コートからスカートまで【チェック柄】2018-19秋冬最新コーデ20選【30代レディースファッション】

@BAILA

2018年秋冬に大ヒットした流行柄といえば、誰もがすぐ思い浮かぶのが「チェック柄」ではないでしょうか? 昨年から引き続き人気のモノトーンベースに加え、今年はブラウン系やタータンチェックも大豊作! ベーシック柄なので派手すぎず、落ち着いたムードで日々の着こなしのアクセントに役立ちます。今回は、大人気のコートやスカートをはじめとした30代のチェック柄コーデをおさらい!

【画像スライドで簡単チェック】30代向けチェック柄コーデ20選

※画像をクリックすると、詳細記事にジャンプします。

決しておじさんぽく見えないモダンなチェック柄コート。ボリューム感もたっぷりで、はおるだけで主役級の華やかさ。コート¥23000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店
大人っぽくまとめたいなら、チェック柄コートもモノトーンではなく旬のブラウンを選んでカラーレスにまとめ、センスのよさをアピール。コート¥98000/オーラリー
今年大流行中のブラウンメインの“カフェオレ”コーデ。コートがチェック柄なら、さらに旬のムードに。コート¥70000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)
まろやかなマロンカラーに、襟や袖口からのぞくチェック柄が、冬コーデを最高潮に盛り上げる今旬コートを手に入れて! コート¥38000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)
端正なチェック柄コートの下からスウェットパーカのフードを出して着るスポーツミックスコーデが、30代に大流行中! スウェット¥26000・コート(ベルトつき)¥98000/オーラリー
超人気スタイリスト“さとかな”こと佐藤佳菜子さんがこの冬ヘビロテ中なのが「SEE U SOON」のチェック柄コート。「チェックは確かに今年のトレンドではあるけれど、私の場合は一生持っておこうと思って買います」。コート/SEE U SOON(佐藤さん私物)
「ビッグシャツのようなゆったりとしたフォルムがお気に入り」と、スタイリスト小川ゆう子さんが愛用しているのがアンスクリアのチェック柄コート。「女らしさをプラスするために襟を抜いて着たいです」。コート¥69000/アマン(アンスクリア)
トレンチ型のウールコートは、折り返し部分からのぞくチェックがポイント。このくらいのチェック柄づかいなら、普段のワードローブにも相性◎。コート¥120000/アングローバル(イレーヴ)
チェック柄ひとつで、定番黒リブニットのセットアップが今の空気で満たされる。ジャケット¥36000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクスビームス) ニット¥32000・スカート¥30000/ボウルズ(ハイク)
マニッシュなチェック柄ジャケットをTシャツに羽織るだけで一気に旬カジュアルに。ジャケット¥28000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店
チェック柄のダブルジャケット&ソックスを合わせたコーデュロイパンプスで、トレンド感を倍増! ジャケット¥26800/グランカスケードインク(グーコミューン) 靴¥11000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)
つや感のある生地とさりげなく効いたブルーのラインでレトロだけど重たくなりすぎず、華やかな女らしさの漂うチェックブラウス。ブラウス¥45000/ユナイテッドアローズ 新宿店(チノ)
大柄チェックシャツなら、モノトーンでもじゅうぶん着こなしのアクセントに! モヘアガウンを重ねた上質レイヤードコーデで。ブラウス¥35000/サザビーリーグ(エキップモン) ニットガウン¥28000/ティアラ 
チェック柄スカート×パープルニットの意外な配色コーデが今、新鮮! ボリューム感のあるニットなら鮮やかパープルもほどよくラフに着こなせる。スカート¥24000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ニット¥58000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ヴィドヴァンスター)
ホワイトニットの清潔感や明るさをキープしながらトレンド感をプラスするモノトーンチェック柄スカートは最強! スカート¥31000/エフユーエヌ(アイロン) ニット¥32000/ebure
暗くなりがちな冬コーデを簡単にあか抜けさせる明るいベージュのフーディコート。下からのぞくスカートがタータンチェック柄ならさらにしゃれ見え! スカート¥24000/アルアバイル コート¥32000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ)
無地感覚で履ける細かいチェック柄。タイトスカート&ショートブーツのIライン強調コーデで、フリルニットもすっきり着やせ! スカート¥11000/グランカスケードインク(グーコミューン)  ブーツ¥ 39000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ファビオ ルスコーニ)
スニーカー通勤も、チェック柄パンツとの組み合わせなら、きちんときれいに女らしいスタイルがかなう。パンツ¥26000/ピルグリム サーフ+サプライ スニーカー¥8000/グラビス
モノトーンのチェック柄ワイドパンツなら、甘くなりすぎない洗練された印象が手に入る。パンツ¥27000/ジャンポールノット 青山店
日帰りドライブデートの日コーデ。車内は意外と温かいから、白ブラウス×大判チェック柄ストールでちょうどいい。ストール¥52000/ドレステリア 銀座店(ジョシュア エリス) ブラウス¥16000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 丸の内店

【合わせて読みたい】2018年の大ヒット! 30代向けチェック柄記事一覧


関連記事
  • 新しい花嫁に贈る、新しいドレスの提案。自分らしく、モードに装いたい。私らしい一着で愛を誓うオールインワン¥615,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) ベール¥66,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(マルコクッチノッタ)ステラ マッカートニーから初のブライダルコレクションが誕生。総レースのオールインワンを太いリボンベルトでマークしたスタイルで、甘くハンサムなマリアージュを。青いタグに綴られた「Made with Love」のメッセージは、デザイナーから花嫁へ贈る"サムシングブルー"。モダンな花嫁の「Yes,I Do」ジャンプスーツ(ベルトつき)¥789,000・ネックレス¥781,000/シャネル ベール¥107,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(キャロリーナ・ヘレラ) ブーツ¥143,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)スポーティなオープンカラーに、ボリュームのあるワイドパンツ、そして華奢な腕を強調するフレンチスリーブ。憧れのブランドでチョイスしたエレガントなジャンプスーツが、ブライドの笑顔を引き立てて。ゆっくり刻んでいく、ふたりの足跡ドレス¥650,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(テンパリー・ロンドン) ベール/スタイリスト私物フラワーエンブロイダリーとラダーレースをあしらったセパレートドレスは、どこかノスタルジックなムードを薫らせる。セレブから絶大な人気を誇るイギリス人デザイナー、アリス・テンパリーの作るドレスには、大人の女性のロマンティシズムが込められている。グルームの迎えを待つ森の妖精ドレス¥480,000・靴¥79,000(ともにディオール)・イヤリング¥1,250,000・リング¥1,800,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/クリスチャン ディオール スカーフ/スタイリスト私物流れるようなラインが清楚な華やぎを誘うジャージドレス。繊細なスカートのプリーツやデコルテを飾るドレープが、ブライドのボディをしなやかに包み込む。足もとはバレエシューズで、甘やかに、そして軽やかに。彼と私、波打ち際の追いかけっこトップス¥314,000・ドレス¥539,000(参考価格)/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) 帽子¥45,000/シジェーム ギンザ(ローラハット)動くたびに大きく揺れるコットンレースのドレスは、スカートのプリーツ部分にワイヤーを通し、構築的なフォルムを実現。その上に、同素材のキャミソールトップスを重ね、潮風と一体になる。 リング〈WG、ダイヤモンド〉¥2,800,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァンクリーフ&アーペル)誘惑の花を胸に咲かせてドレス¥1,120,000(参考価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)ピュアな白いドレスに、深紅のアネモネの刺しゅうがビビッド。コルセットや小さなバルーンスリーブなど、コスチュームドレスの要素をミックスしたロマンティックな一着で、今日は魅惑の花嫁に。秘密の庭で誓いのキスの予行演習ドレス¥259,000/ドーバー ストリート マーケットギンザ(セシル バンセン) ベール¥16,000/ヴェラ・ウォン ブライド 銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)バックを細いリボンで結び、肌をロマンティックにのぞかせたブライド。2016年、コペンハーゲンで誕生したブランドは、レース使いや素材のあしらいにクチュリエの職人技が光る。 サンダル¥149,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)鳥のさえずりがウェディングマーチドレス¥1,500,000/ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)ウエストから裾にかけて大きく広がるプリンセスラインと長いトレーンが、主役の華やぎを約束。ビスチェドレスの上に、刺しゅうを施したオーガンジーを重ね、イノセントなデコルテを演出する。現実とおとぎ話の狭間ドレス¥770,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) ヘッドアクセサリー¥35,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア)艶やかなミカドシルクでなぞる、洗練されたボリュームの美学。上品なスタンドカラーと、裾にスリットを入れた大きなドロップスリーブ、そしてヘムまで流れるしなやかなドレープが、絶妙なバランスを生む。マーメイドの愛と冒険の行方ドレス¥2,000,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) ヘッドアクセサリー¥50,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア) リング(上)¥1,969,000・(下)¥109,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)肌をまろやかに透けさせるチュールに、フリルやビーズをふんだんにちりばめたヌーディなドレス。繊細な素材にあしらわれた細やかな技法に、クチュールブランドの格式が宿る。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら  SOURCE:SPUR 2019年6月号別冊「新元号をともに歩むマリエ」photography: Jumbo Tsui 〈beauty direction〉 styling: Kayo Yoshida hair & make-up: Rie Shiraishi model: Laura edit: Asako Kanno
  • ファッション最先端の街・NY。私のファッションを公開します~笑現地時間の朝10時に着くので、 着替える時間の短縮や気温を考え、 機内はパンツスタイルにしました。 ジャケット ニット パンツ 全て、DOUBLE STANDARD CLOTHING (ダブスタ) ジャケット  DOUBLE STANDARD CLOTHING 白のニット  UN3D パンツ    DRESSLAVE ニットは袖が変わっていて、お気に入りです♡ 首回りをすっきり見せると 私の場合、小顔に見える為、 髪はアップにまとめました(笑) このアシンメトリーのパンツもお気に入りです。 ニット UN3D パンツ UN3D ニューヨーカーって、 「オシャレ」だと思い込んでいて(笑) 意気込んで行きましたが、 実際はシンプルなファッションの方ばかり。 完全にスベリました(笑) でも、ここは海外。 観光客と化したファッションになりましたが、 そのまま着続けました~^^ 上下 MICHAEL KORS ショートブーツ FABIO RUSCONI ワンピース CLAUDIE PIERLOT (去年、パリで購入) ジャケット  DOUBLE STANDARD CLOTHING ニューヨークでもお買い物しました♡ アッパーイーストサイドにある、 sandro店にて。 試着するのがとっても楽しかったです。 アラフォー世代で、膝上スカートって どうなの!?と思い、渋りましたが、 せっかくなので、ノリで購入しちゃいました♡購入後、 タグを外してもらい、 着替えて最後のニューヨークを楽しみました♡ あまり日本では見ない色と柄。 年齢に関係なく、 自分が着たい服を着こなしている女性を目指していきたいと思います♡ 美女組No.148 まきこのブログ
  • 先週発売したBAILA6月号では、今注目のファッションECサイトを大解剖! SNSで話題沸騰中の個人ブランドや、バイラーズが立ち上げたブランドなど盛りだくさん。 その中でも150cmと小柄な私が重宝しているブランドCOHINA(コヒナ)についてご紹介します。Sサイズ女性のための綺麗めカジュアルブランド「COHINA(コヒナ)」。 身長が150cm台のSサイズさん向けに、オンオフで使えるアイテムをお届けしています。 Sサイズさん向けのお洋服ブランドって、従来のものだとどうしてもガーリー寄りなデザインだったり、少し子供っぽかったりしたのですが、COHINA(コヒナ)はまさにBAILA世代の私にフィットするデザイン。 それもそのはず。商品を企画されている方がBAILA世代。そして、身長も150cm台と小柄な方なんです。 小柄さんならではの悩みを知り尽くしているからこそ、グっとくるアイテムが多いところがCOHINA(コヒナ)の魅力。▶︎ COHINA(コヒナ)インスタグラムでは、COHINA(コヒナ)のSサイズスタッフの方がインスタライブを実施。 動画で商品をレビューしてくれるので、サイズ感や記事の質感、細かい情報が知れるところも嬉しいポイントです。▶︎ COHINA(コヒナ)のインスタグラムはコチラそして、私がCOHINA(コヒナ)でヘビロテしているアイテムは、「前スリットデニムロングタイトスカート(インディゴ)」。 春夏になるとコーディネートに取り入れたくなる「デニム」。 デニムというとカジュアルになりすぎてしまい通勤コーデには難しい、そう思っていたのですが、こちらのデニムスカートは、タイトなシルエットが大人っぽさを演出してくれるロングスカートタイプ。 タイトスカートは、きちんと見えする通勤コーデの鉄板アイテムですよね。 素材によってはお堅くなりすぎてしまうアイテムですが、デニム素材になることによって程よくカジュアルダウン。 深めなスリットが女性らしさをプラスしてくれるので、カジュアルなデニム素材でも子供っぽくならず着こなすことができますよ。何より感動したのは、サイズ感。 小柄な私からすると、ロングスカートはECサイトで買うのを一番恐れるアイテム。 少しでもサイズが大きかったりすると、” 着られている感 “ が出てしまいますよね。 私は、XSサイズを購入したのですが、体に綺麗にフィット。少しハイウェスト気味になっているところも、スタイルup効果があって◎▶︎ 前スリットデニムロングタイトスカート(インディゴ)の購入はコチラスカート以外にも、トップスやパンプスまで幅広い商品アイテムを取り揃えているところもCOHINA(コヒナ)の魅力。 150cm台の小柄さんはぜひ、チェックしてみてくださいね。▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • 春から夏にかけての季節の変わり目に欠かせないアウター。特に朝晩で気温差がある今の時期は、薄手アウターを持っておけば軽い防寒にぴったりです。アウターは、毎日着るアイテムだからこそ、今年らしいものに更新するだけで旬なスタイルに早変わり。今回は、今年大注目の春夏アウターである薄手ブルゾンと、マウンテンパーカをご紹介します。どちらもカジュアルなアイテムなので、取り入れるのが難しいと思われるかもしれませんが、素材やデザインを意識するだけでコーデイネートの幅がグッと広がりますよ!さぁ、2019年春夏大注目のアウターをチェックして最旬コーデにアップデートしましょう。※元記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.こなれ感抜群!大人女子コーデの新定番、薄手ブルゾン|7選 2.レジャーにも肌寒い日に羽織っても◎。マウンテンパーカ|3選1.こなれ感抜群!大人女子アウターの新定番、ブルゾン|7選肌寒い日にサッと羽織るものが欲しい、そんな時には「ブルゾン」をチョイスしてみては? ブルゾンは、カジュアルなパンツスタイルはもちろん、ワンピースやスカートなどのフェミニンコーデにも相性抜群の優秀アイテムなんです。また、あまり決めすぎたくない女子会などのシーンでも、ブルゾンを羽織ることでいつものコーディネートにこなれ感をプラスしてくれます。テラコッタ調のブルゾンは同系色のオレンジと合わせて楽し気に。派手色と思われがちなオレンジも、ワントーンでスマートに取り込めば気負わず着こなせる。抜け感のあるビッグサイズのブルゾンも、こなれた雰囲気にするのにひと役。ブルゾン¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)スタイリスト辻直子さんのセオリー 大人のオレンジの“こなし方”“通勤アウター=かっちりジャケット”と頑なに構えたコーディネートでは、何だか気持ちも上がりませんよね。そこで、ヒールはもちろんのことスニーカーとも相性抜群なブルゾンはいかがですか?大人のこなれ感をプラスしてくれるブルゾンを纏えば、心なしかいつもの通勤も足取りが軽くなるはず。ブルゾン¥26000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)祝☆新元号決定! 「令和」流・働く30代女子通勤コーデ新おしゃれの定義8ハンサムアイテムである黒のブルゾンは、フェミニンなフレアスカートを合わせると好バランス。黒×キャメルオレンジのコントラストある仕上がりに。インのTシャツで着くずせばこなれ感もアップ。ブルゾン¥95000/マディソンブルー【フレアスカート×Tシャツ】でつくる最旬スタイル♪ 旬のスポーツMIXも、いつものワンピースコーデにブルゾンを羽織れば簡単に。インナーとシューズの白で抜け感をプラスして。ブルゾン¥36000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ティッカ)ワンピース(インナースカートつき)¥12000/ココ ディール 今すぐ買ってずっと着られる【とろみ柄ワンピース】3月~6月着回しテクドットワンピやクラシカルにスクエアバッグ……レトロフェミニンなコーディネートを、ビッグサイズのブルゾンでラフにくずして、今っぽさのバランスを。左耳だけにつけたパールピアスもアクセントに。ジャケット¥95000/ブラミンクスタイリスト辻直子さんの提案 自分を“ディレクション”して着こなす「黒」旬のスポーティブルゾンを着こなすなら、同系色のスニーカーを合わせて華やかに。光沢のあるパープルだから大人っぽく着られる。 アウター¥13800/アダム エ ロペ(コールドブレーカー) スニーカー「YUNG-96」¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス)辛め派コーデで女子会映えを狙うなら【ダッドスニーカー】でハンサムに2.レジャーにも肌寒い日に羽織っても◎。マウンテンパーカ|3選「マウンテンパーカ」と言うと、スポーティな印象を浮かべる人も多いのでは? マウンテンパーカは、レジャーやスポーツシーンだけではなく、スカートやワンピースなどのフェミニンスタイルや、スキニーパンツなどのカジュアルスタイルにもハマる万能アイテムなんです。意外と知られていない、マウンテンパーカの魅力とおすすめのコーディネートをご紹介していきます。マウンテンパーカをタウンユースで鮮度高めのスタイルに。ベーシックカラーのスカートコーデはスリッポンや小物使いでエッジをきかせて今っぽく。マウンテンパーカ(一部店舗のみで販売)¥9990/ユニクロ(ユニクロ ユー)自信が欲しい日は、旬アイテムでエッジを加えたスカートスタイルを!空色のマウンテンパーカを羽織って初夏のさわやかさを。流行のドット柄ワンピースが甘コーデになり過ぎないバランスも◎。マウンテンパーカ¥36000/ティッカフラット靴で印象チェンジも自在!【ドット柄×フラット靴】コーデ3選移動の多い平日は、サッとはおれて軽いマウンテンパーカを。はおりがカジュアルな分、シャツとパンツにスタンダードな白を投入してきれいめにシフト。マウンテンパーカ¥95000/アマン(アンスクリア)1日外回りの日は、きちんと白スタイルに動きやすいはおりをいつものコーデに最旬アウターをプラスしよう2019年春夏に大注目のアウターをご紹介してきましたが、いかがでしたか? 朝晩の温度差が激しい今の季節、薄手アウターは欠かせないアイテムですよね。 羽織りものなので、コーディネートの仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。 春から夏にかけて大活躍する最旬アウターを、いつものコーディネートにプラスしてみてくださいね!
  • 1 カナダ出身のデザイナー、ヴィクトリア ヘイズのドレスを着て。「彼女のように才能ある若い世代を応援したいと思って」とココ 15年のキャリアを生かして、若いモデルのメンターに  2000年代前半、妖精のような顔だちとアイリッシュダンスで培った身体能力で、またたく間に売れっ子モデルの座についたココ。現在の彼女は、2児のママとモデル業を両立している。「ダンスのコンテストでたまたまスカウトされ、モデルになりました。自分に素質があるなんて思いもしなかったけど、夏休みのアルバイト感覚でやってみることに。それから15年も続けるとは思わなかった!」とココ。「もっと上手なやり方もあったかもしれないけど、自分の価値観や信念を貫いてきてよかったと思う」と言う彼女の笑顔からは、現在の充実ぶりがうかがえる。 彼女は今、現役のモデルでありながら、モデル事務所のオーナーも務めている。そのきっかけになったのは、8 年ほど前、若いモデルたちにポージングのレッスンをするよう頼まれたことだった。「新人だったカイリー&ケンダル・ジェンナーも教えたの。すごくやりがいを感じたので、本格的に手がけようと決意したんです」。こうして昨年に立ち上げた、「ココ・ロシャ・モデルキャンプ」では、ポージング、ランウェイの歩き方から契約交渉や賃金の計算、自分のプロデュース法まで、あらゆることを教えているそう。「もともと私は、誰かの面倒を見てあげたりすることが好きだったの。だからこの仕事はすごく楽しいし、情熱を注いでいます。若いモデルにはメンターが必要だし、まずは私がそういう存在になりたいですね」 2 本誌2011年6 月号に掲載したココの私服スナップ。「昔はヴィンテージアイテムに夢中だったけど、今は快適さがいちばん!」3 2008年5月号より。新人の頃はミニドレスが定番だった4 2007年5 月号より。まだあどけない表情が可愛らしい 5 「自然なあなたの姿が撮りたい」とリクエストしたら、その場で突然踊りだしてくれた! ドラマティックにスカートが舞う。「ダンスを得意とするしなやかで筋肉質な身体は、ランウェイでも目を引いていました」(SPUR編集部) Profile/COCO ROCHA(ココ・ロシャ) 1988年生まれ、カナダ出身。2004年にモデルデビュー。特技はアイリッシュダンスで、ジャンポール ゴルチエのランウェイで披露し喝采を浴びたのは有名な話。現在はモデルの活動と並行してモデル事務所「ノマド」のオーナーを務め、夫とふたりの子どもとともにNY郊外で暮らしている。 >>TATI COTLIAR(タチ・コトリア)の今
  • 1 「ショーのスタイリングを手がけているマルタ ジャクボウスキのビッグサイズコート。90年代のNY風でしょ。シャツはヴィンテージ」 モデルから転身、今はスタイリストの仕事に夢中!  2010年代前半、SPURのモデルスナップ企画の常連だったタチ。最近はショーのフロントロウで見かけることも多い彼女は、数年前からスタイリストをしている。当時のファッション愛にあふれた私服姿を思い起こせば、大いに納得のいく転身だ。「もともとモデルになりたかったわけではないし、いつまでも続けられる仕事ではないと思っていた」と言うタチ。友人に「スタイリストになればいいのに」と言われて、目指すべき道が見えたのだそう。「それからは、知り合いのフォトグラファー・アシスタントに頼んで、私服を使ったスタイリングのテスト撮影をしたり、スタイリストのケイティ・イングランドに頼んでアシスタントをして、多くのことを学びました」。最初は、元モデルということで、真剣にスタイリストになろうとしているのだと周囲に理解してもらえないこともあったという。「フロントロウでショーを見ていると、『何でここにいるの?』って顔をされたりね」。しかしモデルのキャリアは、今の仕事に役立っているとタチ。「5年くらいモデルとして働いていたから、関係者とのコネクションがあったし、何より一流のスタイリストと仕事をした経験があった。だからほかの人より早くキャリアを築けたと思う。それに関してはラッキーでした。お金も稼げたしね(笑)」「バックグラウンドを感じさせる人物像を生み出すこと。これがスタイリストの仕事でいちばん面白いところ」だと言うタチ。新しい仕事にすっかり夢中なようだ。 2~4 「当時は古着にはまってクレイジーな格好ばかりしていた」と振り返るタチ。本誌ではデビュー当初から何度も彼女をフィーチャーした5 2011年8月号では、東日本大震災直後の日本の読者に向けて「愛の力もカギになると思う」と語る手書きのメッセージを。「あのとき、誰よりも彼女がびっしりと色紙に書き込んでくれて感動!」(SPUR編集部) 6 「大好きなJW ANDERSONのスカートを着て。ジャケットは男友達から借りたもので、シャツはヴィンテージ。メンズジャケットとスカートの組み合わせがすごく好きなの!」7 「パンツはドリス ヴァン ノッテンでジャケットはラフ シモンズ。どちらもメンズ」 Profile/TATI COTLIAR(タチ・コトリア) 1988年生まれ、アルゼンチン出身。2009年にモデルデビュー。翌年、マーク ジェイコブスのショーのオープニングに抜擢されて注目を集める。現在はロンドンを拠点にして、『Buffalo Zine』のファッション・ディレクターを務めるほか、ショーや広告のスタイリングなどを手がけている。 >>ANOUCK LEPERE(アヌーク・ルペール)の今
  • 環境問題にまつわる本を執筆中。映画も撮っています!  2000年代前半のドールフェイス・モデルブームを牽引し、その後は女優として映画に出演、ジョニー・デップと共演するなど、華々しい活躍をとげたリリー。2019-’20年秋冬シーズン、シモーネ ロシャとアレキサンダー・マックイーンのショーに出演し、久しぶりに表舞台に復帰した。「ショーに出るのは、2012年のロンドン・オリンピックの閉会式以来! もうランウェイで歩くことはないかと思っていたけれど、シモーネは以前からの友人で作品も大好きだから、出演を頼まれたときは思わずイエスと言ったの。マックイーンはブランド創設デザイナーのリーの存命中から深いつながりのあるブランドだし、出るべきショーだと思って」 社会起業家としても知られるリリーは、2013年、知識や技術をシェアし合うためのSNS「Impossible.com」を設立。「人々が無償でギフトを提供し合う、『ギフト・エコノミー』の実現を目指していました。資金難で事業の継続は難しかったけれど、今もSNSのプラットフォームは存続しています」。そして今は、環境問題や社会問題の解決策を提案する本を執筆中で、「最近は毎日のように何かしら書いているわ」。また昨年は、短編映画の製作も行なったほか、いくつかのプロジェクトに女優として参加。「本の執筆が終わったら、また映画を撮りたい」とリリー。映画監督が本業になる日も近いかもしれない! 1 「自分のスタイルは、昔からあまり変わっていないと思う。こういうカラフルな柄や、奇抜な組み合わせが好き!」とリリー。ミラ・ミカッティのフーディとヴィンテージのスカート、ルイ・ヴィトンのストールを重ねて2 今よりガーリーな2006年の私服3 2005年1月号の表紙に登場4 2004年12月号、山形県でのルポで山伏体験も! 「このとき、山形の自然と山伏の哲学に触れ、いたく感銘を受けました。忘れられない仕事です」とリリー。「取材当時、彼女は『パイの物語』を読んでいて知的な印象でした」とSPUR編集部員も語る Profile/LILY COLE(リリー・コール) 1987年生まれ、イギリス出身。モデルとして活躍したのち、2009年には女優として映画『Dr.パルナサスの鏡』に出演。ケンブリッジ大学キングス・カレッジを卒業後は、社会起業家としても活動。現在は一児の母であり、自然を求めてロンドン郊外へ引っ越しを計画中だとか。 >>スナップ、"Now and Then"
  • 2019-’20年秋冬コレクションの会場でとらえた最新スナップを、アーカイブと並べて一挙に公開! 今季注目のニューカマーもあわせてチェック。 人生経験が着こなしに表れる STELLA TENNANT(ステラ・テナント) パンクっぽい装いで初めからおしゃれだったステラ。年々素敵な女性に。 1 ラッフルあしらいが華麗なシャツをスカートにイン。大人の女性ならではの、シックなモノトーンスタイルだ2 こちらはなんと23年前、1996年のスナップ。腰に巻いたニットのピンクを差し色にした3 ピンクのスカートとソックスをリンクさせた2001年。このシーズンはピンクがブームだったらしい LIYA KEBEDE(リヤ・ケベデ) 4 キャリアを重ねるたびに着こなしがブラッシュアップされるリヤ。2005年のシャツスタイルはフレッシュだがあか抜けていない?5 だいぶこなれてきた2015年は自分のブランド、レムレムのドレスを6 ヴァレンティノの真っ赤なドレスを着こなす、現在のリヤ。タフなブーツで足もとに重心を置き、ドレスの甘さを引き締めたまったくブレません! BINX WALTON(ビンクス・ウォルトン)、MICA ARGANARAZ(ミカ・アルガナラズ) 着ていて心地のよいスタイル、自分のテイストを知り尽くしたふたり。安定感はピカイチ! 7 デビュー時から常にストリート&スポーティなスタイルのビンクス。少年のような2014年の姿8 アディダスのブルゾンでつくった現在のスタイル。パンツのイージーなフォルムは相変わらずだ9 こちらもマイスタイルが確立しているミカ。サンローランのジャケットをエフォートレスに着た10 ラグ& ボーンのセットアップを着た2015年のスナップ。ジャケットとパンツのゆるいサイズ感、 足首がのぞく絶妙なパンツの丈、白いインナーの首の詰まり具合など、バランスが今と同じだ JULIA NOBIS(ジュリア・ノビス) 2010年のデビュー以来 変わらないカジュアルな 装いが魅力。足もとには ヴァンズが欠かせない! 11 ロエベのショーを見に来ていたジュリア。同ブランドのトップスを気負いなく着こなした12 2012年頃は、ラグ &ボーンのパンツを愛用13 こちらは2015年。チェック柄シャツも彼女の定番だったまだまだ、成長中! MARTE MEI van HAASTER(マルテ・メイヴァン・ハースター) 14 ドリスのマドラスチェック柄ジャケットをセリーヌのバッグでモダンに着こなした15 デビュー間もない2012年のスナップ。「この頃からパワーアップし始めた!」と当時の取材陣 KIKI WILLEMS(キキ・ウィレムス) 16 音楽の背景を感じる着こなしに定評のあるキキ。70年代テイストに寄せすぎな気もする2015年17 最新スナップ。ウェアはすべてオールド・クロエ。シャツのフロントをラフに開けて、コートを着崩した DILONE(ディローン) 18 愛嬌たっぷりのスマイルで人気だった2016年のディローン。グッドガール風のスタイルで19 クロエのワイドパンツにバレンシアガのシャツを。マニッシュだが、ソフトな色使いにはフェミニンな表情もカップルで表紙を飾りました ERIKA LINDER(エリカ・リンダー)、HEATHER KEMESKY(ヘザー・ケメスキー) 20・21 アンドロジナスな女性モデルとして人気のエリカ。2018年1月号では表紙を飾ってもらい、ロングインタビューも敢行。クロス掛けしたバッグのストラップがアクセントに。「撮影時は現場に一番乗りでした」(SPUR編集部)というエピソードも 22・23 エリカの彼女であるヘザーは、2016年1月号のカバーガールに。今回のパリ・コレで、ふたり揃ってルイ・ヴィトンのショーに出演。ロングジャケットをデニムと合わせたシックな装いに深い赤リップがマッチ 若手がだんだんこなれてきた! HANNAH MOTLER(ハナ・モトラー) 24 2018年、デビューから半年後のハナ。スタッズつきブーツにこだわりが感じられる25 パンツのサイドラインとインナーで、ビビッドな赤をきかせた今シーズン。ワークテイストのパンツのチョイスもクール! FRAN SUMMERS(フラン・サマーズ) 26 バーバリーのトレンチコートとクロエのドレスでぐっとフェミニンに進化した今シーズンのフラン。ポインテッドブーツで足もとにエッジを加えた27 可愛いけれどまだ野暮ったさが残る2018年期待の新人たち これからキャリアを重ねていくであろう新人モデルの中から、スタイリングの成長にも期待がもてそうな4 人のホープを紹介! (右から)MAIKE INGA(マイケ・インガ)・FINN BUCHANAN(フィン・ブキャナン)・STEINBERG(スタインバーグ)・INDIRA SCOTT(インディラ・スコット) (右から)ボーイッシュなショートヘアのマイケ。OFF-WHITEのジャケットが映える。フィンはメゾン マルジェラのオープニングを務めたトランスジェンダー・モデルだ。ラルフ ローレンのレトロな趣が今また新鮮。スタインバーグは、ジバンシィとドリスのオープニングに抜擢。ヴィンテージのジャケットを主役に。ビーズを編み込んだブレードヘアのインディラはどんなルックも着こなす個性派 >>「モデルスナップ同窓会」特集TOPへ
関連キーワード

RECOMMEND