バイラーズ着物女子会♡表参道邸宅ランチ

@BAILA

bamboo(バンブー) 表参道

表参道から一本入った裏路地に静かに佇む、洋館を改築した一軒家レストラン「表参道bamboo」✨

同期バイラーズのみきちゃん、ゆみこちゃん、まいちゃんと女子会ランチしてきました

一歩足を踏み込むと、まるで外国にいるかのような気分に❣️
白亜の洋館は四季折々の花や緑に囲まれ、都会の喧騒さを忘れさせてくれます✨

天気も良かったのでお花がより映えていました

なんと、屋根付きのテラス席も
ビニールに覆われておりストーブも完備されいるので、防寒対策バッチリです❣️

暖かくなってきたらテラス席を利用したいなと❤️

実は明治神宮にお詣りする予定でお着物を着てきたのですが、参拝者が多く長蛇の列で本殿にすら入れず

結局ランチのみになってしまいました 笑

そんなこんなで私のお着物コーデはこちら ‍♀️

エントランスにて♡

赤、青、黄色の信号カラーをぼかした小紋
反物に一目惚れし、仕立てていただきました

リバーシブルで歌舞伎役者さんの顔が♡

帯は半幅帯を締めました❣️
普段は名古屋帯や袋帯が多く、半幅帯に慣れていないこともあり、あまり上手く仕上げることができず...

また、お着物の背中心を若干ずれており、反省点が多かったです

店内はシャンデリアもあり、洗礼された雰囲気✨
ソファ席もあり、テーブルによって違う雰囲気が味わえるのポイント❣️

みんなでパスタを注文
レトロな内装でもあるので、お着物でも浮かなかったです

皆さんとちゃんとお話をするのは2回目でしたが、ブログや恋愛、仕事の話で大盛り上がり
ノンアルコールでも盛り上がるのは女子会ならではですね❣️

私はボロネーゼをチョイス♡

11年連続ミシュランガイドで星を獲得している、スペイン料理店「小笠原伯爵邸」の系列店ということもあり、味は文句なしの本場のイタリアンが味わえます

尚更のこと、小笠原伯爵邸が気になりました

今回はピザをオーダーしなかったのですが、ピザも有名なので次回にとっておこうかなと

みきちゃん、ゆみこちゃん、私、まいちゃん

帰り際にレストラン前でパシャり

皆さんイメージに合ったお着物コーデで、華やかな休日になりました

▶︎▶︎instagramはこちら


スーパーバイラーズ 田石ゆきのブログ

関連記事
  • 一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。フラワーデザイナーの花田さんは、資格を取得したのちに自宅サロンを開設。サロン開設のきっかけや現状、将来についてを伺いました。フラワーデザイン流行にアンテナを張り新しいアレンジを考案。工夫を重ねて進化中!花田尊子さん(No.41 フラワーデザイナー・ 51歳) 最近はお花で社会貢献を模索。高齢者施設への出張美容の会社とタッグを組み、レンタルフラワーの事業を開始。近所のママ友に誘われてプリザーブドフラワーを体験したのが42歳のとき。生花とは違ってお手本と同じようにアレンジできるのが楽しく、半年でディプロマを取得。仕事をやめたあと、友人に頼まれて気軽に教えていたら、順調に生徒が増えていく。きちんと自宅サロンを開こうと行動を開始した。 「まずライフオーガナイザーの資格をとり、空いていた和室をサロン専用ルームへと自分でリフォームしました。そして、ブログなどのSNSで目にとめてもらうために写真は重要だと思い、写真教室に3年。また、レッスンでの会話やお作法などの勉強になるかと思い、紅茶やコンフィチュールの有名な先生の教室にも通いました。そうやって知識を深めセンスを磨いて、少しずつサロンが形になっていきました」  順調とはいえ、プリザーブドフラワーのサロンは多い。流行をどんどん取り入れて特徴を打ち出そうと思案する。「昨年はほかにはないハーバリウムのデザインを考案しました。今年人気なのが、刺繡の枠を使ってお花をアレンジするカレイドフレイム。一日のレッスンでひとつの作品が完成するので、皆さん受講しやすいようです。これからも新しいものを取り入れて、どんどん前を向いていきたいです」ボトルの中にプリザーブドフラワーを、上にアーティフィシャルフラワーをこんもりと飾ったオリジナルのデイフューザー。ボトルにはオリジナルデザインのロゴシールをはってセンスを表現和室をリフォームしたサロン専用ルーム撮影/山下みどり 藤澤由加 取材・文/小林みどり ※エクラ5月号
  • 今年、6度目のペルー、4度目のマチュピチュひとりっぷへ出かけたひとりっP。何度でもリピートしたい!と思うほど、ひとりっPがペルーにハマっている理由とは? 旅の最大のハイライトであるマチュピチュをはじめ、クスコ~マチュピチュ間に広がる“聖なる谷”、世界最強のパワースポットレストランなど、ひとりっPが愛してやまないペルーの魅力をInstagramからご紹介。レインボーマウンテン(ヴィニクンカ山)01 レインボーマウンテン(ヴィニクンカ山) 「日本がちょうど2019年を迎えようとしているまさにその時、ひとりっPは、地球のほぼ裏側、ペルーにて、通称レインボーマウンテン(正式名称Winikunka山)への登頂真っ最中でした。標高約5000メートル。とはいえクスコからばんばんツアーが出ていて、観光登山です。行ってみて判明→レインボーマウンテン自体は立ち入り禁止で、山を展望できる逆方向の高台への登頂でした。しかもかなりの雪模様……。雨季だからなあ〜〜とガイドに聞いたら、前日は快晴だったと。がーん!でも雨よりはマシですね。ここ1〜2年ほどで映え系スポットとして人気沸騰につき、登山道は押すな押すなの大混雑! なんでも1日800〜1000人ほどがやってくるそう!ひぇ〜〜っ! レインボーマウンテンそのものは標高5036メートルらしいですが、展望スポットは高度計の誤差を入れても5000メートルはないですねたぶん。というわけで、ひとりっPの人生最高地点4900メートルとほぼタイ。」(ひとりっP、以下同)リマ名物のパラグライダー 02 バランコ 「ペルーの首都リマ名物のパラグライダー ← ビーチへ向かって急な崖になっているという特殊な地形ならでは。観光客向けアクティヴィティとしてのタンデムフライトが盛んなんですよ〜〜。こんな手軽にすぐそこの街中から飛べる場所もそうそうないから、次回行ったときはトライしてみようかなあ〜。」4度目のマチュピチュへ03 マチュピチュ 「【秘境は4度目から】マチュピチュ、2017年の入場ルール改定で、午前か午後のチケットに分けられました。滞在は4時間まで、午前と午後ずっといるには両方のチケットが必要とも言われていますが、どのチケットで入っても、好きなだけ遺跡にいられます。ガイド帯同も義務付けられましたが、それは原則。ナシでもなんの問題もなく入場できます。ひとりっPはもちろんひとりで入場。朝8時半〜閉場の17時までいました(遺跡外にしかないトイレには1回だけ出られる説と出られない説があり。これはわたしは出なかったので不明です)。が。またもや時間が足りず、最後は駆け足に。なあんでかなあ〜〜??? ちなみに、2019年1月1日から入場チケットは1時間ごとに細かく入場時間を区切られる式に変更になりました(おそらく入場開始時間にお客が集中しすぎるのを緩和するためかと)。が、やはり好きなだけ遺跡内にはいられます。まあそもそもふつうの方はそんなに長くは滞在しないのかも知れませんが、わたしはいつも丸一日います。が、足りません〜〜恐るべしマチュピチュ!!」マチュピチュに完全アーチ形の虹が!「【パチャママに感謝】4度目のマチュピチュ訪問をパチャママ(大地の女神)が祝福してくれたのか、閉場のほんとうに直前、遺跡の東側に完全な虹が! マチュピチュで虹を見たのは初めてだったので超感動感激‼️ パチャママ、ありがとう〜〜!!! この日は夕方近くから遺跡の背後の山々が霧雨で煙り出したので、もしかして虹が出るかも!?と期待してはいたのですが、肝心の太陽が大きな雲に隠れてしまいなかなか出てこない。ダメかなあ、、、と思っていたら"見張り小屋"の向こうに部分的に虹が。これがめいっぱいかもな〜〜とあきらめて遺跡内を進んでいたらば突然、遺跡の向こうに大きな虹が!『え!?まじで!?てか、完全アーチ形ーーー!!!』とあわてて高台に上がり撮影。遺跡内は順路が決められているので、進める高台探してぜーはー! ちょっと左右の端っこ見切れてますが、完全な虹の橋でした。まさにマチュピチュ一期一会〜〜」絶景すぎる! インカのモライ遺跡04 Mil Centro 「【世界最強のパワースポットレストランか】2018年世界のベストレストラン6位に選ばれているペルー、リマにある『CENTRAL』。本当に予約を取るのが大変で(2〜3か月先までいっぱいとかザラです)、ひとりっP、4度目の正直でやっと行けたのが2018年5月でした(詳しくは『ひとりっぷ2 』をご覧ください)。そのCENTRALが昨年、なんとクスコから車で約1時間半もかかる場所に新たなレストランをオープンさせたと知ったときからむーちゃくちゃ気になりまくり。というわけで、今回そのレストラン『MIL』にはるばる出かけてきました〜〜 行ってみてびっくり! なんとMILはインカの遺跡Morayの、まじで淵に建っているではないですか!! ひとりっP、マチュピチュは4回行ってますが、モライ遺跡は初めて。ぎゃ〜〜!!なんだコレ!!すごすぎる〜〜!!絶景すぎる〜〜!!みんなこの遺跡は来たほうがいい!!てかこんな遺跡のすぐ脇にあるなんて、MILすごすぎる!!完全にパワースポットレストランじゃん‼️‼️← と、着いた時点で震えるくらい大コーフン!!  そしてここは標高3500メートル。ぜーはー言いながら坂道を登って行ったひとりっPの目の前に現れたMILは、『あら、思ったより地味』。おそらく景観を壊さないように周囲の村の民家の様式に合わせていると思われ、地味なのは外観だけのはず、とにらんだひとりっP、期待に胸と胃袋をふくらませながら建物内へGO!!」モライ遺跡の淵に建つレストラン『MIL』「素朴な外観ですが、中はニラんだとおり、シンプルでナチュラルでおしゃれな空間が展開されていました。そしてこちら、ただのレストランじゃなかった!!!」 MILで採取している、付近のアンデスエリア一帯の食用植物。種類の多さがハンパない!「到着してすぐ、このレストラン(というか施設というべきか)の説明をしてもらえるのですが、聞いて仰天!! なんとMILでは付近のアンデスエリア一帯の食用植物を野生、栽培種にかかわらず採取&研究していて、その数1000種以上!これがMIL(スペイン語で1000の意味)という名前の由来だそう。一部はディスプレイされていて、さすがとうもろこしやじゃがいもの種類がハンパないです!! そして車でさらにずっと山奥へ3時間以上かかる村の農家と協力してそれらの希少なアンデス固有種を食材として研究&栽培していたり、ペルー産カカオで作るチョコレートを研究していたり←てなスペースもレストラン内に設けられていて、スタッフには海外から来ている農業学者までいると言われ、もはやここはレストランというよりもLabo!!CENTRALオーナーシェフVirgilio Martinez氏の考えていることが壮大すぎて、ひとりっPとにかくびっくり&もはや感動しかありません。」出てくる料理にも感動!「料理も素晴らしい。プレゼンテーションも味も、出てくるたびにいちいち感動。ついさっき説明を受けた食材も多く、どんな野菜なのかを詳しく聞いたばかりなだけに、いちいち勉強になる。そんなレストラン、初めてですよ。Virgilio氏がなぜこんな便利とは言えない場所にレストランを作ったのかが心の底から理解できました。メニューはCENTRALと同じくテイスティングコースのみ(ノーマルかベジタリアンかを選べます)なんですが、ひとりにはむしろあれこれ食べられてありがたや〜〜! お料理、見ただけだとさっぱりなんなのかどんな味なのかわからないと思いますが、まさに百聞は一食にしかず!この素晴らしいロケーションでの素晴らしい料理(食材)と出会うために、はるばる出かける価値あります! というかぜひ出かけてみてください〜〜!*MILはランチのみの営業で、もちろん要予約。CENTRALと同じHPから予約できます。*標高約3500メートルにつき、高山病にはご注意を。ひとりっPはクスコ到着後すぐピサックへ移動、2泊したのちクスコへ戻るという作戦で高地順応後、さらに数日してオリャンタイタンボ滞在中に行きました。満腹は高山病のモトなので(詳しくは『ひとりっぷ2』をご参照ください)、低地からクスコ入りしてすぐの訪問はおすすめしません。」クスコから車で約1時間強のカルカ05 カルカ 「今回初訪問&初滞在した、ペルー、クスコ地方の"聖なる谷"にある村のひとつCalca。クスコから乗り合いバンで約1時間強。これといった見どころがあるわけではありませんが、そのぶんツーリスティックではなく落ち着いていて、やたらと居心地がいい! 行ってみてわかったのですが、カルカ村はあたり一帯の行政の中心で、村がそこそこ"しっかりしている"のもポイントだな〜と。きっと再訪します。」ひとりっPの大好物! Calca村市場内のジュースカウンター「【かわいいあのコはジュースガール(ママだったけど)】こちら、Calca村メルカード内のジュースカウンター。好きなフルーツや野菜、サボテンなどをオーダー、その場でミキサーにかけて作ってくれます。ペルーの人にとってはこの搾りたてジュース自体がとっても身近らしく、どの町の市場でもふらっと立ち寄って飲んでいく人多数。メルカードには必ずジュースカウンターが何軒か並んでいるコーナーがあって、これもひとりっPのまさに大好物です。この日ひとりっPがオーダーしたのはpiñaパイナップルとnaranjaオレンジのミックス。グラスにたっぷり2杯半で約100円〜〜」ペルーでおなじみの願掛け人形「エケコ」「ペルーやボリビアではおなじみの"ekekoエケコ人形"。クスコの露店でプチ爆買いしてしまいました。 エケコは願掛け人形で、というわけで、人間のいろいろな欲望グッズをしょっていて、ひとりっP、そのユーモラスでややうさんくさい&ナイスすぎる見かけと合わせて大ファンです。 以前ボリビア・ラパスの土産物店のマダムに言われたのが『1月24日の正午(なぜ!?)に願いごとをすること。ただし人からもらったエケコじゃないとダメ。そして願いごとがかなったときは、その人も誰かに新しいエケコをあげなくてはいけない』というエケコのトリセツ。 というわけで、今回の"エケコ・ブラザーズ5"のうち4人は1月23日までに無事友人たちのもとへ。ひとりはひとりっPの手元に残したのですが、自分で買ったものなので願掛け効力はないのでした。 そして、買った露店で包んでくれた紙がなんと、その家族の子供の学習ノート!! その場でびりびりと破っていて、ひとりっP内心爆笑&ほっこり&楽しすぎる~~‼️いや〜〜、やっぱペルー最高です!(もちろん友人たちにはそのノート紙のまま渡しました)」【番外編】ひとりっPが見つけた、ペルーの花たち南米原産の"Inca Lily"「こちら、クスコで滞在したホテルのロビーに飾られていました。その名も"Inca Lily"、別名"Peruvian Lily”。南米原産だそう。 日本では学名のアルストロメリアで呼ばれていますね。でもインカリリーのほうが雰囲気があって断然いいと思うけどなあ〜。呼びやすくて覚えやすいし。 何でアルストロメリアになっちゃったのかなあ〜〜」 ひとりっPの好物、ブーゲンビリア「こちらはペルー、クスコからマチュピチュにかけての一帯"聖なる谷"エリアの村の街路樹。シックだけど華やかな様子に思わず近寄っていってよく見たらば、ブーゲンビリアでした。白や薄グリーンなどあまり見かけない色味のブーゲンビリアもひとりっPの好物なんですが、レアなモーヴカラーにもコーフン。」市場で見つけたインカリリー「ちょうどシーズンだったのか今回ペルーの街角でいちばん見かけた花はインカリリーでした。ほかにはグラジオラス、菊、薔薇などなど。花束がカラフルなのもペルーの特徴ですね〜〜! こちらは滞在した聖なる谷の村Calcaのメルカード(市場)にて。どの村にも必ずあるメルカードもひとりっPの大好物なんですが、中でも大好きなのが花売り場。このお店のMami(ペルーでのMadam的呼びかけ)が、すごくいい人で、花をじっと見ていたひとりっPに、花の名前をあれこれ教えてくれました。」 もっと詳しく見たい方はひとりっPのInstagramをチェック!>> 紹介したアドレスはこちら! >>絶景から必食グルメまで! 世界一の高所にある首都ラパスでしたいこと 南米の記事一覧を見る> 香港の記事一覧を見る> ハワイの記事一覧を見る>タヒチの記事一覧を見る>北米の記事一覧を見る>台湾の記事一覧を見る>日本の記事一覧を見る>アジアその他の記事一覧を見る>中東の記事一覧を見る>アフリカの記事一覧を見る>オセアニアの記事一覧を見る>ロンドンの記事一覧を見る> >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • 平日も休日も大活躍! ランチやお出かけがHAPPYになる保冷バッグ!!フランスで生まれた老舗ブーランジェリー『PAUL』。ブランドのエスプリをきかせ、どんなコーデにも寄り添うフレンチシックなルックスと、頼れる機能性を備えた保冷バッグが完成しました。毎日のお弁当はもちろん、レジャーのお供にもぴったりのたっぷりサイズ。これからのシーズン、大活躍間違いなし♪バターたっぷりのクロワッサンに自家製タマゴサラダをたっぷりはさんだ「クロワッサン・ウッフ」♡ ¥450/PAUL神楽坂店 バッグ/本誌付録縦15. 5 cm×横2 1 cm×マチ12 cm。あれもこれも、大好物を入れて出発♡ブラックのフレンチシックなデザインで使いやすい♡ 内側はアルミ素材。さらにファスナーつきでしっかり保冷。深さもマチもたっぷり取ってあるので、お弁当箱や500㎖までのペットボトルならすっぽり収まります。使ってみたら、見た目以上の収納力に驚くはず♪ 汚れが目立ちにくいのもポイント。マチ幅もたっぷりのボストン型が可愛い。ランチボックスはもちろん、サンドイッチや、フルーツ用のボックス、容量500㎖までのペットボトルなら余裕で入る♪※MORE6月号増刊にはこの付録はついていません。構成・文/広沢幸乃 撮影/清水奈緒 スタイリスト/中里真理子
  • 「地元に帰る」30代が増えている中、実際のところUターンってどうなの? 地元に戻って働くことを決め、ハッピーに過ごしている方にUターンにまつわる秘訣を教えてもらいました。 【アラサー女子、ハッピーUターンのヒケツ 】地元のつてで就職できるのがUターン転職の強みかも人口約4000人の木古内町。2016年に新幹線の駅ができ、注目を集めるように観光コンシェルジュ 津山 睦さん(36)東京都⇒北海道 (7年前)ー交通手段は?想像以上に車が必需品。いつの間にか車好きに「車がないと何もできない! 時計を買うために貯めていたお金は車代に(笑)。今では車好きになり、車種にも興味が」ーUターンの準備期間は?ほぼ0です「豚肉にあたってから帰るまで1カ月ほど。本当に準備らしい準備は何もしていないですね。前の会社にご挨拶をして、引っ越しの準備をしたくらい」ーUターン前にやっておけばよかったことは?スキルアップの習い事と脱毛「1時間かけて函館まで出れば、習い事も脱毛もできるのですが……。やはり東京のように、仕事帰りに気楽に寄れる環境でないと難しい。この二つだけが心残りです」ー東京に戻りたい?東京は「戻りたい場所」ではなく「行きたい場所」「心の準備なしでUターンしたけれど、戻りたいと思うことはないですね。新幹線で4時間くらいだから行きたくなったら遊びに行こう!と思っています」取材・文/東 美希 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 先日、今シーズン最後の春スキーをしに長野の野沢温泉へ行ってきました。お天気に恵まれてゲレンデの雪もいい具合に柔らかく、楽しくシーズン納めをしたその帰り道。最寄りの駅は新幹線の飯山駅なのですが、電車の時間よりだいぶ早くついてしまい時間があるな、と思っていたら一緒に行っていたスタイリストさんが「飯山の駅前にはツルヤがあるよ」とつぶやきました。その言葉に、心地よい疲労感であとは新幹線で寝るだけ~、とすでに半分スイッチが切れていた私の何かが覚醒しました。「ツルヤに行きたい!」と。そう、ツルヤとは長野県の方と食いしん坊ならよくご存じのはずの長野県のご当地スーパー。軽井沢店が県外から来る人には有名だと思うのですが、なんと飯山にもあったとは。ビールを飲みに向かうチームを残して、スタイリストさんと二人「私たち、ツルヤ行ってきます!」と突然別行動を開始したのでした。そしてスーパーにつくなり、地元の人ですか?という勢いで野菜やら果物やらをあさるあさる。興奮しながら徘徊したところで、スタイリストさんおすすめのトレイルミックスやらドライフルーツやらも欲望のままに買い込みました。その戦利品の一部がこちら。   実は私、ドライアプリコットに目がないのですが、このツルヤオリジナルの「ひとくち杏」が理想的だったことをお伝えさせてください。この酸味がちゃんと残った甘味としっとり柔らかな口あたり。すばらしい仕事です。知り合いのフードライターさんも杏ジャムを作るときに、長野の杏を仕入れる話をしていたのできっと杏そのものがすごく美味しいのだと思いますが、このドライフルーツとしての味わいの完成度はすごい! 会社へブレイクタイム用に持っていったら、やめられなくなってひとりで一瞬で食べきってしまいました。このほか輪切りレモンもナッツもリンゴチップスも危険な美味しさ(どんだけ買ったんだ、という話ですが)。GWで長野方面へ旅行に行かれる方も多いと思いますが、見つけたらぜひ買っていただきたい(私の知人だったら買ってきてほしい)逸品です!
  • 一大決心をして、周囲の越えに押されて……。さまざまなきっかけで大人になってから好きなことに出会い、極めていくうちに自宅でサロンを開いて活躍しているアラフィー女性が増えてきている。ジェルネイリストの山本さんは、家族や自身の体調の変化に応じてペースを調整しながら自宅に構えるサロンを11年間運営。彼女の開業までの経緯や現状についてをご紹介します。ジェルネイル自宅サロン歴11年。家族や体調の変化に応じてペースを調整山本敦子さん(No.2 ジェルネイリスト・51歳) 常連客だけとはいえ、ネイルの勉強は怠らない。大規模な展示会などに通い、最新の技術やトレンドをチェック。今から13年ほど前の38歳のころ、ジェルネイルのブームが到来。 「初めて見たとき、何これつやっつや!きれい! 1カ月ももつの!?と、驚きの連続。当時息子が幼稚園児で、私は専業主婦。自分のことなんかかまっていられない時期で、ジェルネイル代の1万円も躊躇してしまいましたが、どうしてもやってみたい思いは強くて。そんなとき、友人がスクールに通いはじめたと聞き、私も思いきって勉強することに決めました」 スクール自体は自由度が高く、実家に一日子供を預けたりして通いつめ、半年で資格がとれた。けれど練習台になってくれる人を探すのがひと苦労。 「10人に塗って写真を提出する課題やスクールまで来てもらうケースもあったりで、授業料以外にそういった謝礼にもけっこうかかりました。けれど、そのとき協力してくれた友人がサロンのお客さまになってくれたりして、開業当初から月に20人ほどが定期的に来てくださって。5年ほど前から目や肩がつらくなってきたので、今は常連のお客さまに限定してお引き受けしています。ネイルは、一対一の仕事なので会社勤めをしていたころとはまた違った喜びがあります。“ありがとう”を聞くと私も癒され元気になれます」ジェルネイルに使うラメやホログラムは200種以上、カラーは150色以上を常備 JNAジェルネイル検定の中級・上級取得の証しを身につけ、お客さまに安心してもらう自宅リビングがサロンに撮影/山下みどり 藤澤由加 取材・文/小林みどり ※エクラ5月号
  • 5月1日(水)からいよいよ新元号・令和時代を迎えます。元号が切り替わるタイミングは、運気も大きく切り替わるタイミング。それまでにお部屋の大掃除を済ませて、カーテンやクッションカバー、ベッドリネン、タオルなど、ファブリック系のインテリアを新しくすると、運気アップに絶大な効果があるんですって。そこで、BAILAエディター陣が大好きな【無印良品&イデー(IDÉE)】でおすすめの布物インテリアをご紹介します。無印良品&イデー(IDÉE)で開運インテリアインド綿ブロックプリントの布 職人が手彫りの木版を何度も重ねてプリントした布。肌ざわりがよく、お洗濯を繰り返しても丈夫で、洗いざらしのノーアイロンのほうがサマになります。カーテンはもちろん、ベッドカバーや収納の目隠しなどマルチに活躍します。(幅100×丈178㎝)各¥4990/無印良品(右)綿帆布のクッションカバー 座り心地がよすぎて“人間をダメにするソファ”として超人気の無印良品「体にフィットするソファ」のカバーの生産工程で出る端材を使って格子状に組んで仕立てたクッションカバー。エココンシャスなのに高級感があり、カリモクの本革3シーターソファにも負けない貫禄です。¥1790/無印良品(手前)ノンプリーツカーテン・2枚組 ポリエステル綿の糸を使ってひだのないフラット状に仕立てたカーテン。存在感のないグレージュカラーで、お部屋が広く見えます。フックつきであらかじめ2枚組なのでおトクです。手持ちのニトリの幾何学模様カーテン(奥)とも相性ぴったり◎。(幅140×丈200㎝、天井付)¥4990/無印良品並べるだけでおしゃれ! 北欧風クッションカバー (左)染色していない、自然のままのウールの原毛の色&風合いを生かして仕上げた座ぶとんカバー(55×59cm)¥2990・(右)無印に比べてちょっとお値段は張りますが、イデーのキリム風クッションカバーは本当に素敵なんです! 一点モノのデザインもあります。(43×43cm)¥3996~いかがでしたか? カーテンやクッションカバーは、空間に占める面積が大きいので、家具を動かすよりも簡単にお部屋の印象が変えられます。新しい令和時代を迎える前にぜひ試してみて。【イデー(IDÉE)】公式オンラインストアはこちら5月7日(火)までメンバー限定10%OFF【無印良品】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】GW10連休は無印良品にトコトンお世話になろう!取材・文/沖島麻美 ※価格を含む商品&サービス情報は4月中旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。詳しくは無印良品またはイデー(IDÉE)公式オンラインサイトをご覧ください。
  • こんにちは、さりです (ほとんどすっぴんフェイスでごめんなさい 笑)birthdayサプライズで人気の"FRIDAYS"ですが、我が家では、普段の食事で利用することも多いので、紹介します 私的、絶対頼むものランキングNo,1✨*フライデーズシグネチャーグレイズドリブ ¥2990 写真はフルサイズですが、ハーフサイズだと¥1990で食べられます!おすすめのサラダは、*ケイジャンフライドチキンサラダ ¥1690このサラダもラージサイズとハーフサイズが選べます (写真はハーフサイズです。)そして、ライスシリーズでおすすめなのが!*ブラッケンシュリンプメキシボウル ¥1890初めて食べた時、感動したくらい美味しいです 全てボリューム満点なので、1人ずつ頼むよりは、何人かでシェアすることをおすすめします ‍ ‍ ‍ ❤️今回紹介したメニュー以外も本当に美味しいものばかりなので、まだ行ったことのない方はぜひ行ってみてください 松倉彩理カワイイ選抜 No.80 松倉彩理のブログ
関連キーワード

RECOMMEND