自転車でお出かけする日は、白とグレーの洗練カジュアルで【2019/1/20のコーデ】

@BAILA

都内ならどこでも自転車移動。あれ? なんだかギアの調子が悪い。愛車を携え、メンテナンスに

せっかく出かけるなら、白と淡グレーのグラデーションで冬カジュアルを満喫! 首まわりを温めるタートルのレイヤードや気持ちまでやわらぐボアアウターに包まれて、寒さのなかの自転車移動も涼しい表情。愛車を修理する間、カフェでひと息。こんな風にゆったり過ごす休日は久しぶりかも。なんだかすごく癒された気がする♡

パンツ¥34000/セオリー  ハイネックカットソー¥10000/スローン ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ボアブルゾン¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  リュック¥8300/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ピアス¥3500/アビステ ニット帽¥6400/カシラ ショールーム(カシラ) ストール¥28000/セオリー リュクス

【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花
広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。

明日のコーデ写真一覧へ>>

明日のおすすめ着回しアイテム

【グレーセンタープレスパンツ】
クールなアイスグレーが辛口スタイルにぴったり。¥34000/セオリー 
【ゆる感ボーダートップス】
ほどよいルーズ感が今どき。柄でのアクセントづけにも重宝。¥11000/ゲストリスト(ルミノア)
【ホワイトハイネックカットソー】
シンプルなタートルカットソーは、今季らしい重ね着のインナーとしても大活躍。レフ板効果のあるクリアな白を。¥10000/スローン 
【ホワイトボアブルゾン】
モコモコのボアが可愛げ足しに作用。ボトムを選ばないショート丈も◎。¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 

「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>


関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪

【関連商品】GALLARDAGALANTE パイピングボアコート【オンラインストア限定商品】 ¥25200(¥28000の10%オフ)+税
【関連商品】suadeo ソフトサーモ美脚パンツ ¥8400(¥12000の30%オフ)+税

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 

関連記事
  • 手抜き感の出やすい休日コーデは、今流行のハイテク系スニーカーを合わせると一気にしゃれ感が出るんです。スニーカーの色をTシャツなどとなじませてワントーンにまとめるのがコツ。休日コーデを大人っぽくしてくれるハイテク系スニーカーを厳選しました。クリーム寄りのアッパーの白スニーカー。ボリューミーなソールも淡色の日のスタイルアップに効果的。靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)ボリュームのあるフォルムでぐんと今っぽく。ブルーグレーのトーンで統一されているから、大人っぽく履ける。靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。暖色系でも甘くなりすぎず涼しげに演出。靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)軽やかな白ソールを選べば、黒スニーカーも重たく見えずバランス良好。靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 働く美女組の声を反映した、M7days for Officeのスペシャルアイテムを製作。おしゃれで働きやすく、ディテールにこだわりぬいた"確実に使える"仕事服が完成!美女組のリアルな声を形にしました!働く美女組さんに集まってもらい、座談会を実施。上司、同僚、後輩からの意見や、実際のお仕事シーンで必要な機能やデザイン、スタイリングのお悩みなどをもとに製作しました。つかず離れずの縦長タイト ■ラップ見えスカート お仕事スカートの基本はやっぱりタイトとの声多数。今年らしい少し長め丈&ポイントになるラップ見えデザイン、かつ適度にゆとりをもたせたシルエットに。 上品なオフホワイトで夏らしいさわやかなスタイルに落ち感のあるとろみ素材が、すっきりとしたシルエットを実現。シワになりにくいので、立ったり座ったりを繰り返しても夕方まできれいをキープできる。ボトムにはポケットが必要という声を反映し、ポケット口が開かずすっきり着られるファスナータイプに。長め丈だからトップスインしてもグッドバランス。ペタルスリーブブラウス¥17,000(サクラ) パンプス¥27,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ/スタイリスト私物夏スタイルをシックに仕上げる大人仕様のキャメル斜めに入ったラップ風切り替えが、気になるおなかを目立たせず着やせ効果を発揮。甘めブラウスも、タイトシルエットでシャープに着られる。エンブロイダリーブラウス¥26,000(ティッカ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ドットチュールサンダル¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol■エムセブンデイズ【洗える】とろみラップ風スカートカラー:オフホワイト、キャメルサイズ:1、2¥13,000 自宅で洗えてお手入れ簡単 ■薄軽ジャケット ジャケットは確実にきちんと見せたいので、高見え素材を吟味。上質感がありながら、軽やかな着心地でストレスフリー。コンパクトデザインだから、合わせるボトムスを選ばない。 重要度の高い予定も端正なネイビーがあれば安心どんなインナーにも合うノーカラーの縦長Vあき。ポケットつきで実用面もクリア。ジオメトリックギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・エンブロイダリーブラウス¥26,000(ティッカ)・【福田亜矢子さん×マリソル×A.D.M.J.トリプルコラボ】牛革トートバッグ¥42,000(エー・ディー・エム・ジェイ)・フラットポインテッドパンプス¥33,000(チェンバー)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物旬のジャケットカジュアルにも着回せるライトグレー麻のような風合いでありながらシワになりにくい、まさにいいとこどり素材! 取りはずし可能な脇パットつき。【福田亜矢子さん別注】MADEMOISELLE長袖トップス¥11,000(ルミノア)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【洗える】コンパクトジャケットカラー:ネイビー、グレーサイズ:0、1、2¥19,000 はくだけで脚長効果 ■すっきりワイドパンツ ジャケットと同素材を使用したパンツ。スーツでそろえておけば、これからの季節のお仕事スタイルは完璧。ワイドシルエットでほんのりトレンドも感じさせられる。 セットアップでそろえたいさわやかなライトグレー太すぎないワイドシルエットとソフトなハイウエストで、誰でも確実に脚が長く見える! Tシャツ【徳原文子さんコラボ】¥7,900・【洗える】コンパクトジャケット¥19,000(エムセブンデイズ)・バッグ【ジョリーリザード】M¥41,000(トフアンドロードストーン)・スニーカー【STAN SMITH】¥14,000(アディダス オリジナルス)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【洗える】セミワイドパンツカラー:ネイビー、グレーサイズ:0、1、2¥15,000 【Marisol 6月号2019年掲載】魚地武大(TENT/物) スタイリスト/徳原文子 取材・文/発田美穂
  • はくだけで誰からも好印象のプリーツスカート。夏場も華やかに大人っぽくプリーツスカートコーデを着こなしましょう! 40代に捧ぐ最旬プリーツスカートコーデを一挙ご紹介。【目次】 ①40代のための最旬プリーツスカートコーデ ②美女組Akaneさんの着回し40代的プリーツスカートコーデ ③この夏に買うなら「透け感プリーツスカート」①40代のための最旬プリーツスカートコーデ■白のニット×白のプリーツスカートコーデドレスを選ばずともプリーツスカートでさらなる華やかを狙って。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■ネイビーのブラウス×白のプリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白のプリーツスカートの詳細はこちら■白のニット×白のプリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツ。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。ニット¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白のプリーツスカートの詳細はこちら■黒のリブニット×白のプリーツスカートコーデ春のモノトーンコーデは、小さなドットと足もとの透け感で更新。リブニット×プリーツスカートの定番フェミニンスタイルも、スカートが透け素材&ドット柄になるだけでフレッシュに。パテントのワンハンドルバッグやスエードのヒールパンプスなどクラシカル小物で大人にまとめて。足もとの透け感に合わせ、靴の色も淡めトーンにするのがこなれて見える秘けつ。スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) リブニット¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ストール¥53,000/ebur(e ファリエロ サルティ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥74,000/ジミー チュウ▶リブニットと白のプリーツスカートの詳細はこちら■リネンジャケット×チョコレートブラウンのプリーツスカートコーデシルクのプリーツスカート×リネンジャケットの絶妙な甘辛バランス。チョコレートブラウンのロングプリーツスカートも、透け感で繊細なイメージに。リネン素材のロング丈ジャケットをはおり、マニッシュなスタイリングに落とし込むのが新鮮。スカート¥34,000/ANAYI ジャケット¥145,000/マディソンブルー Tシャツ¥7,500/オーラリー バッグ¥185,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) バングル¥16,600/シップス 有楽町店(フィリップ オーディベール) ピアス¥31,000/ショールーム セッション(マリハ)▶ジャケットとチョコレートブラウンのプリーツスカートの詳細はこちら■トレンチコート×白のプリーツスカートコーデイタリアのテキスタイルメーカー「Cangioli」社の生地を使用した、プリーツのようなシワ感が特徴的なロングトレンチ。たっぷりめの袖口をきゅっとたくし上げることで、女性らしい柔らかなシルエットに。プリーツスカートなど揺れる素材と合わせてもスタイリッシュにきまる。トレンチコート¥120,000・スカート¥59,000/ebure ニット¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) バッグ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴァジック) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ)▶トレンチコートとプリーツスカートの詳細はこちら■トレンチコート×ネイビーのプリーツスカートコーデオレンジカラーをきかせた遊び心のある大人のカジュアルフェミニンスタイル。ハンサムトレンチのベージュにきかせるならこっくりしたオレンジがおすすめ。ネイビーのプリーツスカートと合わせれば誰からも好感度を持たれるコーデに。ボーダー×プリーツスカート×トレンチ×パンプスの定番コーディネートも、色合わせしだいでこんなに新鮮! トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) ニット¥28,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥38,000/ロンハーマン ネックレス¥23,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヘレナ ローナー) バッグ¥56,000/ドゥロワー 丸の内店(ドラゴン) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶トレンチコートとプリーツスカートの詳細はこちら■ベージュのブルゾン×ピンクのプリーツスカートコーデベージュ×ピーチピンクで完成!洗練のフェミニンコーデ。黄みを帯びたピーチ色、ひんやりとした光沢感。甘すぎないピンクのプリーツスカートを、スエードブルゾンなどカジュアル感のあるベージュでさらにこなれさせて。ブルゾン¥62,000/サード マガジン Vネックニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュマルティニーク) スカート¥63,000/スーパー エー マーケット(マラホフマン) ピアス¥29,000/デ・プレ(アンコモンマターズ) 3 連バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥80,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶ブルゾンとプリーツスカートの詳細はこちら■レザージャケット×スウェットパーカ×シフォンのプリーツスカートコーデシフォン素材のプリーツスカートをデイリーに落とし込むには、思いきりカジュアルなスウェットがおすすめ。真逆の要素が加わることでかえってシフォンスカートの女らしさがきわだつ。スニーカーやレザーブルゾンなど、辛さをどんどんレイヤード。このMIXかげんが今っぽい。透け素材ならではの、ニュアンスのある発色も主役のシフォンプリーツ。白やライトグレー、シルバーなどほかのアイテムは色みをつなげ、スカートの存在感を引き立てて。パーカ¥11,000(マカフィー)・レザージャケット¥138,000(チンクワンタ)/TOMORROWLAND スカート¥23,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ピアス¥29,000/デ・プレ(アンコモンマターズ) ブレスレット(上)¥11,000・(下)¥13,500/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥25,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) ▶レザージャケットとシフォンのプリーツスカートの詳細はこちら■カーキのブルゾン×ピンクのプリーツスカートコーデほんのりトラッドな抜け感を楽しみたいならフードつきの大きめブルゾンをフェミニンなプリーツスカートコーデのハズシに投入。体が泳ぐゆったりシルエットが、逆に女らしいリラックス感を演出。ヒールにチェーンバッグ、とブルゾン以外はとことん女っぽくするのがフードつきを素敵に着こなすコツ。ブルゾン¥49,000(ウールリッチ)・ピアス¥9,000(ソコ)/TOMORROWLAND ニット¥19,000・スカート¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) バッグ¥120,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶ブルゾンとプリーツスカートの詳細はこちら②美女組Akaneさんの着回し40代的プリーツスカートコーデ\着回したピンクのプリーツスカート/DAY1■ゆるめのカットソー×ピンクのプリーツスカートコーデ「白シャツだと上品になり過ぎますが、ゆるめのカットソーなら抜けた感じで女性らしさもUP。ミラオーウェンのカットソーは、これが本当はバックスタイルなのですが、わたしは前側でも着ています。シューズはパンプスよりサンダルで老け防止。ご近所ならお財布とスマホだけ入る小さなバッグを持って」(Akaneさん)▶カットソーとピンクのプリーツスカートの詳細はこちらDAY2■ベージュのカットソー×ピンクのプリーツスカートコーデ「長時間座る時にもゴムのウエストは助かります。ベージュのカットソーならピンクが落ち着いて見え、若さをがんばっている印象にはなりにくいです。『ドゥーズィエム クラス』のカットソーはベージュでも色が絶妙で“おば見え”回避。上下で色が控えめになるので、シューズと小物はゴールドが入ったメタリックでアクセント。アメホリのプチプラトートはお弁当と水筒が入るので、春のスポーツ観戦にも最適です」(Akaneさん)▶カットソーとピンクのプリーツスカートの詳細はこちらDAY3■ネイビーのスウェット×ピンクのプリーツスカートコーデ「サイズはS・M展開です。いつも『VIS』ではSサイズが多いのですが、Mのほうが動いた時のフレアの揺れ幅が広く、スカートの表情がよく出たので今回はMサイズにしました。試着時にはサイズ確認も大切ですが、試着室から出て少し動いてみることもおススメです。ロングスカートでもふくらはぎなど中途半端な丈ではなく、足首だけ見えるくらいマキシ丈のほうが若見えします。そしてヒールパンプスよりはペタンコやサンダルのほうが、更に老け防止になりますね♪」(Akaneさん) ▶スウェットとプリーツスカートの詳細はこちら③この夏に買うなら「透け感プリーツスカート」透け感プリーツスカート 透け効果で足首すっきり。軽やかな素材感で動きもドラマティックに(右)細かなプリーツと端正なネイビーカラーがシックな印象。落ち感も美しく、はくとスラリとしたシルエットに。スカート¥26,000/ANAYI (中)やや太めのランダムなプリーツで、コーディネートに動きをもたらしてくれる。トレンド感がありながらどんなトップスにも合うブラウンの発色も魅力的。スカート¥28,000/エッセン.ロートレアモン(エッセン.ロートレアモン) (左)ラベンダーカラー×ギンガムチェックのとびきりフェミニンなスカートは、透け感のおかげで大人っぽくまとまって。ヒップ下まで細かく入ったプリーツでほどよいボリュームに。スカート¥28,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク)▶透け感プリーツスカートの詳細はこちら
  • 仲よしの元カレと一杯。「今日どうする?」「お会計、お願いしまーす」2wayで着られるリブニット。深い意味はないけど、なんとなく深Vを前にして女っぽく。ブルーのきれいめパンツを合わせれば、初夏らしいさわやかなムードに。足もとはヒールサンダルで大人っぽく振るのが気分。仕事の話から趣味の話まで語れる元カレとは、今ではいい友達。話は尽きないけど、明日は朝から愛車でサイクリング予定。もう一軒さそわれたけど、フツーに解散!リブニット¥17000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) パンツ¥12000/メゾン イエナ(イエナ) ピアス¥17000(参考価格)/アウトネット カスタマーケア(アイリス & インク) 靴¥23000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥57000/エッセンス オブ アナイ(オーエーディー ニューヨーク)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務広告プランナー・花 企画を手がけるプランナーとして、バリバリ仕事をこなす29歳。クールな見た目とは裏腹に、大の甘党&忘れ物もやや多めと、そそっかしい一面も。愛犬のまいぺと自転車をこよなく愛し、恋愛は休憩中。丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】ライムグリーンのリブニット グリーンばやりの今季はライムも注目色。どちらのネックが前でも使えて、着回しに最適。¥17000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)【初夏の受け皿ボトム】ブルーのきれいめパンツ デニム感覚ではけて、デニムよりきちんと見えするシャンブレー。¥12000/メゾン イエナ(イエナ) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】NOLLEY’S sophi 7GワッフルVネックプルオーバーニット ¥8400(¥12000の30%オフ)+税【関連商品】M7days for office リネン風テーパードパンツ ¥14400(¥16000の10 %オフ)+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • ロマンチックで女らしい印象のフラワー柄、お好きな方も多いと思います。BAILAでも一年中、爆推ししているプリントです↓。だって可愛いんですもの。一枚ではもちろん、アウターの下に着ても愛らしさ&おしゃれ感がダダ漏れるため、推しすぎてBAILA編集部内ではもはやベーシック化している柄、それが花柄です。華やかなフラワープリントを着て気分が上がるなら、身長や骨格診断の結果がどうだろうが年齢が何歳だろうが、イエベorブルベ肌にも関係なく、大柄でも小柄でもモノトーンでもカラフルでも、堂々と着ればいいんです。しかし確かに、甘めムードが強い柄です。とくに、この記事を書いているエディター沖島のように、骨格診断ストレートでイエベ肌、さらに誰が見ても明らかな男顔の場合「着てみたいけど似合わなさそ~う」と、花柄を敬遠しがちな方も多いのではないでしょうか。そんな同志のみなさまに、プチプラで挑戦しやすい花柄アイテムを【しまむら】からお届けします。骨格診断ストレート&イエベ肌&男顔のエディターが選んだ花柄①:スカート見えワイドパンツ小花ティアードパンツ・黒・Mサイズ(品番:523-3504)¥1900/しまむらいきなり赤やピンクの鮮やかな色や、大輪の花が咲き誇るプリントに挑戦するのはハードルが高いでしょうから、無地感覚で着回せるモノトーンで繊細な小花柄、フラワープリント初心者はこのあたりからスタートするのがよいでしょう。さらに、顔から話したボトムで取り入れると、トップスで甘さを調整できるので便利。こちらはマキシ丈ティアードスカートに見えますが、実はワイドパンツ。ふんわり素材ですが透け感はあまりなく、さらにしっかり裏地がついているので下着は一切透けません。安心。【花柄チャレンジコーデ①】大きめサファリシャツと甘辛ミックスボトムだけでじゅうぶんスウィートなので、メンズライクなトップスと甘辛ミックスコーデが◎。今年らしいのはアースカラーのサファリシャツやTシャツ。男性でも着られるようなビッグサイズを選ぶと、ボトムのふんわり感とのバランスもちょうどよくなると思います。足もとはスニーカーやフラットシューズでカジュアルめに。【花柄チャレンジコーデ②】Tシャツワンピと合わせたゆるゆるコーデもう少しトレンド感を強めたいなら、さまざまなブランドでこの夏売れている、大きめロングTシャツワンピースの裾からワイドパンツの裾をのぞかせる“ずるずる&ゆるゆる”コーデはいかがでしょう? 写真でエディター沖島が上に合わせているのは【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のオーバーサイズTワンピース(L、¥2990)です。これも、メンズライクなデザインのTシャツに、ふんわり小花柄の甘さを加えた甘辛ミックススタイルですね。骨格診断ストレート&イエベ肌&男顔のエディターが選んだ花柄②:モノトーン2WAYワンピース花柄前ボタン半袖ワンピース・中黒・Lサイズ(品番:523-1612)¥1900/しまむらもう一点【しまむら】で購入したのがこちらのワンピース。ワンピとしてはもちろん、フロントボタンがすべて開くので、ガウンのようにも着られるんです。胸元はゆるやかなUネックで、ややベルスリーブになっています。ウエストの切り替え位置が胸のすぐ下なので、上半身はスッキリ、下半身は脚長に見せてくれるデザインです。細い共布ベルトつき。【花柄チャレンジコーデ③】レギンスパンツと合わせた定番ワンピコーデ一枚きりだと透け透け(インナーも裏地もなし)なので、中に着るアイテムを工夫する必要があります。おすすめはレギンスパンツを下に重ねるコーデ。よくある黒ではなく、ザラ(ZARA)で買ったベージュのスエード調レギンスを合わせて、色は明るくなじませながら、素材で甘さを引き締めました。ザラのレギンスはスキニーパンツのように一枚でも無理なく履ける厚手タイプが多いので、こうした透け感のあるワンピースやスカートによく似合います。【花柄チャレンジコーデ④】デニムに女らしさを加える、真夏の薄軽はおり フロントボタンを全開にして、【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のハイライズワイドストレートジーンズ(¥3990)の上にガウンのように羽織ってみました。大ヒット中のこのデニム、ズドーンと太く、ディテールもワークテイストなので、コーデや着る人によってはちょっとゴツく見える可能性もあると思うのですが、小花柄のはおりものでふんわりやさしい要素を加えることで印象がやわらかくなります。これも甘辛ミックススタイルですね。【花柄チャレンジコーデ⑤】試しに2つを合わせたら、意外なほどドレスアップ感が!以上、別々に着てみた2アイテムですが、ともに柄物とはいえモノトーンという共通点があるので「もしかして意外と合うのでは?」と思い、重ね着したコーデがこちら。ワンピースの透け感をワイドパンツでカバーしながら、ちょっと違う柄が裾からひらひらのぞくスタイル。「ホテル女子会に行けちゃうほどのドレスアップができた気がする!」と、合計¥3800(税込)のコスパの高さに大満足。 今回ご紹介した花柄のように、普段あまり着なれないアイテムも【しまむら】などのプチプラなら挑戦しやすく、コーディネート筋を鍛えるのにおすすめです。一時期よりブームが落ち着いているとはいえ、まだまだあなどれない“#しまパト”の底力を感じました。みなさまもぜひ、レッツ #しまパト !【合わせて読みたい】意外なブランドが意外とおしゃれ&高コスパ!取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムはすべて私物で、個人の感想が含まれています。また、価格や在庫状況などの商品情報は2019年5月中旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • 毎日のコーデに欠かせないデニム。今一番輝いているリアルファッショニスタ10人の10コーデは必見!※インスタグラマーのフォロワー数は2019年4月現在のものです。----10人のデニムコーデをcheck!----◀︎ スライド ▶︎フェミニンな柄ブラウスを合わせてこなれたフェミカジミックスに 「春夏のデニムコーデはシンプルになりがちなので、地味にならないように柄のブラウスを合わせ、胸元からキャミのレースを見せて華やかにしました。デニムはロールアップして足首を見せ、重心をアップ。細いベルトでウエスト回りもすっきりさせています」 のこさん インスタフォロワー16.2万人 @noko_ta ワンピースからちらりと見せて今っぽレイヤードスタイルに 「透け感のあるコットンのワンピースの足元に、デニムをチラ見せして今っぽいレイヤードコーデにしました。かなり厚底のブーツでスタイルアップしています。暑苦しくならないよう、腕を肌見せして涼しげに。ミニバッグをアクセントにしました」 由布菜月さん インスタフォロワー9.9万人  @yufudayo 大きめサイズのデニム&カットソーを上品カジュアルに着る 「青のボーダーに白デニムで、さわやかに仕上げました。カットソーはメンズサイズで大きめなので、インしてすっきり見えるように。コーデは淡いトーンなので、小物は黒で締めました。シンプルな組み合わせなので、時計など小物にもこだわっています!」 かほこ。さん インスタフォロワー30.2万人  @xxokohakxx 他の画像を見る撮影/冨樫実和(インスタグラマー) 富田恵 細谷悠美(2人とも物) web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • あれこれ悩まなくていいのがTシャツの魅力ではあるけれど、ちょっと工夫したらコーデの楽しさは倍増! 扱いやすいアイテム だからこそ、着こなしの幅を広げるチャンス♪ 色、素材、シルエットでネオナチュの波に乗る Tシャツだけどスポーツやストリートじゃなくて、ゆるっとナチュラルテイストが新しい! 全身をアースカラーでまとめつつ、天然素材のバッグでナチュラル感をアピール。ゆるいシルエットもネオナチュムードたっぷり。 Tシャツ¥4500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL)定番ボーダーTはジャケットで大人マリンに 旬のテーラードジャケットはTシャツと相性バツグン。手持ちボーダーをぐっと大人に着てみる。おなじみのマリンルックを大人可愛くシフト。 Tシャツ¥1490/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード(アース ミュージック&エコロジー)ロング&ロングのシルエットで着る ゆるくて長いアイテム同士を組み合わせて、「フツー」から「おしゃれ」へ脱出する。素材のメリハリがポイント。クロシェ編みスカートなら気張らず表情豊かに見せられる。 Tシャツ¥5000/SNIDEL他の画像を見る 1枚目 ジャンスカ¥13000/リー・ジャパン(Lee) ネックレス¥1800/ゴールディ バッグ¥4620/神戸レタス サンダル(スカーフリボンつき)¥6900/RANDA 2枚目 ジャケット¥7500/AG バイ アクアガール デニムパンツ¥18000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥32000/MIDWEST(MARROW) イヤリング¥1600/ゴールディ サンダル¥28000/ビームス ウィメン 原宿(ファビオ ルスコーニ) 3枚目 スカート¥14500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) キャスケット¥1500/INGNI ピアス¥12000/TOMORROWLAND(リジー フォーチュネイト) バッグ¥4500/キャセリーニ 白クリアサンダル¥5990/AG バイ アクアガール 4枚目 スカート¥7400/MURUA バッグ¥2583/神戸レタス シングルピアス(各)¥4500/ステラハリウッド サンダル¥6900/RANDA 5枚目 スカート¥6900/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店(ユー バイ スピック&スパン) ソックス¥700/Tabio(靴下屋) バッグ¥2999/SPINNS イヤリング¥2600/ゴールディ サンダル(一部店舗のみで販売)¥2490/GU ▶Tシャツコーデをもっとチェックモデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • ラフな休日コーデも、ハイテク系スニーカーを合わせれば今っぽくなり手抜き感もゼロ。ヴィヴィッドな色使いで“きかせる”最旬のハイテク系スニーカーを集めました。アクティブに仕上げるのが洒落見えのポイント。最初の一足なら、オールマイティな白ベースがおすすめ。ネイビーのスポーティなカラーリングに、フレッシュピンクのアウトソールで可愛げをのぞかせて。靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ)レトロなムードが漂うベージュスニーカーなら落ち着いたコーデとも相性がいい。ソールや履き口のビビッドカラーが今っぽさをプラス。靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー)90年代風のカラフル配色が、今かえって新鮮。シンプルコーデのアクセントとして履いても◎。靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)シューレースなどベースがネイビーなので、パープルやブルーの色合いが上品にまとまる。軽いソールで履き心地も楽ちん! 靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND