この上なく美脚に見える【加工級美脚効果賞】アイテム6選

@BAILA

自分の体のコンプレックスにとことん向き合いつつ、おしゃれを楽しむ術を知っているBKI(バイラ着やせ委員会)。着やせへのこだわりが半端ない彼女たちに、"加工しているんじゃないか"と思うくらい脚を美しく見せるボトムス・タイツ・ブーツ・レギンスを紹介してもらいました!

【加工級美脚効果賞】ボトムス・タイツ・ブーツ・レギンス

ライター 伊藤真知さん(155㎝)
Theoryのセンタープレスパンツ

「脚のラインをカバーしてくれる絶妙なシルエットに日々頼りっぱなし。センタープレスがIラインを強調して、すらりと、実際より脚が長く見えるんです!」。¥20000/セオリー
スタイリスト 吉村友希さん(158㎝)
Whim Gazetteのレースタイトスカート

「女らしく上品で繊細なレースのスカートは、タイトなシルエットが細見えに、裾のスカラップが、ふくらはぎのごまかしに効きます!」。¥29000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店
編集マフユ(165㎝)
Wolfordのベルベットデラックス50

「なめらかな質感ながら、ほどよい透け感があるので脚を立体的に細くきれいに見せてくれます。はき心地も最高! タイツにしては値が張りますが、一度はくともう虜」。私物
副編ナカディ(158㎝)
PELLICO SUNNYのソックスブーツ

「黒の引き締め効果も手伝って、足首まわりが驚くほどすっきりします。トゥがシャープなのも美脚見えにひと役。どんなコーディネートにも合わせられる万能さも魅力」。私物
スタイリスト 川上さやかさん(154㎝)
M・Filの九分丈スティックパンツ

「適度にハリ感がある素材なので、脚の形も肉感もまったく拾わず、下半身やせに有効。丈感もよくセンタープレスが脚をきれいにまっすぐ見せてくれる、名品パンツです」。私物
スタイリスト 滝沢真奈さん(161㎝)
Curensologyのスリット入りレギンス

「脚をカバーしながらしゃれ感アップ! 裾のスリットもすっきり見えポイントに。ワンピースやロンスカに合わせるだけで今っぽさが加わります」。¥12000/カレンソロジー 新宿

撮影/坂根綾子 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/道端舞子 ※2019年BAILA2月号掲載

関連記事
  • 夏の着こなしといえば、涼しさや着心地抜群のアイテムが気になりますね! 着て楽ちん、でもカジュアルすぎない・・・さらに大人らしくきちんと感もキープ。 そんな期待を叶えてくれるアイテムなら、サイがオススメ。 鉄板リネンタックブラウスで1点投入!涼しげおしゃれに Scye リネン高密度半袖タックシャツ ¥34,000+税 サイといえば定番リネンタックブラウス、2019夏もオススメです。 高級リネンを使用し、たっぷりと施されたギャザーは国内でも高度な縫製技術を持つ工場でしか作れない匠の技。 着た時のふんわり感が華やかで涼やか。1枚持ったら長く愛用できる大人のブラウスです。   Scye リネンタックブラウス ¥36,000+税 長袖ならUV対策も!   心地よさときれい目カジュアルが叶う!鹿の子ワンピースが今年も発売 Scye【FLAG SHOP別注】カノコワンピース¥18,000+税 2018年すぐ完売してしまったワンピースを今年もご用意しました。 長め丈で体のラインが出ない、着ていて楽ちん、二の腕隠せる、だらしなく見えない・・・、そんなわがままを叶えてくれるワンピースを サイさんがFLAG SHOPの為に作ってくれたワンピースです。 サイの定番鹿の子ポロシャツと同素材を使用し、サイのマークがポイント。 今年は昨年と同じネイビーに加え、グレー系の落ち着きのあるカーキをご用意。 1枚でもレギンスに合わせてもOK!   他にもTシャツなど夏のオススメアイテム多数! Scyeオーガニック度詰天竺フレンチスリーブトップ ¥11,000+税   Scyeの商品はこちらからチェック↓↓↓ https://flagshop.jp/fs/shop/r/r20526/      
  • あ、暑い... 初夏を迎えましたが、皆さまどうでしょうか? 急に暑くなったので私は1日貧血気味になってしまい 皆さまも体調にお気をつけてくださいね 6月になるとお着物も衣替えが始まります✨ 5月までは袷(あわせ)、6&9月は単衣(ひとえ)、7&8月は薄物と夏になるとお着物の種類が変わります❣️ 今回は5月最後のお着物を紹介✨ 友人の結婚式&上期最後の袷と考えると、どんはお着物コーデにしようか悩みました そんなこんなで選んだのは、幾千の蝶が舞う柄に 袖からチラ見する八掛(裏地のこと)の色がピンクで可愛らしいお着物です 出会って10年で遂に結婚...約3年間の遠距離という名のサナギ期間を得て、やっと一緒になれた2人が蝶のように羽ばたけますように✨ という願いを込めて、このお着物にしました 幾千の蝶は祝福の数をイメージして 帯は黒地にエメラルドのグラデーションでシックに❣️ 銀地の帯にするか迷ったのですが、こっちにして良かったかな☺️美女たちに囲まれて 結婚式に行くと幸せ気分にもなれて、懐かしいお友達に会えたり、前々から知っていてやっとお話しできて友達になれたり...❣️ 素敵な時間を過ごせました✨令和初のお稽古では燕子花 (かきつばた) 去年の夏は1回しか生けられなかったので、今年は3回くらいできたらなぁ 年1、2回しかできないと考えると、お稽古できるのが本当にラッキー❣️ 燕子花の花の色がこのお着物と同じで、燕子花と比べると自分の色気のなさにがっかり... この燕子花のような色っぽさを習得したいです ▶︎▶︎instagramはこちらスーパーバイラーズ 田石ゆきのブログ
  • 大好評発売中のBAILA(バイラ)6月号特別付録、フレイ アイディー(FRAY I.D)レザー調フラワージュエリーポーチ。働く30代女子として、またインフルエンサーとして各業界で活躍するバイラ読者モデル=スーパーバイラーズ25名の使い方をまとめました。 「レザー調で高見えするし、持ち運びにもちょうどよいサイズ感! 人気のPVCバッグに入れても、おしゃれ度が上がっていい感じ」(小野絵里さん/介護職)このように↑トレンドのクリアなPVCバッグに入れてもサマになり、むしろ見せびらかしたいほど華やかムードのジュエリーポーチです。ジュエリー&アクセサリー以外にも使い方いろいろ! おしゃれや美容、ライフスタイルにただならぬこだわりを持つスーパーバイラーズの面々のポーチの中身は、さていかに!?働くおしゃれ30代女子の付録ポーチの中身、まとめました。※写真をタップすると、詳細がわかるブログへジャンプします!「中で絡まりやすかったり、摩擦で傷つきやすかったりで困ってたアクセサリー。中でちゃーんと仕分け出来るケースなので安心」(住田奈央さん/歯科衛生士・セレクトショップオーナー)「リップメイクアイテムの選抜チームをIN♪ リップクリーム、リップテイント、グロスとTPOに即対応できるバリエーションアイテムがすべて収納できます」(池ももこさん/料理家・空間スタイリスト)「リングや引っかけピアスも楽々収納できるので、ごちゃごちゃにならなくてうれしい♡ リップやバングルもちょうど入るいい大きさなんです!」(海野尾美紀さん/下着メーカーMD)「大事な華奢アクセサリーを傷つけずに安心して入れられるファスナーポケットつきがうれしい!」(堤 友香さん/フリーアナウンサー)「ポケットの中にはヘアゴムやピンを、ポケットの下にスカーフを入れて♡ 長く絡まりそうなピアスはピアスフックにかけて。メイク用品も入れられますね」 (青野未来さん/フリーモデル)「デスクの上にスタンバイ! 仕事中イヤリングで耳が痛くなったりアクセサリーを外したいときに、このポーチに入れておけばなくす心配もありません!」(遠山春菜さん/事務職)「ハマっているヘアピンをきれいに収納できるポーチを探してたので、まさに理想! 外は花柄で、中はピスタチオカラー✨春にピッタリなデザイン」(田石ゆきさん/バイヤー)「失くしやすいピン留めをポケットに刺しています(笑)。ファスナーつきポケットには小さいパールのイヤリングや、絡まりやすいロングネックレスなどを入れています」(菊地実李さん/ラジオパーソナリティ・フリーモデル兼PR)「仕事帰りに予定がある日や旅行中など、用事があるときだけつけたいアクセサリーの持ち運びにちょうどいいポーチ。指輪もしっかりホールドしてくれて失くす心配がありません」(泉マリコさん/ジュエリーデザイナー)「夏に向けて新しく購入した、CHIKAKO YAJIMAのリボンピアスを収納。リボンを編んでできているのですが変形できるんです」(加藤和歌子さん/会社員)「ピアスやヘアアレンジアイテムなど、仕事終わりに予定がある時に欠かせないものを収納。一気に華やか見えするヘアコーム&ヘアワックスも一緒に持ち歩けば準備万全」(石本愛衣さん/会社員)「ピアスフックに入りきらなかったピアスは、ファスナーつきミニポケットに収納。小さいのにとにかく収納力抜群の優秀なレザー調ポーチ」(宮原真由子さん/営業)「両方からファスナーが開けられるのですごく便利! サイズも思ったより大きく、こんなにモリモリ入れてもしっかり収納できます」(秦孟含さん/アパレル)「①ピアス、②リング、③飾りピン、④ブレスレット、⑤リップ、⑥時計と、これだけ入れてもまだまだ余裕あり。 間仕切り収納ポケットには、まとめ髪用のゴムやピンを入れて」(神谷礼央奈さん/アパレルバイヤー)「結婚式のおよばれでの旅行に、およばれ服に合わせたアクセと普段づかいのアクセの両方を忍ばせて。コスメや香水のミニサイズもちゃっかり入れて」(金城華乃子さん/美容関係) 「ちょっとずつ集めているシルバーアクセを収納。肌なじ重視のゴールドに比べて、存在感のあるものを選んでいます」(菅原麻葉さん/編集)「ポーチ自体は小ぶりなんですが、収納力は抜群です! 下の段には、時計、ヘアオイル、リップバーム、ミニフレグランスなど高さがあるもの、大きいものでも意外と入れられますよ」(大津真鈴さん/会社員)「通勤の時のイヤホンや指輪を入れてます! 中にも仕切りがあり、アクセを収納しやすくなっていて付録とは思えないクオリティなんです!」(山中悠喜さん/会社員) 「リングホルダーにネックレスチェーンを引掛けて、残りのネックレスは仕切付きミニポケットに収納すると絡まることなく収納できます♡」(髙橋絵美さん/会社員)「高さもあるので、出張時に泊まるホテルのカードキーや展示会場の入館証、展示会中にマストのリップ、腕時計まで収納できます◎」(渡邉美可さん/フリーランス)「リングホルダーは、指輪はもちろん、絡みやすいネックレスもつるしてヘッド部分を下のポケットへ収納。これで絡まらないし傷もつかない!」 (永里礼奈さん/ECサイト運営)「ポケットも多くて収納力抜群なところがお気に入り。仕事終わり、予定ありの日に付け替えるアクセサリーを入れてます」(徳山仙恵さん/会社員) 「外側のデザインも可愛いのですが、内布のピスタチオグリーンがすごく素敵♪ 光沢ある生地で気分が上がります♪」(斉藤メグミさん/フリーランス)※コンパクト版にこの付録はつきません。通常版をお買い求めください。
  • 独特の魅力を持つ「白アイテム」。ワードローブに投入すれば、オンオフ問わず毎日のコーディネートがもっと素敵に! 40代を輝かせる夏の白コーデをお届けします。 【目次】 40代・夏の白コーデ:ジャケット編 40代・夏の白コーデ:トップス編 40代・夏の白コーデ:パンツ編 40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編40代・夏の白コーデ:ジャケット編■白のサファリジャケット×スカートコーデふんわり広がるマキシフレアのボリュームを、ショート丈が軽やかに受け止める。サファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)▶白のサファリジャケットとスカートの詳細はこちら■白のサファリジャケット×ワイドパンツコーデマニッシュなアイテム同士の組み合わせはグラデーション配色で女らしさを演出。アイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のサファリジャケットワイドパンツの詳細はこちら■白のサファリジャケット×デニムパンツコーデフレンチマリンなデニムコーデに大人の余裕を漂わせて。大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ▶白のサファリジャケットとデニムパンツの詳細はこちら■白のデニムジャケット×ワンピースコーデブラウン×白の合わせはアラフォーを美人に見せてくれる配色。背中がVあきのブラウンのロングワンピースに白デニムジャケットを羽織ることで上品さをプラスして。かごバッグとサンダルで抜け感と夏らしさを演出。 ワンピース¥19,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルー バングル¥24,000/ビームスハウス 丸の内(キャッツ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶白のデニムジャケットとワンピースの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:トップス編■白シャツ×レギパンコーデレギパンにビッグシャツの逆三角形シルエットで、バランスよく! 伸縮性があり、ストレスフリーなのもレギパンの魅力。丈に前後差があるビッグシャツをふわっと重ね、気になるおなかやおしりまわりをさりげなくカバー。逆に膝から下のラインや手首など、細い部分はあえて見せて。隠すところは隠す、見せるところは見せる作戦で、メリハリのあるすっきりシルエットに。 パンツ¥37,000/REYC シャツ¥9,900/ノーク ピアス¥12,000・バングル¥15,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥62,000/essence of ANAY(I メゾン ボワネ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶白のシャツとレギパンの詳細はこちら■白のシルクブラウス×リネンパンツコーデ動くたびにドラマティックに揺れる、たっぷりとしたボリューム袖や、シルクならではのなめらかなテクスチャーが女らしさを生むスモックブラウス。リヨセル、ポリウレタンを混紡することでハリ感を高めたリネンベースのグルカパンツと合わせ、異素材&甘辛のダブルMIXコーデに。シルクブラウスのもつコンサバさがほどよく抑えられ、大人のための上質なカジュアルコーデに仕上がって。ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥24,000(スタニングルアー)・靴¥65,000(アレクサンドル バーマン)/スタニングルアー 青山店 バッグ¥134,000/ジミー チュウ▶白のシルクブラウスとリネンパンツの詳細はこちら■白のブラウス×ワイドのデニムパンツコーデおしゃれな見た目はもちろん体型カバーも叶うワイドのデニムパンツに、女性らしいサンダルやふんわりブラウスで華やかさをプラスして。ブラウスはボトムインにして清潔感を。ワイドパンツはずっと座っていても太ももまわりに余裕があってきつさを全く感じないストレスフリーな休日コーデ。ブラウス¥25,000/サード マガジン デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥98,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヤング&オルセン) 靴¥28,000/アマン(イルサンダロ オブ カプリ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(ヴィクター&ロルフ)▶白のブラウスとデニムパンツの詳細はこちら■白のカットソー×グレーのタイトスカートコーデ白×グレーで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに。体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、カットソーの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のカットソーとタイトスカートの詳細はこちら■白Tシャツ×ワイドデニムパンツコーデ白Tシャツとデニム、王道アイテムこそアップデートが必要。今年らしいワイドのデニムパンツに大きめの白Tシャツをイン。カジュアルになり過ぎないように小物で大人っぽくシフト。このままディナーにも行かれるようにベージュのジャケットを持って。Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) 手に持ったジャケット¥57,000/ebure デニムパンツ¥27,000/アマン(アンスクリア) 靴¥22,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ) ネックレス¥46,000/ココシュニック バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)▶白Tシャツとデニムパンツの詳細はこちら■白ブラウス×美脚パンツコーデほどよく地厚な素材なので脚のラインを拾いにくく、美脚に見せてくれる優秀パンツに、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたオフィスコーデ。バッグと靴はベージュで統一しきちんと感を。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶白ブラウスとパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×ワイドパンツコーデすっきり見えがむずかしい白系のワントーンも、バランスよく! Tシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶白Tシャツとジャケットの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:パンツ編■ネイビーのブラウス×白デニムパンツコーデ大人のホームパーティはきれいめ感はキープしつつ動きやすい服装がマスト。切りっぱなしでほどよくカジュアルな白デニムは、そんなシーンの強い味方に。トップスは清潔感のあるネイビーブラウスをチョイスしてきちんと感も演出。デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥29,000/ebure ピアス¥20,000/ココシュニック バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)▶ブラウスと白デニムパンツの詳細はこちら■ブラウンのカットソー×白のワイドパンツコーデメンズライクなボリュームシルエットのワイドパンツに女性らしいラインを加えて。独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン) ▶カットソーと白ワイドパンツの詳細はこちら■グリーンニット×白デニムパンツコーデ白デニムパンツ×グリーンニットのさわやか配色で。ボートネックで鎖骨がきれいに見えるリブニットは着痩せ効果も抜群。クリアなピアスとバッグが夏ムードを盛り上げる!デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック)▶グリーンニットと白デニムパンツの詳細はこちら■マスタードカラーのブラウス×白ワイドパンツコーデ清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群!女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)▶ブラウスと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーTシャツ×ジャケット×白ワイドパンツコーデシワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり。細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーニット×白ワイドパンツコーデ定番ボーダーとは一味違うマルチカラーボーダーなら、しゃれ感と清潔感が一挙両得! 洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。まずアラフォーがボーダーを着るなら上質なものを選ぶべし。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、すそをアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ▶ボーダーニットと白ワイドパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×白ショートパンツコーデきれいめに着られる珠玉の白Tシャツを味方に、トレンドを満喫。上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。メガネ、ベルト、バッグは黒でコーデを引き締めて。Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶白Tシャツと白ショートパンツの詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白のテーパードパンツコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに。黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。夏素材ならではのパキッとしたクリーンさが、着こなしにさわやかな清涼感をもたらしてくれる。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶シャツワンピースと白のテーパードパンツの詳細はこちら■黒の7分袖ニット×白のマリンパンツコーデマリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮! ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ニットと白のマリンパンツの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編■ネイビーのブラウス×白プリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白プリーツスカートの詳細はこちら■白ニット×白プリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツスカート。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■レースの白ワンピース×レギンスコーデアラフォー的エスニックの正解! やや甘めのエスニックテイストが流行の今シーズン、目白押しなのがサックドレス。繊細な総レース、それも明度の高い白を選べば、ぐっと都会的かつフェミニンな印象に。シルバージュエリーやかごバッグでさらにエスニック気分を重ねて、一歩先行く大人の休日スタイルを満喫して。ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ レギンス¥12,000/サード マガジン ペンダント¥91,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ) 太ボールショートネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) 細ボールロングネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ラバー) かごバッグ¥21,000/シティショップ(カテリナ ベルティーニ)▶レースの白ワンピースの詳細はこちら■白シャツワンピース×イエローストールコーデ少し高めの位置でシェイプされたウエストコンシャスなデザインの白のシャツワンピースは、メリハリボディと脚長感を演出。さらに清潔感があってクリーンな印象。ストンとしたシルエットのものだとパジャマ感が否めないけれど、こんな感じの落ち感のあるしなやかな素材や、ウエストコンシャスなデザインでメリハリ体型を意識すると、オフィスでもふさわしい雰囲気に。ワンピース¥43,000/クルーズ(ELIN) ブレスレット¥11,000/アルアバイル(フィリップ オーディベール) ストール¥27,000/ebure(ファリエロ サルティ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶白シャツワンピースの詳細はこちら■肩掛けカーディガン×白シャツワンピースコーデクリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピースならではの清潔感を全面的におしだして。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。バッグとビットスリッパサンダルは黒でコーデを引き締めて、大人のカジュアルコーデの完成。ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶カーディガンと白シャツワンピースの詳細はこちら
  • ロックより落語。フェスより独演会。あ~笑った、笑った!どんなにワイヤレスの波が来ても、アレを聴くときはヘッドホンに限る! そう、聴いているのは落語。独演会へ行く日は、小粋なパープルで品のいいカジュアルに。Tシャツ×スカート×スニーカーなら、長時間座っていても楽ちん♪ 室内は意外と冷えるから白のロングカーデをはおって。カーデが縦感を強調してくれて、スタイルアップにも一役♪ 今日の独演会、最高にすばらしかったなぁ! 帰りは蕎麦屋で軽く一杯♪ Tシャツ¥7500/オーラリー ¥24000/デミルクス ビームス 新宿(バトナー) 襟付きニット¥22000/マルティニーク ルコントルミネ有楽町店(マルティニーク) ヘッドフォン¥6180/アーバンイヤーズお客様相談センター(アーバンイヤーズ) バッグ¥75000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥12963/バナナ・リパブリック 【今月のPROFILE】丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里 大手家電メーカーに勤める31歳。甘服をこよなく愛し、華やかな雰囲気からか会社では"高嶺の花"的存在。だが実は、コツコツ努力家&倹約家。長かった彼とは先日お別れし、最近新たな出会いも……。青山の広告会社勤務広告プランナー・花とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】ハイゲージのロングカーディガン 編み目の詰まったハイゲージなら、ロング丈でも上品。肌ざわりのいいコットン100%。共布ベルトつきでアレンジも自在。¥24000/デミルクス ビームス 新宿(バトナー)【5大初夏トップス】ラベンダーのTシャツ 肌の透明感を引き出す効果もあり、トップス向きなトレンドカラー。白だとさわやかすぎて苦手という人も多いTシャツも、こんな淡色なら女らしくて着やすいはず。¥7500/オーラリー 【初夏の受け皿ボトム】パープルスカート 発色のいいフェイクスエード。¥19000/デミルクス ビームス新宿(デミルクス ビームス)「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】JANE SMITH BIG T SHIRT ¥10,000+税【関連商品】GALLARDAGALANTE ロングカーディガン ¥18,000+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • 未来のシワ・たるみを防ぐためにUVケアは毎日欠かさないというヘア&メイク小田切ヒロさん。日焼け止めを選ぶ時に重視するのは「PA値」と「透明であること」なんだとか。そんな小田切さんにとって絶対無二の日焼け止めを教えてもらいました。ヘア&メイク 小田切ヒロさん白肌信仰はしないけれど、未来のシワ・たるみを予防するためにUVケアは毎日。無色透明になじむものを厳選!「見るのはPA値。肌色を変えない透明タイプを愛す」シワやたるみを防ぐために塗るので、PA値重視。肌色を生かしたヘルシーな肌が今っぽいと感じるので、肌の色に干渉しない透明タイプから選びます。新作は、SUQQU一択! 重さを一切感じさせない感触ながら、肌の水分量や密度を高めるような仕上がりがパーフェクト。もう何本使い切ったかわからないアディクションは、肌質や肌色を変えず、鮮度や透明感などの微差をランクアップしてくれる。信頼しています。(左)アディクション ビューティアディクション スキンプロテクター粉体ではなくオイルでUVカットするからこそかなう、みずみずしい使用感と無色透明な仕上がり。皮脂吸着パウダー配合で、ベタつかず一日中くずれにくい。SPF50+・PA++++ 30g ¥3800(右)SUQQUエクストラ プロテクター 50透明感をたたえた潤いの薄膜がベースメイクにひびくことなく、ほのかなつやを与える今季の人気作。薄く心地よい塗り心地と、鉄壁のUVカット力を両立。SPF50+・PA++++ 30g ¥6000撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク私立図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • 数あるデニムパンツの中でも、ダントツに着回しやすいのがスキニー。フェミニンなブラウスと合わせたり、ガウンを羽織ったりすれば甘辛コーデに。ビッグシルエットのTシャツと合わせれば、シンプルで今っぽな着こなしが完成するよ♪【スキニーデニム春夏コーデ】 格子柄のチュールで大人の可愛げを漂わせて もともとワークウエアであるデニムに、女性ならではの素材をミックスして意外性を。レディなチュールブラウス×濃色スキニーの甘辛バランスが最高! 【スキニーデニム春夏コーデ】 フェミニンなブラウスに遊びを加えるポップな柄! カラフルなダイヤモンド柄と細かなドット柄のコンビが大人可愛い。 【スキニーデニム春夏コーデ】 レギンスよりもきちんと見える黒スキニーでワンマイルコーデを格上げ ビッグシルエットのTシャツ×黒スキニーの相思相愛コーデにカーデを巻いて可愛くこなれて♡ 他の画像を見る
関連キーワード

RECOMMEND