マリア・ブラック×辻直子さん×ユナイテッドアローズのコラボジュエリー登場

@BAILA

BAILA編集部スタッフはもちろん、おしゃれプロの間でも大人気のジュエリーブランド<MARIA BLACK(マリア・ブラック)>から、見逃せない情報が到着。

デンマーク発<MARIA BLACK(マリア・ブラック)>とスタイリスト辻直子さんと、人気セレクトショップのUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)のトリプルコラボレーションコレクション全9型が、2019年2月15日(金)から発売決定!

同日から、このコラボレーションコレクションのほか、MARIA BLACKの世界観を満喫できるバリエ豊かなラインナップを揃えた期間限定販売会も開催される。

今回のコラボレーションアイテムは、マリア・ブラック2019SSシーズン<A PUASE(ポーズ)>コレクションのテーマ『めまぐるしく変化する世の中で、一度立ち止まり自身を見つめ直す時間の必要性』に辻直子さんが共感して、実現したものだそう。

「立ち止まって自身を見つめなおす必要性」。なんだか心に響くテーマで気になりますね。

この<A PUASE>コレクションをベースに、スタイリストならではの視点でアレンジを加えた特別なモデルとなっているというから、自分にとって大切にできる一品に出会うチャンス♡ ぜひチェックしてみて。

【辻直子さん 在店イベントも!】
コラボレーションコレクションの発売を記念して、辻直子さん在店イベントを開催します。
下記日程・店舗にてジュエリー選びのアドバイスをくださいます。

2月15日(金) 18:00~20:00 ユナイテッドアローズ△丸の内店

ユナイテッドアローズ 丸の内店はこちら


※期間中、MARIA BLACK コラボレーションコレクションをお買い上げのお客様に、先着でトートバッグのノベルティも!(数量限定のため、無くなり次第終了)

【MARIA BLACK(マリア・ブラック) コラボレーションコレクション スペシャルサイト】はこちら


【期間限定販売会】 
2月15日~3月6日 : UNITED ARROWS 原宿本店/ 丸の内店/ 新宿店/ 横浜店/ UNITED ARROWS ONLINE STORE
3月12日~3月31日:名古屋駅店/ 神戸大丸ウィメンズストア/ 福岡店/ 広島店/UNITED ARROWS ONLINE STORE

関連記事
  • 「日本で初めてのことしたいです」ロマのリクエストで釣り堀に。ビギナーズラックで池の主が釣れちゃう!?職場にきた新しい講師ロマは、弟みたいに人なつっこい。マニアックなチョイスに笑いつつ、スポーティなボーダー&デニムでおつきあい。定番スタイルも、今期らしいアースカラーのマウンテンパーカをはおると新鮮なムードに。足元はハイテクスニーカーで抜け感を。釣り経験者の彼氏にも来てもらって3人で釣り堀を楽しんでいたけれど、ロマの意外な釣果に一緒に行った彼がなんだかご機嫌斜め……。(絵美里)トップス¥13000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ) ピアス¥27000/ビームス ハウス 丸の内(グリン) スカーフ¥11000/ スピック&スパン ルミネ有楽町店(オズマ) バッグ¥11000/アダム エ ロペ 靴¥12000/アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) (ロマ)カットソー¥14000・コート ¥59000/エイトン青山 パンツ¥14000/ヘリーハンセン原宿店(ヘリーハンセン) ニット帽¥6000/カシラ ショールーム(カシラ) 靴¥6300/シップス 渋谷店(スペルガ×シップス ジェットブルー)  時計¥17000/ウエニ貿易(ヘンリー ロンドン) ウエストポーチ¥12000/フェイス(キルナ) 靴下/私物【今月のPROFILE】フランス語学校のコーディネーター・絵美里 フランス文化センターのスクールコーディネーター。講座やイベントの企画運営、講師のアテンドなどで多忙な日々。彼氏とはつきあって3年目、そろそろ結婚も意識。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着映えトップス】肌見せボーダーバックがVあきで、ヘルシーな肌見せができる! ¥13000/ジャーナル スタンダード  レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ)【薄はおり】しゃかしゃかアウターギャザー入りのマウンテンパーカ。今っぽいスポーティMIXも簡単。アースカラーで旬度高く。¥36000/フラッパーズ(ティッカ)【春のシンプルワードローブ】インディゴデニムどこか上品で可愛げのあるハイウエストデニム。¥17000/UTS PR(ジェーン スミス)「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】FABRIQUE en planete terre 長袖ボーダーカットソー ¥6,900+税【関連商品】RED CARD Anniversary Highrise ¥19,000+税撮撮影/森脇裕介(絵美里)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈roraima〉 スタイリスト/大平典子  モデル/絵美里、ロマ・トニオロ 取材/久保田梓美 文/衛藤理絵
  • 内側から潤っているようなつやが欲しい! 横顔をきれいにするポイントは? 30代のバイラ世代のお悩みをヘア&メイクの小田切ヒロさんに解決してもらいます。 教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん 芯のある知的な美しさを引き立てる骨格メイクと、パワーワードが炸裂する独自の美容哲学で「顔だけでなく人生まで変わった」と大人気! 小田切さんが返信。30歳のメイクお悩みQ&AQ 横顔をきれいにするポイントは? A 自分の頑張りで変えられるのは、フェイスライン。マッサージでよどみを流す習慣をつけて。すぐに効くのは、ローライト。輪郭に一直線にシュッと入れて、内側にぼかして。自然になじんでサラサラに仕上がる、FIVEISM×THREEのシェーディングがマストハブ。 自然になじんでサラッと決まる、ユニセックスブランドのシェーディングがイチ押し。コントゥア バー 04 ¥5200/FIVEISM×THREEQ テカリに見えないつや肌のポイントは? 内側から潤っているようなつやが欲しい A パールのつやではなく、潤いのつやに見えるものをベースの時点で仕込んでおくと、テカリと一線を画した仕上がりに。ぬれたようなフレッシュなつやならシャネルのボーム エサンシエル、スキンケアを頑張ったときのようなナチュラルなつやならMiMCがパーフェクト。 (右から)丁寧にスキンケアをしたような、なめらかなつやを仕込むならコレ。MiMC エッセンスハーブバームクリーム 8g ¥3800/MiMC 繊細な輝きとぬれたようなつやで、透明感まで引き上げる。ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5500/シャネルQ シミ、ソバカス、クマ、毛穴。隠すと隠さないの度合いがわからない A 2㎜以上のシミ・ソバカスは消す。それより小さいものはうっすら透けさせたほうが雰囲気が出て、おしゃれ。クマは下まぶたから2㎜は天然シャドウとして生かし、それより下をコンシーラーで補正して。毛穴は、迷わず一掃! 優秀な毛穴下地を味方につけて。 毛穴の凹凸を補正し、なめらかなテカリ知らずの肌に。ミスター・マット・スティック 5.5g ¥5400/パルファム ジバンシイQ アイラインが目の下ににじむ A フェイスパウダーが足りてないだけ。目の下の肌表面に油分が残っていると、マスカラやアイライナーがにじむ原因に。目の下にパウダーを仕込めば解決します。目の下を明るくすると不自然になるので、標準色で! 極薄膜でパンダ目を防止。肌になじむこの色がベスト。NARS ソフトベルベットプレストパウダー 1458¥5000/ナーズ ジャパン撮影/尾身沙紀〈io〉(人)、富田 恵(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/古田千晶 モデル/比留川游 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年4月号掲載
  • ラデュレではイースターに合わせて、2019年4月23日(火)までの期間、パリを舞台に活躍する日本人パティシエ、吉田守秀とのコラボレーションによる限定コレクションを販売。 「タルトレット・ショコラ・サクラ・マッチャ」1個 ¥980 2019年4月23日(火)まで、青山店、銀座店、日本橋店、新宿店、横浜店にて販売今回ラデュレがコラボレーション相手として選んだ吉田守秀は、パリで2013年にオープンしたパティスリー「MORI YOSHIDA」のオーナーシェフとして、スイーツ好きにはお馴染みの存在。メゾン・ラデュレが誇る素晴らしい伝統と新しい才能を調和させたいと願うラデュレ社長のダヴィッド・オルデーは、日本人の感性を通してフランス菓子の伝統を再解釈する吉田のアプローチに共感したのだという。 限定マカロン「ショコラ・ユズ」1個 ¥281 2019年4月23日(火)まで、ラデュレ全店(青山店、銀座店、日本橋店、新宿店、横浜店、羽田店)にて販売。オンラインブティックで販売する一部マカロンボックス(「ラデュレ・ア・ラ・フォリ」「トリアノン」)にも季節限定フレーバーとして採用ラデュレ社長のダヴィッド・オルデー(右)が惚れ込んだ「MORI YOSHIDA」の吉田守秀(左)。今回のコラボは日本だけでなく本国でも展開。「タルトレット・ショコラ・サクラ・マッチャ」は、チョコレート風味の生地と、サクッとしたアーモンドとヘーゼルナッツのプラリネのフィユティーヌ(薄い生地)の上に、抹茶のガナッシュと桜風味のムースを重ねたもの。一方、限定マカロン「ショコラ・ユズ」は、2つのマカロン・コックの間に、 柚子の香りのホワイトチョコレートのガナッシュを挟んだ、爽やかな仕上がりとなっている。今だけ楽しめる豪華すぎるコラボレーション、食べ逃しのなきよう、早めに足を運んで。 ラデュレ カスタマーサービス03-4578-0846(平日10:00〜18:00/土曜・日曜・祝日は休業)https://www.laduree.jp/text : Shiyo Yamashita
  • 今日は私の大好きなイラストレーターのyasunaさんを紹介します!!yasunaさんのイラストyasunaさんのイラストyasunaさんのイラスト他の画像を見る2019年3月22日(金)〜24日(日) JR原宿駅竹下口徒歩5分「レンタルスペース さくら」で開催されている"Apartment"というクリエーターポップアップイベントに行ってきました❤︎私のお目当は若い女性に大人気のイラストレーターyasunaさんの展示コーナー!! yasunaさんの展示会は今回でなんと、、3回目!! 私のことも覚えてくださってて嬉しかった(^^)展示会の様子展示会の様子展示会の様子LINEのアイコンだったり、待ち受け画像だったり透明のiPhoneケースを買って中にステッカーをいれたり、本当にyasunaさんの描くもの全てが好きなんです!!前回の展示会での購入品今回私が購入したものはこれ!! ポーチと、ステッカーとポストカード!! やっぱり人気なものはもう売り切れてた(T ^ T)他にも3,500円で似顔絵も描いてくださったり、iPhoneケースが売っていたり、もちろんyasunaさんとお話しすることもできます!! あっ!!あと購入したものに名前を入れてもらえます!! 今回の購入品人気クリエーターさんも!!yasunaさんの他にもハンドメイドアクセサリーの+mm(アミドリ)さんや、フォトグラファーのユウさん、大阪中心に人気の古着屋SPIAの北風明日香さんなど有名なクリエーターさんもいてとても良い時間が過ごせました!!このイベント明日までなので時間のある方がいたらぜひ原宿へ!!! また、3月1日〜4月26日まで新宿ルミネエスト8Fのラウンジで「花さそふ」展もやっていてyasunaさんのイラストも見ることができるので是非行ってみてください❤︎以上智子でした! 読んでくれてありがとうございました❤︎よかったらInstagramフォローお願いします❤︎ yasunaさんのinstagramも是非可愛いイラストいっぱいあるのでみてください❤︎Instagramyasunaさんのinstagramカワイイ選抜 No.83 森部智子のブログ
  • 小さいころはなんだか煙に巻かれて納得がいかなかった「よそはよそ、うちはうち」。実は今の世の中の生きづらさをラクにする魔法の言葉だということが判明! この「よそうち」哲学が今必要とされる理由を、関西出身の有識者二人に聞きました!関西マインドに詳しい2人に聞いた!「よそうち」哲学6“よそはよそ、うちはうち”にいたるまでの考え方が大切なんですね。たとえばブランド品をたくさん持っている人がいたら、“いいなぁ”ではなく“あんなにジャラジャラつけとったら肩が凝るやろな”と考えるんです。これはカウンセリングでは“リフレーミング”と呼ばれているもの。違う枠組みでものごとをとらえ、自分にとってポジティブな面を見つけるんです。大阪のおばちゃんはこれがとてもうまい。(精神科医 名越康文さん) “幸せ”の尺度は、世間的にはお金や恋人の有無で判断されてしまう面があります。つい人と比べてしまいがちなんです。一方で“楽しさ”は、今おいしいものを食べているとか、テレビが面白いとか、目の前にあるもので、一人で満たせる気持ちです。大阪のおばちゃんは"楽しさ”で生きているんですよ。大阪のおばちゃんに“今幸せですか?”なんて杓子定規に聞いても、“どうやろなあ”と笑われる気がします。(精神科医 名越康文さん) 人と比べてしまうのは、“あの人が持っているものを、私は持っていない”という思いからきていますよね。でも大阪のおばちゃんは“これいくらやと思う? 100円やで!”と、自分が持っているものの安さを自慢する。マウントが自由なんですよ(笑)。さらに、うらやましいと思ってしまう相手に対しても“いつまでもいいことは続かへんで”と、サッと切り返すこともできます。(精神科医 名越康文さん) 関西の方って“オチは?”っていうじゃないですか。あれはつまり、起承転結を求めているんですね。幸せそうな“結”の部分だけを見ても、“しんどいことも乗り越えてんねんやろうな”とストーリーを考えられる。もし意地悪な人と出会っても“この人なんでこんなに性格悪くなったんやろか”と、考える。ひとつの事象を“女の人生”の一部として見られるから、細かく比べたりしないのかもしれません(ノンフィクションライター 森 綾さん)うらやましいなと思ったときは、口に出してしまうのが大阪のおばちゃん。なんなら“ええ服着てんなあ〜”ってベタベタさわりにくることもあります(笑)。暗くなったり、モヤモヤしてもしょうがない。それなら、明るく大げさに伝えてあげたらええねん!の精神です。大阪のおばちゃん同士は、感情を吐き出すことを許し合えているコミュニティで生きているので、悩む前に明るく本人に言えるんです。(ノンフィクションライター 森 綾さん)キラキラきれいな人を見たときに“あれをやり”って言われたらできるやろか、そんなずっと素敵でおるのは無理やなっていうところまで考えるんですよ。人のよさを素直に認めて、キラキラしている裏側には努力があるんやろうなって考える。そうすれば、“よそうち”の精神になれるんですよね。自分にはできない部分を認めることも大事。だってできへんことはできへんねんから!(ノンフィクションライター 森 綾さん)  教えてくれたのは…… 精神科医 名越康文さん 奈良県生まれ。情報番組「シューイチ」(日本テレビ系 日曜7時30分〜)をはじめとするテレビ・ラジオでのコメンテーターや、映画評論、漫画分析なども。 著書:『生きるのが "ふっと” 楽になる13のことば』朝日新聞出版 1400円 ノンフィクションライター 森 綾さん 大阪市旭区生まれ。スポーツニッポン大阪の新聞記者からFM802編成部員を経て、独立。人物インタビュー、エッセイ、コラムなどを女性誌を中心に連載中。 著書:『大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇』SBクリエイティブ 1200円 イラスト/香川尚子 取材・原文/東 美希 ※BAILA2019年4月号掲載
  • 定番のパンツやスカートと合わせて、いつもと違うコーデに挑戦! トレンド感がぐっと増して一気におしゃれ見え♪黒ボトムは高見え&クールに変わる! シャカシャカ素材は黒をフツーに見せずにクールに格上げ。ブラックでまとめつつビビッドカラーを差してメリハリを。 マウンテンパーカ¥3990・ニット¥1590/WEGO パンツ¥4250/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス(ベルシュカ) バッグ¥5547/ザラ・ジャパン カスタマーサービス(ザラ) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)膝丈タイトは女っぽカジュアルに変わる! 程よいスポーツテイストで女っぽアイテムを親しみやすく。目を引く赤バッグを合わせて可愛げもプラス。 マウンテンパーカ¥6900/MEW’S REFINED CLOTHES Gジャン¥2990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) スカート¥7400/RANDA バッグ¥3990/ROPÉ PICNIC PASSAGEミニボトムは今っぽく&ヘルシーに変わる! 大きめマウンパにはミニ丈のスカパンを合わせてカジュアルに脚見せ♡ マウンテンパーカ¥16000/ROSE BUD新宿店(STARTER BLACK LABEL×ROSE BUD) ニット¥5500/Free’s Mart スカパン¥1990/WEGO イヤリング¥4900/キャセリーニ他の画像を見るモデル/貴島明日香 渡邉理佐 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/北村ゆいこ web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 先日、新宿駅に併設されているNEWoManのルミネ0に行ってきました。普段からよく利用する施設ではあるのですが、その日はやる気が違ったのです。というのも、「新宿にいながら、ニューヨークを感じられる最高な展示会があるから、絶対に行った方が良い」と友人が推す、あるイベントに参加するため。そのイベントというのが「New York New Work(NYNW)」と名付けられたファッション&アートイベントです! 名前の通り、ニューヨークを拠点に活躍する、アップカミングなブランドが終結し、それぞれの服を用いた展示を行います。このイベント、前回開催されたのが2017年で、その時には先日、スモールでも紹介したエコーズ・ラッタもラインナップされていたのです。悲しいことに前回は行けなかったのですが、アップデートされ、新しいブランドも続々参加しているので、今回は絶対に見に行かねばと意気込んでいました。すすめてくれた友人曰く、「ニューヨークがそのまま来たな、って感じ」とのことです。 今回の展示のアートディレクションを担当したのが、アクセサリー&ジュエリーブランドであるクリス・ハバナ。家の間取りからインスピレーションを得た展示空間では、キッチンが「NO SESSO」、寝室が「Vaquera」、書斎が「Luar」、さらに礼拝室が「BARRAGAN」というように、各部屋がブランドにそれぞれ割り振られ、一つな大きな家を構成しているのが面白いんですよね……。ブランドのカラーを存分に出した、個性的な部屋が集結しているにもかかわらず、なぜかまとまりがあるのです。展示の内側に入って、実際にその可愛い部屋で暮らしているような気分で、服を見ることができる瞬間、最高だな……と思いました。 Vaqueraのコレクションが展示された寝室です展示空間はもちろん魅力的なのですが、参加しているブランドがほとんど日本に入ってこないというのもポイントです。新宿にいながら(しかも駅の真上です。改札を出てから5分以内で到着しまう最高の立地!)ニューヨークでじわじわと人気をあつめているアップカミングなブランドの洋服を一気に見られるこのチャンス、見逃せません。入場も無料ですし、撮影も可能なので、友人知人におススメしたい、というのと今後の研究のためにバシバシ撮ってしまいました。3月24日(日)までの期間限定開催なので、ぜひこの土日にお出かけくださいね。
  • 泡立つ波間に、乾いた砂浜と、サンセット。ロエベの新作コレクションに耳を澄ませば、聞こえるのはオプティミスティックな潮騒の音。アーティなウェアにモードなメロディを託し、輝く春の海を目指して。海には行かない。潮風は苦手(右)ロングドレス¥227,000・ブーツ¥107,000・サングラス¥39,000・バッグ¥105,000・(左)シャツ¥373,000・パンツ¥373,000・ブーツ¥141,000・バッグ¥133,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)(右)Tシャツをつなぎ合わせたようなドレスは、遠浅の海を思わせる青のグラデーションを美しく表現。バニーバッグもラフィアで夏を先取り。(左)フレッシュなグリーンのシャツとパッチワークパンツのセットアップは、軽やかなスエード使いにメゾンの矜持を秘めて。海には行かない。二人きりになりたいから(右)ジャケット¥297,000・ショートパンツ¥141,000・ブーツ¥107,000・バッグ¥253,000(参考価格)・(左)ジャケット¥394,000・パンツ¥107,000・帽子¥62,000・靴¥90,000/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ) (右)ベルト/スタイリスト私物(右)ボディとポケットで色を変え、レザーをポイント使いした遊び心のあるサファリジャケット。ウエストシェイプされた構築的なシルエットは後ろ姿も端正な印象。レザーでカラフルにアップデートしたバスケットバッグを差し色にして。(左)レトロな色調のウニのプリントが目を引くリラクシングなリネンパンツ。ユニセックスで楽しめるデザイン。海には行かない。自分勝手だとしてもドレス¥314,000・靴¥87,000・バスケットバッグ(左)¥253,000・トートバッグ(右)¥103,000/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ) ヴィンテージビーチチェア¥11,800・ヴィンテージパラソル¥10,000/ガジェットモード ベルト・手に持ったパラソル/スタイリスト私物キッチンクロスのようなケープスリーブ、張りのあるコットンのボディ、足さばきで揺れる薄手のコットンと、白の素材をパーツごとに切り替えたホワイトドレス。大ぶりなラフィアトートと一緒にモダンなエレガンスを演出。もう海になんて、行くつもりじゃなかったのに……(右)ドレス¥333,000・ブーツ¥141,000・バッグ(参考色)¥194,000・(中央)ノースリーブドレス¥343,000・ブーツ¥107,000・(左)シャツ¥227,000・ショートパンツ¥155,000(参考価格)・靴¥69,000・ラフィアバッグ¥112,000/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ) (中央)ベルト/スタイリスト私物(右)ニットとフレアスカートのように見える切り替えをきかせたドレスは、マルチカラーのバンドがアクセント。カーフレザーのトップカバーつきで使いやすく進化したバスケットバッグを相棒に。(中央)どこかトライバルなムードを残したロングドレスにも、マルチカラーのバンドを肩から掛けるようデザイン。足もとはベルテッドブーツであえてストイックなムード。(左)プレイフルなパッチワークが目を引くコットンリネンのセットアップ。フラワーモチーフのラフィアバッグと合わせてポップなムードをさらにプラス。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年4月号「海へ行くつもりじゃなかった」photography: Kenshu Shintsubo styling: Tamao Iida hair: KOTARO〈SENSE OF HUMOUR〉 make-up: Tomohiro Muramatsu〈sekikawa office〉 model: Fabienne, Barbora, Sasha cooperation: Hynd
関連キーワード