愛嬌たっぷり♥【コーチ(COACH)】のバッグ&ミニ財布&スマホケース

@BAILA

日常の必需品を可愛くまとめあげるチャーミングなコーチ(COACH)の新作アイテム。ころんと可愛らしいバッグに忍ばせるのは、愛嬌たっぷりのスマホケースや機能的なミニ財布、定期券や鍵など取り出すときにも心が躍るIDケース。コーチ(COACH)で春からの新生活を彩って。

愛らしいデザインに心が躍る【コーチ(COACH)】

コロンと丸いフォルムがチャーミングな「キャンティーン」。カラーで見せる潔いシンプルさが大人が持つにもちょうどいい。バッグ(18×10×7)¥60000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)
身分証用にクリアになったポケットも配置。財布(9×13×3)¥29000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)
立体的なティーローズの飾りがポイントに。財布(10×11×2)¥32000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)
定期券や鍵など日常の必需品を可愛くまとめあげる。IDケース(8×12)¥9000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)
愉快なアニマル柄も黒ベースでバイラ世代らしく着地する。スマホケース(15×8)¥13000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/後藤未央 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※2019年BAILA2月号掲載

関連記事
  • スタイリストの石田綾さんは、甘めの服にはどこか辛口な要素を取り入れているとのこと。そんな石田さんにワンピースをモードな表情で着こなすポイントをお聞きしました。同色のドレッシーなパンツをレイヤードしたり、旬の小物を合わせたり、石田流コーデをご紹介。 スタイリスト 石田綾さん『BAILA』をはじめとした多数の女性誌やメディアで幅広く活躍中。トレンドをいち早く取り入れる感度の高さはピカイチ。辛口ながら女っぽい私服にも定評あり。 【Rule 1:選び方】ニュアンスのある素材&ベーシックカラーを選ぶ 存在感のある色だと妙に“張り切った感”が出てしまうワンピース。迫力が控えめの黒やブラウン、ベージュなどベーシックカラーが大人には安心です。ただ重たく見えたり、地味になったりするので、透け感やとろみのある素材がマスト。 ONE-PIECE : A PUPIL SHOES : ROSETTA GETTY BAG : SERPUI 【Rule 2:レイヤード】ワンピースと同色のドレッシーなパンツを 深くスリットが入った一着はパンツとの重ね着が大前提。とろみのあるパンツを選べばそれだけでモードっぽく見えるし黒×黒も軽やかな印象に。足もとはインパクトのあるヌーディなサンダルで華やかさと抜け感を。 ONE-PIECE : roku PANTS : Vintage BAG : The Dallas SHOES : Manolo Blahnik 【Rule 3:合わせ小物】色石やクリア素材で涼やかに ワンピースがやや重ためのトーンなので、アクセサリーは透明感のあるカラーや涼感のあるデザインを選びます。ただし盛りすぎると子どもっぽくなってしまうため一コーデに一点のみ。 BLUE PIERCED EARRINGS & GREEN PIERCED EARRINGS : LIZZIE FORTUNATO RING : MARIHA WHITE & GOLD EARRINGS : The Dallas 【Rule 4:くずし方】キャミワンピースはノースリーブで上品に肌見せ 一着で着るには露出度が高い、甘めのキャミワンピースはトップスを重ねてくずします。袖のあるTシャツよりもノースリーブで腕をすっきり出すほうがヘルシーに見えて今っぽい。 ONE-PIECE : Mes Demoiselles... TOPS : Vintage BAG : CULT GAIA SHOES : TKEES 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 取材・原文/野崎久実子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • シックにもカジュアルにも着られる黒ワンピースは小物で表情を変えて楽しんで。この夏は、涼感のあるブルーの透けシャツを合わせたり、スポーティなサンダルを合わせたりするのもおすすめです。どんなに小物で遊んでも、ちゃんと女らしく決まるのが黒ワンピースの良いところ。 1.涼やか仕上げ 涼感たっぷりの色や素材でとびきり軽やかな“夏の黒”を演出 ブルーの透けシャツとバッグで黒を軽快に仕上げつつ、PVCサンダルでヌーディな足もとに。さらにクールなシルバージュエリーで涼感を底上げ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ネックレス¥32000・リング¥27000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ シャツ¥32000/RHC ロンハーマン(エリーン) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ ネックレス¥32000/ジョリー&コー(イディアライト) 2.スポーティ仕上げ ワンピースにちゃんと品があるからボーイッシュな味つけも女らしく決まる 揺れ感のあるティアードワンピースなら、こんなミックスもちょうどいいカジュアル感に。ボーイッシュな小物は渋めの色で統一すると、やんちゃになりすぎずうまくいく。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) ピアス¥18000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ)  バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) 3.クラシカル仕上げ かっちりバッグときゃしゃなサンダル。レディな小物が黒のエレガントさを引き出して 特別感のある着こなしへドレスアップできるのも、ノーブルな黒ワンピースだからこそ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) ヘアピン¥900/お世話や(Osewaya) サングラス¥47000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000(アガット)・リング¥180000(アガット・アンドメモリア)/アガット ベルト¥15000/カオス丸の内(メゾン ボワネ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)  靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) 撮影/山本雄生(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • コーチがブランドアンバサダーである水原希子とのカプセルコレクション「コーチ × キコ・ミズハラ」を2019年7月26日(金)より日本全国のコーチストア(一部店舗を除く)とオンラインストアにて発売する。バッグやアクセサリー以外にも、初のレディ トゥ ウェアのコラボレーションが含まれるこの新作コレクションは、コーチのクリエイティブ・ディレクター、Stuart Vevers(スチュアート・ヴィヴァース)と水原がパートナーを組んでデザインしたもの。 写真左:KIKO スター リング ¥16,000、KIKO キスロック コイン パース〈H9×W13×D5cm〉¥21,000〜¥23,000・写真右:KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO ミニ スカート ¥34,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉¥60,000、KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachいずれのアイテムもカラフルなリベットや空想上のバタフライモチーフなどがあしらわれ、水原のプレイフルなセンスが生かされたアイテムに仕上がった。水原は自らが考案して名付けた“エイリアン バタフライ”モチーフについて「エイリアンだけど皆をハッピーでピースフルにする、とても不思議でそして魅力的なキャラクター」と説明する。 写真左:KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・写真右:(左)KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO ミニ スカート ¥34,000、KIKO トート ウィズ バタフライ アンド キャリッジ 〈H36×W34×D13cm〉¥35,000、KIKO チャーム イヤリング ¥9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・(右)KIKO ロング スリーブ ニット ウィズ バタフライ ¥55,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉¥60,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachほかに、1960年代のコーチのアーカイブスタイルからヒントを得たという新作バッグ「サファリ トート」も登場。メタリックレザーを使用し、ターンロックの留め金が付いたフロントポケットが特徴のこのバッグは、フューチャリスティックなピンク、グリーン、ブラックの3色で展開。内側にはリミテッドエディションのストーリーパッチがほどこされた、特別な一品となっている。また、キャンペーンビジュアルには妹の水原佑果も登場しているので、姉妹の仲良さげなツーショットも併せてチェックを。 写真左:KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉各¥60,000・写真右:(左)KIKO スウェットシャツ ウィズ バタフライ アンド キャリッジ ¥27,000・(右)KIKO Tシャツ ウィズ バタフライ ¥22,000、KIKO サテン バーシティ ウィズ バタフライ ¥75,000、KIKO チャーム イヤリング ¥ 9,000、KIKO チャーム チョーカー ¥16,000・二人とも:KIKO ミニ スカート 各¥34,000、KIKO サファリ トート〈H21×W29×D10cm〉各¥60,000、KIKO プラットフォーム スニーカー 各¥37,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン ©Coachコーチ・カスタマーサービス・ジャパン www.coach.com0120-556-750 text: Fuyuko Tsuji ⇩「コーチ」のカプセルコレクション「コーチ × キコ・ミズハラ」をチェック!
  • みなさんこんばんは、少女マンガ大好きライターのみかりんです。突然ですが、最近トキメいてますか? モア世代になると、学生時代に比べて圧倒的にトキメキって減ると思うんです。あぁ、トキメキたい……。幼なじみと一緒に登校したり、同じ教室で文化祭の準備をしたり、超イケメンと同居することになったり、急に変身できるようになったり……って、これ全部『りぼん』で読んだやつじゃん!! つまり『りぼん』読めばトキメけるじゃん!! ということで行ってきたのがこちら。『特別展 りぼん 250万りぼんっ子❤︎大増刊号』がエモすぎるのだ7/28(日)まで新宿髙島屋で開催中の『特別展 りぼん 250万りぼんっ子❤︎大増刊号』! 『ときめきトゥナイト』や『姫ちゃんのリボン』、『天使なんかじゃない』など、世代的には30代くらいがジャストかな? というラインアップ。もし読んだことがない作品があっても、きっとタイトルは知っているであろう名作ばかりだからご安心を! これを機に読んでみるのもアリですね。ではさっそく入場〜♡「特別展 りぼん」エントランス入り口すぐに、巨大な『りぼん』の表紙がっ! これは『ママレード・ボーイ』ですね! よくよく見ると、『パッション♡ガールズ』と『とまどいの姫君』が新連載の号なんだ……! しかも“応募者全員大サービス”というエモすぎるワード。もうすでにトキメキ振り切ってます。この後、「私もうここに住む。住所は“りぼん展”にする」というくらいじっくり展示を見たのですが、全部はお伝えしきれない。絞りに絞って、2作品をご紹介します!©椎名あゆみ/集英社まずは、私の恋愛バイブル『ベイビィ★LOVE』! コミックス1巻の表紙にもなっている、主人公・せあらのカラーイラストが……! この意志の強さを感じる表情、大好きなんです。©椎名あゆみ/集英社ハイ、名シーン出たー!! 最終回、柊ちゃんがくれた飴の中に、以前おねだりしていた指輪が隠されているんですよね……そして飴の包み紙にはメッセージが……ああ〜〜っ!(トキメキメーターが振り切っています、少々お待ちください)©矢沢漫画制作所/集英社続いては、私の人生のバイブル『ご近所物語』。実は主人公・実果子と私は何かと共通点が多く、勝手にシンパシーを感じまくりの作品なんです。例えば名前が一緒だったり、ファッション系の学校に通っていたり、実果子とツトム(実果子の幼なじみ♡)の真ん中バースデーが私のバースデーだったり!!!©矢沢漫画制作所/集英社このドレス、実果子が文化祭のファッションショーのために制作したんですよね。ふわりと風に舞う、羽のようなドレス。首もとのペンダントは、ツトムからのプレゼント。壁に大きく描かれたこのイラストを見ていたら、まるでランウェイを歩く実果子を見上げているような気持ちになりました。このショーの写真を撮っていたツトムは、複雑な想いを抱えているんですよね……うぅ、切ない……(勝手に実果子を憑依しています、少々お待ちください)。懐かしふろくやグッズで、トキメキがもうどうにも止まらないひとりでドキドキしながらウロウロしていると、なにやら熱い視線を感じる……? まさかここで運命の出会い!? と思ったら……©彩花みん/集英社これリーヤだ、間違いない、『赤ずきんチャチャ』のリーヤだ!!!「ふあふあリーヤ」と名付けられたこちら、なんとしっぽを触ることができるんです! もちろん写真撮影もOK。思う存分ふあふあしちゃってください♡(ただし独占禁止です! みんなのリーヤですから♡)「特別展 りぼん」ふろくファンルーム当時のふろくがずらりと並ぶ「ふろくファンルーム」は、まさにエモさの極み。『りぼん』伝統のトランプ、懐かしすぎます!!©彩花みん/集英社 ©一条ゆかり/集英社 ©椎名あゆみ/集英社 ©矢沢あい/集英社 ©矢沢漫画制作所/集英社 ©吉住渉/集英社そして最後のお楽しみは、やっぱりオリジナルのグッズ♡ 私ももういい大人。妹と半分ずつお金を出して、『りぼん』を毎月買っていたあの頃とは違うんじゃい! と、欲しいものをポンポン袋へ入れていたら、こんなことになっていました(レジでびっくりしたけど顔には出しませんでした、大人だから)。複製原画にクリアファイル、ポストカード、ポチ袋、マグカップ、お菓子……どれも眺めているだけでニヤニヤできるアイテム。この歳になって知りました、トキメキって買えるんですね。みかりんが個人的にトキメいた部分だけを、切り取ってお届けした『特別展 りぼん 250万りぼんっ子❤︎大増刊号』レポ、いかがでしたでしょうか。実は10月に京都、1月に長野、3月に佐賀でも開催が決定しています! 東京は7/28(日)までともうすぐ終了なので、迷っている方はぜひ、ぜひ!! 行ってトキメキを感じてみてくださいね♡ 『特別展 りぼん 250万りぼんっ子❤︎大増刊号』◆東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿髙島屋11階 特設会場7/18(木)〜7/28(日)10:00〜20:00(19:30最終入場)※7/19、20、26、27は20:30まで(20:00最終入場)、最終日は18:00まで(17:30最終入場)公式サイトはこちら ❤︎ライターみかりんの「おすすめ 少女漫画」まとめはこちら❤︎
  • 美容のプロ3人がやさしい香りに思わず癒やされたというボディオイルをご紹介します。使用後はベルベットやシルクのような気持ちのいい触り心地になるんだとか。幸せな香りに包まれながら、日ごろの肌と心をいたわって。 【George&松本&浦安’sベスト】 ウカトーキョーヘッドオフィス  ウカ  ボディオイル ハグ 愛する人やペットを抱きしめたときのような、やさしい気持ちに導くブレンド。40g ¥6500 ベルベットorシルク!?もふもふにやわらぐで賞 「一日の疲れがほぐれ、猫の肉球をもふもふさわったときのようなやさしい気持ちに」(ヘア&メイク Georgeさん)「本能が喜ぶ幸せな香り。肌の一部のようにじわーっととろけもっちり×するんっとした官能肌に」(美容エディター 松本千登世さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 2019年上半期、美容のプロたちをときめかせたボディケア用品とは? お風呂上りにお肌がぷにぷに質感になるバスソルトと、プロにマッサージされたかのようにむくみがスッキリするというレッグジェルの2アイテムをご紹介します。 【安倍&鵜飼’sベスト】 BARAKA ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 角質ケア、むくみ・たるみケア、保湿ケアの3役。リフレッシュ感のある香り。400g ¥4800 全身一気にまるっとぷにぷにむちむちで賞 「デトックス効果で知られるヨルダンの死海のソルトから粒子の細かいものを厳選。なめらかでスムースな肌当たりが格別」(美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん)「ザラつきを一度でつるんッ。お風呂上がりに何も塗らずとも全身ぷにぷにむちむちに」(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん) 【 小川’sベスト】 ラ・カスタ アロマエステ レッグジェル RH ハーブエキスが潤いを与えながらひんやり引き締め。150g ¥1500/アルペンローゼ 専属ゴッドハンドマッサージ師級で賞 「むくむくのお疲れ脚が、極上の技術を持つマッサージ師にもみしだかれたかのようにスッキリ! ヒンヤリ質感も植物のアロマも心地よく、ストッキングの上からも使える働く女子の味方。足裏まで塗るのがコツ」(美容エディター 小川由紀子さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 涼しげな表情をもたらすPVC素材の小物と切りっぱなしデニムでコーデを軽やかにとある休日のコーディネート。 海岸沿いを歩くイメージでつくりました。 (実際は近所でランチしただけです^^)休眠中だったデニム。 裾をカットして、くるぶしが完全に見えるレングスに。 ハサミで切ったあと洗濯して、裾がラフにほつれてくるさまも、また味かなと。カジュアルなデニムにクリア素材のサンダルとバッグでラフな雰囲気にしたら、ここに無難なTシャツを合わせるのはちょっとキケン。 私の骨格(ウェーブ)だと、ただの普段着に見えてしまうので、あえてフェミニンなブラウスを着ました。ボリュームのあるトップスを目立たせる引き立て役には透明感のある小物がぴったり。 甘すぎるくらいインパクトのあるトップスでも、足元がクリア素材なら重くなることはありません。 ヒール付き(5cm)のミュールだとカジュアルに転びすぎることもなく、ヘルシーに。 サンダルは肌が透けて見えるので、足元が最大限にヌーディに。 少しヒールがあるだけで、脚長に見えるのも嬉しいポイント。 目を引くアイテムに負けない存在感とバランス感を兼ね備えたクリアサンダルです。blouse Estella.K denim Lee sandals ROPÉ PICNIC PASSAGE bag Repetto×BAILAいよいよ夏本番! 秋を先取りしたい気持ちもありますが、まずは夏ファッションを楽しみましょう♪美女組No.161 愛のブログ
  • 人生の3分の1は眠る時間で、睡眠の質の向上が健康と美に深くかかわっている、というのは周知の事実。外気とストレスにさらされた日中の自分をリセットするために、家の中で眠る前に過ごすいくつかの習慣、30代の女性ならその大切さを実感しているのでは? 例えばそれは、バスタイム後のスキンケアだったり、SNSや趣味に使う時間だったり、”何もしない”というリラックスタイムかもしれない。そんなリセットのための日常的習慣の中に、ぜひ「上質なパジャマに着替える」という選択肢を入れてみてほしい。 マーガレット・ハウエルの定番、ストライプパジャマ。バンドカラーはファッショナブルなだけでなく、ストレスなく過ごせる着心地の良さも。パジャマ¥39,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ) 【RALPH LAUREN】 1967年ニューヨークで創業し、1983年にホームコレクションを発表したラルフ ローレン。ファッションデザイナーブランドがライフスタイルコレクションをプロデュースするのは世界でも初めてのことだったそう。アメリカらしさのある洗練された暮らしの提案は、クラシカルなテーラードタイプのパジャマにも凝縮されて。リネン55%、コットン45%でさらりとした肌触り、ゆったりとしたデザインで着心地も満点。 パジャマ¥20,000/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン ホーム) 問)ラルフ ローレン 0120-3274-20 【BROOKS BROTHERS】 ブルックス ブラザースは1818年創業、アメリカントラッドを作り上げた歴史あるブランド。タイムレスな定番として愛用者が後を絶たないナイトウェアは、ゆったりとしたシルエットのリラックス感と、上質なコットン生地が魅力。胸ポケットに入った「BB」の飾り刺繍も端正なムードがただよう。 パジャマ¥16,000/ブルックス ブラザース ジャパン(ブルックス ブラザース) 問)ブルックス ブラザース ジャパン 0120-185-718 【MARGARET HOWELL】 開襟のプルオーバーシャツに、ウェストにギャザーを寄せたパンツは、どちらも涼やかなリネン素材。ゆったりと体を包むシルエットは、眠る時だけでなく、家でくつろぐ時間も優雅でリラックスしたものにしてくれそう。イギリスらしい伝統的なクラフトマンシップ精神を大切にするデザイナー、マーガレット・ハウエル。彼女の暮らしのスタイルを反映する「マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ」のコレクションから。 パジャマシャツ¥23,000・パジャマパンツ¥22.000/アングローバル(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ) 問)アングローバル TEL 03-5467-7864  www.margarethowell.jp 【DEREK ROSE】 ラグジュアリーな素材とこだわりの仕立て。織地のドットやパイピングにも精緻な職人技が感じられて、家で過ごす時間を豊かなものにしてくれる。デレク ローズは、1926年創業で三代にわたり最高級のルームウェアを作り続けてきた英国のブランド。イギリスらしいクラシックなデザインで、映画の主人公になったようなロマンチックな気分になれそう。 パジャマ¥27,000/ヴァルカナイズ ・ロンドン(デレク ローズ) 問)ヴァルカナイズ・ロンドン TEL 03-5464-5255 【SLEEPY JONES】 おしゃれに着こなせる、ラグジュアリーでしゃれたデザインで”街でも着られるパジャマ”として2013年に誕生。ファッションとしてのパジャマウェアのブームを引き起こしたスリーピー・ジョーンズ。もちろん本来のワンマイル、ラウンジウェアとしての心地よさも十分に兼ね備えている。赤のラインを可愛くきかせたセットアップは、上下セパレートで使っても素敵。 パジャマシャツ・パンツ(セットで)¥27,000/モットハウス・トーキョー(スリーピー・ジョーンズ) 問)モットハウス・トーキョー TEL 03-6325-2593 知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【デレク ローズ】 清潔感のあるホワイトのコットンパジャマ。リッチな仕立だけれど、リラックスして着られる。パジャマ¥27,000/ヴァルカナイズ ・ロンドン(デレク ローズ)  最高級のシルクパジャマ。保温性、吸湿性に優れ、一度身につけると手放せなくなる。パジャマ¥64,000/ヴァルカナイズ ・ロンドン(デレク ローズ)  写真・冨田惠 文・久保田梓美 
関連キーワード

RECOMMEND