops : dolly sean denim : AG pumps : oriental traffic bag : HERMESこの日は、仕事がお休みの娘と原宿散策。 ランチはRETHINK CAFEのヘルシーなサラダボール。 ボリュームたっぷりで、お腹も満たされました 雑穀米も入っていてボリューミー明るい店内は開放感がありますランチ後は、ショッピングに。 好みが似ているので、最近はよく洋服をシェアしています。 洋服選びはあれこれ迷いますが、似合わないものは似合わないと辛口でバッサリ言ってくれるので、娘と一緒だとあまり失敗はない…かな SALEも始まったばかりだったので、お財布に優しいお買い物が出来ました InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • エトロが『スター・ウォーズ』とのエクスクルーシブコラボレーションであるカプセルコレクションを2019年7月24日(水)よりユニセックスで発売する。フーディやクルーネックのスウェットシャツ、2種類のシャツ、5種類のTシャツ、そしてボマージャケットなど全14種類からなる今回のコレクション。70年代、80年代の『スター・ウォーズ』の代表的なシーンをデジタルプリントで表現している。 (左より)スウェットシャツ ¥59,000、ソックス ¥7,000/エトロ ジャパンエトロ メンズのクリエイティブ・ディレクターであるKean Etro(キーン・エトロ)が最も好きなキャラクターだというヨーダを主役にしたプリントも、エピソード5となる『帝国の逆襲(1980年)』のシーンから作られた。ほかにも『新たなる希望(1977年)』に登場するルーク・スカイウォーカーやプリンセス・レイア・オーガナ(レイア姫)、R2-D2(アールツーディーツー)やC-3PO(シースリーピーオー)など主要キャラクターも登場。 Tシャツ 各¥33,000/エトロ ジャパンこのカプセルコレクションは、全世界の主要店舗にて展開。国内では、2019年7月24日(水)より銀座本店での展開を皮切りに、7月31日(水)~8月6日(火)に伊勢丹新宿店メンズ館、8月21日(水)~8月27日(火)に阪急メンズ大阪にて、ポップアップストアを開催する。J.J. Abrams(J・J・エイブラムス)監督によるエピソード9『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を12月に控え、さらに盛り上がりを見せそうな『スター・ウォーズ』。今回のラインナップも忘れずにチェックを。 (左より)キャップ ¥29,000、カードケース ¥17,000/エトロ ジャパン【エトロ × スター・ウォーズ ポップアップストア概要】 会期:7月31日(水)~8月6日(火)会場:伊勢丹新宿店メンズ館3階=メンズデザイナーズ/プロモーション住所:東京都新宿区新宿3-14-1 会期:8月21日(水)~8月27日(火) 会場:阪急メンズ大阪1階 特設スペース住所:大阪府大阪市北区角田町7-10 エトロ ジャパンwww.etro.com03-3406-2655 text: Fuyuko Tsuji ⇩「エトロ × スター・ウォーズ」のカプセルコレクションをチェック!
  • 同じイベントでも、場所やメンバーなどによっていろいろなオシャレを楽しむ美女組さん。特に多いイベントごとにしたいコーデを大公開■Event:水ぎわ プールや海などの水ぎわスタイルはイタく見せないさじかげんが重要。☆美女組No.158 Tamamiさん「ハワイ旅行に向けて買ったバースデーバッシュのワンピ。鮮やかなブルーも海外なら気負いなく着られます」「長袖で露出具合が大人にちょうどいいボーダーの水着はLavish Gateのネット通販で」☆美女組No.112 junjunさん「大磯など海に行く時はドゥロワーのショートパンツに。大人でも挑戦しやすい膝丈がちょうどいい。ビーサンはTKEES」  ☆美女組No.146 rinさん「J.CREWの水着は腰まわりにシャーリングがあり、おなかが目立ちにくいのがお気に入り。ハワイで買ったダイヤモンドヘッド・ビーチハウスの透け感シャツをさらりとはおって」  ☆美女組No.69 かんちゃんさん「水ぎわではH&Mのシンプルな黒のカットソーワンピに小物で味つけをプラス。ハットはエクアアンディーノ、クラッチバッグはトフ&ロードストーン」【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク&着付け/ツバキチ 取材・文/塚田有紀子
  • ネックレスやジャケットで気品を添えるだけで理想の”きれい”が即完成!Tシャツのこなれ感とワンピースの女らしさ、一枚でどっちも叶うTシャツワンピはこの夏ヘビロテ確実。定番はもう持ってるって人も、色やデザインで差がつくものなら今から買い足して絶対損ナシ! ボルドーカラー&美シルエットの女っぽワンピにきれいめ小物を足して、仕事もデートもOKコーデに。上品なネックレス、きちんと感のあるジャケット、涼やかなメタリックサンダル。これならきちんとした場にも行けるし、アフター6も思いっきり楽しめる♪ワンピース¥5990/バロックジャパンリミテッド(スライ) ジャケット¥26000/アンシェヌマン(アナディス) 靴¥24000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥30000/ADINA MUSE SHIBUYA ネックレス¥14000/ソムニウム 時計¥10800/コモノ東京(コモノ)井桁弘恵の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/小川健太郎  ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理 原文/鈴木絵美
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND