ジーンズショップスタッフがイチ推し! この冬の【旬デニム】はこの4本!

@BAILA

クロゼットにはなんと90本! このデニム愛、本気すぎる! 自他ともに認める「デニムホリック」長島沙耶さんは、自らもデニムショップで働くほど。そんな彼女が注目する、この冬トレンド感満載のスター選手をご覧あれ♡

\長島さん的/この冬イチ押しの旬デニムはこの4本!

【Lee】ヴィンテージデニムも幅広ロールアップで旬顔
「’70sのリーが欲しくてやっと見つけたもの。ヴィンテージはアタリの質感を消さないよう、丈を詰めない主義なので太めに折り返して今風に」。カーディガン¥24000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ)
【FUMIKA_UCHIDA】トレンド要素がギュギュッと。マニアにはたまらない一本
「『ブラック』『キックフレア』『センタープレス』と今年っぽさが詰まっているのがツボ。ベーシック派だけれども、これはハズしに使いたい。やわらかいベージュ合わせで女らしさも忘れずに」。ブーツ¥46000/ベイジュ(ピッピシック)
【JOE'S】ブラックデニムならラインデザインも大人に
「模様のあるデザインデニムはこれが初めて! ラインはスポーツ感が強めだけれども、モノトーンできれいにまとめれば大人っぽさも保てそう」。シャツ¥26000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ)
【SOMETHING】はきやすさ抜群の国産マムズシルエット
「きゅっと締まったハイウエストと、ゆるめの腰まわりでちょっぴり懐かしい雰囲気が可愛いマムズデニムも流行りのシルエット。国産ブランドだからこその、日本人女性に合わせた形が本当に体をきれいに見せてくれるんです!」

撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリング協力/池田メグミ モデル/長島沙耶(スーパーバイラーズ) ※クレジット表記のないものは、すべて私物です ※BAILA2018年12月号掲載

関連記事
  • 獅子座 7/23〜8/22強運に恵まれるとき! ハッピーの決め手は体調。 心身を健やかに保つことが大事 太陽、火星が順を追って幸運の角度をつくるとき。基本的には強運モード。ただ12/22から年末いっぱいはちょっとダウントレンド。体調管理をしっかりとしてください。暴飲暴食などはタブー。忘年会などで羽目をはずすのもほどほどに。また、立て込んだ仕事を一気に片づけようとするのもこの時期には慎重に。あれもこれも忙しくて難しいかもしれないけれど、計画を立ててこなしていくのがおすすめ。休日は気の置けない仲間とホームパーティをして、ゆっくりとやっていくのがポイントです。新年早々、さっそく本気モードで動いていけそうな暗示。 幸運のありか来年のカレンダーを購入したり、飾る位置を決めたりすると開運。仕事用の文房具も新調して。今月の獅子座男子毎日のように顔を合わせると、その相手に好印象を抱く様子。できるだけこまめに連絡を。>>タロットで占う、いまのアナタに大切なメッセージ >>ルナモンスターで占う今日の運勢イラスト:fumie shirai
  • 最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。【今月のキーワード】“猫と暮らす”という幸せを知る猫の目はまん丸だ。猫にはかなわずとも、やはり大きなまん丸の目を持つ町田康が、精巧な猫の目を装塡して、世界を、未来を、あの世までをも描き出す。猫の気ままさ、くにゃくにゃの手、跳躍力……猫を構成する要素がぎゅっと詰まった5編は、『猫にかまけて』などのエッセイシリーズにもつながる楽しさをたたえている。猫の傍若無人ぶりを嘆く動物たちの姿もカラフルに楽しい『諧和会議』、グリム童話を大胆に翻案して猫好きの喝采を浴びた『猫とねずみのともぐらし』、かつてともに暮らした愛猫にシュールな世界で再会する『ココア』、黒猫エルを称える美しい詩のような『猫のエルは』、愛犬との別れから生まれた猫の物語『とりあえずこのままいこう』。30数年もの間、数多くの猫と暮らしてきた作家の言葉が、と優しさでいくつもの想い出に触れてくる。その言葉にヒグチユウコの絵が重なって、動物たちの姿がいきいきと立体化されていく。猫と暮らす人にも、かつて暮らした人にも、道端での出合いに心奪われる人にも。猫に幸せをもらったことのあるすべての人に贈られる作品集。【イチ押しBOOK1】〈文〉町田 康さん、〈絵〉ヒグチユウコさんの『猫のエルは』ヒグチユウコとのコラボレーションも話題の作品集。《猫のエルは生きてるだけで儲け》という言葉が心に彫り込まれる表題作など5編を収める。最終ページのイラストにいたるまで「最っ高」のひと言。(講談社 ¥1800)【イチ押しBOOK2】村山由佳さんの 『猫がいなけりゃ息もできない』息をするように猫を愛する作家がもうひとり。5匹の猫と暮らす村山由佳が、17年をともに生きたもみじとの時間をつづったエッセイが『猫がいなけりゃ息もできない』だ。小さな体に病を得ながら生きる姿に涙し、別れの予感に震えながら言葉を書きつける。《尻尾の先が裂けて〈猫又〉になったっていいから、一緒にいようね》、《早く着替えてまた戻っておいで》、愛猫家の想いを代弁する言葉があふれる一冊。ハンカチを用意して、どうぞ。幼い頃から猫に囲まれて暮らし、《猫のいない人生なんて、窓の一つもない家のようだ》と書く。そんな作家が最も長い時間を一緒に過ごした愛猫との暮らしを、特別な想いを、闘病と別れをつづったエッセイ。(集英社 ¥1400)【ほかにもあります★オススメBOOKをご紹介】『ぼくは本当にいるのさ』/少年アヤさん透明人間になりたい、それでも《ぼくは本当にいる》。多くのものを手放そうとする日々の中、少年アヤの心からまっすぐに出てきた言葉は、きらめくお菓子のように美しくて温かく、お守りにしたくなる。(河出書房新社 ¥1450)『せん』/スージー・リーさん鉛筆の芯が削られて白い紙の上にのせられる。するりと動きだした線はやがて、小さな少女の軌跡になっていく。文字はない。言葉はいらない。鉛筆から生まれた無数の線が、爽やかな冬の空気を連れてくる絵本。(岩波書店 ¥1800)『セリー』/森泉岳土さん天井まで続く本棚に囲まれて生きるカケルとセリー。気候が変動して死にかけた世界から切り離されたふたりの時間には、暗闇が迫っていた。美しい詩のような表題作に、同人作品や描き下ろしを集めた漫画集。(KADOKAWA ¥1400)--------------------MORE2019年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 原文/鳥澤 光--------------------- ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • 2019SSはオールホワイト、オールブラックなど、ワントーンコーデがポイントらしい!先日、gallardagalante 2019SS展示会に行ってきました。 私のヘビーブランドでクローゼットの中はガランテでいっぱいです。 そんな大好きなgallardagalante SS展示会はとにかくテンション上がりました! ガランテ好きの友人とたくさん試着して、あーだこーだ。笑 楽しすぎる時間でした! 会場について、感じたことは、 ほぼほぼ色味なしのホワイトやアイボリー、 ブラックなど。 ワントーンでまとめるのが、 トレンドのようです。 オーダーした、アイテムが早いものは、 来月あたりから続々と届くようなので、 今から楽しみです。SSのトレンドカラーはホワイト! 丈眺めのシャツがブラウスがいっぱい。ボトムスの裾がもたついてしまってますが、 オールホワイトの雰囲気はこんな感じです。リネン素材のブラックのジャンパースカート友人はスエードのロングスカートをチョイス。シャンパンを頂きながらの試着♡展示会後、電車ギリギリまで、 友人との飲み直し♡美女組No.159 RUIのブログ
  • 黒やグレー、ベージュなどのいつもの定番色をたちまち華やかに見せるきれい色。特にコーデが地味になりがちな秋冬はどこかにきれい色を取り入れて、大人の華やかさを演出したい。【1位】女っぷり高いカーキアイテムに華やかなカラーを合わせて ピンクスカートもカーキで甘辛バランスを調節。甘い色を、子供っぽく見えないよう、キレイに着こなすのもカーキは有効。バッグや靴は、カーキとピンクの中間のような赤みのあるブラウンカラーを選ぶと、全体が中和してまとまり感が。▶実は相性抜群!ときめきが倍増する「カーキ×きれい色」コーデ【2位】着こなしをまたひとつ新鮮に見せるグリーンの取り入れ方 「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます」▶合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」【3位】いつもの地味色がイエローで動き出す 「明るさの度合いにかかわらず、大人はつい敬遠してしまいがちなイエロー。でも実は肌なじみがいいから、自分に近づけやすい色でもあるんです。暖色の中でも気負った印象にならず、さらっと自然に映えるのも魅力。今年はぜひトライしてみてください!」▶大人の差し色「イエロー」で、いつもの地味色が動き出す【4位】スモーキーなピンクが大人っぽいきれい色コーデ ラインのすらりとした立ち姿をつくるワイドリブのタイトスカートをフェミニンな雰囲気にするには、スモーキーなピンクが大人っぽいゆったりしたシフォンブラウスをまとって。かごやポインテッドのストラップシューズなど小物づかいにも気を配り、手抜きに見せないシックなコーデを。▶やっぱり秋でも手抜きに見えない大人フェミニンなワンツーコーデで【2018/9/3コーデ】【5位】華やかさがある褒められスカートコーデ トップスには、控えめなチョコブラウンのブラウスをチョイス。華やかなターコイズグリーンのラップスカートは座っているときには見えないけれど、立ち姿でその効力を発揮。▶仕事帰りの同期会にはさりげない華やかさがある褒められスカートで【2018/9/28コーデ】【6位】着こなしに華やぎと女らしさを添えてくれるきれい色スカート 濃い色を使わず、ターコイズグリーンのスカートでフレッシュさを加えたクリーンな配色コーディネート。メンズライクなジャケットがあれば、甘いスカートもキレよく仕上がる。▶気の流れがよくなる最強きれい色コーデで運命の出会いを引き寄せて【2018/9/19コーデ】【7位】さりげない淡×淡カラーで女性らしく奥ゆかしい印象に 知的なベージュトーンのグラデーションの中に淡いライラックカラーをさして、上品に仕上げて。ほのかな光沢感となめらかさのある素材感も大人の余裕を感じさせてくれる。▶さりげない淡×淡カラーコーデで涼し気な秋の気配を感じさせて【2018/9/4コーデ】【8位】華やかなエメラルドグリーンには旬のカーキで知的な華やかさを パッと目につく華やかなエメラルドグリーンのパンツ、いつもなら無難なネイビーを合わせていたけれど、ネイビーの代わりに秋色カーキを投入すれば、落ち着いたしゃれ感がかけ合わされて、一気にアクティブで都会的なイメージに。▶秋先取りカラーNo.1!“カーキ”投入でオフィスコーデのマンネリ打破【2018/8/22コーデ】【9位】カラーパンツを投入するだけで地味色コーデが見違える ベージュのパンツの代わりにイエローパンツを合わせれば、華やかでアクティブな印象に。ボトムスなら顔から離れているので鮮やかなカラーにも挑戦しやすい!▶いつもの地味色コーデにカラーパンツを投入するだけでぐっと見違える【2018/9/12コーデ】【10位】ラベンダー色のパワーで定番ボーダーを大人っぽく仕上げる ラベンダーカラーのスカートを、ボーダーカットソーでカジュアルダウン。サングラスやサイドゴアブーツなど、小物で辛さを足して。▶定番ボーダーを大人っぽく着こなすべくラベンダー色のパワーを借りて【2018/10/30コーデ】※2018年8月1日~2018年11月30日集計
  • 変わりやすいお天気に加え、極寒の屋外と暖房の効いた室内と、一日のなかでも寒暖差の激しい12月。12月11日から1月10日までは、年末年始の盛りだくさんなイベントもおしゃれに、そして快適に乗り切る毎日の着こなしをお届け! 今回は、その着回しに登場する「トレンドあったかアイテム」5着、「レイヤード映えアイテム」5着、「重ね着しやすいフェミニンアイテム」7着をご紹介します♡●おしゃれに防寒できる「トレンドあったかアイテム」5着【都会派ダウン】 肩を落として今っぽく着られる&きれいめな印象のアースカラー。驚くほど軽くて暖か! ¥64000/ウィムガゼット ルミネ新宿店(アーチザ)【ベロアインナーダウン】 キルティングブルゾンは中に着ても細見えする。ベロア素材で一枚で着ても素敵。¥32000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント)【チェック柄ストール】 大判のカシミヤストールは、顔映えする華やか色をセレクト。¥52000/エーピー ストゥディオ ニュウマンシンジュク(ジョシュア エリス)【レザーグローブ】 リッチな質感のカーフレザー。やや長めの丈で、手首に寄せたギャザーで外気をシャットアウト。¥23500/サード マガジン(アリスティード)【レッグウォーマー】 スカートの下やタイツに合わせて、おしゃれに足もとをレイヤード。素材はヤクの毛で、防水・保温性が高い。¥16000/カオス表参道(カオス)●中にたくさん着込んでもOK!  「ゆったりレイヤード映えアイテム」5着【リバーコート】 裏地なし、ボタンなしのロングガウン。ゆるやかな落ち感で、中に厚着をしてもほっそり見える。¥70000/サード マガジン(サード マガジン)【ピーコート】 身ごろと袖にゆとりがあり、体がきゃしゃに見えるシルエット。¥65000/エーピー ストゥディオ ニュウマンシンジュク(エーピー ストゥディオ)【ざっくりカーディガン】 コクーンフォルムで、インに重ね着してももたつかない。Vネックでシャープに。¥39000/ショールーム  セッション(サヤカ デイヴィス)【ロングワンピース】 袖と裾にギャザーを寄せて。とろみのある素材は、インナーの厚みを拾わずすっきり見える。¥40000/デミルクス ビームス 新宿(アイロン)【プリーツスカート】 フロントはアシンメトリーなプリーツ、後ろはフレアシルエット。タイツやブーツで重く見えがちな足もとに軽さを加算。¥26000/コエル次ページでは、「重ね着しやすいフェミニンアイテム」7着をご紹介!【リブニット】 クリアな発色のグリーン。ほどよいフィット感とフレアの袖もポイントに。¥14800/エレンディーク 【タートルニット】 ボルドー色のハイゲージタートル。袖と裾のリブでトラッドな印象も。¥16000/イエナ ラ ブークル 【コンパクトハイネックニット】 ふんわり起毛素材。袖は長め、丈は短め。¥42000/エストネーション(ランド オブ ディストラクシン) 【光沢ブラウス】 シックなシャンパンゴールドでなじみやすい。¥8900/ゲストリスト(ステートオブマインド)【チェックタイトスカート】 サイドスリット入りで足さばきも上々。¥16000/メゾン イエナ(イエナ) 【ブラウンパンツ】 シルエットはきれいめだけど、ウエストゴムで楽ちんなのがうれしい。¥22000/カオス表参道(カトリーヌ ハメル) 【黒スキニーデニム】 黒でキレよく。のっぺり見せないさりげない色落ちが◎。¥19000/ゲストリスト(レッドカード)●12月11日からの着回しコーディネートまとめ 明日のコーデ写真一覧へ>>撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 原文/久保田梓美 記事編集/衛藤理絵
  • お気に入りのファッションアイテムでもある "CELINEのベルト" ヴィンテージショップ巡りが好きで 代官山、中目黒、広尾などによく行きます。 こちらは広尾で購入しました先日友人と東京駅でディナーを 店内には大きなクリスマスツリーがあったり おしゃれで素敵なお店でした。 パンも美味しくて、ついおかわりを、、 私の誕生日近辺に会えなかったからと 誕生日ケーキとプレゼントを(;_;)♡ お祝いはいつでも嬉しいです その日、友人もBAILA12月号の ふわふわポーチを使っていました^^ お揃いで嬉しかったです♡ 私もたくさん重宝させてもらってます!!もらったプレゼントはまた紹介させてください❤︎そんな女子会コーデのテーマは 【ベルトを使ったデニムコーデ】 シンプルだけどどこかで華やかさを❤︎ +αでコーディネート上手に!ootd【ZARA】ドットのトップスにベルト着用このCELINEのベルトはワンピースに合わせても 実は可愛いです(๑˃̵ᴗ˂̵)気分でロールアップにIENAのホワイトコートをon ZARAのトップスが薄手なので コートの中にはGUの 中綿ノーカラーベストを着用しました。 紹介記事はこちらです⬇︎GUの中綿ノーカラーベストこれをプラスするだけで寒さが 全然違います(´∀`)耳元はパールで大人っぽく明日、12/12はBAILA1月号の発売日です♡ 一足先に読ませていただきましたが 今月も素敵なコーディネートが盛りだくさん^^ またお気に入りページをUPさせてください✒︎ 急に寒さが増しましたね❄️ 風邪には気をつけてください(;o;) 私も防寒対策をしながら おしゃれを楽しみたいです。Instagramもやってます♡よかったらフォローも待ってます♫スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
  • 本日発売のスタイリスト百々千晴さんのスタイリング本「THE DODO JEAN」。個人的にも大好きな百々さんの、しかもデニム本とあれば買わないわけにはいきません!だって百々さん、本当に打ち合わせや現場で会う度にデニムをはいているんです。しかも毎回、シンプルなのに本当に可愛い。 Amazonで予約したつもりがカートに入れっぱなしにしていたことに気づきショックを受けてたのですが、副編Nのを借りられてウキウキ(あとからちゃんと自分用に買います!)。残業終えたらじっくりお酒ととも堪能します❤️待ちきれずチラッととみたところ、デニムの私服スタイリングはもちろんジュエリーやバッグ、ライフスタイルまでぎっしり!そして我らがカバーモデルの中村アンちゃん、ヨンアも登場しているページも(これがまた素敵)。 小柄&下半身太めの体型コンプレックスもあってデニムが実はずっと苦手だったのですが、またトライしてみたくなりそうな予感。やっぱり、ベーシックを素敵に着こなすのって、その人の生き方や佇まいを含めた、センスなんですね。本当に素敵な本です。編集部でも大好評です。百々さんお疲れ様でした&おめでとうございます (編集U) ・ ・
  • 日々、"デリスタグラマー"としてレシピ情報を発信している 人気の料理家、インスタグラマー、ブロガーが集結。ひと目見て「可愛い〜」と言いたくなる手作りスイーツのレシピを教えてもらいました。流行スイーツをクリスマスアレンジ!話題の濃厚チーズケーキにいちごをプラス♡ コットンリコッタチーズケーキ 材料 5個分(紙カップ直径7cm×高さ5cm) カステラ… 適量 生クリーム… 200g グラニュー糖… 40g お湯… 大さじ2 粉ゼラチン… 4g いちご、粉糖… 各適量 ---A---リコッタチーズ…はちみつ…レモン汁…-------- 250g30g小さじ2 ---B---いちご…いちごジャム…レモン汁…-------- 2個大さじ2小さじ2 作り方 ❶厚さ7mm程度に切ったカステラをカップで丸くくりぬく。生クリームをボウルに入れて、グラニュー糖を少しずつ加えながらツノが立ってなめらかな状態になるまでホイップする。お湯の中にゼラチンを振り入れてしっかりと溶かし、ホイップしたものに混ぜ加える。 今回の場合、カステラ2切れを並べてくりぬいた。カステラをくりぬくのは、後の作業で使用するカップのフチで行って。 ❷Aをボウルに入れてチーズをほぐしながらなめらかになるまで混ぜ、❶に入れてよく混ぜ合わせる。 ツノが立ったホイップクリームに、よく混ぜたリコッタチーズを合わせる。全体の濃度が均一になるよう、しっかり合わせること。 ❸❷をカップに等分に入れ、くりぬいたカステラを置き、少し押さえて冷蔵庫でしっかりと冷やし固める。Bのいちごを5mm角程度に刻み、残りのBの材料と混ぜ、レンジで30秒ほど加熱してソースを作る。 カップにチーズクリームを入れたら、最初にくりぬいたカステラでフタをして。少し押し込んで、クリームと密着させる。 ❹固まったら取り出し、紙カップを破って取り外し、カステラ部分を下にして盛る。ソースをかけたり、いちごを添えたり、粉糖をかけて盛りつける。 教えてくれたのは… 田村つぼみ さん non-noでもおなじみの人気料理家、田村つぼみさん。今、話題のパフェやチョコレートバークなどをクリスマス仕様に☆ 撮影/大森忠明 スタイリスト/河野亜紀 料理製作/田村つぼみ web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND