【天秤座】鏡リュウジの12星座別ホロスコープ(2019年2月12日〜3月11日)

@BAILA
天秤座 9/23〜10/23

周囲のざわめきをよそに、
心静かに自分と向き合える。
一人でできる趣味に挑戦しても

周囲に吹き荒れる風を感じながらも、あなたの心は静かにないだ海のような穏やかさに。雑事に追われたり、対応すべきことがたくさんあったりはするのですが、不思議と落ち着いていられそうです。やるべきことを淡々と終わらせつつ、自分の時間を持つようにしましょう。仕事はここまで、プライベートはここからという線引きをクリアにすると充実感が増してきそうです。友人と会うのも楽しいですが、一人であちこち出かけるのも楽しそう。美術館や映画館に一人で足を運んでみては。 2 月下旬以降は体調の変化が。無理をせず睡眠時間を増やして。

幸運のありか
フリンジやゴールドのアクセなど人目を引くものが開運に。バッグチャームをつけてみては。

今月の天秤座男子
人は人、自分は自分とマイペース。大体いつでもご機嫌なので、接近するならチャンスかも。

>>タロットで占う、いまのアナタに大切なメッセージ

>>ルナモンスターで占う今日の運勢


イラスト:fumie shirai

関連記事
  • なにげなくやっている生活習慣で「疲れにくい」選択をするだけで、毎日の疲れの回復具合が変わります。今回も「どっち?」と迷いがちな疑問を紹介します。QUESTION仕事中おやつを食べる、食べない、どっち?「仕事中は、交感神経ばかりが優位になっているので疲れがたまっていきます。そんなときはおやつを食べるのがおすすめ。緊張がほぐれてリラックスできるうえ、お腹に食べ物が入ると消化吸収のために胃腸が働き出して副交感感神経が優位になり、仕事で活性化していた交感神経が抑えられます。また、おやつによる糖分補給で一時的に血糖値が上がり、脳にエネルギーが供給され、疲れが取れやすくなるのです。意識的におやつタイムを設けましょう」ANSWERおやつを食べるQUESTION3時間集中して15分休む、1時間集中して5分休む、どっち?「休息はこまめにとるほうが疲れません。長く活動をしたあとに、長い休息をとっても、元の活動状態に戻るのに時間がかかってしまいます。ですから3時間集中して仕事をしてから15分の休憩をとるよりも、1時間仕事をして5分休むほうが断然疲れが少なくなります。特に長時間の座り仕事は、股関節の血管とリンパ管が圧迫されて老廃物の排出が進まず、疲労がたまります。1時間ごとに立ち上がってトイレに行くなどして歩き回るのが理想的」ANSWER1時間集中して5分休むQUESTION毎日運動、たまに運動、疲れないのはどっち?「運動は、筋肉維持と体重コントロールのためにしたほうがいいのですが、疲れの観点からいえば毎日する必要はありません。大半の人は週に何回か疲れている日があるはずで、その状態で運動をしたら疲れがさらにひどくなるだけ。特に働いている人は通勤や仕事などでかなり歩くと思うので、それだけで十分に運動になっています。ですからまったく動いていない日や特に疲れていない日に週に1、2回、簡単なウォーキングをする程度がおすすめ」ANSWERたまに運動次回も気になる「この生活習慣、どっちが疲れない?」が登場!東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身さんOsami Kajimoto1962年生まれ。大阪市立大学大学院 疲労医学講座特任教授。医学博士。 世界に先駆けて疲労の研究に着目。 『すべての疲労は脳が原因』(集英社) など疲労に関する著書も多数イラスト/いいあい 取材・原文/和田美穂
  • LANCOM ラプソリュハートリップ♡最近購入して気に入っているリップ LANCOMラプソリュ ルージュの限定パッケージなんです ❤️BAILA6月号で掲載されていて一目惚れ❤️ 発売したら絶対購入すると決めていて、発売日の仕事帰りに駆け込み購入 ‍♀️ 限定2色のうち、私はC176のディープレッドをチョイス✨ パッケージから出すたびにテンションが上がる、♡型のリップスティック パッケージもリップスティックも♡なんです❤️ 持っているだけで幸せ気分 笑 ディープレッドの名前の通り、見た目は深赤ですがつけてみると、ジューシーなオレンジレッド 日焼けした肌にも抜群に合う色味で、これからの季節に活躍しそうです ラプソリュはトリートメント成分が含まれているので、付けながらケアもできちゃうのも嬉しいポイント❣️ ウルッとした唇に仕上がります この日は久々に主人と原宿デート 主人に、今日のリップ いつもと違うけど、合うねと言ってもらいました まず、気づいただけで合格 笑 このリップはポイントになるので、シンプルなコーデにとっても映えます✨ 数量限定品なので、ぜひチェックしてみてくださいね❣️▶︎▶︎instagramはこちらスーパーバイラーズ 田石ゆきのブログ
  • こんにちは、海野尾です 先日Triumph 2019AW展示会へ行ってきました 100年以上の歴史がある会社、トリンプ入り口は、美術館のような作りに…! トリンプは1886年にドイツで設立された 歴史あるブランド。 ガラスの中に飾られていたのは100年以上 前に作られたコルセットでした この時代はまだブラジャーなどなく、 ウエストを細く閉めるのが主流だったようです。 ずらりと並ぶ絵はブラジャーの歴史! いま海外中心に流行っている ブラレットのような形も見られ、 洋服と同じでランジェリーのトレンドも 繰り返されるんだなぁと思いました!大きなステージには…♡ 会場内にに大きく設置されてるステージ! よく見るとマネキンの中に本物のモデルさんが 春に引き続きライラックカラーはトレンドカラーの ようで差し色に使われていました モデルさんも着用しているガードルは ヒップアップ効果が得られるのはもちろん デザイン性にも優れているのでオシャレ♡ 最近タイトシルエットのスカートが多いので 一つは欲しいアイテムですよね 日本発信のブラジャー、「天使のブラ」は 25周年とのこと❣️ 秋冬らしいボルドー色が綺麗でした 働く30代に向けたランジェリー♡わたしが最も注目してるブランドは 「VALISERE」! 働く30代に向けたブランドなので BAILA世代にもぴったりです! 飾りすぎない、洗練されたデザインがツボ 繊細なレースやシルク使いが上品で うっとりでした…♡ こういうランジェリーが似合う大人に なりたいものです☺️ 今年はマネキンが着ているような三角ブラのタイプや ストラップが太いデザインがトレンドなんです❣️ 洋服から見えてもいやらしくない デザインもポイント✨ 下着はインナーアイテムですが せっかく毎日つけるならファッションの 一環として楽しみたいですよね❣️ そんな気分の時にぴったりなブランドです ファッショナブルなスポーツブラ!実はトリンプからスポーツラインも 出ているの知っていました?? 「Triaction」という今ヨーロッパで 話題のブランドです❣️ スポーツ用とは思えない可愛いデザインと 下着メーカーならではの機能性が 兼ね揃えられています。 最近ジムに通い始めてウエアを集めてる 最中なのでほしくなっちゃいました 楽チンが売りのSloggi!!そして今話題の楽チンブラ、「スロギー」❣️ なんとも大胆なディスプレイが目を惹きますね 秋冬はニット素材も出ていて あったかさはもちろん、 見た目もすごく可愛かったです〜 そしてスロギーから昨年誕生したプレミアムライン、「S by Sloggy」も大注目❣️❣️ ヨーロッパ発の洗練されたデザインはそのまま、 日本人女性の繊細な着ごこちへのこだわりを意識し、 日本人の体形に合うようなフィッティングで 製品化しているようです✨ シンプルながらも女性らしいデザインに加え、 色も可愛い… 秋冬コレクションが今から楽しみに なるような展示会でした❣️ 下着って毎日つけるものだからこそ 自分が本当に気に入ったものを みにつけたいですよね みなさんもTriumph是非チェックしてみてください ☆Instagramはこちらから→→スーパーバイラーズ 海野尾美紀のブログ
  • デスクワークの日はリラックス通勤。でも、手抜きは禁物!着心地重視のTシャツとリネンのスカート、そして今日はメガネっ子で一日快適に。シンプル対策で羽織ったストライプブラウスが、エアコン対策にもなっていい感じ。今っぽい赤みブラウンのブラウスに合わせて、足もとにレッドの差し色を♪ 涼しげなバングルや初夏らしいピアスを盛るのも忘れずに! 一心不乱に仕事していたら、もう夕方。頑張ったご褒美に、今日はケーキでも買って帰ろうかな♡ストライプシャツ¥16000/イネド Tシャツ¥15000/アオイ(エムエスジーエム) スカート¥22000/ルーニィ バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) 靴¥48000/アマン(ペリーコ) メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥62000/エッセンス オブ アナイ(メゾン ボワネ) ピアス¥32000/アガット(ミキノラ)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務広告プランナー・花 企画を手がけるプランナーとして、バリバリ仕事をこなす29歳。クールな見た目とは裏腹に、大の甘党&忘れ物もやや多めと、そそっかしい一面も。愛犬のまいぺと自転車をこよなく愛し、恋愛は休憩中。丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】ノーカラーストライプシャツ 辛口派がこよなく愛するストライプも、今年はブラウン系が断然おしゃれ。シャツ特有のかしこまった感じがなく、顔まわりがシャープに見えるVカラーを狙って。¥16000/イネド【5大初夏トップス】ロゴTシャツ 選びが難しい大人のロゴTは、色も書体もメッセージも極力クセのないものを。ブランドロゴならまず間違いなし。¥15000/アオイ(エムエスジーエム)【初夏の受け皿ボトム】黒のロングスカート クールにキマる黒タイト。長くても重々しく見えないリネンが正解。¥22000/ルーニィ「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】UNITED ARROWS green label relaxing FFC 50ブロード スクエアネック ブラウス ¥5530(¥7900の30%オフ)+税【関連商品】SLOANE コットンTシャツ ¥7,800+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • ドレスを選ばずともアコーディオンプリーツスカートでさらなる華やかを狙って※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますクライアントから誘われたレセプションに出席。主催者側のイベント時にはいつも黒に徹しているけれど、ドレスコードが平服で白というしばりがあるので、オール白に挑戦。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • NYの現代アーティスト、トム・サックスの展示が都内各所で開催。まずは6月23日まで東京オペラシティ アートギャラリーで開催している「トム・サックス ティーセレモニー」展へ。NIKEともコラボしていて、最近周りのデザイナーさんとかおしゃれピープルの間で人気があるアーティストなので、展示を拝見するのははじめてですが楽しみです。 会場に入ると、映像コーナーにNASAのロゴ入りチェアが並んでいました。トム・サックスは、過去にもプラダのロゴを便器にプリントしたり、手作りの既製品と評される作品で有名です。この展覧会ではNASAのロゴをフィーチャーしているのでしょう。 「Pond Berm」手作りの池の中には立派な錦鯉が泳いでいました。 映像の内容は、トム・サックスが手作りの茶室や茶道具を使い、外国人女性を招いてお茶をt点てる、という一連の流れでした。工業用素材や日用品で自作された茶道具は、どこか無骨だけれどユーモラスです。しかもトム・サックス自身がふざけてやっているのではなく、真剣な表情と一挙一動に茶道へのリスペクトが感じられます。 「Tea House」外側はコンテナ風ですが、内部は和室でした。掛軸にカタカナが書かれているのがシュールです。ただ、茶道具が並んでいる棚の中心に、エネマグラ(前立腺マッサージ器具)が鎮座しているのはどうかなと思いましたが……。お茶菓子はオレオクッキーとか、泡立て器みたいなマシーンでお茶を点てるとか、ペッツのヨーダを飾っているとか、ところどころアメリカ感が出てきて、トム・サックスの愛国心も感じられます。 茶器のセット。横にはお茶の聖人っぽくヨーダが佇んでいます。やはり目を引くのはNASAのロゴ入り茶碗です。これまでに作った大量の茶碗が並んでいるのが目を引きました。コンテナを改造したような茶室、どこかの飛行機のトイレの流用らしきトイレ、バケツや様々な日用品を重ねて作った灯籠、綿棒と筒で構成された松の盆栽、ダンボールの石のオブジェなど。脱力感と完成度のバランスが絶妙です。NY出身のセンスに痺れました。 道具が配置された棚。茶道具を工業用素材や日用品で自作しています。マクドナルドのロゴとアメリカの国旗が配置された、母国への愛があふれる掛軸。トム・サックスについて興味が出てきて、駒込の「KOMAGOME1-14 cas」で開催された(5/14まで、現在終了)、「INDOCTRINATION CENTER」展にも伺いました。作品の雰囲気から、いい意味で適当でフランクな方なのかなと思いましたら……NYに大きなスタジオを構えて、かなりしっかりとしたルールで運営していました。展示会場には、実際のスタジオの作業台も設置されていました。多数の工具や素材が整理整頓されて、すぐ取り出せるようになっていて、それ自体が作品のような美しさです。世界で成功する人のポテンシャルを感じます。 駒込のギャラリーにて。トム・サックスのスタジオの美しい作業台。仕事ができる感が漂います。映像作品がいくつか流れる中、印象的だったのは「Ten Bullets」という、トム・サックスがアシスタントに課しているルールをまとめたもの。「このマニュアルに注意深く従えば、おそらく解雇されないであろう」とのことです。「Work to Code」(コードに従う)、「Sacred Space」(聖なる空間)、「Be on time」(時間を守る)、「Be Thorough」(丁寧であれ)、「I understand」(了解する)、「Keep a List」(リストを持つ)、「Always Be Knolling」(常に整理整頓を心がける)といったルールは、現代アーティストのアシスタントだけでなく全ての働く人にも有効だと感じました。 動画を見ながら「仕事に関係ない動きをしない」「他人の仕事に気を取られない」「相手がメッセージを受け取ったか確認する」「わからないときはわかりませんと言う」「自分のタスクに集中」「送信済みは受信済みではない」「優先順位のリストを持つ」といった細かい決まり事に耳が痛かったです。 全ておっしゃる通りです。こちらのスタジオは罰金制もあり、鍵をかけないで出かけたら20ドル、電灯やエアコンを夜中つけっぱなしにしたら5ドル、連絡なしに遅刻したら5ドル、メモを取り損なってタスクを忘れたら10ドルなど……。ハンドメイド風の作品と、システマチックなルールのギャップに驚きました。そして現代アートの展示でこんなに、仕事について学ばされたことはありません。アートギャラリーで、仕事の姿勢について感化された体験が新鮮でした。見に来た人がトム・サックスの仕事術で能率が上がって収入アップし、彼の作品やコラボ製品を買えるようになる、という流れが理想的です。「トム・サックス ティーセレモニー」 期間:~6月23日(日)時間:11:00~19:00 ※金・土は20:00まで(入場は閉館30分前まで)休館日:月曜日場所:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]東京都新宿区西新宿3丁目20−2 https://www.operacity.jp/ag/exh220/ >>#ムーミン展でトーベの強さと繊細さに触れる #42 >>スルタンのパワーをまとう #トルコの至宝 #41 >>江戸の奇想ヴァイブスを吸収 #奇想の系譜展 #40 >>脳内北斎をアップグレード! 新・北斎展 #39 >>ローマから渋谷まで廃墟化する諸行無常な展示「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」展 #38 >>格調が高すぎる「皇室ゆかりの美術」展 #37
  • 気付けば週3白コーデ。白の力は最強です。Marisol6月号、初夏のアラフォーには白の力が必要です! もうご覧になって頂けましたか? 爽やかさ、女らしさ、おしゃれ感。 すべてをこの色が叶えてくれる! 本当にそうですよね。 「白」を着たときのフレッシュ感、爽やかさ、女らしさは、気分を上げてくれます。 なるべく汚さないように気をつけるから自然と所作も丁寧になっているような。 レフ板効果も嬉しいです。 最近は気付けば週3、白コーデです。 友人とドライブの日 MICA&DEALのブラウス友人とランチの日。ZARAのBIG白シャツ仕事後の買い出しの日。spick&spanのリネンロングスカートどれも今年買ったものではないのですが、何年着ても私の中で飽きないのがこの白アイテム。(伸縮性、適度なハリがあって着心地が良い点も◎) 何年着ていても着るたびに気持ちが上がります。 そんな意味でも、白の力ってすごいなと実感しています。 ただ、白を着る上で気になるのは、やはり"汚れ"ですよね。 そこで、Marisol6月号に、気になるアイテムが載っています! 白の清潔感をキープするアイテム スタイリストが愛用する「シミ抜きの超名品」ザゥトマン‼︎ザゥトマン miniわたしも早速買ってみました! 食べこぼし、口紅、ファンデ、水性・油性汚れなど。 天然原料を使い、シルクからデニムまで幅広く使えるそうです。 このサイズ感、ポーチに入れておくだけで、出先でも、ささっと使えてかなり安心。また、何年も前から愛用しているのが「ウタマロせっけん」。 白を気楽に着たいから、 汚れたら落とせば良い!という感覚でこの石けんも頼りにしています。 この石けんに出会ってから、子供にも白の洋服を着せれるようになりました。 体操服の土汚れにも、頼りになるウタマロ石けん。これから来る梅雨の時期。 白の力を借りて、気分をあげていきたいと思います。 今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。美女組No.164 kanaのブログ
  • 今季はJマダムの味方となるワンピースが豊富! 大人をきれいに見せることに細部までこだわったエクラ御用達のJマダムブランドや、13人のスタイリストやエディター・ライターのおしゃれプロがリコメンドする雰囲気アップの1着、池田奈加子さん×富岡佳子さんがお届けする雰囲気出しワンピースなど、一気にお届け! お気に入りが何枚も見つかるはず。【1】Jマダム御用達ブランド定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」 すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。 ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」 白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。 ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン) 2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」 前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン 3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」 コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。 ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)柄の印象で視線を操るプリントワンピース。膨張して見えないダークカラーが豊富キャッチーさと上品さを兼ね備えた「VONDEL」 フレンチシックの流行で再び人気が高まるドット柄。さりげないフレンチスリーブが二の腕の存在感を薄めてくれる。アシンメトリーなすそが歩くたびに美しい残像を残す。 ワンピース¥46,000/FUN Inc.(フォンデル) ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥49,500・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥120,000/ドゥロワー 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥156,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人に似合うかわいげデザインが見つかる「SACRA」 かわいげな小花柄は黒ベースの配色で大人っぽく。共布ベルトと内側に配したドローストリングでウエストをシェイプさせれば、メリハリのあるフェミニンなシルエットに。花柄一枚だと甘すぎるという人は辛口なジャケットを肩はおりして、露出した二の腕も自然にカバーしたい。 ワンピース(ベルトつき)¥36,000/インターリブ(サクラ)すっきりとミニマムなデザインが得意な「AURALEE」 コントラストが控えめなグレンチェックのワンピースは、きちんと感と女らしさが見事に融合。ボディラインを拾わない余裕のあるシルエットと、アームホールが大きくあいたデザインは、黒いベアトップなどダークカラーのインナーを仕込むことでわきが見えてもすっきりと締まって見える。 ワンピース(ベルトつき)¥46,000/オーラリーハンサムで女らしい二面性が評判「LE PHIL」 前身頃に使用したストライプ柄の縦長の視覚効果によって全体をスレンダーに、また後ろ身頃にあしらった異素材の落ち感プリーツが、背中からヒップまわりの肉感をふんわりカバー。襟ぐり浅めのフロントデザインはきちんと感を演出しつつ、後ろはきれいめフェミニンといった二面性を楽しめるのもいい。 ワンピース¥29,000/ル フィル体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ) 3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)大人の遊び心をリュクスに取り入れた 「BLAMINK」 鮮やかなイエローにうっすらとストライプ柄が施されたラップドレスは、ノースリーブながら生地が二の腕に斜めにかぶるデザインで、腕全体をほっそり見せてくれる視覚効果あり。イレギュラーヘムの立体感が抜群に華やかなムードを演出。 ワンピース¥120,000/ブラミンク ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥63,000(タプレイ)/以上エスケーパーズ バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥71,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人が似合うかわいげカラーならここ「MARIHA」 きれい色初心者は原色よりも肌なじみのいいニュアンス系が正解。上品なライラックを引き立てるすそ広がりなシンプルシルエットは、おなかまわりがゆったりしたリラクシングな着心地。深すぎず浅すぎない絶妙なあき具合のVネックと、狭めのアームホールはインナーなしでもOK。 ワンピース¥28,000/ショールーム セッション(マリハ)繊細な色出しと上質素材にこだわる「ebure」 デイリーだけでなくオケージョンにも活躍する、エレガントさ抜群のブルーグレー。繊細なレースとウエストにあしらったリボンベルトが女らしさをいっそう高めて。ウエストにたっぷりとったギャザーがつくり出す上半身の膨らみとスカートの美しいドレープが、歩くたびにラグジュアリーに揺れる。 ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure大胆な大人の色使いが得意な「BLUEBIRD BOULEVARD」 少ししわ感のあるヴィンテージライクなリネンを使用した深みと落ち着きのあるトーンなら、面積が広いワンピースでも華やかな色に挑戦しやすい。ウエストよりも少し高めの位置についたベルトと、ボリュームたっぷりなフレアシルエットが脚長効果をさらに高めてくれる。 ワンピース(ベルトつき)¥39,000/WEST(ブルーバード ブルバード)【2】おしゃれプロが本当に着たい! マイベストワンピース大人の思いを受け止めるミニマムでモダンな自信作森 慶子さん推薦 時代性と着心地に配慮したシンプルシックな一着を自ら手がけた森さん。「少しモダンに着こなしたくて、ゆるやかに広がるAラインをフルレングスに近いロング丈に。スーツ用に開発されたハイクオリティな素材なので着心地も◎」。仕事にもおすすめ。 ★ベルトつきワンピース¥24,000/エクラプレミアム通販(森慶子×エクラ) ネックレス¥30,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥22,000/アルファPR(アエタ) 靴¥23,000/オカイユ(ボールページ)撮影で富岡さんが着用した姿を見て即、購入決定!副編U推薦 「5月号の撮影で、富岡さんがこのワンピースを着用して撮影する現場に立ち会い、ひと目惚れ。昔から好きなブルー系ストライプのシャツ地のさわやかさもさることながら、ふわっと風をはらんだシルエットで雰囲気が出せるなと思って!(笑)」。二の腕や肘が隠れるデザインスリーブは大人に優しいデザイン。はおりいらずで着られるのもうれしい。 ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド)ミズイロインドはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>大好きなシャツワンピースこそ今どき感を重要視大野智子さん推薦 シャツワンピース好きの大野さん。撮影で出会ったリトを即、購入。「一枚で着ても様になるし、暑い夏にだらしなく見えないことも大切な条件。この手のワンピースは、お気に入りを見つけたら毎シーズン買い足しています。スニーカーやかごバッグを合わせてデイリーに着たいです」。大人に寄り添う白は、ゆったり着られるデザインがマスト。 ワンピース¥39,000/ザ・ウォール ショールーム(リト)夏の悩み、ラフすぎ&もの足りなさに “着映え感”を添えるお気に入り福田亜矢子さん推薦 福田さんがディレクターを務めるノーク。「着ていてとにかくラクちん。リネンで雰囲気のあるマキシ丈が気に入ってます。ペタンコサンダルでドレスダウンが今の気分」。 ワンピース¥14,000/ノーク サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥19,000・バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500(アソース メレ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店 靴¥69,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)ありそうでなかった!脱・コンサバなレース松井陽子さん推薦 目をひくのは、シルバーグレージュの美しい色と静謐(せいひつ)なコットンレースの表情。異なる2種類のレースを使ったノースリーブは、ギャザーたっぷりの甘めデザインながら洗練された雰囲気。「ともするとコンサバになりそうなレースを、さりげない大人のワンピースに仕上げたところが素敵。あえてスポーティなサンダルやバッグで着こなしたい!」。 ワンピース¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)凛とした麻素材に香るエレガンスに心惹かれて編集長O推薦 女らしさとほどよい華があるワンピースが好みの編集長。「今年はリネンにも惹かれて、こちらを購入。実用性抜群なのに、歩くとスリットから脚がさりげなく見えたり、ゆるやかに体に添ったシルエットがとにかくエレガント。ジュエリー映えしつつ、ペタンコのサンダルでも様になる。この懐の深さが一番の魅力かもしれませんね」。ベルトなしで着用しても。 共布ベルトつきワンピース¥58,000/ebureレギンスとの重ね着でほんのりエスニックをきれいめ仕上げ徳原文子さん推薦 「今どきでいつ、誰に会っても好印象を与えられる一枚です」。素材はコットン。 シャツワンピース¥36,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(フィータ) レギンス¥12,000/サードマガジン ピアス¥55,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン 7285) バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>今シーズンこそワンピース感覚のオールインワンに挑戦編集S推薦 数々のブランドから登場するオールインワンを見てマイベスト探しにスイッチが。「以前ステラ・マッカートニーが着ていたクールでモードな姿にひと目惚れ。カジュアルなワーク見えを避けたいので、柔らかな素材を探していて出会った一枚です。とろみ素材のネイビーが私好み。ヌーディなサンダルに大ぶりのピアスやバングルを合わせたい!」。 オールインワン¥39,000/エッセン.ロートレアモン洗練エスニック柄なら大人かわいい着こなしができる坪田あさみさん推薦 「プリントワンピースは、一歩間違えるとおばさんっぽく見えると警戒していたのですが、これは別格。土くささを抑えた洗練されたプリントが気に入りました。休日のショッピングに、ブルゾンやダッドスニーカーを合わせて楽しむ予定」。シフォンの透け感で軽やかに着られるマキシだから、タンクトップとデニムにはおっても。 ワンピース¥88,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)シルクのとろみ感でシャツワンピースを大人モードに池田奈加子さん推薦 シャツワンピース好きの池田さん。「カジュアルな素材が多い中、シルクの黒はまさに私好み。はおりとしても使えるので季節をまたいで楽しめるのも魅力です」。 シャツワンピース¥29,000/サードマガジン イヤリング¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)仕事にもきちんとした席にも! 理想のワンピースに出会えました村山佳世子さん推薦 ボートネックにフレアスリーブのワンピースは、腰に飾りとしてのレザーベルトつき。「夏らしいかごバッグやサンダルも似合うし、首もとに小さなスカーフを巻いて、ワンピースと同じネイビーの靴とバッグを合わせてもいい。白小物なら少しモードにと、コーディネートがたくさん浮かぶところも気に入りました」。素材は張りのある綿麻。 ベルトつきワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(イル サンダロ オブ カプリ)イル サンダーロ オブ カプリはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>欲しいのは脱・無難な更新ワンピース宮崎桃代さん推薦 「大人がプリントを着るなら無地感覚のシックな柄を、となるけれど私の場合、着るなら大胆にいきたいし、変わり映えして見えるのが目標。チューリップ柄ですが、大きな柄使いと潔い配色だから、小気味よく着られそう。リゾートとはひと味違う、街ならではのプリントを選びました」。とろみ素材、Vネックのカシュクールデザイン。 ワンピース¥59,000/トゥモローランド(ナンバーシックス)慣れ親しんだシルエットを等身大仕様に更新編集M推薦 「いつもならベーシックカラーに手がのびるのに、展示会でこのライラック色にひと目惚れ。若いころ着ていたフィット&フレアですが、大人も安心して着られる丈感や、ボディラインを強調しない落ち感のあるとろみ素材を使うなどの配慮に感激! 今の私も臆することなく着られそうです」。素材はトリアセテート×ポリウレタン。 ワンピース(6月展開予定)¥34,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)【3】池田奈加子さんが提案! 最愛の一枚異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかに マキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。 ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽく エターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。 ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーに ウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。 ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパンさりげなくも、意外性のあるデザインが新鮮 ほのかに透ける裏地がホルターネックのような仕立てになっていて、ラグランスリーブのように見えるデザイン。肩から袖にかけてボタンがあしらわれ、そのすき間から素肌が見える仕掛けに。シックな配色も効いて、凛とした女性らしさがかなう。 ワンピース¥55,000/サザビーリーグ(エキップモン) ピアス¥55,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) 靴¥100,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)ていねいな縫製が生む美しいたたずまいを堪能して 玉虫色のような輝きをはらむ絶妙カラーのワンピースは、上質な生地を2枚重ねた特別感が魅力。フロントのタックや、変化形のフレンチスリーブ、たっぷりとギャザーのとられたバックスタイルなど、こまやかでていねいな縫製が生む美しい仕掛けが、大人の女性を美しく引き立ててくれる。 ワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥22,000(ヴィオラドーロ)・靴¥33,000(チェンバー)/以上エストネーション撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)、金谷章平、坂根綾子、魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子、田澤美香、池田奈加子 モデル/ゆうき、富岡佳子 取材・文/坪田あさみ、向井真樹、松井陽子 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND