二法田サトシがつくる大人の可愛げ花嫁ヘアスタイル3選

@BAILA

大人ウェディングにはドレスに合わせたヘア&メイクも大切なポイント。ブライダルヘア&メイクで活躍中の二法田サトシさんによるヘアは、しなやかなカールだったり、表面をそれとなくなでる毛束の浮遊感だったり。必ずどこかにやわらかな毛流れを宿して。耳もとのアクセサリーを引き立てるべく、ヘッドドレスはなるべくバックにつけるのがコツ。

二法田流【Hair style】「やわらかなニュアンスをひとさじトッピングして」

毛束の浮遊感がスイーティなシニヨンに会場中が恋をする
前髪を下ろした状態で耳より手前の髪をよけ、それ以外をバックでシニヨンに。よけておいた両サイドの髪を19㎜のアイロンで巻き、少量ずつ結び目に巻きつけながら留める。ゴムを隠すようにヘッドドレスを装着して。ドレス(レンタル)¥590000(アントニオ・リーヴァ)・ヘッドアクセサリー¥46000(Justine M Couture)/アクア・グラツィエ 表参道 グランドサロン イヤリング¥12000/キャトルズ
’60sにインスパイアされた洗練シンプルな外ハネスタイル
潔いほどシンプルなストレートタッチの外ハネアレンジがブライダルシーンでセンスよく、新鮮。バングごと全体を9:1に分けて、ストレートアイロンで毛先を外ハネカールに。仕上げにキープスプレーをかけるだけ。ドレス(ビスチェ)(レンタル)¥250000(エンゾアーニ)・イヤリング(レンタル)¥5000/ミラー ミラー丸の内
ルーズでアンニュイな後れ毛が大人の抜け感を連れてくる
事前にアイロンで全体をランダムに巻く。トップと耳より手前の両サイドの髪をよけ、それ以外をおだんごに。このとき、バックの生えぎわの髪を適当に下ろす。よけておいた髪をおだんごにゆるっと巻きつけて、アクセを飾る。ドレス(レンタル)¥360000(マルケーザ)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥20000/ミラー ミラー丸の内 イヤリング¥12000/キャトルズ

撮影/熊木 優〈io〉 ヘア&メイク/二法田サトシ〈faccie〉 スタイリスト/浦住弥也子 モデル/三枝こころ 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2018年12月号別冊付録『婚バイラ』掲載

関連記事
  • 蟹座 6/22〜7/22人間関係に変化がありそう 近づく縁、離れていく縁を 見つめる年末年始に 12/22、太陽が新しい出会いを運んできてくれます。あなたのもとをいろいろな人が行き来するようになり、慌ただしくなりそう。出会いもあれば離れていく人も出てきそうな暗示です。でも、この時期に離れていく人は深追いしないことがポイント。また大掃除では思い切ってた まったものを捨ててしまいましょう。空いたスペースに運も入ってきます。12/23の満月は恋の出会いを引き寄せそう。シングルの人は新しい出会いが。カップルはこれまでの関係がしっかりしたかたちになる暗示も。クリスマスから来年への展開に期待大。絆が強くなる可能性も。幸運のありか対人運が活発になっているこの時期、ピンクのアイテムがお守りに。さりげなく身につけていて。今月の蟹座男子結婚したいと思う気持ちが強まっています。将来のことを話し合うなら、今がチャンスかも。>>タロットで占う、いまのアナタに大切なメッセージ>>ルナモンスターで占う今日の運勢イラスト:fumie shirai
  • 牡牛座 4/20〜5/20華やかな運気に包まれる 日々の暮らしと素敵な出会いを 存分に楽しむ年末年始に牡牛座の守護惑星である金星が対向の星座を運行し、華やかなパーティシーズンを迎えています。おしゃれをして出かけると幸運が。魅力的な人と知り合う可能性もあります。コンサートなどを楽しむのも運気アップに。気の合う人といろいろ出かけていくことが大きなポイントになりそうです。恋のチャンスにも恵まれます。特に年内には素敵な人とつながるチャンスが。自分から気軽に声をかけてみて。人間関係に恵まれ、結婚運もアップ。12/22は素敵なムードに。恋人にちょっと歯の浮くようなセリフをささやかれてもすんなり受け入れられてしまいそう。 幸運のありか冒険心がくすぐられます。スポーツで体を動かしたり、旅に出たりすると運が開かれていくはず。今月の牡牛座男子結婚願望が強まっている彼。気になる相手には自分から声をかけそう。目が合ったら笑顔を。>>タロットで占う、いまのアナタに大切なメッセージ>>ルナモンスターで占う今日の運勢イラスト:fumie shirai
  • 削ぎ落とされたミニマルビューティなルックスにファンが多い、ドイツ発の「ニーシング」。ホリデーシーズンに先駆けて、ニーシングリング「アンタレス」から、クリスマス限定版「シナモン・クリスマス・エディション」が登場した。 左から:ニーシングリング「アンタレス」〈K18、ダイヤモンド0.12ct~〉¥260,000~、「メモリー」〈Pt〉¥180,500〜、〈K18〉¥162,500〜*ハーフエタニティの場合 *価格はダイヤモンドのct数、個数によって異なる 夜空の中でひときわ光るさそり座の一等星”アンタレス”にインスパイアされて生まれた、ニーシングリング「アンタレス」。石座を使わず、まるでダイヤモンドが宙に浮いているようにセットした、画期的なデザインが特徴だ。ニーシングリング「アンタレス」〈K18、ダイヤモンド0.12ct〉¥240,000、〈K18、ダイヤモンド0.16ct〉¥275,000*ダイヤモンドは0.12ctもしくは0.16ctから選択可能。 そんなアイコニックなリングを、シナモンカラーのダイヤモンドとローズウッド・ゴールドの地金でリデザイン。ふたつの柔らかな輝きが優美な調和を奏で、モダンなリングに何ともいえない温かみを演出してくれる。このシーズンに相応しいロマンティックなリングは、2018年12月31日(月)までの期間限定というから見逃せない。 左から:ウェディングリング「オーラ」〈K18〉¥180,000〜、ウェディングリング「アイリス」〈K18〉¥192,000〜「シナモン・クリスマス・エディション」をエンゲージリングに選ぶなら、ソリッドな美しさを強調する「アイリス」や「オーラ」などのマリッジリングも合わせてチェックしたい。 ゴールドのライン上に繊細なダイヤモンドがちりばめられた限定版ペンダント。左から:ニーシング「ミラージュ」Oval型〈K18、ダイヤモンド¥470,000、 Round型〈K18、ダイヤモンド〉¥450,000 また同時期に、レッド・ドット・デザイン賞など、数々のデザイン賞を受賞したという「ミラージュ」ペンダントも数量限定で発売中。ニュースなアイテムが揃うこの機会に、ぜひカップルでデートがてら、ショップに足を運んでみては。 ニーシング東京https://niessing.jp/ 03-3499-1868
  • 映画『ダイ・ハード』シリーズや『アルマゲドン』(1998)で知られるブルース・ウィリス(63)。演じる役柄からタフなイメージが強いブルースの意外な一面が明らかに! Photo:Getty Images 2018年12月5日(現地時間)、長女ルーマー(30)が出演する「ラブ・アクチュアリー・ライブ」を訪れたブルース。このライブは、2003年に公開された映画『ラブ・アクチュアリー』のサウンドトラックで構成されたもの。さっそくステージでルーマーが得意の歌を披露したところ、ブルースは感極まり、思わず涙してしまったという。 Photo:Instagram(@rumerwillis) Photo:Instagram(@rumerwillis)このことについて、ルーマーは「父が私のパフォーマンスを見て泣くことは分かっていたわ」と驚きの告白。さらに「前にも何度か私が歌ったときに泣いたことがあるの」と話し、ブルースの涙が初めてではなかったことが発覚した。 しかし、そんな父親の姿はルーマーにとってモチベーションになるらしく、「こうやって観に来てくれることでベストを尽くそうと思えるのよ」とコメント。これをブルースが聞いたら喜ぶに違いない。 Photo:Getty Imagesブルースは、デミ・ムーア(56)と1987年に結婚し、その後ふたりの間には長女ルーマー、次女スカウト(27)、三女タルーラ(24)の3人の娘が誕生。離婚して18年が経つも、今でも仲の良いことで知られている。 今年8月に30歳を迎えたルーマーの誕生日には、家族全員が駆けつけ祝福。パーティ会場のフォトブースで撮影したおちゃめな家族ショットが話題になったばかり。 Photo:Instagram(@rumerwillis) 今回の公演には、もちろんデミ、スカウト、タルーラの姿もあったという。相変わらず仲睦まじいウィリス一家の新たな家族エピソードに期待したい! text:Kyoko Kawaguchi
  • リラックスムードとぬくもりがあふれるラスティックホワイトのドレスには、どこか愛らしいマイルドなヘア&メイクがピッタリ。ヘア&メイクアップアーティストのGeorgeさんが、少しだけ甘さを引き算し、大人っぽく仕上げるコツを教えます。主張しすぎない色使いがおしゃれ! 愛されナチュラルなブライズメイク【Make-up】「ビタースイートな溶け込みメイクが正解」 目指したいのは自然光やグリーンに溶け込む、ナチュラルなメイク。肌のつやめきや内側から上気するような血色感で幸福感を演出しつつもどこかビターに仕上げて"ほっこり”を回避。ドレス(レンタル)¥450000/リブラブラフ(ロマナケベッザ) ヘッドドレス¥4900/サンポークリエイト(アネモネ) イヤリング(レンタル)¥10000/ジュノ 天神本店(マリア エレナ)【Base&Cheek】太陽の下で品よく発光する軽やかなつや肌 1. つや感と血色感をシアーにレイヤード。ベースメイクの仕上げにきめ細かなフェイスパウダーを全体にふわっと。 2. チークを頰の内側からこめかみまで幅広めに薄くまとう。 3. 目の下の部分にハイライトをそっと重ねて立体感とつやめきを演出。【Base&Cheek】使ったのはこれ 1 ほんのり色づいて、きめ細かなシルクのベールをまとったような肌に。シルクフィット フェイスパウダー 02 ¥5000/RMK Division【Base&Cheek】使ったのはこれ 2 シアーなつやめきを放つローズピンク。ブラッシュクチュール 9 ¥6000/イヴ・サンローラン・ボーテ【Base&Cheek】使ったのはこれ 3 ぬれたようなつや感で魅せるハイライト。まるで発光しているかのような質感を演出。セザンヌ パールグロウハイト 01 ¥600/セザンヌ化粧品【Eye】アースカラーでビターな溶け込みグラデを 目じりをくの字に締めてビターなムードを浮かべて。上まぶたの二重幅に右から2番目のカーキを広げる。黒目の上に左から2番目のグリーンをなじませ、いちばん左のブラウンで目じりを小さくの字に囲む。【Eye】使ったのはこれ カーキやブラウンなどアースカラーをセットしたパレット。ガーデンパーティのグリーンに調和してくれる。ザ ベーシック4アイズ 02 ¥5000/RMK Division【Lip】コケティッシュななじみピンクで大人可愛く ナチュラルなピンクをリップクリームを塗る要領で唇全体に塗るくらいのこなれ感が、エフォートレスなドレスにピッタリ。輪郭からはみ出した部分を綿棒でぬぐって花嫁にマストな清潔感も死守して。【Lip】使ったのはこれ どこまでもパウダリーで軽やかなマットテクスチャーのリップ。クリーミーなサーモンピンクは晴れの日にふさわしいハピフルなカラー。パウダー キス リップスティック マンダリンオー ¥3000/M・A・C撮影/熊木 優〈io〉(人)、小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/辻村真理 モデル/野崎萌香 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2018年12月号別冊付録『婚バイラ』掲載
  • 12月9日は雅子皇太子妃の55歳のお誕生日だったのですね。思えば、雅子さまもエクラ世代・・・。恐れ多くもですが、皇室の方のことを初めて書きます。 エクラ世代ということで、免じていただければ! 雅子さまといえば、今から25年ほど前、婚約内定のときにテレビの報道陣の前に姿を現したときの、真っ白な素敵なコート姿のことが目に焼き付いています。あのコートは、調べてみたらエクラでも御用達のヘルノだったのですね! なんとおしゃれ。 うっとりしたことを覚えています。 今、エクラで毎号連載している「エグゼクティブサロン」の生方ななえちゃんを地で行くような、素敵なキャリアウーマン姿でした。 来春から皇后になられる雅子さまですが・・このときで本当に良かった!とうれしい気持ちになりました。 というのも、射手座生まれの雅子さま。 ちょうどこの11月に木星が射手座に入り、来年はほぼ、まるっと、木星が射手座にある時期だからです。 木星が来ている時期は、ふわっと環境が「クッション」のように備えてくれます。 いつもより苦労しない、周囲も好意的、なんとなく重圧から解放されたような・・そんな空気に包まれます。 今回、階段を一歩登ることが、きっと逆に雅子さまにとって自由をもたらすような気さえします。 射手座といえば海外との関わりがもともと大きく、冒険者的な性質を持っているので、ご結婚前の外交官という職業は、それはそれでまさに天職ではあったのかもしれません。 というのも雅子さまの場合、数秘術では「4」なので、一方でかなりのしっかり者。 自分を律する傾向があるといえるでしょう。 きちんと日々の物ごとに取り組む、いわば生真面目な性質も持っていらっしゃる。 射手座であることとの組み合わせで考えると、「固さ」と「自由さ」が絶妙にミックスされた環境でこそ、力を発揮される方のはずなのです。 おそらく・・ですが、今回いわばトップの場に立たれることで、その「固さ」と「自由さ」の両方を、生き生きとされていた、あの外交官時代のように。 よりよい形で手に入れられるのではないかと思うのです。 アラフィーの、エクラ世代のお姉さまです。 即位の前後から、またあらためて見守られていただきたいと思います!
  • 気分転換をするなら、ヘアスタイルチェンジに限る。しばらくロングに伸ばしていた髪をバッサリ切りたくなり、いつもと違う美容室に行ってみました!10月にオープンしたばかりの、東京・表参道にある「こがお研究所」。東京・神奈川・埼玉・千葉に28店舗ほど展開する「UNIX」が、創業40年以上かけて培ってきた理論や技術をもとに、一人ひとりの魅力を最大限に引き出しながら、“こがお”で上品なスタイルを創り上げることをコンセプトとしたワンランク上のサロンです。スタイルチェンジをする時、しかも新しいサロンへ行く時って、やっぱり不安はつきもの。今回は、UNIX最高ランクのスタイリスト「マスターディレクター」として多くの支持を集める人気スタイリスト・阿部店長にすべてお任せしました!メニューは、以下のコース。小顔カット + カラー + サブリミックトリートメント + リフティングスパ■カウンセリングまずは、ものすごく丁寧なカウンセリングからスタート。カウンセリング内容や、施術で使ったもの、施術内容の詳細、さらにヘアスタイルのbefore/afterの写真まで、電子カルテでしっかりとデータを管理していただけます。そのため、同等レベルのスタイリストさんであれば、どの店舗にいつ行っても、ほぼスタイルの再現が可能なのだとか!!これはかなり安心。今回私は、「ロブ」スタイルでお願いしたのですが、✔似合う&小顔に見える長さ✔ロブはロブでもどんなイメージになりたいのかというのをしっかりとヒアリングして提案していただき、「コンサバなイメージというよりは、海外モデルのような色っぽさとナチュラル感のあるスタイル」になるようにしていただきました!笑■カラーカラーは2種類あるうち、資生堂のカラー剤をチョイス。色バリエが豊富で、より個々に合ったカラーに調整しやすく、トレンド×似合わせを組み合わせたカラーが再現しやすいそう。「プラチナマット」で顔の印象を引き締めながら、黄みを抑えるために「アッシュグレージュ」を混ぜて、やわらかく透明感のあるカラーを提案していただきました。カウンセリング後は、変化をみるために施術前の写真を撮って、いざ施術スタート!【Before】施術中はタブレットで、自分で選んでさまざまな雑誌を見られるのが嬉しい♪また、ドリンクとおやつのサービスも。こちらのナッツは、UNIXのオリジナルで販売もされているそう!■カットカットのテクニックが、とにかくすごい。なんと、その人の毛の流れをみて1mm単位で微調整しながら、レイヤーを入れていくという神ワザ……!!しかも、1,2本切るくらいの細やかさで、レングスを切ったあとに骨格調整のためのカットを入れていきます。切ってるか切ってないか分からないくらいの微妙な差だけで、仕上がりがグッとコンパクトにまとまって感動。■リフティング・スパカラーとカットが終わったあとは、シャンプー台へ。コースにはトリートメントも込み。炭酸泡により髪のアルカリ除去をおこなった後にシャンプーすることで、色持ちアップ、ゴワつき防止などが期待できるそう。選べるオプションは、スパのほか、眉、ポイントメイクアドバイス、ヘアセット&アレンジのレクチャーから選べます♪炭酸は頭がすーっとしてとても気持ちよく、スパは気持ちよすぎてウトウト……。頭が引き上げられるように心地よい強さでマッサージしていただき、施術後は顔自体も引きあがったような感覚に!■スタイリング良い感じに仕上がったあとは、自分でもできるように丁寧に乾かし方&スタイリングのコツを伝授していただきました。「こがお」に見せるポイントは、なるべく前に髪を流して、顔の出ている面積を少なくすること。下ぶくれなフェイスラインがコンプレックスな私ですが、ワンカールの外ハネでくびれをつくることで、キュッとした印象に。そして、完成!!【バックスタイル】カラーもローライトが仕込みで入っているので、ラフなスタイリングでも立体感がアップ!【フロント】まるで別人!キュッとしただけでなく、顔の印象までやわらかく変化。顔だけでなく、全身のバランスまで考えられてスタイルが設計されているので、なんとなくスタイルアップしているような気がするマジック……!!(自撮りでさらに小顔にみせるワザ)髪の多い方を前側に出して、逆側はもみあげの前の毛を残して耳にかけると視覚効果でさらに小顔に見えるそう!ちょっと耳をチラ見せすることで抜け感も出るのだとか。すべての工程が、わざとらしさがない“さり気なさ”で、いかにも「美容室行ってきました!!」感がないのに、『あれ?なんかイメージ変わったね!』といわれるようなスタイルづくりが狙いとおっしゃる、阿部店長。そうそう!そういうのを求めていたんです!という再現性がとにかく素晴らしく、ほとんどのお客様がリピーターという信頼性も納得。久々のスタイルチェンジでしたが、カラーの入れ方も絶妙なカットバランスも大変気に入ったので、またぜひ次回もお願いしたいです!!▼「こがお研究所」HPはこちらhttp://www.unix.co.jp/salon/543_kogao▼HOT PEPPER Beautyのページはこちらhttps://beauty.hotpepper.jp/slnH000431530/kodawari/2/
  • 結婚式を目前にすると髪を伸ばす人が多いけど、ショートやボブのクールな花嫁って実はそれだけでハイセンス。タイトに徹するか、大胆に攻めるかそのどちらかに徹するのが鉄則。ヘア&メイクアップアーティストの林由香里さんが大人のブライダルヘアをご紹介。林由香里流【Hair style】「ニュアンスよりも凜としたインパクトを」大胆なヘッドドレスを控えめに飾る選択にセンスが光る大人の華やぎヘア 全体を襟足付近でキュッとひとつに結んだら、ヘッドドレスを耳の後ろに装着。チュールが織り成す甘めのデザインも下のほうにつけることでこんなに大人っぽく。前髪と後れ毛にはヘアクリームでウェットな束感をメイク。オーバースカート、ベルトつきドレス(レンタル)¥330000/リブラブラフ(チャーリーブレア) ヘッドドレス¥18000/カシラ ショールーム(カシラブライダル) イヤリング¥9600/ソムニウムシンプルに徹したタイトスタイルにロイヤルさながらの気品を浮かべて 全体を前髪ごと8:2に分ける。ウェットな質感になるジェルをコームにつけたら、分け目から毛先に向かってとかしながらなじませて。トップより少し下の中央にショートベールをつけてクラシカルな雰囲気も手に入れよう。ドレス(レンタル)¥180000/ジュノ 恵比寿店(サッチンアンドバビ) ベール(レンタル)¥20000/リブラブラフ ピアス¥20000/アデル ビジュードラマチックで遊び心のあるウェーブが唯一無二の存在感を放つ 毛束を細めにとり、16㎜のヘアアイロンで全体にランダムなカールをつける。このとき、毛先を巻かないことで抜け感を意識。全体が巻けたらコームで逆毛を立ててボリュームを演出。キープスプレーで固定したらでき上がり。ドレス(レンタル)¥370000/リブラブラフ(サッチンアンドバビ) ピアス¥16000/ソムニウム撮影/熊木 優〈io〉 ヘア&メイク/林由香里〈ROI〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/垣内彩未 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2018年12月号別冊付録『婚バイラ』掲載
関連キーワード

RECOMMEND