お父さんから借りたの?とは言わせない! Sサイズさんのトレンチコートの選び方

@BAILA

本当に似合うトレンチには、"肩・襟・丈”の3カ所に注目するだけで出会えます! 大きめが主流の今季のトレンチ。着られてしまって仮装みたいになってしまう「Sサイズさん」は、トレンチコートをこう選んで。

Sサイズさんの"お父さんから借りました感"問題どうする?

大きめが主流の今季のトレンチを着ると、ぶかぶか状態に。「ゆるさが出るというより完全にサイズミス。おしゃれ感もゼロ!」スーパーバイラーズ 鈴木園子さん(154cm)

こんなトレンチがGOOD!
ketty[ケティ]

ゆるすぎず、体にほどよく沿うシャープなシルエットと、無駄のないミニマムなデザインが絶妙。¥25000/ケティ
ここが重要!【丈】ひざ下は死守しバランスよく着映えする短め丈
長め丈ブームな今季、短すぎもNG。小柄さんの目安はひざ下5〜8㎝
【襟】全身のバランスをよく見せるミニマムな襟
小柄な体をすっきりときれいに見せる小さめな襟で、バランス美人に!
【肩】余りが出すぎないジャストなアームホール
袖がゆるすぎるとだらしない印象に。サイズ感の合ったほのゆるがベター。
細めの襟とスキニーの相乗効果で縦に長くスラリとした印象に
ボリュームの出すぎない薄手素材だから、Iラインがほどよく強調され、シュッと細見え。トレンチコート¥25000/ケティ ニット¥21000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) タンクトップ¥990/アメリカンホリック プレスルーム パンツ¥8900/コトリカ ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥13500/フォーティーン ショールーム(ハブファン) 靴¥7862/マミアン カスタマーサポート
ウエストインで腰位置を上げれば重心がアップし身長が盛れる!
シャツをインしてウエスト位置をアピールすることで、メリハリの効いた脚長バランスに。ヒールのパンプスで高さを盛るのも手。トレンチコート¥25000/ケティ シャツ¥16000/ジオン商事(ドレスレイブ) パンツ¥19000/フィルム(ソブ) ピアス¥3500/ラグナムーン ルミネ新宿(ラグナムーン) バッグ¥120000/MIYAKE(シンプソン ロンドン) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ)

結論 小柄な体型にフィットするディテールのコンパクトさと【ジャストなサイズ感】を選ぶべし
ジャストなサイズ感の丈を選んでも、しなやかな素材であれば今っぽいゆるさはキープ可能。襟元もなるべく小さめを選び、コンパクトにまとめることでスタイルアップ。


撮影/中田陽子(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成・沼田真実〈ともにilumini.〉 スタイリスト/高橋美帆 取材・原文/道端舞子 ※クレジットのないものはすべてスタイリスト私物です ※BAILA2019年3月号掲載

関連記事
  • Tシャツに定評のある人気ブランドからベイクドカラーが続々と登場している様子。赤みブラウン・ダークカーキ・黄みブラウンなど、大人に合うカラーばかりで、お値段もオール4桁以下! 自分にぴったりの一枚をお手頃にそろえよう。 PLST【プラステ】 きれいめTシャツはさりげないロゴで遊び心をのぞかせて 肌にすっとなじむしなやかさと、シルエットがきれいに引き立つハリ感を兼備したTシャツ。サイドに入ったスリットで、横顔がすっきりシャープな印象に。センターにさりげなくあしらわれた控えめなロゴが大人向き。/プラステ N.O.R.C【ノーク】 ヴィンテージ感のある絶妙なくすみカラーをゆるっと気負わずに レンガのようなくすんだ赤みブラウンがヴィンテージ風。肩に少しだけ袖がかかるノースリーブは、二の腕がむき出しにならない頼もしいデザイン。インもアウトも決まりやすい、やや長めの着丈が高ポイント。/ノーク(ノーク) handvaerk【ハンドバーク】 空気をはらんだようなビッグシルエットが洒落感を底上げ 最高級といわれるピマコットンを使用したボトルネックのTシャツは、なめらかでやさしい肌ざわり。ドロップショルダーや長めの袖丈でエフォートレスな雰囲気を漂わせつつ、きれいなシルエットをキープ。/ビショップ(ハンドバーク) DANTON【ダントン】 ユニセックスな形で赤みブラウンをカジュアルに楽しむ 肉厚の丈夫なコットン素材やブランドロゴをあしらった胸ポケットなど、ちょっぴり無骨でメンズライクなたたずまいはワークウェアブランドならでは。女らしいブラウンならカジュアルなデザインもうまくいく。/ビショップ(ダントン) THE SHINZONE【ザ シンゾーン】 体にフィットするのびのいいリブがブラウンを女っぽく 通勤シーンに無理なくマッチするのは上品なリブ素材。つやのある柔らかなコットンを使用したTシャツは着心地も文句なし。チョコレートのようなブラウンがこなれたムードを醸して。/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) Uniqlo U【ユニクロ ユー】 色出しやシルエットに今の気分を託したパーフェクトな一枚 着こなしを感度高く見せてくれるダークなカーキ。体がきれいに見える絶妙なシルエットや厚みのあるしっかりとした生地感はもちろん、自分らしい着こなしに合わせて選べる豊富なサイズ展開も魅力。/ユニクロ(ユニクロ ユー) MHL【エムエイチエル】 ゆったりとした身幅と今年らしい五分袖で抜け感のあるたたずまいに ふくらみのあるシルエットや胸元がすっきり見えるゆるめのクルーネックで、深みのあるブラウンもどこか軽やかな印象。ひじにかかる長めの五分袖は秋らしいだけでなく二の腕をさりげなくカバーする効果も。/アングローバル(MHL) GU【ジーユー】 着心地はお値段以上。ハイネックが新鮮な肌になじむブラウン コンパクトな作りでありながら身幅にゆとりをもたせたシルエットは、体のラインを拾わずスマートに見せてくれるのがうれしい。顔まわりを印象的に見せる幅広のハイネックのおかげでシンプルな着こなしも無難に見えない。/ジーユー AURALEE【オーラリー】 リラックス感のある優秀なシルエットは使い勝手も抜群 伸縮性のある天竺素材を使用したTシャツは着るほどに体になじみ形崩れしにくいのが強み。肩はリラックス感のあるドロップショルダーで着丈はやや短めに。キャメルに近い黄みブラウンで使いやすい。/メゾン イエナ(オーラリー) STUNNING LURE【スタニングルアー】 上品な光沢とハリ感が旬の黄みブラウンを凜とした表情に導いて 光沢のあるコットンジャージ素材は薄手ながらもほどよいハリ感があるため、ややゆるめのシルエットも端正な雰囲気に。デコルテがちらりとのぞくクルーネックで顔まわりもすっきり。/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/川上さやか、石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年9月号掲載
  • 辛めフェミニンOLの通勤用のスニーカーにはモダンな黒がおすすめ。キレのいい黒スニーカーで、お仕事コーディネートをかっこよく引き締め。軽やかに履きたいなら白ソール、モードに履きたいならオール黒を。 辛めフェミニンOL花は黒スニーカーでモダンに 素材感のあるスニーカーで秋ムードを盛り上げて 上質感のあるヘアカーフ素材。靴¥14800/アルアバイル(モヒ) カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ワンピース¥8990/プラステ ピアス¥11000/シティショップ(フィリップ オーディベール) 時計¥47000/ニード サプライ(サザレ) バングル¥9000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥26000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(サンドクヴィスト) トートバッグ¥11000/ジャーナル スタンダード 表参道(マーロン) MOHI... 靴¥14800/アルアバイル(モヒ)  つやのある黒スニーカーなら職場でも浮かず大人めに レザー素材と細めひもが革靴ライク。クッション性のよいカップインソール。靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥5600/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) スカート¥24000/フィーニー スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) 時計¥30000/ウエニ貿易(ドゥッファ) ピアス¥34000/フレーク ブレスレット¥10000/ノジェス バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) MACKINTOSH PHILOSOPHY[ピーストン] 靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)   ドレスシューズ感覚で使えるオールブラックスニーカー ソールまでオールブラックで統一されたスニーカー。細身のノーズも相まって、スーツ男子にもスッとなじむシャープさが手に入る。よりきちんと見せたい日は、細身の黒パンツに合わせてほどよくマニッシュに。靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) ブラウス¥19000/デ・プレ(ノット) パンツ¥16000/トゥモローランド ピアス各¥21000・リング¥32000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥28000/アンティット(マルコマージ) サングラス/私物 UGG®[Zilo] 靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 5.5px Helvetica}
  • こんばんは、バイラーズ 日下です^^   暑い日が続きますね〜!  夏場は紫外線と、海やプールでの 髪へのダメージが強まる時期   UV対策に日傘も使いますが やはりデイリーに取り入れやすいのは 日々使うシャンプー・トリートメント!   そうしたことから 今日は、ヘアケアのお話を✌︎   私の髪質は以下の通りです ・細い(髪が絡まる) ・柔らかい(傷み出すとかたい) ・傷みやすい(毎日コテ使用) ▼アラサー女子のメインはホームケア ☝︎下線部クリックで商品詳細へ☝︎   過去に色んなヘアケアを試してきて その中でもダメージケアの観点から 特に良かったアイテムは   ・E STANDARD(イイスタンダード) →アミノ酸ベース、ノンシリコン →スカルプケアも有り   ・KERASTASE(ケラスターゼ) → エクステンショニストがおすすめ →ノンシリコン   ・Aujua(オージュア) →クエンチの”モイスト”がおすすめ  →悩みに合わせて選べる仕様   これらは基本的にサロン専売品 もしくはオンライン購入ですが 今日は店舗(ヘアサロン以外)と オンラインとで購入できる 写真のアイテムもご紹介します^^   ・O by F(オーバイエッフェ ) →”モイスト”タイプがおすすめ →シリコンフリー F organics から生まれたヘアケア✨ 優しい香りと、柔らかな泡立ちで 髪をまっさらな状態にしてくれます!   特にシャンプー後の髪の状態が気に入り こちらをリピートしています^^   オーガニック製品は軋まないか心配でしたが こちらはむしろ髪が柔らくなる感覚! ぜひとも使ってみていただきたい✨ ▼サロンではトリートメント必須 数カ月に一度お世話になるヘアサロン うかがった際には必ずトリートメントを   通っているのは2つなので いずれもご紹介させてくださいね   ご紹介する美容師さんに相談すれば ダメージヘアに悩む方も きっと解決策が見つかるはず!   LONESS(ローネス) 表参道と銀座に店舗を構えるサロン 私は片山さんにお願いしています^   冒頭ご紹介したホームヘアケアのうち Aujua(オージュア)を購入できます!   更に、滅多に取扱いのない Oggi Otto(オッジィオット)も置いてあり そのトリートメントメニューまで✌︎   下線部クリックで過去のブログも読めます   先述の2つの製品でホームケアを続けるには ロングヘアの私にはコスパ問題が...   そのため、サロンに伺う際の 特別なケアとして取り入れています Drive for garden こちらは銀座にあるヘアサロン 一番合戦さんにお願いしています^^   こちらのサロンのトリートメント 終わった後の感動がすごくてですね トリートメントだけでもサロンに伺うほど!   お財布と要相談なので なかなかそんな贅沢はできませんが 行く価値あり、試す価値あり!の トリートメントが受けられますよ〜   ケアだけでなく、カットもカラーも 一番合戦さんとお話することで 同世代の女性ならではの視点から いつも本当に素敵に仕上げてくれます✨   冒頭ご紹介したホームヘアケアのうち E STANDARD(イイスタンダード) KERASTASE(ケラスターゼ) の取扱いもありますよ〜! ▼BAILA9月号付録も大活躍 話はホームケアに戻りまして 発売中のBAILA9月号 付録の ミラクルブラシもケアに大活躍✨   髪が長い分、絡まることもあり 誤ったケアをすると傷みが増し枝毛も...   今の時期は明るい日差しのもと ふと人目にさらされた時に 毛先が傷んでいるのが目立つことも!   こちらのブラシは高級な豚毛を使用☝︎ とかすたびに綺麗なツヤを生み出し クッション性があることから 気持ちよくブラッシングできます^^   持ち手の先端部分でマッサージもでき 髪の根本である根本を刺激しつつ 綺麗な髪を作る、保つにはうってつけ!   ぜひ取り入れて美髪を手に入れてください✨   ご紹介したアイテムもサロンも 本当におすすめで 過去リピートしたものばかり^^   皆さんにも合うと嬉しいです また、更新しますね! Instagramはこちらから
  • こんにちは☺︎ 少しずつ涼しい日も増えて なんとなく秋が近づいてきている気がしますね。 今年の夏は特に暑く、たくさん汗をかきました。 夏の汗、皮脂、毛穴にたくさん残したまま 秋に突入するのはいやだ…! そこで1ヶ月ほど前から毛穴ケアを始めました。 ✔︎FANCL ディープクリア洗顔パウダー 泥と酵素の力で汚れをめきめきおとしてくれる かなり優秀なアイテムです◎ 週に1度お風呂の時に使用しています。 しっかりと毛穴を開かせた状態で使うと 洗ってるそばから毛穴汚れが落ちるのを 指先で感じられて感動しました! 針葉樹の炭と泥が含まれていて 灰色のパウダーになっています。 洗顔ネットでかるーく泡立てるだけで とてもキメの細かい泡がたくさんでき 肌に負担をかけることなく洗顔できます◎ 毛穴ケアはもちろんですが 洗い上がりに肌のくすみも取れているなーと感じます。 酵素の力で角質をきれいにしてくれてるんだろうなあと思います。 今月のBAILAでも、角質ケアについて特集がありましたね♡ しかもFANCLのこの洗顔料も載っていて うれしかったです♡ ちなみに、普段はAesopのクレンジングを 乳化させて朝も夜も使用しています。 やさしい成分なので朝使っても肌に負担がかかりません。 夏の皮脂汚れ負債、秋が来る前にやっつけちゃいましょう @107_____m
  • スタイリスト村山佳世子プレゼンツ。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
  • ゆるシャツ&カーデの肩かけで余裕な表情に。勝負の日こそリラックス♪甲子園決勝の行方も気になるけど、今日は社内コンペの勝負デー。シャツ×パンツのきちんとコーデが気合い入りすぎって思われたくないから(笑)、おしゃれな抜け感を作って正解! ストレッチ入りの美脚パンツになじみ色のサンダルで軽さをオン。上半身はベージュのゆるシャツをアウトで着たり、ネイビーのカーデをラフに肩かけしたり。大人シックな配色だから、ほどよく着くずした方がむしろ余裕が感じられて素敵でしょ♡ 仕上げにパールネックレスで上品さを、メガネで知的さと遊び心をプラスすれば、デキる感ばっちり!ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ネイビーカーディガン¥2769/無印良品 池袋西武 センタープレスパンツ¥5643/アテニア オレンジサンダル¥5490/ロコンド(MANGO) ショルダーバッグ¥4400/アンビリオン(カシュカシュ) シルバーリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理
  • 赤で柄の主役級トップスはコーデに困った日は助かりますお盆休み中のある日のコーデです。 迷いに迷った日はカラー柄トップスが使えます。 昨年の物のIENAのトップスです。電車や室内の冷房対策に羽織りが必須です。 薄手のシャツがとても使えます。柄はこんな感じです淡いカラーが今期はトレンドでとても惹かれますが、パキッとしたカラーはたまに着ると気分が上がりますね。 ではまた〜⑅◡̈*美女組No.159 RUIのブログ
  • みんながTシャツ一辺倒になるこの季節こそ、シャツのほどよい上品さとシャープさがきく。大人の余裕と"映え"が簡単に!  白シャツ×タイトスカート  夏にあえての〝ほんのりコンサバ〞が新鮮。オーバーサイズのシャツと足もとで抜け感を ルーズな着こなしが増える夏こそ、シャツ×タイトスカートのきりっとしたコンサバ感で"映え"につながる。ただし古く見えないよう、シャツはゆるっとしたオーバーサイズ、足もとはスニーカー、と今っぽいハズシを加え、更新感を出すのを忘れずに。シャツ¥42,000/ストラスブルゴ(バレナ) スカート¥35,000/ロンハーマン ピアス¥25,000/TOMORROWLAND(ルスオーティズ) サングラス¥42,000/ブリンク ベース(サン リタ パーラー) リング¥80,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センスズ) バッグ¥82,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 黒シャツ×フレアスカート  夏に映える〝クールな黒〞をスカートと合わせて女らしく 着るだけでコーデをきりっと引き締めてくれる黒シャツ。重い印象になりすぎないよう、今回はカットソー素材で仕立てた柔らかな一枚をチョイス。スカートと合わせるだけで、かっこいいのに女らしい、理想の甘辛バランスに。シャツ¥39,000・ジャケット¥98,000/マディソンブルー スカート¥27,000(ベルウィッチ)・バングル(太)¥16,000(アンセム フォー ザ センスズ)/アマン メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥24,000/ビームス ハウス 丸の内(グリン) バングル(細)¥70,000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥109,000/トッズ・ジャパン(トッズ)  ベージュシャツ×ハーフパンツ  トレンドのハーフパンツを透け感のあるシャツで女らしく仕上げて カジュアル感が気になるハーフパンツは、きれいなシャツで上品見えを狙うのが大人のセオリー。ワントーンで上品にまとめつつ、シャツの透け感でさりげなく女らしさをオン。足もとはヒールで、遠目からでも映えるすらりとしたバランスを目ざして。シャツ¥32,000/ebure キュロット¥17,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥16,000/TOMORROWLAND(ダイアナブロッサード) ヘアバンド¥5,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥94,000/ドゥロワー 青山店(ワンドラー) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ライトベージュシャツ×デニパンツ  人気再燃中のネックレス。華奢なゴールドを重ね、ハンサムなシャツにさりげない女らしさを 定番のパールネックレスも素敵だけど、今年おすすめなのがゴールドのレイヤード。肌になじむ極細のチェーンとT字のネックレスを重ねて。あからさまじゃないのにどこか色っぽさが香る。そんなバランスが理想。シャツ¥38,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) デニムパンツ¥29,000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥29,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) ネックレス(上)¥24,000/ホワイトオフィス(ジジ) (下)¥50,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ジジ) バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ジャンニ ノタロ)  グレーシャツ×白プリーツスカート  ベルトもじわじわと人気が復活中。コーデがイマイチきまらない……そんな時に投入してみて! ベルト=パンツコーデだけじゃない。こんなスカートスタイルにプラスしても、メリハリが出ておしゃれ感がぐっと上昇。ベルトのバックルの色とアクセの色をシルバーで統一してまとまりを出したのもポイント。シャツ¥48,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(エリカ カヴァリーニ) スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥25,000/エスケーパーズ(ハルポ) ベルト¥23,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) バングル¥160,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バッグ¥100,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヘイワード) 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
関連キーワード

RECOMMEND