【着やせに必須】防寒インナーはこの2ブランド4型で決まり!

@BAILA

BAILA2月号、ご覧になりましたか?

メイン特集は
「30歳からの着やせ大賞」

着やせ、永遠のテーマです。

どうしても着ぶくれがちな冬服、着やせへ重要なのは暖かインナー!

キャミソール、タイツ、ペチコートなど、昔からインナーにこだわるのが大好きでして。

ここ何年かかけて試した結果、
今年は2ブランド4型で固まってまいりましたのでレポートします!

辿り着いた形はキャミソールと、襟ぐりの広い袖ありの2つ。

内勤の日や飲み会がある日など、
ニットの中に袖ありインナーだと暑くなるな〜という日に便利なのがキャミソール。

体温調節、上手くいきます。

お洋服の素材や形的に袖ありインナーが難しいことも多いので、必要ですよね。


そして、襟ぐりの広い袖あり。
こちらを選ぶポイントは、素材の厚さよりも二の腕にぴったりフィットしているかどうか。

このフィット感で、暖かさが全然違います。

①キャミソール×暖かさ優先

Hotcott(ホットコット)のキャミソール。

95%コットンで出来たこのシリーズ、肌に優しいのはもちろんなんですが、綿の暖かさに驚きました。

ポイントは丈の長さ、背中まで覆うデザイン。
キャミだけど、大事なところは守って温めてくれます。

②キャミソール×デザイン重視

PEACH JOHNの It'sホッティフワリーロングキャミ。

やや透け感のあるニットなどにおすすめなのがこれです。

肩ひもは丸紐、フロントデザインも今っぽい。

そして背中も真っ直ぐなので、透けてもダサくない!

ふわふわ素材で気持ちよく暖かいのに、見た目もキープしてくれます。

私は白黒2色買いました!

ふわふわゆえに、毛玉面ではやや心配なので、大事に着てます。

③袖あり×チラ見え回避

Hotcott の綿混九分袖オフショルダー。

商品名では九分袖なんですが、きっちり伸ばせばという感じ。
正直そんなに長くないです。
けど、実はそこが良い。
冬でも着たい袖コンブラウスのインナーに最適なんです。

肩の上の方で着た状態で腕を曲げ伸ばししていると、私の場合七分丈くらいに上がってくるですが、
そのおかげでブラウスの袖から全然出ない。

袖コンブラウス、上がってくること多くないですか?
それでも出ませんから。ロケの時にも安心なんです。

④袖あり×殿堂入り!

PEACH JOHNの It'sモイスティ九分袖。

これは私的殿堂入りインナーです。

前後に広いV空きでお洋服を選ばない、
二の腕にはもちろんぴたっとフィット、
腰まで覆う丈感と九分袖、
気持ち良いしっとりの肌触り、

そして何より、物持ちが素晴らしく良い!

写真のもの、5年前に買ったんですよ。

全く毛玉にならず、破けることもなく、伸びてもいない。
インナーは使い捨て説を覆してくれた1枚です。

PEACH JOHNのインナーは1シーズンで発売が終わってしまう事が多く、その度にもう一枚買っておけば…と悔しくなるのですが、

このシリーズの黒は毎年発売される。(今のところ)
その安定感も好き。

ブランドはHotcott、PEACH JOHN

大きな特徴としては、
保温性はHotcott。
肌触りとデザインはPEACH JOHN。

この2ブランド4型で、着やせしつつこの冬を越せそうです。

instagram/ @nishijima_madoka

instagramにも写真あげてます。

お洋服、美味しいもの、お仕事のこと。


スーパーバイラーズ 西島まどかのブログ

関連記事
  • 「Tシャツワンピ」と「ハイテク系スニーカー」は休日コーデの神コンビ! 簡単だけど、手抜き感ゼロでちゃんと今っぽくなれるんです。Tシャツワンピを旬に見せてくれるハイテク系スニーカーの合わせワザをご紹介します。Tシャツワンピに“きかせる”俺様スニーカー(左から)靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) 靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー) 靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ)抜け感に即効性のある、クリアな白。定番のネイビーワンピも脱・無難! “きかせ”に使いやすいのは、どんな色とも相性がいいオールマイティな白ベース。ネイビーとのスポーティなカラーリングに、フレッシュなピンクのアウトソールで可愛げをのぞかせた一足が、裾にかけてふわりと広がったフェミニンなワンピをシャープに引き締めてくれる。ワンピース¥9200/ミラ オーウェン  ルミネ新宿2店 靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ) バッグ¥150000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥27000/トゥモローランド(ルッツ オーティズ) ネックレス¥10000/ノジェス バングル(太)¥9000・(細)¥6000/シルバースプーンちょっぴりきれいめを意識するなら女っぽいIラインにやわらかなベージュをレトロなムードが漂うベージュスニーカーは今っぽさと落ち着きを両立。ワンピース¥16000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー) シャツ¥19000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ホワイトライン) スカーフ¥7800/アマン(アルテア) サングラス¥48000/アイヴァン7285 トウキョウ リング¥21000/Rice バングル¥19000/エッセンス オブ アナイ(フィリップ オーディベール) バッグ¥37000/デ・プレ(アラナズプレ)包容力のあるくすみイエローワンピにパキッとしたカラーブロックのスニーカーが好相性90年代風のカラフル配色のスニーカーはシンプルなワンピでこそ大人っぽく着地。スリット入りで軽快に。ワンピース¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) ショートネックレス(チェーン)¥11000・(チャーム)¥5500・ロングネックレス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥37000/シルバースプーン バッグ¥39000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ)パープル×ブルーの辛口配色はシンプルな黒ワンピでモードに振り切るスタイリッシュな色合いの一足で黒ワンピにメリハリをプラス。合わせる小物はスニーカーが引き立つモノトーンで統一して、“一点投入”の遊び心を存分に引き立てて。ワンピース¥22000/RHC ロンハーマン(エイトン×RHC) 靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス) 手に持ったジャケット¥39000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥35000/デ・プレ(アンコモンマターズ)バングル¥13000/アルアバイル(ベン・アムン) バッグ¥13000/4K(FILL THE BILL)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 先日、恒例のBAILA女子会へ♡ いつものごとくバイラーズ津野裕子ちゃんプロデュースです(^^) 今回も華やかでした!! ファッションテーマは、BAILA6月号のテーマに合わせて、「ワンピース×フラット靴で大人の可愛げMAX」です♡私は、IENAの袖ボリュームワンピースに赤のバレエシューズにしました。 このワンピース、シンプルで楽ちんなのでめちゃくちゃ着てます。 スニーカーを合わせてもいい感じです♪ ワンピース: IENA 靴: Odette e Odile場所はGINZA SIXにあるthe GRAND銀座で。 いちごづくしのアフタヌーンティーをいただきました♡ しあわせ♡♡♡そして、恒例になりつつあるオリジナルケーキは今回はバラの飴細工がどーんと豪華にそびえ立つミルフィーユ。 圧巻でした。正しくはBAILAです笑毎回、バイラーズに会うと、おしゃれに仕事に遊びにみんな全力で楽しんでいるのを見て、自分も背筋が伸びます。 今回もとっても楽しいBAILA会でした♡my instagramスーパーバイラーズ 加藤和歌子のブログ
  • どうせ手に入れるなら持つだけで気分が上がる憧れハイブランド! チーフ・クリエイティブ・オフィサーにリカルド・ティッシが就任した新生バーバリーから登場したのは彼にプレゼントしても、お揃いで持つのも楽しいモノトーンデザイン!【BURBERRY(バーバリー)】彼に贈ってもシェアしても楽しい新生バーバリー新たなバーバリーを印象づける新ロゴを大胆にプリント。ポケットに入る薄手のフォルムで男性からも好評。カードケース(7.5×10)¥29000(予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)傷や汚れのつきやすいスマホケースは、やはり黒が万能。iPhoneケース(iPhone X・XS対応)¥28000(予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載
  • 久しぶりの投稿になってしまいました… 年明けからあっという間に5ヶ月が過ぎていて驚愕してますが、またブログに色々綴っていきたいと思いますのでよろしくお願いします♡早速、発売中のBAILA6月号について。 今回は付録編♪このピンクのワンピースがめちゃくちゃかわいい♡BAILA6月号の付録は、FRAY I.Dのレザー調フラワージュエリーポーチ♡ リングホルダーや、ピアスフック、ファスナー付きポケットがついていて使いやすさ抜群です!!早速、最近夏に向けて新しく購入したお気に入りのピアスを入れてみました。 CHIKAKO YAJIMAのリボンピアス。 この季節になると、派手色の大きなピアスが欲しくなります。 このピアス、リボンを編んでできているのですが、色々と変形できるんです。丸くしたり伸ばしてみたり丸くしたり、伸ばしてみたり、ドロップ型にもできます。ほんとに自由自在。 コーディネートや気分に合わせて変えられて、1つで色々楽しめます♪ そして、リボンなので、汚れないか気になってたのですが、なんと洗えるんです!! いろんなコーディネートで長く使いたいと思います(^^) コーディネートに合わせた感じはまたご紹介させていただきます。my instagramスーパーバイラーズ 加藤和歌子のブログ
  • 夏も肌見せスタイルも大好きだという美容家・神崎恵さん。日焼け止めを選ぶときに大事にしているのが“肌映え感”なんだとか。神崎さんが今回、透明感とみずみずしさで肌を素敵に見せてくれる名品UVアイテムを教えてくれました。美容家 神崎 恵さん日差しを浴びると、すぐに黒くなりやすい肌。夏も肌見せ服も大好きだからこそ、心地よく続けられるUVケアが必須。「デコルテまで塗って、一日中みずみずしく透明感ある人に」防御力とつけ心地のよさはもちろんですが、いちばん大切にしているのは、日焼け止めを塗っただけで誰かに会えるくらいの“肌映え感”。クレ・ド・ポー ボーテのクレームUVは、まるでスキンケアクリームのような感触とトリートメント効果。肌のみずみずしさ、透明感、つやがずっと続くから、デコルテまでしっかりのばします。夏という季節が大好きだからこそ、肌をきれいに見せてくれる日焼け止めで、ポジティブに楽しみたい。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ クレームUV紫外線はもちろん、空気中のチリ・ほこりもブロック。上質なスキンケアクリームのような感触で、きめ細かくしっとりとしなやかでハリのある肌に整える。SPF50 +・PA++++ 50 g ¥9000撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 今シーズンは、 デザインが豊富なワンピース。 私のお気に入りは、シャツワンピ♪ シンプルな白シャツワンピに アイボリーのレギンスをプラス。 さりげなくトレンドを入れたコーディネート。 ホワイト、アイボリー、ベージュのグラデーションにして、今っぽくしました☆ 12日に発売された【 BAILA6月号 】にも、 今季のワンピースがたくさん紹介されています! 今日から使える、ジュエリーポーチ付き♡ ぜひお手にとってご覧ください♪ @06ayaca__スーパーバイラーズ 水谷綾香のブログ
  • 仕事や恋愛、趣味のことなど、20代のころにがんばって目標を達成した人ほど、30代になって人生に飽きてしまう傾向が。「ある程度やりたいことはやってしまって目標がない」という読者の皆さんのコメントを集めてみました。 以前の記事はこちらからある程度目標を達成し、欲しいものも手に入れたら、飽きてしまった長く働いてキャリアを地道に積み、役職もつき、落ち着いた関係の恋人がいて、自由に旅行に行ったり友達と飲みに行ったりして、毎日が安定しています。だけど、大胆な行動をするタイプではないため、これから大きく人生が変わることはないと思う(32歳・会社員) 今後、代わり映えのしない生活をずっと続けていく気がして、飽きかけている。仕事の目標も手近なものはひととおり達成してしまった(29歳・学生/留学中) やりたいことはなんでもできるし、欲しいものはなんでも買えて、行きたいところにも行ける。そのせいか、目標がありません。幸せだからいいとは思うんだけど…(28歳・会社員)BAILA6月号では「近ごろ私、人生に飽きてる件」として、このモヤモヤした感情を特集しています。メカニズムを徹底調査し、専門家によるアドバイスも掲載。書店・コンビニで見かけたらお手にとってみてくださいね。 イラスト/いいあい 取材・文/東 美希
  • 昨年インドネシアで開催されて大好評を博した日本のアール・ブリュットの展覧会『ときどき、日本とインドネシア』が滋賀県にある「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」で6/2まで開催されます。インドネシアで展示した日本の8名の作品に加え、新たにインドネシアの3名の作品を初公開! アール・ブリュットの豊かな表現世界を堪能してみては。面白くて自由な発想はどこからくるの?『楽園』佐藤朱美 2015年  カラフルな作品、鳥や魚や人間……ぽい生物が勢ぞろいで、フェスティバルな雰囲気。謎の生物がたくさん登場するあたりから察するに、16世紀のヒエロニムス・ ボスの影響を受けてる? 「それはどうでしょうか。ここで紹介する作家は、従来のアートヒストリーの線上に連なる人たちではありません。専門の美術教育は受けたことがないけれども、独自の表現を生み出しているアール・ブリュットの作家さんたちです。アール・ブリュットはフランスの美術家ジャン・デュビュッフェが名付た呼称。〈生きの芸術〉と訳されます。デュビュッフェは、正規の美術教育を受けていない創作者や精神科病院で生み出された、規格外の作品を評し、この言葉で紹介しました」 と、教えてくれたのは社会福祉法人グローの山田創さん。アール・ブリュットのキーワードは「孤独・沈黙・秘密」で、実際に20世紀は人知れず制作している人が大半だったそう。でも、現代日本の作家さんたちは福祉のネットワークのなかから発掘された人が多く「必ずしも孤立しているわけではない」と、山田さん。天性のカラリストで、一切の破綻がない画面構成が特徴の佐藤朱美さんは、自宅の専用スペースで朝から夕方まで制作しているそうだし、木村茜さん(作品は下参照)は月に1 回、施設の絵画アトリエで制作。『無題』木本博俊 2011年 『下駄』木村 茜 2011年それは作家のみぞ知る。頭でごちゃごちゃ考えないでハートで感じて味わって全国的に作家を取り巻く環境はずいぶんと変わったらしい。「この10年で大きく変わりました。作品や表現をめぐる関係性が構築されたところもありますし、たとえ強迫観念から生まれた表現でも、客観的な評価を得ることによって、作家が自信やモチベーションを得る場合もあると思います」 マーカーを高速で走らせて、2~3分で一枚仕上げる木村茜さんも、国内外の展覧会の常連作家。この方の作品、生で見ると人間の根源的な喜びがビシビシ感じられる。フラフープをうまく回せたときとか、友達と両手をつないで高速でグルグル回るときの「キャー♥」な高揚感が伝わってくるのだ。「木村さんは楽しそうに描かれていますね。シュッシュッと描いたときに、マーカーが紙とテーブルの間の微妙な段差に落ちて、コトッて鳴る音も楽しいみたいです」 たぶん、その音やリズムも大事なんだろうね。制作行為によってゾーンに入るのが、心地よいんじゃないかな。『無題』ドゥイ・プトロ 2013年  『にっき』戸來貴規 2000〜2006年  一方、独自の規則性とこだわりに基づいて、日々の日課として描き続ける作家さんもいる。 「戸來貴規さんの『にっき』。これ全部、日付と気温以外は同じ内容なんです。強調して描いた文字の輪郭などを選んで塗りつぶしていくので、不思議な模様になり、最後は必ず同じ位置にひもを通します。この独特かつ複雑なルールのもとで描いて重ねる行為が、完全に彼のライフスタイルに溶け込んでおり、生きること自体とほぼ同義語ではないかと。私はそこにある種の崇高さと面白さを感じるんですよね」  確かに日々電車のダイヤグラムを引いている駅員さんや、原宿でクレープを焼き続けている人と近いものがあるかも。センスと情熱と桁外れな根気を併せ持つ作家さんが多いアール・ブリュットの世界。発想と表現が自由で楽しいね。 このアートはここで見よう!『ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展 ときどき、日本とインドネシア』 昨年インドネシアで開催されて大好評を博した日本のアール・ブリュットの展覧会が帰国。日本人作家8名に加えて、新たにインドネシア人作家3名の作品も展示。まずハートで見て、次に解説を読むと二度おいしい。~6/2 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 滋賀県近江八幡市永原町上16 11時~17時 休館日/月曜 観覧料/¥300 問い合わせ 0748(36)5018http://www.no-ma.jp取材・文/KAORU 撮影/大西暢夫 ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND