美女感トップス20大集合【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019春夏最新コレクション

@BAILA

2月1日(金)に発売スタートする【ユニクロ(Uniqlo)】超人気コラボコレクションのなかから、大ヒット確実なTシャツ、シャツ、ニット、カーディガン、カットソーなどのトップスをクローズアップ! どれも素材や着心地、着たときに体をきれいに見せるシルエットにこだわった高コスパな名品ばかりです!!

狙いめはTシャツ、スウェット、ニット!【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】美女感トップス20選

メッシュクルーネックカーディガン
かぎ針編みのようなざっくりとした編み地が大人可愛いカーディガン。軽やかな着心地で、梅雨どきから真夏にかけての薄軽はおりものとしても活躍が期待できそう! ¥3990
メッシュオーバーサイズセーター(長袖)
かぎ針編みのようなざっくりとした編み地が大人可愛く、春らしいニット。スポンジのようなふわふわの芯にコットンの糸を使って編み上げたニット糸を使用し、軽くてふわふわした着心地が楽しめます。¥3990
コットンバルーンスリーブカーディガン
こちらも、通常のコットンよりも糸のひねりを強めた「ハイツイストコットン」を使用。ストレートな身ごろですが、羽織ると意外なほどすっきり着こなせます。同素材のタンクトップとツインニットのように着こなして◎。¥2990
コットンタンクトップ
同素材のカーディガンと合わせて買えば、2枚でも単品でも着回しが楽しめる逸品。グリーンのほかに、イエロー、ブラック、オフホワイトの全4色展開。¥1990
カラーミックスオーバーサイズセーター(長袖)
表地はコットンの無地、裏地は絣(かすり)染めした糸と、表裏で異なる糸を使って編み上げることでランダムな色合いに仕上げたニット。写真のクリーム色ベースのほかに、グリーンベースもあります。一枚一枚風合いが異なるので、お気に入りの一枚を吟味して。¥2990
・1枚1枚、表情が異なるのでお気に入りの1枚が選べる。
ミラノリブリラックスシルエットクルーネックセーター
袖口にダーツをあしらってふんわりバルーン状に仕上げた袖が女らしい、リラックス感あふれるニット。通常のコットンよりも糸のひねりを強めた「ハイツイストコットン」を使用し、さらりとした肌ざわりのよさがより進化しています。¥2990
3Dバルーンスリーブセーター
日本のホールガーメント技術を駆使して、360°縫いめのないシームレスで編み上げたニット。コットンのやわらかさ、リネンのシャリ感、ナイロンの丈夫さをミックスした特別なクレープ生地です。¥2990
スウェットプルパーカ
小顔効果で人気の大きめフードは2重構造。カジュアルながらきれいめで、立体感のあるフォルムを実現しています。これも、洗いをかけたコットンのフレンチテリー素材を使用。大きめサイズをがばっと着るのが旬です。¥3990
スウェットプルオーバー
【ユニクロ ユー】を代表する人気アイテム、スウェットシャツがアップデート! ウォッシュ加工でカジュアルに仕上げたコットンのフレンチテリー素材を使用し、3色の糸をひねり合わせた綺麗なメランジが特徴です。¥2990
プリーツブラウス(半袖)
肩まわりはすっきりとさせ、胸上からギャザーで切り替えてふんわりドレープを出した大人可愛いデザイン。肌ざわり抜群のコットンツイル素材を使用しています。¥2990
タンクブラウス
洗いをかけたような風合いのコットンポプリン素材を使用。アームホールの後ろにはゴムがあしらわれているため、フィット感が高く、女らしい丸みのあるシルエットが楽しめます。¥2990
オープンカラーシャツ(5分袖)
コットンモダール素材を使ったプリントシャツです。襟を開けて開襟シャツとしても着られる「コンバーチブルカラー」を採用。同じ柄でショートパンツもあるので、セットでどうぞ。¥2990
ストレッチシャツ(チェック、長袖)
身ごろはすっきり、袖はドロップショルダー&ややふわりとしたシルエットでゆとりを持たせた着やせ見えシャツ。ストレッチ性を高めたコットン素材を使用しています。¥2990
ストレッチシャツ(無地、長袖)
同じ型のシャツには、通勤服にぴったりの無地タイプも。写真のブルーのほか、ラベンダー、オフホワイト、ネイビーの4色展開。襟がやや大きめなので、小顔効果もありますよ! ¥2990
ニットポロシャツ(半袖)
メンズライクでスポーティな印象の強いトップスですが、シャツほど堅苦しくなく着こなせるので、通勤服としてもイチ推しです。光沢感のあるビスコースとストレッチ性の高いナイロンを使っています。¥2990
ポロシャツ
ビスコースナイロン素材をピケ織りにして、布帛のようなライクで風合いに仕上げたオーバーサイズのポロシャツです。同素材のフレアスカートとセットアップのように着られます。¥2990
リラックスフィットクルーネックTシャツ
毎シーズン大ヒットしている【ユニクロ ユー】の超高コスパTシャツの新型です! 地厚な生地やシンプルなボクシーシルエットはそのまま、襟ぐりを狭くしてより女らしく着られるデザインに。全10色展開です。¥1000
クルーネックTシャツ
定番のTシャツ、2019年春は全14色で展開! 写真のナチュラルホワイトや、ピンク、ラベンダー、パープル、グレーなど、春らしい淡い色みをぜひ買い足して! ¥1000
オーバーサイズクルーネックTシャツ
2019年春夏展示会でもおしゃれプロに大人気だったTシャツ。ハイツイストコットン素材を採用し、トレンドのオーバーサイズのボクシーシルエットに仕上げています。首が詰まっているのも◎。ぜひ大きめに着てください!¥1500
オーバーサイズボーダーTシャツ
同じ大きめサイズのボーダー柄Tシャツも登場! ネイビーベースとイエローベースの2色展開です。マーセライズ加工されたジャージー素材にあざやかなボーダー柄をプラス。¥1990

取材・文/沖島麻美

関連記事
  • おしゃれプロたちのこの夏の水着選びのポイントは? 日ごろから水着に慣れ親しんでいる“本気派”がおすすめする“私のイチ押し水着”を大公開!夏女・本気派は?MARYSIA SWIM【マリシア スイム】ライター・坪田あさみさん おすすめ! 「湘南に住むようになって、夏の日常にビキニが大活躍しています。スカラップのカッティングがポイントになった『マリシア スイム』のバンドゥータイプは、ドレスにインしてもシームレスで響きにくいのがうれしい。新色のベージュは、表情のある素材感がヘルシーで大人っぽい印象に」 ビキニ¥36,000(マリシア スイム)・オールインワン¥29,000(イウエン マトフ)/以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 サングラス¥36,000/ブリンク外苑前(ローワークス) バッグ¥9,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ベンビエン) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)Missoni【ミッソーニ】スタイリスト・室井由美子さん おすすめ! 「上品配色の『ミッソーニ』のジグザグモチーフは、ビキニ一枚になっても大人の雰囲気をキープ。海外のビーチリゾートでも品よく映えます」 ビキニ¥63,000/三喜商事(ミッソーニ) シャツ¥37,000/カオス丸の内(フィナモレ) サングラス¥22,000/カレンソロジー 青山(ビュー) バッグ¥38,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロワーケース) 靴¥29,000/トゥモローランド(テッセローネ)Pualani 【プアラニ】美容エディター・安倍佐和子さん おすすめ! 「趣味でサーフィンをする私が毎年チェックするのが『プアラニ』。体と一体化するような着心地で、これほど安心感があるものはなし! 新作のメッシュトップは、抜群のフィット感と美しい発色のボトムをアクセントに。上下別々に選べるので、好みの柄やサイズを自由に組み合わせられるのもうれしいポイントです」 トップ¥15,500・ボトム¥12,500(ともにプアラニ)・靴¥4,500(イパネマ)/以上プアラニ鎌倉 Matteau【マトー】ライター・松井陽子さん おすすめ! 「湘南在住で、夏は時間と波があればサーフィンをする生活。水着は、着心地のよさと、気分が上がるかどうかで選びます。『マトー』は、シンプルなのにちゃんとフェミニンで、ハイエンドな小物ともマッチする洗練された雰囲気が素敵。ベージュ系小花柄の“目くらまし”効果も、大人には有効」 ラッシュガード¥29,000・ワンピース¥37,000/ロンハーマン(マトー) 帽子¥28,000/キジマ タカユキ サングラス¥25,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ブラン) 靴¥13,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店(レインボーサンダルス+レピドス)撮影/佐藤 彩 スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】店頭&オンラインでは、つい先日、2019年秋冬展示会でお披露目されたばかりの新作ワンピースがじゃんじゃか入荷中です(大人女子向けのトレンド傾向を分析した展示会レポはこちら↓)!今回は、展示会でエディターが目をつけた、働く30代女性におすすめの2019秋冬ウィメンズ新作ワンピース18選をお届けします。ニットやコーデュロイなどまだ発売前のものも多いのでフライングご紹介になりますが、よろしければ予習と参考にお読みいただけるとうれしいです♡エディターがフライング推薦【ユニクロ(UNIQLO)】2019FW新作ワンピースカタログプリントシャーリングロングワンピース すでに店頭で爆発的に売れているもようのこちら、大人に似合うモノトーンの花柄です。ふわりとエアリーな生地&デザインですが、裏地もしっかりついて透ける心配もなし、まさに真夏の大人ワンピース! 黒もあります。¥3990/ユニクロ7分袖ワッフルカットソーワンピース 今現在も大ヒット中のワッフル生地ワンピース。凹凸のある素材が、ベタつきがちな残暑時季の肌にもサラリと快適に着こなせるはず! デニムやチノパンなど、手持ちのパンツと重ね着してもおしゃれです。ブラウンタータンチェック柄ワンピース チェック柄は2019年秋冬も引き続き人気のもよう。ノーカラー&スキッパータイプなので、ほどよく抜け感のある襟もとに。通勤コーデにもぴったりの端正さが漂います。人気のシャツワンピに新作&新色が登場! 適度にボリュームをおさえながら、着るときれいなAラインシルエットになる人気のシャツワンピースに新作が登場です。前のボタンをすべて外し、羽織りものとしても活用可能。共布ベルトつき。 比翼仕立てのAラインシャツワンピース 人気のシャツワンピースですが、フロントボタンをすべて隠したすっきりデザインも登場。羽織るとステンカラーコートのようになって、ガラリとイメージが変わります!すっきり着やせ見え! リブニットワンピース 広めにあいたネックライン、ほどよく肉厚なリブ素材、スリット入りの裾、長めの丈など、大人の女性の体をきれいに見せる工夫がいっぱい。重ね着の工夫で真冬まで活躍しそうです。注目のリブニットワンピース、Vネックも登場! よりカジュアルな印象の幅広リブタイプも登場。襟もとの切り替えやスリットがアクセントです。ベージュやカーキなど、2019年秋冬のトレンドカラーで展開される予定。コーデュロイシャツワンピース 凹凸のある畝が秋冬らしいムードを連れてくるコーデュロイ素材のシャツ型ワンピース。畝が細かいので、大人にこそ似合うカジュアルワンピです。共布ベルトつき。何枚でもほしい、タートルネックニットワンピース 秋が深まってきたら、ハイネックニットワンピの出番! 薄手ながら着ぶくれ知らずですっきり着られるハイゲージタイプのきれい色を一枚、秋いちばんに新調しておきましょう。肌ざわりもなめらかです。うっとりするほどやわらかなニットワンピ ふわふわ質感の新感覚毛糸、スフレヤーンを初めて導入し、着心地をさらに高めたニットが多数登場する2019秋冬のユニクロ。ベージュとブラウンの中間のような絶妙な色合いがポイントです。大人気【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】にもワンピ多数登場! 人気デザイナー、クリストフ・ルメール氏が率いるパリのデザインセンターから届くコラボベーシックの傑作【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】からもワンピースが多数登場! 胸元から袖にかけてギャザーをふんだんにあしらった新作にプレスの視線集中!縫い目のない立体的な3Dニットワンピースの新作! 【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】ウィメンズのアイコニックなアイテムでもある、縫い目をなくし立体的に編み上げた3Dニット。ワンピースはより着心地よく進化しています。大人っぽいムードにあふれるニュアンスカラーも◎。ブラウン配色コーデの要にしたい、ベージュニットワンピース ゆるやかなAラインに編み上げたやさしげな印象のリラックスニットワンピは、ブラウンのタートルネックを中に着たり、ブーツやバッグを合わせたりと、チョコレート配色で楽しみたい!【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】にもシャツワンピが登場! 【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のシャツワンピは、きれいなAラインのシルエットはそのまま、ハリのある生地感や長めのカフスなど、よりメンズライクなテイストを強めたハンサムなデザイン。イネス・ド・ラ・フレサンジュには、フレンチシックな黒ワンピが! モデルで世界的なファッションアイコンのイネス氏との人気コラボは、彼女が幼少期に過ごした仏アルプスの冬のリゾート地、Megève(ムジェーヴ)からインスパイアされたそう。コレクション初登場のブラックワンピが新鮮!一年中楽しめる、オーセンティックな大人の水玉ワンピ カシュクール型で女らしく着られるドット柄ワンピも新作として登場。写真のように、ざっくりした質感のロングニットカーデを羽織ったワントーンコーデだとより大人っぽい印象に。ワンピースが狙い目! HANA TAJIMAコラボ NYベースで活動する日本人デザイナー、ハナ・タジマ氏とのコラボは、人種や信仰、年齢に関わらず、あらゆる女性が楽しめるグローバルなコレクション。とくにワンピースは、大人世代が積極的に着たい上質で品格あふれるデザインが揃います。モダンな切り替えストライプ柄ワンピース こちらもHANA TAJIMAコラボの新作ワンピース。同じ生地でも、横と縦のストライプを切り替えるだけで新鮮な表情に。ストンとシンプルなシルエットも体をきれいに見せてくれます。【合わせて読みたい】働く30代女子のためのユニクロ(UNIQLO)最新ニュース取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムに関する情報はすべて6月頭時点で発売予定のもので、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。
  • エクラ世代のTシャツは、体型を拾わない、透けないものが理想。今年は訳あって(笑)プチプラです。Tシャツ選びって難しい。特にエクラ世代は、若い頃のようにデザインだけで選ぶことが難しくなってきますよね。私も毎年色々探すのですが、なかなか体型に合うものが見つかりません。そんな悩みを解決してくれる企画がエクラ7月号に。大草さんとSLOANEのコラボTシャツ、まさにドンピシャ、私も欲しい〜!と思ったのですが既にサイズ2は完売。今大きめのサイズ4を買おうか、2を予約するか悩んでおります…。そんな訳でこちらはSLOANEのTシャツではありません(涙)。毎年リピ買いしているユニクロのクロップドクルーネックT。でもこの子がなかなか優秀なんです。 程よく厚手の生地に付かず離れずのゆるっと感、そして長いボトムに合わせるとバランスのいい短め丈が絶妙で、プチプラながらあっぱれなこのTシャツ。ネイビーにハイウエスト&マキシ丈のYLEVE(イレーヴ)のスカートを合わせて。この日はエクラ華組の近藤和子ちゃん、豊田真由美ちゃん、山口りえちゃんと駒沢公園内にある「Mr.Farmer(ミスターファーマー)」でヘルシーランチ。風が気持ちいいオープンな空間で楽しい話が盛り上がり、あっという間に時間が過ぎました。 和ちゃんと真由美ちゃんはどちらもロゴTの双子コーデ。でもボトムや小物合わせがそれぞれ個性的でどちらも素敵♡りえちゃんはあまり着ないというサンドベージュ、とっても似合ってるとみんなに褒められていました。皆さん本当におしゃれでいつも勉強になります。お天気がとっても良かったので、みんなで撮影会♪梅雨の合間の気持ちのいい午後でした。華組 有村一美ブログ
  • 昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか? 少し体に沿うワンピース避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。 ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ) 「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操るIラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。 湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。 ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー) 辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物 「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物  「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ) 今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。 むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。 デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。 そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。 ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 ————————————————————————————————————–   View this post on Instagram 雨の日のお出掛け、憂鬱ですよね…梅雨対策も考えつつステキなコーディネートで気分をあげたい! 雨で肌寒い今日は、長袖のワンピースをチョイス。トゥエルブクローゼット #12closet とスタイリスト石上さんのコラボワンピースは着ているとみんなに褒められる!丈が長いので、雨の日はベルトでブラウジングするのがいいかも。足元にはRAINFUBSのレインシューズで雨対策を完璧に。バッグは濡れても気にならないL.L.Beanのトートを。 @leemarche には、他にも雨の日を楽しく快適に過ごせるアイテムをたくさんご用意しています。ぜひチェックしてくださいね! A post shared by @ leemarche on Jun 14, 2019 at 6:20pm PDT   【ここで買える/12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/\16,800+税】  
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • シースルーのタートルニットに白シャツ、そしてシースルーのVネックニット。写真の涼しげなシアーニットをきかせたレイヤリングスタイルは、SPUR8月号の浜田さんのレッスンの中でも、色や素材のセレクトがミニマムで洗練されていて、個人的に一番真似をしてみたい!と思ったルックです。この一体を作るために膨大なウェアをリースし、何十パターンものスタイリングを試し、ミリ単位でスタイリングのバランスを考える浜田さんの熱意に、今回も感動させられっぱなしでした。4ページに4ルックの特集ですが、そこには最新モードを緻密に分析する、浜田さんの研究の成果がつまっているのです。モードマニア必読の特集です! SPUR8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」を試し読み(外部サイト)
  • 肩ががっしり、胸が大きい…そんな悩みにこの1枚♡体型の悩みは人それぞれ。体の形が違えば、似合う服も違ってくるものなのです。今回は「肩ががっしりしている」人、「胸が大きくて太って見える」人のために、それぞれ似合うトップスを教えましょう! 肩ががっしりしててゴツく見える▶︎▶︎コルセットブラウスでやわらかさをデコルテが映えるカッティングで鎖骨に視線を集め、ふんわりとしたスリーブで肩をカバー。コンパクトな丈感で上半身を最小限にすれば、がっしり肩もなんのその♡ ワイドめなパンツと合わせればその効果は絶大!トップス¥13200/フレイ アイディー パンツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 バッグ¥26000/ショールーム セッション(トイノ アベル) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥900/お世話や バングル¥16000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ)❶丸みのある袖やぺプラム風のウエスト部分など、さりげないフェミニンさにキュン♡ 中央に向かってギャザーが入っているから、上半身がより女っぽく&コンパクトに。あえて辛口なボトムと合わせたい。¥9500/AKTE❷ハイウエストなボトムと合わせれば、最強の脚長効果が狙えるショート丈。肩のゴツさをまろやかにカモフラージュする丸みある胸もとも◎。¥4980/エモダ ルミネエスト新宿店(エモダ)❸着心地のよいコットンリネンで、爽やかに初夏の赤を取り入れて。長めなスリーブが肩をしっかりカバーしてくれるから、二の腕悩みにも効果抜群! ¥4990/AG バイ アクアガール胸が大きくて太って見えそう▶︎▶︎五分袖の開衿シャツを大胸さんが太って見えがちな原因は、トップスに丸みがひびいてしまうから。スッキリ見せるなら、首が詰まったクルーネックなどは避け、胸もとに抜け感を出せる開衿シャツを選ぶべし! 少し大きめの五分袖開衿シャツならフラットな落ち感が出せて、バストトップの高さをより目立たなくさせる効果が。×ストレートなスカートで視線をさらに縦方向に誘導すれば完璧。深めなブラウンで今っぽさもプラスして。トップス¥6900/ノーク スカート¥36000/シップス 有楽町店(ウーア) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)❶上品なピンクベージュにサテン生地、休日服感が出がちな開衿シャツをキレイめに仕立ててくれる一枚。¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(グリーンレーベル リラクシング)❷チェック柄も透け素材×モノトーンをチョイスすれば、ぐっと大人なチェックに。メンズっぽい開衿シャツだからこそ、こんな少しの可愛げが必要。¥23000/TOMORROWLAND(バッカ)❸広めな身幅のおかげで、サイドに大きい胸もちゃっかりカバー。裾に入ったさりげないスリットで、ボトムへの前だけINもきれいに。¥9500/ビームス ウィメン 渋谷(レイ ビームス) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/大平典子
関連キーワード

RECOMMEND