スポーツ観戦する日は、暖かくもおしゃれなフレアスカートスタイル【2019/2/10のコーデ】

@BAILA

弟が出場するアメフト観戦。重ね着して防寒対策はバッチリ

冬のスタジアムは冷えるから、ボーダーカットソーにカーディガン、内側にボアを備えたコートを着込んでスタジアムにGO! 思いっきり応援できるよう、足もとは楽ちんなバレエシューズをチョイス。景気づけ(?)に華やかなイエローのスカートをなびかせて。お願い、勝って!と真剣に祈ったからか、なんと弟のチームが圧勝♡ 私について回っていた弟があんなに活躍するなんて……なんだか感動して胸がいっぱい!

スカート¥20000/RHC ロンハーマン(RHC)  カーディガン¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) モッズコート¥22000/プラステ バッグ¥360000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ネックレス¥7778/アビステ 靴¥14000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)

【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里
丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。

明日のコーデ写真一覧へ>>

明日のおすすめ着回しアイテム

【イエローフレアスカート】
一枚で華やぐマスタードイエローは、アクセントカラーに最適。¥20000/RHC ロンハーマン(RHC) 
【ネイビーリブニットカーディガン】
一枚着、羽織りとフレキシブルに活躍。リブ編みの縦長効果でほっそり見えも。¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ)
【コンパクトボーダートップス】
前はクルーネック、後ろはVネック、どちらを前にしても着られる2way。コンパクトなサイズ感で女らしく。¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 
【フードつきモッズコート】
リュクス感のあるファーつきならラフすぎない。フードは取り外し可能。¥22000/プラステ

「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>


関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪

【関連商品】ketty cherie アンティークサテンプリーツスカート ¥5200(¥13000の60%オフ)+税
【関連商品】Le minor 七分袖ボーダー ¥11,000+税

撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 

関連記事
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。なかでも、肉厚カットソー&とろみ素材のワンピースなら、体のラインを拾わずに抜け感あるスタイルがつくれます! 素材と細部のディティールにまでこだわった一枚を、厳選してご紹介。体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • トーガが、高品質なシューズ作りで知られるスイコックとのコラボレーションサンダルを2019年5月24日(金)より復刻発売する。このコラボレーションサンダルは2016年に発表され、反響を呼んだ人気モデル。スイコックの定番である、軽さと耐久性があるヴィブラムソールを搭載した“DEPA-V2”をベースに、トーガオリジナルのウェスタンメタルとビビッドカラーのベルトを組み合わせたデザインとなっている。 サンダル(ソール 3cm)¥32,000 ※ホワイト/TOGA 原宿店(トーガ × スイコック)柔軟な踏み心地に、反発性も兼ね備えた仕上がりは、最高の履き心地を追求するスイコックならでは。また、スポーティなナイロンのベルトにあえてレザーを組み合わせた、独特のコントラストも魅力だ。同アイテムはトーガ各直営店、伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイルおよびRay BEAMS(レイ ビームス)各取扱い店舗にて限定発売。ユニセックスでの展開となるので、カップルで愛用するのもおすすめだ。 サンダル(ソール 3cm)¥32,000 ※ブラック/TOGA 原宿店(トーガ × スイコック)TOGA 原宿店 http://www.toga.jp03-6419-8136 text: Fuyuko Tsuji
  • ワンピースを華やかなオフィススタイルに変えてくれるフラット靴をご紹介。「きかせ色」や「透け素材」、「メタリック」などのひとクセあるデザインを選んで、お堅くなりがちなワンピースを今っぽく着こなそう!温かみのあるオレンジもブラウニージュカラーと好相性。メタリックプチヒールが心憎い。(2)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)可愛げを足すならラベンダー。スクエアトゥが旬。(1.7)¥22000/メイデン・カンパニー(ファビオ ルスコーニ)シャープさ引き立つブルーのポインテッド。スリングバックにも注目。(1.5)¥19000/ルーニィ肌なじみのいいグレージュはオフィス映えも必至。チュール使いで新鮮な空気を。(2)¥19000/伊勢丹新宿店(エヌティ)シャープな黒を引き立てるPVC素材。小ドットで小粋に。(1)¥14000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)遊び心のあるチェックチュールもほのかな透けで浮かずに華やぐ。スリングバックも軽快に。(1.2)¥13000/ロペピンクみを帯びたゴールドがどこかやさしく女らしい。(1.3)¥22000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)シンプルフォルムときゃしゃなストラップでシルバーを品よく。(1)¥49000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ)引き締め役にもなるブロンズ。パンチング素材が重さを払拭し、軽やかな揺れ感ワンピースと相性抜群。(1.5)¥12000/マドラス(モデロ)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 スタイリスト/小川ゆう子 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • 洗濯機洗いOK、接触冷感など機能性も◎ 昨年も好評だった、HusHusH×福田麻琴さんのコラボアイテムが今年も登場しました。   HusHusH×MAKOTO FUKUDA 「暑い夏も、自分らしくファッションを楽しむ」 スタイリスト 福田麻琴さんとのコラボアイテムができました。   -暑い夏も、自分らしく毎日を楽しんでほしい- 涼しく快適に、だけどおしゃれやきちんと感は大切にしたい。 さらに着やせて、着回せる! なんて、「素敵なアイテムがあったらいいな」の気持ちから 夏の毎日をちょっと楽しくするアイテムを、スタイリスト 福田麻琴さんと作りました。 夏のおしゃれが、もっと楽しく、毎日がふふふっと笑顔になりますように!   -MAKOTO’S POINT- 01 洗える 02 涼しい 03 着回せる 04 着やせる 05 ちょっとトレンド この5つのポイントベースに考えました HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】スーピマコットンTシャツ/¥2,590+税 HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】テーパードパンツ/¥3,990+税     色や素材、シルエット、さらに着回しやすさなどを考え、一つ一つフィッティング 色の組み合わせでもまったく違った印象が作れるコラボアイテムが完成 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら     夏のファッションを楽しもう -ENJOY FASHION IN SUMMER-   希少なスーピマコットンを使用したTシャツ HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】スーピマコットンTシャツ/¥2,590+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   細身え・着やせ見えができる しぼみ感のある素材を使ったリラックスムードのシャツワンピース HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】シャツワンピース/¥4,390+税  福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   ストレッチ&ウエスト後ろ側はゴムなので気負わずはけるラクチン仕様のパンツ HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】テーパードパンツ/¥3,990+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   接触冷感で涼しくて気持ちいい+きちんと見えのセットアップスタイル HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】リボン付プルオーバー/¥3,390+税 HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】ワイドパンツ/¥3,990+税   同じシリーズのシャツブラウス&スカートのコーディネート ネイビーで上品にすっきり HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】シャツブラウス/¥3,590+税 HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】フィッシュテールスカート/¥4,390+税   リボン付プルオーバーを手持ちのパンツで着回し カジュアルになりすぎない、ほどよいきちんと見えが叶うデニムコーデ HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】リボン付プルオーバー/¥3,390+税 HusHusH(Kids) /【福田麻琴さんコラボ】ボタン付トップス(100-140cm)/¥2,590+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら   二の腕カバーもばっちり 楽ちんなのにきれいに見えるワンピースは夏のマストアイテム HusHusH/【福田麻琴さんコラボ】ワンピース/¥4,990+税 福田さん着回しスタイルページはこちら コラボアイテム一覧ページはこちら     いかがでしたか? この夏のおしゃれが楽しめる素敵なアイテムが満載です。 着回しや機能性は十分なのに、お財布にもやさしいプライスなのも嬉しいですね。 小さなお子さんがいらっしゃるママは、親子リンクコーデもおすすめです。 いつも同じコーディネートになってしまう・・・ なんて悩みからも開放される、素敵な着回しスタイルを掲載してますので、 福田さん着回しスタイルページをぜひチェックしてくださいね!    
  • いよいよ梅雨が近づいてきましたね、最近はスッキリ晴れない日が多く湿度も上がり始めました。こんな季節に求めたい洋服は、見た目おしゃれと快適な着心地。ここで紹介するMOREオリジナルブランド「フラワーデイズ」の新作アイテムは、そんな悩みを同時に叶えて尚且つコスパも求めた贅沢度MAXの優れもの。これらアイテムを揃えて不快な梅雨を乗り越えていきましょう♪   ◆シンプルで女性らしいフォルムがオンオフ問わずコーデに活躍◆ Flower Days/とろみフレンチスリーブブラウス/¥4,900+税 生地は微光沢のあるとろみ素材を使用。適度な落ち感や品のある光沢が特徴で、女性らしいカラダがキレイに見えるフォルムにこだわっています。1枚で着ても透け感の心配は全くなく、洗濯機で洗ってもシワになりにくく、おしゃれで実用的なブラウス♪   デザインポイントである開襟仕様の胸元やフェミニンなシルエットを生み出す肩のタック使いなど、シンプルで飽きのこない女性らしいディテール。   カラーはグリーンとパープルの2色。スカートなどに合わせてキレイめに、デニムと合わせてカジュアルライクにとオンオフ問わず着回せます。   ◆昨年の夏大ヒットした2WAYワンピースが今年風にアレンジ◆ Flower Days/2WAY花柄プリントワンピース/¥6,900+税 昨年の夏も大ヒットした2WAYワンピースが今年風にアレンジを加えて進化しました。柄はレトロな雰囲気でちょっぴりヴィンテージライクな落ち着いた花柄をチョイス。2WAYにする着方は簡単で内掛けボタンと表ボタンを留めればカシュクールワンピース、ボタンを全開にすれば羽織りアイテムに様変わり。1枚で二度おいしいまさに万能ワンピース。   ワンピース仕様でのポイントはこのVネック。カシュクールデザインのため衿元から少し深めに取ることでキレイなVラインを作り上げ、スッキリとしたとても女性らしい印象になります。   サイド・バックから見たときのシルエットにもこだわり、前後差を付けることで着流したシルエットがとてもキレイ。ウエストゴムも高めの位置で設定しているので脚長効果も期待大。サイドにはポケットも付いているため携帯なども入れられ、自宅でのお洗濯もOK。デザインだけではなくケアも充実しているのが嬉しい♪   いかがでしたか?? この他にも『フラワーデイズ』のサイトでは、この夏着回したいアイテムが絶賛販売中です!是非チェックしてみてください♪        
  • こんにちは、海野尾です 先日Triumph 2019AW展示会へ行ってきました 100年以上の歴史がある会社、トリンプ入り口は、美術館のような作りに…! トリンプは1886年にドイツで設立された 歴史あるブランド。 ガラスの中に飾られていたのは100年以上 前に作られたコルセットでした この時代はまだブラジャーなどなく、 ウエストを細く閉めるのが主流だったようです。 ずらりと並ぶ絵はブラジャーの歴史! いま海外中心に流行っている ブラレットのような形も見られ、 洋服と同じでランジェリーのトレンドも 繰り返されるんだなぁと思いました!大きなステージには…♡ 会場内にに大きく設置されてるステージ! よく見るとマネキンの中に本物のモデルさんが 春に引き続きライラックカラーはトレンドカラーの ようで差し色に使われていました モデルさんも着用しているガードルは ヒップアップ効果が得られるのはもちろん デザイン性にも優れているのでオシャレ♡ 最近タイトシルエットのスカートが多いので 一つは欲しいアイテムですよね 日本発信のブラジャー、「天使のブラ」は 25周年とのこと❣️ 秋冬らしいボルドー色が綺麗でした 働く30代に向けたランジェリー♡わたしが最も注目してるブランドは 「VALISERE」! 働く30代に向けたブランドなので BAILA世代にもぴったりです! 飾りすぎない、洗練されたデザインがツボ 繊細なレースやシルク使いが上品で うっとりでした…♡ こういうランジェリーが似合う大人に なりたいものです☺️ 今年はマネキンが着ているような三角ブラのタイプや ストラップが太いデザインがトレンドなんです❣️ 洋服から見えてもいやらしくない デザインもポイント✨ 下着はインナーアイテムですが せっかく毎日つけるならファッションの 一環として楽しみたいですよね❣️ そんな気分の時にぴったりなブランドです ファッショナブルなスポーツブラ!実はトリンプからスポーツラインも 出ているの知っていました?? 「Triaction」という今ヨーロッパで 話題のブランドです❣️ スポーツ用とは思えない可愛いデザインと 下着メーカーならではの機能性が 兼ね揃えられています。 最近ジムに通い始めてウエアを集めてる 最中なのでほしくなっちゃいました 楽チンが売りのSloggi!!そして今話題の楽チンブラ、「スロギー」❣️ なんとも大胆なディスプレイが目を惹きますね 秋冬はニット素材も出ていて あったかさはもちろん、 見た目もすごく可愛かったです〜 そしてスロギーから昨年誕生したプレミアムライン、「S by Sloggy」も大注目❣️❣️ ヨーロッパ発の洗練されたデザインはそのまま、 日本人女性の繊細な着ごこちへのこだわりを意識し、 日本人の体形に合うようなフィッティングで 製品化しているようです✨ シンプルながらも女性らしいデザインに加え、 色も可愛い… 秋冬コレクションが今から楽しみに なるような展示会でした❣️ 下着って毎日つけるものだからこそ 自分が本当に気に入ったものを みにつけたいですよね みなさんもTriumph是非チェックしてみてください ☆Instagramはこちらから→→スーパーバイラーズ 海野尾美紀のブログ
  • Tシャツ、パンツ、シャツ、小物。“ザ・定番色”のネイビーも、スタイリスト村山佳世子の手にかかると、驚くほど新しい! スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」■ネイビーのTシャツ <実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのパンツ<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのシャツ <素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)■ネイビーの小物 <小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
  • それ「抜け感」?それとも「露出」?40歳過ぎたら気をつけたい「肌の見せ方」とはこんにちは、らんです。 2004年頃でしょうか。当時働いていた欧州の航空会社の同期が突然結婚しました。出会いから結婚式までわずか半年。 その彼女が結婚するために何をしたか。 ある本を読んで実践したと言うのです。 当時同期の間で話題になっていた「理想の男性と結婚んするための35の法則」  以前ブログに書いたのですが、当時、風水を勉強していて、結婚を意識して風水で家づくりをしていました。  そこで、渡りに船!と思い、すぐにこの本を買いに走りました。  なるほどーと思いながらも、なかなか実践する機会に恵まれずにいた時、今の夫と出会いましたが、始めは関心がなかったので中途半端に対応していました。  ところが、その中途半端こそがまさに、この本の教えの実践だったのです。  初デートから3日目にプロポーズされ、半年後には結婚式をしていました。 この本の教えは、ざっくりと要約すると、 「相手に関心を持ってもらうためには、こちらのことを全て見せるな」 というものです。  結婚15年目になりましたが、「夫と結婚してよかったな」と思います(*^_^*)   見せるな、といえば、肌。 結婚した当時は20代後半。    当時は肌にも張りがあり、どんな色のどんな形の洋服も、あまり抵抗なく着ていました。たぶん、客観的にも違和感はなかったと思います。  いつからでしょうか。  膝小僧を出すことに抵抗を覚えるようになったのは。  服のサイズは変わらなくても、形が似合わない、肌見せがイタイ、と、少しずつ手持ち服に違和感を感じるようになってきたのです。  結果、40歳を過ぎてから、自分で絶対に「見せすぎない」と決めているパーツ。 それは、肩、足、胸元です。  40歳過ぎてそれらのパーツを出し過ぎると「抜け感」ではなく、ただの「露出」になってしまいます。  肩こちらは〇 二の腕を出すときは、しっかり首元が締まったものを着ればいやらしさが出ませんベアトップは✖ 首、肩、二の腕全て出すとただの「露出」になってしまいます。 足長めスカートにスリットは〇 上品に抜け感を出せます 40代は弛んだ膝を隠せる丈感で膝が全部見える丈のスカートは✖ 大人が膝を見せるといやらしさが出ます 胸元わかりにくいですがこちらは〇胸元はあまり出さず襟を抜きますここまで開けるのは✖ 下品になります 見せすぎが許されるのは30代までだと、個人的には思います。  顔と肌感が、露出に適応できなくなるように思うのです。あまり肌を出しすぎると「露出の多いおばさん」と周囲の目には写ります。でも、全く肌を見せないと、それはそれで「完全防備の日焼けしたくないおばさん」と思われるので、3首(首、手首、足首)はちゃんと出して『抜け感』を確保するとコーデも垢抜けます。 以前も書きましたが、「自己を客観視」して、今の自分、に似合うもの着ることが大切だと考えています。 「抜け感」と「露出」 間違えないようにしたいですね。 そして今年、抜け感をコントロールするのに重宝しているのがミュールです。今年大活躍のお気に入りのミュールたち  全体的に肌の露出度が多めだな、と感じさせる春夏のコーデを足元で調整します。つま先の出るサンダルの代わりにミュールを履くと下品にならずエレガントにまとまります。  靴、バッグなども含め、全身でコーデの抜け感を調整をできると「おしゃれな人」です! 夏素材の帽子、白系小物、サングラスなども抜け感作りに一役買ってくれますよ。  真夏のような気温が続いていますので、どうぞ熱中症などにならないよう、皆さまご留意くださいね^ - ^美女組No.151 らんのブログ
関連キーワード

RECOMMEND