とにかくブラウンが着たくなる、BAILA11月号‼︎

@BAILA

黒やグレーよりも優しい印象で、キレイ色とも相性が良し♡

甘くなりそうで避けていたピンクやラベンダーもブラウン合わせなら大人っぽく着こなせるかな…

肌や目の色から、自分に合うブラウンカラーを見つけられるのでブラウン苦手…という方はぜひチェックしてみて下さい☻♩

しかも今月号はタイツ&靴下付き‼︎
ぜひ試して見てほしい肌触り♡

今夜から、初めての南半球へ。
冬が終わり、これから春を迎えるオーストラリア。
少し肌寒そうなので、羽織りものとニットカーデを持っていく事にしました‼︎

BAILA見た後荷造りしたので、何となくブラウン+カーキのラインナップに。

まだ旅先でのコーデアップ致します⍢⃝♡


スーパーバイラーズ 徳山仙恵のブログ

関連記事
  • ワンピースを華やかなオフィススタイルに変えてくれるフラット靴をご紹介。「きかせ色」や「透け素材」、「メタリック」などのひとクセあるデザインを選んで、お堅くなりがちなワンピースを今っぽく着こなそう!温かみのあるオレンジもブラウニージュカラーと好相性。メタリックプチヒールが心憎い。(2)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)可愛げを足すならラベンダー。スクエアトゥが旬。(1.7)¥22000/メイデン・カンパニー(ファビオ ルスコーニ)シャープさ引き立つブルーのポインテッド。スリングバックにも注目。(1.5)¥19000/ルーニィ肌なじみのいいグレージュはオフィス映えも必至。チュール使いで新鮮な空気を。(2)¥19000/伊勢丹新宿店(エヌティ)シャープな黒を引き立てるPVC素材。小ドットで小粋に。(1)¥14000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)遊び心のあるチェックチュールもほのかな透けで浮かずに華やぐ。スリングバックも軽快に。(1.2)¥13000/ロペピンクみを帯びたゴールドがどこかやさしく女らしい。(1.3)¥22000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)シンプルフォルムときゃしゃなストラップでシルバーを品よく。(1)¥49000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ)引き締め役にもなるブロンズ。パンチング素材が重さを払拭し、軽やかな揺れ感ワンピースと相性抜群。(1.5)¥12000/マドラス(モデロ)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 スタイリスト/小川ゆう子 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • オフィスではすっかりデジタル化&ペーパーレス化が定着したとはいえ、まだまだ私たちのお仕事に欠かせないのがペンやノート、メモ、マスキングテープなどの文房具。読者のみなさまもそれぞれ“愛用の逸品“をお持ちだと思いますが、BAILAエディターズに意外と人気なのが【無印良品】のステーショナリーです。今回は、元無印スタッフで現編集部員の編集バタコが実際に愛用している名品7アイテムをお届けします。元スタッフが溺愛する【無印良品】本当にコスパのいい文房具7選植林木ペーパーチェックリスト付箋紙(45枚) ¥250 「四角いチェックボックス&罫線が12列ある縦長のポストイット式メモパッド。サイズ(横45×縦98mm)、粘着力ともに手帳やデスクにちょい貼りするのにちょうどいい大きさで、ToDoリスト管理に愛用しています」(バタコ)ダブルリングノート無地(B6・80枚)¥190 「A4、A5、A6、A7、B5、B6と幅広いサイズ展開を誇る【無印良品】のノート。私が愛用しているのはB6サイズで、360°折り返せて、上下左右どちらからでも使えるダブルリングタイプ。カバー台紙がしっかりしているので、立ちながらの取材やメモ時にもとても便利です」(バタコ)ハンドシュレッダー ¥990 「ストレートカットの手回し式ハンディサイズのシュレッダーで、ハガキサイズくらいまでの紙をさくっと分解できます。コンパクトサイズ(約幅182×奥行50×高さ30mm)なので会社のデスクでも収納場所を取らず、しかも立てて置いておける自立型」(バタコ)ポリプロピレン小物ボックス ¥60 「クリップや画びょう、安全ピンなど、細かい文房具を入れておく用途のものですが、ピアスやリング、ネックレスなど小さなアクセサリー&ジュエリーのポータブル収納ケースとして活用する方法も! 使い道いろいろの万能ケースです」(バタコ)こすって消せるボールペン 各¥150 「キャップ部の専用ラバーでこするとインクが消えるボールペン。シンプルなデザインと書きやすさに加え、0.5mmという細すぎず太すぎない芯、インクの減り具合が一目瞭然なクリアケース、替え芯(¥120)があってエコフレンドリーなところもお気に入り」(バタコ)ポリカーボネイト シャープペン(ラバーグリップつき)¥80 「驚くほどプチプラなのに、とても丈夫な素材のポリカーボネイトを軸に使用し、指が滑りにくいラバーグリップで仕上げています。芯は0.5mm。個人的には“人生史上最も書きやすい”と思っています」(バタコ)マスキングテープ 3本組 各¥390 「華やかで可愛らしい柄と、貼りやすさ&はがしやすさ、テープの上から文字が書けるなど、文房具女子に根強い人気を誇るマステ。白い無地のもありますが、人気は3色パック(上)と伝統柄パック(下)。自分用はもちろんですが、海外の方へのお土産としても喜ばれます」(バタコ)以上、編集バタコ渾身の【無印良品】文房具プレゼンでした! どれもプチプラなので、みなさまも一度買ってお試しいただくことをおすすめします。ネットでも買える!【無印良品】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】生活まるごと頼っちゃう! 編集部が溺愛する無印良品の名品取材・文/沖島麻美 ※コメントには個人の感想が含まれます。価格や在庫状況を含む商品情報は5月初旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。なかでも、肉厚カットソー&とろみ素材のワンピースなら、体のラインを拾わずに抜け感あるスタイルがつくれます! 素材と細部のディティールにまでこだわった一枚を、厳選してご紹介。体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • 5月も終盤に差しかかり、6月に入ると、あの嫌なジメジメ湿気やじとっとした梅雨がやってきます。 そんな季節に入ると気になるのが、カビや繊維の生乾きですよね。 今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話です。 ▲洋服や服飾小物など幅広く使われていますが、今回は生活雑貨に注目 毎日使うハンドタオルやバスマット、パジャマやスリッパをリネンに変えると「なんて気持ちいいの!」と驚くほど、とにかく乾きが早く、表面がさらっと心地よい素材なのです。 産地やブランドによって素材感が少しづつ異なるので、バイヤー目線のレビューと一緒にご紹介いたします。   ▼お先にリネンのコンテンツを見たい方はこちらから!   \汚れやすいエプロンこそリネン素材/ Lino e Lina/マノン リネンフルエプロン/¥5,800+税 きれいな発色、豊富なカラーバリエーションが人気のリネンフルエプロン。 一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しており、肌に当たってもチクチクしません。 薄すぎずしなやかで若干コシがある、身体に合わせやすい生地です。 梅雨でも4~5時間あれば乾き、家事をするのに頼もしいエプロンです。   \リネン初心者はキッチンクロスから/ fog/リネンキッチンタオル/¥1,150+税 「fogといえばリネンキッチンタオル」と呼ばれるほど、fogの代表作であるキッチンタオル。 使い始めはのりが付いていてパリッとしているので、3回ほど洗うと風合いが出てきます。 このパリッとしている感じが、逆にギフトや記念品に使いやすいです。   長さが65cmあるので、半分に折りたたむとランチョンマットにちょうど良い大きさに。 コーヒーをこぼしても、油染みがついても、直ぐにさっと洗ってパッパと手で伸ばして干せば、半日でまた直ぐ使えます。   Lino e Lina/キッチンクロス プレザンス/¥1,300+税 fogとは対照的に、一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しているLino e Lina。 初めから使い込んだような柔らかさを得られるリネン生地です。 水周りの布ものには、リネン素材が最適です。 なぜかというと、リネンは繊維の奥まで水分が入り込まないうえ、汚れがつきにくい素材なのです。 カビや雑菌の温床になる水気をすばやく発散させるので、表面もカラッとしています。   ▲私はこんな感じで台所のハンドタオルにしています   ▲こっちは、水切りかご代わりに。食洗機に入らないものを洗浄後に置いています。   cushion/【Vaxbo Lin】ディッシュクロス/¥2,000+税 さらにもう1つ、スウェーデンにあるVaxbo Lin社のキッチン&ディッシュクロスです。 織機でざっくりと織ったクロスは、洗うたびに撚っていた糸がふっくらと変化し、使用年月を重ねるごとにふわふわの肌触りに育っていきます。   ▲光沢感のある丈夫で美しいリネンと織り目が特徴です   \バスマットもすぐ乾くリネン推し!/ cushion/【Vaxbo Lin】バスマット/¥3,800+税 さきほどご紹介したVaxbo Linから、今度はバスマットの紹介です。 こちらも織り目や素材はディッシュクロスと同じですが、たっぷりのリネン糸が吸湿速乾するため、お風呂上りが2~3番目でも足裏が気持ちの良いマットです。   \一旦ここでティーブレイク?!/ ━ リネンの洗い方のコツ ━ リネン生地は、自宅でお洗濯ができる素材です。上手に扱えば、洗濯機でも洗うことができます。洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」がポイントです。 先ほどのバスマットを洗濯機で洗って干したものがこちら↓ (畳んでいたので折り目ありますが…)ノーアイロンでも大丈夫そうな仕上がりです! 「弱水流」は、弱コースやおしゃれ着洗いコースなど、洗濯機の機種に合わせて水流の弱いコースを選んでください。 「脱水時間」は、私がいろいろ試した結果、2分を目安に脱水するとシワシワになりません。   《 脱水2分 》がこちら 触ると全体的に水分がまだ残っているような感じで重みもありますが、この重力で生地が伸び、素早く水分が発散されシワシワになる暇もない、といった感じです。   《 脱水7分 》がこちら 水分がだいぶ抜けて干したそばから乾き始めているような状況。 脱水のシワが付いたまま乾燥されるため、仕上がりもシワシワに。これではアイロンが必要です。   ということで、リネン素材を洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」に気をつけてお洗濯を意識してみてください。 これを守れば、リネン生地のお洋服もノーアイロンで着用できますよ!   では、本題に戻ります   \素足快適なリネンスリッパ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン ルームシューズ/¥4,800+税 みなさんはLIBECOのリネンはご存知でしょうか。ベルギーリネンのリーディングカンパニーかつ、限られたメーカーにしか称号が与えられない「マスター・オブ・リネン」を保有する、リベコ・ラガエ社のリネンブランドです。 そのLIBECOのリネン生地を使って、スリッパの産地・山形県河北町で作られたのがこちらのスリッパ。   ▲手前は太めの糸で織られたナチュラルな風合い、奥は細めの糸で織られた光沢感のある生地 さらっとした履き心地なので、夏は素足にこのスリッパを履くだけで、足を健やかに保てられそうです。 手洗いも一応可能なので、清潔にお使いいただけます。(手洗い後はすぐに乾燥させてください)   \一生モノのリネンパジャマ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン パジャマジャケット&パンツ/¥28,000+税 先ほどのLIBECOのリネンを使ったパジャマセット。 リネンは扱いを間違わなければ、状態の良い100年超えのアンティーク生地が見つかるほど、とにかく長持ちがする素材です。 お値段は綿のパジャマがいくつも買えるくらいですが、このセットが1つあれば何年も着まわせるかと思うと、高い買い物ではないです。   ▲ゆったりと、さらっと着こなせるシンプルなデザイン 今は女性用しかありませんが、男性用のご要望がありましたら是非コメントをお寄せください。   今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話でした。 リネンの、さらっと、カラッとした感じが伝わりましたでしょうか。   ▼ご紹介した商品はこちらでも見れます   ▼5月27日(月)13:59まで開催中! みんな急げ~♪   ★FLAG SHOP内の雑貨専門ページ【zakka market】   ★【zakka market】 インスタグラム もやってるよ!
  • フランス発のロンシャンの新作小物。深みのあるネイビーとレッドの端正な見た目からは一転、中はレオパード柄というギャップも素敵! カウハイドレザーを採用し、傷がつきにくく丈夫な素材もうれしい!【LONGCHAMP(ロンシャン)】"そろそろいいものを"そんな思いにジャストな名品引きやすい長めのジッパーがつき開閉も楽。財布(8×12×2)¥23000ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)財布同様、カウハイドレザーを採用し、薄手でも丈夫。カードホルダー(10×15)¥11000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載
  • 女優やモデルからの指名が絶えない大人気ヘアメイクアップアーティスト、河北裕介さんがレクチャー!ベージュ流行りの今季も、いつもと同じメイクをしていない? コーディネートとは、服とメイクのトータルバランスのこと。ベージュが映える今どき美人メイクは、色や質感に抑えるべきポイントがあるみたい。ヘルシーな第一印象を与える日焼け色のワントーンメイク 肌に近い色だからこそ、質感や色が重いと顔の印象が強くなりアンバランスに。肌なじみも良い軽やかなワントーンメイクなら、ぐっと美人度が増すというわけ。カッパーブラウンの目元とさりげなく仕込んだ立体感が決め手 まずは、繊細なパールが目元を印象的に仕上げるジェルタイプのアイシャドウをチェック。血色感を与えるクリームチークや、スキンケア仕立てのツヤ感を演出するハイライトを駆使して。他の画像を見る服と一緒にメイクも日々アップデートすれば、自分プロデュースも思いのままに。
  • ロブスターのチャームやクジラのコインケースなど、海モチーフが楽しすぎる! 手に取るたびに思わず笑みがこぼれる愛しいデザインを、夏のお共にぜひ。【TOD’S(トッズ)】バッグの中に海が広がる! こんなおちゃめさも上質小物ならば上品♡レザーを巻いて作るおなじみのチャーム。新作のロブスターはなくしようがないほどの存在感が。チャーム¥44000/トッズ・ジャパン(トッズ)茶色が効いた大人のマリン配色。収納は7つ。カードケース(8×10)¥35000/トッズ・ジャパン(トッズ)クジラのコインケースは日本限定。コインケース(11×11.5×1.5)¥49000/トッズ・ジャパン(トッズ)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載
  • おはようございます。 バイラーズの西田茉衣です。 今日は、先日バイラーズ同期で ピクニックをした時のコーデを ご紹介させてください♡ one-piece : elendeek sneaker : emmi ドレスコードが「ホワイトorベージュ」だったので 配色がぴったりなワンピースを選びました。 着心地が良いリネン素材が主ですが、 ウエスト右から裾にかけて、 遊び心が仕込まれているのがお気に入りです。 横から見るとこんな感じです☺︎ 凝ったデザインと着心地の良さに一目惚れして、 去年購入しました。 歳を重ねるにつれて、私の場合 お洋服は以下2パターンに分けて買うようになりました。 ちょっとした、私のお買い物ルールです! =========================== ①ある程度の価格帯のものは 素材・ライン・デザインなど 直感で自分好みの服を選ぶ ②コスパが良いものは とにかく着回しが効く服を選ぶ =========================== そして、①②はそれぞれ、更に2つに分かれます。 A 自分のパーソナルカラーに合うもの B パーソナルカラー関係のないもの (好きな色、トレンドカラー、その時挑戦したい色等) ①-A、①-B、②-A、②-B いずれもクローゼット内のバランスを保つように 調整してお買い物をしています^^バランスをなぜ調整するかと言うと 着ていきたい時が異なるからです☺︎ ①②については、お分かり頂けると思うので ABについてのみお話しさせて頂きますが、 パーソナルカラーを身にまとうことで、 ▶︎第一印象が良くなる ▶︎肌馴染みし、悪目立ちしない ▶︎元々持っている自分の良さを引き出してくれる 等の利点がありますが 一方で、好きな色を身にまとうことも ▶︎自分の気持ちを高めることができる ▶︎逆に落ち着かせることもできる ので、とても大切だと言われています。 そのため、毎日のコーデにおいて 私はどちらの利点を取りたいかを考え TPPOによって、お洋服をチョイスしています。 (例えば、「今日はクライアント訪問で 第一印象が大切だからパーソナルカラーの服にしよう」 「今日は終日内勤でリラックスして業務を進めたいから 好きな色の服で行こう」といった使い分けになります^^) 毎日を過ごす中で 自分にとって、今どのお洋服が足りてないか 考えて買い足しているイメージです^^因みに今回のワンピースは①-Aなので 初めましての方とお会いする機会の多い私には とっても使い勝手が良く、長く大切にしたい1着です♡パーソナルカラーではない色を取り入れる場合 もちろん取り入れ方の工夫が必要にはなりますが 色を賢く楽しく、使い分け出来ればと思っています☺︎ (そしてその方法を、診断時できる限り 丁寧にご説明したい…!とも。) こんな私のお買い物ルールですが、 もしご参考頂けたらとても嬉しいです♡ 長文になってしまい申し訳ないです。。^^; 最後までお読み頂いた方いらっしゃいましたら ありがとうございました…! ♡Instagram♡ ♡Twitter♡ ♡パーソナルカラーサロン saison des fleurs ホームページ♡ パーソナルカラーについてや、私の日常など 更新しているので、ぜひ遊びに来てください☺︎ スーパーバイラーズ 西田茉衣のブログ
関連キーワード

RECOMMEND