【日本最強の働く30代女子インフルエンサーズ】2018年度スーパーバイラーズ紹介まとめ

@BAILA

読者モデルとして、ブロガーとして、インスタグラマーとして。働く30代女性のためのよきインフルエンサーとなることを目指し、この秋、バイラに19人の新たなメンバーが「スーパーバイラーズ」に仲間入りしました! 今後のバイラを盛り上げてくれる、個性豊かなメンバーたちのブログをチェック。

プロフィール画像をクリックして、気になるバイラーズのブログへジャンプ!

池 ももこさん(フードスタイリスト/東京都)
「お米も炊けなかった料理オンチが、食生活の改善で−15kgのダイエットに成功! 現在はフードスタイリストとして活動中です。この経験を生かして“おいしい”から“きれい”をつくるための情報をどんどん発信していきます」
大津真鈴さん(商社/埼玉県)
「ファッション・海外旅行・アフタヌーンティーが大好き。私自身も毎日オフィスに通っているので、BAILAを読んでいる皆さんと同じ視点で、気分が上がるようなことを毎日どんどんと発信していきたいと思っています!」
井上あずささん(金融関係/東京都)
「美容が好きなので、ビューティに関するネタを皆さんと共有できるとうれしいです。最近はダイエットにもはまっていて、シンプルなコーデを着こなせる体を目指し中。活動を通して、自分自身もアップデートしたい!」
海野尾美紀さん(アパレル関係/東京都)
「ランジェリーブランドで市場調査や商品企画を担当。日々、女性ならではのファッションに対するニーズを探求していることを生かした目線で、皆さんの心に響くようなことをブログや誌面を通してお伝えしたいです」
門脇聡子さん(広告代理店/東京都)
「11年間お笑い芸人として活動し、今は広告代理店でインフルエンサーマーケティング事業を行っています。仕事柄コスメや美容にかかわることが多いので、そこで得た情報をバイラ世代の一員として広めていきたいです」
秦 孟含さん(アパレル関係/東京都)
「ファッションの勉強をするために数年前に来日。今は念願かなってアパレルの仕事に! また、YouTubeなどで、全世界に向けて動画を通した情報発信も行っています。いろいろな国の人にBAILAを知ってもらえるとうれしいです」
櫻田結子さん(秘書/東京都)
「TPPOを考えたファッション、へア、メイクのトータルバランスを日々模索中♡ キレイのアンテナを張りめぐらせて、仕事もプライベートも頑張っている同世代の女性に、通じてキレイになるお手伝いができればうれしいです」
菅原麻葉さん(雑誌編集/東京都)
「雑誌の編集が仕事。取材や撮影で動き回ることが多いので“楽だけれども手抜きに見えない”ファッションや美容のことについて、忙しく働くバイラ世代の皆さんと一緒の目線に立ちながら考えていければと思っています」
下里朋美さん(サロンレセプション/神奈川県)
「トータルビューティの専門学校へ通ったり、ファッションデザイナーの仕事をしたりと、美容とファッションがとにかく大好きでバイラーズにチャレンジ。活動を通して新しい自分が発見できるといいなと思っています」
住田奈央さん(歯科衛生士・アパレル関係/東京都)
「フリーランスの歯科衛生士として仕事をする傍ら、自分でセレクトショップをオープンし、現在二足のわらじを履いています。決まった型にはまらず、たくさんのことにチャレンジして同世代の方々と楽しい時間を過ごしたいです」
高橋茉衣さん(教育関係/神奈川県)
「日常の中にあるワクワクを逃さずに、今しかできないこと、今だからできることにたくさんチャレンジをしたいと思い応募しました。バイラーズとして自分を磨きながら、素敵な情報を発信できるようになりたいです」
築山りささん(Webデザイナー/東京都)
「Webデザインのお仕事をしています。きれいめな通勤服のコーディネートが好きで、インスタグラムにもよく投稿するんです。これからバイラーズの仲間たちと皆さんをワクワクさせることを発信していくために頑張ります!」
田石ゆきさん(バイヤー/東京都)
「外資通販会社にて日用品のバイヤーを担当しています。生け花や茶道、着付けが趣味で、仕事だけでなくプライベートにも全力を注ぐ日々。これから、私自身もたくさんのことを学んで、新しい自分を発見したいです」
遠山春奈さん(事務職/東京都)
「大好きなファッションの情報を、特にTPPOに合わせたコーディネートを中心に発信していけたらうれしいです。フットワークが軽いので多趣味。最近始めた“パン活”など、毎日の生活についてのこともブログにアップしていきます」
玉置悠喜さん(メーカー/栃木県)
「メーカーで広報とマーケティングを担当。仕事のほかにも新しいことに挑戦していきたくてバイラーズに応募しました! 同世代の女性が楽しめるようなコーディネートを中心にいろいろな情報を発信したいです」
丸茂亜未さん(事務職/神奈川県)
「転職を機に、以前より増えた自由な時間を大好きなファッションやメイクに費やすように。そんななかで同世代の人と素敵な女性でいるための情報を分かち合いたいな、と考え、今回思い切ってバイラーズに応募しました!」
西田茉衣さん(パーソナルカラーアナリスト/東京都)
「その人その人に“似合う色”を、洋服のコーディネートなどで紹介する、パーソナルカラーアナリストとして過ごす日々。お仕事から得たファッションやビューティの知識をバイラーズの活動に生かせればと思っています」
山田裕美子さん(教育関係/東京都)
「子どもが大好き♡ 幼稚園教諭として元気いっぱい子どもたちと園庭を走り回り毎日楽しく過ごしています。やりすぎていないのにしゃれている大人上品なスタイルが好きなので、コーディネートを中心に情報を更新します!」
渡辺美可さん(ジュエリーバイヤー/神奈川県)
「30歳を迎える年にフリーランスの海外営業として働くことに。仕事も家庭も自分磨きも頑張るバイラーズの一員になりたくて応募を決意。女性であることを楽しめるような理想の女性を目指して、バイラを盛り上げます」

関連記事
  • 称賛や尊敬を欲しがって、自分のすごさをあの手この手でアピールしてくるおじさん!! 本当にすごければいいけれど、だいたい実力が伴っていない。悩まされている読者も多いはず。職場で波風立てずに上手にかわすコツをエキスパートの二人に聞きました。アドバイスしてくれたのは…イラストエッセイスト 犬山紙子さんマウント問題なら犬山さん! 著書『アドバイスかと思ったら呪いだった。』(ポプラ文庫)にはマウンティングに関するエピソードも多数。心理カウンセラー 石原加受子さん「自分中心心理学」で楽に生きる方法を提唱。『「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ』(学研プラス)など著書多数。「噓人脈自慢」おじさん芸能人の知り合いがいることを延々自慢。そしてその芸能人を呼んでライブするからおいでとのお誘い。ふたを開けてみたら、芸能人なんて来てなかった。最初はすごいなと思って聞いていたけど、実際はそうでもないようなのでめんどくさい。その後も、自慢されたときは場を乱さないように“すごいですね”と言っています……。(29歳・事務) 〈犬山さん〉他人の力を借りて自分を大きく見せたがる、スネ夫タイプ。「芸能人に興味なくて……」と言って、「噓人脈を印象づけても何も響かない」とわからせるとターゲットにされないかも。〈石原さん〉噓かどうかに焦点を当てると自分の心まですさむので、「自慢話を聞かされた」とだけ感じましょう。オーバーに反応するとどんどん自慢してきます。関心がないという態度で。「俺の若いころは」おじさん過去の栄光を延々と語る。なにかとデスク横に私を呼びつけては“俺たちの世代は〜”“俺が若手のころは〜”“今の時代は楽でいいよな”と、グダグダ話すおじさんがいました。しかも私に指導をしているわけではなく、その場にいない部下への愚痴。はぁ? コンプラガチガチで残業・休出する私たちだって大変だわ! そのうえこんなしょーもない上司の愚痴まで聞いて!とは思いますが、言い返したら倍の嫌みを延々と怒鳴られたことがあるので、ひたすら真顔でうなずき続けています。私が職場でいちばん年下なうえにおじさんと業務でかかわりが深いのでターゲットにされていてつらいです……。(31歳・メーカー) 〈犬山さん〉このおじさんへ対応するのは本当にストレスですね。こういうおじさんは強い人にはペコペコして弱い人をいじめる典型。そのおじさんよりも年上の話のわかる男性に相談し、そのつながりが見えるとターゲットから外れるかもしれません。「そういう見方も あるよね」おじさん会話で自分の知らない情報が出てきたとき、素直に知らないと言えないおじさん。その代わりに“こういう見方もあるよね”と偉そうに自分の意見を言って、それまでの話を無視しています。誰に対してもそういう態度なので、自分の立場が優位になることを第一に考えて話しているのだなと感じます。真剣に聞くだけ無駄なので、ひたすら流している。(29歳・介護事務) 〈石原さん〉「そうですか?」と、疑問で返して話を終わらせることをおすすめします。気持ちよく話させないことが大事。疑問系だと、場の空気も悪くせずに話を打ち切りやすいです。〈犬山さん〉その態度では優位に立てないということを、気づかせたいですよね(笑)。飲みの席などで、女性同士の「間違いを認められる男性って素敵!」という話を聞かせるのはどうですか?「してあげてる」おじさんこちらが頼んでもいないのに“仕事の内容をすごく配慮してあげている”“俺が異動になったら大変だぞ”と、とても恩着せがましい。感謝してほしいのかもしれないけど……。でもこの上司がいて“助かった”と思ったことはほとんどないんです。むしろうるさくて仕事に集中できない……。(30歳・地方公務員) 〈石原さん〉「いろいろなことにチャレンジしてみたいので、お気づかいいただかなくて大丈夫です!」「何かあったらまたご相談しますね」と、やわらかい言葉で断るといいですよ。〈犬山さん〉見えないところで本当に何かしてくれていたとしても、上司の立場でこれを言うと「大事にしろ!」と言ってるのと同じ。パワハラですよ。さらに上の役職の人に相談してみては。「昔はモテた」おじさん“昔は髪の毛もあって細マッチョで逆ナンされたり告白されたりしてたんだよ”と、永遠に話し続けるおじさん。“今でもカッコいいですよ!”と押しのひと言が欲しかったんだと思う。なので、切りのいいタイミングで“今でも充分カッコいいですよ!”とニコッと笑って去りました。今でもカッコよくなれるように努力すればいいのに。“新しい元号とともに生まれ変わってはどうですか?”と言いたかった。(31歳・会社員) 〈石原さん〉「本人がそう思うのは自由だ」という意識で聞きましょう(笑)。雑談ですし、「やらなきゃいけないことがあるので失礼します!」と打ち切るようにしていれば言ってこなくなりますよ。イラスト/花くまゆうさく 取材・原文/東 美希 ※BAILA2019年7月号掲載
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。進化した技術力でうっとりとするようなテクスチャーを叶え、エイジングケア効果にも磨きをかけた、巽 香さんイチオシのアイテムをご紹介。巽 香の超私的ベストコスメ「肌のトレンドがどう移り変わっても、女性として美しい肌には潤っているからこそのツヤ、いや『艶』が必須だと信じています。今年上半期には、進化した技術力でうっとりとするようなテクスチャーをかなえ、エイジングケア効果にも磨きがかかったコスメもまた続々と誕生。とりわけ心と肌の両方に『艶』をもたらしてくれたのが、コレ!」1.イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー 2「かわいいだけじゃない。♡が唇にもたらすのはパンとしたハリ感」 「大人だってかわいいものはやっぱり好き! しかも真ん中のハートに閉じ込められているのは、しぼみがちな唇にボリュームとハリをもたらすうれしい効果。今期はツヤと輝きも唇に戻ってきて、透け感あるピンクとともに、間違いなく『アガる』一本」。¥4,300/イヴ・サンローラン・ボーテ2.ディオール プレステージ ローション ド ローズ「とにかく贅沢な潤い! むっちりと密度濃く澄みわたった肌に」 環境に負けない肌に必要な微量栄養素を、豊富に含むグランヴィル ローズ。「美しいローズの美容効果を、ピュアなまま肌に届ける化粧水。なめらかに肌の上に広がり、すっと肌に吸い込まれるオイルイン テクスチャーにもうっとり」。150㎖ ¥15,000/パルファン・クリスチャン・ディオール3.コスメデコルテ AQ クリーム アブソリュート X「肌が『好調状態』を思い出す、すべてが満ち足りたクリーム」 「黒大豆×発酵という、聞くからに効きそうな独自成分のパワーもさることながら、極上のなめらかさで肌に溶け、軽やかなのに深く潤う感覚に大満足。しかも肌が疲れている夜ほど、翌朝の好調ぶりにその実力を感じる。ハイパフォーマンスクリームの名に恥じない逸品!」。45g ¥50,0004.shiro タマヌ クレンジングバーム「一刻も早く眠りたい夜も、落とすことがむしろ楽しみに!」 タマヌオイルやカンゾウエキス配合。「どんなに疲れていても、この肌の上でとろけるなめらかな感触が好きすぎて、メイクを落とさずには眠れなくなったことに感謝! しかも洗い上がりは、まさに美容オイルでケアしたような柔らかさと潤い感。もう手放せない!」。90g ¥6,500/ローレルこれもLOVE賞 ザ パブリック オーガニック 精油シャンプー & 精油トリートメント スーパーポジティブ 「若見えする髪にマストのツヤをかなえる、大好きなこのブランドのヘアケアに、さらに『幸せホルモン』がアップする精油の香りをオン。日々のストレスをリセットしながら、ほめられ髪をキープ!」。各500㎖ ¥1,544/ローレル【Profile】 巽 香 美容エディター/ライター。化粧品選びで心を満たす香りや使用感も重視するのと同様に、事実を伝えるだけでなく心にも響く文章を目ざす。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • 色々な偶然が重なってご縁が繋がり、初めて山口県へ旅することになりました。友人の友人が住む、山口県北西にある向津具(ムカツク)半島にショートステイ。 名前がユニークで印象に残りました。 向津具半島には手つかずの自然が沢山あり、木々も原生林が多く、ありのままの森が残っていました。 まるでトトロの森に迷い込んだ感じです。 海も今まで見てきた日本海のイメージとは全く異なる、エメラルドグリーンの海が広がります。 朝は鳥のさえずりで目を覚まし、ヨガをして、近所に散歩しながら道沿いに生えているビワやタケノコを採ったり。 昼は畑仕事や梅仕事をしてから、海へ遊びに行き海風に吹かれ太陽をいっぱいに浴びる。 夜は満天の星空の下で、薪で炊いたお風呂に浸かり、畑で採れた野菜を使った食卓を囲む。 こうして日々を丁寧に生活すると、普段は左脳中心で色々頭で考えてばかりいる自分を客観視でき、 五感で感じることを忘れていることに気がつきました。 実は日々いろんなことを感じているのに、それを自分の思考が自分自身を邪魔している、そんな感覚です。 五感を大切にすると、少しづつ直観も研ぎ澄まされ、集中する時とリラックスする時のバランスが取れる感じがしました。 ゆくゆくは住まいを改装してB&Bで旅人が滞在できる場所にするようなので、完成したらご紹介したいと思います。 車を使えば、向津具半島からは角島大橋や元乃隅神社へもほどなく行ける距離だったので名所巡りもして帰京しました。 とても良い気が流れている、そんな場所でした。 向津具半島の海。向津具半島の海。角島大橋他の画像を見るLink===>向津具半島Link===>角島大橋Link===>元乃隅神社美女組No.106 Aiのブログ
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】店頭&オンラインでは、つい先日、2019年秋冬展示会でお披露目されたばかりの新作ワンピースがじゃんじゃか入荷中です(大人女子向けのトレンド傾向を分析した展示会レポはこちら↓)!今回は、展示会でエディターが目をつけた、働く30代女性におすすめの2019秋冬ウィメンズ新作ワンピース18選をお届けします。ニットやコーデュロイなどまだ発売前のものも多いのでフライングご紹介になりますが、よろしければ予習と参考にお読みいただけるとうれしいです♡エディターがフライング推薦【ユニクロ(UNIQLO)】2019FW新作ワンピースカタログプリントシャーリングロングワンピース すでに店頭で爆発的に売れているもようのこちら、大人に似合うモノトーンの花柄です。ふわりとエアリーな生地&デザインですが、裏地もしっかりついて透ける心配もなし、まさに真夏の大人ワンピース! 黒もあります。¥3990/ユニクロ7分袖ワッフルカットソーワンピース 今現在も大ヒット中のワッフル生地ワンピース。凹凸のある素材が、ベタつきがちな残暑時季の肌にもサラリと快適に着こなせるはず! デニムやチノパンなど、手持ちのパンツと重ね着してもおしゃれです。ブラウンタータンチェック柄ワンピース チェック柄は2019年秋冬も引き続き人気のもよう。ノーカラー&スキッパータイプなので、ほどよく抜け感のある襟もとに。通勤コーデにもぴったりの端正さが漂います。人気のシャツワンピに新作&新色が登場! 適度にボリュームをおさえながら、着るときれいなAラインシルエットになる人気のシャツワンピースに新作が登場です。前のボタンをすべて外し、羽織りものとしても活用可能。共布ベルトつき。 比翼仕立てのAラインシャツワンピース 人気のシャツワンピースですが、フロントボタンをすべて隠したすっきりデザインも登場。羽織るとステンカラーコートのようになって、ガラリとイメージが変わります!すっきり着やせ見え! リブニットワンピース 広めにあいたネックライン、ほどよく肉厚なリブ素材、スリット入りの裾、長めの丈など、大人の女性の体をきれいに見せる工夫がいっぱい。重ね着の工夫で真冬まで活躍しそうです。注目のリブニットワンピース、Vネックも登場! よりカジュアルな印象の幅広リブタイプも登場。襟もとの切り替えやスリットがアクセントです。ベージュやカーキなど、2019年秋冬のトレンドカラーで展開される予定。コーデュロイシャツワンピース 凹凸のある畝が秋冬らしいムードを連れてくるコーデュロイ素材のシャツ型ワンピース。畝が細かいので、大人にこそ似合うカジュアルワンピです。共布ベルトつき。何枚でもほしい、タートルネックニットワンピース 秋が深まってきたら、ハイネックニットワンピの出番! 薄手ながら着ぶくれ知らずですっきり着られるハイゲージタイプのきれい色を一枚、秋いちばんに新調しておきましょう。肌ざわりもなめらかです。うっとりするほどやわらかなニットワンピ ふわふわ質感の新感覚毛糸、スフレヤーンを初めて導入し、着心地をさらに高めたニットが多数登場する2019秋冬のユニクロ。ベージュとブラウンの中間のような絶妙な色合いがポイントです。大人気【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】にもワンピ多数登場! 人気デザイナー、クリストフ・ルメール氏が率いるパリのデザインセンターから届くコラボベーシックの傑作【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】からもワンピースが多数登場! 胸元から袖にかけてギャザーをふんだんにあしらった新作にプレスの視線集中!縫い目のない立体的な3Dニットワンピースの新作! 【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】ウィメンズのアイコニックなアイテムでもある、縫い目をなくし立体的に編み上げた3Dニット。ワンピースはより着心地よく進化しています。大人っぽいムードにあふれるニュアンスカラーも◎。ブラウン配色コーデの要にしたい、ベージュニットワンピース ゆるやかなAラインに編み上げたやさしげな印象のリラックスニットワンピは、ブラウンのタートルネックを中に着たり、ブーツやバッグを合わせたりと、チョコレート配色で楽しみたい!【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】にもシャツワンピが登場! 【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のシャツワンピは、きれいなAラインのシルエットはそのまま、ハリのある生地感や長めのカフスなど、よりメンズライクなテイストを強めたハンサムなデザイン。イネス・ド・ラ・フレサンジュには、フレンチシックな黒ワンピが! モデルで世界的なファッションアイコンのイネス氏との人気コラボは、彼女が幼少期に過ごした仏アルプスの冬のリゾート地、Megève(ムジェーヴ)からインスパイアされたそう。コレクション初登場のブラックワンピが新鮮!一年中楽しめる、オーセンティックな大人の水玉ワンピ カシュクール型で女らしく着られるドット柄ワンピも新作として登場。写真のように、ざっくりした質感のロングニットカーデを羽織ったワントーンコーデだとより大人っぽい印象に。ワンピースが狙い目! HANA TAJIMAコラボ NYベースで活動する日本人デザイナー、ハナ・タジマ氏とのコラボは、人種や信仰、年齢に関わらず、あらゆる女性が楽しめるグローバルなコレクション。とくにワンピースは、大人世代が積極的に着たい上質で品格あふれるデザインが揃います。モダンな切り替えストライプ柄ワンピース こちらもHANA TAJIMAコラボの新作ワンピース。同じ生地でも、横と縦のストライプを切り替えるだけで新鮮な表情に。ストンとシンプルなシルエットも体をきれいに見せてくれます。【合わせて読みたい】働く30代女子のためのユニクロ(UNIQLO)最新ニュース取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムに関する情報はすべて6月頭時点で発売予定のもので、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 夫婦や親子、一族に秘められた事実は、影響が大きいほど闇の中へ。まるでミステリーのような展開に目が離せない小説をピックアップ。家族はミステリーの宝庫?「家族の秘密」にせまる小説7粋なおばあちゃんは名探偵『いつもが消えた日』 西條奈加 創元推理文庫 ¥800 中3の望は元芸者の祖母・お蔦さんと神楽坂でふたり暮らし。ある日、望の友人・有斗が帰宅すると、血だまりを残して家族が消えていた。残された彼を預かったお蔦さんは、警察の捜査とは別に一家失踪の理由を推理していく。お蔦さんのきっぷのよさと人情味が人気のシリーズ第2弾。つらい思いを経て成長していく少年たちと、それを見守る大人たちの姿がさわやかに心に残る。湊かなえが描く姉妹の苦い真実『豆の上で眠る』 湊かなえ 新潮文庫 ¥590 結衣子が小1のとき、2歳上の姉・万佑子が失踪。不審な車や変質者の噂がある中、必死の捜索が続くが、行方不明のまま2年。万佑子と名乗る少女が突然帰ってきて、家族は大喜びするが、結衣子には別人としか思えなかった。その違和感は大学生になってからも続いたが……。家族の中でなぜ妹だけが姉ではないと感じたのか。真相がわかるラストはあまりにも意外で、がく然としそう。無言電話の向こうに亡き夫が?『とめどなく囁く』 桐野夏生 幻冬舎 ¥1,800 夫の庸介を海難事故で亡くしたフリーライターの早樹は、仕事で知り合った31歳上の資産家と数年後に再婚。彼も妻を亡くしており、相模湾を望む瀟洒(しょうしゃ)な邸宅で穏やかに暮らしていた。そんなある日、亡夫の母・菊美から「庸介を見かけた」との知らせが。老いがすすんだ菊美の妄想なのか、それとも!? 庸介の過去がスリリングに明かされると同時に“人を許すこと”について考えさせられる。少年犯罪の底なき闇と向き合う『木曜日の子ども』 重松 清 KADOKAWA  ¥1,700 42歳の「私」は14歳の息子・晴彦がいる香奈恵との結婚を機に旭ヶ丘に転居。そこは7年前に中2の少年によるクラスメイト無差別毒殺事件が起きた場所だったが、希望条件に合う家があったのだ。しかしすぐに晴彦の面影が犯人と似ている、犯人が近々社会復帰するらしいなど、不穏な噂が流れはじめ…。思春期の少年少女の絶望感が息苦しいほど伝わってくるが、最後にはひとすじの光が。グリコ・森永事件を思い出す『罪の声』 塩田武士 講談社 ¥1,650 京都で亡父から引き継いだテーラーを営む俊也は、遺品の中からカセットテープと黒革のノートを発見。テープを再生すると自分の声で録音がされており、ノートには【ギンガ】【萬堂】の文字が。毒入り菓子がばらまかれた「ギン萬事件」と父親に何か関係があるのか?  迷宮入りした大事件の真相を知りたい、でも父親が犯人とは思いたくない。そんな主人公の葛藤がせつなすぎる。実力派6年ぶりの長編は感動作『ノースライト』 横山秀夫 新潮社 ¥1,800 一級建築士の青瀬は、施主・吉野のたっての願いで信濃追分に家を設計。しかし完成から4カ月後、誰も住んでいないと知らされて訪れてみると、2階に古ぼけた一脚の椅子があるだけだった。椅子を手がかりに吉野一家の行方を探す青瀬だったが、それは自分だけでなく父親の人生とも向き合うことにつながっていく。普通の人々の思いがけないルーツ、ドラマのような歴史に感涙!犯人は私だったかもしれない『坂の途中の家』 角田光代 朝日文庫 ¥720 夫と幼い娘と暮らす専業主婦の里沙子は、乳幼児虐待死事件の補充裁判員に。夫の実家に娘を預けて10日間裁判所に通うが、しだいに被告女性と自分との境界線があいまいになっていく。「私も虐待をし、それを周囲から疑われているのかも」と。事件について考えることで、夫や義母との微妙な力関係に気づく里沙子。簡単に解決できない彼女の苦しみを、他人事と思えない人は多いはず。撮影/古谷 勝 スタイリスト/洲脇佑美 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • Tシャツ¥925/GRL(グレイル) パンツ¥13800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) イヤリング(右耳・2P)¥22800/KNOWHOW(KNOWHOWjewelry) バッグ¥11000/ココ ディール ベルト¥790/GU スニーカー¥6500/VANS JAPAN夏コーデの鉄板、ビッグ白Tと濃い色スキニーには小物でアクセントを! Tシャツの上からパープルのベルトをひと巻きすれば、こなれ感アップにもウエストマークになってスタイルよく見せるのにもぴったり。ベルトの小物は黒でまとめて、ベルトを目立たせて。モデル/岡本夏美 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スキニーコーデ記事一覧はコチラ
  • 今、モードの裏方にファッショナブルなアジアンが多いんです! カルチャー誌のディレクター、韓国バンドのスタイリスト、ショップのバイヤー。SPURが注目する3人の夏スタイルをリサーチ。ファッション熱が高まる上海のストリートスナップもお見逃しなく! ここではトレイシー・チェンさんのスタイルをご紹介。 Tracey Cheng 【トレイシー・チェン】 (I.Tグループ ウィメンズウェア部門 バイスプレジデント) 今のムードはタイムレス 摩天楼が立ち並び、熱気あふれる香港。その中でも、若者が集うホット・スポットである香港島のコーズウェイベイエリアに、トレイシー・チェンは3歳になる娘のティルダとともに暮らしている。香港随一のセレクトショップ、I.Tグループでバイイングを統括するトレイシー。エッジのきいたファッションでストリートスナップの常連でもある彼女のファッション哲学とは?「シーズン性の高いキャッチーなデザインは大好き。ファッションウィークでは、ぱっと目を引くようなスタイリングが信条です。ただ娘が生まれてから少しファッションに対する向き合い方も変わってきたかな。最近は、より長く大切にできるタイムレスなものに惹かれます」。ヨーロッパのメゾンブランドだけでなく、若手デザイナー発掘のため世界中を飛び回る彼女。「ロンドンはJW ANDERSONや、シモーネ ロシャなど普段から愛用しているブランドが多いので、毎シーズン楽しみ。最近気になっているのはジョージアのトビリシです。日本にも久しぶりに行きたいと思っています!」 (右) トーン・オン・トーンで強烈なインパクトを狙って目の覚める赤のスタイリングは、ファッションウィーク用。「N°21のドレスやメゾン マルジェラのブーツなど、ブランドをミックスすることが重要」(中) エネルギッシュなネオンカラーをアクセントにトレイシー流オフィススタイル。スニーカーとマッチしたNIKEのソックスは「どんなスタイルにも自分らしさを演出してくれる」スタイリングの要(左) モノトーンでリゾートをモードにプラダの帽子とSENSI STUDIOのバッグを合わせたミニマルなリゾートルック。「タイの海辺でゆったり過ごす」ため足もとはコンフォートサンダルで パーソナルな思い出が詰まった、夏のエブリデイエッセンシャル(右)足もとはスニーカーが定番(中)ヴァレクストラのバッグは、シックなデザインが今の気分にぴったり(左)お気に入りの香水はシャネル。バーバリーのネックレスには、娘の名前のイニシャルチャームを組み合わせて Q. ファッションアイコンは?A. ティルダ・スウィントン Q. 注目のブランドは?A. A_Plan_Application Q. やめられない楽しみは?A. 買い物! PROFILE香港出身。2004年にI.Tに入社。現在ウィメンズウェア部門のマーチャンダイズ・バイスプレジデントとして、バイイングのディレクションを担当。感度の高い目利きのみならず、キャッチーなパーソナルスタイルでも注目度が高い。 SOURCE:SPUR 2019年8月号「クレイジー FASHIONABLE ASIANS 2」photography: Yu Ho Yeung  text: Shunsuke Okabe
  • 蒸し暑くなるこれからの季節、自己流で直すとかえってメイクくずれが悪化するからと、くずれを放置しがちなアラフィー世代。大人を夕方以降もいきいきとした印象に見せる流儀を、ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが伝授します。夕方老けはこんなところに潜んでいる[唇縦じわマダム][眉なしマダム][パンダ目マダム][ドロドロ肌マダム][血色なしマダム]いきなりの上塗り厳禁!“その部分”をいったんリセットするのが鉄則ですメイクしたてはいきいきと若見えしていたはずの顔も、夕方にはがっくりくるほどの老け顔に……。「汗、皮脂のせいで、メイクがくずれやすくなるこれからの季節。アラフィー世代は薄眉、シミ、しわ、血色の悪さなど気になる部分があらわになるうえ、温度・湿度差でお疲れ顔に。午前中との落差が大きく見えやすいのです」と広瀬あつこさん。でも、案ずることなかれ。メイクはくずれるもの。そこから復活するために重要なポイントはただひとつ! 「直すパーツの『土台』を整え、鮮度を取り戻すことです。土台のリセットを抜きにして、いきなり色ものやファンデーションをのせると、かえって汚くなり、直したメイクもくずれやすくなってしまいます。『お直し』に適したコスメを厳選して、パーツに合わせたやり方でリセットすれば、大丈夫。『夕方老け』からパパッと若々しく復活できますよ」【Profile】 ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん 大人のウイークポイントをなかったことにするメイクテクは天下一品。『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も好評。取材・文/小田ユイコ イラスト/進藤やす子 ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND