一年の潤いは1月にあり!美容賢者8人の幸せになる保湿格言

@BAILA

一年の潤いは1月にあり! 美容のプロ集団・BBB(バイラビューティブレインズ)に保湿キホン格言を教えてもらいました。“水も滴る潤いいオンナ”を目指しましょう♡

BBB(バイラビューティブレインズ)の保湿キホン格言

保湿は、お祭り気分で一度やって終わるより、毎日コツコツ続けることこそが肝心。一回のスペシャルケアで満足せずに、どんな保湿なら日常のなかに取り込めて、毎日続けられるのかを考えてみて。一発屋保湿ではなく、細く長〜く続けるが吉。
【美容家・小林ひろ美さん】
創意工夫に満ちた陽気な美容法で人気。末端までもっちりと潤った、神がかった美肌は「あの肌になりたい」とあがめられている。
乾燥に悩んでいる人に話を聞くと、ベタつきが苦手な人が多いもの。バイラ世代からは、油分と仲よくなったほうが、得。乳液やクリームは、1・5倍使ってもちょうどいくらい。多少ベタついているぐらいのほうが、実はちょうどいいんです。
【美容エディター・松本千登世さん】
言葉やたたずまいからも清らかな潤いが伝わり「すれ違うだけで、心が洗われるよう」と評判。肌はもちろん、人生まで保湿する達人。
おなかが減ったら、どんなおいしいものを食べよう?と考えるように。肌が乾いたら、オイルかな? お水かな?と感覚を研ぎ澄ませて本能のままに与えればいい。ルールにとらわれたルーティン保湿ではなく、心地よさ優先のアドリブ保湿を楽しんで。
【美容ジャーナリスト・小田ユイコさん】
ゆらぎやすい肌質を乗りこなす、抜群の保湿センスの持ち主。広く深い豊富な知識と、並々ならぬ探究心で潤いの知恵を授ける。
使用量を守っている人って、意外に少ないですよね。ちびちび使うことに、メリットはありません。高級なものをちょっとだけ使うなら、ベーシックなものをたっぷりの量使ったほうがいい。「ドカ盛り上等」ぐらいの気持ちで!
【美容ジャーナリスト・木更容子さん】
歯に衣着せぬサバサバトークと姉御魂で、美容に迷える子羊を導いてきた知将。原料や成分のマニアックな知識は唯一無二。
水分・油分・保湿成分を与えるだけが保湿にあらず。せっかく与えた潤いも、巡りが悪い冷えた体や肌のままでは行き渡らない。全身を温めて代謝や血流をアップしてこそ、潤いの巡る肌になると心得て。「与える」「巡らせる」の両輪ケアが必要です。
【美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん】
美を愛し極めるリミットレスな発想で、独自の鵜飼ワールドを構築。幸せオーラあふれる薄桃色のつや肌がトレードマーク!
水と油をバランスよく補うこと。シンプルだけど、究極だなと思います。肌には化粧水と上質な植物オイルを塗り、温泉水やオイルサプリメントでインナーケア。内からも外からも水と油をきちんととることが、いちばん大切なんじゃないかな。
【LA CARPE代表・新井ミホさん】
オーガニック&ナチュラル系コスメに通じた、カリスマPR&愛猫家。多忙や激務を感じさせない、穏やかな魅力で信奉される。
自分の肌にいちばん合う保湿成分は、自分の皮脂。大事な皮脂を落としすぎてしまうと、その後にどんなに高いクリームを使っても補いきれません。与えるケアよりも、いかに洗いすぎず、落としすぎないかに、もっと意識を向けてほしい。
【松倉 HEBE DAIKANYAMA院長・貴子先生】
並外れたインテリジェンスと美貌で、美容医療界を牽引。幼いころからコスメ英才教育を受けて育ち、化粧品に対する造詣も深い。
造形の美しさを超えるのは、潤い感。潤いは、目鼻立ちすらも超える魅力です。人は、肌が潤っていると、それだけで惹きつけられるもの。発せられる言葉や空気感にも、ほどよい湿度とぬくもりを感じさせることができたら素敵ですよね。
【美容家・神崎 恵さん】
もはや存在自体が潤っていて、つやっぽい。その秘訣を惜しみなく公開し、世の女性の憧れを一身に集める、モテと色気の伝道師。

イラスト/和田ラヂヲ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載

関連記事
  • 今季のトレンドであるスカーフ。 BAILA2月号では様々なスカーフの巻き方をご紹介しています。 前回、通勤コーデにぴったりなスカーフコーデをご紹介しましたが、 今回は休日にぴったりなスカーフコーデをご紹介します。【スカーフコーデ】通勤にもOK!スカーフコーデアレンジ私は、休日でネイルサロンやマツエクなど個人的な用事がある時は、スキニージーンズにタートルネックというラフなコーディネートをする事が多いです。 スキニージーンズにタートルネックだけでは、何となく物足りないなという時に合わせているのが「スカーフ」。スカーフをウエストベルトのように使っています。 この結び方は、BAILA2月号でも紹介されているのですが、スカーフをベルト代わりにすることで、ウエスト部分におしゃれなアクセントをプラスしてくれます!いかがでしたでしょうか? とっても簡単なのに、いつものコーディネートに彩りをプラスしてくれるスカーフベルト。 ぜひトライしてみてください!▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • ヴェールをかけたような薄膜ながら、上質なツヤをまとうという、大人の素肌にマッチした下地とファンデーションは、アラフォー世代必見!■ベースメイク部門 Best「パウダリー ファンデーション」★BEST 1 コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション 「パウダリーを超えた、柔らかくきめ細かなテクスチャー。カバー力もちゃんとあるのに、自分の肌が透けるような素肌感があって、光を通過するような感じがお気に入り。コンパクトなサイズ感や、比較的お手ごろ価格なのも高得点」(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子)。「周囲から肌を凝視されるほど、"ツヤがスゴイ"毛穴が見つからない"と、絶賛の嵐。スポンジでもブラシでも完璧にフィットし、メイクあとを残さないナチュラル感。軽量で使い勝手よく、欠点ナシ!」(美容エディター・ライター近藤須雅子)。SPF20・PA++ 全7 色各¥5,000★BEST 2 イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ スティック 「消したい肌悩みのエリアにダイレクトに塗って、指先でトントンとなじませるだけ。まるで"ぼかしフィルター"をかけたかのようにふわっと均一な美肌に! コンパクトで持ち歩きしやすいサイズなのも最高」(美容エディター前野さちこ)。塗布した瞬間クリームがパウダーに変化し、肌と一体化。ライトなつけ心地でなじみは抜群。全5色各¥6,500★BEST 3 エスティ ローダー ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイスパウダー メークアップ N「乾燥している部分はしっとりうるおうし、皮脂や汗はさりげなく吸着してくれるから、つけている間中快適そのもの。乾式のパウダーは塗る時はしっとり心地よく、すぐにさらさら。なのにつけるほどに肌がうるおってどんどん一体化する感覚がたまらない」(美容ライター山崎敦子)。秋冬の肌にぴったり。SPF30・PA+++ 全6 色各¥7,000■ベースメイク部門 Best「リキッド・クリーム ファンデーション」★BEST 1 SUQQU エクストラ リッチ グロウ クリームファンデーション 「極薄の膜のみずみずしい艶やかさが◎。大人の肌のノイズを和らげつつ、肌にハリを与えてくれるので、いつまでも乾きを感じさせません。カジュアルで軽やかな肌に仕上がる、"肌見せ"ファンデーション」(ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未)。「カバー力・ナチュラルさ・毛穴消去力にツヤもあり。さらにロングラスティングと、ファンデーションに求める欲張りな条件を網羅。それにツルンとしたハリ感も実現。素肌が向上した?とうぬ惚れさせる仕上がり。しかも長時間ツヤ感が続くのがうれしい」(ヘア&メイク/ライフスタイルアドバイザー藤原美智子)。美容エキス12種類に保湿成分も配合。全7 色各30g¥10,000★BEST 2 アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション「塗布したての肌は、気になっていたアラがするすると消えていくようで、もちろん感動。でも、なによりの感動は夕方訪れる。ファンデーションのツヤと自分自身の肌ツヤがどんどん溶け合って、むしろ、ナチュラルになっていく感じ。“夕方の肌”を好きでいられる幸せを実感中」(美容エディター松本千登世)。重ねても重くならない。SPF22・PA++ 全10色各30㎖¥9,000★BEST 3 ディオール ディオール バックステージ フェイス&ボディファンデーション 「サラッとしたかなり軽いつけ心地。フィット感があるのでカバー力もほどよく、とても使いやすい。くずれにくく、長時間持つのも大きな魅力」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵)。どんなスキントーンにもマッチするカラーバリエで、立体感や陰影も思いのまま。プロが仕上げたような肌を簡単に演出できる。全21色各50㎖¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール■ベースメイク部門 Best「クッション・ エマルジョン ファンデーション」★BEST 1 シャネル ヴィタルミエール グロウ 「決して厚づきではないのに、肌のシワやキメの粗さが飛ばされて、美肌に見える。この偽装美肌感はアラフォーには貴重。ナチュラルだけどきちんとした雰囲気が醸し出されるから、時間のない朝にさっと塗るだけでちゃんと肌をつくったように仕上がるのもありがたい」(美容エディター入江信子)。「ヘルシーで今どきなツヤをたたえた肌に仕上がる実力は、間違いなく今季のNo.1 。乾燥した肌にものるし、水分&ツヤ不足も即効で解消。特に絶品なのはメイク直し。くすんで疲れきった肌もこれをのせれば、たちまちうるおい肌に」(美容ライター山崎敦子)。SPF15 全6 色各¥6,900★BEST 2 ランコム タン イドル ウルトラクッションコンパクト「薄づきすぎず、適度なカバー力とツヤ感も欲しい……となると意外にマイベストを探すのがむずかしいクッションの中で、今季大活躍したのがコレ。絶妙なカバー力ながら、くずれにくく乾きにくいのもうれしい実力!」(マリソル 副編集長マイリーヌ)。新導入されたテクノロジーのおかげで、高いカバー力とラスティング力を発揮し長時間キレイ。全5 色各¥6,500★BEST 3 ジョルジオ アルマーニ ビューティ マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション トーンアップ 「美肌に見せるのは大前提で、絶対に色気をひそませるアルマーニ。これは、日中乾きたくない、シミと毛穴を隠したい、シワを刻みたくない、くすみを出したくない、むしろメイクオフした時にキレイでいたい、そして色気もにじませたい、という願望をすべてクリア。これ以上のものはないほど好き」(美容エディター鵜飼香子)。SPF15 全6 色各¥8,500【Marisol1月号2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃
  • 美脚に見せたい!ヒップをすっきりしたい!というお悩みに、BKI(バイラ着やせ委員会)メンバーイチオシの名品を紹介してもらいました。驚愕のコスパ優秀アイテムからデニムに定評のあるブランドの逸品まで、参考にしてみて。【可愛げヒップ賞】アイテム4選スタイリスト百々千晴さん(163㎝) Citizens of Humanityのバックセンターライン 「ストレッチ性があるため、ヒップをきゅっと上向きに女性らしくきれいに見せてくれます。ハイウエストなので脚長効果も。大好きなデニムのひとつです」。¥33000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパンストレッチ性があり女らしいヒップに。後ろ姿に自信!ライター 榎本洋子さん(165㎝) AMERICAN HOLICのスキニーフィット 「生地が柔らかくてフィット感が抜群。バックポケットの位置が高いから、必然的にお尻の位置も上に見えます。驚きの補正力で¥3000以下だなんて、コスパも最高!」。¥2990/アメリカンホリック プレスルームポケット位置が優秀。驚愕プライスに思わずタグを二度見!スタイリスト石田 綾さん(160㎝) BLACK BY MOUSSYのスーパースキニー 「計算されたディテールは、さすがデニムに定評のあるブランドならでは。後ろのポケットが小さくセンター寄りなので、憧れの小尻がかないます」。¥15000/バロックジャパンリミテッド(ブラックバイマウジー)スタイルアップへのこだわりが感じられる究極の一本!スタイリスト吉村友希さん(158㎝) AGOLDEのブラックスキニー 「引き締め効果のある黒なら、後ろ姿もすっきり見せられます。ボリュームのあるお尻でも目立ちません。はいていると必ずといっていいほど『やせた?』と言われます!」。¥23000/エストネーション(エーゴールドイー)"キング・オブ・ザ締め色”の黒が美尻を約束!撮影/坂根綾子 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/道端舞子 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 今が旬のスカーフを、大げさにならず、さらっと上手にアレンジできたら素敵。頑張りすぎないさじ加減が女子会で褒められる、7つのテクニックを中村アンさんとともにご紹介! 下の「スカーフの巻き方講座」で詳しい巻き方を説明しているので、気になるテクを試してみて。 女子会スカーフ7つのアレンジ術ヘアバンド巻き シンプル服が見違える、即効こなれテクニック。顔の近くで印象的にきかせるスカーフは、定番色ベースのグラデーションなど悪目立ちしない色と柄を選びたい。 スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000・リング¥80000・ブレスレット(手首側から)¥175000・¥146000(すべて予価)/エルメスジャポン(エルメス) ニット¥29000/スローン コート¥65000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピーストゥディオ) バッグ¥47000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)90㎝のカレは、ヘアバンドとして巻くのにも最適なサイズ。モダンな柄、そしてブルー系メインの色使いが、ベーシックな着こなしをクリーンに洗練させて見せる。スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000/エルメスジャポン(エルメス)パレオ巻き スカーフ柄を服で取り入れるスタイルも旬。そんな気分で、たっぷり大判のスカーフをシンプルなワンピースやパンツスタイルにオン。気負わず、腰巻き感覚で楽しもう。 スカーフ(140×140)¥79000・バッグ¥265000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ) ニット¥38000(カトリーヌ ハメル)・パンツ¥46000(コルタナ)/カオス丸の内ショールとしても使える140㎝四方の大判。大きく広げて使うパレオ巻きには、あまりうるさい柄よりも、こんなクラシカルさのある柄をあしらって、品よく仕上げるのがいい。上質なシルクスカーフのなめらかな風合いが、着こなしを格上げしてくれる。そして、実は腰まわりの体型カバーにも有効なアレンジ。スカーフ(140×140)¥79000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)ベルト巻き ベルト代わりにスカーフを通すだけでほんのりレトロなムードが香る。ボトムと反対色のスカーフをきかせるのが洒脱でキャッチーな着こなしのカギ。 スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ニット(2月入荷予定)¥15000/リエス ジャケット¥79000/サード マガジン(AVN) スカート¥7800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2000・バングル(上から)¥3400・¥2300・¥3600/ジューシーロック 靴下¥2600/真下商事(パンセレラ) 靴¥59000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 深みのある赤×ネイビー配色、そして大きめの柄が、どこかヴィンテージライクな雰囲気。カジュアルなデニムスカートも、これ一枚でシックに見違える。スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ)ヘア編み込み 思わずはっとする、後ろ姿美人なヘアアレンジ。まずは髪色となじむ、ダークトーンのスカーフでトライして。薄手で柔らかい素材が、編み込み向き。 スカーフ(70×70)¥15000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ) プルオーバー¥64000/マディソンブルー パンツ¥25000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス(1個)¥38000/ショールーム セッション(ヒロタカ)スカーフ外側のチェック部分がヘアの下からひらりとたれて、鮮度の高いバックスタイルが完成。パープル系カラーにパンツをリンクさせ、色の印象を楽しむコーディネートに。ほのかに透ける軽やかな素材は、編み込むときも扱いやすいはず。スカーフ(70×70)¥15000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ)ハイネック巻き 首にきゅっと小さく結んで、シャツやタートルニットの中にしまう端正なスタイル。見える分量が少ないからスカーフは、サイズも柄も小さめを選ぶのがポイント。 スカーフ(53×53)¥7800/フラッパーズ(マニプリ) シャツ¥126000/マディソンブルー ピアス¥4040/ジューシーロック小さく結んで襟の中にしまうのが可愛いハイネック巻きは、50㎝前後の小ぶりスカーフがちょうどいい。そして、大柄だとほとんど見えないので、細かい柄のものを。服の色となじませてもいいし、こんなふうに反対色できかせても、少量なので悪目立ちすることなくチャーミング。ただし、顔に近い位置なので、自分の肌映りを考慮した色選びを意識したい。スカーフ(53×53)¥7800/フラッパーズ(マニプリ)ショルダー結び ストラップとしてスカーフを使うという新発想。バッグと同色をベースにしたスカーフを使えば合わせる服を選ばず、幅広くコーディネートしやすいはず。 スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥109000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) シャツ¥24000/チェルシーフィルムズ(シンメ) スカート¥36000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) ピアス¥25000・リング¥210000/ステディ スタディ(トムウッド)コロンと愛らしい赤いバッグに、赤ベースのスカーフをショルダー結び。バッグを主役にした着こなしも、一歩先の新鮮さ。ちょうどいちばん上の部分に結び目を作っておくのが、持ちやすさの秘訣。スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ)シェフ巻き 古くさくなりがちな定番の襟元アレンジは、しゅっとハンサムなシェフ巻きなら失敗なし。大げさに広がらず、スマートに決まるほどよいサイズ選びも大事。 スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ) ニット¥68000・ジャケット¥80000・パンツ¥18000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) バッグ¥54000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) ピアス(1個)¥19000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 靴下¥2700/真下商事(パンセレラ) 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) 襟元は、エレガントになりすぎない巻き方が今のルール。縁取りのあるデザインが、シェフ巻きのキリリとした印象を引き立てて。スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ)よく分かる「スカーフの巻き方講座」はこちらをチェック!撮影/白川青史(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/中村アン  取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年2月号掲載
  • 「高品質なコスメを一流ブランドの1/3価格で提供する」ことを追求し続けているというアテニア。2014年には時計遺伝子に着目した「時計美容スキンケア」を誕生させ、朝は防御、寝る前の夜は再生力を高めるケアなど、1日のリズムに合わせたお手入れを提案。肌リズムが狂いがちな多くの現代女性に支持されています。そして今年、この「時間美容スキンケア」がさらに進化してリニューアル! 何歳になっても輝き、おしゃれも楽しんでいる女性が増えている今美しさの寿命をいかにして引き延ばすかということにますます期待が寄せられています。そこで誕生したのが、「1日」という時間だけでなく「一生」という時間のリズムを味方に付けたスキンケアです。新たに着目した「長寿遺伝子」とは?今回のリニューアルでは、1999年にマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授が発見した「長寿遺伝子=サーチュイン遺伝子」に着目したのだそうです。「酵母で発見されたこの遺伝子の特徴として、まず地球上のほとんどの生物が持っていることが挙げられます」とは、ビューティサイエンス研究センター 副センター長の桜井哲人さん。そしてこの遺伝子のスイッチがオンになると100近くの老化要因が抑制され、この遺伝子の働きを強めると寿命が延びることも確認されているのだとか。「長寿遺伝子は7種類あり、その中で外見老化に最も影響するのがサーチュイン6です。今回、このサーチュイン6を活性化させる原料を開発しました」数十種類の植物から開発したのが、独自の原料〈サーチュライザーS6〉。この研究開発の段階で、肌寿命に関わる遺伝子メカニズムを新たに発見、学会でも発表したそうですよ。高齢化が進む現代、それに抗う策が次々と開発されるのはうれしい限り。次のページで、新製品をご紹介します。1月21日(月)にリニューアル発売したのは「時計美容スキンケア」の2ライン。写真左から4品がエイジングケアラインの「ドレスリフト」、右の5品は本格保湿ケアラインの「プリマモイスト」です。OurAge世代には「ドレスリフト」シリーズがぴったり。全品に〈サーチュライザーS6〉のほか、極小サイズの独自開発ハリ成分も配合しています。「ドレスリフト フェイシャルウォッシュ」(¥1,836、税込以下同)は濃密でキメ細かい泡なのが特徴。小ジワやキメの乱れに入り込んだ汚れも吸着してオフします。うるおいとハリをもたらす化粧水「ドレスリフト ローション」には写真のエコパック(¥3,456)も。容量はボトルタイプ(¥3,559)と同様なので、リピートすることを考えたら、こちらのほうが環境にもお財布にもやさしいですね。専用ホルダー(¥154)はアテニアの化粧水全ライン共通。とろみがありながら、すーっと浸透する使い心地です。日中用乳液の「ドレスリフト エマルジョン」(¥2,911)は、なめらかなとろみで肌にスルスルと広がるミルク。夜用クリームの「ドレスリフト ナイトクリーム」はレフィルと専用容器がセットになって¥4,320。睡眠中の肌をしっとり包み込む濃厚なテクスチャー。紫外線や乾燥など日々のダメージを蓄積させないスキンケアで、美肌寿命をより長く! ダマスクローズを基調としたリラックスできる香りも魅力です。「アテニア」
  • 年中乾く肌から潤う肌に! 日中、メイクの上から使える保湿アイテムを常備すれば、朝・夜・外・中いつでもどこでも潤いのあるパーツをキープ♡ おすすめアイテムを美賢人に教えてもらいました。【おでかけ保湿】メイクの上から使える保湿アイテム美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「イラっとすると肌は酸化して乾く」 日中ストレスを感じると、その後に、乾いて酸化する気が。間髪入れずに保湿ケアを! (上右から)「クリームとオイルのいいとこ取りスティック」。ルシェリ グロウ エッセンススティック9.5g ¥2500(編集部調べ)/コーセー 「気分もリセットしつつ、潤い補給」。CBD レスキュー ロールオン 8 ㎖ ¥1800/エリクシノール (下)「肌ストレス&乾燥をケアしながら、美肌演出効果も」。ランタンポレル ブロッサム クリーム コンパクト 12g ¥8800/パルファム ジバンシイ美容家 小林ひろ美 「昼は、一期一会づけ」 日中、メイクの上から保湿するときは、何度も重ねるとくずれやすくなってしまうもの。乳液やクリームを手のひらや指によ〜くなじませたら、一回だけタッチして転写。二度づけは禁止の、一発勝負です。撮影/さとうしんすけ イラスト/和田ラヂヲ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 「MAQUIA」3月号の付録、ぷにぷにシリコンパフの使いこなしテクを、美肌作りの天才・中野明海さんがレクチャー。シリコンパフを使えば、軽やかで澄んだツヤ肌がいとも簡単に作れます!指のようなぷにぷにパフがあれば 美肌レベルがぐんっとアップする「このシリコンパフって、ぷにぷにと柔らかくってシワが寄って、まるで指みたいなの。ファンデーションが筋になることなく、すす~ときれいに伸びるし、細かい部分まで小回りが利くし、パッティングするとツヤが増すし、使いこなせばベースメイクスキルがぐんとアップします。しかも、シリコンでファンデーションを吸い込まないから、衛生的に使えて無駄もない。イイコトずくめなんです」 ― Akemi Nakanoヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん おしゃれかつ視線が止まるドラマティックさが覗くメイクを提案し、時代を牽引し続けるアーティスト。手がけた女優やアーティストはスター階段を駆け上がるとの評判。USE IT!a 肌悩みはしっかりカバーしながらも、生っぽいツヤでいきいきとしたリアルな肌を演出するクッションファンデーション。SPF25・PA+++ クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ 全6色 各 ¥9000/資生堂インターナショナルb ほんのりピンクがかったノンパールなクリーム質感で、ピュアな血色頬に。マルチペイントカラーズ 01¥3000/RMK Divisionc 濡れたようなみずみずしい輝きと透明感が秀逸なハイライト。さっと塗るだけで、さりげない立体感が増す。ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5500/シャネル1 クッションファンデーションを、パフの尖った部分の約1/2に垂直に叩くようにつける。2 顔の広い面は、内から外に向かって一気にすす~となじませる。力を入れないのが正解!もっと見る >MAQUIA3月号 撮影/天日恵美子(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/中野明海 スタイリスト/小川夢乃(モデル) モデル/スミス 楓 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/木下理恵(MAQUIA) 【MAQUIA3月号☆好評発売中】
  • アイカラーでも、リップでもないけれど、印象操作に使える名脇役も押さえておきたい。まずは、思いのままに立体感、陰影、血色感を擬装するフェイスカラー。ヘルシー、輝き、透明感というニュアンスを足すことで、仕上がりが一気に春めくから。そして既成概念からはみ出したアイブロウや、目もとをソフトに引き締めるアイライナー、目の下を明るく照らすパウダーも、美人度アップに貢献してくれるはず。【推薦者:ビューティエディター・安井千恵さん】チークで印象明度を引き上げるコンスピキュアス チークス 02ピンク ¥6,800/アンプリチュード「肌の明るさをぐっと引き上げてくれるコーラルピンク。微粒子パウダーが肌に溶け込むようになじみ、チークが顔から浮かないところが素晴らしい。上のハイライトパウダーはチークの上から重ねて光沢を足してもいいし、夕方疲れが顔に出てきたとき、目の下にサッとひとはけすれば、透明感が復活。メイク直しにマストなアイテム」(安井さん) アンプリチュードwww.amplitude-beauty.com0120-781-811【推薦者:ビューティエディター&ライター・横溝なおこさん】みずみずしい濡れ艶が気分ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5,500/シャネル Photo:©︎CHANEL「カテゴリー的にはハイライトだけど、いかにも!という光ではなく、濡れたような自然な艶を肌に重ねていく感じ。わざとらしくなく、肌が若々しく、みずみずしく見えます。ルチア ピカが、日本や韓国の旅で感じた色や光からインスピレーションを得たコレクションというのも納得の、ほかにはない繊細かつ控えめな艶!」(横溝さん) シャネルwww.chanel.com0120-525-519【推薦者:ビューティエディター&ライター・小川由紀子さん】深く柔らかな限定ライナーが復活キッカ リキッドアイライナー W 02 ¥4,500/カネボウ化粧品「誰でもアイライン上手になれる名品ライナーから、(同じ色で極短筆もつけるという発想が秀逸!)限定色のバルサミコが復活とあって飛びつきました。柔らかな赤みを帯びたブラウンブラックは黒よりも強すぎず、春色の繊細さを損なわずに深みをくれる絶妙カラー。きれい色だけだと目もとがぼんやりしそうだな・・・・・・というときに」(小川さん) カネボウ化粧品https://www.chicca.jp/0120-518-520【推薦者:ビューティライター・片岡えりさん】目の下の影に効くレフ板パウダーシークレット ブラーリング パウダー フォー アンダー アイズ ¥2,600/ローラ メルシエ「レフ板のような光の反射で、不健康感を宿す目の下のクマやくすみ、小ジワをぼかすカシミアタッチの微細なパウダー。ブラシでサッとなじませるだけで、粉感や白さを残すことなく、清らかな透明感がふわり。朝の仕上げに使えばアイメイクのにじみを防ぎ、午後は影を消し去りフレッシュ仕立てに。パステルメイクの“映え”も違う」(片岡さん) ローラ メルシエwww.lauramercierjapan.com0120-343-432【推薦者:ビューティエディター・安井千恵さん】光と血色を仕込むカラースティックグロー2ゴー デュオ コントアスティック 左から01、02 各¥3,800/クラランス「指で伸ばすとするんとなじむマルチフェイスカラー。特に好きな01は、ラベンダーのハイライトの透明感が絶妙! 肌に繊細な発光感と美肌オーラを生んでくれます。明るすぎないピンクのチークは、甘い顔にはしたくないけど血色感はほしいというときにもぴったり。02のブロンズカラーは裏技的にまぶたに使っても。もう一方のオレンジもピンク同様、肌の明るさを際立たせてくれ、微細パールの効果で肌がうるっと見えるところも魅力」(安井さん) クラランスwww.clarins.com03-3470-8545【推薦者:ビューティライター・片岡えりさん】黒髪にパープル眉という選択肢カラー アイ&ブロウ キット ¥6,300(限定発売中)/ゲラン「オレンジでも赤でもない、パープルの濃淡でアイブロウ?と半信半疑でのせてみたら、黒より柔らかくブラウンよりハンサムな眉に。深みと艶のある神秘的なニュアンスがダークな髪色とベストマッチで、今シーズン注目のパープルメイクとも美しいハーモニーを奏でてくれる」(片岡さん) ゲランwww.guerlain.com/jp/ja0120-140-677 >>【EYE】彩り優しく情緒的な“たおやか”アイカラー
関連キーワード

RECOMMEND