後輩と会う日は、柔和かつ大人っぽいスカートコーデ!【2019/1/24のコーデ】

@BAILA

大学の後輩を集めてモニター調査。ユーザー視点の意見に興味津々

先日失敗したプレゼン。企画に説得力を増すため、リアルな声を収集することに。コートのホワイトとスカートのベージュ、ミルキーな配色で親近感を意識しつつ、ニットは濃紺でキリリと素敵先輩感を。白い面積が多いぶん、ブラックタイツで足をきゅっと引き締めるのも忘れずに。急に声をかけたけれど、後輩がたくさん集まってくれて本当にありがたい! ヒヤリングした内容、どう企画に落とし込もう? なんて考えていたら、久しぶりに電車を乗り過ごしちゃった(汗)。

スカート¥34000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) カーディガン¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) ウールコート¥43000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥280000/シチズンお客様時計相談室(ザ・シチズン) 靴¥74000/ジミー チュウ イヤリング¥16500/スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ジュエリー) バッグ¥35000/プラステ(イアクッチ) グレータイツ¥4200/ステッラ(ピエールマントゥー)

【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里
丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。

明日のコーデ写真一覧へ>>

明日のおすすめ着回しアイテム

【ベージュタイトスカート】
定番のベージュも、ミルクティーのようなまろやかな色みが甘めスタイルにマッチ。¥34000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) 
【ネイビーリブニットカーディガン】
一枚着、羽織りとフレキシブルに活躍。リブ編みの縦長効果でほっそり見えも。¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) 
【リバーシブルウールコート】
オフホワイトとベージュのリバーシブル。マイルドな淡色がフェミニンムードを盛り上げる。¥43000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ)  

「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>


関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪

【関連商品】THREE DOTS ワイドリブ Vネックカーディガン ¥16,000+税
【関連商品】NOLLEY’Ssophi インゴムロングタイトスカート ¥13,500+税

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/絵美里 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 

関連記事
  • コーチがブランドアンバサダーである水原希子とのカプセルコレクション「コーチ × キコ・ミズハラ」を2019年7月26日(金)より日本全国のコーチストア(一部店舗を除く)とオンラインストアにて発売する。バッグやアクセサリー以外にも、初のレディ トゥ ウェアのコラボレーションが含まれるこの新作コレクションは、コーチのクリエイティブ・ディレクター、Stuart Vevers(スチュアート・ヴィヴァース)と水原がパートナーを組んでデザインしたもの。 写真左:KIKO スター リング ¥16,000、KIKO キスロック コイン パース〈H9×W13×D5cm〉¥21,000〜¥23,000・写真右:KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO ミニ スカート ¥34,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉¥60,000、KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachいずれのアイテムもカラフルなリベットや空想上のバタフライモチーフなどがあしらわれ、水原のプレイフルなセンスが生かされたアイテムに仕上がった。水原は自らが考案して名付けた“エイリアン バタフライ”モチーフについて「エイリアンだけど皆をハッピーでピースフルにする、とても不思議でそして魅力的なキャラクター」と説明する。 写真左:KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・写真右:(左)KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO ミニ スカート ¥34,000、KIKO トート ウィズ バタフライ アンド キャリッジ 〈H36×W34×D13cm〉¥35,000、KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・(右)KIKO ロング スリーブ ニット ウィズ バタフライ ¥55,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉¥60,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachほかに、1960年代のコーチのアーカイブスタイルからヒントを得たという新作バッグ「サファリ トート」も登場。メタリックレザーを使用し、ターンロックの留め金が付いたフロントポケットが特徴のこのバッグは、フューチャリスティックなピンク、グリーン、ブラックの3色で展開。内側にはリミテッドエディションのストーリーパッチがほどこされた、特別な一品となっている。また、キャンペーンビジュアルには妹の水原佑果も登場しているので、姉妹の仲良さげなツーショットも併せてチェックを。 写真左:KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉各¥60,000・写真右:(左)KIKO スウェットシャツ ウィズ バタフライ アンド キャリッジ ¥27,000・(右)KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO サテン バーシティ ウィズ バタフライ ¥75,000、KIKO チャーム イヤリング ¥ 9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・二人とも:KIKO ミニ スカート 各¥34,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉各¥60,000、KIKO プラットフォーム スニーカー 各¥37,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachコーチ・カスタマーサービス・ジャパン www.coach.com0120-556-750 text: Fuyuko Tsuji ⇩「コーチ」のカプセルコレクション「コーチ × キコ・ミズハラ」をチェック!
  • スーツ姿の男性陣に囲まれて、いざ、プレゼンへ出陣 今日はかなり大事なプレゼン。ジャケットとスカートをセットアップ風に着て、男性のスーツ姿と肩を並べても違和感なく。地味すぎて埋もれるのは嫌だから、パープルのバッグと靴で、女性らしい自己主張を。昨日しっかり準備したおかげで、プレゼンの手ごたえはばっちり! 上司にも「いいプレゼンだったよ」なんて言われ、心の中でガッツポーズ♪ ジャケット¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュロンドン) スカート¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) シャツ¥15000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュフィロソフィー) 時計¥78000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) ネックレス¥58000/エフ・ディ・シィ・プロダクツ(4°C) 靴¥22000/ラ ジュンヌ ブティック(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥ 36000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【薄軽ジャケット】 コットンツイルのシングルジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に。¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュロンドン) 【スリット入りタイトスカート】 後ろはゴムで、着心地とスタイルアップを両立。スマートなタイトシルエットは、スリット入りで足さばきよく。¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) ● ブルーと白のストライプシャツできちんとした印象ゲット。¥15000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュフィロソフィー) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • トップス¥4500/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 ¥9800/ココ ディール スカーフ¥2900/MEW’S REFINED CLOTHES イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)歩くたびに揺れる裾のフリンジや、上品なラベンダーカラーで存在感たっぷりのスカートが今日の主役! 細かいリブで細見えするピタトップスを合わせれば今っぽさもスタイルアップもお手のもの。スカーフをプラスしてお出かけにぴったりの華やかコーデに。モデル/岡本夏美 撮影/熊木優(io)ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/他の画像を見る▶スカーフコーデ記事一覧はコチラ
  • この長さでもフレアーじゃないから、自転車をこいだ時に巻き込まれない。 そして、今っぽさが出るハイウエストスカート、重宝してます♡Tシャツ   :ユニクロ スカート  :Je chichi スニーカー :NIKE バック   :TOFF&LOADSTONE 機能性とちょいトレンド感もある、プチプラファッションの出来上がり。 ユニクロユーのTシャツはクールタイプのものなので、蒸し蒸ししてるこの季節もサラッと着れていい感じ♡ ハイウエストスカートも、綿とリネンでちょっとだけポリエステルが入ってるので、シワになりにくい。 リネンだけだとボトムはまあシワがえらいことなりますやん。 スカートの色は、ネイビーです。 ボトム回りが重いので、トップスは軽さのでるシロの力をかりました。 かごバックは、シルバーと自然な生成り色のバイカラーがお気に入り♡ そして、これくらいの大きさがやっぱり便利。 自転車に乗る時の、サングラスや帽子も入る。 夏っぽく、ヒトデのネックレスをポイントにしてみました。 ダットスニーカーをかきこなす自信はないので、ナイキのエアーマックスをダットスニーカー風にはいてみました。 この日は、芦屋の美女と芦屋でランチ。 駅近の待ち合わせしやすい、ラッフィナート。 SNSはやってなくて、出るのもNGなので、美しい姿をみせられないのが残念。 でも、その自分の感覚を大切にして流されないからこそ、唯一無二の美しさを醸し出されてるんだろうなぁー。 美しい人をたくさんみてきましたが、別格の気品。 なぜ私と仲良くして下さるのか不思議だー。 タイプも品格も全く違うけど、大切にしている核の部分でお話出来るからかな? まあシンプルに、一緒にいて心地いいか悪いかそれだけかもね。 インスタはこちらから華組 川﨑淳子ブログ
  • 夏の鉄板アイテム「白Tシャツ」。編集部おすすめの白Tシャツのなかから、コンパクトサイズとゆるめシルエット2種類の白Tシャツを使った9コーデをご紹介します。 <目次> 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 【着回したのはこれ】白コンパクトTシャツ しっとりと目の詰まった生地に、ボトムとつかず離れずな丈感のシンプルT。肌なじみのいいオフホワイトをセレクトすれば、ぐっとやさしげな雰囲気に。¥9000/セオリー 【着回し1】こなれ感抜群のオールホワイトコーデ Tシャツとスカート、同じ白でも素材を変えてメリハリを出すことで新鮮に。ピアスやスカーフ、パンプスなど印象に残るきれい色小物をトッピングして夏らしく。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) イヤリング¥6800/ルーニィ スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(トーヴ×ナノ・ユニバース) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 【着回し2】さわやかなツートーンカラーコーデ 白とネイビーでいさぎよくシンプルに。Tシャツがしっかりした生地だから、だらしない感じにならず織り地のスカートともなじんでくれる。小物でもホワイトを取り入れれば、抜け感も出でスッキリまとまる。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥73000/ebure 靴¥25000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥36000/トゥモローランド(ヴァジック) 【着回し3】×ワイドチノのらくチンコーデ コンパクトTをワイドチノにインすれば、今期らしいバランスが簡単に。オフィス映えする小物を“盛る”ことでコーデを引き立たせるのも、ベーシックな白Tだからできること。 Tシャツ¥9000/セオリー パンツ¥28000/ebure メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥23000/アンタイトル(アーロン) 【着回し4】スーパーベーシックな白T&デニムコーデ アクティブに動きたい日は、自分らしさが出せるスーパーベーシックな白T&デニム。カジュアルすぎないよう、黒ジャケットをプラスすれば、Tシャツの質感もあいまってきれいめコーデにシフト。 Tシャツ¥9000/セオリー ジャケット¥62000/ebure パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) チョーカー¥10000/シティショップ(マライカライス) 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 【着回したのはこれ】白バックロゴTシャツ  ゆるいボックスシルエットで、着ると自然と肩が落ち抜け感が。背中には浅い色で入ったレター、裾にはブランドタグがつき、ほどよい旬度の高さ。¥8400/ティッカ 【着回し1】×ストライプパンツで抜け感ワントーン 白のワントーンとストライプで縦長にまとめ、スタイルアップ。今期らしいスリットの入ったロングカーデでこなれ感をあげて、さし色に鮮やかブルーのサンダルで気分もアップ♪  Tシャツ¥8400/ティッカ ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥28000/エストネーション ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) ピアス¥22000/アガット バッグ¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(モルミルス) 靴¥21000/アナイ 【着回し2】Tシャツの素材感で涼し気に コットンTシャツにリネン素材のスカートを合わせて暑い日も快適に。旬のアースカラーに白Tがさわやかなイメージを運んでくれる。足もとに寒色の差し色サンダルを足して、華やかさ&女っぽさも後押し! Tシャツ¥8400/ティッカ スカート¥18000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) チョーカー・バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) 靴¥21000/アナイ 【着回し3】ホワイトコーデを小物で大人っぽく 白Tシャツに白タイトスカートを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、ほんのりスパイシーなアクセントに。 【着回し4】白×オレンジの強コントラストコーデ ミニマルなオールホワイトのインに、今っぽいオレンジのシャツワンピを羽織って。ワンピはさりげなくストライプが入っていて爽やか見え。少ない色数でコントラストを強く着こなせば、印象美人に。 Tシャツ¥8400/ティッカ 白デニム¥26000/エージー ジャパン(エージー) ワンピース¥21000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) リング¥8000/アガット 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)  パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)  時計¥22000/松竹梅(ロバー)
  • 梅雨が空けて蒸し暑い季節がやってきましたね! 夏の日の通勤は、ノースリーブが定番ですがオフィスでは肌寒いこともしばしば。そんな時活躍するのがカーディガン。「ノースリーブ×カーディガン」は夏の通勤コーデの王道と言っても過言ではありません。 BAILA8月号でも特集が組まれている「ノースリーブ×カーディガン」ですが、組み合わせる色みによっていつものコーディネートや印象がぐっと変化するのだとか。 そこで、今回はBAILA8月号を参考に「ノースリーブ×カーディガン」の色の組み合わせをアップデート。 白×ライトグレーの組み合わせで作る、アイシーなコーディネートについてご紹介します。 トップス|ZARA(ザラ) カーディガン|GU(ジーユー) スカート|nano universe(ナノユニバース) サンダル|SESTO(セスト) BAILA8月号で紹介されていた「なじませトーン」を参考に、白のノースリーブとグレーのカーディガンを組み合わせました。 全く同じ色を重ねるのではなくトーンが近い2色を馴染ませるいつもと違った新鮮な印象に。また、白とグレーの配色は涼しげなイメージはもちろん、どこか優しげに見せてくれるのでお気に入りの組み合わせです。 nano・universe(ナノ・ユニバース)の鮮やかなグリーンのペンシルスカートとも相性抜群。 また、グレーのカーディガンはGU(ジーユー)のもの。プチプラなのに、UVカットとウォッシャブルという機能性アイテムなんです。生地もとっても柔らかくて肌触りが良いところも嬉しいポイント。歩くたびにしなやかになびいてどこか優雅な印象を演出してくれます。 \着用イメージの動画もぜひご覧ください/ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 カーディガンは顔映りの美しさを決める重要なアイテム。 今年の夏の通勤は、ノースリーブ×カーディガンの色みをアップデートしませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • ヴィヴィアン・ウエストウッドが、2020年ブライダルコレクションを発表した。今シーズンのテーマは”ローズ”。アーカイブからピックアップしたローズプリントや、環境に配慮したサスティナブルな素材を使用するなど、クラシックとモードが融合したブランドらしいコレクションとなった。 毎シーズン、テーマを設けて展開されるブライダルコレクションは、すべてオーダーメイド。シーズン毎に異なるファブリックとシルエットが提案され、“セミクチュール”として、ロンドンのクチュリエ達の手によって丹念に仕上げられている。 今季を代表するローズモチーフ。ブランド発祥のイギリスで古くから愛され、文化、芸術、文学、宗教など様々な分野で用いられてきた、アイコニックなモチーフだ。そんなローズプリントをコレクションのアーカイブからピックアップ。艶やかなグレーやペールトーンに落とし込み、ウェディングドレスにドラマティックな華やぎを添えた。また、ローズモチーフはプリントのみにあらず。繊細なスパンコールを施したデザインや、ローズモチーフを織り込んだドレスも登場。 他にも、ブランドが得意とするクラシックを再構築。18世紀の彫刻からインスピレーションを得たというコルセットや、舞い落ちる花びらを思わせる美しいドレープ、チュールを幾重にも重ねた多層構造のスカートなど、クチュールライクなドレスはさすがのひとこと。すべて、ブランドが所有するアトリエのキーデザインノートより引用した、伝統的なテーラリングや実験的なカッティング技術の為せる技だ。 さらに注目すべきは、環境に配慮したサスティナブルな素材を厳選している点。シルクやサテンに変わるサスティナブルな素材として、ヴィスコース生地を採用。シルク生地を使用する際には、天然の蚕の命を奪うことなく羽化したのちに採集される、ピースシルクのみを選ぶという徹底ぶり。 環境に優しいピースフルな素材に包まれた、ヴィヴィアン・ウエストウッドのドラマティックなドレス。他にはないエクスクルーシブな1着を求める花嫁にぜひすすめたい。 ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーションhttps://www.viviennewestwood-tokyo.com/03-5791-0058
  • 秋の新作バッグを大発表! FENDIからは秋のムードを連れてきてくれるスエード素材のバッグが新登場。ショルダーバッグとしてもクラッチバッグとしても使え、フラット靴とも相性ばっちり! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 FENDI 【フェンディ】 秋のシックなムードを誘うなめらかで表情豊かなスエード小物 ショルダーストラップをつけて斜めがけにしたり、クラッチ風に持ったり。自由に楽しめる「バイザウェイ」に、丸型チャームの小物入れをトッピング。ブラウンのスエードはどんな着こなしにも合わせやすく、ローファー風のフラットシューズとも好相性。バッグ「バイザウェイ」(15×27×13)¥239000・靴¥99000・スカート¥248000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND