自分本位なランジェリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.21】

@BAILA

毎朝、どんな1日になるか、どんな服を着てどこへ行くか、夜までの自分を想像して下着を選ぶ。その行為は、1日を始めるルーティンの中でも、多くの女性にとってスイッチが入る瞬間ではないだろうか。繊細なレースや優しい素材、自信を与えてくれるデザイン……素肌の一番近くで、一番長い時間を過ごすランジェリーだから、選ぶ瞬間に心が浮き立つようなものをコレクションしたい。例えば、色とりどりのチョコレートが詰まった箱の中からひとつを取り出すような、そんな楽しみを毎朝に見出せたら、とても素敵。

淡いピンクにレースをデコレーション。素肌に柔らかくフィットして、薄手の服にも響きにくい。ブラジャー¥8,800・ショーツ¥4,500/カルバン・クライン カスタマーサービス(カルバン・クライン アンダーウェア)

年齢とともに、好きだけど似合わなくなるものが出て来るかもしれない。ロマンティックなレースやピンクがなんだか気恥ずかしくなったり、スポーティな旬デザインに少し気後れしたり。でも、ランジェリーなら大丈夫、自分の好みを好きなだけ身につけることができる。体型に自信がなくなりそうな時も、ランジェリーが美しいボディラインを作る手助けをしてくれる。パートナーとの親密な時間を演出してくれることだってある。「勝負下着」という言葉がある(あった?)けれど、30代にとってのランジェリーはきっと、何かと勝負するための武装ではなく、自分の人生を楽しませ、助けてくれるためのお守りのような存在なのだ。

【select point】
・選ぶテイストにタブーなし。自分の「好き」を謳歌して
・身体は時とともに変わってゆく。試着を重ね、今の自分のボディに合うシルエットを
・同じような色やデザインばかりじゃ楽しくない。時には冒険しよう

着心地の良さとアガるデザイン、ランジェリーの名品5

【CALVIN KLEIN UNDERWEAR】
スポーティなイメージの強いカルバン・クライン アンダーウェアだけど、繊細なレースを用いたセットもモダンでセンシュアル。ブラは締めつけの少ない優しいつけ心地で、お揃いのタンガもセクシーすぎない。アジア向けのサイズ展開になっているのも魅力。

ブラジャー¥13,800・タンガ¥5,500/カルバン・クライン カスタマーサービス(カルバン・クライン アンダーウェア)

問)カルバン・クライン カスタマーサービス 0120-657-889
【STELLA McCARTNEY】
ストレスフリーなノンワイヤーのトライアングルブラとビキニショーツ。オーガンジー素材のトランスペアレントなピンクは、つけるたびに心がときめく。甘すぎないデザインと乙女心くすぐる色づかいは、さすが、ステラ・マッカートニー。

ブラジャー¥10,000・ショーツ¥6,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)

問)ステラ マッカートニー カスタマーサービス  TEL 03-4579-6139
【HANRO】
130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。着心地の良さにこだわったコットン素材と丁寧なつくりに定評がある。シンプルで実用的なデザインは、組み合わせもしやすく、おしゃれのプロに指名買いファン多し。

ブラジャー¥12,000・ショーツ¥8,500/ワコール(ハンロ)
問)ワコールお客様センター 0120-307–056
【SIMONE PERELE】
フランスを代表するランジェリーブランド、シモーヌ ぺレール。コルセットメーカーから出発した老舗で、女性の身体を美しく見せる計算されたシルエットで人気。洋服に響きにくく、すっきりとボディメイクしてくれるカップブラとショーツのセット。

ブラジャー¥17,000・ショーツ¥9,000/ワコール(シモーヌ ぺレール)
問)ワコールお客様センター 0120-307–056
【AUBADE】
パリ発のランジェリーブランドらしく、華やかでロマンティックなデザインが多数。セクシーなラインを強調しながらも、窮屈さはなく、大人の女性の日常にフィット。まろやかな胸を演出するハーフカップブラは、リボンとレースアップのディテールでほどよくセクシーに。

(右)ブラジャー¥13,000/オーバドゥ ジャパン
問)オーバドゥ ジャパン TEL03-5719-7290

知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【カルバン・クライン】>>

設立者のカルバン・クラインは、1942年ニューヨーク生まれ。1968年に、親友のバリー・シュワルツと共に自身の名を冠したブランド、カルバン・クラインを立ち上げた。アメリカントラッドをベースにしたモダンで都会的なデザインは、瞬く間に人気を呼び、72年にはスポーツウェアや化粧品なども発表。以降、「カルバン・クライン ジーンズ」や香水「ck one」、そしてアンダーウェアなど、数々のヒットアイテムで時代を席巻し、ファッションとライフスタイル全般を手がけるブランドとなった。

大ヒットとなったロゴ入りアンダーウェア。時代を象徴するニクい小道具として、映画『バック トゥ ザ フューチャー』にも登場。ブラジャー¥5,500・¥3,200/カルバン・クライン カスタマーサービス(カルバン・クライン アンダーウェア)

2004年に設立者のカルバン・クラインがデザイナーを引退し、2017年から、ラフ・シモンズがチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任。彼がディレクションした同年の秋冬コレクションは、現在に続く1980−90年代ファッションのブームを牽引したと言っていい。象徴的なアイテムが1992年に発表されたロゴ入りアンダーウェアのリバイバルだ。アメリカの洗練と、豊かでポップな時代の再解釈、新生カルバン・クラインのリアルクローズから目が離せない

カルバン・クライン アンダーウェア 2018年のキャンペーンにはカーダシアン姉妹が登場

文・久保田梓美 撮影/富田春菜

関連記事
  • ロマン・デュリスにインタビューした、と何人かの知人に告げたところ、「えっ!? 彼、日本に来ていたの? 私、ファンなのよ」という反応が多かったことに驚いた。それこそ、20代前半で出ていた『青春シンドローム』(1994)等から、ロマの青年役を好演した『ガッジョ・ディーロ』(1997)、そして『真夜中のピアニスト』(2005)や『タイピスト!』(2012)などのヒット作まで、コンスタントに高い評価を受けて、44歳になった今、また新たな地平を拓いている。タイムリーな作品に込めた想いphoto by Masato Seto――新作『パパは奮闘中!』はたぶん5年前、10年前でも話題になったと思うけど、2018年、2019年の今だからよりタイムリーですね。フランスの黄色いベスト運動(労働者デモ)と呼応してる。 「この映画を作り始めた時は、ヒューマンな内容にスポットを当てようとは考えていたけど、特に黄色いベスト運動につながるなんて思いもよらなかった。でも僕が演じた主人公は職場では労働運動のリーダーとなり、家では妻が出て行ったことで2人の子どもの世話に奮闘しなければならなくなるという状況は、きっとあのデモに参加している人間たちの中にもあるかもしれないなと思ったよ」。――大人の俳優たちの中で、2人の子どもの演技がナチュラルでとても良かった。「アドリブ重視でやったおかげだと思う。もちろんストーリー・ラインはあったけど、ガッチリ決められた台詞だと、“間違ったらどうしよう”と緊張してしまって自然な感じにならない。幸い今回は、パリの自宅から毎日撮影現場に通って各々の家に戻るというやり方じゃなくて、みんなそろって地方のロケ現場に行って、それこそカメラが回っていない時も晩御飯を一緒に食べるような時も、常に役のキャラクターとして接していた。子どもたちもいろいろ提案してくれたから、僕たちはその話によく耳を傾けていたしね」。――主人公の妻が物語りの序盤からいなくなったり、ある印象的なシーン以外は音楽がなかったり、色彩も無彩色に近かったりと、”不在“の存在感が際立つ作品ですね。「それが映画を観る人にとってはある種のサスペンスをもたらすと同時に、一旦、音楽や色が目に入った時のインパクトは強いんじゃないかな」。 ――確かに。ラストシーンなどは特にそうで、私、大好きでした。「僕もだよ(笑)。いろいろなことがあっても、誰かを糾弾したり裁いたりしていない、そこがいいよね」。生粋のおしゃれパリジャン!photo by Masato Seto――というわけで、奮闘する父親役が似合うような年頃なのに、目の前のあなたは相変わらず素敵で、エディ・スリマン時代のサンローランのジャケットと胸につけているブローチがよく似合う。どうしてこんなにカッコ良く年を重ねることができるの?   「あ、これ? 僕が描いたイラストをブローチにしてもらったんだよ(笑)。良い年の重ね方かぁ……たぶん好奇心を持ち続けることだろうな。その好奇心を抱く対象もどんどん変わってきて、今はより自然が大切に感じられるようになった。仕事の面でも、今回のように新しいものにどんどん取り組んで行きたいし」。 ――それで思い出した! 10年近く前にあなたがルーブル美術館の展示室の特設会場でやった一人芝居『La nuit juste avant les forêts(森の直前の夜)』が素晴らしかった!! 「あれ観てくれたの!?  観たのはいつ? 月曜日の出来は今イチだったんだけど(笑)。あれは僕にとっても忘れられない経験だよ。ルーブル美術館の、有名な巨大絵画『ナポレオンの戴冠』なんかが展示されている部屋の隣りの部屋で、ベッド上で1時間半、一人で演じ続ける。演出のパトリス・シェローの稽古は物凄くハードで、深いところまで考察させられるし、どんどん追いつめられていくんだけど、そこまでやると本番がまるでゴールのようにやれるんだ。パトリス・シェローの人生の最期の時代に(シャーロット・ゲンズブール共演の映画も含め)濃密な時間をすごせたことは誇りに思う。でも…彼がいなくなってやはり悲しいな」。 ――とてもいい作品だったし、一人芝居だからお金もかからないだろうから(笑)。あなたが監督する映画に仕立ててみてはどう? 「いいね、それ(笑)。ちょっと考えてみようかな」。未来へ続く、飽くなき好奇心――だって、好奇心を大切にしているのなら、とても挑戦し甲斐のあるプロジェクトだと思いますよ。   「フランスでベストセラーになった小説の映画化を含め、その後も刺激的な仕事は続いているけど、今回の『パパは奮闘中!』の日本での反応も知りたいと思うし、一作一作ていねいに向き合いたいと考えているよ。共演した子どもたちが、これからも演技の仕事を続けたいと思っている様子だったりするから、一緒だった大人としては責任重大だし。そういう意味でも本当にいい現場だったよ」。interview&text:yuki sato『パパは奮闘中!』4月27日(土)より公開 新宿武蔵野館ほか全国順次公開 http://www.cetera.co.jp/funto/ ◆あらすじ ある日突然、愛する妻が姿を消した。ふたりの子どもたちとともに残されたオリヴィエは、オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、慣れない子育てに追われる日々。なぜ妻は家を出たのか。混乱しながらも妻を探し続ける彼のもとに、一通のはがきが届き……。仕事一筋でダメなところがあるけれど、心優しい父親をロマン・デュリスが熱演! ◆プロフィール 1974年、パリ生まれ。セドリック・クラピッシュ監督の『青春シンドローム』(’94)でデビューし、『猫が行方不明』(’96)『パリの確率』(’99)など数々の作品でタッグを組む。『真夜中のピアニスト』(’05)ではリュミエール賞最優秀男優賞に輝く。リドリー・スコット監督の『ゲティ家の身代金』(’17)など近年は世界的に活躍している。
  • クローゼットの中のキャミソールやタンクトップ、くたびれていませんか? ファッションは常に流行や季節を追いかけていても、アンダーウェアに関してはずっと同じだったり、こだわりなく買っているという人も少なくないのでは。 あまり人目につくものではないし、長年着てくたくたになっているのも、まあ愛着のあらわれと言ってもいいけれど……。ただ、大人のおしゃれの達人たちを見ると、この”縁の下の力持ち”に対して、きちんと自分のスタンダードを持っている人が多いみたい。シンプルなキャミソールは、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」の定番。キャミソール¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル))スタンダードとは、良質で、飽きがこなくて、ずっと身につけていられるもの。日々のキャミソールやタンクトップにこそ、自分の信頼するスタンダードがあるといい。毎日くりかえし定番のアンダーウェアを着ていると、ちょっとした自分の体型の変化に気づくバロメーターにもなってくれる。肌が直接触れるものだから、着心地のいいもの、つくりのいいものに包まれていると、やはり「心の持ちよう」が変わってくるはず。それはきっと、その人の魅力としてにじみ出てくる。素敵な大人は、見えないところで自分を高める術を知っている。30代、まずは”ちょっといいアンダーウェア”で、毎日を変えてみては? 【select point】 ・肌触りの良さを重視。上質なコットンやシルクの素材の”違い”を実感して。 ・着る服の邪魔をしないシンプルな形を見つけたら、色はさまざまなバリエで揃えて。 ・ワンシーズンで消えてしまわない、信頼あるブランドの定番を。上質な素材と美しくシンプルなデザイン、アンダーウェアの名品5【OSCALITO】冬暖かく夏涼しいシルクのアンダーウェアは、一度着たらやみつきになる心地の良さ。イタリアのトリノに拠点を置くオスカリートは、伸縮性の高い独自のリブ編みでシルクのタンクトップを展開している。美しく、リッチな質感は、まさに大人のためのスタンダード。 タンクトップ(右)¥16,000・(左)¥20,000/モノ・エディション(オスカリート) 問)モノ・エディション TEL 03-5729-1271【HANRO】 130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。定番のカップつきキャミソールは、肌触りの良さ、美しいカッティングで、スタイリストにも人気が高い。A-Cカップまでのブラジャーサイズで展開し、快適な着ごこちで着た時のシルエットもきれい。 ブラキャミソール¥18,000/ワコール(ハンロ) 問)ワコールお客様センター 0120-307–056【KAGURE】 アーバンリサーチが発信する、ナチュラルなライフスタイルに特化したブランド「かぐれ」。オリジナルのシルクキャミソールは優しい着心地とコストパフォーマンスのいい価格帯で、毎日にシルクを取り入れるのにぴったり。人の肌に近いたんぱく質構成を持つシルクならではの快適さを味わって。 タンクトップ¥5,500/かぐれ 表参道店 問)かぐれ 表参道店 TEL 03-5414-5737 【HYKE】 ハイクの隠れた人気定番が、こちらのリブタンクトップ。メンズライクなデザインながら、体にフィットするリブで、着るとギャップのある女性らしさが。見せるアンダーウェアとしても活躍してくれる。このブランドらしく素材のクオリティも高く、さらりと着心地よく、透けにくいコットン。 タンクトップ¥6,500/ハイク 問)ボウルズ(ハイク)TEL 03−3719–1239【SUNSPEL】 1860年創業、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」。良質なコットンを使用したタンクトップは、さらりとした着心地で、暑い時期にもぴったり。コンパクトな形で、袖ぐりをやや内側にとり、ほどよい空きのVネックで、すっきりと着られる。 タンクトップ¥6,000/サンスペル表参道店(サンスペル) 問)サンスペル 表参道店 TEL 03−3406−7377知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【サンスペル】>>「シンプルな日常着を美しい素材で作る」サンスペルの創業者トーマス・ヒルの言葉である。英国を代表するブランド、サンスペルは1860年創業、ノッティンガムにある繊維工場で、軽くソフトなコットン素材の衣類を作り、高級下着開発のパイオニアとなった。この頃に生まれた、男性用のチュニックシャツが、現在のTシャツの原型とされる。産業革命以降、早期から世界への輸出を展開し、第二次大戦を経て1980年代には「ボクサーショーツ」をヒットさせた。 1860年の創業当時に製作されたアンダーウェア。サンスペルは世界で初めてTシャツを作ったサンスペルは、150年以上の歴史の中で、常に良質の素材を開発しアーカイブしてきた。Quality 82 と名付けられたコットンジャージーの素材は、世界初のTシャツにも使われたライル・コットンを継承したもの。手摘みされた超長綿を使用し、丁寧な工程を経て、柔らかくさらさらとした肌触りを実現。このコットンジャージーが、現在もアンダーウェアに用いられている。英国の歴史あるブランドらしく、上質な素材にこだわり、デザインは簡潔でシンプル。時代を経て、ずっと愛せるベーシックな形が魅力となっている。薄手で響かず、吸水性の高いコットンを使用した、定番のキャミソール。¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)文・久保田梓美
  • 一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。20代後半から40代まで趣味でチョコレートを作っていたという磯辺さんは、周りの声に後押しされ、昨年ビーガンチョコレートのサロンをオープン。これまでの経緯やこれからについてのお話を伺いました。チョコレート製作チョコレート歴21年。周囲の声が高まり、昨年サロンを開業礒辺美樹さん(No.65 ショコラティエ・51歳) 周囲に自宅サロンを開く友人が多く、昨年末はグルーデコとアロマを専門とするふたりと一緒にイベントを企画し、大盛況!珍しいビーガンチョコを開発。顧客が増えサロン開業へもともと料理が大好きで、20代のころには料理研究家のアシスタント経験もある腕前。29歳で通いはじめた製菓スクールでチョコレートと出会い、一気にとりこになったという。 「チョコレートは数ある洋菓子の中でもちょっと別格で、手間もかかるし時間もかかるしで好き嫌いがはっきり分かれるジャンル。私は見事にハマったタイプでした(笑)。できあがったチョコレートはまるで宝石のようにキラキラして美しい! ずっと見ていたいほど惚れ込んでしまい、講師のショコラティエがプライベートでやっていた販売を手伝うようになりました」 クリスマスやバレンタインなど大量の注文が入る時期に日参して、プロと一緒にチョコレートを作る。子供が生まれても赤ちゃんを背負って通っていたというから、礒辺さんのチョコレート愛は半端ない。自分でもよくチョコレートを作り、ちょっとした手みやげやお礼などで周囲にさしあげていた。「ただチョコレートを作ることが楽しくて自分のためにしていたことですが、40歳のころ、ママ友からぜひ売ってほしいといわれて。え、私が作ったチョコを買ってくれるの?と、とても驚きました。申しわけないので材料費だけいただいたのですが、それ以来、オーダーを受けてお譲りするという機会が増えていきました」  46歳でマクロビの勉強を始めると、乳製品アレルギーのある人などからマクロビでチョコレートを作れないかと問い合わせがくるように。 「試行錯誤を繰り返して、生クリームのかわりにカシューナッツクリームを使うなどオリジナルのレシピを開発しました。フェイスブックにのせたらオーダーが入るようになり、作り方を教えてほしいという声も多くいただいたので、昨年ビーガンチョコレートのサロンを開くことにしました。かつてキッチンをリフォームする際、いつかお料理教室を開けるといいなと思って広々としたアイランド型にしていたのですが、思いがけず今、チョコレートのサロンで役立っています。好きなことをして皆さんに喜んでいただけるなんて、私は幸せ者です!」 レッスン後に作ったチョコを試食しながら歓談するのも楽しみのひとつ持ち帰り用のラッピング素材にもこだわる レッスン前に道具や手作りのテキストを準備自宅のアイランドキッチンがサロンスペース撮影/山下みどり 藤澤由加 取材・文/小林みどり ※エクラ5月号
  • 機能やデザインに優れた大人の財布が人気 財布選びは、デザイン性も重要ですが機能的な部分も選ぶ大きなポイントとなります。財布は、個人個人好みがあり使い方もライフスタイルなどによって異なります。そのため、日常的に使うに当たって快適な使い心地も考えるべきポイントです。そして、お気に入りのデザインであることも大切なポイントとなります。人気のブランドの中から、使いやすく好みのデザインやカラーの財布を見つけるためのポイントや、人気ブランドの財布をご紹介します。 レディース財布の人気ブランド15選とおすすめ商品 実際に女性に人気のある財布のブランドをご紹介します。財布には、ハイブランドからリーズナブルでセンスの良いブランドまでブランドごとの特徴があります。 12 Closet(トゥエルブクローゼット) 雑誌LEEオリジナルブランドで、いつでも頼れるクローゼットのようなブランドです。上質でいまどきの人気デザインが揃っています。 “頑張る女性に!シンプルさデザイン・機能どちらもという欲張りな人に” 【浜島直子さん×12closet】高機能・ミニ三つ折り財布 手の中にしっかりと納まるコンパクトな機能的財布なので、小さなバッグの時でも安心です。モデルの浜島直子さんとのコラボ財布、本人がパーフェクトとうなるおすすめの財布です。 12closet/【浜島直子さん×12closet】高機能・ミニ三つ折り財布/¥18,000+税   IL BISONTE (イル ビゾンテ) イタリアフィレンツェ発の革製品ブランドです。手作業で行う仕上げのクオリティや、日に焼けて変化していくヌメ皮に定評があります。 “手作業の温もりが伝わる上質のデザイン” ロングウォレット 大容量で収納力の高い便利なタイプの財布です。シンプルで上質な素材を使った財布は、使い込めば使い込むほど味わい深くなります。ヌメ革に定評のあるブランドなので、クオリティの高さが感じられます。 IL BISONTE/ロングウォレット/¥46,000+税   A.D.M.J. (エー・ディー・エム・ジェイ) 10年先のベーシックをコンセプトにした、イタリアを中心として集められた金具を使い、日本で制作するブランドです。日本だけでなく世界にも進出しています。 “優雅で美しい余裕のデザイン” スネークレザー スリムウォレット なるべく荷物をスリムにしたい人におすすめのスリム財布。厚みがないので小さめなバッグや、お呼ばれのパーティーの際にもおすすめです。キャッシュレス時代が進み、使い勝手のよいスリムな財布は人気があります。 A.D.M.J./スネークレザー スリムウォレット/¥35,000+税   HIROKO HAYASHI (ヒロコ ハヤシ) 最上級のシックさと、大人の遊び心を取り入れた芸術性の高いデザインのバッグブランドです。大人の女性を惹きつける魅力あるブランドです。 “使う人を美しく見せるエレガントなデザイン” GIRASOLE(ジラソーレ)長財布 牛革を型押し、型抜きしたエレガントな長財布。使い手の所作を美しく見せることをテーマにした人気の財布で、ブランドの代表作のひとつ。スナップを開けただけで、すべての中身を開けることができる使いやすさも魅力です。 HIROKO HAYASHI/GIRASOLE(ジラソーレ)長財布/¥32,000+税   TOFF & LOADSTONE (トフアンドロードストーン) クラシカルとモダンが融合する調和の良いデザインが人気のバッグブランドです。真鍮金具へのこだわりが、ブランドアイコンとなっている日本製のブランドです。 “クラシカルでモダンな洗練された美しいデザイン” デリスリザード長財布 財布にあしらわれているU字型の馬蹄形の金具は、金運上昇の願いを込められたもの。そして、コイン入れは大きく使いやすく、カード入れやお札入れも充実しているなど機能面でも優秀です。 TOFF & LOADSTONE/デリスリザード長財布/¥30,000+税   beautiful people (ビューティフルピープル) コムデギャルソンでパタンナーとして経験した熊切氏を中心に、流行るものではなくずっと残るものを提案し続けています。 “ずっと使いたくなる愛着度が高いデザイン” ball chain foldwallet アーバンな雰囲気が漂う世界感のあるブランドです。ボールのようなチェーンが特徴の財布で、コンパクトながら収納力が高い優れモノの財布。シンプルながらモードな雰囲気があるデザインが魅力です。 beautiful people/ball chain foldwallet/¥28,000+税   MACKINTOSH PHILOSOPHY (マッキントッシュ フィロソフィー) イギリスを代表する老舗ブランドのマッキントッシュのセカンドブランドです。クラシカルで時代性のあるモノ作りの精神を受け継いでいます。 “トラッドスタイルな女性に!世代や時代を問わない英国トラディショナルデザイン” シュリンクレザーロングウォレット 使いやすさに長けた機能的な財布で、シンプルなトラディショナルデザインとなっています。開け口が大きく見やすく、お札だけでなくレシートなどを収納しやすいので、すっきりと使うことができます。 MACKINTOSH PHILOSOPHY/シュリンクレザーロングウォレット/¥20,000+税   russet (ラシット) 日本のアパレルメーカーパルが展開しているバッグブランドです。何年たっても使える究極の定番アイテムを提案しています。 “いつの時代にもマッチする究極の定番デザイン” 長財布(C-682) 薄型でシンプルなタイプの長財布は、日常的に使いやすさがあり長く使いたくなる要素が詰まっています。内側には3つの仕切りがあるので、中身が見えやすく整理しやすさがあります。上品さがあるデザインは、大人の女性にぴったりです。 russet/長財布(C-682)/¥20,000+税   MHL (エムエイチエル) 英国の有名ブランドであるマーガレットハウエルのセカンドブランドです。機能性や実用性、シンプルでモダンなデザインが特徴です。 “シンプルモダンな実用性に長けたデザイン” TOUGH LEATHER(MHL SHOP限定) 牛皮を使った素材の財布で、ベジタブルタンニンを使用しているので使い込めば使い込むほど味わいが出る財布です。コンパクトでありながら、日常的に使いやすさがあります。コイン入れとしても便利なのでサブ的な利用におすすめ。 MHL/TOUGH LEATHER(MHL SHOP限定)/¥19,000+税   LA BAGAGERIE (ラ バガジェリー) 有名人の愛用も多いフランスのバッグブランドです。スマートで良質なスタイルのバッグを提案し続けています。 “フランス生まれの良質なスタイルのデザイン” シープレザー 財布ポシェット フランス生まれのエレガンスブランドであり、フランスのみならず世界中で愛されるブランドです。長く使えるフラップと金色のファスナーがついたデザインが特徴的です。シックな色合いや素材が、長く愛される理由でもあります。 LA BAGAGERIE/シープレザー お財布ポシェット/¥17,000+税   Roberta di Camerino (ロベルタ ディ カメリーノ) イタリアの有名なカバンのブランド。ジュリアーナ・カメリーノ氏がイタリアのベニスで創業したブランドです。 “流行りに捉われない大人のための財布” ラウンドファスナー長財布 Roberta di Camerinoとeclatのコラボ財布が今年も実現しました。機能性やデザイン性の評価の高い財布で、特に収納力抜群であることは使いやすさを重視する人にぴったりです。 Roberta di Camerino×eclat/ラウンドファスナー長財布/¥16,000+税   LOWELL Things (ロウェル シングス) 国内外からセレクトしたバッグやアクセサリーなどを扱うショップです。ベーシックとトレンドがミックスされたアイテムを提案しています。 “ベーシックとトレンドが融合のデザイン” 三つ折りミニ財布 コンパクトな三つ折りタイプの財布で、カラーバリエーションも豊富です。ファッションの一部として楽しめるようなキュートさが特徴で、トレンドである小さなバッグにもすっぽり入るサイズ感が人気です。 LOWELL Things/三つ折りミニ財布/¥10,500+税   TOPKAPI (トプカピ) 働く高感度な女性が身に着けるためのアイテムを展開するブランドです。日常から様々なシーンに対応するアイテムを提案しています。 “大人の女性に似合うエレガントな長財布” LUCIA[ルチア]イタリアンレザー・リザード型押し・がま口長財布 上質なイタリアンレザーにリザードのエンボスを施した、クラシカルで知的な雰囲気が魅力。大人っぽい口金でクラッチバッグのようなデザインに仕上げました。口開きが良く、小銭入れはファスナー付き、カードポケット部分にもマチがあるのでたっぷり収納できます。LUCIA[ルチア]~イタリア語で〈優美な光〉を意味する、上品なリザード型押しレザーを使用したシリーズです TOPKAPI/LUCIA[ルチア]イタリアンレザー・リザード型押し・がま口長財布/¥20,000+税   OZOC ワールドが展開するブランドで、現在はチダコウイチ氏をディレクターとしています。おしゃれを楽しむ女性に発信する人気ブランドです。 “手頃なプライスのおしゃれデザイン” 型押しミニ財布 手頃な値段でありながら、ゴージャスさを感じさせる型押しのデザインが特徴です。コンパクトサイズなのに、収納もできる優れモノです。なるべく荷物をかさばらせたくない人におすすめです。 OZOC/型押しミニ財布/¥2,990+税   pink adobe (ピンクアドベ) ワールドがショッピングセンター向けに発信するブランドで、ナチュラル志向の大人の女性に向けたデザインを提供しています。 “ベーシック好きな女性に幅広いコーデに合うデザイン” プランプフェイクレザーミニ財布 コンパクトな三つ折りデザインの財布です。フェイクレザーを使用しているので、軽量化されており持ち運びに負担がありません。財布の中身が大きく開くので、非常に見やすく使い勝手がよいデザインとなっています。 pink adobe/プランプフェイクレザーミニ財布/¥2,900+税   財布の選び方 自分に合った財布を選ぶためには、選ぶべきポイントを抑えておく必要があります。実用性を重視する人もいれば、デザインを楽しみたい人もいます。後悔しない財布を選ぶためのポイントをみていきましょう。 項目 選ぶべき商品の特徴 カラーで選ぶ ベーシックカラーは飽きませんが、カラータイプは飽きやすい。 デザインで選ぶ 三つ折り、長財布、コンパクト財布かは使い方による。 プライスで選ぶ クオリティが高いものは値段が高めだが、長持ちする。 機能で選ぶ 収納力がどれだけ必要かがポイントとなる。 財布を選ぶ場合、まず自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。オフィスでも使う場合は、ビジネスシーンでの対応も考えるべきです。日常使う場合、バッグに収まり使いやすい機能性も考えて選ぶことが重要です。 カラーで選ぶ 財布の選び方のポイント1つ目は、カラーです。基本的には、ベーシックカラーが多いですが中にはカラー展開されているブランドもあります。ベーシックカラーのメリットは、飽きないという点です。長く使いたい場合や、ビジネスシーンが気になる場合はベーシックカラーがおすすめです。逆にベーシックカラーのデメリットは、飽きない代わりに遊びがないという点です。 そして、カラー使いがされている場合のメリットは、カラーへの愛着や遊び心が刺激されるので使うほど楽しい気分を感じさせてくれますカラー財布のデメリットは、トレンドなどに左右されやすいこともあり飽きてきてしまう場合もあります。そして、あまり派手な場合はビジネスシーンに適さない場合も考えられます。自身のライフスタイルに合ったカラー選びをしましょう。 デザインで選ぶ 財布の選び方のポイント2つ目は、デザインで選ぶです。財布には、横長の長財布や折り畳み式の財布、コンパクトなコインケースのようなものなど様々なデザインがあります。長財布は便利ですが、バッグが小さい場合は適さないこともあります。ビジネスシーンで大きめなバッグを使っている場合はよいですが、トレンドな小さめバッグを使用している場合は折り畳み式などのコンパクトなデザインがぴったり。仕事とプライベートでスタイルが分かれる場合は、財布を使い分けることも考えてみて。デートなどで小さめなバッグを持つことが多ければ、両タイプを上手く使いこなすことで問題が解決できます。日常的に自分が使いやすいデザインを選ぶようにしましょう。 プライスで選ぶ 財布の選び方のポイント3つ目は、プライスです。高価な値段の財布は、それだけ素材や製法のクオリティが高いことが多く、大切に使うことで長期的に使用することができます。高価な値段を出しても、お気に入りの逸品を手に入れて長く使えばトータル的なコストはさほど高くは感じないでしょう。逆に長く使うことよりも、トレンドのデザインを代わる代わる使いたいという人の場合、予算も吟味する必要があります。低価格でユニークなデザインを選び、無理のない価格のものを選びましょう。よいものを長く使うか、安価でトレンドを追いたいか自分がどちらかを考えてみてください。 機能で選ぶ 財布の選び方のポイント4つ目は、機能性。財布の機能というのは、使い手によって印象が変わるものです。多くの人は、お札・コイン・クレジットカードが整理できる収納力の高いものを好みますが、キャッシュレスの進化によってお金の部分よりもカード収納がしっかりできるスリムタイプを好む人もいます。生活スタイルによって求める機能が違うため、自分にとってどんな財布が使いやすいかを考える必要があります。どんな部分の機能が自分に必要であるかを考えて選びましょう。   お気に入りの財布を見つけよう 財布は、日常生活の中で必ず必要なものです。仕事でもプライベートでも、外出する際にはいつも一緒のパートナーのようなもの。財布を選ぶ場合は、財布との相性が重要です。使い勝手やデザインなどがマッチしているものを探してみましょう。 自分のライフスタイルに合った機能やデザインのものを選ぶことで、財布を使う様々なシーンでのストレスが軽減されます。財布選びのポイントを押さえ、自分に合った素敵な財布をみつけてください。
  • MODE ET JACOMO 2019 Autumn&Winter COLLECTION お邪魔してきました♡ まずはお洒落なディスプレイととんでもなく可愛いウェルカムスイーツがお出迎え。パンプスチョコレートが破壊的な可愛さ!ディスプレイはモードエジャコモの靴やスタッフさんの私物で飾られているそう。今季からブラッシュアップされより磨きのかかったモードエジャコモ。 やはり一番目を引いたメインライン。可愛い靴がずらり!この赤い靴とふわふわのバッグが一際目を引いた♡一番気になった赤パンプスは ヒールは太めで安定感があるタイプ。ヒール部分に"MODE ET JACOMO"のロゴが入っていてバックスタイルも可愛い♡蛇や豹などのアニマル柄や、 ファーがついたもの。敷物にもMODE ET JACOMOの文字が♡この刺繍ローファーも普通のローファーとひと味違って可愛い! これもある意味アニマル柄ですね。大人っぽいイメージのモードエジャコモにしては少し意外なスニーカーも。ここにもちらっと豹柄。今年の秋冬こそ欲しいソックスブーツ 少しもこもこした素材。こちらはブラック。珍しいグレーをはいてみました。 ブラックよりも柔らかい印象で ふわふわな素材のおかげでカジュアルすぎず、 初めてのソックスブーツにちょうど良そう!デニムは一生懸命たくし上げてます(笑)こちらはゲーマーの心揺さぶるパックマンコラボ! パックマンの敵のあいつがファーとなりかかとについているパンプス。真後ろから見たら思わず二度見してしまいそうなバックスタイル。笑サングラスをかけて更に悪に。赤いパンプスと迷いましたが、 わたしはこの左のスニーカーをオーダー。派手柄ですがベージュなので意外と華やかすぎず合わせやすそう。 クッションもしっかりしていて歩きやすかったのが決め手。 今からはける日が楽しみ! また届いたらコーデと共に紹介させていただきます。やっぱり靴って女性心をくすぐる力を持ってますね。 わくわくドキドキしっぱなしの幸せなひと時でした♡ @rena674 スーパーバイラーズ 永里礼奈のブログ
  • こんにちは小野アムスデン道子です。日本初の外資系ホテルチェーンとして、東京都・永田町に開業したのが「東京ヒルトン」(現在はヒルトン東京で新宿に)。ビートルズが宿泊したことでも有名です。(その当時の建物は、建て替えられてザ・キャピトル東急になっています)。この「東京ヒルトン」が日本で初めてソムリエをおき、デザートビュッフェを始めたのでした。ヒルトン東京のデザートビュッフェのイメージ(イチゴは6月までやってます)そんな初めて物語を持つ「ヒルトン」。今年は、アメリカのテキサス州でコンラッド・ヒルトン氏が「ヒルトン」を開業してから100年目。2019年5月31日に創業100周年になります。日本の「ヒルトン」のホームページにはそんな100年の歴史や、100周年企画などが盛りだくさんに掲載されています。客室のテレビやエアコン、ルームサービスも「ヒルトン」が初めてホテル業界で実施したサービスなのだとか。その中で興味を引かれたの「ヒルトン」が生み出したさまざまなメニューです。まずは、アメリカのみならず世界的にポピュラーなスイーツ“ブラウニー”。これは、シカゴにあるパーマーハウス・ヒルトンから生まれたお菓子。パーマーハウス創業者の妻であり、1893年のシカゴ万国博覧会のリーダーでもあったパーサ・パーマハウスが「美しく簡単に運べて、たくさんの人に味わってもらえるお菓子を」とシェフに作らせたのがブラウニーだったのです。私は、シカゴでこのパーマーハウス・ヒルトンを訪れたことがありますが、とてもきれいなクラシカルなホテルで、今も当時のレシピを受け継いだブラウニーがレシピを添えて売られていました。新宿のヒルトン東京では、いま100周年ブラウニー(850円税別)が売られていて、デザート&ディナー ビュッフェで味わうことも。砂糖、溶かしバターに溶かしたチョコレート、薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜて、クルミをふって、170℃で15分ほど焼くというシンプルな作り方。仕上げにアプリコットジャムを塗ってつやを出すのだそう。リッチでモイストな味がコーヒーやお茶にぴったりです。もう一つヒルトンが生み出したメニューがエッグベネディクト。1894年、ニューヨークにあるウォルドーフ(現ウォルドーフ・アストリア)に泊まったゲストが、ひどい2日酔いを治すのにシェフに「バターを塗ったトーストにポーチドエッグ、パリパリのベーコン、ひとくち分のオランディーズソース(バター、レモンジュース、卵黄で作ったソース)を載せて」というリクエストをしたそう。ヒルトン東京のメトロポリタングリルで、特別にオリジナルと現代版の2種類を作ってもらいました。上の写真がオリジナルです。それをシェフがイングリッシュマフィンとハムに変えて仕上げたのが現在のエッグベネディクト。現代版は、ハムに厚みのあるイングリッシュマフィンでボリューム感があります。エッグベネディクトは、同レストランのブランチの卵料理にあって、ハムをベーコンに変えて作るのも可能だそう。ヒルトン東京 https://www.hiltontokyo.jp/このヒルトン東京を含む国内ヒルトングループの13ホテルでは、創業100周年を記念して、朝食ビュッフェをなんとたったの100円で味わえる「100周年記念  朝食100円宿泊プラン」を出しています。朝食ビュッフェイメージ100周年記念キャンペ−ンは、これ以外にも豪華な宿泊体験が賞品の「あなたが泊まりたい未来の客室」アイデア募集など盛りだくさん。平成から令和に変わる2019年はヒルトンにも特別な年なんですね。ヒルトン100周年特設ページ https://hiltonhotels.jp/100
  • ようやく 気温のアップダウンもなくなってきて、 体感的にも春だなぁと感じるこの頃。 そんな中ですが ファッション業界は 夏を飛び越えて 秋冬モードが始まっています。 先日、 「MODE ET JACOMO 2019 Autumn & Winter COLLECTION」の レセプションにお邪魔しました ✨ プライベートでも履いている 靴ブランドなので嬉しいー 特に MODE ET JACOMO Ricophelia gjg の 秋冬のデザインがめっちゃ素敵❤️ この秋冬は パイソン柄や底が厚め、 存在感あるシューズがきてるみたいです! 届くのが楽しみです✨ そしてウェルカムスイーツの可愛さ ハイヒールのチョコレート カフェスペースもあり 仕事の疲れが癒えたのでした☺️ . 今日もお仕事頑張りましょう〜 スーパーバイラーズ 堤友香のブログ
  • Shueisha Contents Events Vol.1「ようこそ、地曳いく子のBBAサロンへ」地曳いく子さんベストセラー『服を買うなら、捨てなさい』『ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t』の著者であり、“BBA(ババア)の開拓者”、スタイリスト地曳いく子さんが楽しいサロン(全3回)を開きます。 毎回楽しいゲストを招いての楽しいトークといく子さんセレクトのお弁当やお菓子のおもてなしに、素敵なプレゼントの当たる抽選会も。ぜひご参加ください!第1回 大人のイケてる雰囲気の作り方ゲスト:渡邉季穂さん(トータルビューティカンパニーuka代表 ネイリスト)渡邉季穂さん第1回のお仲間は、大人気サロンukaの代表であり、女優やモデルから絶大な信頼を得ているカリスマ・ネイリスト、渡邉季穂(わたなべ きほ)さん。のりに乗っている美容家と愛ある毒舌で大人気のスタイリストが「イケてる雰囲気作り」の極意を披露します。 <プロフィール> 地曳いく子(じびき いくこ) 1959年生まれ。「non・no」「MORE」「SPUR」「Marisol」「éclat」「Oggi」「FRaU」などのファッション誌で30年以上のキャリアを誇るスタイリスト。主な著書に『50歳、おしゃれ元年。』、漫画家、槇村さとるとの共著『ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t』『ババアはつらいよ アラカン・サバイバルBOOK』(集英社)、『服を買うなら、捨てなさい』(宝島社)『おしゃれも人生も映画から』(中央公論新社)など。 槇村さとるさんとの大人のおしゃべりを配信する「BBAチャンネル」も好評。 渡邉季穂(わたなべ きほ) 1965年生まれ。サロンワークや美容誌・ファッション誌などで絶大な支持を集めるネイリスト。技術、センスには定評があり、各界著名人やビューティ関係者からの信頼も厚い。美容の新しい価値観を提案し話題を集めるトータルビューティカンパニーukaの代表として、サロン経営、オリジナルブランドの製品開発、後進育成までディレクション業務を手掛ける。2月に初めての著書『雰囲気からして美人』(ダイヤモンド社)を上梓。 抽選会ではパーティにもカジュアルにも使えるA.D.M.J.のショルダーバッグやukaの人気商品をご用意! お楽しみに! マリソル世代からも支持されているA.D.M.J.のショルダーバッグukaからは人気のプロダクツをセットで(写真はイメージです)【イベント詳細】 開催日時:5月25日(土) 1回目11時~13時、2回目14時~16時会場:集英社アネックスビル8階定員:各70名入場料:■11時の回  6000円(税別) お弁当つきいく子さんを囲んで超レアなお弁当でランチタイム。お弁当はファッション撮影で大人気のロケ弁、チオベンをご用意。季節の食材を使った、ふだんはなかなか食べられない幻のお弁当です。■14時の回  5000円(税別) お菓子とお茶つき自身の著書でBBAは断然和菓子派よね!と言い切るいく子さんが、ご贔屓の東京・九段の老舗、宝来屋で和菓子をオーダー。関東好みのほうじ茶でおもてなしします。季節ごとに変わる内容も楽しみのひとつ(写真はイメージです)和菓子も初夏のイメージでオーダー予定(写真はイメージです)【チケット購入】※応募締め切り:5月12日(日)23:59※お申し込み頂いた方には5月13日(月)(予定)にチケット購入確認メールを送信いたします。こちらのメールがチケットになりますので、当日受付にてご提示ください。 ※定員に達し次第、販売終了(申し込み終了)となりますので予めご了承ください。   イベントお申し込み前に、必ず下記【本イベントについての注意事項】をご確認頂き、ご了承頂ける方のみ、「カートに入れる」をクリックしてください。 主催:集英社  協賛:A.D.M.J.【チケットご購入時注意事項】 ※イベントお申し込み前に、必ず下記注意事項をご確認頂き、ご了承頂ける方のみ、「カートに入れる」をクリックしてください。   1.お支払い方法は”クレジットカード払い"のみとなります。 2.他の商品との同時購入はいただけません。 3.ご注文後のキャンセルは不可とさせていただきますので、ご了承ください。 4.チケットの変更・払い戻しはできません。 5.チケットはご購入の回のみ、1回限り有効です。 6.送料無料で購入いただけます。購入時、お客様アカウントログイン前の場合、「送料(税抜)¥500」が表示されますが、購入最終確認時には「送料無料」となります。  7.おひとりにつき5枚まで購入可能です。 8.現地までの往復の交通費はお客様自身にてご負担をお願い致します。 9.天候・震災などやむをえない事情により主催者がイベントを中止する場合は、所定の方法で払い戻しを行います。返金方法についてはショッピングガイド内の「ご返金について」をご確認ください。イベントが中止になった場合の旅費等の補償はできませんので、ご了承ください。 10.集英社FLAG SHOPが定める「個人情報の取り扱いについて」のご確認をお願いいたします。   【チケットについて】 1.お申込頂いた方には5月中旬にチケット購入確認のメールを送信いたします。こちらのメールがチケットとなりますので、当日受付にてご提示ください。 2.チケットの転売・譲渡は、かたくお断りいたします。当日、ご本人様確認をさせていただく場合がございますので、運転免許証や身分証明証をご持参ください。
関連キーワード

RECOMMEND