2019着やせアイテム大賞【ボトム部門】に選ばれた3アイテムは?

@BAILA

どんなにトレンドでも、太って見える服なんてもう欲しくない! ほっそり美脚見えが叶う、スカート部門・ベーシックデニム部門・通勤パンツ部門の3アイテムをお届けします。

【スカート部門・ベーシックデニム部門・通勤パンツ部門】一挙チェック!

【スカート大賞】THE NORTH FACE×HYKEのプリーツスカート
おしゃれ好きの心をつかんだ着やせスカート。斜めに流れる裾のラインでさらにシャープに。スカート¥32000/ゴールドウインカスタマーサービスセンター(ザ・ノース・フェイス×ハイク)

ライター 野崎久実子さん(164㎝)「プリーツの織りがしっかりしているので縦長効果がすごい!」
【ベーシックデニム大賞】LEVI'Sの501®デニム
すべてのデニムの原型といわれているモデル(左)と、それをさらに細くした新シルエット(右)。腰まわりの気になるBKIメンバーから熱い支持が。デニムパンツ(右)¥18000(リーバイス® メイド アンド クラフテッド)・(左)¥30000(リーバイス® ビンテージ クロージング)/リーバイス・ストラウス ジャパン

スタイリスト 松村純子さん(159㎝)「ヒール靴と合わせてこれをはく日は必ずやせた!?と言われます」
スタイリスト 室井由美子さん(156㎝)「腰まわりのメンズっぽいストレートな作りがヒップや太ももをカバー」
【通勤パンツ大賞】PLSTのウォームリザーブスティックパンツ
3年連続、冬物で一番人気という超ヒット着やせパンツ。センタープレスとコンパクトなフィット感で信頼の美脚見え。XXS~Lサイズの5 サイズ展開もうれしい。パンツ¥8990/プラステ

スタイリスト 川上さやかさん(154㎝)「高い位置から入ったセンタープレスが脚をシュッと見せてくれる!」

撮影/さとうしんすけ(物) スタイリスト/佐藤佳菜子 ※2019年BAILA2月号掲載

関連記事
  • BAILA3月号!皆さんもゲットされましたか? お美しいヨンアちゃんの表紙に見惚れてしまいます!今月号も、参考にしたい特集がたくさん。素敵な特集ばかりで迷いますが、特に私のオススメ見どころページをご紹介します♡春にかかせないアイテム、トレンチコート。肌寒い日には必須アイテムだけどトレンチに対しての抵抗感があり、理想のトレンチにまだ出会った事がありません。私が持つトレンチの悩みとは… ⚫︎身長が高いのでオーバーサイズのものや袖が大きめのものはトレンドであっても着る勇気がない。 ⚫︎そしてコートの長さが中途半端になってしまう。 ⚫︎ショートカットなので、襟の形によっておじさんおばさんぽく見えてしまう。 ⚫︎可愛めでなく、大人っぽく着こなしたいのに上手くいかない。 などなど。昨年ネットで購入したトレンチコートも、自分が着てみると、着用のモデルさんが着こなすイメージとは違い、似合わなかった為売ってしまったという悲しい事も… 春になると必須アイテムなのなので、このまま持ってないままどうしよう…と毎年悩みます。 そんな私にどんなトレンチがGOODなのかをサポートしてくれるのが「本当に似合うトレンチは“肩・襟・丈”で選べばいい!」の特集です!体型別に、本当に自分に合った最高のトレンチをBAILAがサポート!それだけでなく、更にもっと自分に似合わせる為の着こなしテクニックまで!この特集嬉しい〜 助かります✨ やっぱりコートって高価な物でもあるのでそれなりに長く使いたいし、慎重に選んでいきたいので、私はこの特集を神特集と呼ばせていただいてます ❗️すごく参考になるので、同じ悩みを抱えてらっしゃる方!是非オススメです そしてもう一つ、こんなに素敵な付録が♡ 別冊の「おうち女子会レシピ56」オシャレでインスタ映えしそうなレシピが盛りだくさん! 写真ではホテルや高級レストランに出てきそうなメニューで難しそう…と見えますが、え!これお家のフライパン、鍋一つで簡単に出来ちゃうの?!とビックリするお料理が沢山です料理が苦手(…というより出来ない)私には本当に嬉しい。女子力を高めてくれる素敵な付録に感謝です! しかも、この別冊付録を手にした人にしか分からない秘密のコツまで♡ 加藤綾子さんありがとう♡コッソリ参考にさせていただきます!BAILA3月号で、春は理想のコートと出会い、女子力も高めて思い切り春を楽しみたいです!instagramもしてます よろしくお願い致しますinstagramスーパーバイラーズ 山嵜由恵のブログ
  • お出かけ日和の、お天気の良い週末。ヘアサロンで春髪にシフトチェンジしてきました♪GINZA SIXの向かいにある、完全個室のヘアサロン「松本平太郎美容室 銀座本店」へ。いつものとおり、高校の同級生で唯一の美容仲間である、主任の森住拓人にお任せしました!もはや何も言わなくても、座っているだけで想像を超えたヘアスタイルが出来上がるのが本当にすごい。スタイル:『切りっぱなしウルフ』2019年春の最新トレンドとして注目のスタイルとのこと。これまでも、切りっぱなしのベースに軽くレイヤーを入れるスタイルにしてもらっていたのですが、さらに動きが出やすく、顔型カバーにもなって良い感じ。とにかく髪が伸びるスピードが尋常じゃなく早いため、イメチェンしたかったので鎖骨くらいのレングスに短くしてもらいました。カラー:『ブラウンベージュ』最近流行しているグレイッシュなアッシュカラーに、ブラウンを混ぜてコクと温かさをプラスした春の先取りカラー。元々入っていたローライトと、カラーの抜けた部分をあえて生かすことでグラデーションぽくなり、絶妙な立体カラーに!すごい。重すぎず軽すぎないレベルにレイヤーが入っているので、軽く外ハネにするだけで抜け感のある雰囲気に。✔切りっぱなしボブに飽きた✔グレージュカラーに飽きた✔さり気ないイメチェンがしたいこんな方におすすめです♪
  • コートを着込んでしまう今の時季、感度を左右するのはズバリ顔まわりのおしゃれ。そこで、今回フォーカスするのは帽子。決めすぎは気恥ずかしいから"ハズし"として取り入れる、のが美玲さんが目指したいスタイル。“ハズし”で服のコーデを盛り上げ! 自分らしいバランスに整える桐谷美玲の帽子コーデ淡トーンの服にブラウンのハットという選択 やさしげオーラに包まれる曖昧カラーのコーディネート。そのマイルドさを引き締めるためマニッシュなハットをプラスするのが辛口派の美玲さんらしい。黒だと緩急がつきすぎるからと選んだブラウンは、全体になじみつつ今っぽさに満たされるベストな選択。「ブラウンのハットは初挑戦。こうして服になじむ色を選べば、"気合入ってる感"が出ずにおしゃれに決まるんですね」。 ハット¥120000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) コート¥59000・ニット¥26000・パンツ¥27000/サード マガジン ネックレス¥27000・リング¥21000/ショールーム セッション(マリア ブラック)モノトーン合わせでキャップも大人見え スポーティなムードのキャップも、モノトーンにコーディネートすることで大人っぽく。顔まわりにクリアな白とシルバーピアスをきかせ、洗練度も右肩上がり。「カジュアルすぎに見えないさじ加減が 絶妙です」。 キャップ¥8000/カシラ ショールーム(カシラ) ブルゾン¥55000/ボウルズ(ハイク) ボーダーニット¥33000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス(1個)(¥31000/ショールーム セッション(マリア ブラック)ベレー帽はガーリーにかぶらない主義 ベレー帽の甘さに便乗せず、端正な白シャツでシャープに。真逆なのに均整がとれたMIX感におしゃれの楽しさを再確認。色はチャコールグレーなど、シックな色が大人にはちょうどいい。「コンサバだと思っていた白シャツもベレー帽ひとつでこなれた雰囲気になりますね。大人っぽさもあって理想的」。 ベレー帽¥5000/カシラ ショールーム(カシラ) シャツ¥24000/マディソンブルー ニット¥53000/スローン ピアス( 1 個)¥7200/マユ アトリエ(マユ)正統派トレンチをイエローのニット帽でやんちゃに 知的なトレンチは、いつもとは違う遊びを受け止める包容力がある。だから挑戦したいにぎやかなイエローのニット帽。目新しい自分に出会って。「トレンチってきれいめになりがちだけど、ニット帽でカジュアルダウンしたのが新鮮!」。 ニット帽¥7000/カシラ ショールーム(カシラ) コート¥99000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ニット¥22000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) メガネ¥27000/ブリンク外苑前(メガネロック)帽子はプライベートでもよくかぶります。キャップ、キャスケット、ベレー帽、ニット帽…、たくさん持っていて、昔からなじみ深いアイテムではあるけど、今日かぶったものは、どれも色が新鮮でしたね。私が持っているのは服と同様、ほぼ全部黒だから。合わせやすさを考えて選んじゃうんですよね。靴やバッグで色をきかせることはあっても、顔に近い帽子は悪目立ちする気がして、どうしても躊躇してしまって。 帽子が主役になると、なんだか"かっこついちゃう"じゃないですか(笑)。でも、今日の撮影で感じたのは、服ありきで、そのハズしで取り入れれば上手な盛り上げ役になってくれること。きれいめをカジュアルダウン、コンサバに遊び、甘さを中和…。自分らしいバランスに整えてくれるのが、すごく優秀!撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※BAILA2019年2月号掲載
  • 小面積でも、全身の印象を大きく左右する靴。せっかく更新するなら、週末だけに限定させるのはもったいない。オフィスをはじめシーンレスに活躍する、間違いのない3タイプを厳選してお届け!平日OKなトレンド靴、狙うべきはこの3足!こなれと親近感なら洗練ローファー Santoni(サントーニ) 春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) 優等生なパンツに、しっくりなじむローファー。ミルキートーンが一歩先の洗練をかなえて クリーンなセンタープレスのパンツを、春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。トラッドなシューズも、やさしげなスエードを選べば、女らしくやわらかなムード。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) ブルゾン¥26000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) カーディガン¥32000・パンツ¥39000/ebure ネックレス¥60000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) スカーフ¥42000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック)信頼感×女っぽさの絶妙バランス around(アラウンド)5cmヒールパンプス PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス) 太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス)誰の目にも好印象を確約するシュガーレスなパステルでコンサバを更新 淡グレーとのコンビならミントグリーンも大人顔にスイッチ。太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス) コート¥84000・スカート¥32000/ebure ニット¥24000/セオリー ネックレス¥133000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) ストール¥9800/ルーニィ バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 靴下¥900/タビオ平日コーデに抜け感を牽引 バックストラップフラット DES PRÉS(デ・プレ) 鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)端正なモノトーンの通勤コーデをかかとの抜け感で足取り軽く 鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。一点投入すれば、きちんと上品でありながら、遊ぶ余裕を感じさせる大人の着こなしに。「かっちり」一辺倒になってしまいがちな平日ワードローブにこそ、バックストラップの軽さが有効。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ジャケット¥69000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) デニム¥24000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥18000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) バッグ¥37000/エフユーエヌ(ベルメール)撮影/三宮幹史(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/ヨンア ※( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年3月号掲載
  • BAILA3月号の注目特集は“どベーシックこそ似合うで見直す!” とりあえず持っているベーシックアイテム、トレンチコート。 おちびは着こなしてる感より、着せられてる感が出がち。 そんなおちびでも、カッコよくトレンチコートを着れる方法がわかります☺︎ これが普段の着方です☝︎ 着せられてる感ありますね(・・;) BAILA3月号は、こんな風に細かく着こなし方を載せてくれてます!おちびさんには必見です◡̈♡ 詳しくは、本誌をご覧ください。 書いてあった方法をやってみました。少し抜け感ができたかも(*^^*) 皆さんも、ぜひ試してみてください! スーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
  • 数年前に購入したデ プレの赤ニットは春が近づくと着たくなります。 まだまだ寒い日が続いていますが、春はすぐそこまで来ています。 エクラ3月号も、春ファッションにシフトしていましたね。 暖かくなるのが待ち遠しい今日この頃です。 数年前に購入したのですが、春が近づいてくると手にするのがこのデ プレのニット。 ハイゲージでとても軽いこのニットは、サイドに深いスリットが入っていて、春風にふわっと揺れるようなデザインです。 朱色に近い赤色もなんだかウキウキさせてくれます。 赤色ニットは不思議とどんなボトムスでも合ってしまいます。 今回は、これもエクラ3月号で提案されている、グレーのデニムを合わせました。 アッパーハイツのデニムで、THE ROOTというモデルです。カラーはシルバーに近いグレー。 太めのストリートでゆったりなのでストレスフリー。 他に、ドレステリアのジップアップパーカーと合わせてワントーンコーデにしてみました。ドレステリアのジップアップパーカは、ホワイト、ネイビーも持っていて大ファンです。 数量限定のブラックももちろんゲットしました! (それについてはまた。) ローヒールパンプスはファビオルスコーニ。 Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • 寒波が過ぎ去り、気分もだんだんと春めく今は花柄アイテムが恋しい。ノンノ世代のみんなは、花柄のワンピース、ブラウス、スカートなら1枚は持ってるよね。今回はすぐまねできる花柄のお手本コーデ15選をまとめたよ。春らしい着こなしの参考にぜひ!【春の花柄ワンピースコーデ】 ケーブルニットのボリュームをシアーなスカートで引き算 真冬の白っぽワントーンは素材感で見た目にも暖かく。ざっくりニットに揺れ素材の花柄ワンピで春っぽを叶える。 【春の花柄ワンピースコーデ】 フェミニンな花柄ワンピのハズし役にハイテクスニーカーが◎ クリーンな表情のハイテクスニーカーと合わせてフェミニンなワンピをカジュアルダウン。 【春の花柄ワンピースコーデ】 真逆のテイストでオシャレの腕試し♪ 落ち着き感のあるフェミニンな小花柄ワンピのハズし役は、カーキのブルゾンと赤いスニーカーにおまかせ。真逆のテイストでギャップを作るのが、オシャレ上級者への近道だよ。 他の画像を見る
  • トレンド大好き派のクローゼットは、流行のアイテムが多く、気づけばトレンド周回遅れのアイテムがぎっしり詰まっている、なんてことも。整理することでおしゃれのモチベーションも上がるはず。
関連キーワード