オールブラックに差し色グリーンニットで京都へ

@BAILA

今日はLAに住んでいる従姉妹が帰ってきているので、京都観光へ。

寺社巡りの前にイカリヤ食堂でランチ。

ランチコースは、スープ・前菜・パスタ・ドリンクがついてます。

パスタはモチモチしていて美味しかった〜♡

今年はイノシシ年なので、護王神社をお参りしました。

足腰の守護神として至るところにイノシシが。

表門の鳥居の横にも、狛犬の代わりにイノシシが神社を守っています。

因みに、イノシシ年は日本だけ。
他の国はブタ年です。

護王神社から京都御苑をぶらり。

梅の花がいい香りでした〜

この時期は人通りも少ない…

という事で、ブログ用の写真を。

ちょっと小走りなんてして。笑

曇りで寒そうなので、暖かさ重視のコーデ。

セールで買ったロングコートは綿入りで暖かくてお気に入り。

真ん中はモコモコ素材になっていて可愛いんです。

コート…journal standard
ニット…h&m
パンツ…lowrys farm
くつ…zara
リング…(人差し指)soierie (中指)ヴィンテージ

御所周辺には可愛いカフェが点在してます。

今回は友人お勧めのミスリムさんへ。

わたしはジンジャーチャイとキャロットケーキを頂きました。

冷えた体に染み渡りました〜〜♡

落ち着いた雰囲気でほっこりできる素敵なカフェでした‼︎


スーパーバイラーズ 徳山仙恵のブログ

関連記事
  • ワンピースはシワになりにくい素材なので、掘りごたつに座るときでもきれいをキープ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますオフィスにふさわしい華やかさを演出してくれるのはジオメトリック柄のネイビーワンピース。大柄よりも小柄のものを選び相手の目をチカチカさせないという気遣いを見せるのも働く女性としてのたしなみ。ネイビーの柄は和食器ともリンクするから、私は相手をひきたてますよという気持ちを体現し、会食などの予定にふさわしい装い。と、そこまで気づく方はいらっしゃらないだろうけれど、すべては自己満。相手に敬意をはらう気持ちを自分のなかで忘れないために。ワンピース¥19,000・ウール混ノーカラーコート¥29,000(ともにエムセブンデイズ)・ショルダーバッグ¥35,000(トフ&ロードストーン)・ワンストラップシューズ¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol撮影/谷田政史(CaNN) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • パリ&ミラノの街に目立つものには、やっぱり明日からのおしゃれのヒントがいっぱい! 優しいベージュと、引き締めの黒。鉄板色のその2つを上手に組み合わせて全身をまとめているマダムが目立った!1.リリット(モデル・ミラノ)洗練されたムードのコートはロンドンフォグで購入したもの。ドレス職人の友人がつくったワンピースに、足もとはアグのファーモカシン。仕事のない日のリラックススタイルも、黒一色のコーデにベージュを効かせるだけで品よく印象づく。2.モニカ (建築家・ミラノ)仕事の打ち合わせに向かうマダム。表情のある素材のコートとユニークなネックレスは、アルベルタ フェレッティのもの。白Tと黒のレザーパンツにさらりと合わせて。セリーヌのベージュバッグとゴールドのロレックスがこなれ感を加えて。3.アレッサンドラ(金融コンサルタント・ミラノ)アスペジの上品なベージュのツインニットを主役に、ロロ・ピアーナのコートや、ドンダップのパンツは黒ですっきりと。エルメスのバーキンも靴も黒で合わせて、クライアントとのミーティングスタイルに仕上げていた。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • 週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【1月18日(金)〜1月24日(木)のコーデ】1月18日(金)のコーデ 冬の辛口トラッドは、きれいめパンツにライダースを加えて♪1月19日(土)のコーデ ラフなデニムは、ジャケット&ラベンダーニットできれいめにシフト!1月20日(日)のコーデ 冬らしさUP! 白とグレーでまとめた洗練リラックススタイル♡1月21日(月)のコーデ ライダース通勤するなら、インのコーデはきちんと感を意識!1月22日(火)のコーデ 定番ジャケットスタイルは、今っぽいチェックストールであか抜け♡1月23日(水)のコーデ 気負わない〝辛口デニムスタイル〟は、足もとをローテクスニーカー仕上げに。1月24日(木)のコーデ 旬カラーニットは、コートの上から肩掛けしてもおしゃれ!1ヶ月コーデのアイテムまとめはこちら!撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 冬の京都は美食の宝庫! 海老いも、金時にんじん、冬大根。ほっこり温まる根菜が充実した京の野菜に、一度は食べたい冬の牛肉鍋と、いのしし肉を堪能する極上鍋。どれをとっても滋味深く、そのおいしさは格別のもの。旅行客の少ない冬こそ、美味を求めて、京都へ。1.地元農家の根菜で作るシンプルで滋味深い野菜料理『おが和』京都屈指の人気割烹『祇園さゝ木』で長年煮方を務め、’10年に独立した小川洋輔さん。師匠譲りの旬の魚を大胆に使う一方、必ずコースで野菜料理を1、2品出し、素材本来のおいしさでサプライズを誘う。「2年前に修学院の農家・音川さんが作る野菜に出会ってから野菜料理がぐんとシンプルになりました。根菜は身も皮も軟らかいので炊くか焼くだけ、葉野菜はおひたしにするだけでおいしいんです」と自身の料理の変化を語る。堀川ごぼうや百合根は生から焼き、丸大根や金時にんじんはだしで炊いて粕汁仕立てに。海老いもはから揚げをれんこんのすり流しと合わせるなど、どれも取り合わせの妙とひと手間がある。コースの野菜料理の一例。いろいろ味わいたい人は予約時のリクエストをおすすめ。半年寝かしてからじっくり焼き上げた百合根とごま豆腐の白味噌あんかけ。酒粕と白味噌を合わせて風呂吹き大根のように盛った丸大根の粕汁仕立て。独特のもっちり感と粘りが感じられる海老いもとれんこんのすり流し。他の画像を見る東山区祇園町北側347の51  ☎075・525・3327  12:00スタート、18:00~20:00(入店) ㊡日曜、不定休あり、12/31~1/5 カウンター7席 ※要予約  昼のコース¥6,000、¥9,000、夜のコース¥18,000~(ともに税・サ込)2.丹後から届く野菜の野趣味を、一棟を貸し切り、味わいつくす『丹』朝と昼は大テーブルを囲んでお客同士で料理を取り分け、夜は暖炉のある空間をひと組で貸し切り。いずれも野菜主体の料理が楽しめる。「食材そのものの持ち味や鮮度を生かしつつ、繊細で美しい仕立てにするのがテーマ。夜はお客さまおひと組だけなのでご要望に応じて肉を焼いたり鍋をご用意することもできます」と話すのは店を任されている北嶋靖憲さん。15年勤める『和久傳』の発祥の地・丹後の食材を厳選し、野菜は無肥料無農薬の自然農法で育てられたものを使っている。どれも見た目はシンプルだが、水分をほどよく残したり、だしを含ませるなど、絶妙の加減でおいしさを引き出している。夜の野菜料理の一例。ポロねぎ、"京かんざし"の名がつく極細のにんじん、慈姑、源助大根、原木しいたけなどの焼き野菜盛り合わせ。手前から、大浦ごぼうと黒にんじんの白かけ、海老いものから揚げのごまよごし。根菜独特の香りやコク、苦味があり、上にかかるなめらかな豆腐地や香ばしいごまを加減しながら味わう。限定ひと組で暖炉のある空間を貸し切ってゆったりできる夜は会席を基本とし、野菜料理が組み込まれる。東山区三条通白川橋下ル東側 五軒町106の13 ☎075・533・7744  8:00/9:00(二部制)、12:00~14:00(LO)、18:00~21:00(LO)  ㊡月曜(祝日の場合は火曜休)、1/1 1階テーブル10席~14席、2階カウンター6席、テーブル7席 ※予約がベター、夜は完全予約制 カード不可 朝の献立¥2,500、昼の定食¥3,000~、夜のコース(貸し切り5名~)¥10,000~(すべて税込)3.個々に仕込んだタネをひと鍋に。炊き合わせのような洗練のおでん『蛸長』「タネはおでん鍋に入れる前にそれぞれ調味して味を完成させています。鍋の中ではタネを温めるだけ。だしでできた共同浴場のようなもんです」とご主人の河合達也さん。美しい銅鍋に20~25種類のタネを並べ、冬になると大根や堀川ごぼう、海老いもなど、京都ならではの滋味豊かな根菜が登場する。仕込みはどれも工夫と手間があり、丸2日かけてだしを含ませた大根は食す直前に生の大根を乾燥させたパウダーをひとふり。堀川ごぼうは素揚げにしてから昆布を巻いて品のよい味に仕立てている。たっぷりと添えられる九条ねぎもうれしい。寒空の下、並んででも味わいたい逸品がそろう。蒸してアクをとってから、だしを含ませた大根。堀川ごぼうは独特の繊維質と食味があり、海老いもはむっちりホクホク!油揚げの中身が時季で替わる「宝袋」や、真鴨の身やレバーを練ってくさみ消しにコーヒーを加えている「鴨捏」、4種類の地鶏で作った「色鶏捏」など、肉系練り物もおすすめ。「鴨捏」に使うコーヒーは、コーヒー焙煎家・オオヤミノルさんによる特別ブレンド。東山区宮川筋1の237  ☎075・525・0170 10月~3月は17:30~21:30(LO)、4月~9月は18:00~21:30(LO) ㊡水曜、12/31~1/5 ※予約不可 カード不可 カウンター14席  予算1人¥7,000~4.かぶらの甘味をまとわせた絶品牛肉。5代目考案のヘルシー鍋『三嶋亭』誰もが知るすき焼きの名店『三嶋亭』の「みぞれ鍋」は、牛肉をヘルシーに味わえるように、と5代目・三嶋太郎さんが考案した鍋。「おろしたかぶらをたっぷり加えただしで味わっていただくしゃぶしゃぶです。肉のうま味とかぶらの独特の甘味を感じていただけ、煮るにつれてだしにコクが増し、野菜もおいしく召し上がっていただけます」。牛肉は主人自らが肉と脂の質、飼育環境を見ながら厳選した黒毛和牛を用い、通常のしゃぶしゃぶより厚い3㎜前後にスライス。まずはみぞれと、次に柚子こしょうや黒七味をかけて食すと味に変化が生まれ、肉のうま味が口いっぱいに広がる。月コース¥14,850〜。有次製の八角形の銅鍋で作るみぞれ鍋。赤身と脂のバランスがいいロース肉を厳選し、野菜はキャベツ、れんこんなど。コースにつく白まめと牛肉の大船煮(2月の突き出しの予定)中京区寺町通三条下ル桜之町405  ☎075・221・0003 11:30~20:00(入店) ㊡水曜、1/1 ※要予約 座敷11室、掘りごたつ座敷7室、広間1室、大広間1室  みぞれ鍋は¥14,850(11月~2月、2日前までに要予約)、通常のコースは昼¥7,722~、夜¥14,850~(すべて税・サ込)。 12/28~1/4は夜のコースのみ5.すっぽん、いのしし肉、冬野菜。おいしさと美しさの源を味わう『右源太』川床や紅葉の名所のイメージがある貴船で、冬だけ味わえる名物の「氣生根鍋」。「メニューにするつもりはなかったのですが、試行錯誤の末、料理人の集まりの席で出したら評判がよく、寒い冬の間だけお出しするようになりました」とは当代主人・鳥居宏行さん。特徴は、贅沢な食材使いと食べすすむうちに生まれる味の変化。すっぽん、いのしし肉、冬野菜、雑炊がひと鍋でコースのように楽しめる。まずはすっぽんのスープで身やエンペラを味わい、次にいのしし肉を投入。野菜、雑炊まで食材を加えるごとにスープのうま味が増し、体はポカポカ、おなかはいっぱいに。その名のとおりいい気が生まれそうだ。気を生ずる根っこという意味をもつ「氣生根鍋」。個性ある素材のかけ合わせだが、だしをまとったいのしし肉はくせがなく、おろししょうがを加えると肉もスープもおいしさが底上げされる。鴨肉や鶏肉、豚肉でも試みたそうだが、すっぽんといのしし肉の相性が抜群によく、うま味が増幅。いのしし肉はロース肉とカルビ肉、野菜は水菜、菊菜、白菜、ねぎ、えのきなど近郊の野菜を使用。フルコースのようにひと鍋を楽しむ。まずはすっぽん。すっぽんはひとり1匹を使用。ぶつ切りにして昆布としょうゆで6~8時間煮た身やエンペラをいただく。他の画像を見るeclat2月号掲載 撮影/福森クニヒロ 取材・文/西村晶子 ※お店はすべて京都市内です。
  • 大人のフリルは辛口シンプルに着こなすのが正解ですフリルといえば、王道の甘めアイテムですが、そろそろ甘さ全開なテンションは避けておきたいですよね。 手持ちのフリル付きニットをtoo much感を出さずに着るには?と考えてみました。合わせたのはブラックデニム。 コート、バッグ、ブーツもクールな色でまとめました。全体をハンサムにまとめることで、程よい甘さが引き立つコーディネートになります。 首・手首・足首の3首見せで、抜け感のあるこなれた印象に。 ほんのりフェミニンさもプラスできます。 もちろん寒い時は3首見せずとも1箇所でも!どこも出ていないコーデより、あか抜けコーデになると思います。普段、シンプル派の方はこんなさりげないフリルなら取り入れやすいのでは? 反対にフェミニン派の方は、辛口スタイルに苦手意識があったとしても、フリルのおかげでチャレンジしやすくなると思います。 knit FRAY I.D denim GU boots AU BANNISTER coat SUITSELECT bag Salon de Balconyそんな辛口スタイルで、大人気のスパイスカレーを食べに行ってきました。 オーダーしたのはスパイスチキンカレー。カレーも辛口でした^^ 豆腐、大根、長ネギ、かぼちゃ、鶏肉などが入っているんです。珍しいですよね。 スパイスが効いていてヘルシーで美味しかったです♡平日のランチタイムのみの営業なのでご注意を! 食べログのページにジャンプします↓「谷口カレー in FOLK old book store」美女組No.161 愛のブログ
  • 冬服あるあるお悩み駆け込み相談室買ってみたけど出番がない……流行ってるけれど似合わない……。大悩みも小悩みも、真冬のモヤモヤをズバッと解決!!ー 答えてくれたスタイリスト ートレンドを上手に取り入れた、"ちょうどいい"カジュアルを提案! 読者からの支持も厚く「好きなコーデ」上位常連!女っぽさと可愛げを両立するおしゃれコーデがお得意な、理論派スタイリスト。巻頭特集や着回しなど人気ページを担当するエース! 毎日同じアウターで、 もう飽き飽き! 真冬のあるある悩みNo.1。ついついマンネリになりがちだけど、インに着る服、小物使いで、脱出方法があるんです! ▽解決コーデはこちら▽「トップス男子Xボトム女子のバランスで」松尾さん カジュアルすぎになりがちなボアジャケットは、甘辛ミックスで一歩リード! 揺れスカと相性抜群。 .....ワンピ1枚だと寒々しい 冬のおしゃれはレイヤードしてこそ。モコっと重ね着したほうがかえって可愛い♡ ↓ ↓ ↓ 「揺れるワンピのレイヤードで女っぽMIX」立石さん ニット×デニムのやりがちコーデにワンピを挟んで。「インナーにGジャンを挟んでみて!」松尾さん アウターを重ねて、しゃれ感UP! 他の画像を見る ボアジャケット M ブルゾン¥4900/エムズエキサイト スウェット¥9500(チャンピオン)・シャツ¥1500/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥11000/ココ ディール ニットキャップ¥2900/ライトオン(Champion) 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ イヤリング¥7000/アビステ バッグ¥2490/アメリカンホリック プレスルーム ブーツ¥7315/ダブルエー(オリエンタルトラフィック)T ブルゾン¥4900/エムズエキサイト ワンピース¥3900/レトロガール ニット¥1590/WEGO デニム¥2490/神戸レタス バッグ¥2500/カシータ スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター チェスター M コート¥3900/レトロガール Gジャン¥8900/SPIRALGIRL トップス¥1800/ヘインズブランズ ジャパン ベルトつきスカート¥6900/MURUA イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥1842/神戸レタス ブーツ¥18000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)T コート¥3900/レトロガール パーカ¥3900/INGNI スカート¥2900/エムズエキサイト ストール¥1490/アメリカンホリック プレスルーム イヤリング¥390/WEGO バッグ(参考商品)/eimy istoire ソックス(3足で)¥1000/チュチュアンナ シューズ¥5550/ストラディバリウス・ジャパン カスタマーサービス ダッフル M コート¥4990/WEGO ニット¥6900/UNRELISH スカート¥3700/セシール(イマージュ) ティペット¥5900/ROYAL PARTY 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥8500/キャセリーニ 靴¥21200/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)T コート¥4990/WEGO ニット¥2900/レトロガール パンツ¥21000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) イヤリング¥1900/ゴールディ バッグ¥6400/RANDA スニーカー¥8000/VANS JAPAN(VANS) キャップ¥1290/WEGO モデル/貴島明日香 金城茉奈 鈴木優華 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE・モデル、物) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/立石和代 松尾正美 取材・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 先週末は気温が上がり、アウターを着ていると暑いくらい暖かな気候でしたね。 皆さんはどのような週末をお過ごしになりましたか? 私はセールが気になりつつも、目を奪われるのはキレイ色のニットや春先も使えそうなコットン素材など、、気候のせいか気づいたら春を感じるアイテムばかり購入していました。 そろそろ春に向けて少しずつ準備をしていきたい気分のようです。 そんな今日は【HELIOPOLE (エリオポール)】から、2019年春の新作をご紹介していきます★ 昨年一足早く展示会でもチェックしていたオススメ商品が、FLAG SHOPで予約を開始しましたので是非チェックしてみて下さいね♪ ※ご紹介した商品は予約商品となります   HELIOPOLE/MANTECOボーダー ラップ風切り替えスカート/¥26,000+税 ストライプ×ボーダーでコーディネートの主役になるラップスカート。 前後ともラップ風のディティールが辛口なスカートは、MANTECO社のマルチボーダージャカード生地を採用。 左右のスカートパーツを、ボーダーとストライプに変えることで、グラフィカルな印象に。 シックなベージュをベースに、目をひくスカイブルー×ヴィヴィッドな赤のラインがマリンムードを演出してくれる一着です。 展示会では、透け感が軽やかな赤のニットとブルーのフラットパンプスで、スカートに合わせたカラーコーディネートが素敵でした♪素材にリネンを含んでいるので、春先~初夏にピッタリですよ!     HELIOPOLE/マルチボーダー クルーネックニット/¥14,000+税 一枚で主役になるレトロな印象のマルチボーダーニット。 レトロなマリンテイストのアイテムは、今シーズン注目のアイテム★ 身頃と袖でボーダーのパターンを変えることで1枚で着てもサマになり、カーディガンなどを羽織ると身頃のボーダーのみになり、すっきりとした印象に仕上がります。 清涼感のあるホワイトのワイドパンツなどに合わせ、レトロなリゾートスタイルを取り入れたスタイリングもオススメです!     HELIOPOLE/VEROチェック アノラックパーカー/¥38,000+税 季節の変わり目の気分を上げてくれる、春のチェックアウター★ コンパクトなフードやバイアスに取った切り替え部分がグラフィカルでキャッチーな1枚。 エリオポールでは珍しいレトロでスポーティな印象が旬な表情を演出します。 プルオーバーでサイズ感はふわっとゆとりがあるので、裾についているドローコードを引いてメリハリのあるシルエットを作るのがオススメです。 展示会ではチェックのスカート合わせで、柄×柄のコーディネートが印象的でした♪     HELIOPOLE/シャンブレーポプリン バンドカラーフリル袖ブラウス/¥17,000+税 ギャザーフリルで甘辛デザインに仕上げたデザインブラウス。 ノスタルジックな印象のLIBERTY(リバティ)らしい繊細な小花柄生地を使用しました。 ドロップショルダーのアームホールに共地のギャザーフリルを挟み込み、甘辛デザインに★ スカート合わせで女性らしさを表現するのはもちろん、ボタンが見えない仕様ですっきりとした印象なので、スラックスに合わせてオフィススタイルでも◎ 春はやはり花柄アイテムが豊富に揃う季節ですので、一枚持っておくとコーデが華やかになり重宝するのではないでしょうか。     また展示会で「かわいい!!」と皆で目を奪われたのが、こちらのワンピース! HELIOPOLE/【リバティ】 『BestinShow』 デザインシャツワンピース/¥29,000+税 ゆったりしたオーバーサイズのシャツワンピースは、よく見ると…カラフルな犬柄なんです★ 犬たちがPOPでキュートな遊び心溢れる新作のLIBERTYプリント、犬好きの方にオススメの一枚です♪ ※デザイン違いで、シャツもご用意しています。こちらの2型は既に販売しておりますので、今から着て頂けますよ♪   いかがでしたか? 今回は柄物に注目してご紹介してきましたが、まだまだ【HELIOPOLE (エリオポール)】には、2019年春の新作が多数揃っています★ 人気アイテムは少なくなってきていますので、是非お早めにチェックしてみて下さいね! ◆◆【HELIOPOLE (エリオポール)】2019年春の新作はこちらから予約◆◆  
  • 大寒が過ぎたとはいえ、寒い日が続いていますね。 皆様は体調を崩されたりしていないでしょうか? 風邪の症状がなくても、意外と身体は疲れていて免疫力が低下することもあります。 いそがしい日々を送っている皆様も、少し時間をつくって湯船に浸かると体温が上がり、風邪を引きにくくなるらしいので、ちょっといつもより自分の身体を労ってみることをおすすめします。 私は夜眠れないほどの寒がりなので、友人に勧められたたった15分の入浴でぽかぽかになる入浴剤に頼りっぱなしの日々です。。 さて、寒いとはいえ冬のおしゃれに飽きてきた頃ではないでしょうか? スイッチシーズンには靴を探していることが多い私は、ここ最近シューズ関連の記事が多い気がしますが・・・ やはり足もとに変化をつけてみるのが鮮度を上げるには効果的! 今日は、enchanted (エンチャンテッド)から《FLAG SHOPマガジン掲載》アイテムを中心におすすめシューズをピックアップしてみました♪   ◆人気ドラマにて上戸彩さん着用♪Vカットフラットシューズ enchanted/本革Vカットフラットシューズ/¥10,000+税 疲れにくいローヒールのトレンド感あるポインテッドパンプス。 程よい抜け感を漂わせる甲のカットデザインがポイントフラット甲部分のVカットにより、美脚効果が期待できる一足に♪ 一見スマートなシルエットでも足幅はゆったり余裕があるのも嬉しいですね。   ◆スイッチシーズンにおすすめ!ハーフニットスニーカーブーツ enchanted/ハーフニットスニーカーブーツ/¥11,000+税 先日もFLAG SHOP Magazine《春はこう合わせたい!2019年春の注目アイテム【スニーカーブーツ】》にて、コーディネートで冬→春へのシフトチェンジをご紹介した、人気のスニーカーブーツです! フェミニンさとカジュアルさのバランスが絶妙な、ふわふわのニットスニーカーは、デザインだけでなく、歩きやすさなど機能性も抜群♪ 今のうちに一足ゲットをおすすめします☆   ◆パンツでもスカートでも使える万能!本革ソフトレザーVカットバブーシュ enchanted/本革ソフトレザーVカットバブーシュ/¥11,800+税 コーディネートに映える、ちょっと深めの本革ローヒールパンプス。 ラインが綺麗に見えるアッパーなのでヒールが苦手な方でも合わせやすい♪   ◆季節の変わり目の救世主!ニューデザインのマニッシュシューズ enchanted/本革ウイングチップレースアップシューズ (イタリア革)/¥13,800+税 細身のラスト&厚みのあるソールのボリューム感でパンツスタイルや、スカート、タイツとの相性も良く幅広いスタイリングに大活躍するので季節を問わず定番にしたい一足! 定番シューズの一足にイチオシです★   気になる一足はありましたか? ソックスやタイツとの相性も楽しんで、、2019年の春は旬な足もとを極めてみてはいかがでしょうか♪ enchanted (エンチャンテッド)では、新作はもちろん、お得なセールアイテムも★ 今すぐCHECKしてみてください!
関連キーワード

RECOMMEND