BAILA1月号は「アガる黒」特集!そして付録はまるちゃんBOOK!

@BAILA

本日発売!BAILA1月号!

みなさん こんばんは!

12/4〜12/11まで6泊8日でイタリアに行ってきました!

ずっと行きたかったイタリア!

とっても良かったので、近々旅行のブログを書きたいなと思っています。

そして昨日帰国し、気づけばなんと本日はバイラの発売日!

ということで、今回はバイラ1月号のご紹介をしていきます。

表紙はヨンアちゃん♡

1月号で私が特に気になったページは…
①年末年始、会う人合わせの着こなしプラン5!
②アガる黒特集!
③美人への近道、ベストコスメ!
の3点です。

少しだけ内容をご紹介しちゃいますね!

まずは年末年始、着こなしプラン5!

年末年始ってイベントが多い!

着る服も迷ってしまう…

そんなときにはバイラのこのページを参考にしてみてはいかがでしょうか。

デート服や友達、会社の人など、会う人に合ったコーデを紹介してくれていますよ!

デート服のページでは、中村アンちゃんが着ているワンピースがとってもセクシーで素敵でした!

次はアガる「黒」特集!

今月号のファッション大特集は「黒」です。

なんとなく「黒」を選ぶのではなく、意志ある「黒」で気分からおしゃれに!

この特集では、黒デニムや甘め辛めの黒ニットなど色んな「黒」を紹介してくれています。

その中でも私が気になった「黒」は…

「透ける黒」です。

大人の女性がシースルーのブラウスを着るととってもセクシーですよね。

私もヨンアちゃんみたいに黒のシースルーブラウスが似合う女になりたい!

また、黒×赤小物・グリーン小物など。

黒と合わせるとおしゃれ度アップの小物の紹介ページもあるので、是非チェックしてみてください。

そしてベストコスメ!

最後にご紹介するページはベストコスメです。

スキンケア・メイクアップ大賞からプチプラベストまで。

色んないいコスメを紹介してくれています。

ちなみに私が一番欲しいコスメは、ベストコスメ大賞の「ポーラ B.A アイゾーンクリーム」です!

また、プチプラで紹介されているヴィセのリップ&チーククリームは、私も愛用していて3種類ぐらい持っていておすすめです。

詳細は是非雑誌でチェックしてみてください!

付録は「ちびまる子ちゃんFOREVER BOOK」

今月号も素敵な付録が!

こちらもご紹介しちゃいます。

付録はアラサー世代にぴったり「ちびまる子ちゃん FOREVER BOOK」です。

ちびまる子ちゃんといえば、日曜の夜によく観ていました。

特に好きなコンビはやっぱりまる子と友蔵。

二人のやり取りにナレーションのツッコミが加わると、シニカルな笑いになりとっても笑えました!

そんなちびまる子ちゃんの単行本未収録1話をバイラの付録で読めますよ。

今読んでもやっぱり笑えますね。

今も昔もありがとう。まるちゃん!

これからもよろしく!

今月号も素敵な特集&付録がいっぱいでした。

是非ご覧ください!


スーパーバイラーズ 丸茂亜未のブログ

関連記事
  • チーム★マキアのMisatoです。こんにちは♪今日は帰省時にチェックしてきたコスメのお話を。1月1日発売のshiroのアイシャドウ。ちょっと発売から間が空いてしまいましたが。♥shiro ジンジャーアイシャドウパレット 4 Armeria Pink 7,000円(税抜)実は年末にタッチアップして気に入ったのですが、発売日にshiroの店舗には行けないかも・・と相談したら、帰省から戻るタイミングで送ってくださったのです。最初はちょっと気になる・・ぐらいだったのですが、タッチアップのカラーの良さとスタッフの方の対応の良さに惚れました。パケはとってもシンプル。4色のパレットで、私はピンク系をセレクト。他にもカナリアイエロー・エメラルドコースト・サファリブラウンというカラーがあり、全4種類になります。実は誌面でチェックした時はカナリアイエローにときめいたのですが・・、ちょっとチャレンジャーかな・・と・・。相談して実用的なパレットに。笑。一番上のバーガンディにそっと忍ばせているように入っているラメがとってもキレイなんです。どれもツヤ感のあるカラーで実物の方がとっても素敵です。統一感のあるカラーなので、全色使っても全然うるさくないのがイイ所。【How to】一番下のパールベージュを上まぶたと下まぶたに乗せる。上まぶたに上から二番目のローズピンクを乗せる。上まぶたのキワにバーガンディを。下まぶたの目尻側に下から二番目のピンクベージュを。そして、最大の特長は”ジンジャー配合”であること。ジンジャー根油が配合されていて、目元の血行を良くして明るくクリアに見せてくれます。他に無いユニークな所にも今更ながら惹かれました。今回はshiro自由が丘店へ行ったのですが、自由が丘店と言えばカフェ併設。しっかりいただいてきたので簡単にご紹介します~。次ページにて》》》カフェは1階奥にあり、1階手前には商品が並んでいます。メイクアップアイテムは地下にあり、広々として見やすかったです。ちなみに、こちらは入口。シンプルなのに・・、字体が可愛い♡昨年からメニューは全てヴィーガンになったそうで、実はうかがうのをとっても楽しみにしていました。散々迷ってこちらに。キャラメルバナナ&酒かす豆乳クリームというパンケーキ。ヴィーガンということで卵や乳製品も使っていないのですが、酒かすというのもshiroらしい。ほんのり酒かすなので、とても食べやすかったですし、美味しかったです。shiroのお買い物ならカフェ併設がおススメ!と言っても現在は自由が丘店と北海道の砂川本店しか無いのですが・・、是非再訪したいと思っています。Instagram⇒♡
  • 絶対になくてはならない存在で、いい距離感にいたい。辻さんにとって特別で、親密な存在であるデニムアイテムに宿る表情豊かなブルーは、「ほかのどの色とも違う特別な色」。知ってるようで実は奥深い、デニムブルーへのあふれる愛を語ってもらいました。自分に似合う色が必ずある! 淡~濃まで、デニムブルーのグラデーション10ウォッシュドブルーのハイウエストデニム。「淡いブルーは、デニムブルーのなかでもいちばん今っぽさのある色。冬なら、クリーム色やアイボリーのニットに合わせたワントーンで」。デニム¥24000/スタニングルアー 青山店センタープレスできれいめな雰囲気。デニム¥20800/ショールーム セッション(サージ)フェミニンなディテールを明るいブルーが軽やかに。ワンピース(ウエストリボンつき)¥60000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)ジージャンのデニムブルーも、辻さんにとっては永遠のスタンダードカラー。ジージャン¥34000/アストラット 新宿店 ガウンコートで大きい面積でデニムブルーを取り入れて。「シンプルなアイテムにバサッと羽織るだけで新しさが生まれます」。コート¥48000/ボウルズ(ハイク)「ほどよく濃いめで、淡すぎない、個人的にいちばん似合うのはこのあたりのトーンです」。デニム¥31000/サザビーリーグ(マザー)控えめな色落ちとハイウエスト&スリムなシルエットは、きれいめスタイルにもなじみやすい。デニム¥32000/マインド(マインデニム) ポケットなど、レトロなアクセントが効いた、インディゴブルーのAラインスカート。スカート¥24000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)ボーイッシュなシルエットに濃いめのブルーがマッチ。デニム¥24000/ナゴンスタンスフェミニンなスタイルのバリエーションを広げてくれる、濃紺のデニム地のフレアスカート。スカート( 1 月下旬発売予定)¥21000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエンマトフ)カジュアルなハズしを加える、デニムブルーのシャツの空気感袖のリボンディテールにさりげない甘さを残したデニムブルーのビッグシャツに、チェック柄のツイードジャケットをなにげなく羽織った彼女。自分の本当に好きなものをシンプルに重ねた着こなしには、いつだって心地よい空気が流れている。「デニムブルーのシャツが、ジャケットとパンツのかっちりとしたムードをやわらげて、かしこまりすぎず、 カジュアルなハズしを加えてくれます。シャツの場合、濃いめより淡めのデニムブルーのほうが白シャツ感覚で簡単にトライできるはず」。 シャツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス® メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥161000/サード マガジン(ソニア リキエル) パンツ¥29000/ロンハーマン リング¥214000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)セットアップでコンサバに整えたデニムブルーに、赤とネイビーを添えて今回、真っ先に思いついたのがこのコーディネート。デニムブルーと最高に相性のいいネイビーのタートルニットに、時計やスカーフで赤をちりばめたスタンダードな配色を久しぶりにやってみたくて。デニムをセットアップで着るのは、私自身も大好きな着こなし。上下をそろえることで、きちんとしたコンサバ感が出ます。ヘアには’70年代の女優ファラ・フォーセットのような強さをひとさじきかせて。デニムというアイテム自体に確固たる存在感があるからこそ、自由に遊びを加えられるんです。 スタンドカラーのデニムジャケットにストレートデニムを合わせて。「デニムをセットアップで着るとき、上下のデニムの色をそろえるのはもちろん、あえて濃淡でコントラストをつけてみるのも面白いですよ」。ジャケット¥39000・デニム¥28000/アー・ペー・セーカスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥21000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカーフ¥56000・時計¥322000(ともに1/12時点の価格)/エルメスジャポン(エルメス)濃紺のデニムはコントラストをつけて、レトロモダンな配色にすっきりとした濃紺のカットオフデニムは、発色のよさを生かしたかったので、明るいイエローのコートやオレンジのニットでコントラストをつけたきれいめなスタイリングに。色落ちの少ないダークな色みなのでシンプルなパンツのような感覚で合わせられます。思い切り鮮やかな色使いや上品な靴とバッグで’60年代っぽいレトロなムードを添えるのがポイント。デニムブルーはそれ自体がベーシックな色だから、着こなしにストーリー感があったほうが素敵に映えると思います。 リジッドデニムに代表されるような濃色のデニムも昨今のトレンドのひとつ。「デニムの色は濃色になればなるほど、カジュアル感が弱まり、シックな印象になります」。カットオフされた裾のあしらいやデニムならではの素材感で、かちっとしすぎず、今っぽい抜け感も加えてくれる。デニム¥18000・ピアス¥24000/ボウルズ(ハイク) コート¥56000・ニット¥33000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) サングラス¥52000/ピエール アルディ 東京 リング(ゴールド)¥85000・(シルバー)¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥190000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) 靴¥103000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ)撮影/白川清史(人)、さとうしんすけ(物) ヘア/JUN GOTO メイク/Yuka Washizu〈beauty direction〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/ヨンア ※BAILA2019年2月号掲載
  • ヴィンテージラバーの熱気あふれる会場でおしゃれスナップ! トレンドに左右されない“自分らしさ”あふれる着こなしが楽しい (右)いま最も旬なファッション・カルチャー誌『office』のエディター、ケイトランを会場でキャッチ。古着のスタジャンをメインに、チェックのトップス、アディダスのスウェットパンツをオレンジで揃え、ノスタルジックでスポーティな装いが可愛らしい。バッグは注目のテルファー。夢は自分の古着店を持つこと (中央)ア・カレント・アフェアにはリサーチのために訪れるファッション業界人が多い。今回はエキゾチックなテイストをフェミニンに昇華するデザインが人気のマラ・ホフマンに遭遇した。清潔感のある白シャツをインに、オレンジのスーツスタイルが素敵。意表をつく、大きな貝のチャームネックレスがキュート! (左)場内にはおしゃれな人がひしめき合っているが、ベンダーにファッショナブルな人が多いのも特徴。オンラインヴィンテージショップTyranny+Mutationのオーナー、ヴァレンティナはウェスタンハットとバンダナを巧みに取り入れ、ナチュラルなカウガール風。ガーリーな見た目だが、扱っているのはゴリゴリのロックTシャツコレクションだ 70年代にブレイクしたカントリー歌手、タニヤ・タッカーがスタイルアイコンなだけあり、インディゴデニムをクラフト感あふれるバッグとミックス。スポーツサンダルが旬なハズシに NYで人気の古着店「フロント・ジェネラル・ストア」のスタッフとして来場。オールヴィンテージのサファリルックが洒落ている ブラジル出身のアレクシアは、全身黒でまとめ、トップスのロゴで遊びを加えた。ヴィンテージでは60年代のアイテムが好きだそう タイトスカートにジャケットというコンサバスタイルをコスプレ感覚で楽しんでいる彼女。足もとにはバレンシアガのパンプスを投入 主張の強いジャケットにはジャージとアディダスのスニーカーを合わせてカジュアルダウン。ロングスカートにも細部にこだわりが! アフリカン・テイストのアイテムも揃うVan Hees Vintageで買った花柄ドレスをコートのように羽織り、サボで70年代の薫りをプラス インスピレーションを得るためにやってきたというブリンは、自身が手がけるヴァケラのオーバーサイズジャケットとロブスターTシャツで異彩を放つ 80年代と90年代のヴィンテージが好きだというヴィ。ニット×ロングスカートのシンプルな組み合わせに、ベレー帽でひねりを加えた 古着店Funkanovaのオーナーでもあるサラ。スタイリスト目線で選んだコスチュームライクなアイテムが揃う。アシンメトリーなピンクのドレスも自店のものだそう >>おしゃれなメンズも集ってる
  • メンズファッション界の勢いそのままに、ヴィンテージマーケットでも洋服好きな男性たちが大集合! (右)90年代のストリートテイストが好きだというアマンダはボーイフレンドのヴィンテージレザージャケットにMonseのダメージデニムを合わせた。足もとはダッドスニーカー (左)彼女につき合ってやってきた彼も90年代テイストのパンチある着こなしが目を引く。注目しているというメンズのデザイナー、Boris Bidjan Saberiに通じるモード感がクール ウエストポーチ使いが上手なアレックスは機能性重視で古着をハント。収集しているという60年代のチャンピオンのパーカと、ハーレー ダビッドソンのジャケットが戦利品だそう 仕事柄人脈づくりも兼ねて来場したという彼は、アブストラクトな柄アウターにピンクのジャンプスーツという配色がユニーク。好みの80年代テイストをスタイリングに生かした タイトなトップスとくるぶし丈のチェックパンツ。70年代ディスコ調のスタイリングが洒落ている。アート志向が強く、いま気になるデザイナーはアーティストでもあるPatrick Church (右)量感あるレオパードジャケットに、レギンスを合わせ、セレブ風のヘルシーなスタイリング。バレンシアガのバッグをきかせた (左)ヴィンテージTシャツコレクターでもあるタイラーは、アーティスティックなラインがポイントのロングスリーブTシャツをチョイス チェックのジャケットが主役のアメリカンカジュアルがよく似合う。ベージュのパンツにベルトとニットを巻きつけた技ありコーディネート クルーネックニットにストレートデニム。ミニマルでクラシックな着こなしは、首元からちら見えする、白Tシャツの清潔感がポイント >>買ったもの見せて!
  • 出口調査を敢行! 古着好きがゲットした、新たなヴィンテージアイテムをリサーチ! マリー・アントワネットをスタイルアイコンに掲げるルビー。ピーターパンカラーにレペットのシューズ、60年代のドレスを愛してやまないというが、ボリュームスリーブのニットとシャツのレイヤードにもそのセンスが光る。黒のロングドレスを見つけ、“ヴィクトリアンテイストのビッグベイビー”スタイルに挑戦したいそう ジェーン・バーキンのスタイルに傾倒しているというシャノンは、デニムとヴィンテージのかごバッグがマストアイテムだそう。ショッピングが大好きというだけあり、早速購入したアイテムを身につけてスナップ。タイガー刺しゅうのチャイニーズ・パジャマセットは状態のよさに惹かれて。ほかには赤がきいたセーラー服もゲット 星条旗モチーフのアウターに、ノットがポイントになったビスチェを合わせ、学生らしいヘルシーなファッションを楽しんでいるイザベル。60年代テイストと2008年頃のレディー・ガガをミックスしたそう。スタイリングのポイントになりそうなチェックのワイドパンツを購入 インスピレーションソースを求めてやってきたチャーリ。レトロなフラワープリントのミニドレスにベレー帽、アンクルストラップシューズと、ガーリーな着こなしがお似合い。エキゾチックなカラーと鳥の刺しゅうが気に入って、30年代のチャイナ風シルクブラウスをセレクト 赤、青、黄色。ボーダーをつなぎ役に、原色同士を掛け合わせたポップなスタイリングがひときわ目立っていたタイラー。スタイリストのシャーリー・クラタがファッションアイコン。オブセッションでもあるヴィンテージマーケットでは落書き風プリントドレスと出合った >>「“ア・カレント・アフェア”ってなんだ?」特集TOPへ戻る
  • 軽やかな素材や着こなしのスパイスになる色、ヒットアイテムの新作など実力はお墨付きの使えるプチプラアイテムを集めました! 春まで活躍するお手頃な4ケタプライスなので、是非お早めにご覧いただき、デイリーコーディネイトにとりいれていただければと思います!   細めの紐と絶妙なカラー、小さなロゴが大人に最適! STANDARD SUPPLY/デイリートート(M)/¥6,000+税 滋賀県高島市で織られた11号帆布で作られたトートバッグ。持ち手は軽くて色移りしにくく丈夫なテープ紐で、両サイドにポケットあり。スナップボタンが2 つついて、荷物をたっぷり入れても開口部が広がる心配がありません。大人っぽいライトピンクに黒の持ち手はLEEマルシェだけの別注です。     おしゃれと楽ちんを両立するスリッポンタイプのオールスター CONVERSE/オールスター スリップ Ⅲ OX /¥6,000+税 シューレースなしでさっと履けるスリッポンタイプは、小さな子どもがいるママや日々慌ただしいLEE世代にぴったり。 着こなしに抜け感を生むオフホワイトにはゴールドのハトメ&ロゴ、こっくりしたチョコレートには水色ロゴが小粋なポイントに。     抜群のはき心地にファン多数。細見えジェギンスの決定版! Lee/【LEE別注】アンクルテーパード ジェギンス/¥7,000+税 のびのよいストレッチ素材で好評を博しているジェギンスの新作が登場。股上深めの腰高テーパードシルエットは、ぺたんこ&ヒール靴どちらでもバランスがとりやすい九分丈。LサイズはLEEマルシェでしか買えない別注サイズです。     忙しい日はコーデいらずでサマになるタートルワンピにおまかせ! NOMBRE IMPAIR/ウール混ダブルフェイス ワンピース/¥9,800+税 2 枚の生地を1 枚にしたダブルフェイス素材を使用しているので、カットソー素材ながら体のラインが出にくいのがうれしい。ほどよい肉感で、秋~春と3 シーズン着られます。トレンドのブーツと合わせて一枚でさらりと着こなしたり、パンツやレギンスとレイヤードしたりと着回し力も抜群です。     ハチマークが人気のショルダーは4ケタでも機能性申し分なし! ORCIVAL/ショルダーバッグ/¥7,300+税 長財布や手帳、化粧ポーチなど、必需品がしっかり入ってわきに抱えやすいサイズ感が魅力のショルダー。ストラップ(最長約110㎝)の長さが調節可能なので斜めがけもOK、両手があくのでアクティブに過ごせます。人混みや電車の中でも安心なフタ付き。どんな着こなしにもなじんで飽きのこない2色展開。     おうち時間を快適&素敵に彩る肩の凝らないリネンエプロン fog/リネンオーバーエプロン/¥9,800+税 まるでジャンパースカートのようなエプロンは、軽くて一年中快適なリネン素材。斜めに配置されたポケットは鍵や印鑑、小銭入れなどちょっとしたものが入るサイズ。急な訪問客があったとき、近所のお買い物にも、しゃれたエプロンが一枚あると便利です。     累計380枚売れた大ヒットカットソーに待望のネイビーがお目見え FABRIQUE en planete terre/長袖ボーダーカットソー/¥6,900+税 特別な番手の糸を使用して編まれているため、柔らかく着心地のよさもばっちり。一度着るとやみつきになり、リピーターが後を絶たない名品にネイビーがラインナップ。フレンチカジュアルに必携です。     どこか懐かしい雰囲気のビビッドカラーをアクセントに CONVERSE/ジャックパーセル カラーズ RH/¥7,000+税 暗くなりがちな冬の着こなしをピリッと引き締めてくれるきれい色に一目惚れ!グリーンにはイエロー、イエローにはグリーンのインソールとアウトソールがきいています。シューレースは、写真の白と靴と同色のラインデザインの2 種類付き。気分に合わせてつけ替えて。軽量ながら、優れた安定性と履き心地を叶えるREACT HDインソール搭載。   長く愛せるカラー&素材を厳選した大ヒットアイテム達なので、是非お早めに特集ページでチェックしてみてください!        
  • どんなにトレンドでも、太って見える服なんてもう欲しくない! さまざまな悩みが増えてくるバイラ世代の体を驚くほどほっそり見せてくれる逸品をご紹介します。【Tシャツ部門・ワンピース部門・旬ニット部門】一挙チェック!【Tシャツ大賞】SUNSPELの"Q82”Tシャツ 上質なコットンジャージであるサンスペルの代表的な素材「Q82」を使用したTシャツは着ればその差は歴然。洗濯してもヘタりにくいのもうれしい。Tシャツ¥10000/サンスペル 表参道 ライター 陶山真知子さん(158㎝)「ほどよくハリ感のある素材や首あきで細見え。冬も愛用してます」【とろみワンピース大賞】SINMEの水玉ワンピース 高め位置のウエスト切り替えやランダムに入ったドット柄で身長を問わず誰でもしなやかなボディラインに。背中の肌見せで抜け感も。ワンピース¥48000/チェルシーフィルムズ(シンメ) スタイリスト 佐藤佳菜子さん(154㎝)「落ち感が完璧。現場のモデルやスタッフにもとにかく人気」【旬ニット大賞】ENFÖLDのVネックニット 大人の体型悩みに沿った高感度なアイテム作りに定評のあるエンフォルド。身幅の広いボクシーなシルエットと厚手の生地が上半身のあらゆる難をカバー。ニット¥27000/エンフォルド 編集やまみ(170㎝)「体の泳ぐ裾広がりのシルエットで上半身の厚みが気にならない!」撮影/さとうしんすけ(物) スタイリスト/佐藤佳菜子 ※2019年BAILA2月号掲載
  • ユニクロは「ユニクロ ユー」の2019年春夏コレクションを2月1日(金)より、順次発売する。エルメスをはじめ、世界的ブランドのアーティスティックディレクターなどを歴任してきたクリストフ・ルメール率いる、ユニクロ パリR&Dセンターのデザイナーチームが手がける「ユニクロ ユー」。今シーズンは、深みのあるアースカラーや夏を彩るアクセントカラーなど、遊び心あふれる色彩からインスピレーションを受けたコレクションを展開する。 (左上から時計回りに)オープンカラーシャツ(5分袖)¥2,990、シャツワンピース(長袖)¥4,990、デニムイージーショーツ ¥2,990(※4月中旬発売予定)/ユニクロ(ユニクロ ユー)ウィメンズでは「ユニクロ ユー」のためだけに描き下ろされたダイナミックな柄が、オープンカラーシャツ、ショートパンツ、ワンピースの3型になって登場。また、毎シーズン人気のスイムウェアからも、グリーンやイエロー、淡いピンクのカラーブロックのデザインが登場する。立体的に編み上げ、縫い目を減らし、優しい着心地を実現。シンプルでカッティングの美しいスイムウェアは、ビーチはもちろんエクササイズにもお勧めだ。 ドローストリングプリントワンピース(ノースリーブ)¥3,990、ライトウェイトバッグ ¥2,990、サンダル ¥2,990(※4月中旬発売予定)/ユニクロ(ユニクロ ユー)さらに上質な素材と美しいシルエットが特徴のクルーネックTシャツは、コレクションを象徴する鮮やかなカラーバリエーションで14色をラインナップ。そのほか、フード付きのトレンチコートやサコッシュバッグなど、この春夏のカジュアルコーディネートに活躍してくれそうなアイテムが盛りだくさん。フルラインナップは、国内61店舗とオンラインストアにて販売予定(※一部商品は国内全店舗で展開)。 ブロックテックトレンチコート ¥12,900、デニムイージーアンクルパンツ ¥3,990、ウルトラライトダウンジャケット(※先行発売中)¥6,990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コットンバルーンスリーブカーディガン(長袖)¥2,990、ハイウエストツータックパンツ ¥3,990、サコッシュバッグ ¥1,990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ユニクロwww.uniqlo.com/UniqloU0120-170-296 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ユニクロ ユー」2019年春夏コレクションのラインナップをチェック!
関連キーワード

RECOMMEND