スタイリスト佐藤佳菜子さんが教える【自分に似合うパンツの選びかた】

@BAILA

通勤にもカジュアルにも活躍する、究極の万能ボトムであるセンタープレスパンツ。しかし体型によって、似合うかたちもテイストも変わるもの。人気スタイリストの佐藤佳菜子さんに、確実に似合う一本を見つける要点を教えてもらいました。

カーヴィ体型なら
ハイウエストで細い部分を強調してきゃしゃ見え。ウエストをお直ししても、ヒップに合わせたサイズを優先。
胴の断面が薄く、平べったい楕円形。腰の張りやヒップの大きさが悩みの種だが、ウエストとのコントラストがあり女性らしい雰囲気。
ストレート体型なら
伸びやかな体型を生かすためには、ジャストウエストタイプを。すとんと落ちるヒップラインをアピール。
胴が丸みのある筒タイプ。ウエストのくびれは少ないが、そのぶん腰位置は高め。ヒップも小さめの人が多く、正面から見るとまっすぐな印象。
ほかのパーツと比べて足首が締まっているなら、足首がきれいに見えるテーパードを。たとえほかが太めでも、全身印象としてほっそり見える。
ふくらはぎの張りが気になる人は、ひざ下に少しゆとりのあるシルエットを。センタープレスにより、脚がまっすぐほっそり見えるはず。
【試着の共通チェックポイント】
フロントポケットが開いてしまったり、つれたようなシワが出るのはサイズが小さい証拠。腰まわりは少しゆとりがあるほうがきれいに見える。
【試着の共通チェックポイント】
まっすぐ立ったときに、ウエストの後ろに指1本入るゆとりがあるかチェック。これよりキツイと、動いたときに余計なシワが寄ってしまう。
【試着の共通チェックポイント】
ウエストがぴったりでも、太もも部分に横ジワが出ているのは完全にNG。この場合サイズを1つ上げて、ウエストのサイズをお直しするべき。

パンツが似合うってこういうこと!
Stylist 佐藤佳菜子さん「短所を隠すよりも長所を生かして強調することが大事!」

「パンツを選ぶとき、気になる部分を隠すことから考える人が多いと思います。でも実はもっと引きの視点を持って全身のバランスで見たほうが絶対にきれいに見える! 誰にでも必ず素敵なパーツがあるので、そこがきわだつものを見つけることが大切。太いパーツがあったとしても、ウエストがくびれていればハイウエストを、足首が細ければクロップト丈で思い切り強調すればいいのです。
 それから"サイズが入る”ことと"すっきり見える”ことはまったく別。シルエットがきれいに見えるサイズを選び、必要ならお直しを。 
 あとは"着たい”と"似合う”を分けて考えて。いくら好きなデザインでも、体型に合わなければあきらめる勇気を持つことも重要です」


撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 イラスト/田中麻里子 取材・原文/発田美穂 ※計測データはすべて編集部調べです ※BAILA2019年3月号掲載

関連記事
  • 仲よしの元カレと一杯。「今日どうする?」「お会計、お願いしまーす」2wayで着られるリブニット。深い意味はないけど、なんとなく深Vを前にして女っぽく。ブルーのきれいめパンツを合わせれば、初夏らしいさわやかなムードに。足もとはヒールサンダルで大人っぽく振るのが気分。仕事の話から趣味の話まで語れる元カレとは、今ではいい友達。話は尽きないけど、明日は朝から愛車でサイクリング予定。もう一軒さそわれたけど、フツーに解散!リブニット¥17000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) パンツ¥12000/メゾン イエナ(イエナ) ピアス¥17000(参考価格)/アウトネット カスタマーケア(アイリス & インク) 靴¥23000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥57000/エッセンス オブ アナイ(オーエーディー ニューヨーク)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務広告プランナー・花 企画を手がけるプランナーとして、バリバリ仕事をこなす29歳。クールな見た目とは裏腹に、大の甘党&忘れ物もやや多めと、そそっかしい一面も。愛犬のまいぺと自転車をこよなく愛し、恋愛は休憩中。丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】ライムグリーンのリブニット グリーンばやりの今季はライムも注目色。どちらのネックが前でも使えて、着回しに最適。¥17000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)【初夏の受け皿ボトム】ブルーのきれいめパンツ デニム感覚ではけて、デニムよりきちんと見えするシャンブレー。¥12000/メゾン イエナ(イエナ) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】NOLLEY’S sophi 7GワッフルVネックプルオーバーニット ¥8400(¥12000の30%オフ)+税【関連商品】M7days for office リネン風テーパードパンツ ¥14400(¥16000の10 %オフ)+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • 初夏のメイク崩れを救ってくれるフィエスプライマーからマットの概念を超えた快適マットルージュまで、編集部おすすめの6月発売の新作コスメをご紹介します。6/3 MON.数量限定発売【RMK】メイクくずれが憂うつな初夏の肌に“美肌”の魔法をかけてくれる(スガコ)「朝のスキンケアのラストに仕込んでからベースメイクをすると、肌がいい感じにクールダウン。毛穴を引き締めてファンデーションをノリよくしつつ、繊細なパールが肌のつや感をアップ。清涼感とパクチーミントの香りも最&高」。クールジェル ハイドレーティング フェイスプライマー 30㎖ ¥3700/RMK Division 6/1 SAT.限定発売【CHANEL】洗練レディなカルテットで目が合うすべての人を悩殺♡(ナベ嬢)「ブロンズのニュアンスがリュクスなプラチナ、ローズみがレディなベージュ、ブロンズ、ライトキャラメルの4色パレット。一見オーソドックスな組み合わせなのにそこはさすがシャネル様。定番のブラウンアイに止めどない洗練ムードが押し寄せるの」。レ キャトル オンブル ルミエール ナチュレル ¥6900/シャネル 6/7 FRI.限定発売【YVES SAINT LAURENT】マットの概念を超えた快適マットスタイリッシュな唇でゴメン(ナベ嬢)「つけていてマットなのを忘れるくらいしっとり、軽やかなリキッドルージュから、夏の太陽光線とおそろい色のサニーオレンジが限定デビュー。今っぽいしゃれ感を出しつつ、肌色の血色感を引っぱってくれるところがバイラ世代におあつらえ向きだよん」。タトワージュ クチュール 32 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ 6/1 SAT.限定発売【PAUL & JOE】サラサラマットなクリア肌がいとも簡単に手に入っちゃう(スガコ)「ワンストロークで毛穴も凹凸も色ムラもしれっとカバーしてクリアな肌へと導いてくれるうえに、UVカット効果まで狙えるなんて、これからの季節にうれしすぎ。パケもおしゃれでメイク直しの瞬間さえ絵になる〜」。マット プレストパウダー 001 SPF25・PA++オリジナル巾着つき¥5000/ポール & ジョー ボーテ撮影/小川 剛〈近藤スタジオ〉 取材・文/石橋里奈 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 吉岡里帆が、新しいデニムにお着替え。新しいデニムは、欲張りな私たちに“デニムをはく”ということ以上の価値をくれる! そんな新しいデニムの中でも、マストな5種類を厳選してみました。女性らしいデニム『リーバイス』の新作は、伝説の“マリリン・モンロー”のデニムを再構築したもの。女性らしいウエストを強調するハイライズと、スリムなレッグライン。ロゴTとでラフに着ても女性らしさを失わない♡パンツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥32000/フィーニー Tシャツ¥11000・ネックレス¥24000・ブレスレット¥28000/アー・ペー・セー カスタマーサービス 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) リング¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ベルト¥18000/1LDK me.(サイ)“今”を感じるデニムはくだけで、どうしたって旬のスタイルになれるフレアデニム。いつもの服にも新しい風を! 旬に躍り出たフレアデニムには、装い全体を今っぽく引き上げる力がある。どこか懐かしいラインがむしろ新しく、黒のブラウスにもシックなだけじゃない味わいをくれる。パンツ¥15800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) ブラウス¥46000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) タンクトップ(2枚セット)¥3800/ブルーブルー(ミラー・ブルーブルー) 靴¥45000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) ターバン¥1280/サンポークリエイト(アネモネ) ピアス¥18000/チェリーブラウン バングル¥9000/HEMT PR(ノース ワークス)美脚になれるデニムスニーカーとでもきれいになれる信頼感が、「もっともっとデニムをはきたいと」思わせてくれる! シンプルなストレートライン。でもジャパンブランドならではのフィット感や、絶妙な丈感が美脚へ導く。ウエストをすっぽりおおうハイライズは腰高効果があり、Sサイズさんにもおすすめしたい。コーデは上品なインディゴカラーを、パステル色のシャツと合わせて清潔感あふれる着こなしに。カラーのきいたスニーカーで、気分は気取らないアメリカンガール☆パンツ¥18500/ショールーム セッション(サージ) シャツ¥16000/フラッパーズ(サクレクール) 靴¥45000/プレラブド バッグ¥9000/1LDK me.(エンダースキーマ) メガネ¥56000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥35000/シティショップ(ファリス)ワンピースに似合うデニム可愛いを、もっと可愛いにしてくれる素敵な関係。だから“ワンピに似合うか”で選ぶのは大正解◎ さらっとワンピに“はおる”デニム。新しいデニムジャケットはオーバーサイズがキーワード。メンズっぽいシルエットに、古着のようなあせた色。そんな武骨なジャケットの下には、つやのあるキャミワンピ。そのギャップがたまらなくいい感じ。トーンをまとめてトライ。ジャケット¥38000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥13000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 カットソー¥4900/ノーク バッグ¥34000/1LDK me. ピアス¥6000/yurika_akutsu信頼ブランドの新作デニム次のデニムトレンドを予感させる、新鮮なデザインで一歩先へ。『アー・ぺー・セー』が提案するのは、クロップトのワイドパンツのような一本。太めのレッグラインに、短めに設定されたレングスがちょうどよく、ふとした瞬間のぞく足首が女性らしい。ブランドのスピリットを受け継いで、フレンチシックにコーデしてみるのもいいかも。パンツ¥21000・ジャケット¥26000・Tシャツ¥10000・靴¥29000/アー・ペー・セー カスタマーサービス イヤカフ¥18000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ)RIHO YOSHIOKAよしおか・りほ●1993年1月15日生まれ、京都府出身。ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』や映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で主演を務める。そのほかにも多数のCM出演や写真集『so long』を発売するなど勢力的に活動。5月31日には、東野圭吾の原作小説を実写化した映画『パラレルワールド・ラブストーリー』が公開される ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三宮幹史 ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/吉岡里帆 スタイリスト/高野麻子
  • こんばんは 今週末は気温が上昇し、まさに夏ですね☀︎ アイスが進みます 笑 今日はヘアについて書かせてください✒︎ バイラのヘア企画で髪をバッサリ切り ショートを楽しんだので今はまた伸ばしています。 私は伸びるのが遅いのが悩みなのですが 毛先の痛んでる部分を切った方が 伸びが早いと昔、聞いたことがあり 毛先を少し切り✂︎カラーをしてきました! 仕上げにウェーブに巻いてもらいました! 普段自分でできないような髪型にしてもらえると 気分も上がりますよね* N.のスタイリング剤でまとめてもらったのですが、美容室のレセプションで働いている バイラーズのともみさんからも良いよと 教えてもらって普段私も使っています!ウエットにまとまる感じも香りもとてもいいです。 ポンプも一緒に購入して使っています ootdベージュ×デニム とろみのあるジャケットは 通気性もよく使いやすいです! jacket/D_HOLIC tops/UNIQLO denim/GAP pumps/ZARA bag/ZARAInstagramもよかったら♡スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
  • トレンドのPVCバッグ。 取り入れたいけど、手持ち服に合わせるにはカジュアルすぎるかなー、なにかしっくりくるものないかなと探していて ショッピングサイトGLADDでたまたま見つけた、arronの革張りPVCバッグを購入しました。 もちろん、PVCバッグのポーチは BAILA6月号のアクセサリーポーチ。 こちら本当に便利で、リップ、日焼け止め、イヤリング、リングを詰め込んで持ち歩いてます。 そんなこんなで、PVCバッグを使った休日のコーデ。サックスブルーのワンピースに合わせてみました。 休日だったので、足元もカジュアル。 キラキラグリッター!こんなにカジュアルな日なのに、このPVCバッグだとキレイ目に仕上げくれるのがツボ。 大きめの巾着にノートとか詰めれば、軽い打ち合わせくらいなら仕事でも使えそう!良い買い物ができました♥ayaka8880↑↑↑↑↑↑ インスタグラムもやっています。 良かったら、覗きにきてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^^*)スーパーバイラーズ 高橋夏果のブログ
  • 彼の笑顔のために仕事並みの力を発揮。恋に打ち込み頑張っている、そんな自分が大好き♡ エピソードには「ええっ、こんなことまで!?」と驚くようなものも。このままでいいのか!?朝4時半起きでキッチンへ。冷凍食品は一切使わない愛のこもったお弁当を製作。笑顔で彼を送り出し仕事へ。終業後はダッシュで帰宅。スーパーに寄り、夕食を作り、笑顔で彼を出迎えています(28歳・自営業) 新品のジャムはふたが固いので一度開けて開けやすい状態にしておく。出勤前の朝食に食べやすいようにフルーツはカットして冷蔵庫へ。「こうすると彼は居心地がいいだろうな」と思ったことを行動に移さずにはいられない(32歳・カウンセラー) 彼が飲みに行くときは必ず車でお迎えに。何時に帰ってくるのかわからないときは待たせないよう早めに駅前で待機。最高、3時間待ち続けたことがある(32歳・公務員)パン好きの彼のために朝から人気店に並び購入。飲み物までつけて出勤前の彼にお届け♡(32歳・化粧品メーカー) デート費用はワリカンだけど、“彼がおごっている"風を装えるように、食事の会計前にこっそりお金を渡している(35歳・経理)イラスト/平松昭子 取材・文/石井美輪 ※BAILA2019年6月号掲載
  • ロマンチックで女らしい印象のフラワー柄、お好きな方も多いと思います。BAILAでも一年中、爆推ししているプリントです↓。だって可愛いんですもの。一枚ではもちろん、アウターの下に着ても愛らしさ&おしゃれ感がダダ漏れるため、推しすぎてBAILA編集部内ではもはやベーシック化している柄、それが花柄です。華やかなフラワープリントを着て気分が上がるなら、身長や骨格診断の結果がどうだろうが年齢が何歳だろうが、イエベorブルベ肌にも関係なく、大柄でも小柄でもモノトーンでもカラフルでも、堂々と着ればいいんです。しかし確かに、甘めムードが強い柄です。とくに、この記事を書いているエディター沖島のように、骨格診断ストレートでイエベ肌、さらに誰が見ても明らかな男顔の場合「着てみたいけど似合わなさそ~う」と、花柄を敬遠しがちな方も多いのではないでしょうか。そんな同志のみなさまに、プチプラで挑戦しやすい花柄アイテムを【しまむら】からお届けします。骨格診断ストレート&イエベ肌&男顔のエディターが選んだ花柄①:スカート見えワイドパンツ小花ティアードパンツ・黒・Mサイズ(品番:523-3504)¥1900/しまむらいきなり赤やピンクの鮮やかな色や、大輪の花が咲き誇るプリントに挑戦するのはハードルが高いでしょうから、無地感覚で着回せるモノトーンで繊細な小花柄、フラワープリント初心者はこのあたりからスタートするのがよいでしょう。さらに、顔から話したボトムで取り入れると、トップスで甘さを調整できるので便利。こちらはマキシ丈ティアードスカートに見えますが、実はワイドパンツ。ふんわり素材ですが透け感はあまりなく、さらにしっかり裏地がついているので下着は一切透けません。安心。【花柄チャレンジコーデ①】大きめサファリシャツと甘辛ミックスボトムだけでじゅうぶんスウィートなので、メンズライクなトップスと甘辛ミックスコーデが◎。今年らしいのはアースカラーのサファリシャツやTシャツ。男性でも着られるようなビッグサイズを選ぶと、ボトムのふんわり感とのバランスもちょうどよくなると思います。足もとはスニーカーやフラットシューズでカジュアルめに。【花柄チャレンジコーデ②】Tシャツワンピと合わせたゆるゆるコーデもう少しトレンド感を強めたいなら、さまざまなブランドでこの夏売れている、大きめロングTシャツワンピースの裾からワイドパンツの裾をのぞかせる“ずるずる&ゆるゆる”コーデはいかがでしょう? 写真でエディター沖島が上に合わせているのは【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のオーバーサイズTワンピース(L、¥2990)です。これも、メンズライクなデザインのTシャツに、ふんわり小花柄の甘さを加えた甘辛ミックススタイルですね。骨格診断ストレート&イエベ肌&男顔のエディターが選んだ花柄②:モノトーン2WAYワンピース花柄前ボタン半袖ワンピース・中黒・Lサイズ(品番:523-1612)¥1900/しまむらもう一点【しまむら】で購入したのがこちらのワンピース。ワンピとしてはもちろん、フロントボタンがすべて開くので、ガウンのようにも着られるんです。胸元はゆるやかなUネックで、ややベルスリーブになっています。ウエストの切り替え位置が胸のすぐ下なので、上半身はスッキリ、下半身は脚長に見せてくれるデザインです。細い共布ベルトつき。【花柄チャレンジコーデ③】レギンスパンツと合わせた定番ワンピコーデ一枚きりだと透け透け(インナーも裏地もなし)なので、中に着るアイテムを工夫する必要があります。おすすめはレギンスパンツを下に重ねるコーデ。よくある黒ではなく、ザラ(ZARA)で買ったベージュのスエード調レギンスを合わせて、色は明るくなじませながら、素材で甘さを引き締めました。ザラのレギンスはスキニーパンツのように一枚でも無理なく履ける厚手タイプが多いので、こうした透け感のあるワンピースやスカートによく似合います。【花柄チャレンジコーデ④】デニムに女らしさを加える、真夏の薄軽はおり フロントボタンを全開にして、【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のハイライズワイドストレートジーンズ(¥3990)の上にガウンのように羽織ってみました。大ヒット中のこのデニム、ズドーンと太く、ディテールもワークテイストなので、コーデや着る人によってはちょっとゴツく見える可能性もあると思うのですが、小花柄のはおりものでふんわりやさしい要素を加えることで印象がやわらかくなります。これも甘辛ミックススタイルですね。【花柄チャレンジコーデ⑤】試しに2つを合わせたら、意外なほどドレスアップ感が!以上、別々に着てみた2アイテムですが、ともに柄物とはいえモノトーンという共通点があるので「もしかして意外と合うのでは?」と思い、重ね着したコーデがこちら。ワンピースの透け感をワイドパンツでカバーしながら、ちょっと違う柄が裾からひらひらのぞくスタイル。「ホテル女子会に行けちゃうほどのドレスアップができた気がする!」と、合計¥3800(税込)のコスパの高さに大満足。 今回ご紹介した花柄のように、普段あまり着なれないアイテムも【しまむら】などのプチプラなら挑戦しやすく、コーディネート筋を鍛えるのにおすすめです。一時期よりブームが落ち着いているとはいえ、まだまだあなどれない“#しまパト”の底力を感じました。みなさまもぜひ、レッツ #しまパト !【合わせて読みたい】意外なブランドが意外とおしゃれ&高コスパ!取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムはすべて私物で、個人の感想が含まれています。また、価格や在庫状況などの商品情報は2019年5月中旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • 昼間はぐんと気温が高くなってきたけど、真夏のスタイルにはまだ早い。そろそろ紫外線も気になるし、もうすぐやってくる梅雨はジメジメ…。気温25℃前後の今って、一年でいちばん洋服選びに迷う季節かも! そこで、5月〜6月を爽やかかつ快適に乗り切るコーディネートを@BAILAの人気記事からピックアップ。明日の服選びにぜひ役立てて! ※記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.夏日も梅雨も! さらっと快適シャツ&ブラウスコーデ 2.一枚でおしゃれが完成!コーデに迷わない今どきワンピコーデ 3.オフィス対応、涼やかTシャツ&カットソーコーデ 4.好感度満点! 薄手ニット&淡色カーデコーデ1.夏日も梅雨も! さらっと快適シャツ&ブラウスコーデややゆるめシルエットのシャツは風通しも良くって、気温が高めのこの時期を爽やかに乗り切る最適アイテム。ストライプ柄やVネックで上半身がスッキリ見えるのも嬉しい! ミントグリーンのワイドパンツと合わせてとことん爽やかに。シャツ¥16000/イネド →元記事はこちらから>今季注目のサファリシャツなら今っぽさが簡単に。クール度高めのブラックならカーキより本気のサファリにならず、オフィスやお出かけ先にもすんなりなじむ。昼間気温が高くなったらロールアップして肌感を見せて。シャツ¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) →元記事はこちらから>ほんのり透け感のあるブラウスは見た目も着心地も涼しく、気温25℃前後の今に最適なアイテム。肌になじむアイボリーが上品さをキープするのでオフィスにもぜひ。ブラウス(キャミソールつき)¥6900(アンデミュウ)/アダストリア →元記事はこちらから>シャリ感のあるリネン素材がとことん爽やかで仕事もお出かけもご機嫌に過ごせそう。さらっと感をキープできるから、午後から雨なんて予報の日にもおすすめ。Vラインのジャンスカでエッジの効いたモノトーンコーデに。シャツ¥9167/バナナ・リパブリック →元記事はこちらから>透け感や袖にボリュームを持たせたネイビーブラウスは即座に女らしさをプラスしてくれる るアイテム。素肌に張り付かない素材感は、今から夏まで長く愛用できる。ブラウス¥36000/ストラスブルゴ(アリクアム) →元記事はこちらから>とろみ素材も深みのあるレンガ色も今季らしさダントツ! 全体にゆったりとしたシルエットは体の華奢見せ効果もあって、30代女子の強い味方に。デニムやスニーカーを合わせたリラックスコーデも上品な仕上がり。ブラウス¥37000/ロンハーマン(エリン×ロンハーマン) →元記事はこちらから>細かいストライプが涼しげな印象。リラックス感のあるプルオーバータイプだから気温25℃の休日コーデに最適。ドット柄のスカーフやピンクのバッグを合わせてキャッチーな着こなしに。ブラウス¥19000/サード マガジン →元記事はこちらから>太めのストライプでメリハリがついて知的かつすっきりと。手首や足首を見せてこれ感と涼しげな印象をプラス。肩にかけたカーディガンは夕方気温が下がったら袖を通しても。シャツ¥16000/イネド →元記事はこちらから>ネイビーとイエローのチェック柄が目を引く一枚。ごく薄手の素材は、これからくるムシムシする季節も、気温が高めの日も汗をかかずに過ごせそう。ホワイトデニムでクリーンな印象をミックスして。ブラウス(インナーキャミソールつき)¥28000/アルアバイル (バウム・ウンド・ヘルガーデン) →元記事はこちらから>風通しのいいビッグシャツはまさにこの時季の味方。丈が長いから裾をアウトして着こなすのが正解。ボトムはもちろんスキニーデニムで好バランスに。シャツが腰回りをすっぽり隠してくれるので体型カバーもお手のもの。シャツ¥26000/エッセン.ロートレアモン →元記事はこちらから>シンプルな表情のなかに、スタンドカラーやボリュームのある袖で甘さも表現してくれるホワイトブラウス。オールホワイトで着こなせば梅雨の時期も気分が晴れやかに! ブラウス¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) →元記事はこちらから>涼しげコーデの定番、ストライプシャツは丸首のバンドカラーを選んで新鮮に。トップスに個性がある分、ボトムはプレーンな白パンツを。シャツ¥13000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) →元記事はこちらから>2.一枚でおしゃれが完成!コーデに迷わない今どきワンピコーデどこかレトロな雰囲気のVネックや小花柄がトレンド感高め。広めに開いた首元やふわっと広がる裾ラインで気温が高い日も涼しさをキープ。ワンピース¥29000/ドロシーズ →元記事はこちらから>大人の可愛げを引き出してくれるドット柄ワンピースはふんわり袖や自然に広がるAラインシルエットで気温が低めの日も高めの日も着心地満点。黒の面積が多い分、白のハットやシルバーのローファーで軽さを出して見た目も涼しく。ワンピース¥20000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) →元記事はこちらから>ヴィンテージライクなポルカドットワンピース。開襟デザインは今っぽさの決め手にも暑さ回避にもぴったり。赤のローファーを合わせたマリンな組み合わせで夏を先取り。ワンピース¥40000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) →元記事はこちらから>大人が自分に引き寄せやすいネイビーベースのシックな花柄なら、気負わずまとえるはず。さらっとした素材感の一枚は梅雨の時期にも心地よい。ワンピース¥27000/メゾンイエナ(ルージュ) →元記事はこちらから>心弾むチェック柄を体がきれいに見えるカシュクールで大人顔に。リラックスムード漂うワンピースは休日のお出かけに最適。ワンピース¥29000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(ケイ シラハタ) →元記事はこちらから>微光沢のこっくりキャメルにボリューム感が大人びたフレアワンピース。パンプスやストラップサンダルを合わせればオフィスにも対応。ウエストリボン付きでメリハリも出しやすい。ワンピース¥24000/メゾン スペシャル →元記事はこちらから>しゃれ感もトレンド感も盛れるブラウンでTシャツデザインも大人っぽく。肌ざわりのいいカットソー素材だから今すぐはもちろん、夏の汗をかく時季も楽しめる。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)→元記事はこちらから>サイドスリットワンピは最高に今っぽいアイテム。体につかず離れずのゆったりシルエットだから気温が上がっても快適な着心地。5月はまず、デニムを合わせてレイヤードを楽しんで。ワンピース(ベルトつき)¥27000/ebure →元記事はこちらから>3.オフィス対応、涼やかTシャツ&カットソーコーデ気温がぐんぐん上昇しそう。そんな日に頼れるのはやっぱりTシャツ。きちんと感のあるネイビーならオフィスにも対応。こっくりとしたイエローのボリュームスカートを合わせて華やぎも。Tシャツ¥7000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル  →元記事はこちらから>オフィスでも休日でもあれこれ着回しの効く淡色セットアップが人気。薄手のカットソー素材&長袖は、昼間は暑くても夕方以降気温が下がる5月〜6月に最適。カットソー¥14000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) →元記事はこちらから>クリーンな白Tシャツは見た目も着心地も涼しげでアイテム選びに迷った日の強い味方。ミントグリーンやくすみピンクなど旬のさし色をして今っぽく着こなして。Tシャツ¥5900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) →元記事はこちらから>長めの袖丈は二の腕カバーに最適。透明感のあるきれいなラベンダースカートでときめきを。水色のスカーフやグレーのバッグ、小物も淡色でまとめて全身の印象を軽く。Tシャツ¥15000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) →元記事はこちらから>マリンな風を運ぶボーダートップスは白の面積が多めのデザインで涼しげな印象に。手首が出る7分袖や、バックのVあきでヘルシーな肌見せができる! トップス¥13000/ジャーナル スタンダード  レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ) →元記事はこちらから>4.好感度満点! 薄手ニット&淡色カーデコーデカーディガンはボタンを留めてトップスづかいするのが今っぽい。ユニクロから登場のUVカットカーディガンは、なんと紫外線を90%カット。キャッチーでイエローは可愛げを出しつつUVケアできるなんてうれしすぎる! カーディガン¥1990/ユニクロ →元記事はこちらから>トップスと合わせずボタンを全部とめて一枚で着るカーディガンがトレンド。重ねていない分、暑さを感じないから気温25℃のこの時期に最適。カーディガン¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) →元記事はこちらから>甘さも大人っぽさも透明感も出してくれるラベンダーは30代女子がぜひ取り入れるべき色。細かいリブ仕様で体にきれいにフィットするから、ボタンを留めてトップスづかいしてこそその実力を発揮! カーディガン¥15000/アルアバイル →元記事はこちらから>程よく薄手でさらっとした着心地の春ニットを一枚で着たら、暑すぎず寒すぎず、この時季にちょうどいい。襟つきニットも見逃せない流行だから、最旬のミントで楽しんで。ニット¥22000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク)→元記事はこちらから>広すぎないVネックだから一枚でも簡単に着こなせる。表情まで柔らかく見せるイエローベージュ。透けるレーススカート合わせも涼しげ見せに一役。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) →元記事はこちらから>
関連キーワード

RECOMMEND